カテゴリー「関西周辺」の13件の記事

2018年6月 7日 (木)

和歌山駅近くの大好きな「多田屋」、和歌山駅よりも前からある!?はホントでした^^)

【2018年3月17日(土)】

和歌山 和歌山駅前 「多田屋」

2回目の和歌山駅前「多田屋」探訪ですhappy01

前回の初探訪ですっかり気に入ってしまった「多田屋」heart02

今日も「多田屋」に行きたいばっかりに和歌山熊野古道を歩きましたhappy01

紀勢線「海南」駅から藤白峠、拝ノ峠を経て「紀伊宮原」駅まで3時間半ほどのハイキング、

電車で「和歌山」駅まで戻り、今回はそのまま「多田屋」へ直行ですdash

このための3時間半の山行ですからhappy01

はい、今日もエエ感じで佇んでいます、、、

いや、佇むというより威風堂々up、大きな角打ち「多田屋」です、

043kai



ちわ~、時間は14時前、当然今日もよう流行っています、

入ったところのカウンターが空いていたので、今日はこちら側に座りましょう、

前回は壁側のカウンター、

049kai

こちら側に座るとまた景色が違います、壁にはメニューがびっしりshine

で、今日は「ホッピー」350円也から入ります、

047

前回は見逃して“あとからホッピー”になってしまいましたからね、



肴は「きずし」450円也、

048

ぷは~、山行の後のホッピーも最高です、

五臓六腑に沁み渡ります(古い表現ですが、ピッタリの感覚wink)、

ここ「多田屋」は昭和2年(1927年)創業、今年2018年は91年目だそうです、

前回、お姉さんから『そこの和歌山駅ができる前から営業している』と聞きました、

え~!?ホンマですか?と調べてみると、

なるほど!!確かに現在の「和歌山」駅が出来た(というより改称された)のが1968年、

案外新しい駅なんですね、現在の「和歌山」駅、

それまでは、現在の「紀和」駅(紀勢本線、和歌山駅の一つ和歌山市駅寄り)が「和歌山」駅を名乗っていたそうですが、

1968年に南海電車山手線(旧阪和電気鉄道)を国有化、

国鉄阪和線になったのを機に旧「東和歌山」駅を「和歌山」駅に改称、

これが現在の「和歌山」駅だそうです、

へ~、まだ50年か、

阪和線もワタシより若いんだflair、なんか意外、

とにかく、『そこの和歌山駅ができる前から営業している』というのはホンマでした、

さすが「多田屋」、まだまだ91年ですhappy01

閑話休題、



目の前の焼き・揚げ担当のお母さんがワタシのことを憶えてくれていました、



あら、また来たの?

はい、また来ました、今日も山行からです、次はお花見できます、

そうそう、「山中渓」駅の桜はホント綺麗よheart02

はい、4月にまた来ますshine

「ホッピー」中を追加して、「ささみ天ぷら」300円也、

054kai



酒屋ですので日本酒も揃っています、

後ろのカウンターには日本酒がずらり、

055kai2

でも、壁のメニューにあった多田屋オリジナル「豊富」(トヨトミ)の純米酒350円也のほうが気になります、

050kai2

お母さんに聞くと、京都伏見の北川酒造で作っているとのこと、

ほ~、北川酒造、北川本家か?たしか“富翁”の蔵ですねflair

それは一献いただきたいですね、

057kai

コップもオリジナルの「豊富」、

058kai

うん、しっかり旨味のある好みの酒ですheart02

が、一升瓶の蔵元表記をよく見ると“北川酒造㈱”となっています、うんthink

“富翁”の蔵はたしか“㈱北川本家”だったはず、どうも違うようです、



本家とかついているし、これはなにか騒動の匂いもしますなhappy01

これはまた解明しなければなりません、、、

が、それはまた後日という事でgood

焼鳥、「かわ」140円也と「ねぎま」150円也、

060kai

そしてお母さんお奨めの「やげんナンコツ」160円也、

064

うん、美味しい、

これでこの日はお勘定、2270円也、

あ、そうそう、前回お隣になった常連さんとまた隣同士になりhappy02

ワインをご馳走になってます、

063

いやはや、なにかと縁がありますなlovely

JR「和歌山」駅からすぐの大きな角打ち「多田屋」、

もう問答無用、とっても素敵な酒場です、

なんか、東京の下町にありそうな感じが大好きです、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

和歌山駅前「多田屋」のあとは、「酒屋の酒場」へ、メニューにあった“マルシンハンバーグ”が美味しかった^^)

