カテゴリー「地酒ワンカップ・コレクション」の36件の記事

2018年12月11日 (火)

地酒ワンカップ・コレクションNo.34~福島県会津若松市 「鶴ヶ城」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.34

福島県会津若松市 「鶴ヶ城」

Oさんに頂いた福島土産のワンカップ3つ、

006kai_2

「鶴ヶ城」、「会津」、「男山」、なんか全部勇ましい感じがしますね~、やはりね、鶴ヶ城と云うとねあの戦を思い出さずにはおられませんからね、

今回のお土産3カップとも紙容器というか、この様な紙の囲いが付いています、丁寧、

で、まずは「鶴ヶ城」を呑みました、

057kai

冷や(常温)だと旨味を強く感じますが、

燗酒にすると少し辛口方向に傾きバランス良いお酒になりました、



ガラス面にはもちろん鶴ヶ城のイラスト、“会津清酒 鶴ヶ城”の文字、原材料、蔵元、正180ml詰の表示

064
062kai
061kai



キャップはお馴染み共通キャップかな、

060

さて鶴ヶ城、地元ではこの呼び名で呼ばれているそうですが、同名の城が他にもあるらしく、一般的には会津若松城で通っています、

幕末の戊辰戦争の会津の戦いで最後の主戦場になった鶴ヶ城、官軍の砲撃でボロボロになった城の写真は有名です、

のちに新島襄(同志社創設者)の妻になった山本八重が鉄砲隊を指揮して戦ったのは大河ドラマ「八重の桜」で一躍有名になりました、綾瀬はるかさんが演じた八重、ヨカッタです、



購入月:2018年8月

購入場所:福島県 鶴ヶ城会館?(詳細不明)

容量:180ml

価格:不明

蔵元:福島県会津若松市 合資会社辰泉酒造



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

地酒ワンカップ・コレクションNo.34~長野県佐久市 「御園竹」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.34

長野県佐久市 「御園竹」

「御園竹」、常温でつい飲み忘れ、燗酒にしてしまいました、はい、辛口で旨味も感じる良い燗酒になりました、流石です、やはり燗と本醸造は相性が良いですね、

066

「御園竹」のロゴにふりがなが振ってあるので読み間違えは無いですが、漢字のロゴタイプは結構崩してあり、とくに“竹”の字が難読筆字になっています、ふりがながないとまず読めてないなあ、ワタシは、、、

068kai

ラベルには蔵のイラストでしょうか?建物が書かれています、なにやら歴史ある蔵のイメージが湧いてきます、

069

側面にも別に竹のイラストが、これがきっと“御園竹”ですね、由来はなんだろうあ?あ、ちなみに側面には活字で「御園竹」とはっきり書いてあります、



「御園竹」の由来は
こちらのHPに記載されていました、

【一部抜粋転載】

「御園」は皇室を意味しますが、そこに武重本家の家紋である「竹」の一文字を加え、代表銘柄「御園竹」の名が完成しました。

ちなみに、もう一つの代表銘柄である「牧水」は、かつて同蔵元に逗留した歌人・若山牧水にちなんでいます。敷地内には御園竹をモチーフに詠んだ和歌が、石碑に刻まれています。

「よき酒と ひとのいふなる御園竹 われもけふ飲みつ よしと思へり」

(転載ここまで)



蔵があるのは“長野県佐久市”、行ったことないかな?高校野球でよく“佐久長聖高校”とかは耳にしますけどね、蓼科があるところみたいです、

2018年6月、京阪本線「西三荘」駅近くの「浜野酒店」を探訪、呑んだ後に店頭の自販機で見つけましたが、燗で販売していたので、店に入り直して常温の瓶を買い求めました、自販機より1円安かったです、

購入月:2018年6月

購入場所:大阪西三荘 「浜野酒店」

容量:180ml

価格:219円(税込)

蔵元:長野県佐久市 武重本家酒造㈱ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

地酒ワンカップ・コレクションNo.33~石川県金沢市 「福正宗」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.33

石川県金沢市 「福正宗」



2018年8月、立山室堂~雄山登山の帰りに寄った金沢で購入、面白いイラストの純米酒カップ、常温で呑むと辛口の美味い酒、燗酒にするとバランスの良いふくよかなお酒になりました、

