カテゴリー「博多九州」の23件の記事

2017年5月12日 (金)

九州探訪2017⑪最終日は佐世保まで足を延ばします、護衛艦見学~九十九島カキ祭り~佐世保バーガーを楽しみました。

【2017年2月19日(日)】

九州探訪2017⑪

長崎 佐世保 護衛艦「くらま」~九十九島カキ祭り~佐世保バーガー

さて、九州探訪2017も最終回ですhappy01

今日は日曜日、普通なら博多辺りで昼飲みをして帰るかな、、、という予定だったのですが、、、

急遽、佐世保まで足を延ばすことにしましたdash

佐世保に知人がいます、それもこの春まで転勤らしい、

ならば、まだ行ったことのない佐世保探訪と洒落込みましょうheart02

あ、そうそう、今日は酒場が出てきませんheart03

BBQ外飲みしてます、あしからず~wink

博多駅まで出て、荷物をコインロッカーに入れて身軽になります、

佐世保までは特急列車で2時間ほど、8時台の特急に乗り込みますtrain

特急列車の旅、久しぶりやな~happy01

2時間あるから寝込むかと思いきや、ずっと車窓の景色を見ながら過ごしました、

乗り鉄happy02

あ、途中、熱気球が飛んでいたな、鳥栖辺りだろうか?

196kai

10時半頃に佐世保着、大分から来たSさんもクルマで急遽参戦good

で、佐世保在のMさんの車で移動です、3匹のおっさん状態ですhappy02

まずは、佐世保基地に停泊している護衛艦「くらま」を見学させてもらいます、

P2190419kai

この春で退役する護衛艦です、ご苦労様、

P2190433kai

護衛艦に乗り込むのは初めて、結構エキサイティングな経験でした、

そして、どこかで昼呑みかと目論んでいたのですが、、、

ここでイベント情報が飛び込んで来ました、

九十九島というところで『カキ祭り』をやっているとのことheart02

まったくの偶然ですが、市民がワンサカと押し寄せる呑み食べイベントのようですshine

ではでは、そこへ行きましょう!dashということで、九十九島を目指します、

クルマで15分ほどかな、大きな公園に到着、、、

P2190440kai

わ!人一杯です!駐車場一杯です、

P2190439kai

時間は12時頃、『カキ祭り』はすでにピークを迎えてるようです、



ワタシは、、、事情が良く分からないままに会場に突入happy02

相当広いスペースに即席のBBQサイトがズラリと並んでいます、

空いているサイトを見つけて勝手に座ればいいそうです、

で、炭やら軍手やら、とにかくBBQに必要な道具セットと牡蠣を買って、

あとは自分でバンバンしてくださいhappy01、というシステムのようです、

テントのお店も並んでいて、

牡蠣の他にも海鮮や肉、野菜などの食材も売っています、

P2190442kai
P2190444kai

至れり尽くせりの、それでいてルーズな感じで適当に楽しめるイベントです、

こりゃエエなあlovely

ではでは始めましょう、

最初のイコッた炭だけは係のお兄さんが配達してくれます、

こんな感じでスタート、

P2190448kai

牡蠣は全部殻つきです、新鮮shine、大振り、旨し、安しheart02

プリプリの牡蠣、

P2190450kai

帆立も焼いてますhappy01

P2190458kai

他の2人が車なので飲めませんが、ワタシは一人でビールとワインをいただきましたwink

米軍基地もあるのでアメリカ人もぎょうさん参加、

P2190449kai

国際的なBBQイベントになっていますgood

美味しい牡蠣と酒、1時間半ほど楽しみました、

P2190455kai
P2190461kai

次の人が空きサイトを探しているので、残った炭などを引き継いで撤収です、

「佐世保」駅まで送っていただきます、

今日はここから神戸まで帰るので、ホント時間がないsweat01

ほんとは夜の佐世保も楽しみたかったけど、今日はここで解散です、

Mさん、Sさん、おおきにでした!heart02



そうそう、「佐世保バーガー」もイットかなあきません、

ワタシはてっきり『佐世保バーガー』という店があるもんだと思っていたのですが、、、

佐世保で売ってるのはすべて“佐世保バーガー”らしいですhappy01

ならば、ここでね、

P2190468kai

「佐世保」駅構内でも買える佐世保バーガーです、

列車の発車時間を告げて間に合わせてもらいますhappy01

で、社内で残ったワインと共に、

P2190472kai
P2190471kai

美味しいねgood

ハンバーガーって、このボリューム感というか、充実感というか、罪悪感満載でかぶりつくのが至福ですよねhappy01

車窓の景色を楽しみながらのワインと佐世保バーガー、幸せです、呑み鉄、



さて、佐世保から神戸まで5時間ちょっとで帰れます、

便利、ありがたい世の中です、

ふ~、4日間の九州探訪、無事健康に?終了ですhappy02

やっぱり九州はエエなあ、

次回は大分国東とか熊本とかも行きたいね、

おおきに!九州、ごちそうさん!!また来ますね、heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

九州探訪2017⑩いよいよ大牟田の10円焼鳥「元禄」へ!その前に三池炭鉱跡を観光です^^)

