カテゴリー「JR京都線(吹田茨城高槻)」の16件の記事

2016年11月16日 (水)

阪急「吹田」駅を初探訪、2軒目は正しい感じの小さな角打ち「野口酒店」、そしてJR吹田駅の「ままや」へ。

【2016年9月28日(水)】

大阪 阪急吹田駅 「野口酒店」~JR吹田駅 「ままや」

初めての阪急千里線「吹田」駅探訪、

まずは駅近の「ななを」で軽く一杯飲んだ後ですhappy01

2軒目も駅のすぐ近くにありました、

「ななを」から駅のほうに戻り、大きな道路を渡ります、

JRの高架沿い北側を少し東へ、



そこにありました、「野口酒店」、

049

普通の街の酒屋さんです、で、中で飲めるみたいですwink

ではでは入りましょうdash



至ってシンプルな雑然系角打ちです、

短いカウンターが一つ、飲もうと思えば飲めそうなビールケース+天板もあります、

それだけ、あとはリーチインと棚、あちこちにお酒が並んでます、

先客はお一人、

カウンター手前で飲んでおられるので、ワタシは奥の方に着きます、



カウンターの中にはお母さん、

いらっしゃ~い、と初見でもにこやかに迎えていただきます、

今、「ななを」で「寶焼酎ハイボール」を飲んで来たので、ここはビールにしましょうか、

瓶ビールと思いきや、生ビールもあるそうです、

ほう、こういう小さな角打ちでは珍しかも、では「生ビール」下さいshine
 



あとでリーチインを見たらSAPPORO黒★がありました、

あれでもヨカッタかな?sweat02、でも、大瓶1本は多いかな、



肴は白板のメニューを見て「ちくわ胡瓜」を所望しますが、、、今日は無し!

ゴメンね、今日は雨模様で買い物に行かなかったのよ、

なるほど、TOYOTAと同じ方式ですねflair

必要な素材を必要な分だけ、、、世界に誇れる角打ちの経営システムですhappy02



では、、、え~っと、目に付いた「ねぎ入り玉子焼き」300円也にします、

これは大丈夫、でも、やはりお母さん手作りです、

家の奥に引っ込まれて台所?で焼いていただきます、

いやはや、ちょっとお手数をおかけしたかなsweat01



店内を見回します、定番の日本酒は「桜正宗」みたいです、

リーチインには「ギネスビール」もありますgood



肴はプラボックスに入った乾きモノ、袋モノ、それと少しの手料理、

お母さんが1人で切り盛り、うん、なんか正しい感じがします、



「ねぎ入り玉子焼き」が来ました、

048

はい、こんなんです、エエです、これでエエですgood

手作りです、なんか正しい感じがしますhappy01



これでビールを飲み干してお勘定にしました、360円也、

阪急千里線「吹田」駅近くの「野口酒店」、

雑然系のシンプルな角打ち、ですが、なんか正しい感じもします、

ここで、これで、ずっとやってる、エエねん、これで、な感じ、正しい角打ちの一例です、

おおきに!ごちそうさん、また来ますねheart04

この後は歩いてJR吹田駅まで歩きます7~8分というところかな、

雨が降っていますが、まあ大丈夫でしょう、



先日探訪した「虎一」「もみじ」をスルーして、駅前のビルの地下にある立ち飲みの「ままや」へ、

056

毎度、今日も繁盛してますな、

いつも満員、繁盛しています、とにかく安いですからねlovely、結構なことです、



ここでは「レモン酎ハイ」280円也に戻っています、

050

肴は「板わさ」130円也、



女将からのプロモートで、あまりもんメニューの「サンマのたたき」60円也、

052

60円ってhappy02、安!




〆に「せせりぽん酢」220円也、

053

お代わりは日本酒を飲んだようです、

051

2杯と3品、これでお勘定は940円也、安!!

そろそろと酔いが回って来ましたので、これで失礼いたします、

ワタシ、大丈夫ですか?粗相はしてないですね、



JR吹田駅前のビルのB1F、大きな立ち飲み「ままや」、

いつも活気があってヨロシイ、BGMはフォークソング、そして財布に優しい立ち飲みです、

おおきに!ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

初の阪急千里線「吹田」駅探訪、まずはJR高架をくぐって立ち飲みの「ななを」で一杯、PVを観聴きながら♪

【2016年9月28日(水)】

大阪 阪急吹田「ななを」

はい、今日は阪急千里線の「吹田」駅辺りを初探訪していますhappy01

“吹田”というとJR京都線の「吹田」駅が思い浮かびますが、阪急電車千里線にも「吹田」駅があります、

この両駅、距離にすると500m近くは離れていると思いますが、同名駅です、

これは珍しいかもshine

これくらい離れていると、多くは似て非なる駅名を付けるのが、今は常識のようです、

たとえば、どちらかが「JR吹田」とか「阪急吹田」という駅名でもおかしくないと思いますが、、、両方とも「吹田」です、

ま、不便はないんでしょうがwink、、、

東京の地下鉄では“基本、改札を出ずに乗り換えられる駅”は同駅名、

改札を出たり少し遠くなると違う駅名になることが思います(例外あります、「蔵前」とか)、

私鉄、JR、地下鉄とも、他路線の駅が近くにある時は、

ちゃんと区別できるように微妙に違う駅名になっています、

かつて京都では、京阪電車本線と京都地下鉄烏丸線に同駅名があり(「五条」、「四条」)、

これが観光客などには非常に分かりにくく、不便な状況になっていました、

両線は最大で500m近く離れていますが、単純に乗り換えられると思う人が続出sweat02

京阪電車側が出町柳までの延伸とともに、(「丸太町」駅を含め)駅名変更という形で解消してくれましたshine

閑話休題、

さて、阪急千里線「吹田」駅周辺は初の探訪です、

近くに2軒立ち飲みがあるようです、さて、どんな感じでしょうか?

阪急「吹田」駅は前方と後方、2カ所に改札があります、

どうやら目指す店は後方(淡路寄り)の改札の方が近いようです、

地下の改札を出て地上へ、大きな道沿いへ出ます、

が、それらしき店は見当たりませんheart03

折しも雨が降り出しましたrain

でも傘を差すのはちょっと躊躇します、すぐに止むかな?

