カテゴリー「大阪天王寺阿倍野新今宮」の22件の記事

2018年6月20日 (水)

気になっていた阿倍野の「恵比寿屋⇒大黒屋≠エビス屋な問題」を解消すべく「ヱビス屋」へ。

【2018年3月27日(火)】

大阪 阿倍野 「ヱビス屋」

今日はまず早めから「難波屋」で飲んでましたhappy01

016kai

軽くね、

017

「難波屋チューハイ」もねshine

023kai

これ、結構お得、酔えます(酔えればエエと云うもんじゃないhappy02)、



で、もう一軒、さてどこへ行きましょか、

良く記事を目にする近くの山王辺りの立ち飲み屋でもイイけど、、、

と、ブラブラと久しぶりに山王辺りを流して、、、

043kai

結局そのまま阿倍野まで、

で、思い出しました!そうだ、「エビス屋」へ行こう!!flair

そう、まだ未探訪の「エビス屋」という酒場が阿倍野の路地裏にあるらしいです、

結構、評判もヨロシイwink

が、それより気になっていたのが、、、

「恵比寿屋⇒大黒屋≠エビス屋な問題」なのですsign02

ハハ、なんのこっちゃ!というかんじですよねhappy01

この当時、「恵比寿屋⇒大黒屋≠エビス屋な問題」がワタシの頭を悩ませていたのでありますsweat02

少々、時間を遡らなければなりません、、、

昨年、阿倍野の路地裏に「大黒屋」というとっても良い立ち飲みが出来ましたshine

3回ほど探訪しましたが、料理が良い、マスターが良いgood

とても気に入っている立ち飲みなのです、

で、そのマスターから聞いたのが店名の由来、なんで「大黒屋」なの?

なにかのはずみでそう云う話になり、その時のマスターの説明が、、、

この店は“阿倍野ルシアスの地下にある恵比寿屋の流れ”なんですが、

近くに“えびすや”さんがあるから、ちょっとややこしい、

じゃあ“恵比寿屋ならぬ大黒屋”で、と云うことになりました、

ああ、そうですか、、、

と応えたものの、、、実はワタシはよく理解出来なかったsweat01

ルシアスの地下の「恵比寿屋」は未探訪ながら、なんとなく認知していました、
(でも「スタンドふじ」と混同もしていましたcoldsweats02)

でも、もう一軒名前が出てきた“えびすや”さんのことは知りませんsweat01

なんとなく知ったかぶりで『なるほど!』とか相槌を打ったけれども、、、

その実、今のお話の全容は理解できていないheart03

情けない、酒場探訪者としてはあってはならない事態ですsign03
(そないたいそうなhappy01)

そこで、今日はこの「恵比寿屋⇒大黒屋≠エビス屋な問題」に終止符を打つべく、

阿倍野路地裏の方の「えびす屋」を目指すことにしますdash



いったん立呑み「大黒屋」の前まで行き、そこから路地に入ります、

思ったより入り組んでいますが、お目当の“えびすや”はすぐ近くにあるはずです、

で、見つけました、こちらが「エビス屋」です、

045kai

へ~、予想よりもお洒落でなんか高そうな店です、
(ちょっとビビってる?happy02)

看板には「ヱビス屋」の表記、

ここまで「エビス屋」と書いてきました(食べログもそうなっている)が、

ここからは「ヱビス屋」で参ります(いちいち細かいhappy01)、

ちょっと二の足を踏みましたが、せっかくです、ここは入店します、

はい、店内も上品です、暗めの照明、きっちりした内装、

右手が長めのカウンター、左手はテーブルスペースのようです、

一人客であることを示すとカウンターに案内されました、

少し歩きましたがここは日本酒にします、

手元メニューで目に付いた「風の森」山田錦純米580円也、

046



突出しは「春雨サラダ」みたいなん、

047

カウンターの上には大皿料理が並んでいます、

054
055

牛スジ大根、鳥黒酢煮、イワシ煮、蛸大根、若竹煮、いいだこ、ツクネ大根?ぶり大根、

大根系が多いですhappy01

どれも美味しそうな煮炊き料理、ここらが人気の源泉でしょうか?

ワタシは「蛸と大根の柔らか煮」680円也にします、

050kai

うん!やっぱり大根が美味しいわ~flair

薄味でエエ具合に煮てあります、やはり料理が人気の源泉ですねshine

予約や今から行きたい!という電話がよく掛かって来ます、

聞いていると、今日はテーブル席満席らしいです、

カウンターで良ければ、はい、2名様、ご用意できます、、、な感じ、

流行ってますね、

日本酒をもう一杯、「旦」580円也、

051

ちょっと軽い感じもしますが、呑み進めると旨味が増して来ます、

大将が料理をされていますが、

中華鍋も振っておられますね、オールラウンダーhappy01

女将らしき女性も気風がよろしい、差配がテキパキしていて生気がありますgood

 

これでお勘定、2360円也、

阿倍野の路地裏「ヱビス屋」、

これでやっとスッキリしました、「恵比寿屋⇒大黒屋≠エビス屋な問題」、

こちらの「ヱビス屋」さんは座り呑みの上品なお店でした、

料理がちゃんと美味しいのが人気の源泉ですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

とはいえ、ルシアス地下の「恵比寿屋」は未探訪、こちらも行かねばdash

それはまた次の機会で、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

良い評判を聞いたので行ってみましょう、あべのの立ち飲み「大黒屋」、うん!評判通りのエエ立ち飲みです。

【2017年9月29日(金)】

大阪 あべの 「大黒屋」

大阪阿倍野にエエ立ち飲み屋が出来たらしいです、行ってみますhappy01

日本一の高さの「あべのハルカス」周辺は再開発とっても綺麗になりましたshine、がsweat02、、、

当然ながら、エエ感じの路地裏も減ってしまいましたheart03

ま、でもまだ昭和の名残がいくつか残っている、

旨い日本酒が飲めるビリヤードsign02の「ともえ」なんかが残っているの救いですな、

そんな一角を通り過ぎて南へ、少し静かな雰囲気になった辺りにありました、

「大黒屋」、

108kai

2017年夏頃に出来たのでしょうか?