【2017年2月18日(土)】

九州探訪2017⑩

福岡 大牟田 三池炭鉱宮原坑~万田坑~焼鳥「元禄」~博多「一梅」

さて、大牟田の新栄町探訪を終えましたwink

歩いてJR「大牟田」駅に到着、

駅前のロータリーでバスの時間を確認、観光案内のチラシなども入手します、



時間は13時頃、

次のお目当ての酒場、10円焼き鳥の「元禄」は16時開店です、

それまでに、前回見逃している“三池炭鉱”跡を観光する算段です、

あれやこれやと思案いるうちバスが来ましたbus

このバスは“三池炭鉱 宮原鉱跡”近くまで行くはずです、

すわ!O氏と二人で急いで乗り込みますdash

10分ちょっとバスに乗って、おそらくここだと思われるバス停で下車、

そこから廃線跡を歩いて宮原鉱跡を目指します、

あ、あれですねflair

151kai

10分ほど歩いて到着、

152kai

現地にはボランティアの方がおられたので案内もお願いしますhappy01

“三井三池炭鉱”に興味を持ったのは、三池炭鉱を舞台にした警察小説「地の底のヤマ」、

その事を話すとボランティアの案内係さんもご存知でした、

あれ、面白かったな~shine

で、隅々まで3~40分案内してもらいました、

153kai
P2180377kai
156kai

ありがとうございました!heart01



そして、もう一つの炭鉱跡、“万田坑跡”の場所を確認、

ちょっと高いところに立つと見えます、

あれですか、歩いて行けます?行ける!flairでは歩きましょうdash

 

またもやO氏と二人、

弥次喜多よろしくhappy02適当に歩いて3~40分程、無事“万田坑跡”に到着、

157kai

こちらもボランティアの案内サービスがありましたが、

時間がないのでさっと自主見学、

159kai
161kai
P2180393kai



なんとか1時間に一本(たしか)のバスに乗り込んで「大牟田」駅に戻りますbus

バスの客は我々だけ、必然、バスの運転手さんと話します、

あんたらどこから来たの?

宮原鉱から歩いてきましたhappy01

道理で、この路線、今日は誰もここまで乗せて来てないので不思議やったんですわ、

なるほど!それで怪訝な顔されてたんですね、



これから焼鳥の「元禄」へ行くんですが、

あ、知ってるよ、うちの車庫の近くです、

それなら、車庫まで乗せくれません?heart01

それは出来ませんわ!happy02

 

と、弥次喜多ローカル路線バスの旅を楽しみます、

結局「大牟田」駅まで乗客は我々だけcoldsweats01、のんびりと到着です、



で、予定通り「大牟田」駅から歩いて焼鳥「元禄」を目指します、

「元禄」到着がちょうど16時頃、

0361

ここですここです、今日の営業は電話で確認していますgood、お久しぶりです、

写真は前回訪問時のもの、興奮のあまり撮るの忘れましたheart03

ではでは、入りましょうdash

お久しぶりです!前と変わらない店内です、、、と云いたいところなんですが、、、

実は「元禄」の大将(ワタシより少し若かった)が昨年急逝されています、

名店の大将急逝は地元紙にも掲載されたようで、

たまたまネットでその情報を知り、余計にもう一度訪れたくなったのです、

でも、店内の雰囲気は前のままです、

大将の代わりには若大将がお母さんと共に立っておられますwink

どうも、、、座って飲み物を注文、ワタシは「芋お湯」にしたかな、

175

と、1本10円の焼鳥「かわ」が七輪の上に乗ります、

この「かわ」の味が忘れられなくて3度目の訪問ですlovely

若大将、初々しくていいですねwink

前回訪問時も手伝いで立っておられましたね、

少しして、なにやらお父さんが来店、「焼鳥」の持ち帰りを所望されましたが、、、

お母さん、できません、との対応、

そらそうです、この10円の焼鳥はあくまで飲むことが前提のサービスです、

昔は1本5円だったそうですが、やむなく10円に値上げしたそうです、

とにかく飲む客への応対です、
 

10円では儲かりませんが、先代、先々代からのサービスですので、とお母さん、

169kai

はい、我々は飲む客ですので、まずは二人で6本いただきます、

さらに「ずり塩」も二人で6本出てきましたheart02

170kai

あ~美味しいheart02

でも、飲み客とはいえ、この焼鳥は自在に注文できるわけではありません、

あくまで、客の飲む調子を飲みながら店側が提供する、というスタイル、

なので、我々客は、出された焼鳥をいただける喜びを噛み締める訳であります、

この辺りでまたもや来客、うん?だれ?

どうやら大手新聞社の大牟田支局長のようです、

転勤になったので、最後に書く記事はやっぱりこの店しかないだろう!とのこと、

で、写真をパシャパシャshine

いつ載るかは分からないけども、とにかく記事は書く!な感じ、

さて、この記事は載ったのだろうか?我々は写っているのだろうか?

どなたかご存知でしたら教えてくださいhappy02

注文は「湯豆腐」、

172

濃厚な味の汁物であります、これも好きなんです、癖になるやつです、

さらに「手羽先」、

173

そして、これは初めての注文、「鶉(うずら)」、

174kai

バリバリと骨までいただきます、感謝、

「芋お湯」お代わりで、「かわ」もさらに一人3本出てきました、



さて、いつまでもここで飲んでいたいのですが、

今日も夜は博多で約束があります、
 

西鉄の特急に時間に合わせてお勘定です、二人で2600円也、

大牟田の焼鳥「元禄」、東京の下町酒場を彷彿とさせる名酒場であります、

あ~、次はいつ来れるんだろう!?