002kai
001kai

このイラストはなんだろう?「福正宗」のマスコットキャラクターかな?とか思っていたら違いました、石川県の観光PRのゆるキャラでした、名前は「ひゃくまんさん」、はい、“さん”付けです、“加賀百万石”の“ひゃくまんさん”ですね、



キャラのHPはこちら、こうして見るとこのワンカップのデザインはだいぶレベル高いですね、



「福正宗」のHPでもしっかり紹介されています、お土産用のワンカップなんだ、しっかりそれに嵌って買ってしまいましたね、写真の黒っぽいデザインが“辛口”で、白いデザインの“旨口”もあるようです、白いデザインは買い忘れました、失敗、次回金沢探訪の折に買いましょう、



購入月:2018年8月

購入場所:金沢 近江町市場「酒の大沢」

容量:180ml

価格:300円(税別)

蔵元:石川県金沢市 ㈱福光屋



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.32~愛知県清須市 「武将ノ誉」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.32

愛知県清須市 「武将ノ誉」



紙カップ、「キレ冴える辛口16度」のコピー、ややアルコール度高めを訴求、酎ハイでは流行のストロング系か、上部にも、サイドにも念入りに「上撰 アルコール16度」ときっぱり!

082kai

燗酒でいただきましたが、、、これがたしかに辛い、そして旨味もありしっかり美味しいお酒に仕上がってました、侮れんな、お主、という感じ、これ案外お得なお酒かも、ストロング系だし、



判子は「尾張清州」、清州と云えば清州城、織田信長の居城、信長死後の体制を決めるために開かれた“清州会議”が有名、新幹線からも復元されたお城が見えます、あの辺りが清州なのかな、今の名古屋(那古野)が中心になる前の尾張の国の中心地が清州だったようです、

銘柄の武将とは、、、信長のことかな?たぶん、、、どうりで、キレがあって辛口です、

084kai

パッケージ裏のコピーも奮っています、

購入月:2018年夏

購入場所:失念 コンビニだったような気がします

容量:180ml

価格:失念 安かったと思います

蔵元:愛知県清須市 清州桜醸造株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

地酒ワンカップ・コレクションNo.31~広島県三原市 「酔心」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.31

広島県三原市 「酔心」、

広島の有名銘柄「酔心」純米吟醸(精米歩合60%)の180ml瓶、さすがに美味しいです、きりっとした旨味のあるお酒、これは値打ちあります、

004
005
006
007

ワンカップではなく普通瓶型の180ml、プラの猪口が付いています、



キャップには英文字で『Special Suishin』、『THE RIFINED JAPANEASE SAKE』、『SUISHIN YAMANE HONTEN CO.LTD』の文字、海外も意識した表記、

009kai

小さな瓶なので海外からの観光客のお土産にもなるのかな、



裏面のラベルには醸造情報・会社名・住所が入り、さらに面白いエピソードの記述がありました、

008kai

横山大観が好みし広島の酒、軟水で仕上げた飲み飽きしない繊細な旨味は、日本画の巨匠、横山大観(1868-1958)の好みの酒として知られています。



へ~、そうなんですか?で、ちょっと調べてみると、横山大観は大の日本酒好きだったようです、でも呑んで絵筆を執ることは無かったそうで、ただこよなく日本酒を愛した人だったみたいです、

「酔心」と大観の関わりもHPで詳しく書かれています、ご一読を、、、



そういうと、うちの実家にも横山大観の筆であるという色紙が一枚あります、母親の実家の近くの旅館に大観が泊まった折に書いてみらったとか、、、ホンマかな?、、、

でも、日本酒好きのエピソードを読むと、なんか大観に親近感が湧いてきました、真筆かどうか調べてもらおうかな?

購入月:2018年5月

購入場所:大阪なんば高島屋 日本酒販売会にて購入

容量:180ml

価格:330円(税別)