【2018年2月17日(土)】

和歌山 和歌山駅前 「酒屋の酒場」

大阪府最南端の駅?「山中渓」駅から和歌山の「六十谷」駅まで歩き、

和歌山駅前の「多田屋」で存分に飲んだ後ですhappy01

最初に下見をした「酒屋の酒場」、

開店準備のお母さんに“あとで来ます”と云ったので、、、

ここは律儀に梯子しますhappy02

歩いてすぐ、もう開店してました、「酒屋の酒場」、

074kai

看板には日本酒の銘柄が並んでいますねwink

店名からして、ここも元は角打ち?

今はそんな風情はないですが、そうかもしれません、

前に和歌山探訪した時の2軒「酒屋の酒場」を見つけましたが、どちらも未探訪、

そのうち、和歌山駅から遠い方の店(京橋店)は、残念ながら廃業閉店したようですheart03

そちらの店も、記憶ではこんな風な店構えだったような気がします、、、

探すと、写真がありましたshine

0451

これが、在りし日の「酒屋の酒場」京橋店、



ついでに、同じ時に見つけた大衆割烹「丸万」、

0491

こちらも残念ながら廃業閉店してようです、

両店とももっと早く探訪しておくべきでした、残念sweat02

駅前ほうの「酒屋の酒場」は、幸いまだ健在、

今日はしっかり探訪しておきましょうgood

 

ちわ、もう大丈夫ですか?

はい!ああ、さっきの、ホントに来てくれたんだ、

はい、「多田屋」さんで飲んでました、

ということで無事一番客で入店、

予想と違い、小綺麗な店内、カウンターのみのお店?と思いきや、、、

ずーっと奥に広いスペースがあるみたいですhappy01

後で分かりましたが、奥のスペースではもう2組ほどが飲んでおられました、

一番客じゃなかったcoldsweats01

「突出し」が出た、はずですが、、、写真無し、憶えていませんsweat02、あちゃ、

酒は、やはり和歌山の日本酒をいただきましょか、

メニューには和歌山の酒が並んでしました、そりゃそうか、

083kai
082kai
075kai

「紀土」しぼりたて580円也にしました、

多目に溢していただきましたhappy02

ちょっと刺身が食べたかったので「まぐろ刺身」780円也、

085kai

ちょっと炙ったのもあり、まずまず、

ここでいろいろお母さんと話したんですが、、、

ちょっと酔っぱらいで、あまり憶えてませんhappy02

店名「酒屋の酒場」の由来とか、

ここは元酒屋だったのか?とか、

北千住の「酒屋の酒場」とは関係があるのか?

とか、今考えると、いろいろと訊いておけばヨカッタと思いますが、、、

この時はホント世間話だけしてました、、、反省、、、sweat02happy01

もう一品、なんか、、、と、

メニューにあった「マルシンハンバーグ」が目に留まりましたflair

あは!懐かしいなあshine

酒場でこのメニューは初めてかもしれません、

ここは味違いでいっときましょ!

「マルシンハンバーグ」280円也、

091

ホンマに懐かしいshine

そして、、、なんか酒の肴になってます、美味しいwink

さて、これでお勘定にしましょう、1980円也、

あ~、今日はよく飲みました、満足満足、

和歌山駅前の「酒屋の酒場」、

もう一店のほうが無くなったのは残念ですが、

こちらの店だけでも来られて良かった、

割と早い時間から開いているようで、昼飲みに使えそうです、

次回はもうちょっと料理を頼んでみましょうね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

山行のあとは和歌山駅前の「多田屋」を初探訪、気に入りました!!もうサイコーの酒場です♡、存分に飲みました^^)

【2018年2月17日(土)】

和歌山 和歌山駅前 「多田屋」

今日は大阪府から和歌山県へ山越えのハイキング、

で、和歌山駅前で飲んでいますhappy01

JRきのくに線「山中渓」駅は大阪府最南端の駅になるんでしょうか?