反対側かな?と、もう一度地下道を抜けて反対側の地上に出ますが、こちらにもありません、

やはり、大きな道側にあるのかな?

もう一度、大きな道側へ戻ります、

傘を差してJR京都線の高架を潜ってみると、あ、ありましたflair

ここでしたか、今日のお目当て、1軒目は「ななを」、

032

立ち飲みですね、

時間は17時過ぎ、もう開店しているようです、ではでは入りましょうdash

一番客です、L字カウンターと奥にはテーブルスペースもあります、

カウンターの中には大将がお一人、どうも、もうイイですか?

はい、どうぞ、

ではでは、、、カウンター縦棒中ほどに着きます、

飲み物は、、、「酎ハイ」、

メニューでは「宝焼酎ハイボール」250円也となっています、

ふ~ん、あの宝だよね、ま、それにしましょう、レモンでお願いします、



と、大将がサーバーからジョッキーに注いでくれました、

034

へ~、生「宝焼酎ハイボール」もあるんですねflair、初めてかも、、、

肴は好物の「ポテサラ」200円也にします、

035

これで一段落、外の雨は本降りになって来ました、

うむ、こりゃ出るのが億劫になるなhappy01

奥の壁のモニターではPVがかかっています、

レコチョクランキング、とかいう番組、



聴き憶えのある曲は宇多田ヒカルのニューアルバムからの朝ドラの主題歌、

フルコーラスで聴くのは初めてかも、なかなかエエ感じですなheart02

アルバム、買ってみてもエエかな、

生「宝焼酎ハイボール」をお代わりして、焼き鳥を焼いてもらいます、



え~っと、「ねぎみ」と「つくね」と・・・え?あ、1種類2本からで、了解です、

では、とりあえず「ねぎみ」@100円也と「つくね」@110円也を2本づつください、

こんな感じ、

042
043

普通の焼鳥でした、出来合いかな?

外の雨は止む様子がありません、

もう少し小降りになるまで粘ろうかとも思いましたが、

ここはこれでお勘定にしました、1200円也、外税かな?

阪急千里線「吹田」駅近くの「ななを」、

音楽のPVがいっぱい観れたのが収穫でしたnote

おおきに、ごちそうさんhappy01

さて、雨は降っていますが、近くに角打ちがあるようです、

そちらへ回ってみましょうgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

JR「吹田」駅探訪、ないのか?と思っていた「虎一」を発見、“まぐろ酒場”でした!^^)

【2016年9月21日(水)】

大阪 吹田 「虎一」

JR「岸辺」駅で空振り、で「吹田」駅でまずは「もみじ」で飲んだ後ですhappy01

吹田に来たのは「虎一」という立ち飲みがお目当てだったのですが、

まず見つかった「もみじ」に入店、

勝手に「虎一」は無くなったのか?とか思い込みcoldsweats01

次は阪急電車の「吹田」駅辺りのある立ち飲みを目指すことにしました、

で、「もみじ」を出て少し歩くと、、、あ!「虎一」があった!!

026_2

あるんだ~、なんだあ~、

なんで、あの案内表示に店の名前がなかったんだろう??
 

まあ、いいや、あるんだったら入店するしかありません、

ということで、めでたくお目当ての「虎一」へ入店ですdash

変形コの字、というか変形凸の字カウンターか、

カウンターの中には若いお嬢さんと大将、こういう感じなんですね、

7分くらいの入り、カウンター右手奥に案内されます、

まずは、、、また「レモン酎ハイ」happy01

そして肴は、、、なんか刺身系が美味しそうな雰囲気、中でもまぐろが推しみたいです、

“まぐろ酒場”を標榜されてました、知らんかった、

てっきり虎ファンの店かとhappy02(またまた勝手な思い込み、スイマセンsweat02)

