カテゴリー「地酒ワンカップ・コレクション」の19件の記事

2018年8月15日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.19~鳥取県 東伯郡 応援の酒「冨玲 フレー!フレー!」手造り純粋酒

地酒ワンカップ・コレクションNo.19

鳥取県 東伯郡 応援の酒「冨玲 フレー!フレー!」手造り純粋酒

まずはネーミングにニッコリ、

“とみれい”とか読むのかと思ったら“ふれい”、で、
それにひっかけて“応援の酒 フレー!フレー!”というフレーズが生まれたのではないか?と推測、

が、HPで見ると元々「冨玲」=「フレー!」という意図で名付けられた名前のようです、ほ~、



濃い色が付いたお酒、個性的な味わいの辛口です、

キャップの表示には、“手作り純粋酒”とあります、うむ?純粋酒ってなんだ!?純米酒じゃないのか、、、でも、原材料に醸造アルコールの表記はありません、やはり純米酒ということで良いようです、

さらに、キャップ表示には精米歩合80%!とあります、大吟醸を越えるレベルです、う~ん、でも純粋酒表示、、、謎です、



ラベルには“よいとことっとり”のコピーとイラスト、

どこまでも謎の多いワンカップです、

019kai
022
021

購入月:2018年5月

購入場所:神戸水道筋 鳥取の安心安全こだわり八百屋 いしはら商店

容量:180ml

価格:350円(税別)

蔵元:鳥取県東伯郡 梅津酒造有限会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

地酒ワンカップ・コレクションNo.18~新潟県南魚沼「八海山」純米吟醸金瓢たんボトル。

地酒ワンカップ・コレクションNo.18

新潟県南魚沼「八海山」純米吟醸金瓢たんボトル

これは美味しいですわ、って、まあ純米吟醸酒ですからね、

独特の瓢箪型ボトル、金色のデザイン、そして飲みやすい純米吟醸酒、で、お値段が、、、570円也(税別)かなりエエ値段ですな、美味しくて当たり前か、

2018年5月に大阪なんば高島屋であった“日本酒イベント”でまとめ買いの1本です、

009kai
010kai
012



購入月:2018年5月

購入場所:大阪なんば高島屋

容量:180ml

価格:570円(税別)

蔵元:新潟県無浪魚沼市 八海醸造㈱

※筆者、夏休みのため今週はこれにて記事掲載はお終いです、

 来週から掲載再開いたします、



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

地酒ワンカップ・コレクションNo.17~兵庫灘「福寿」純米酒ボトル

地酒ワンカップ・コレクションNo.17

兵庫県東灘「福寿」純米酒ボトル



華やかな味わいの純米酒の一合瓶、さすがです、美味しいです、値は張りますがこういう美味しいお酒が一合瓶で飲める幸せ、灘の酒でもエエお酒があるのが嬉しいです、

瓶には“ホンドフクロウ”サポート企業のアピールが表記されています、ワンカップでこういう運動に賛同されているのは珍しい、初めてかな、

蔵元は神戸酒心館、あの「大黒正宗」の復興にも手助けをされた蔵ですな、

003
004
005kai

購入月:2016年4月

購入場所:芦屋 「やまや」

容量:180ml

価格:378円(外税)

蔵元:兵庫県神戸市東灘区 ㈱神戸酒心館



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

地酒ワンカップ・コレクションNo.16~山形「杉勇 鳳凰カップ」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.16

山形「杉勇 鳳凰カップ」

力強い醸造酒、山形のお酒も美味しいねえ、

ラベルは一色印刷ながら渋いデザイン、モチーフは鳳凰かな?と思ってレシートを見たら、やはり「杉勇 鳳凰カップ」となっていました。

アルミキャップはワンカップ製品共通パーツのようで、他社のワンカップにもまったく同一のモノがいくつか見られます。

蔵元は(資)杉勇蕨岡酒造場、この社名の前についている(資)というのは初めて見ました、調べてみると“合資会社”の略記だそうです、ほ~、勉強になるわ、 

013kai
014
012
015kai

購入月:2018年6月

購入場所:京都駅近く 東九条 酒楽座いのうえ

価格:226円(外税)