また、もう一度、絶対に来ますからね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

西鉄の特急で博多に帰還、博多須崎町の「一梅」でまた一献、

元会社のO氏と久しぶりに一緒に飲みました、

177
179
178

料理も酒も美味しかったgood



あ、店名の「一梅」は“いちうめ”かと思いきや、“ひとばい”と読むそうです、

お店も料理も“人ばい!”と云う気持ちが込められているそうです、なるほど~flair

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

九州探訪2017⑨今回も大牟田に来ました!新栄町を探訪、「ガード下食堂」は閉店か?ランチは「漁師村」で。

【2017年2月18日(土)】

九州探訪2017⑨

福岡 大牟田 新栄町探訪~「漁師村」

九州探訪の3日目、今日は、いや、今日もまた大牟田に向かいますhappy01

前回探訪時に初めて探訪した大牟田の「元禄」、10円焼鳥で有名なお店です、

あまりにエエ店だったので、前回は福岡から2日続けて行ってしまいましたcoldsweats01

で、今回もここは外す訳にはいきません、行きます!大牟田dash

朝、天神辺りでGOの後、西鉄の特急に乗って行きます、

138

今日もO氏と同道です、

福岡-大牟田間は西鉄の特急でちょうど1時間ほど、

前回はJR九州、西鉄、両方使いました、イ

メージではJRの方が早いのかな?と思っていましたが、どうも西鉄の方が早くて便利なようですshine

着く駅「大牟田」駅は同じ場所に並んでありますので、

なんで、やはり西鉄が便利なんでしょう、

でも、今回は「大牟田」駅のひとつ手前の「新栄町」駅で降りますwink



前回大牟田探訪時は、ほとんど街中探訪をしていません、

名前の通り“新栄町”は繁華街、、、だったところのようです、
 

ランチの店もあるかもしれません、

ので、今回の大牟田は“新栄町”探訪から始めましょう、

はい、「新栄町」に到着です、時間は11時30分頃、

旧繁華街らしき西側を探訪しますが、、、

予想していたとはいえ、

やはりこの辺りはもう繁栄の時期を越えて、その役割を終えているようですsweat02

139kai

「新栄町 二番街」という看板ですが、文字がすでに落ちています、



ひょっとするとランチ、昼飲みができる食堂が営業しているかな?と期待していましたが、、、

これは、なかなかハードルが高そうですcoldsweats02

一見モノレールのようにも見えますが、アーケードの残骸、

140kai

周りにあったはずの建物が無くなっているのですsweat01



ここはまだ夜には営業している(と思われる)貴重な店でしたshine

P2180319kai

なにかの廃線高架を越えると、ランチ候補のお目当ての店がありました、

「ガード下食堂」、

P2180326kai

うむ、渋い、渋すぎますが、、、

どうやら、ここもすでに閉店しているようですheart03、、、

いや、分かりませんね、

すくなくとも、今日は営業していないですね、残念sweat02



ここ、広告コピーが笑えますhappy02、「アトム企画」さん、

144kai

“新銀座”も今はもう、、、

P2180330kai

すべては炭坑の栄枯盛衰と共に過ぎ去ったのですなthink

“大牟田神社”もありましたhappy01

148kai



さて、小一時間探訪した後に、やっとランチ営業している店を見つけました、

「漁師村」、

P2180345

線路の向こうにも何軒か営業している店がありましたが、ここにします、

仕切られたテーブル席に座敷他、広い店です、

ランチ1080円也は、メインを2品選べるようなシステムだったかな?

ワタシは刺身とアジフライのセット、

149

もちろん、ビールをいただいて歩き回って乾いた喉を潤しますwink、乾杯、

ここまで、人はあまり見掛けませんでしたがcoldsweats01、「漁師村」は結構混み合っています、

土曜日のお昼時、そりゃそうか、

はい、ご馳走様でした、

大牟田新栄町の「漁師村」、

新栄町で開いていた貴重なお店ですhappy01



ここから「大牟田」駅まで歩きます、

「新栄町」の駅からはもう半分くらいは来ていますね、

途中にはまた飲み屋街が、

P2180348kai
P2180347kai

ここはまだなんとか営業している店が多いようです、

ここが年金通りなのかな?



さて、この後は「大牟田」駅でバスに乗って三池炭鉱跡を見るつもりです、

続きは明日heart02、、、



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

九州探訪2017⑧博多2軒目は日本酒三昧です、渡辺通の地酒屋「ぼんちゃん」。

【2017年2月17日(金)】

九州探訪2017⑧

博多 渡辺通 地酒屋「ぼんちゃん」

博多大名の名酒場「寺田屋」で飲んだ後ですhappy01



次のお目当ても飲み友から紹介いただいた地酒の店「ぼんちゃん」です、

日本酒の揃えが半端ないみたいです、これはぜひ行ってみたいheart02

場所は渡辺通、良く分かっていませんが、

天神駅の南側をかすめて、徒歩10分ちょっとかな?

満席だと困るので電話で空きを確認、

はい、来てくださ~い!と二つ返事、

ではでは、歩いて行きましょうdash

途中で見憶えのある道歩きましたflair

たしかホルモン串の「みすみ」がこの辺りにありましたよね、

この道、その時に歩きましたね、この銭湯とか、あのお好み焼き屋、憶えていますhappy01

あら、今、食べログを見ると「みすみ」は掲載保留になっていますねsweat02

どうしたんだろう?

さて、O氏と二人で「ぼんちゃん」に到着、

114kai

ほう、こんな感じなんですね、

ちわ、、、っと、入ってみると、、、なんか静かです、あら?



しばらくして、奥から大将が出て来られました、

あは、なんか個性的な大将、

表の看板にあったイラストは大将の似顔絵なんですねhappy02

さっき電話した者です、

はいはい、どうぞ、どこへでも、

靴を脱いで板の間に上ります、そこには堀炬燵のカウンターが10席ほど、

そして、奥には板の間のテーブル席があります、先客なしcoldsweats01

二人なのでカウンターでも良いのですが、、、

なにやらO氏の知り合い合流の電話も入っているようです、

では、奥のテーブル席に着きましょうか、

大将とちょいと話します、日本酒がたくさんあると聞いてきましたheart02

誰から?あ、Nさんねshine、はいはい、

話し出すと大将、薀蓄が止まりませんwink

日本酒の事、大好きなんですね、そしてほんとに勉強されていますgood

もう、これはお任せしながら行くのが良いでしょう、

ということで、

とりあえず地元のお酒を中心に、とにかくいろんな日本酒をいただくことにしました、

こんな突出しが出て、

118



日本酒はこんなんから始っています、
 

まずは「鍋島」、味わい深い人気の酒、

115



そして「田中六五」、これは初めて見ました、

116

福岡県の糸島市の白糸酒蔵という華奢な感じの蔵名happy01

「博多の一本〆」、スッキリ系だったかな?