そこから、和歌山県の「六十谷」駅まで歩きました、

県境を山で越えるのは初めてではないかな?

4時間ほどのソロハイクshine

楽しみはもちろん下山後の一杯でありますbeer

和歌山で飲むのは久しぶり、

数年前に、加太、さらに白浜と何軒か飲みましたね、

さて、今日は下山した「六十谷」駅から2駅のJR「和歌山」駅周辺で飲む算段です、

さすがに、ちょいと下調べをしています、、、



その数年前に見かけたエエ感じの大衆割烹「丸万」、

0491

今度行った時は入ろうと考えていたのですが、、、

あえなく廃業閉店したようですheart03

遅かった、由良の助sweat01、、、

さらに駅前と、少し離れた場所の2軒あった「酒屋の酒場」のうち、

0451

駅から離れた方の店(京橋店?)も廃業閉店したようです、

遅かった、、、美樹克彦、、、happy02

という事で、本日の目標は「酒屋の酒場」駅前の方の店と、

すぐ近くにある「多田屋」のダブルスタンバイで臨みますdash

ちなみに「酒屋の酒場」という店名、

東京は北千住にも同名の酒場「酒屋の酒場」がありますflair

なかなかエエお店で2回ほど探訪していますが、

和歌山の店とは縁もゆかりもないように思えます、



こういう発想の店名が被るというのも面白いです、

ま、これで2つの店が実は繋がっていた!

という方がもっと面白いですけどねhappy01

閑話休題、

「和歌山」駅到着が14時過ぎ、

まずは駅から徒歩2分の「酒屋の酒場」を覗きますが、、、まだ開店前ですsweat02



店の前に立っていると、ちょうどお母さんが来られました、

これから開店準備なのでしばらくかかります~、とのこと、

了解です、また後で来ますねwink

では、これまたすぐ近くの「多田屋」へ向かいましょう、



途中の商店街、ちょっと元気ないですね、店もあまり開いていないです、

028kai



すぐに「多田屋」に到着、、、

031kai

参った、、、sweat01

めちゃめちゃエエ店ですやんhappy02heart02

なんで、前回和歌山探訪時に見逃しているんやろ、情けないsign01



もう、外観を一目見て気に入りました、

さらに、入り口に貼ってある張り紙を見て、もうメロメロになりましたlovely

069kai

“お酒の歴史は数千年 多田屋はまだまだ90年”heart02

もう、アキマセン、これは間違いないです、エエ店に決まってます、

ではでは、入りましょうdash

やっぱり、、、店内もサイコーの景色です、

今日の山行で観た景色より、こちらの景色の方が感動しましたhappy01

コンクリート打ちっぱなしの床、大理石(模様?happy01)のコの字カウンター、

向かいも一升瓶が並んだカウンター、

奥にテーブル、さらに座敷?という大箱です、

エエわ、もう最高ですわ、堪りませんわshine

店員のお姐さん方、揃いのうぐいす色の上着に頭巾、

これもキュンキュン響きますhappy01

コの字カウンターの奥、壁側に案内されます、

とりあえず下山後なので、他のお客さんが飲んでおられた「赤星」大瓶にします、

032

ビールグラスも泣かせますね~wink

ここ「多田屋」もまた角打ち=酒屋さんの酒場のようです、

ビール銘柄、各社揃っているみたいです、

料理はまず「ニラ玉」420円也、

035

値段はそんなに安くい訳ではありません、

が、そんなことはどうでもいいくらい、エエ感じで飲めますgood

ここで「ホッピー」があることに気付きましたflair

そっか~、ここは酒屋なんや、あとで飲もう!happy01

目の前のおでん鍋には串に刺さったおでんの具が、

039

古いタイプのおでんのカタチが残っていますshine

 