蔵元:広島県三原市 ㈱酔心山根本店



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

地酒ワンカップコレクションNo.30~山形県酒田市「菊勇」。

地酒ワンカップコレクションNo.30

山形県酒田市「菊勇」

まず常温で一口いただくと、辛口キリリなお酒、で燗酒にすると、、、これがまた美味しい、ふくらみのあるお酒になりました、これまた幸せな気分になれるワンカップです、

032
033kai

No.29の「米鶴」と同じく、瓶には“菊”のイラストと成分表示のみの潔さ、

031kai

他の情報はアルミキャップに記されています、が、小さすぎて読みにくいです~、やはりペットネームらしき“ハイカップ”、そして栄冠 菊勇、ドーンとバーコード、

鮮やかな赤色は日本酒ワンカップでは珍しいかも、

No.29の「米鶴」と同じく、山形県山寺の蕎麦屋で飲食用を購入したのでちょいと高かったですが、市販品なので普通はもっとお安く入手できるはずです、



購入月:2018年6月

購入場所:山形県山寺駅前 山形蕎麦の「焔蔵」

容量:180ml

価格:600円(税別) ※店内飲食用価格

蔵元:山形県酒田市 菊勇酒造㈱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

金沢・富山探訪⑨ 近江町市場でお土産を買って、金沢駅「まいもん寿司」でランチビールです^^)

【2018年8月11日(土)】

金沢・富山探訪⑨ 近江町市場~金沢駅「まいもん寿司」

さて金沢・富山探訪の記事もこれで最後ですhappy01

最終日の朝、散歩がてら近江町市場へ出掛けてお土産を買いますshine

あれか?これか?

迷うところではありますが、地元でしか買えないものを探します、、、

が、今はどこでも何でもあるsweat02、、、

で、まずは「ぼたん海老」、

243kai



そして市場の中にある「酒の大沢」で地酒ワンカップを仕入れます、

249

ここにはなんと20種類ほどのワンカップがずらりと並んでいましたlovely

250kai

さすが、酒処、そして観光名所の近江町市場です、

きっとお土産需要も多いのでしょう、

出来れば全部買って帰りたいところですがhappy01

ワンカップとはいえ、まとまると結構重いです、

ガラス瓶だと1個250gくらいはあるかな?もっとか?

すでに富山では「室堂」、「冨美菊」雷鳥カップ、「幻の瀧 にごり酒」、「玄」などを購入しています、

003kai

すでに1㎏、、、

20種類ものワンカップに目移りがしますが、厳選して4瓶買いました、

「菊姫」と「天狗舞」、

004

そして「神泉」、「福正宗」、

ま、まずは有名処を押さえておきましょう、な感じ、

これを山用のリュックに入れると、、、やはり重いわsweat01

なんとか重いリュックを担いで金沢駅まで歩きますdash

時間は11時頃、帰りはJRの特急「雷鳥」に乗ります、

1時間に一本くらいはあるから楽勝、予約もしていませんでしたが、、、

これが混んでいますsweat01

次の雷鳥の指定席は満席!なんと!「雷鳥」人気か!?sweat02

自由席も考えましたが、ま、急ぐ旅でも無し、次の「雷鳥」を予約、

これで1時間半ほど時間が出来ました、

仕方ないので駅で寿司でもいただく事にしますhappy01

そういうと、富山~金沢で寿司はまだ食していません、

という事で駅の飲食店街にある「まいもん寿司」でランチビール、

417

あれ?昨晩もこのビールを飲みましたねhappy01



奮発して、というか観光地なので、、、2000円!!のランチ寿司、

418kai

椀汁も付いています、

419

ま、普通です、、、が、、、お客さん、ずっと並んでいました、

ワタシも10分ほど並んでいただきました、

もう、なんでも並ばなきゃいけないのだhappy01

食べ終えて、電車の時間待ち、、、

駅のお土産売り場には地酒販売のお店もありましたshine

「金沢 地酒蔵」、

428kai

ここは、なんか飲み比べみたいな感じで飲めるようです、

日本酒も少し魅かれるものもありましたが、

瓶が重いのでここも断念、関西で探しましょう、

ということで無事「雷鳥」で関西へtrain

4泊5日の金沢・富山の酒場探訪、無事終了、生きて還れました、感謝happy01

来週からはまた関西の酒場を探訪します、

引き続きご愛読をよろしくお願いします、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

地酒ワンカップ・コレクションNo.29~山形「米鶴」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.29

山形県高畠町「米鶴」

燗酒でいただきました、燗にするとふっくらとした味わいが拡がります、これもまたワンカップ以上!の実力、美味しい地酒ワンカップです、

075

瓶にはイラストのみ、情報はアルミキャップに記されています、ファミリーカップ 醇成 米鶴 の文字、

076kai

“ファミリーカップ”というのは?他でもあったっけ?とりあえず商品のペットネームみたいな感じですね、ひょっとすると“ワンカップ”はどこかの登録商標かな?“醇成”という言葉も珍しい、



瓶のイラストはスキーヤー、雪の結晶、これはまあ蔵王のイメージなんでしょう、そしてなにやら“踊り子さん”らしきのイラストも、これはいったいなんだろう?