120

この辺りでO氏のお知り合い3人も合流shine

さらにワイワイと飲み進めることになりました、

合流の御三方は日本酒は詳しくない、

とのことなので、とにかくお奨めの酒をいただきます、

「黒龍」純吟垂れ口、これは福井のお酒ですね、

121



こちらは「喜楽長」、辛口をとの要望に出していただきました、

122

辛口とはこういうことになるんですねflair、という感じ、

美味い辛口だったと思います、

旨口好きの私が飲んでも美味しいheart02

料理は「湯豆腐」を追加、

119



「窓乃梅」蕾か花か、

123

たしか佐賀ですよねflair

大阪福島の佐賀の酒の店「うおずみさん」で飲んだかな、

「寒北斗」、

124

こちらは福岡県嘉麻市の蔵、

この辺りのお酒について大将の薀蓄をいろいろ聞いたのですが、、、忘れましたcoldsweats01

気付くとカウンターに若いカップルが一組来店、

大将と日本酒の話をされています、聞くとわざわざ北海道から来たとかsign03

日本酒好きで、ここでいろいろと九州の酒を飲む予定らしいです、

若いのにやりますなwink

さて、我々はここらでお勘定です、5人で8000円也ほど、

安いですね、料理をほとんど頼んでいないですが、日本酒は結構飲みました、リーズナブルです、

福岡渡辺通の地酒屋「ぼんちゃん」、

強烈な個性の大将が、日本酒の事をいろいろ教えてくれはりますhappy01

日本酒好きならぜひ一度は足を運んでおきたいですね、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

さて、今日はこれで打ち止めです、今日も朝からよく飲みました、

明日は朝から大牟田探訪の予定ですtrain

宿までぶらぶら歩いて、早めに寝ましょう、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

九州探訪2017⑦福岡大名の酒場「寺田屋」、料理、酒、人とバランスの良いほんとうにエエ酒場です。

【2017年2月17日(金)】

九州探訪2017⑦

博多 大名 「寺田屋」



さて、小倉を後にして新幹線で博多入りですbullettrain

一旦、宿泊先へ入って荷物をほどいて、夕方までGOで時間を潰しますhappy01

今日のお目当ては大名辺り、前回訪問時もこの辺りは歩いたのですが、、、

3年経っていると結構忘れていますねsweat02

あちこち歩きながら記憶を解きほぐします、うん、だいぶ思い出して来ましたwink

今日は福岡単身赴任中のO氏との二人飲みです、

18時に店で待ち合わせています、が、、、30分ほど前に店の前に到着coldsweats01

「寺田屋」です、

087kai

そう、太田和彦さんの「居酒屋百名山」にも出てくる名酒場ですshine

待ち合わせまでまだ30分ほどありますが、提灯はもう出ていますね、

実はここの来るまで、この一角をずいぶん歩き回って「寺田屋」を探しました、

よくあることですが、「寺田屋」はとくに分かりにくかったですsweat01



上の写真の路地の奥に店があるようです、

先程もこの前を通りましたが、提灯が出ていなかったのか?

気付かずに周辺をあれこれ探していました、

でも、もう大丈夫です、

待ち合わせまではまだ時間があるので、近所をもう一回りGOですhappy01



すぐ裏手で見つけたのは「小谷酒舗」、

089kai

朝から営業していて、日本酒が楽しめる立ち飲み角打ちのようです、

これは後で来よう!と思いながら、、、残念ながら果たせませんでしたheart03

ようやく時間になったので、あらためて「寺田屋」の前に帰ってきました、

092

ではでは入店ですdash

路地の奥までズンズンと進むと右側に小さな木戸があります、

どうやらここがそうみたいですね、入りましょう、

木戸を引くとそこはもう板の間です、

小さな上がり框で靴を脱いで上がります、

靴は、、、あ、左手が下駄箱(靴箱か)になっています、

18時に2人で予約してます、

はい、こちらへどうぞ~、

と、案内されたのはすぐ左にある、8人ほど座れるL字の堀炬燵カウンター、

1階の席はここだけのようで、あとは2階席になるようです、

予約のお客さんが続々入店、どんどん2階へ上って行かれます、

この日は予約なしでも2階に1組、1階にもお一人は入れたような感じです、

O氏はちょっと遅れる様なので先に始めます、



え~っと、焼酎から始めましょうか、

メニューで見ると、焼酎は一合売りです、「三岳」で一合1,000円也、

小倉の角打ちが焼酎一合200円か300円だったなcoldsweats01

さすがに、この落差には怯みますが、、、

一合あれば2杯半くらいは飲めます、そんなに高いという訳ではないでしょう、

094

お湯割りでいただきました、

料理はカウンターの大皿から「白和え」、

095

カウンターには他にも料理や食材が並んでいます、美味そうhappy01

ほどなくO氏も到着、乾杯です、



エエ店やな~、とO氏も感心、

ですね、民家を改造してあるんでしょうか?