お姐さんに訊くと、昭和2年創業、

昨年2017年が90周年、今年2018年は91年目だそうです、

キュン~heart02

こんな酒場が和歌山に残っていたとは、ホントありがたいことです、

お姉さん曰く、そこの「和歌山」駅ができる前から営業しているとのこと、

ええ?ホンマですか?sign02

『しかし、このままいけば100周年も問題なく行けそうですね』、

『そうやね、イケると思うわ』、

この賑わいで100周年とは、ホントに立派です、ぜひ、続けてくださいshine

他のお客さんの注文が美味しそうやったので「かき揚げ」280円也、

おでんの汁、かけますか?

はい、お願いします、

045

うん、美味しいheart01

ここらでホッピーも注文、「ホッピー」セット白氷あり350円也、

041



おでんは「厚揚げ」130円也と「すじ」150円也、

059

日本酒は奥の方のリーチインに入ってました、

051kai



入って右のカウンターの前にもメニューと一升瓶が並んでいます、

056kai



せっかくなので和歌山の酒をいただきましょう、「黒牛」、

061



肴は「うなぎ肝焼き」400円也、

063

ふ~、下山後という事もあり、大いに飲み食いしましたhappy01

さすがにこれでお勘定です、3180円也、

和歌山駅前の「多田屋」、

久しぶりに大好きな酒場に行き当たりました、

ワタシ的には理想的な酒場です、

ここならもう何時間でも飲んでられそうです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

そうそう、

この時、お姐さんから「山中渓」駅は桜の名所だと教えていただきましたflair

その時にまた来てくださいね、

了解!絶対にまた来ます!



ということで、この後、月に一度は通うことになります、、、

これはまたあらためて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

今日は滋賀県草津で1杯です、金勝アルプス登った後は、草津駅前の「B級スタンド」で反省会^^)

【2017年7月23日(日)】

滋賀 草津 立ち飲み居酒屋「B級スタンド」

今日は珍しく滋賀県で飲んでいますhappy01

山部活動で滋賀県草津市へ、登ったのは“金勝アルプス(竜王山)”、

滝あり、岩登りあり、奇岩景色も面白いshine

なかなか楽しいコースでしたgood

が、気温も高く、予想以上に結構疲れましたsweat02

ま、夏の盛りの低山登り、仕方ない、、、

昼食休憩時に相談、参加者全員の合意で竜王山ピークハントを回避、

早々に下山ルートに入り、予定より早く無事下山、

バスでJR「草津」駅まで戻りますbus

と、駅の近くでバスの車窓からなんか飲めそうな店を発見sign03

予定では京都まで戻って駅前で一杯!のイメージでしたが、

この暑さ、もう我慢できませんsign01

お!あそこ、飲めそう!

もう、「草津」駅前で飲んで帰りましょ!!ということになりましたhappy02

駅前に蕎麦屋もあったけど、こちらの方が気になりました、

お目当ての店はここ!草津駅すぐの「B級スタンド」、

036kai2

もちろん事前情報なし、でも店構えはまずまず、コスパも良さそう、

そして決め手は、、、この時間で、もう混んでますやん!shine

日曜日の15時頃で、なにやら店内はすでに温まっています、

これが決めて、ここは入りましょうdash

入ったところの大きなテーブル席は椅子があり(たしか)、常連さんで満席、

右奥にスペースが拡がってます、

壁際に小さな立ち飲みテーブル、さらに奥にもテーブル席があります、

3人なので壁際の小さな、本当に小さな立ち飲みテーブルに着きます、

こんなメニューがありました、

「B級スタンド」のセットメニュー、

029kai

文字通りA級、B級、C級セットがあります、

A級セットは生ビールとおばんざい2品+お刺身+串カツで1200円也、

B級セットが生ビールとおばんざい2品+お刺身で1100円也、

C級セットは生ビールとおばんざい2品+串カツ1000円也となっています、

初入店なので、ここは慎重にいきましょか?と、

姑息なC級おじさんたちはcoldsweats01は安全策を選択、

C級セットを一つと、あとは生ビール単品2杯でお願いします!