表の看板によると、こんなメニューもあるそうです、

028_2

ではここはまぐろでいきましょう、「マグロ山かけ」250円也、

029_2
030_2

お、美味しいですshine

さすが“まぐろ酒場”の旗を揚げてるだけあります、
 

醤油を掛けなくても、最初から少し甘めのタレの中にまぐろとトロロが入っている仕掛けです、

メニュー表記が洒落てます、というか、エエ感じです、

「小芋 炊いたん」、「小芋 揚げたん」、この辺はセンスですな、

さっきの「もみじ」でも酎ハイを飲んだので、2杯目は「芋水」250円也に変更します、

で肴は、、、またまたまぐろで参りましょう、“まぐろ酒場”の真骨頂を探訪です、

「まぐろのしぐれ煮」150円也、

033

はい、美味しゅうございますwink

料理は大将の担当、手際エエです、

こういうなんが好き、ストレスなく飲めるのが一番です、

これでお勘定にしました、明朗会計、



JR「吹田」駅ビルの1Fの「虎一」、

きびきびした大将の動きで分かります、エエ店ですね、

まぐろも美味しかった、これは再訪したい店です、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

JR「岸辺」駅を探訪するも空振り、で「吹田」駅へ移動、まずは駅ビル1Fで見つけた「もみじ」で一杯です。

【2016年9月21日(水)】

大阪 吹田 「もみじ」

今日はJR京都線(東海道線)の「岸辺」駅を初探訪ですgood

なんか地味な印象の「岸辺」駅ですが、数年前に凄く綺麗な駅舎が完成、

なんかこれから発展しそうな感じですhappy01

近隣には大学があり、

そういうとクライアントも2社ほどあったなあ、飲料会社と化粧品会社、

で、Yちゃん情報によると、エエ角打ちもあるらしい、

ずいぶん以前に聞いたのに行ってないsweat02

今日こそ行ってみよう!dashと、勇んで「岸辺」駅下車ですhappy01

駅の北西には広大なJRの元貨物ヤードが拡がっているのですが、

ここも再開発されていくようです、

この広大なJRの敷地を越えるのが、以前は地下道、

車の人も地下道ですが、大雨が降ると冠水するので、すこぶる危険で評判の悪い地下道でした、

今はとりあえず人は新駅舎からの高架歩道で安全が確保されていますshine

阪急「正雀」駅方面へ行くと角打ちがあるそうな、広い道沿いを進みます、

が、、、あれ?、、、毎度の如く、見つかりませんheart03

それらしい店も見当たりませんsweat01、看板さえ見つからない、、、

どうやら、このビルがそうなのか?と、推察しますが、、、

建て直しになったのか?今日は定休日なのか?判然としませんがとりあえず開いていませんcrying

いつものことです、慣れっこです、

『エエ酒場を見つけるのは、レアポケモンを見つけるよりも難しい』、

と、ホッピー族の格言にもありますhappy02

道路の向かい側に渋い暖簾を発見!flair

あれはイケるんじゃない、、、と向かいますが、、、

011

立ち飲みじゃないし、外から見る限り先客なし、、、ちょっとヘジテイトthink

で、見送り、、、

さて、雨も降ってきました、

駅周辺の線路沿いを東西に歩きましたが、めぼしい店はなし、ここはあきらめ時ですな、
 

JRに乗って隣の「吹田」駅に移動します、、、さよなら岸辺weep



「吹田」は何軒か飲める店があります、

がここはせっかくですから新規探訪と参りましょう、

「虎一」という店がこの駅ビル内にあるようなんですが、、、

034kai

この表示を見ると「虎一」がないんだよね~、また見つからないのかな?

まず、見つかったのが「もみじ」、

014

あれ?ここは「虎一」じゃないんだ、

変ったのか?別の店なのか?

よく分からないですが、まあいいや、せっかくですから入っておきましょうwink

逆L字カウンターと小さな2人用立ち飲みテーブルがいくつか、

逆L字縦棒上の方に着いて、まずは「レモン酎ハイ」250円也、

このところのお気に入りですheart02

018

肴はとりあえずで「じゃこおろし」150円也、

019



店内の雰囲気は、最近出来たのかな?なんかそんな感じ、

BGMがフォークソングです、「イメージの詩」~「フランシーヌの場合」、

濃いわhappy02

なんかすぐ近くにある「ままや」を思い出すわ、あそこもBGMはフォーク、

あとで行くかな、

客層はご近所の先輩方、近くに勤めてるサラリーマン風、若い学生さんもいますね、

さて、料理を頼みましょう、

メニューの謳い文句に惹かれて「世界一旨い味噌で作ったホルモン焼き」380円也、

あきらかに誇大広告ですが、なんか気になった、ひっかかったな、これはhappy01

うん、美味しいですheart02、、、

020

世界一かどうかは分かりませんが美味しいですshine

肉の部位はてっちゃんかな?

「レモン酎ハイ」、お代わりね、

ほんで、え~っと、「肉じゃがコロッケ」120円也、

あ~、やっぱり揚げモン頼んでしまうわ、

025

でも、あ~、やっぱり揚げモン美味しいわlovely

あともありそうなので、これでお勘定にしました、1242円也、まずまず、

JR京都線「吹田」駅ビルの1Fの「もみじ」、

新しい店かな?全体に安い感じの料金設定、

これくらいの料金でないとやっていけないのかな、大変ですな、立ち飲み業界、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

吹田駅前ビルの立ち飲み「ままや」で大塚まさじさんのライブです~♪酔った~^^)

【2016年4月30日(土)】

大阪 新梅田食道街 「奴」~吹田「くるくる」

今日は吹田の立ち飲み「ままや」へ行きますhappy01

え?土曜日は「ままや」定休日ですよ!って?

そうなんです、今日は「ままや」定休日です、だから行くんですsign02

って、思わせぶりな書き方で恐縮です、

実は今日は定休日の「ままや」の周年記念で、なんと「ままや」店内でライブがあるのですnote

え~、あそこでやるんですか!?な感じですよね、

でも、あの「ままや」の店内でライブするんですよsign01ビックリポンやhappy01

出演はフォークの大塚まさじさんheart02、あちこちでライブ拝見しています、

これは行かねばならないでしょうdash



とはいえ、ライブは16時~、その前に梅田で当然のようにフライングしています、

毎度のここ、新梅田食道街の「奴」、

013

早い時間、間違いなく美味しい刺身が食せるのが嬉しい立ち飲みです、

今日は好物の「はまち」happy01

009

そして「鯛」、

010

キャ~、美味しいですheart02

生ビールと日本酒を飲んでお勘定は1250円也、

はい、おおきにごちそうさん!また来ますねheart04heart04



で、吹田に移動しますtrain

それでもまだ時間があるので、ここでも立ち飲みを物色、

一度来たことがある「川西酒店」を目指しますが、、、

015

残念、まだ開いてないですねheart03

え?定休?いや、まさか閉店ということはないですよねsweat02

気になるな~、



とりあえず「ままや」へ行きますがまだ入れません、

014

シャッターには今日のライブのポスターがnote、、、

さて、どうしようかな、、、

あ、「ままや」のはす向かいの立ち飲みが開いていますね、「くるくる」、

019

ここで飲みましょうか、初めてですね、ちわ~

逆L字だったかな?壁際立ち飲みテーブルもあったかな?

「麦水」190円也と「うるめ」100円、劇安!happy01

016
017

お代わりしようかと思ったら、「ままや」のほうから知り合いの声が、、、

あ、もう入れるみたいですね、

お~い、ここで飲んでるから、もうすぐ行くよ~happy02

ということで、「くるくる」はこれだけでお勘定になってしまいましたsweat01

すいませんね、愛想なしで、これでお勘定を、はい、、、290円也、安!!

