カテゴリー「仙台」の3件の記事

2012年5月13日 (日)

3日目の仙台、『ブラザー軒』から「大沼酒造支店」にて打ち止めです。

【2012年4月21日(土)】

仙台 「ブラザー軒」 ~ 「大沼酒造支店」

さて、3日目の仙台です、この日の夜の飛行機で関西へ帰ります、

時間は15時頃、お世話になったTさんに車で送ってもらい定禅寺通りで降ろしてもらいます、どうもおおきにでした、次はいつ来れるか分かりませんがまたよろしくお願いしますねhappy01

さて、この日のお目当ては『ブラザー軒』です、、、酒場!ではありません、、、たぶんhappy01、、、実はワタシもよく知らないのです(あちゃcoldsweats01)、いやいや、『ブラザー軒』は知っているのですが、いまどのようなお店になっているのか?は知らない、という事なのです、

ワタシが『ブラザー軒』という“店”を知ったのはこの方からです、

Photo

高田渡さんの『ブラザー軒』、と云っても若い方には分かりませんよねhappy02

ワタシ達の年代でも知らない人の方が多いでしょう、高田渡さんは日本のフォーク界の重鎮でしたが、残念ながら2005年4月16日に亡くなられました、この高田渡さんのレパートリーの中に『ブラザー軒』という名曲がありますnote、、、こちらで聴けます、

この歌から受けるワタシの『ブラザー軒』のイメージは、、、小さな古い洋館、路地の角に立っている、カフェかなにかなんでしょう、きっと、、、みたいなイメージで聴いていました、

この歌、作曲は高田渡さんですが、作詞は宮城県出身の詩人菅原克己さん(1911-88)の詞です、渡さん得意の手法ですねnote

さて、実際の『ブラザー軒』自体は明治35年(1902年)の創業だそうで、ちょうど創業110年という老舗です、だいたい歌『ブラザー軒』を初めて聴いたときに実在のお店だったこと自体を知らなかった(架空の店かと思っていました)ので、今の『ブラザー軒』がどのようなお店なのか?まったく知らないのです、どうも中華料理と洋食を出すレストランのようですね、前置きが長くなりましたが、ではでは行ってみましょう、

ゴロゴロと荷物を引きながら昨日歩いた商店街を進みます、

『ブラザー軒』は昨日の「源氏」と同方向にあります、スマホの位置情報で確かめながら進みます、さて、ここら辺りのはずですが見当たりませんね、商店街に面しているのかな?あれ??と、もう一度戻って、、、発見しました、『ブラザー軒』、予想とは違うビルのようです、

075

横の壁にはアイビーが一面に繁っていました、その中に看板がありました、『BROTHER KEN』、“R”が落ちているのはご愛嬌happy02

076kai

広いロビーのようなスペースに入ります、

時間的にお客さんは少ないですね、というか誰もいないです、店員の女性がおられました、一人なんですが、はい、こちらへどうぞ、、、なんてことで正面の一番奥のテーブルに案内されました、あまり飾り気のないシンプルなスペースです、とりあえずビールを頼みましょう、瓶ビールは?中瓶、ではそれをください、

メニューは中華料理ですね、

毎度の如くあまり下調べをしていないのでなにが良いのか分かりません、一品料理で1000円くらいからです、一人なので幾品も取ることができません、ここはそばかご飯ものですかね、五目そばと迷いながら、「肉とピーマンの焼きそば」にします、1200円だったかな?

はい、普通です、ではこれでゆっくりビールをいただきましょうか、

079

老夫婦が来られてやはりそば系のメニューを頼んでおられます、
女性お一人の常連さん、今日は海老そばにしようかな、やっぱり五目焼きそばかな?などと悩んでおられます、

080

ひとりで焼きそばとビール、、、当然お腹一杯になります、

余裕があればもう一品と目論んでいたのですがあきらめましょう、本を読み、スマホで囲碁をし1時間ほど時間をかけてゆっくりいただきました、歌のような幻想的な世界ではありませんでしたね、そりゃそうですよね、でも『ブラザー軒』、来れて良かったですshine、どうもありがとうございました、

飛行機までまだ時間はあります、お腹一杯なので腹ごなしにあちこち歩きます、
昨晩来た「源氏」のある“文化横丁”、

そしてその近くの“壱弐参(いろは)横丁”、

081

ここは相当古い横丁、建物がそのまま残っていますねflair

083

もちろんお店は入れ変っているのでしょうがエエ感じです、

086

どこか入ろうかと物色しましたが結局入店なし、次回の宿題にしましょう、そろそろ時間もなくなって来ました、さっと飲める店はないかな?と仙台駅を目指します、

とありました、立ち飲みですね、「大沼酒造支店」、ここなら駅まで5分ででいけるでしょう、

090

開店はしていますが先客はなし、

逆L字カウンター、中には若い大将とお姉さん、お酒にしますか、注文をとってくれますか、と思いきや、なんと自動販売機で食券を買うそうです、珍しいですね、これは関西ではまず商売にならないと思いますhappy02、お酒は300円也、肴は値段別にメニューがあります、200円の食券を買って「奴、お願いします」と言って渡せばOKです、