はい!ありがとうございますhappy01

フロア担当の女の子、元気ヨロシイshine、対応なかなか早いですwink

おばんざいが美味しかった!と思うのですが、、、

写真がないのでheart03、どんな料理だったのか?全くの不明sweat02

串カツは6本、

028

これが美味しかった!!予想外の展開!!flair

串カツ、美味しいですやんdash

ね、ね、全員一致で追加注文、

それやったら最初からセットにしとき~、な感じでしたcoldsweats02

串カツのタネ、珍しいタネが多いです、で、こんな注文に、

雪見大福(あの雪見大福ですhappy01)、オレオ(あのオレオですhappy02)、アボカドベーコン、カマンベールチーズsign02happy02

あとは普通に、イカ、白身、サーモンタルタル、たこ、たまねぎ、牛ロース、

はは、どんだけ食べてるんですか、みんな美味しかったみたいです、

(1本ずつも注文なので不明タネあり)

飲み物も揃っていて、ホッピーあり、

024

焼酎がキンミヤなのもマスターの酒場愛を感じます、キンミヤのソーダ割り、

027

と、なかなか酒場臨場感もありましたwink

あと、一品をいくつか頼んだようですが、写真はこれしか無し、

ま、山後の3人飲みですから、ワイワイと仕方ないsweat01

これでお勘定、、、金額不明、ま、一人1500円位かな、

JR草津駅すぐの立ち飲み居酒屋「B級スタンド」、

飛び込みで入りましたが、期待以上、

というか、酒場の楽しみがしっかり揃ってました、

美味しい酒、美味しい料理、エエ感じの店員さん、

もう、草津で飲むならここで決まりです、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

  

で、「草津」駅前でもう一軒行ってます、

駅前ビルの中にあった「金亀庵」、

038kai_2

地酒の文字もありますね、

そういうと滋賀県の蔵で金亀ってなんかありますよねflair

京都祇園にあるリーズナブルな酒場「遊亀」もこの蔵元直営です、

蕎麦屋もやってるんですね、なかなかの多角経営上手、



もちろん日本酒をいただき、

057

突出しの肴には琵琶湖の「モロコ」かな、

056

料理は「蛸の唐揚げ」、

058



これで蕎麦をいただきました、「すだち蕎麦」と、

061kai

ワタシは「おろし蕎麦」かな、

062kai

はいこれで山部反省会も終了ですwink

金勝アルプス、面白いコースでした、また来ましょうねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

必予約、でも、値打ちはあります、奈良町の「蔵」、エエ酒場でした。

【2016年12月27日(火)】

奈良 奈良町 「蔵」

奈良の人気酒場、奈良町辺りの「蔵」へ初見参ですshine

友から聞いていた奈良町の「蔵」、エエ店らしいです、

そら、行っとかなアカンやろdash



ということで、実は少し前に一度探訪しました、

その時は、若草山散策路を2人でぐるっと歩いて、

近鉄「奈良」駅近くの銭湯でゆっくり温まりspa

時間は17時前、ちょうどエエ感じです、



ほな「蔵」で一献heart02

ということで、17時ちょうどに二人で入店したのですが、、、

スイマセン、今日は予約で満席なんです~、

エ!エ~!!そうなんですか?sweat01何時頃やったら、、、

20時過ぎころなら、、、

そらアカンわheart03

と、見事敗退したのでありますcrying

なるほど、ホンマに人気店のようですね、

こら、あらためて挑戦させていただきましょうdash



今日は予約しています、大丈夫ですgood

予約は17時~18時30分までの間のスタートに限り受けていただけるようです、

遠いので19時スタートにしようとしましたが、30分繰り上げ、大丈夫です、

飲むためなら、どんなことでも調整しますhappy02

ということで、今日は余裕綽々で奈良駅に到着train

少し時間があったので奈良町を探訪しています、

エエ感じの路地裏の飲み屋、

011

ここは一度入りましたね、日本酒販売店の「なら泉勇斎」、

014kai

中で日本酒の試飲ができます、肴もあるので立ち呑み使いが出来ますwink



さて、時間が来たので、いよいよ「蔵」へ入店です、

026kai

来る途中でばったり!