おそらく、いままでの最少お勘定記録ではないでしょうか?happy01

吹田駅前のビルの地下、「くるくる」、

おおきにごちそうさん!また来ますねheart04

ということで、やっと「ままや」入店、

020

一杯飲みながら大塚まさじさんのライブを聴いてnotes 

その後は、全員でそのまま「ままや」で打ち上げパーティbeer

あれこれ、料理も出てきて、

065
066
067
068



久しぶりの同級生と盛り上がり、

そして、酒もどんどん振る舞われて、、、

ワイン飲み過ぎて、ちょっと酔っぱらいましたわhappy02

え!もう22時ですか!?14時頃から飲み始めて8時間、、、そりゃ酔うわねcoldsweats01

乗り過ごさないように帰りましょうwink、、、

吹田の「ままや」、楽しいライブ企画と打上げ、

Fクンとも久しぶりに会えてヨカッタわ、

おおきに!ごちそうさんでした、また来ますねheart04

で、、、

目が覚めたらJR「三ノ宮」駅でしたsweat01

はは、久しぶりに乗り過ごしましたわ、

さ、ちゃんと帰りましょ、折り返し~、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

山行き“唐櫃超え”の後は「新福菜館」、そして高槻へ、「すーさん」~「盤石」で盤石です。

【2016年4月19日(火)】

大阪 高槻 「すーさん」~「盤石」

今日は山行ですhappy01

阪急「上桂」駅から亀岡のJR「馬堀」駅までの唐櫃(からと)越え、

亀岡はかつては明智光秀の本拠地、

京の本能寺の織田信長を奇襲した折、3つのルートで進軍したとかflair

山陰街道、明智越えと共に兵が進んだと云われているのが、この“唐櫃越え”、

高低差があまりないのでワタシ向き、12kmほど、

沓掛山、みすぎ山と2山を踏んで約4時間の行程を無事完歩ですwink



JR嵯峨野線で京都駅まで帰って来たのが16時前、

お目当ての開店まで時間があるのでまずは腹ごしらえです(昼は山でおにぎり1個)、

012

京都駅近くの「新福菜館」本店で「中華そば小」とビールでプファhappy02

山の後のビールはサイコーですheart02

JRで「高槻」駅まで移動して、阪急「高槻市」駅まで5分ほど歩きます、

ここはJR・阪急の駅が近くて便利です、

阪急「高槻」駅東側にあるのが立ち飲みの「すーさん」、

一度O氏に連れて来てもらいました、魚系の料理と日本酒のイメージ、

014

開店直後ですね、ではでは入りましょうdash

詰めれば10人ちょっとは立てそうな立ち飲み、先客お二人、奥目に着きます、

まずは「角ハイボール」300円也(あら、写真忘れてるsweat02)、

そして肴は「マグロユッケ」400円也にします、

016

おお、美味い!エエマグロです、それにボリュームもありますheart02

さすが、期待を裏切らないクオリティの高さです、来てヨカッタshine

ハイボールを飲み干して、日本酒にしましょう、



カウンターの中に日本酒の短冊メニューが並んでいます、

この日は羽根屋、亀泉、義左衛門、船中八作、加儀屋、久保田、万齢などなど並んでいます、

え~っと、愛媛の「加儀屋」500円也にしましょうか、

017

コップ+升に注いでもらいます(あら、写真、また忘れてるsweat01、歩き疲れかcoldsweats01)、

爽やかで辛い旨い、キレあり!

久しぶりにこのタイプが飲めました、美味しい酒ですheart01

料理は「ワカサギの天ぷら」400円也、

もちろん通し揚げです、



目の前の冷蔵ケースには海鮮の具材がいっぱい並んでいます、素材で注文も出来ますよshine

これは焼きですか?揚げ?

う~ん、天ぷらがエエと思います、

てな感じです、

こちらもボリュームあり、5尾も出てきました、良心的ですねwink

018

BGMはカバーアルバムが掛かっています、徳永英明か、だれの好みなんだろうhappy02

はい、これでお勘定です、1600円也、明朗!税込なんですね、良心的です、

阪急「高槻市」駅すぐの立ち飲み「すーさん」、

間違いないです、料理のクオリティ高いです、近くにあればすごくうれしい店ですね、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04heart04



 

高槻に来たらもう一軒行きたい店があります、



阪急の高架を潜って少し歩くとあります、立ち飲みの「盤石」、

020

なかなか迫力のある名前ですhappy01

角打ちと思われますので、店名の由来は“酒の銘柄”ではないかと踏んでいますが、確認はしていません、

自動販売機がドーンとある店頭の横の入り口から入ります、

10人くらい立てるL字カウンター、

すでに混み合っています、L字底辺の端に空きがあり無事入店、

ここでも反射的に「ハイボール」にします(実はこれは失敗heart03)、

肴はカウンター上の大皿からおでん、揚げ物までメニュー多いです、

とりあえず「わけぎぬた」280円也にします、

021

これもボリュームありますね~、そして、やはり美味しいshine

蛸入り、そして嬉しいのが焼いた薄揚げの刻みが入っています、これが美味しいんだなあ~、好きなタイプ、揚げ好きheart02

カウンターの中は大将、奥さま、お母さん、家族経営ですか?

この大将のテンポがよろしい、

大将のテンポで店内が暖まってます、盛り上りますupwardright

で、ちゃんとお客さんの動き見たはります、

グラスの空き具合、料理オーダーのタイミング、しっかり受け止めてもらえます、

新規の来店も見逃さない、引き戸が動く前に『いらっしゃい!』の声が響きますhappy02

ガラス越しに見えるとはいえ、通りの動きを察知しする気の配り様はさすがですgood

こういう応対の良い店は気分よく飲めます、

そうそう、店内をうろつく黒猫クンも健在でした、

短冊メニューを眺めていると「ホッピーセット」420円也を発見flair

しまった!sweat01、ホッピーがあるならそれにしたらヨカッタですな、

でも「ホッピー」を注文、焼酎はキンミヤです、

026
025

キンミヤ焼酎、広まって来たとはいえ、関西ではまだ珍しい、嬉しいです、

肴は「厚揚げ焼き」150円也、好きですな、厚揚げ、

028

葱たっぷりでめちゃ美味しそうな焼き上がり、

酒飲みの気持ちが分かっています、150円也の幸せheart02

ホッピーは中(なか=焼酎)をお替りせずにちょびちょび継ぎ足して薄めで飲みました、

これでお勘定は1200円ちょっとだったかな?外税、

高槻の「盤石」、こちらも好きな店です、

酒飲みの気持ちをちゃんと汲んでもらえます、肴も美味しい、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

初の阪急京都線「茨木市駅」周辺探訪です、まずは「柳本酒店」、渋い小さな角打ちで雨宿りです。

【2015年7月29日(水)】

大阪 茨木市駅周辺探訪 「柳本酒店」~「ぽすと」~「ミドルアース」~「カフェ レーズン堂」

今日は阪急「茨木市駅」周辺を探訪です、

“茨木市駅周辺も立ち飲みあります!”との情報をいただきましたshine

この駅はまだ未探訪、これは見逃す訳にはいきません、さっそく行ってみましょうdash

16時半頃に阪急京都線「茨木市駅」に到着、

たしかにこの駅で降りるのは初めてのような気がします、

まずは、ずいぶん以前から情報はあったのですがまだ未訪問の「柳本酒店」を目指しますhappy01

「柳本酒店」は阪急茨木駅と阪急茨木市駅の中間辺りにあります、

歩いて5~6分というところでしょうか?