路地から木戸をくぐって入るアプローチも良いし、

店内の雰囲気もそれなりの年数を経た酒場の雰囲気が満ちています(出来て何年かは知りませんが)、

とにかく料理が美味しそうなのでドンドンいきますwink



「炙り明太子」、

096

「しめ鯖」、、、写真忘れたみたいですsweat01

「寒ブリ」、

P2170309



カウンターの中には大将がおられます、ぼちぼちと話をしだします、

店名の由来や、この店が出来た経緯などを教えていただいたような記憶がありますが、、、

二人飲みですので、ちょっと正確な内容は忘却割愛happy02

そうそう、つい先日も太田さんが来られたそうです、

やはり何度も来られているんですねshine

とにかく、美味しい料理をエエ感じのお店で、

そしてエエ感じの大将の案内で飲める店であります、

日本酒に変えています、冷酒常温を2杯くらい、

佐賀の「東一」などを飲んだかな、

他にもたぶん地元というか、九州の酒をいただきました、

燗酒もいただきましたね、

099

燗酒は「西の関」でした、

あ、昨日中津でもいただいた酒ですねhappy01

料理は「うちわ海老」、大将のお勧めでした、

“うちわ海老”って?どんなんですか?と訊くと、調理前に見せてくれはりましたshine

100

これが、こんななって出てきました、

102kai

美味しいと評判の海老らしいです、たしかに滋味深い味わいでしたheart02

「おでん」も、

101

ふ~、ここまでで90分くらい、結構お腹も膨れてきました、

〆はどうしましょ?「うに飯」とか「島原素麺」とか?

島原素麺も美味しいですよ、揖保の糸にも負けません、と大将お薦めでした、

で「うに飯」と「島原素麺」を一つづつにしました、贅沢lovely

110
106kai
105kai

当然両方とも美味しかったですheart02

デザートもいただいてお勘定です、一人7000円也ほどでした、

福岡大名の酒場「寺田屋」、さすがにエエ酒場です、

料理、酒、人、バランスがよろしい、気分よく酔わせていただきました、

ぜひ再訪したい店ですね、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

さて、ではO氏ともう一軒行くことにしますdash

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

九州探訪2017⑥小倉旦過市場の貫禄充分の角打ち「あかかべ酒店」で一杯、そして、小倉発祥!?の焼きうどんでもう一杯^^)

【2017年2月17日(金)】

九州探訪2017⑥

福岡小倉 旦過市場 「あかかべ酒店」~小倉駅前「いしん」



さて、小倉北方の「今浪うどん」で肉うどんをいただいた後ですshine

新ポケモンを獲りながらモノレールで「旦過(たんが)市場」駅まで移動しますhappy02

文字通り、ここには「旦過市場」があります、

前回小倉探訪時には訪れていませんので初探訪です、

南側の市場入口、

P2170273kai

元気な市場です、シャッター店舗はなくお客さんも一杯、

P2170278kai

元気な市場と、シャッターが降りる市場、

こんなに差が出るのはなんであろう?ちょっと研究してみたいですshine

少し行くと左側にありました、

すごい存在感なので見過ごすことはないと思います、

P2170279kai

「あかかべ酒店」、

酒販店としても元気そうですが、もちろん中で飲めます、ザ・角打ちな感じ、

時間は11時少し前、

中を覗くと先客なしですが、怯むことなくここは入店ですdash

土間な感じのスペース感、

店内の看板や貼り紙、値段表示のカード、全部エエですね、

突き当りにカウンター、これまた如何にもザ・角打ちな感じ、

カウンターの中には若い大将、

あ、お母さんらしき方もいらっしゃいます、



スイマセ~ン、ここで飲めますか?

はい、



では、っと、、、あ、入り口近くにリーチインがあります、

ここから取ってイイですか?

はい、

では、
SAPPORO黒缶にします、



カウンターの上にあったおでん鍋から「厚揚げ」100円也かな、

058

これで一杯だけいただきます、

そうそう、キャッシュオンです、

目の前の壁にはメニューやら、注意事項がいろいろ貼られています、

え~っと『飲食は30分以内で』、なるほど、長居お断りですな、

『缶製品にはグラス提供はありません』、

なるほど、欲しい時もありますが、まエエでしょう、

『適正飲酒10カ条』なるものも貼ってありましたhappy02

これ、他でも見たような気がするなあ、

いずれも真っ当なご指摘ですsweat01、心に刺さります、反省coldsweats01

はい、まだまだ今日は先が長いのでこれでお勘定です、

もちろん適正価格、

小倉旦過市場の「あかかべ酒店」、貫録ありますね~happy01

エエ角打ちです、午後からはもっとエエ感じで暖まるんやと思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

この後は、小倉在の友人とランチへ行くことにwink



なににする?

朝はなに食べました?

「今浪うどん」で肉うどん食べた、

ああ、今浪ね、あそこは独特ですわ、そう云うと“焼きうどん”は小倉発祥なんですよ、

え!?ホンマかいな??

ということで、小倉発祥“焼きうどん”をいただくことになりました、

朝昼とうどん連投!どやさ!!happy02

近くにあった“焼きうどん”発祥と云われる老舗店「だるま堂」を教えてもらい、

077kai



こちら、お好み焼き「いしん」で“焼きうどん”とビールで乾杯しました、

081

「焼きうどん」は関西のんとよく似ています、

080

ソース味、紅生姜、鰹節と関西と変わりません、

温泉卵のトッピングはデフォルトでした、これが特徴でしょうか、

麺も少し違うかな、ここのはちょっと平たい面だったような気がします、

ゆっくりと話をして、再会を約束して解散です、おおきにでしたheart02



このあと、もう一軒角打ちの「平尾酒店」を確認、

083kai

ここもエエ感じでしたが、、、

でも、もう2杯飲んでいます、ここは自重、次回入りますねwink

さて、では新幹線で博多へ向かうことにしますbullettrain

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

九州探訪2017⑤2日目の朝は小倉うどんからスタートです、モノレールで北方の「今浪うどん」で肉うどんです。

【2017年2月17日(金)】

九州探訪2017⑤

福岡 小倉 「今浪うどん」

さて、2年4か月ぶりの九州探訪、2日目の朝ですhappy01

早々にホテルを出発、「小倉」駅から出ているモノレールに乗ります、

お目当ては朝うどんですshine

なにやら、朝からお客さんで賑わううどん屋があるらしいです、

タモリさんのおかげで知ったコシのない博多うどんなのかな~?