今日の相方と会ったので2人で入店ですhappy01

おお、エエ感じですねshine

これぞ酒場!な感じの渋い店内、

ちょうどエエ大きさのコの字カウンター、こりゃ人気しますね、

カウンターの中には若いお兄さん、

今日も予約でいっぱいのようです、飛び込み客は連続敗退sweat02

でも20時頃には空いてきます、予約なしで行くなら遅い時間ですね、

とりあえずの「生ビール」でカンパ~イbeer

メニューは刺身に一品、肉系のメニューもありますね、

まずは「なまこポン酢」、

015kai

「白子ポン酢」、と、、、

017kai

ポン酢かぶりですが、こんなんが食べたくなるような気分になる酒場ですwink

料理もレベル高いですねgood

「ホッピー」もありました、たしか頼んだかな?

ホッピー瓶は出て来ず、グラスでいただくスタイルやったような、

記憶あやふや、違うかも、写真がないのでたぶんそうかと、、、

ホッピーでいただいたのは、

メニューに“名物”のショルダーがついている「キモ焼き」
 



お兄さんから、量が多いんです、半分も出来ますが、

では、半分で、

019kai

うわ!半分でもこんな多いんですかcoldsweats01、こりゃ食べ応えあるわsweat01

続々予約客入店、一杯な訳が分かります、

外国人も多いし、若い女性グループも、

17~8席のカウンター、これではすぐに埋まってしまいますcoldsweats02

どうやら、外国人向け情報誌やタウンガイドにも載っているようですね、

「ねぎ塩カンパチ」というメニューがありました、

なんか、カルパッチョみたいなんかな?というイメージでしたが、

018kai

刺身でした、それのねぎ塩が掛かってます、

これは洒落てて美味しいheart02

これには燗酒ですね、

021

酒は「貴仙寿」でした、これも奈良のお酒ですね、

さらに地酒もいったみたいです、「風の森 秋津穂」、

023kai

好きなお酒です~lovely

写真でも分かるくらい発泡しています、シュワシュワ、

これで「おでん」でいただきます、

厚揚げと大根、

024kai

はい、これでもう2時間弱が経ちました、

カウンターの中は若いし、、、

あまり飲まない女子グループもいらしたけど、、、

気持ち良く飲めましたwink、エエ店です、



そら、酒飲みだけでゆっくりと呑みたいような店ではありますが、

それは欲張りというもの、

ここは奈良の大切な酒場、皆で楽しみましょうshine

お勘定は2人で8000円程、納得、

近鉄「奈良」駅近く、奈良町の評判通り、エエ酒場でした、

もう一度、他のメニューもぜひいただきたい、

でも、遅めからでは帰りが遠い、やはり、予約して来るかなwink

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

初の敦賀探訪です、駅前の「まるさんや」は大人気の家族使いの酒場でした、翌日は敦賀観光から「ヨーロッパ軒」も。

【2016年8月5日(金)】

福井 敦賀 「まるさんや」

都合がついたので、今日は福井県の敦賀を探訪することにしましたhappy01

ま、敦賀で今晩ある贔屓のミュージシャンのライブがきっかけなんですけどね、

ライブ前にさくっと飲むつもりですgood

大阪から敦賀、遠いようで近い、

JR西日本の新快速で1本乗り換えなしtrain、2時間ちょっとで着いてしまいます、

とはいえ、琵琶湖西岸を走る「湖西線」は旅情たっぷり、

折しも海水浴客一杯の景色を楽しみながらの旅行気分、

結局一睡もせずに(普通かcoldsweats01)敦賀に到着です、

敦賀に来るのは何年振りだろう?