まずは駅南側から北側をぐるりと探訪しながら目指すことにします、

ココが気になりました、

004_2

「とみや」、

が、最近は営業していないのではないかとの情報も、、、どうなんでしょう?

と、空模様が怪しくなってきましたsweat01

最近の関西は完全な亜熱帯ですので夕方にスコール(夕立か)がありそうです、

なんとか降る前に「柳本酒店」にたどり着こうとやや足を早めますが、、、駅周辺をぶらぶら探訪したのが裏目に出ました、、、

いきなり降ってきましたrain

あちゃ、こんな日に限って、バッグに折りたたみ傘を入れていませんsweat02

もう少しで着くと思うのですが、、、あきまへん、雨脚が強いです、これは雨宿りです、

大通りの角にあった書店の軒先を借ります、

この書店、街の書店のようですが、結構大きいです、

街の小さな本屋はどんどん減少してますが、ここはそれなりに頑張っているようですなgood

とか、思いながら空を見上げ、雨脚を確かめます、

まだしっかり振っています、雲もまだ切れ目はありません、これはもう少し降りそうですsweat02

あまりここで時間ロスもしたくないので、やや小振りになったところで歩きだします、

スマホの地図が正しければ「柳本酒店」はもうすぐのはずです、

いちかばちかの勝負ですdash、、、

と、歩き出して1分足らずで「柳本酒店」発見flair

003

あは、すぐそこだったんですねcoldsweats01、ま、ヨカッタ、、、ではでは入店です、

狭い店内、短い逆Lカウンターに5人ほどの常連さんで満員、カウンターの中はお父さんとお母さん、

だれ?な雰囲気が瞬時に漂いますcoldsweats02

ちょっと雨宿りで、、、などとつぶやきながら向かい側にビールケースのスペース(1人か2人用)に着きます、

ここ詰めたら入れるで、、、と常連さんが声を掛けてくれます、

いえいえ、ここで結構です、ちょっと雨宿りで、、、

と、恥ずかしさ半分で言い訳ですhappy01、でも、これで店に馴染むきっかけが出来ましたね、

ビールは自分でリーチインから取り出します、

コップをいただきました、ありがとう、

肴は缶詰か乾きモノ、はい、では柿のタネください、

002

ふ~、これで一段落です、

皆さん、ご近所の常連さん、

いろんな話題が飛び交いますが、一向に止まない雨が皆さん気になります、

時間は17時頃、

ワタシも先を急ぐ身(17時30分に駅前で待ち合わせています)、小降りになれば出て行く覚悟です、が、ちょっと弱くなったと思ったらまた強くなります、

頃合いを見計らって常連さんが二人、お勘定を済ませて外へ出られます、

が、また雨脚が強くなってすぐに撤退、また店に戻って来られます、この夕立、なかなか手ごわいですhappy01

とはいえ、30分くらいして小降りになってきたのでワタシも出撃しますwink

お勘定は290円也、

「柳本酒店」、渋い外観、小振りでシンプルな店内、常連さん率高いのでハードル高いですが夕立とともに入店できました、

おおきにごちそうさん!また来ますねheart04


2軒目は茨木市駅西側ロータリーすぐの「ぽすと」、

008

店頭にちゃんと赤いポストがあるのですぐに分かりますhappy01

駅前で飲み友と合流、そのまま入店です、

ハイカウンター一本、外観同様、ちょっと洒落た雰囲気の立ち呑みです、

「麦焼酎水割り」だったかな、

それとカウンター上の大皿から好物の「スパサラ」、

005


「茄子と鶏」、

006

2杯づつ飲んでお勘定は2190円也、外税ですかね?やや高い感じです、

「ぽすと」を出て近くの商店街を探訪、ですが、、、

015

メインストリートはまだ頑張っていますが、縦横に走る小さな商店街はシャッターが降りている店が多くちょっと寂しいですね、

そんな中で気になったのがここhappy02

012

ここから得られる情報は、、、

店名は「ミドルアース」、店主は“やまちゃん”、五島列島の新鮮な魚、ニュージーランドワイン、、、

という、なにやら???な感じ、おもろいなあ~、と見入っていたら、、、

“やまちゃん”が出て来られて呼び込まれました、はは、まあ気になっていたのでイイでしょう、入ってみましょう、

025

15席くらいはありそうな1本カウンター、鰻の寝床型です、

たしか、前は、、、なんだっけ?聞いたけど忘れました!sweat01

最近、このパターン多いなあ、ボケてきたか?

とりあえず“やまちゃん”が居抜きで買わはったらしいです、

話好きのやまちゃん、いろいろと店の話、五島列島の話などをしてくれはります、

五島の魚とニュージーランドワインでがんばって、なんとか流行る店にしたいとのこと、前向きですhappy01

ワタシは日本酒にしましょう、「天狗舞」純米酒、

022

えらい色がついていますね、こういう酒だったけ?