蔵元:山形県飽海郡 (資)杉勇蕨岡酒造場



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

地酒ワンカップ・コレクションNo.15~新潟 「ふなぐち菊水」一番しぼり元祖生原酒。

地酒ワンカップ・コレクションNo.15

新潟 「ふなぐち菊水」一番しぼり元祖生原酒、

 



コンビニなんかでも、比較的よく見るワンカップですね、あまり期待せずに飲んだら、、、濃厚な旨味の酒、好きなタイプの生原酒でした、

 

日本酒では珍しいアルミ缶容器、ガラス、紙に次ぐ3種目の素材登場です、

缶にはアルミ缶のメリットも含めて4つの特徴がびっしりと書かれています、なるほどね~、ここまで書かれると結構洗脳されます、

 

紫外線シャットアウト、コクのあるうまくち、変化が楽しめる元祖生原酒(へ~、初めて生原酒を常温流通したらしいです、なので“元祖生原酒”か)、新潟県産米100%、これはちと弱いけど、まあ由とします、

 

目一杯の情報量ですが、パッケージはそんなに嫌いじゃないです、デザインの勝利かな?

 

003kai
004
005kai
006kai
007kai

購入月:2018年4月

購入場所:酒ディスカウント「やまや」

容量:200ml

価格:286円(外税)

蔵元:新潟県新発田市 
菊水酒造㈱



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

地酒ワンカップ・コレクションNo.14~福井 純米【九頭竜】。

地酒ワンカップ・コレクションNo.14

福井 純米【九頭竜】

ちょっと綺麗な瓶です、でも一応ワンカップ範疇ということでお願いします、

味わいは、思ったより軽めで辛口なんかな?福井県産五百万石100%、

蔵元は福井県吉田郡の黒龍酒造㈱、おお、「黒龍」の蔵ですか、そらちょっと上等ですな、でも150mlでこの価格、純米とはいえやはりちょっと高いかな、

024
025
026
027
028

購入月:2018年6月

購入場所:京都駅近く 東九条 酒楽座いのうえ

価格:340円(外税)

蔵元:福井県吉田郡 黒龍酒造㈱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

地酒ワンカップ・コレクションNo.13~宮城県 【愛宕の松】特別純米酒 キャラクターカップ。

地酒ワンカップ・コレクションNo.13

宮城県 【愛宕の松】特別純米酒 キャラクターカップ



先日の仙台探訪で購入、

「愛宕の松」の特別純米酒、純米なんだ!少し角が立っているような気がしますが美味い、ワンカップでこのレベル飲めるのは幸せですな、

造っている新澤醸造店はあの「伯楽星」の蔵でもあります、実力派ですね、



で、このキャラクターについてですが、、、

104
101
098




仙台駅内の酒屋で買ったのですが、「愛宕の松」のキャラクターワンカップ、シリーズで5個くらいあった、

それがいったい何のキャラクターなのか分からに、とりあえず見た目で面白そうなこれを買ったのだが、、、(本当は全部買いたかったけど、すでに10個くらいゲットした後、この店でも4個くらい、結構重い)

グラスの英文字を読むとどうやらこのキャラは“コラアゲン配合マン”らしい、

102

いや、ここにちゃんと仮名で“コラアゲンはいごうまん”と書いてある、

なんだこれは?オリジナルキャラか?



調べると、、、

“コラアゲンはいごうまん”は京都出身のピン芸人さんらしい、ワハハ本舗所属?