20歳の頃にここからフェリーに乗って北海道へバイクツーリングへ行きましたshine

それ以来40年振り?いや、そんなことはないと思うんだけど、、、

う~ん、思い出せないheart03

時間は16時過ぎ頃、

お目当ての店は通し営業しているようなので早速行ってみましょうdash

綺麗に再開発された駅前の商店街を歩きます、

今日ももちろん、敦賀ももちろん暑いですsun



駅前の商店街にはメーテルやこんな人も、

008
009

松本零士さんのキャラクターですね、

ここ敦賀の出身?かと思いきや、違うようです、

詳しくはこちらで ⇒

2分ほどでお目当ての「まるさんや」、

010kai

1階がお土産物屋さん、2階が「まるさんや」のようです、

011

ではでは、階段を登って入店です、

と、思いきや、先が長いです、なんか奥が深い、、、

えらい大きな店みたいですよwink

2階の奥の立派な引き戸を引いてやっと入店、

うん、やはり大箱ですな、

テーブル席に座敷、カウンター席、50人くらいは入るかな、

(実は帰りがけにちゃんとみると、手前の方にも個室座敷らしきスペースがずらりと並んでました、こりゃ100人は入りますcoldsweats01)

16時過ぎですが7分の入り、偉い人気ですな、

そして、半分くらいは飲んだはります、エエ感じですhappy01

奥のカウンター席に案内されます、

はい、一人ですからね、他はだいたい2人以上のお客さんばかりです、

え~っと、とりあえず「生中」550円也にします、

飲み物の値段はちょいと高め、ま仕方ないか、

突出しが出て、メニューを吟味、、、

014

ここは奇をてらわずに正面突破で参りましょう、

まずは、おすすめメニューらしき「おまかせ刺身盛り」並1200円也にします、

大2000円也もありますが、このあと、名物の「浜鯖やき」へ行く予定なのでここは“並”で、

こんな感じ、豪華やわ、

016

ざっといくと、カジキ、ハマチ、鯛、甘エビ、蛸、そして鯵のなんとか焼き、「へしこ焼き」?だっけ、そして「なめろう」、

これで相当飲めますなbeer

「生中」を早々に飲み干して日本酒へ移ります、

メニューには福井の銘柄が並んでいますが、まずはオリジナルの「まるさん」480円也をいただきます、

020

受け皿にもたっぷりと入れていただきますhappy02

本醸造ですね、料理と一緒にスッキリ飲める酒かな、悪くないです、

そして、お目当ての「浜鯖やき」1200円也も注文、

027kai

でかsign01予想より一回り大きです、

エエ形のサバですね、ではではいただきます、

身が厚く美味しいですheart02

これは値打ちありますね、関西ではあまりここまでの鯖焼きにはお目に掛かれないかもしれません、

ボリュームがあり、日本酒と一緒にちまちま食していたのでは埒があきそうにないので、結構ガツガツいきます、

日本酒をもう一杯、「梵」、福井を代表する銘柄の一つです、

何回か飲んでますね、洗練された上品な印象のお酒です、

028

で、「梵」の“ときしらず”、

注いでくれたお母さんの説明で“5年物の熟成酒”だと知りました、

あ~それで“ときしらず”なんだ、なるほど~flair

これで、ひたすら「浜鯖焼き」を喰らいます、せっせせっせ、

ふ~、なんとか完食、、、でも、、、お腹一杯ですsweat01

こりゃ、一人では辛いかもしれませんね、

2人以上で来てシェアするべきか、そういうお客さんが多いのもここで得心、

これでお勘定は4650円也ほど、

ま、こんなもんでしょうね、

時間は18時頃、お勘定して出ようとしたら、

2階の入り口前にはお待ちの方々が大勢待っておられましたhappy01

敦賀のデフォルト家族居酒屋使いなんでしょうね、

敦賀駅前の「まるさんや」、敦賀の看板居酒屋のようです、

「浜鯖焼き」はお値打ちでしたshine

少々高い感じもしますが、東京や大阪の居酒屋が安すぎるんでしょう、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04