お姉さんが酒と奴を持ってきてくれます、最初の一杯は注いでもらいました、おおきにですheart02

089

本当にこの一杯だけをさっといただいて、仙台の最後の一杯にしました、電車で空港へ向かいました、

まだまだ、復興と云うには程遠い地区もたくさんありました、忘れないようにします、がんばっていきましょう、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

仙台の2軒目、「源氏」の後は「くろ田」へ、若者と交流!?^^)

【2012年4月20日(金)】

仙台 国分町 「くろ田」

さて、仙台の「源氏」を楽しんだ後です、

この日の2軒目も決まっています、「くろ田」です、

って知らないのですがhappy02、つい先程、仕事終わりで関西から一緒に来ているKさんから「ここも良いらしいよ」という情報をいただいたので即採用、行くことにしました(酒場巡りの心得は臨機応変happy02)、

「源氏」から国分町へ戻ります、でもほとんど一本道のような感じで迷うことはありません、歩いて7~8分で到着かな?

071

焼鳥の「くろ田」、お、もう外観見ただけで気に入りましたlovely、ではでは入りましょう、

引き戸を引くと、ちょー狭い店内にカウンターだけ、それも10人も座れないくらいの小さなお店です、でも2階もあるようでお客さんの出入りはあります、目の前で大将が肉を焼いておられるので店内は煙で濛々としています、ちょうど2席空きがあるので着席します(ラッキーshine)、

とりあえず、ホッピーというメニューが目についたのでお願いします、ホッピーももう全国区ですね、連れのTさんに仕事の電話が入ったので外で会話、ワタシ一人になってお母さんに注文を訊かれます、

セットで良い?あ、はい?セットですか??、とどこかにメニューが貼ってあったのかな?(忘れた)なんとなくですが、

『飲み物+煮込み+焼き鳥orハラミ肉』で1550円のセット、

になっているのを理解します、

なるほど、はいはい、セットでイイですよ、焼き鳥かハラミ、、、悩んでいると、横の一人客の方から、二人なら焼き鳥とハラミ、一つづつ頼むのがイイよ、と的確なアドバイスをいただきます、ですよね、ありがとうございます、では、セットで焼き鳥とハラミ、一つづつお願いします、と無事注文完了ですcoldsweats01

Tさんが戻ってきたので、では、ホッピーで乾杯です、

065

まず「煮込み」が出てきました、

あっさり目の汁に豆腐とコテッチャンなどが入っています、イイですね、ホッピーに合います、先程の日本酒が似合う酒場「源氏」と好対照ですが、両方ともワタシの好みであります、「くろ田」、正解でしたねgood

さて、セットのメインはまず「ハラミ」が来ました、

066

目の前で大将がボリュームたっぷりのハラミ肉をどんどん焼かれます、

068

うん、これはイケますlovely、仙台支社の若手社員も「ハラミが旨い」と知っていましたからね、人気店なんでしょう、

もう一つのセット「焼き鳥」も来ました、

067

ここは東京風で焼き鳥と云っても“もつ焼き”も入っています、ねぎまは鳥だったかな?忘れましたcoldsweats01

ここらでお隣の先客がお勘定です、どうもアドバイスありがとうございました、お陰様で楽しんでます、

入れ替わりで若い女子が2名入店、ほう、こういう若い常連さんもいるんだ、と感心していたら、どうも彼女たちも飛び込みのようです、やはりセットの注文で戸惑っています、で二人とも“焼き鳥のセット”を注文、思わず知ったばかりの注文方法をアドバイスしようかと思いましたが、思いとどまります、下心かと勘繰られるのも片腹痛いわいhappy01、なんて考えちゃいました、

と、連れの若い男子が入店、ワタシの隣に座ります、彼も常連という訳ではないようです、まさに飛び込んだ感じ、彼もセットを注文、お母さんが「ハラミ?焼き鳥??」と訊いています、で思わず、「ハラミにした方が二つ食べられてイイよ」と口走ってしまいました、余計なお世話でゴメンねsweat01

でも、これでいきなり仲良くなりました、

聞くと、3人とも仕事で北海道から来ているとのこと、アパレル系?デパートのセール企画か何かだったかな、とにかく、今日の仕事が終わったので3人で飲もう!!ということになったそうです、しかしよくこの店に入ったね、はい、見た感じが好きな感じだったので、と女子の一人、イイ感性してるやんかhappy02、で、写真を撮って名刺を渡して、またどこかで会えたらいいね、

ホッピーの中をお替りして、味違いが欲しくなり「白菜の漬物大盛」なるメニューを注文、

069

この頃に満員になり、さらにお客さんが引き戸を開けて店内の様子を確認、満員ですね、ではそろそろ我々はお勘定にしますね、もうここ空きますから、はい、では若者3人連れとも挨拶を交わして退店です、