でも、ここは小倉です、博多とはまた違う文化圏、

ひょっとすると、うどんもまた違うんとちゃうかな~wink

と、モノレールに乗ると、、、

わ!なんと!!「ポケモンGO」で新しいポケモンがリリースされていますflair

えらいことです、せっせと捕まえながらモノレール移動train

で、、、あっという間に目的の「北方」駅に到着です、

この辺りは小倉競馬場も近く、酒場もありそうなエリアですheart02

生憎の小雨、傘を差して、ポケモン捕まえて、

お目当ての店を探しながら歩きます、、、忙しいhappy02

 

歩いて3分程かな?

ありました、今日の朝食はここでいただきましょう、「今浪うどん」、

053kai

街中のうどん屋さんですが、、、

隣りには大きな専用?駐車場があり、お客さんがひっきりなしです、

ワタシも負けじと入店しようとします、が、、、あらら、、、お待ちですsweat02

カウンターとテーブル席で20人近くは入れるでしょうか?満席です、

列はないので、そのままなんとなく待つこと数分、

うどんですから回転は速いですからhappy01



ものの2分ほどで、

お一人?

はい!

では、ここ、相席で、

ということで、テーブル席に出来た空き席に案内してもらいます、

当たり前ですが全員うどんを食べているので、なんか不思議な感じ、

みなさん、一心不乱にうどんにくらいついていますhappy02

エエ感じ~の店です、

壁にメニューがありました、助かります、

056kai

え~っと、とりあえずメインは「肉うどん」のはずです、

flair、「肉肉うどん」というのもありますね、

たぶん“肉増量”と云う事なんでしょうね、それもエエなあheart02

(大)(中)(小)とサイズも3つありますなhappy01

他には、丸天、ごぼ天、たまねぎうどんなどもあります、

でもやはり肉うどんでしょう、

朝ですからね、ここは「肉うどん(小)」600円也にしましょう、(小)ねgood

ビールもありますが、後の予定もあるのでここは自重します、

ほんとは飲みたかったけどcoldsweats01

はい、「肉うどん(小)」です、

055kai

肉うどんといっても、関西で云う“肉うどん”とは別物です、

肉=ホルモンの煮込みがドバっと乗っています、で葱も、

大阪で云うなら、新世界辺りで食せる“ホルモンうどん”に似ていますねwink

では、いただきますdash

うどんは予想よりやや硬め、これまた“博多うどん”とはまた別モノですね、

肉、美味しいです!heart01煮込みですね、

出汁は濃いです、濃いめのメリハリあり、インパクトありますshine

こう云うの嫌いじゃないので、スルスルと胃の腑に吸い込まれていきます、

テーブルにはおろし生姜が丼に山盛り置いてあります(写真なしsweat01)、

これも入れるみたいですね、、、
で、投入、

うん!生姜であっさりshine

さらに出汁にも深みが加わって美味しさ増量です、

またまた、さらにスルスルと胃の腑に吸い込まれます、

これは「肉うどん(中)」でヨカッタかな?coldsweats01

いや、「肉肉うどん(小)」が正解だったかな?肉、旨いしheart02

と、ちょっと後悔しながら、あっという間に完食致しましたhappy02

まじに、一瞬お代わりという言葉が脳裏を過ぎりましたが、、、

ここも自重happy02

まだ朝の9時過ぎですから、

これでお勘定です、そのままのお値段、



小倉北方の「今浪うどん」、はい、美味しかったですgood

朝からうどん、ありです、生姜も効いてますwink

あとで小倉の住人から聞くと、ここは典型的な“小倉うどん”ではないそうです、

どんなんが“小倉うどん”なのか?分かりませんが、、、

こりゃまた、他のうどん店(いっぱいあります!)も探訪しなければなりませんなhappy02

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、では傘を差して、

ポケモン獲りながら次のお目当ての店=角打ちを目指しましょう、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

九州探訪2017④大分中津の2軒目は名物唐揚げの専門店へ、ゆず塩唐揚げと日本酒で乾杯、「おぼろ月夜」へ。

【2017年2月16日(木)】

九州探訪2017④

大分 中津 「おぼろ月夜」

さて、大分中津の「扇八」で大いに楽しんだ後ですhappy01

大分の郷土料理「大根餅」をいただき、中津の文化2面性に触れ、

福沢諭吉も中津出身と聞き、大分の“しんけん”気質も知りました、happy02

いや~、有意義な1軒目でしたshine

で、2軒目ですが、

ここは中津発祥と云われている“唐揚げ”を戴こう!ということになりました、

同行のS氏が知っている美味しい店があるとのこと、

ではでは、参りましょうdash

夜の帳が降りた街を少し歩きます、

さすがにネオンが犇めいてる、ということはないですが、

それなりに酒場が点在しておりますshine

ちょっと場所は忘れましたが、すっと路地に入ったようなところにあったかな?

2軒目は「おぼる月夜」、

035kai

どうも~、S氏が顔です、リラックスムードで入店です、

カウンターと、う~ん、奥に座敷かテーブル席があったのかな?うん?

それとも2階があったのか、、、忘れましたsweat01

若い大将とお姉さんに迎えられてカウンターに着きます、

まずは押しの「柚ハイボール」だったかな?

040

そして突出しに、これは、、、鶏皮かな?

041

では、乾杯happy01

表の行燈看板には“日本唐揚協会グランプリ受賞店”の文字がありましたflair

P2160259kai

なんか期待も高まるけど、、、ウケたhappy01

持ち帰り専門店とありますが、、、もちろん、中で飲めます、

034kai

表の短冊メニューには5種類の唐揚げメニューがありました、

これは楽しそうですね、

関西では唐揚げでここまでこだわった店はあまりないかも、、、

価格が、、、グラム売りなのが新鮮wink

代表メニューが「中津からあげ おぼから」になっています、

これ、なんか説明聞いたかもしれませんが忘れました!heart03

“おぼろ月夜のからあげ”で“おぼから”かな?