料理は五島の「鯵開き」、

026

これは、、、外観も味もちょっと期待はずれcoldsweats01

「スルメイカ一夜干し」、

028

これも普通です、

最後にやまちゃんの強い押しで「スルメイカの刺身」、

030

お、これは美味しいですgood

 

これでお勘定です、やまちゃん!がんばってくださいね、また機会があったら寄りますねheart02

最後は駅前ビルの地下飲食街の「カフェ レーズン堂」、

032kai

燻製の店のようです、

スキッとした店内、こなれた感じで居心地良さそうです、

ビールを飲んだっけ?忘れました(こんなんばっかし)sweat01

燻製のメニュー、

033

で、二人前、

036



これは、、、なんだっけ?忘れましたheart03(またしてもsweat01)、

037

もう4軒目、これが限界のようですなcoldsweats01、最近は酒量減りましたね~、

ではこれで阪急京都線「茨木市」駅探訪第1回目終了です、

周辺の駅も含めもう一度来てみたいですねheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

吹田探訪、『酩酊 大阪八十八カ所』を持って「安達酒販」から「川西酒店」へ、そした「ままや」。

【2015年6月10日(水)】

大阪 吹田 「安達酒販」~「川西酒店」~「ままや」

今日は吹田で3軒、梯子酒でございます、

午前中は人間ドック、昼頃終了、

いつもならそのまま昼酒になりますhappy02、前日はノンアルですからね、

昨年は新世界へ行ったな~shine

が、、、

今年はなんと、人間ドックで休暇をとっているのですが、よんどころない用事で、午後から京都で仕事という悲惨なことになりましたsweat01

ドック終了後、「吉野家」で「鰻重」を食べてhappy02

005

京都へ移動、

京都での仕事終わりが16時前、

4人一緒だったのですが、一人抜け、二人抜け、JR京都線に乗って二人で大阪を目指しますtrain

新快速が行った後だったので普通電車(各駅停車)に乗ります、途中少しうとうとして、気がつくと「千里丘」駅辺り、

で、ふと思いつきましたflair『そうだ!吹田を探訪しよう』、

今日は休暇取っています、この時間からでも大丈夫です、

ちょうど今読んでいる本が「酩酊 大阪八十八カ所」という立ち飲みの名著です、

その本にたしかJR「吹田」駅辺りの店が2軒ほど載っています、

それに吹田駅前には激安立ち飲み「ままや」もあります、

うん、せっかく普通に乗ったんだから、ここは吹田で降りよう!heart02

ということで、同行の彼には唐突に“吹田で降りるhappy02”旨を伝えて分かれます、

お疲れさまでした、

さて、「酩酊 大阪八十八カ所」に載っている立ち飲みの場所を確認します、

なるほど、、、まずは「安達酒販」行きましょか、

この辺りは以前に一度探訪しています、

毎度のことで特に下調べもなく、あちこち歩き回るだけです、これはこれで楽しいのですが、良い店に当たる確率は低いですsweat02、ま、たまに見つけた時の感激は倍増しますがhappy01

前回、この辺りを歩いた時もとくにめぼしいお店は見つかりませんでした、

この本も出版されて6年以上たっているので閉店しているかもしれません、

と、まあ、期待と恐怖がない交ぜになった状態で「安達酒販」を目指しますdash

結構、大きな商店街を歩き(裏側にも小さな商店街もあります)路地に入ります、

あ、この路地は前も歩きましたねflair

なんか匂ったんですよね、この辺り、でも「安達酒販」は気づかなかったなあ、

と、さらに右手の路地に入り込んだところにありました!「安達酒販」sign01

これは情報がなければなかなか見つかりませんね、

018

大きく綺麗なお店です、

この季節、ドアオープン、店内に人影はありませんが、ちょうど外から店員さんらしき人が戻ってこられました、配達帰りかな、声を掛けてみます、

もう飲めますよね、

はいはい、

ということで奥に声を掛けていただきお母さんが出てこられました、

これで大丈夫ですhappy01、ではでは、飲みましょうbeer

明るい店内にクランクの立ち飲みカウンター、

暑かったのでビールが飲みたいけど、プリン体回避したいし、、、と、お母さんがあっちのリーチインにもあるから、とのこと、

奥のリーチインを物色、どれがプリン体ゼロだあ???ワタシもお母さんもよく分からずcoldsweats01、、、

これにします、

009

チョイスは「角ハイボール濃いめ」、

濃さが2種類亜あるんですね、濃い方の7%にします、

肴はカウンターの小皿から「ぜんまい」、

010

「なんでここに?」

実はこの本を読んで、思い立ってきたんですよ、

「あら、嬉しい」

ずいぶん前になりますが毎日新聞の取材があったそうです、

この本の判子があったそうです、これは知らなかった、

本を持ってきた人に押すため判子をもらったそうです、朱印ですな、

お母さん、奥に戻って探してくれましたが見つかりませんでした、残念heart03

常連さんがお二人、そしてもうお一人、

なんの話だったか?えらく盛り上がります、「角ハイボール」を飲み干して、常連さんの真似をして「アサヒ辛口焼酎ハイボール」にしますhappy01

011_2

後から来た常連さんは2杯ほど飲んでさっと出て行かれます、粋なもんです、

ワタシもこれでお勘定です、、、額は忘れましたcoldsweats01

「安達酒販」、

お母さん、おおきにでした、ごちそうさんでした!また来ますねheart04

次はこの本に出てる「川西酒店」へ行くつもりです、

「川西さん、立ち飲みはやめはったんと違うかな、いや、どうやったかな?」

了解です、確かめてきますwink

ということで、見事1軒目の「安達酒販」は健在、ちゃんと営業中でしたgood

川西酒店は駅近です、

風情のある路地裏商店街を縫いながら駅方面へ向かいます、

5~6分で到着、この辺りのはずですが、、、

ありました!営業しています!! 「川西酒店」、

021_2

これは、、、「安達酒販」とは対照的な末枯れた外観です、

でも、ワタシはこんなんの方が好きですhappy02

早速の入店ですdash

奥に延びる逆L字カウンター、

エエ感じのカウンターです、中には大将、先客は5人ほど、流行っていますwink

ここは、日本酒にします、

026

肴は冷蔵ショーケースから取ります、

025_2


これは「ブロッコリーと玉子」かな?ヒタヒタで美味しいheart02

TVでは虎の試合、

カウンター並びのお父さんとお兄さん、2人連れかと思いきや関係ないみたいですhappy02

なんとなく話に混ぜてもらいます、

なにやら昔のバイクの話になり、シャフト駆動のヤマハ「ライラック」って、知りませんsweat01

お父さんは山口出身、お兄さんは香川出身、方言の話、

『ほろけた』、う~ん、言いませんね、~が落ちた、という意味みたいです、

『いぬる』=帰る、

これは聞いたことありますね、今でも『いぬ』=帰る、というのは通じると思いますが、『いぬる』は古い言い方ですね、『死ぬる』なんて言う使い方もありましたよねhappy02