なにやら良い評判を聞きつけたので探訪です、ではでは入りましょうdash

流行っています、

時間は17時半頃ですが、すでに店内ほぼ埋まっています、人気していますねshine

カウンターに空きを見つけてなんとか入店完了、

詰めれば10人ほど立てるL字カウンター、壁際に立ち飲みテーブル、

あ、奥にも少し大きめの立ち飲みテーブルがあるようです、

とりあえずは「芋ロック」250円也、

カウンターの上には大皿、冷蔵ショーケースには小鉢・小皿料理がわんさか並んでいます、

大皿はかしら煮付け、カマ、唐揚げ、イカ天ぷらとかみんな美味しそう、

料理の皿を見ただけで、これはええ店やな!と感じますheart02

大将愛想ええです、初めての客なのでいろいろとフォローしてくれはります、

で、大将のお勧めで好物の「はまち刺身」350円也、

112kai

うん、美味しい刺身です、

見た目より旨い!量も多い!いきなり好感ですhappy01

冷蔵ショーケースには、ポテサラ、ちくぜんに、タラコしらたき、タラコ、笹かま、玉子焼き、海老、クジラベーコン、茄子煮浸し、らっきょう、ふぐ皮?ぶり南蛮漬け?ピリ辛キュウリなどなど、料理満載lovely

116kai

大将に訊くとすべて手作り、朝から店に来てとにかくずっと料理を作っているそうです、



うむ!この手間の掛け方が店の人気の源泉ですね、間違いなしです、

これだけの手作り料理が並ぶ立ち飲み、そりゃ流行るでしょう、

2品目は「肉豆腐」250円也、

120

こちらは意外とアッサリな見た目ですが、これまたちゃんと美味しいです、

やりますなhappy02

そうそう、支払いはキャッシュオンです、

満員になると20人近く入る店を一人で切り盛りされています、

キャッシュオンの方が時短効率的です、

少し時間がある時に店の由来を訊いてみました、

が、酔っぱらってきましたので詳細を失念sweat02、不覚ですweep

記憶を辿ると、、、

あべのにあるルシアスビルの地下の「スタンドふじ」の流れの店で、

近くに「ゑびす」という店があるので「大黒屋」になった、



ということだったと思いますが、、、

詳細が定かではありませんsweat01、次回、ちゃんと訊きましょう、

なんかのはずみで隣の常連さんと山の話になりました、

氷ノ山近くと蒜山出身のお二人、氷ノ山も登ってみたいのです、

氷ノ山、エエ山よ、

蒜山もエエよ、と楽しい山話ができました、

はい、ぜひ登ってみますgood

最後に、“仕入れすぎたので助けて!”とのキャッチコピーが付いていた「蟹ミソ」250円也、

122

「芋ロック」は2杯?3杯飲んだかな?

はい、これでお勘定です、キャッシュオンなので総額不明happy02

もちろん、めちゃくちゃリーズナブルですheart02

大阪阿倍野の「大黒屋」、

エエ店です、好みのタイプのお立ち飲みです、

こういう料理がたくさん、それも美味しい料理がたくさん並んでいる立ち飲み、好きですheart02

新世界の「平野屋」とか、肥後橋の「おたやん」(2017年秋廃業閉店)辺りとダブりますね、

再訪確実です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね、heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

大阪あべのキューズモールに出来た立ち飲み「酒解」(さかとけ)へ、そして再訪、だいぶ分かって来ました^^)

【2017年9月29日(金)】

大阪 阿倍野 「酒解」(さかとけ)

最近開店した話題の立ち飲みへ行ってみることにしますhappy01

2017年の夏に阿倍野キューズモールに出来たらしい「酒解」、

なかなかの評判ですshine

天下茶屋にある「酒解」の支店ということになるんでしょうか?
(天下茶屋
も未探訪sweat02)

キューズモールの建物には「明治屋」「正宗屋」などが入っている「ヴィアあべのウォーク」という飲食店街がありますが、

そこではなく、北側の外周歩道に面した方にあるようですwink

「あべの銀座」のある辺りやね~、とか思いながら歩いてると、、、

その「あべの銀座」の西隣りにありました、「酒解」(さかとけ)、

090kai

2店、同じような感じで仲良く並んでいますなhappy01、ではでは入りましょうdash

「あべの銀座」とは逆向きのレイアウト、

左側にカウンター、奥はL字になっているようです、

時間は16時30分頃、先客が2組4人ほど、入ったとことのカウンターに着きます、

カウンターの中にはお姉さんとお兄さん、若いお店ですね、

お姉さんが入口寄りのカウンター内におられますが、、、

特にアプローチ無し、愛想もありませんhappy02

店内の紹介ポスターで分かったのですが、この方、接客が苦手だとかsign02

お~い、苦手か~いhappy02

でも、それはそれでもエエやんね、まあ、

な感じに持って行く力が彼女にはあります、オモロイhappy02

とりあえずメニューをさっと見て「角ハイ」260円也にします、

あ、「デュワーズハイボール」は190円也やわ、失敗かsweat01

ベジファーストで「野菜サラダ」150円也、

092

フレッシュな感じ、良心的なサラダですgood

ハイボールは氷が多いので、すぐに空きました、

2杯目は即座に「デュワーズ」に切り替えますcoldsweats01

メニューは刺身系から肉系まで何でもありますが、

店の核心と思われるのが“能登豚ホルモン”、

石川県産の豚でしょうか?知りません、
 

豚のホルモンは嫌いではない、というか、好きなのでここから行くことにします、

まずは定番の「ガツ」290円也、

一応先にお兄さんに確認しました、ホルモンは串ですか?