では、我々も唐揚げもお願いしましょう、

どれがイイかとやり取りをして、食べたことがない「ゆず塩唐揚げ」にします、

はい、こんなんです、

042

ゆず塩は薬味ではなく、肉そのものに柚味と塩味を付けているそうです、

こうすると旨味を出す揚げ方が難しいらしいです、

このまま何もつけずにいただきます、

なるほどflair、胸肉ですのであっさり、スッキリとした食べ口の唐揚げですね、

美味しいheart02

バジル唐揚げとか、おぼからも食べたかったけど、

結局この日はお腹一杯で唐揚げはここまででした、

日本酒も力を入れておらえれます、結構な数の銘柄が揃っていました、

これまた大分中津の2面性、

なんとなく唐揚げには焼酎かと思いきや、日本酒もしっかり呑むみたいですね、

まずはこちらからから、

地元というか九州の酒が良いと注文したような気がします、

P2160262

「裏鍋島」というやつですねhappy01

面白い、これは燗ではなくそのまま常温でいただいたか?(記憶なし、すでに危ないsweat02)

そしてこちらも飲んだようです、

045

これは「新政」ですね、

好きな酒なので注文したのでしょう、

写真はこれだけですが、、、時間的にはゆうに2時間以上滞在してますhappy01

なんか、とにかくワイワイと大将共々盛り上がりました、

おっと、考えたら今日は小倉泊まりです、

ぼちぼちと引き上げねばなりません、

こういう感じだったら中津に泊まってもヨカッタなあ、

と、後ろ髪を引かれながらのお勘定です、

ここも金額不詳、スイマセンsweat01

中津からあげ専門店「おぼろ月夜」、楽しかったです、

若い大将も明るくてエエ感じ、

もちろん、唐揚げも美味しかった、

次回は「中津からあげ おぼから」を食べたいですな、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04



 

駅までは10分ほど、ぶらりぶらりと歩いて帰ります、

駅前の「二十八万石」はまだやっていますが、残念ながら今日はもう無理heart03

ここもエエ感じの店でした、

047kai

また、あらためて中津に来た時に入ってみましょう、

では、さらば大分県中津市、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

九州探訪2017③大分県中津、興味深い街でめちゃエエ店に出会います、「扇八」で一献。

【2017年2月16日(木)】

九州探訪2017③

大分 中津 「扇八」

さて、2年4か月ぶりの九州探訪happy01

初日はまず小倉の角打ちを2軒探訪、もちろん昼飲みですshine

で、いったんホテルにチェックインして出直します、

次は、小倉駅から快速電車に乗って大分県中津市を目指します、

なぜ?中津なのか?、、、理由は、、、忘れましたhappy02

でも、知り合いのS氏が最近大分へ異動したのを聞いて、

あ、中津へ行ってみたい!と思いましたshine

それに、移動時間を調べてみると、小倉から快速電車で1時間ほど、

思ったよりずっと近いです、

こりゃ、行くしかないですなdash

中津の事、まったく知りませんが、なんか良い酒が飲めそうな予感があります、

で、順調に中津に到着、16時30分頃、

025kai

思った通りの駅と町並み、地方の中規模都市です、

S氏とは17時頃に中津で待ち合わせ、

メッセージのやり取りで、お目当ては何軒かに絞っています、

少し時間があるので先にぶらりと街中を探訪しましょう、

駅の北側かな?すぐに日ノ出町商店街がありあます、

P2160239kai

こちら側に酒場がありそうですね、ここへ入ってみましょうshine

すぐに「二十八万石」がありました、

P2160271kai

ここは通し営業かな、もう飲めそうです、自転車停まっていますhappy01

一応キープ、

商店街をどんどん進んでいきます、

P2160270kai

すごい情報量の寿司屋「日の出寿司」happy01



ちょいと路地裏に入ります、洒落た洋風の建物がありました、

P2160244

その横の路地を抜けると、、、

P2160245kai

あ、「扇八」がありましたflair

P2160246kai

S氏と相談の結果、お薦めのここが1軒目の予定です、

いつものように偶然ですが、すぐに見つかりましたねshine

S氏も中津に到着したようです、

ワタシはもう一回りして、店の前で合流、どうも、どうも、

時間は17時数分前、、、

でも、まだ暖簾が出ていません、

店の流儀はいろいろありますからね、

客が来れば空ける店もあれば、時間まで開かない店もある、

初見ですので、ここはじっくりと暖簾が掛かるまで待つことにしましょう、

待つこと数分、

あ、お母さんが暖簾を掛けられました、はい、ではでは、入りましょうdash

ちわ~、

あら、いらっしゃい!待ってたの?

はい、暖簾が出るまではと、

入ってくれたらいいのに~、と、一気に和みますheart01

朝からずっとここで仕込をされて入りそうです、

なるほど、10人ほど座れるL字カウンターの上には食材や大皿料理がズラリと並んでいます、

P2160250kai

これはエエ店の予感がしますねflair、うん、間違いないです、

まずは生ビールで乾杯、

さて、肴は、え~っと、それとそれ、みたいな感じでカウンターの上から「筍と椎茸」と「手羽先」、

お母さんからのお奨めで「大根餅」もいただきました、

大根餅?なんですか?な感じです、

ワタシは初めて聞きました、S氏は知ってのいたのかな?