と、なんの話をしているのか?ワイワイと盛り上がり、、

何かのはずみで大将から「なんでここへ来た?」と訊かれ、またまた「八十八カ所」のことを説明、すると、大将がなんと、、、

「判子、押したげるわ」

え~!!まだ、判子あるんですかflair

「あるある」

ということで、思いがけず「立ち飲み八十八カ所巡り」の最初の朱印(黒いですが)をいただきましたhappy01

033_2

(イラストの上が判子です)

思いがけないプレゼントです、嬉し~lovely

カウンターの中に棚にあった「生姜天」も頼んだみたいです、

030

これでお勘定にしました、額は、、、忘れましたheart03、ま、千円以内ということでhappy01

ここも良い立ち飲みですね、

JR「吹田」駅近くの「川西酒店」、楽しかったです、ごちそうさん!また来ますねheart04

この後、駅前の再開発ビル地下にある「ままや」へ、

044

三方が暖簾という大きな立ち飲みです、

「芋水」250円也を2杯、

033

「きずし」250円也に、

035

「牛ミンチカツ」150円也、

039

「だし巻き」120円也、

041

ここも破壊的に安いです~、

オーナーとカウンター越しにあれこれ話しながら飲む酒もよろしいheart02

BGMがだいたい吉田拓郎というのも非常によろしいnote

「制服」を聞きながら焼酎を飲む時が来るとは、、、時の移ろいを感じまする(ちょっと言葉が古くなったhappy02)、

ここもお勘定、明朗会計、安!

「ままや」、たまにしか来ませんが、またよろしく!ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、吹田で3軒5杯ほど飲みました、

もう打ち止めですね、まだ、線路の反対側にも立ち飲みがあるようですが、それはまた次の機会にいたしましょう、

乗り過ごさずに帰れるかなsweat01、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

日本酒酒場史上、もっともヤンキーな店名!^^)東淀川の「華酒舞乱家」で新年会です。

【2015年1月9日(金)】

大阪 東淀川 「明石屋酒店」~「華酒舞乱家」

今日も3人で新年会です、2015年はなにかと飲み会が増えそうですcoldsweats01

会場は「華酒舞乱家」!

はは!!凄いネーミングです、これで“カサブランカ”と読ませます、

外観は喫茶店かスナック、中身は和食と日本酒というギャップを楽しむ店?ですsign02

前回、初めて訪問、日本酒の揃えはワタシ好みでしたので気に入りました、今日もおいしい日本酒をたくさんいただくつもりです、

と、その前にフライングで飲んでます、

JR「東淀川」駅から線路沿いに少し進んで住宅地を抜けると大きな道路に出る手前にあります、「明石屋酒店」、

002

前回は前をスルーしたので今回は入店します、

ドア1枚の入り口を開けると、

カウンターとドア1枚分の幅の飲みスペースが奥へ延びてます、7~8人で満員かな?優しそうな大将と先客がお二人、

どうも~、いきなりの新参者です、たぶん常連さん率が高いんでしょう、大将もいきなりの闖入者にドギマギしたはります?happy01

004

酒販コーナーの暖簾が立ち飲みコーナーに収納されています、

寒いですね~、なんて言いながらにこやかにご挨拶、

え~っと焼酎の水割り下さい、はい、芋で、、、なんとか、普通の会話に落ち着きました、

焼酎はストレートでコップに一杯出てきました、

005

別にグラスと水をいただいて自分で割って飲むようです、

焼酎がコップ一杯入っているので最初の注ぎ方が難しいですよね、普通、絶対にこぼれますよね、なんて言いながら、、、ほんまにこぼしましたhappy02

カウンターの上に小皿が並んでいます、え~っとその「天ぷら(薩摩揚げ?)」ください、

温っためますか? はい、お願いします、

006

少し食べてから思い出してパチリsweat01

ここらで新年会の連れも一人入店、とりあえずおけましておめでとう!乾杯です、

焼酎はちょっと余したかな?

ぼちぼちと「華酒舞乱家」に向かいましょう、「明石屋酒店」、ごちそうさん、今度ゆっくりあらためて、また来ますねheart04

さて、ここから「華酒舞乱家」までは歩いて数分で到着、

こんな看板、ふりがなは手書き!、これで結構テンション上がりますup

012

メニュー看板も出てます、

008

ではでは入店です、

前も書いていますが、、、

ここはたぶん喫茶店かスナックのような店舗を居抜きで買われたのではないかと推察します、レイアウトがなんかそんな感じ、

目の前のカウンター(喫茶店かスナックのカウンター席)には皿に乗った食材が並んでいます、

013

いきなりの居酒屋状態happy01

今日は予約しているので奥のBOX席です(ここはスナックな感じhappy02)、

ご夫婦でしょうか?お母さんがフロア担当で、お父さんが料理を作っておられるようです、にこやかなお二人、お母さんは料理にも日本酒にも精通されています、

定番メニュー、

035kai

料理は別にホワイトボードの『今日のおすすめ的なメニュー』もあります(席まで持ってきて見てましたが写真撮り忘れheart03)

お酒のメニュー、店の外観からは想像できないほど日本酒が揃っています、

014_2

さて、食べるぞ、飲むぞ~、と云うことで、ここからはワイワイと飲んだので写真だけが頼りです、

まずは熱燗から入ったようです、「大七」を燗で、

016



3人目も合流、そして「刺身盛合せ」、

017

まぐろ、はまち、きずし、イカ、鯛、平目、鮑かな?美味い、

あとは「白子」、あちゃピンぼけ!黒い器は難しい、

021

出た!「紅生姜の天ぷら」wink

023

「グラタン」かな、、、

024

なにやら特性のお豆腐で「奴」、

033



「牛すじオムレツ」、

034

「海鮮ユッケ」だっけ?

036

と、どんどん注文してますな~happy01

日本酒は冷やに戻って、「東洋美人」、大好きです!