いえ、皿で出します、

はい、では「ガツ」をお願いします、

小振りの皿で出てきます、

097kai

割りと浅目の焼き具合、旨いです、量もまずまず良心的です、

「アスパラバター焼き」300円也を挟んで、

103

「デュアーズ」お代わりと、「のどぶえ」230円也、

104kai

これもまずまず、

この日はこれでお勘定です、1771円也、外税ですね、

たしかに安いような気もします、が、店の印象は普通な感じ、

店員さんも愛想がないのであまり印象に残らず、、、

でも、やっぱりエエかな?と微妙に気持ちが振れる不思議な店ですwink



で、後日再訪していますdash

再訪は連れ飲み、

2回目連れ飲みなのでメニューをいろいろ試してみる余裕があります、

でも、「デュワーズ」が安いことをまた見逃して「生中」290円也、

ま、これも安いですけど、

とりあえずの「オニオンスライスポン酢」200円也、

 

019_2

そしてまた核心から、

が、この日はホルモンが欠品だらけ、あご、オタフク、はつもとなし!heart03

で「ほほ」300円也、

020

「ちれ」も頼んだみたい、

040kai

面白いメニューがいろいろありました、

まずは「今日のあれ」80円也happy02、ま、特売品ですわな、

023

今日は「サーモンのフライ」にソースが掛かってました、

なんせ80円也ですからhappy01

食べな損!メニューから「トロいわし造り」184円也、

024kai

これはホンマに食べな損!でしたshine、値打ちありますheart02

地酒もあります、

これは佐賀だっけ?「三井の寿」ポルチーニ490円也にしてみます、

039

小さめのグラス、100mlかな?120mlだったかな、

ここでは地酒は高級メニューです、

ホワイトボードのおススメメニューからは「骨付きまぐろ中オチ」280円也、

036kai

これ凄いな、インパクトある外観、

なかなかほじくれなかったけどsweat01、なんか楽しいしお得感ありますwink

「麻婆豆腐」も面白かった、辛さが7段階あります、

026kai

1辛UPで100円UP、どこまで行けるんだろうか?

と検討を重ね、「賢者」650円也にします、

043kai

うん、美味しい、イケるshine、辛いけど、当たり前かhappy02

ということで、あべのキューズモール「酒解」、

やはり再訪するといろんなことが見えてきます、

お姉さんは相変わらずの素っ気なさですが、慣れるとどってことはありません、

メニューは、おススメとか本日の食べな損!みたいなのに素直に乗っかる、

酒は「デュアーズ」でhappy02

そんなんが「酒解」を楽しむコツみたいです、

だいぶ分かって来ました、次回はもっと楽しめそうです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

早くも再訪、大阪田島の「淡路屋直売所」、大阪の古い酒場様式が残っているような気がします♡^^)

【2016年10月19日(水)】

大阪 田島 「淡路屋直売所」

つい2週間前に行ったところですが、おおいに気に入りましたhappy01

大阪田島にある「淡路屋直売所」、

なんというか、角打ちですが座り飲みの本格酒場ですshine

こんな酒場がまだ大阪にあったか!とびっくりしています、

東京の下町にある酒場の雰囲気なんですよね、ここは、、、

大阪はこういう地元町内の店となると、

どうしても角打ち=立ち飲みが多くなるのですが、

こういう感じで座って飲める、料理も美味しい店となると、ほんと、数えるほどしか残っていませんsweat02

いやはや、ここは大いなる収穫でしたheart02

ということで、早くも再訪なんですが、、、

実は近所にもう1軒、前回木曜日定休日にあたってしまった「田島屋」もありますshine

今日は水曜日、大丈夫なはずです、行ってみましょう!dash

ということで、前回同様、天王寺から大和路線(関西本線)一駅目の「東部市場前」駅から歩きます、

大丈夫です、ほんの15分ほど、GOしながら行けばすぐでしょうhappy01

2回目なのでほんとうに早いです、そろそろ「田島屋」が見えてくるはずです、、、

え~っと、、、あれ?、、、なんか・・・嫌な予感がsweat02・・・

あら~、今日も「田島屋」さん、しっかりとシャッターが下りていますheart03

うむ、、、今日は水曜日、食べログによると“木曜日・第4水曜日定休”になっています、

が、、、お休みの様子、、、

まさか、廃業閉店して!?という雰囲気でもないです、

これはやはり定休か、、、

「田島屋」の近況、ご存知の方あれば教えてくださいませ、



立ちつくしていても仕方ない、「田島屋」攻略はあらためるとして、、、

では、前回同様「淡路屋直売所」へ参りましょうかwink

時間は前回よりちょっと遅い17時前、

もうすでに「淡路屋直売所」はオープンしているはずです、

人気店ですからね、ちょっと気が急きます、

ほ、遠目からでも「淡路屋直売所」の暖簾が見えます、

001

こちらはしっかり営業していますね、ヨカッタheart02

名前から推測すると、あきらかに角打ちですが、中はカウンターに座れる酒場然としています、

で、中を覗くと(表の戸は開け放たれています)まだ席に余裕はありそうです、

ではでは入りましょうdash

ちわ、一人です、といつもの調子で人差し指を立ててサインを送ります、

と、、、一瞬、カウンター内の大将に不穏な空気が!sweat01

え!まさか、もう満席ですか?