大分の郷土料理みたいですね、

では、それではぜひいただきましょう、



ということでまずは「大根餅」から、

028_2

ほ~、なるほど、大根が材料でしょうが、食感はもちもちしています、

なんかお好み焼きみたいな感じ、美味しいですlovely

「筍と椎茸」、そろそろ文字通り旬です、

P2160249

他に入店もないので、ぼちぼちとお母さんと話しだします、

年齢を聞いてびっくり!本当にお若く見えます、そしてめちゃくちゃお元気です、

もう50年以上、この場所でこの店をやっておられるそうです、



ええですね~、そう聞いて店内を見ると貫禄がありますね、

途中で一回手を入れただけ、もうあちこち傷んでます、

いやいや、こういう風に時を重ねていくのが素晴らしいのです、

毎日、朝からこれだけの料理を一人で作っておられるのも凄い、

ほとんど手作り料理です、

いや~、エエ店ですね~、これは正解ですgood

「手羽先」、

030

TVでは「しんけんワイド」っていうのをやってます、

なにこれ?“しんけん”って?

“ほんき”とか“一所懸命”って云う意味だそうです、

大分の県民性、大分はしんけん!らしいですhappy01、へ~、

あの福沢諭吉も中津出身なんですね、

生まれは大阪の藩邸らしいですが、

それさえ知らずに来ましたsweat02、しんけんスイマセンhappy01

そういうと中津城もありますよね、中津藩ですか?のちに小倉藩、

藩主は黒田長政とか細川家とかそうそうたる名主が納めていたんですね、



中津は県としては大分、文化圏は北九州、と2面性もあるそうです、

だからか?大分と云えば“鶏天”が有名ですが、中津は“唐揚”だそうです、

そういうと唐揚げも中津発祥ですね、

そうでした!!しんけんなんにも知りませんsweat01

やはり大皿から「ピーマン肉詰め」、

P2160254

これ、ピーマンが生なんです、シャキシャキでめちゃくちゃ美味しいですshine

そうそうお酒は日本酒をいただいています、

いくつかあったのですが、せっかくですから地元のお酒を、ということでこちら
 

「西の関」、国東半島の萱嶋酒造、

031kai

お酒も2面性の大分、大分は焼酎も多いですが、日本酒もちゃんとあります、

最後に美味しそうだったので天ぷら、

少しだけのつもりが、お母さん、ぎょうさん盛ってくれはりました、

P2160255

こち、まごち、エビ、ふきのとう、などをポン酢でいただきました、

ぼちぼちと常連さん入店、

2つあるテーブル席で待ち合わせ、おう!な感じでみなさん自然合流です、

はい、ではわれわれはこれで失礼いたします、

楽しすぎてお勘定忘れました!でも、間違いなくリーズナブルでした、

中津1軒目、「扇八」、お母さんの細腕繁盛で50年以上、

料理も美味しいし、なによりお母さんが凄い!エエです、

おおきに!ごちそうさん!しんけん、また来ますね!!heart04

さて、もう一軒行きましょかhappy01



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

九州探訪2017②九州探訪の2軒目は折尾の「宮原酒店」、こちらも北九州の角打ち、貫禄と親しみある酒場です。

【2017年2月16日(木)】

九州探訪2017②

北九州 折尾 「宮原酒店」

さて、2014年10月以来の九州探訪ですheart02

北九州市折尾の「高橋酒店」からスタートした探訪、

2軒目は同じく折尾にある「宮原酒店」ですhappy01

さすがの貫録とフレンドリーな雰囲気の「高橋酒店」から歩きます、

橋を渡って駅に戻るような感じで数分歩くと、ありました、「宮原酒店」、

018kai_2

こちらも平日は朝10時から営業されています、

ありがたい店ですhappy01

ちわ、、、椅子席にお客さん?が二人かな、

カウンターの中にはお母さんの姿が、、、ありませんsweat02

でも、まあ営業しているからイイでしょう、勝手に一人カウンターに着きます、

こちらも土間、カウンターとビールケースのテーブルがいくつか、

P2160231

奥もあります、2人ほどのお客さんが飲んでおられますね、

ほどなくお母さん登場、奥で何か用事があったみたいですね、

どうも、では「芋お湯割り」をお願いします、

P2160229

焼酎は白波、コップになみなみで出てきました、

200ml260円也ですshine

お湯はポットですね、あ、今、沸かしていただいてるんですね、は、

で、自分で適量を大き目のグラスに入れて「芋お湯割り」を作ります、

これは、、、3杯は作れそうです、酔うなあcoldsweats01

肴はまず、目の前のメニュー札から「湯豆腐」にします、

P2160230

おでんなイメージでしたが、パックの豆腐を温めたものでした、無問題wink

テーブルの客さんはなにやら書類を作成されています、

何かの申請書ですね、

お客さん同士、お母さんも一緒にあれこれとアドバイス確認しながら作成happy01

なんとか出来上がったようで、そのまま店頭にあるポストに投函、

なるほど、ここで作るのが便利なんですね、

奥の座敷(だったかな)?いや、テーブル席だったかな、

そこのお二人さんも盛り上がっています、

戦友?違うかもしれませんが、艦の話が出ています、

こちらは「芋水」1杯目を飲み干して、2杯目を作ります、

ちょっと濃いめにしていますが、まだ少し焼酎が残ってます、

やはり3杯目まで行きそうです、

肴は「納豆」、

022

これで2杯目をゆっくりと飲みますheart02

奥のお二人がお勘定、エエ感じで出来上がっておられます、

楽しんで行ってね~、とご挨拶いただきますhappy01

どうもです、

では、ワタシもこれでお勘定にします、

焼酎が少し残ってしまいましたsweat01



呑み切りたいところですが、時間はまだ14時頃、

これからまだ飲む予定があります、

ここは申し訳ないですが少し残しました、

お母さん、スイマセンちょっと残しました、これでお勘定にしてください、

はいはい、

500円か600円?失念heart03、、、



折尾の「宮原酒店」、ここもまた角打ちらしい角打ちでした、

常連さんとの交流も深い感じ、で、やはり仕事の流儀はきっちりな感じ、

北九州の角打ちらしい店です、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

 

外に出るとエエ天気、春の陽気かも、

さて、小倉に戻ってホテルにチェックインしたら、

次は大分県へ侵攻する予定ですdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番