ということで、いきなりの訪問でしたが気に入りました、国分町の焼き鳥の「くろ田」、また来ますねheart04

この後、もう一軒ということでダイニングBarかな、「森羅万象」というお店でバーボンを2杯ほど、

こちらの方の麺、「うーめん」なるもので〆ました、「カレーうーめん」、

072

さて、明日も行きますよheart02

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

3年振りの仙台の夜、まずは噂の名店「源氏」へ向かいます。

【2012年4月20日(金)】

仙台 「源氏」

さて、仙台へ来ました、仕事です、震災から1年以上、もっと早く来たかったのですが行動力が足りませんでしたthink

仕事を終えて、いくつかの街を回りました、、、まだまだというか、これからも先の長い闘いです、、、忘れないようにします、、、

さて、夕刻には時間が空きます、

このまま関西へ帰っても良いのですがもう一泊していきます、仙台は3年ぶり、東京勤務時代の同僚のTさんと久しぶりに飲みに行く約束をしています、前回は1軒目が牛タン、2軒目は刺身も料理も美味しい店に連れて行っていただきましたshine

今回はFacebookで情報をいただきこの店には絶対に行くつもりでした、文化横丁の「源氏」、皆さん推薦のなかなか良い酒場のようです、ではでは行ってみましょうdash

仙台は大きな商店街が発達していますね、

国分町の方から綺麗な商店街を通ってTさんと一緒に「源氏」を目指します、そろそろこの辺りのようです、だいぶ仙台駅に近いところのようですね、と、エエ感じの横丁がありました、「文化横丁」、へへ、もうこの感じだけで気に入りました、ここはこのまま残してほしい路地ですね、

054

文化横丁は2筋ありました、「源氏」の看板は南側?の筋にありました、でも店はそこからまた細い路地に入り込み左へ曲がった突き当りに、、、

やっと「源氏」がありましたshine

064

縄暖簾が掛かった小さな玄関です、中からは灯りとともに酔客の話声が聞こえてきますhappy01、ではでは入りましょう、

だいぶ暗い店内、目の前にコの字カウンター、詰めても20人は座れないです、ちょうど程よき空間、根岸の「鍵屋」に似た雰囲気かな、こちらの方が暗いですけどね、カウンターの中には和服のお母さんがお一人、客は5分の入り、正面右手に空きがあります、では座りましょう、

お母さんはお一人で忙しそうです、しばらくして飲み物を聞いていただきます、とりあえずビールにしましょうか、

ここ「源氏」のシステムはいろんなところに書かれていますね、事前に調べてきました、お酒の注文に肴が付いてくるようです、野毛の「武蔵屋」と同じような感じですかね(「武蔵屋」、入ったこと無いのですがsweat02、、、)、

壁のメニューには飲み物が一杯1000円くらいの値がついています高いねえ、とTさんと頷き合います、でも値の横に肴付、みたいな注釈が付いていました、酒と肴セットのお値段という事でしょうか、まあ、とにかくここまで飲むために来たのですから気になりませんけど、、、

ビールはモルツの生、そして一杯目の肴は漬物と煮物かな、

056

055

久しぶりのTさんと乾杯です、お久しぶりですhappy02、仙台ももう4年目だそうです、時間が経つのが早いですね、

ビールを飲み干してお酒に移ります、お母さんにぬる燗をお願いします、

058

このところ何軒かで似たような燗酒器を続けさまに見ていますが、ここ「源氏」にもありましたflair、注文を聞いてから一升瓶から燗酒器にお酒が注がれます、そしてそれが燗酒になって出てくる機械です、似たような機器を大阪大正の立ち飲み「なかのぶんてん」や、練馬のもつ焼き「金ちゃん」で見かけましたねshine

はい、コップに注がれてぬる燗が出てきました、

059

ちびりと飲みながらTさんと話が弾みます、が、肴が出てこないですね、初めてなのでちょっと不安になりますsweat02、自動的に出てくるのだと思いますが、なにか符丁とか合図があるのかもしれません、念のためお母さんに訊いてみましょう、すいません、あのう料理は出てくるのですか?はい、今、湯豆腐が出ます、とのこと、ヨカッタflair、やはりこのまま待っていればよいみたいです、焦ってはいけません、ゆっくりと飲みましょう、

「湯豆腐」、醤油を掛けていただきます、

061

そして、ワタシだけぬる燗をもう一杯お替りします、

肴は「刺身」、甘海老と〆鯖です、

062

聞くところによると最後は味噌汁が出てきて、これが今日はお仕舞の合図だそうです(なるほどflair)、他にもおでんや単品メニューもあってそれを別途注文することもできるようです、

もうちょっと飲んでも良いのですが、ちょうど満員の時に二人客が来られました、ではワタシ達はこれでお勘定にしましょうか、二人で5杯で4700円程、メニューの値段より少し安いですね、

仙台駅近くの文化横丁の「源氏」、噂通りの良き酒場でした、出来ればまた来たいですねheart04

そうそう、この時、同じ店内で神戸の同じオヤジ野球チームのKさんが奥の方で飲んでおられたことが後で発覚、気付きませんでした、失礼しましたcoldsweats01

では、せっかくの仙台の夜、もう一軒行きましょかhappy02

【おまけ】この日のランチはもちろん“牛タン”定食wink

041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | テリー・イシダの独酌酔言 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 仙台 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 地酒ワンカップ・コレクション | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番