と、一気に余裕がなくなります、一瞬にして祈る気持ちに変わりますcoldsweats02

え~っと、こっちのこの間でイイですか、

あ、はい!もちろん!!座れるならもうどこでもイイです!!な感じ、

危ない危ないsweat02

平日の17時前ですが、20席近いカウンターはすでに予約で満席近いようです、

あとで予約の電話がかかってきて2名の予約が入り、

次の電話では『奥のテーブルなら』(たしか、ビールケースな感じのスペースです)ということで、カウンター売り切れましたhappy02
 

ほ、ヨカッタ、では呑みましょう、まずは「生ビール」、

そして、カウンタ前のショーケースから「おから」にします、

002

この後はたしか「酎ハイレモン」にしたと思いますが、、、写真なしheart03

刺身は高いんですよ、

量は多そうだし美味しいのですが、一人だとどうしても持て余してしまいそう、

ここは「カキフライ」600円也にします、そろそろと美味しいシーズンです、

フライは入り口近くの四角い小さなフライヤーで揚げます、

これも昔のスタイルが残ってる感じで好感wink

で、こんな感じ、

010

ほう、「カキフライ」が串に刺さって出てきましたね、ポテサラも添えられています、

なんとなくですが、大阪の古いスタイル=串カツの原型みたいな出し方だと思います、

「おでん」にしても、関西では元々は串に刺したスタイルの「味噌田楽」、

(静岡にはまだこのスタイルの「おでん」が残っています、一度行ってみたい)

店では食べるのに串が便利だったんだと思います、

割箸が一般的に普及してからは、だんだん串がなくなって行った様な気がします



そういうとお隣の席の「ゲソ天」は出汁にヒタヒタと浸かって出てきました、

これもなんか古い大阪のスタイルのように思います、

会社に勤め始めた頃、梅田の「百番」だったかな?

そこの「げそ天」がこんな感じだっ様な、、、かすかな記憶、、、happy01

もう一品はあれこれ考えて「せせり」にします、

そうそう、「カキフライ」の時もそうですが、素材名だけ言うと調理法を確認されます、

牡蠣ください、

フライで?

はい、

せせりお願いします、

塩で焼きます?

はい、

てな感じです、

この日は、そのまま塩焼きでお願いしました、他には何ができるんだろう?



昔の炉端焼きのように、複数の調理法で対応できる食材も多いです、

004kai

カウンターのショーケースには美味しそうな食材がぎっしりhappy01

で、「せせり塩焼き」、

これもボリューミーで美味しかったですheart02

012kai



「酎ハイレモン」のお代わりを飲んでお勘定です、2770円也、納得です、

大阪田島の「淡路屋直売所」、好きです、こんな感じ、

地元常連さんでいつも満席、

そらそうや、早めから飲めて、料理も美味しい、そない高いこともない、

最近のチェーン居酒屋よりも高いですが、やはりこっちでしょうgood

駅から20分近く歩くのもまた楽しい、

ワクワクドキドキの前奏時間がお酒と料理を美味しくします、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

参った!!大阪にもこういう町内酒場がまだあったか!!田島の「淡路屋直売所」、めちゃ気に入りました♡

【2016年10月6日(木)】

大阪 田島 「淡路屋直売所」



ここはどこ?、、、な感じですねconfident

大阪市生野区かな?地名は“田島”、はい、行ったことも聞いたこともないですhappy01

でも、その田島に「田島屋」という店があります、

ずいぶん前にチェックしていますが、未だ探訪していません、

今日は意を決して探訪いたしますdash



最寄駅はJR大和路線の「東部市場前」かな、

この駅は前に一度探訪していますが、その時は反対側の街のみを探訪

今日は北側へ出ますgood

ここからは「田島屋」まで歩きます、15分くらいかな?ここはGO!ですhappy02

途中、東部市場を横目に歩きます、一軒だけ食堂らしき店がありました、

一応チェックwink

道は一本道、

そろそろかな、と思った頃に黄色いテントに「田島屋」の文字が見えます、

007

ふう~、やっと到着のようです、

迷わずに到着できるのは嬉しいものです、、、
が、、、

なんと!シャッター降りてます、あちゃ!!heart03

こういうもんです、多々あります、、、

でもこれだけ歩いて来ての敗退はやはりちょっとショックでありますcatface

定休日なんかな、、、木曜日、、、ス

マホで調べると、やはり木曜日定休でした、あと第4水曜日も定休、

下調べ不足でした、仕方ありませんsweat02

さて、立ち尽くしていても始まりません、

では次の目標に移動いたしましょうgood

実は、この日は2軒回るつもりでした、

このすぐ近くにもう一軒、気になる店があります、

さらに一本道を進んで、右へしばらく行くと、、、ありましたshine

016

「淡路屋直売所」、

ヨカッタ!heart02こちらはちゃんと営業しています、

時間が早いからか、まだ暖簾が店内に入っていますね、

南千住の「遠太」を思い出します、

でも、もう先客が入店されているようですので大丈夫でしょうwink

入ってみると、

店名から立ち飲みの角打ちを想像していたのですが、カウンターに椅子があります、

ほう、本格的な酒場のようですね、、、とにかく入りましょうdash

奥に長いL字カウンター、その奥には簡易のテーブル席もあるようです、

すでに数組の先客、

カウンターの中には大将がお二人にお母さん、家族経営でしょうか、

いつものように指で一人客であることを示して、カウンター中程に着きます、

(あとで考えると、これはラッキーでした)