020

「厳」、う~ん、憶えてません、

019



「麒麟山」、名前のイメージからすっきり系かと思いきや、旨味たっぷりで美味しかったです、

027



「悦 凱陣」、これも美味しい、前日も飲んだなあ、

028

「王録」、ワタシにはややすっきりし過ぎ、旨味ありですが、

029



そして、連れは「ひれ酒」も注文してますね、

032

ワタシは「一白水成」、ワタシの好みでしたheart02

037



最後は「篠峰」のどぶろく、

038

意外とすっきりした上等のどぶろくでした、これは燗も漬けてもらいました、燗もありですね~shine

はい、ここまでで3時間ほど楽しみました、

日本酒は全体にワタシ好みの旨味たっぷり系が多いような感じです、すっきり切れ味系が好きな連れにはちょっと合わへんかったみたいです、スイマセンsweat01

そういうと前回来た時にあった三重の「田光」がなかったなあ、残念heart03

東淀川(東三国からも近い)の「華酒舞乱家」、

外見からは想像できないお店です、暖かい店、日本酒も美味しいです、おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

久しぶりに落語を聞いて、角打ちで一杯、摂津市駅辺り「上田酒店」から京都五条楽園辺り「にこみ屋六軒」へ。

【2014年11月22日(土)】

大阪 摂津市辺り「上田酒店」~京都 五条楽園辺り「にこみ屋六軒」

久しぶりに落語を聞きに行きましたhappy01

会場は“摂津市民ホール”、

ほう、摂津市に侵入するのは初めてかもしれませんねshine、JR「千里丘」駅でOさんと待ち合わせます、

歩いて6~7分で会場に到着、

003

雀々師匠の独演会です、

故枝雀を彷彿とさせる芸風に一段と磨きがかかった個性豊かな爆笑落語、久しぶりに笑いましたhappy02

さて、終わったのが17時頃、

こんな時間に終わるやなんて、まるでちょっと飲んでかえって下さいと言わんばかりの終演でございます(ちょっと落語調)、

O氏は予定があるそうですが軽く一杯だけなら、とのこと、では行きまひょ、

来た道をJR「千里丘」の駅まで戻ります、

時間があまりないので角打ちの立ち飲みでもあったら一番ええのにね~、そう都合良くはないわな~、と阪急京都線の線路を渡ります、あら、こんなところに駅が、、、「摂津市」駅、前からあったっけ?

などとワイワイ言いながら二人で歩いておりますと(ここも落語調でございますhappy01)、

O氏が彼方を指さして!あれは!!おお、あの提灯と看板は、いかにも角打ちとお見受けいたす!!パン!パン!!(講談か!)

ラッキーです、なんと絵に描いたようにそこには角打ちがありました、「上田酒店」、

010

暖簾の下からお客さんの足が見えます、もうやっていますね、入りましょdash

短いカウンター、先客が3人様ほど、

向かいにテーブルもあり(荷物置き場になってましたが)、わてら、こっちでもかまやしません、と言うと、常連さんが、そないなこと言わんとまあこっち入りなはれ、さ~さ~、っと、この二人、すっぽりカウンターに収まりよった(どうも落語調が抜けませんhappy02、ってもうエエかsweat01)

このところ“とりあえずのビール”を敬遠しているのでワタシは「芋水割り」、O氏はビールで乾杯です、

005

カウンターの中はご夫婦でしょうか、お兄さんとお姉さん、明るくてエエ感じの店です、

酒のつまみは乾き物から缶詰、ちょっとした料理までそこそこあります、まずは日本初!だそうな「柿ピーの唐揚げ」、とくにびっくりする美味しさではありませんがhappy01

「湯豆腐」、

007

「牛蒡」、

006

これはレトルトパウチの「じゃがばた」、初めて食べましたがちゃんとしてます、

008

30分ほどでお勘定です、狭い店内ですが気兼ねなく楽しく飲めました、明るく暖かい雰囲気の店です、二人で5杯飲んで2110円也、安!

阪急「摂津市」駅辺りの「上田酒店」、ここへ来れたのもなんかのご縁です、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、O氏と電車を乗り違えたりしながらの珍道中coldsweats01、で、京都駅で分かれます、

ここからは一人旅(また落語調になりそうsweat02)、

京都駅から歩いて“五条楽園”を目指します、徒歩10分くらいかな、河原町通りからひょいと東へ入ります、「キコク食堂」の筋です、「キコク食堂」をそのままスルーして高瀬川を渡り北へ上がり、もう少し東に入るとありました、

「にこみ屋六軒」、

024

こんなところにこんな店があるんですね、知りませんでした、

店名の通り“煮込み料理”の店のようですが日本酒も揃えているようです、では入りましょうdash

テーブル席の広い店内、ちょっと暗めの照明、まだ空いています、奥にはカウンターもありますが、珍しくテーブル席に着かせていただきます、

日本酒にします、今はなにがありますか?

手元メニューと黒板にもいくつか銘柄が書いてあったのかな?気を引く銘柄がいくつか目に留まります、「東一」もありますが、まずは「玉川」にします、 

こんなラベルでした、

011

「玉川」純米無濾過生原酒コウノトリ800円也、

初めてみました、コウノトリ、蔵の近くにも飛んで来るのかな?

味は「玉川」でしたhappy01、升にたっぷりとこぼしていただいて納得、

肴はやはり煮込みからでしょう、「煮込み小」450円也と「豆腐」150円也、

013

セットで出てきました、イメージ通りです、

「煮込み」は柔らかく煮込まれていますが、なんかちょっと物足らない、京都流の上品な味付けなんでしょうか?

2杯目はやはり気になる「東一」800円也、

017

一升瓶の最後のグラス一杯分でした、でも、やはり旨いです、ワタシの好みです、こりゃたまりませんわheart02

来週、駅前第2ビルの「かわさき」へ行く予定があるのでそこでも飲もう!shine

升にこぼせなかったので代金は少しおまけさせていただきますとのこと、はい、おおきにです、

肴が足らなくなったのでおでん、

020

「厚揚げ」と「玉子」、そして、、、もう一品はなんだろう?こんにゃく?かな、忘れました(最近、こういうなんが多いです)

これでお勘定です、2350円也、やはりお酒が少し高いとこれくらいにはなりますね、

“五条楽園”辺りにこんな店があるとは知りませんでした、場所的には少々辺鄙ですが、ワタシ的にはこの辺りをウロウロする機会が多いので助かります(いや、バンド練習でねsweat02)、

ごちそうさん!また来ますねheart04

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番