他にあったキャラクターは“むすび丸”“チョコえもん”他の宮城県のゆるキャラだったようです、知らないこと多いわ、

偶然、一つだけ仲間外れの芸人さんワンカップを選んだみたいですな、



購入月:2018年6月

購入場所:仙台駅構内 ケヤキ

購入価格:340円

蔵元:宮城県大崎市 新澤醸造店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

地酒ワンカップ・コレクションNo.12~広島 【白牡丹】。

地酒ワンカップ・コレクションNo.12

広島 佳撰【白牡丹】



広島の酒処西条(現東広島市)のお酒ですね、

4年ほど前に酒祭りの日にいって、この「白牡丹」の蔵にも入りましたね、



旨味の強いお酒、ワタシの好きなお酒です、

これでも辛口かな?と思って調べてみたら日本酒度-(マイナス)の“甘口”のお酒でした、



珍しいですね、日本酒の95%は辛口だと聞いたことがあります、たしかに普通に飲んでいて日本酒度-(マイナス)に出会うことは滅多にありません、



こちらも紙素材のワンカップです、プラ他の海洋汚染問題が話題になっている昨今、これはエエかもしれませんなあ、



商品名は、広島の酒 『LIGHT CUP 200』、容量200mlなんだ、

「白牡丹」は“HAKUBOTAN”ハクボタンと読むんですね、スイマセン、シロボタンと読んでいました、

004
005kai
006_2
007


購入月:2016年6月

購入場所:鳥取市米子市 駅前 深田酒店

価格:194円(外税)

蔵元:広島県東広島市 白牡丹酒造株式会社



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

地酒ワンカップ・コレクションNo.11~鳥取【千代むすび 紙カップ】

地酒ワンカップ・コレクションNo.11

鳥取【千代むすび 紙カップ】

 



港の酒「千代むすび」の紙カップです、

 

002
005

珍しい?紙カップのワンカップです、

海洋環境汚染問題からの昨今のプラ容器排斥傾向を先取り?

 



タグラインもイイですね、

『港の銘酒』、

港とは境港、鳥取県なんですね、境港、

 



辛口、キリっとした呑み口は境港の漁師を彷彿、

なんか、おいらも漁師になったような気分になりました、



裏面には“SUPER CUP”の文字も入っています、

 

003
004



 

購入月:2018年6月

購入場所:鳥取県米子市 駅前 深田酒店

価格:200円(外税)

容量:180ml

蔵元:鳥取県境港市 
千代むすび酒造㈱





ちなみに“千代むすび”とは・・・千代むすび酒造のHPから転載、

 

 

「千代むすび」とは、「永久に変わることのない人と人の固い結び、絆」を意味します。

 

夫婦、親子、兄弟、知人との愛情、友情の深さを象徴し、お祝いの言葉でもあります。

「お客様」を初め、「千代むすび」に携わる全ての人々の「幸福の創造」が経営理念です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

地酒ワンカップ・コレクション No.10~富山【立山 本醸造】

地酒ワンカップ・コレクション No.10

富山【立山 本醸造】



あまりにも有名な老舗銘柄「立山」のワンカップ、

032
033kai
034kai
035

イメージ通り辛口の呑み口をしっかり守っているワンカップ、

100円UPでこの味なら、やっぱりこっちでしょう、
 



ラベルになにか良きことが書かれているが、

1行目は・・・立山と名付ける酒に

残念ながらここまでしか読めない、情けない、



立山に登ってこのワンカップを呑む!

という企画も美味しいかもしれない、



購入月:2018年5月

購入場所:マックスバリュー京都藤森店

価格:267円(税別)

蔵元:富山県砺波市 立山酒造㈱



、 

ちなみにラベルに書かれている文章ですが、

立山酒造さまに訊いてみたら、、、即行で返事いただきました、

神対応、ありがとうございました、



ラベルの文章は以下のような内容です、

和歌なんですね、1行目が題名、

2行目が作者!(これがよく分からなかったcoldsweats01)、



題名  立山と名づける酒に

詠人  正二位通禧

和歌  香ぐわしき その名も
     高き 立山を
     汲み見ぬ 人は
     あらじとぞ思ふ

(意訳)

香りの高い香りのよい、そして清く秀でたる その名も
高い越中の霊山 立山を酒の名に象徴している 立山酒を
酒樽から汲んで呑んで見ぬ人は おそらく無いであろうと思う



うんうん、なるほどflair

この和歌を詠みながらいただくのも一興ですなhappy01





| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | テリー・イシダの独酌酔言 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 仙台 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 地酒ワンカップ・コレクション | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番