分厚い木の長いカウンター、これは立派ですねshine

しかし、大阪にこんなエエ酒場がまだありましたかlovely

立ち飲み、角打ちではいろんな店があるのですが、こういう、住宅街の中の座り飲みの酒場は稀有ですね、



東京はこういう感じの町内の酒場がたくさん残っているのですが、、、

大阪は角打ち・立ち飲みが主流で、こういう座り酒場はほんと少ないです、

これはエエ店に巡り合いましたheart02

とにかく、エエ酒場のカウンターに着きました、

018

飲み物のメニューが見当たらなかったので、先客に倣って「生ビール」にします、

肴は、、、大きなホワイトボードのメニューを見るとなんでもありそうですshine

刺身系、鳥、肉、おでん、一品、

カウンターに面した冷蔵ショーケースにも小鉢、そして野菜や魚、肉の素材がぎっしりと並んでいますhappy01

悩んでいると、お母さんが「ちくわキュウリ」を作っておられます、

それくださいwink



うお、2人前かと思う量が全部来ました、こりゃすごい、

021

これで一段落、ふ~、よく歩いたのでビールが美味いhappy02



お客さんはほとんどが顔見知り、ご近所の常連さんでしょう、

町内にこんな良い酒場があるとは本当に羨ましいですなheart01

揚げ物は四角い小さな揚げ器のようなもので揚げられます、

焼き物はその横のガスコンロの網で、、、時間の流れを感じます、

刺身の値段はお安くないです、

「クエ薄作り」1380円也、でも美味しいでしょうねwink

お隣の先客の「まぐろ」が中トロのようで美味しそうです、後で頼もうshine

027

でも、まだ「ちくキュウ」があるので「レモン酎ハイ」にして飲み進めます、

続々入店あり、16時30分にはカウンターはほぼ満席に、やはり人気ですな、

ここで、「どて焼き」を2本お願いします、

026

おお、これも美味しいですねheart02

大阪の正しい「どて焼き」です、

そして、満を持して「まぐろ」を頼みます、

031kai

うん!予想通りの美味しさ、これは値打ちありますshine

これは日本酒にしましょう、定番酒を常温でいただきます、

032

アルミのチロリで出てきました、

う~ん、こういう店で飲む、美味い肴で飲む定番酒も甘露でありますheart02

17時になると2人がカウンターの中に入られました、

そりゃそうだ、これだけ繁盛してるんですから、間に合いませんよね、

これでお勘定にしました、3150円也、

少々高いように思えますが納得です、文句ありません、

大阪市生野区田島の「淡路屋直売所」、

ここは大阪でも何本かの指に入る酒場ですね、

こんなエエ店がまだ大阪にあったとは、勉強不足でしたcoldsweats01

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

さて、帰りはJR環状線「寺田町」駅まで歩きましょうか、

25分くらいかな?GO!ですhappy01



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

今日は角打ち梯子です、今宮の「よしのや酒店」~大国町の「堀谷酒店」へ、よく飲みました。

【2016年7月6日(水)】

大阪 今宮「よしのや酒店」~大国町「堀谷酒店」

今日は角打ち梯子ですhappy01

1軒目はJR大阪環状線「今宮」駅からが近い「よしのや酒店」shine

ここら辺りも何回か歩いていますが、ここは気がつきませんでしたsweat02

情報をもらって店で待ち合わせとなりました、

JR大阪環状線「今宮」駅、

環状線内回りの奈良や和歌山へ行く快速電車が止まらない駅なので、結構不便です、

各駅停車の“環状線”電車は15分に一本しかありませんheart03



でもJR「難波」駅への分岐駅でもあるので、駅は3層構造、

大阪駅から環状線内回りで行くと3Fのホームに着きます、2Fのホームを経由して地上階の改札を出ます、

ちょっと方向感覚が取りにくいですが、

概ね北方向へ伸びる道を歩き、大きな道へ突き当たります、

で、右へ曲がるとすぐにありました、「よしのや酒店」、

003

エエ感じですね、

時間は15時30分頃、もう開いてますね、ではでは入りましょうdash

如何にも角打ちなレイアウト、

短いカウンターにビールケースの立ち飲みテーブル、

回りにはリーチインなどの什器が並びます、

先客なし、カウンターに着きます、

カウンターの中にはお姉さんが3人ほど、珍しいですね、女性ばかりの角打ちです、

奥は広く、調理スペースになっているようです、

では、まずは「麦水」300円也、

肴に、カウンター上に並んでいた「かぼちゃの炊いたん」をもらいます、

005

これでしばらく連れ待ちです、

お客さんが入店、と思いきや、お酒のセールマンさんでしたhappy01

店主らしきお姉さんと日本酒の仕入れについて打合せ、

ほう、そこのリーチインに日本酒が置いてあるんだ、

なるほど、酔鯨、呉春、他にもありました、

商談がまとまったようで、何本か新しい瓶もいれることになったようですshine

御免ね~、要らん話聞かせて、

いえいえ、大丈夫です、ワタシも日本酒飲みたくなりましたわ、wink

え~っと、その緑の方の「酔鯨」をいただきます、

009

純米ですな、うん、きりっと美味しい酒です、

010

200mlのコップ一杯で、皿にも溢してもらいます、おおきに~lovely

うちの常連さんはこれでも少ない、もっと入れてって云うんよ、

まあ、日本酒は採算度外視、儲けなしですから、とのこと、、、

たしかに「酔鯨」コップ一杯いくらか忘れましたが、もちろん高くないです、

200ml以上入れてたら儲からんでしょうね、

この辺りで連れ到着、一通り料理を頼んでます、

「刺身盛合せ」、

011

刺身が一品400円也~ですが、

盛り合わせも出来るという事なので、よこわ、天然はまち、活はもとなりました、

「串カツ」は“豚とたまねぎ”150円也、“ウインナとししとう”100円也の2種類がありましたので一本づつ、

013

「肉たまねぎ煮」300円也、

014

そして、気になる「オムレツ」350円也も注文、

015

具だくさんで青海苔も掛かって出てきましたhappy02、美味しい美味しいshine

「酔鯨」をお代わりしてしまい、結構酔いました、

お姉さんと少し話をすると、、、

なんと大国町交差点近くの「堀谷酒店」さんとは親戚筋になるそうです、
 

へ~、そうですか、それは奇遇な、このあと行くつもりですわ、

これでお勘定です、二人で3500円也ほどかな?忘れましたheart03

今宮というか、大国町という方が分かりやすいかな、「よしのや酒店」さん、

肴、料理も多く、良心的な価格、エエ感じで飲めますやん、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04