073

ちょいと調べると高畠町には亀岡文殊念仏踊(かめおかもんじゅねんぶつおどり)という踊りが伝わっているそうです、この踊りのイメージかな?(未確認)



2018年6月に仙台を探訪した折に仙山線で「山寺」を訪問、その時に駅前の蕎麦屋の土産物コーナーで購入、この「山寺」がなんとすでに山形県だったので、山形のワンカップがいくつかありました、4カップほど手に取ってお勘定したら、、、蕎麦屋の店内で呑む用の販売だったので一瓶600円也とお高い!え~、そうか、そうですよね、店内用なんですもんね、と購入を躊躇、すると若い大将がさっと『一瓶サービスしておきます!』ということで3瓶だけのお勘定に、おおきにです~、その時サービスしてくれたのがこの瓶でした、

嬉しい旅の思い出で一献いただきました、



購入月:2018年6月

購入場所:山形県山寺駅前 山形蕎麦の「焔蔵」

容量:180ml

価格:600円(税別) ※店内飲食用価格

蔵元:山形県東置賜郡高畠町 米鶴酒造㈱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

地酒ワンカップ・コレクションNo.28~鳥取県境港市 「千代むすび」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.28

鳥取県境港市 「千代むすび」

こちらも純米酒のワンカップ、鳥取県境港の「千代むすび」、

常温で飲むと結構な辛口、燗にするとちょうどエエ感じで飲みやすく、力強い酒になりました、純米酒ですから当然ですがワンカップレベル以上の美味しいお酒、酒には少し色が付いています、

005
008kai
007kai

ラベルのピンクが鮮やかで綺麗です、ロゴもしなやかな動きのある文字、力強い酒風と裏腹になかなかエレガントなデザインは好きです、ラベル右肩には謹譲 純米辛口 の文字、境港の漁師の酒かと思いきや、なにやら優しい感じのするワンカップです、



こちらも綺麗なキャップにはまた違う「千代むすび」のロゴマークと社名・容量などが表示されています、

004kai



ちなみに“千代むすび”とは・・・蔵元のHPに紹介されていました、

【千代むすぶ酒造のHPから抜粋転載】
「千代むすび」とは、「永久に変わることのない人と人の固い結び、絆」を意味します。夫婦、親子、兄弟、知人との愛情、友情の深さを象徴し、お祝いの言葉でもあります。「お客様」を初め、「千代むすび」に携わる全ての人々の「幸福の創造」が経営理念です。

購入月:2018年6月

購入場所:鳥取県米子駅前 深田酒店

容量:180ml

価格:324円(税込)

蔵元:鳥取県境港市 千代むすび酒造㈱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

地酒ワンカップ・コレクションNo.27~山形県鶴岡市「大山」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.27

山形県鶴岡市「大山」特別純米酒(犬)



「大山」、鳥取の“だいせん”ではありません、山形の“おおやま”のワンカップ、

特別純米酒のワンカップと云うのが嬉しい、厚みのある辛口、米の旨味もしっかりあります、常温で少し、そして季節柄燗酒でいただきました、はい、燗でも美味しくいただけます、

001kai
071kai

山形県鶴岡市は日本海に面した街、前にも書いたような気がしますが「月山」(がっさん)も鶴岡市(一部)にあり、山麓は月山湧水群と呼ばれる豊富な天然水に恵まれた酒造りの土地柄であります、

ラベルは可愛い“犬ラベル”、これは、、、山形犬?というのはいないようなので、秋田犬かな?詳細不明、蔵元に訊くのもなんかね、、、訊いていません、同じ中身で“猫ラベル”もあります、

069kai

キャップの「大山」の左肩に謎の文字が、、、2文字目がハングルみたいに見えます、“雫”という文字の略字かな?しかし、“日雫”という言葉はありません、これは謎だ、、、ご存知の方はぜひ教えてくださいませ、



購入:2018年7月

購入場所:大阪市東淀川 「栗田酒店」

容量:108ml

価格:300円(税込)

蔵元:山形県鶴岡市 加藤嘉八郎酒造㈱



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | テリー・イシダの独酌酔言 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 仙台 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 地酒ワンカップ・コレクション | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山鳥取 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 金沢富山 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番