 

では、もう一軒、予定通り大国町の「堀谷酒店」へ寄って帰りましょうheart02

大きな通りを歩いて数分で到着です、

016

立派な店構え、角打ちは右側の入り口から入ります、

久しぶりです、2年振りくらいかな?、大将も奥さんもお元気で何よりです、

また、焼酎に戻って、

「ポテサラ」とか、

018

「竹輪きゅうり」とかをアテに、、、

024

恒例、大将の手品を見せてもらいましたhappy02

そう、ここの大将、手品好きなんです、来たらいつも見せてもらいますshine

連れは初めてなので、一通りご披露いただきました、

それを見ながらゆっくり飲みます、

あ、こんな新ネタ?もありました、お茶目な大将happy02

021kai



はい、今日はこれくらいで帰りましょ、

大国町の「堀谷酒店」、おおきに!手品楽しかったです、

ごちそうさん!また来ますね!heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

大和葛城山でツツジ花見、昼飲みは天王寺の焼肉「平和」で、そして「種よし」でもう一杯です。

【2016年5月12日(木)】

大阪 天王寺 焼肉「平和」~「種よし」

今日も山行ですheart02

今日の山は大阪と奈良の県境にある葛城山、

この季節、つつじが真っ盛りということを聞いて行きましたshine

ケーブル登山口駅から、いきなりの急勾配を登る北尾根コースを登り、

素晴らしい天気の頂上happy01

P5120254kai

そして、一面のつつじを楽しみshine

P5120264kai
P5120257kai

櫛羅の滝コースで無事下山wink

025kai


阿倍野まで戻って来たのが15時前、

昼はおにぎり一個だけなので、ここらで昼食飲みの目論見ですhappy01

お目当ては、少し前にFBで教えてもらった焼肉の「平和」、



昼からの通し営業で、1階は一人焼肉用のカウンターだとか、

エエじゃないですか、今日のワタシ用に誂えたような店ですheart01

それに、焼肉の「平和」といえば、、、

神戸三宮~元町間のガード下にある焼肉「平和」も連想させます、

なにか関係あるのかしら?shine

とにかく、山行の後の焼肉飲み、へへ、楽しみですlovely

近鉄「阿倍野」駅で下車、

JRのコンコースを抜けて天王寺の交差点に出ると、

道の北側に「平和」が見えます、うしうし、あそこですね、

ほう、綺麗で立派な店ですね、

029

ではでは入りましょうdash

15時前の焼肉屋、もちろん空いてます、4人ほどが飲み、食べたはります、

事前情報通り、1階は変形のカウンター席のみ、20人以上座れそうです、

035

そして、これまた事前情報通り、一人一つづつ焼肉のガスコンロが埋め込まれています、

こりゃエエですshine

とりあえずビールください、はい、大瓶ビールで、590円也、

それと、、、肉は「上ハラミ」910円也と「上ミノ」710円也をください、

あ!それと「ライス中」210円也も下さいなhappy02

焼肉の後半はご飯と一緒に食べたくなります、

山行のあと、ぷふぁ~~っと、コップ2杯くらいのビールを飲んだところで肉登場、

一皿合わせ盛り、大き目の切り方ですね、

031



ではでは、焼きます、「ハラミ」~旨し、「ミノ」~旨し、「ビール」~旨しheart02

このゴールデンサークルですhappy02

ほんでもって、ちょっとビールが落ち着いてきたら「白飯」~、

032

こりゃ、堪りませんな~happy02

最近は歳のせいかカルビとかは食せず、ハラミが美味しいです、

ホルモン系は大丈夫なんですが、やはり白飯が欲しくなる、



タレに付けたハラミを白飯にバウンドさせて食べる、、、

タレに付けたミノを白飯にバウンドさせて食べる、、、

で、ビールをグビbeer

はは、昼間の一人焼肉飲み、なかなか楽しいな、

もちろんしっかり山を歩いた後ですから、旨さも倍増ですgood

この時間はお客さんが少ないので、なんとも言えませんが、

食事使い半分、飲み使い半分といった感じかな?

2階はどうやらテーブル席とかが並んでいるのかな?

家族連れ、団体さん用ですな、

はい、これでお勘定です、2420円也、

天王寺の焼肉「平和」、明るくて綺麗な店内、健康的に食べ、飲めます、

そして、たしかに一人でも焼肉を遠慮なく食せるのがありがたいですねhappy01

ごちそうさん!また来ますねheart04

どうしようかと迷いながら、道路を渡らずに、ぞのままひょいと裏路地に入ります、

どうかな?と思っていたら「種よし」がもう開いてました、

037kai

久しぶりに入ってみましょう、

しかし、映画のセットのような店構えですhappy02

立て棒の長いL字カウンター、名物?の店内の小さな短冊メニューも健在です、

040kai



「麦水」320円也を注文、

041



肴は目移りします、あまりにメニューが多すぎる、迷います、

と、フロア担当のお母さんから猛烈なプッシュを受けますhappy02

あれこれとお奨めをいただいた結果、

たしかお薦めメニューだった「まぐろ頬肉」450円也にします、

ふ~、やっと決まった、

で、、、「まぐろ頬肉」、

039

これが美味しいですやんheart02

今焼肉食べてきたばかりですけど、この「まぐろの頬肉」もイケますわ、

さすが実力ありますねshine

ゆっくりしても良いんだけど、これでお勘定にしました、

「種よし」、有名店ですね、おおきにごちそうさん!また来ますねheart04

さて、帰ってシャワー浴びて、、、もう一杯飲みますかdash



(おまけ)

この日はデジカメを持っていたので、「種よし」の辺りを撮影、

P5120283kai
P5120287kai
P5120291kai

このアーケード街の風情は、やっぱりモノクロやな~heart02





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

ひさしぶりに“かっぱ”を食べに行こう!恵美須町の「喜多酒店」へ、そして新世界の「鍛冶酒店」。

【2016年3月28日(月)】

大阪 恵美須町「喜多酒店」~新世界「鍛冶酒店」

久しぶりに恵美須町の「喜多酒店」へ行ってみようhappy01

ここの若大将とは数年前にとあるお店でお会いし、

その後、2度ほど探訪していますが、このところチョーご無沙汰、

たまには「かっぱの煮込み」も食べないとねheart02

地下鉄「恵美須町」駅下車、

地上に出たら西南の方向へ少し歩くと「喜多酒店」があります、

002

広々とした店内、カウンターと奥にはテーブルコーナーもある角打ち、

この左側には綺麗な酒販スペースもある“併設型”の立派なお店です、

ではでは入りましょうdash

10数人立てるカウンターには先客一人、、、酔客ですsweat02、、、

カウンターの中にはお母さん、若大将は不在のようです、

今日もちょいと寒いので「麦湯」280円也、

そして、ここではまずはこれでしょう、「かっぱの煮込み」、

006



ここ「喜多商店」の名物「かっぱの煮込み」です、

“かっぱ”、、、河童ではありませんhappy02

若大将が大学時代に東京で憶えてきた料理だそうですshine

たしか、ここ、駒澤大学の煮込み専門店「かっぱ」、

ここの煮込みがルーツ、なので「かっぱの煮込み」(ちなみにここ「かっぱ」はお酒を出さない、ご飯と煮込みだけの店らしい、一度行ってみたいwink)、

材料は牛肉のバラ肉の一部、

この部位の名前も“かっぱ”と云うそうです、

なので「かっぱの煮込み」という事でもあるようです、ダブルミーニングflair
 

あっさりと美味しい煮込みです、

先客、だいぶメートル上がってますsweat01

ワタシはもう一杯、壁の日本酒半紙メニューから「出羽桜」にします、

“一耕”というサブブランド、純米酒です、思ったよりあっさり系、

007

カウンターの上の大皿から「煮物盛合せ」、

009

お母さん、もう飲んだらダメ!とダメ出し!!

あ、ワタシじゃないですよhappy02、先客です、退店、

追っかけ、ワタシもこれでお勘定にします、1300円程、外税、

恵美須町駅近くの「喜多酒店」、

久しぶりの「かっぱの煮込み」、おおきにでした、ごちそうさん!また来ますねheart04

表へ出たら、さっきの先客、通行人となにやら揉めてます、

あらら、穏便にねcoldsweats01

さて、もう一軒行っときましょかwink

「喜多酒店」の南の並びに2軒ほど酒場があるのですが、

月曜日は定休日、残念、あらためて来ることにします、

ちょいと歩いて、堺筋を渡ると新世界、目の前に通天閣が見えます、

020kai

ここにあるのが「鍛冶酒店」、

地味ながらしっかり営業中です、

010_2

“鍛冶”の“冶”、扁は“ニスイ”なんですね、てっきり“治”かと思ってました、

酒場巡りも勉強になりますhappy01

ここは未探訪、ではでは入ってみましょうdash

こちらは“店舗そのまま利用型”の渋い角打ち、先客一人、カウンターの中にはお母さん、

真ん中が切れている珍しい1本カウンター、

ここでも「麦水」、いいちこでした、

013



肴はカウンターに並んでいる小皿か乾きモノ、な感じ、

え~っと、そのコロッケください、 

あ、これは白身とタマネギのフライなんです、

あ、それでいいですhappy01

014_2

こちらの先客の先輩はクロスワードパズルしたはります、お母さんと格闘中happy02

訊かれるままに数問答えます、

えらいな~お兄さん、物知りやな、

いえいえ、でもやはり難しい、

3人の文殊の知恵を結集しても解けないワード続出、やっぱりたいしたことなかったですcoldsweats01

18時30分で閉店だそうです、早!

肴がなくなったので「白菜の漬物」、

018_2

はい、これでお勘定です、500円也、安!

新世界の「鍛冶酒店」、渋く静かに営業中です、

ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、この後は阿倍野のイベントスペースでのトークイベントに顔を出しました、

懐かしいTVの話をあれこれ聴けました、ワタシも公開収録番組のことを思い出しました、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

梯子連れ飲み、3軒目はジャンジャン横丁の立ち飲み「みふね」、最後は「半田屋」へ、両方とも好みの店です。

【2016年2月15日(月)】

大阪 ジャンジャン横丁「みふね」~「半田屋」

さて、梯子連れ飲みの続きですhappy01

新梅田食道街の「奴」で一人フライング、

天王寺の角打ち「花野商店」で飲み友と合流、

で、次はジャンジャン横丁の「みふね」へ行くことになりましたwink



エエですね~、
「みふね」には入ったことありませんcoldsweats01

ジャンジャン横丁、“動物園前”側から入って少し行って右手の路地を入ったところにあります、

エエ感じの外観なので、入ろうと思っていましたが未探訪です、

こりゃ、ちょうどエエです、嬉しいheart02

「花野商店」から『動物園』の中を通り抜ける公開通路を通って新世界へ、

高速高架下の道を通って路地に入ると、、、

ありましたshine、「みふね」、

147

エエ感じの店構えですhappy01、ではでは入りましょうdash

比較的大き目の店内、L字カウンター、雑然系です、

カウンターの中にはお母さんがお二人、小さいお母さんですが、、、なんか、迫力ありますhappy02

二人で瓶ビール1本にしたみたいです、

148

肴は「お豆さんと玉子炒め」、

150

ショーケースには出来合いの小皿料理の他に、食材も皿に乗って並んでいます、

「げそ」がありますね、

お母さん、これはどうするんですか?鉄板で焼く、なるほど、では、お願いします、

「おでん」もあります、その他にも料理・肴は結構多いですね、

はい、「げそ鉄板焼き」、

152



もう一品、「手羽先」、これも鉄板で、はい、お願いします、

153

この写真は、、、

155

日本酒ではなく「白ワイン」だったと思います、ワインもあるんですね、

はい、これでお勘定です、値段は、、、忘れましたheart03happy02

ジャンジャン横丁からチョイと路地に入ったところ、立ち飲みの「みふね」、年季の入った立ち飲みですね、

お母さん、元気で気張ってくださいね、ごちそうさん!また来ますねheart04

ほな、もう一軒行きましょかwink

ジャンジャン横丁から新世界、店はなんぼでもあります、今日は久しぶりにここ!

「半田屋」です、

157

あまたある新世界の飲み屋の中で、最もスクエアな酒場ですgood(ワタシの私感ですhappy02)、

初めて来た時から、な~んか、スクエアな感じなんです、

きっちり仕事してはる酒場なんですlovely

あ、それと“天ぷら”が美味しい!なイメージの店です、

今日は久しぶり、30席弱の大きなコの字カウンター、

もう日もとっぷりと暮れていますが、3分くらいの入り、

そうそう、もう一つ、ここは昼飲みのイメージがありますね、昼間の方が混んでいるかもしれません、

刺身は「めじろ」600円也、

165

めじろ、珍しいですね、

出世魚の“はまち”と“ぶり”の間、この名称で出すのは珍しいですねhappy01

もう一品、刺身、「鯛の松皮造り」550円也、

166

これもちゃんと手の入った一品ですね、

皮を残して造り、さっと湯通ししているのかな?

美味しい刺身出してくれますheart02

酒は「大関」の燗、チロリはアルミかな、

158



これは?「山芋焼き」みたいなんかな?忘れたsweat01

167_2

さらに「カツとじ」450円也、

175

やっちまってますねsweat02、でも、たまに食べたくなるよね~happy02

大将に話を訊きました、

「半田屋」さん、前は酒屋だったそうです、

明治の国際博覧会開催後に『新世界』が出来た訳ですが、

その頃から酒屋を営業されていたそうです、

飲み屋としての創業年は不明ですが、

今よりやや西、串カツの「だるま」の前辺りで営業を開始、

その後、現在の場所で昭和4年(86年前)から営業しているそうですshine

凄いなあ、同一の場所で86年間営業という老舗酒場です、

なんか“スクエア”な感じがするのも、この歴史の重みかもしれませんwink

最後に飲み友切望で裏メニューも一品出してもらいましたよheart02

179

新世界の酒場「半田屋」、

スクエア、昼飲み、天ぷら、なイメージの酒場ですが、ここで86年も気張ってはる老舗酒場でしたgood

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

はい、恒例立ち呑み梯子ツアーです、新梅田食道街「奴」でフライングからスタート、そして天王寺「花野商店」集合です。

【2016年2月15日(月)】

大阪 新梅田食道街 「奴」~天王寺「花野商店」

今日は連れ飲みです、梯子すること間違いなしhappy02

夕方16時から天王寺でスタートということになったので、、、梅田でフライングしますhappy02(なんのこっちゃsweat01)、 

となれば、やはりここです、毎度おなじみの新梅田食道街の「奴」ですheart02

138

美味い刺身でちょっと飲みたい、そんなイメージの時は間違いなくここですねgood



「麦焼酎お湯割り」と、いつもの通り、好物の「ハマチ」刺身にします、

注文が入ると大将がネタを取り出して、すっすっと包丁を入れます、

見てて気持ちいい包丁捌きshine

そして、ぶ厚めに切られた刺身、これで300円也はどう考えてもお得です、

133



この日は時間が早かったからか、刺身はぎょうさんありましたshine

かつお、白子(ここまで500円也)、あわび(これはさすがに900円也)、しまあじ、かんぱち、ひらめ、まぐろ、たい、トロサーモン、さばきずし、たこ、かに、かき、と並んでました、

ほとんどが300円也、ほんま納得の刺身ですわ、

他に、この日は「くじら」もありました、ちょっと目移りしますね、

もちろん、カウンターの上には小皿料理が並んでいます、

135

さらに「かき」、「たこ」の“天ぷら”もあります、めちゃめちゃ迷います~happy01

「麦湯」をお代わりして、、、結局、「鯛」刺身300円也にします、

今日は刺身押しで行きました~wink

136

これも美味しいわ~lovely、ホンマ、新鮮で美味しい刺身です、

はい、これでお勘定です、@300×4=1200円だったかな?

新梅田食道街の「奴」、お世話になります、いつも美味しい刺身ありがとうございます、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04





では、集合地点の天王寺「花野商店」へ向かいます、



「天王寺」駅を北へ、商店街から路地を少し入るとあります、「花野商店」、

146kai

小さくて渋い、本道の角打ちでございます、



飲み友はすでに到着してます、

141

まずはビールで乾杯したような気がしますが、

写真ではなんか、焼酎でも飲んでるようですね、



ここで今日の作戦会議です、、、さて、どうなりますやらhappy02、、、

(つづく)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | テリー・イシダの独酌酔言 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 地酒ワンカップ・コレクション | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番