このあとは腹ごなしに海沿いのライブ会場まで歩いて行きました、、、

帰りも、駅前まで歩いて帰って来ましたが、、、それでもまだお腹一杯coldsweats01



2軒目の「まごころ」ではほとんど食べれず、

店も閉店時間が迫って来たようですので、「芋水」一杯だけでお仕舞でした、

037
038

翌日は朝から、名勝『気比の松原』から『気比神社』を観光、

ポケモンGOしつつhappy01

ランチは、蕎麦にするかどうか迷いましたが、ここは名物を戴いときましょう、

093

ということで「ヨーロッパ軒」駅前店で「ソースかつ丼」をいただきました、

087
086

美味しい、これ好きheart02、また来て食べたいな~、

「ソースかつ丼」は兵庫県西部にもありますが、

発祥というか、なんか関係性はあるんだろうか?また、研究してみたいな、

ではでは、京都まで戻ることにいたしましょうdash

明日は京都で飲み会です、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

今日は三重県津を探訪です、「大観亭支店西口店」で“ひつまぶし”!うひゃ~、美味しいです^^)

【2016年3月5日(土)】

三重 津 「大歓亭支店西口店」

今日もテクテク山行ですhappy01

ちょっと遠いですが、三重県の青山高原を歩きましたsign01

そのあと、津まで行って、、、鰻を喰らう目論見ですhappy02



朝早くに出発、近鉄の急行で「西青山」駅を目指しますtrain

自宅からの所要時間は2時間40分ほど、遠!!sweat01

途中、「名張」駅でトイレへ行ったので、「西青山」駅到着は10時頃、

ここから青山高原三角点~円山草原~「東青山」駅まで4時間ほどの行程、

途中、500段以上の階段があり、バテバテsweat02

025kai

でも、三角点辺りに展開するパノラマと風車の風景は圧巻good

登ってヨカッタshine

034kai



下山は単調な林の中をひたすら下りsweat01「東青山」駅に14時頃に到着、

予定通りです、

ここから、津までは45分ほど、近い近い、行きましょうdash

知りませんでしたが、津の鰻は名物らしいです、

ほう、それはぜひ一度食べなきゃイカンでしょう、happy01

 

調べると有名店が何店もあるようですが、

さすがに津中心部から離れる店は時間的にしんどそうです、ここは「津」駅近くの店にしましょう、

あと、同じく津名物として焼肉・ホルモン焼きもあるとのことheart01

松阪が近いせいでしょうか、

時間があればこちらも行きたいところですが、さすがに一日では無理、

まず食べ切れません、鰻と焼肉行くなら泊りですねcoldsweats01

ちょいと悩みましたが、今回は鰻をいただいて日帰りすることにしました、

焼肉はまた次回ね~wink

ということで「津」駅着、

そのまま西口に出ると、、、目の前にありました、「大歓亭支店西口店」、

055

聞くと、店によって微妙にタレや焼きの具合が違うそうで、

三重県民にはそれぞれ好みがあるそうですhappy01

こちらはどんな感じなんでしょうか?楽しみです、

時間は15時頃、外から見ても閑散としています、

でも営業中のようです、ではでは入りましょうdash

やはり先客なし、お母さんものんびりムード、

どこへでもどうぞ、とのことなので奥のテーブル席に着きます、

056kai

え~っと、ほうほう、鰻丼ね、「上」で2100円也、

“うなぎ+ごはん+うなぎ+ごはん”の二層構造の「特註」でも3300円也、

やはり大阪や神戸京都に比べたら安いですね~shine

で、目に飛び込んできたのが「ひつまぶし」2800円也、

うひゃ~、「ひつまぶし」なんて20年くらい食べていませんhappy02、これにしましょうheart02

あ、あと「瓶ビール」550円也もくださいね、

061

で、待つことしばし、といっても他の注文がないからか割と早く出てきました、

「ひつまぶし」、

062

うん?つゆの徳利のような器が、、、

思わずお母さんに訊きます、これは??

お茶ですよ、最後にそれで御茶漬けにして食べてください、

ああ、そうですね、

久しぶりにこんなん頼んだので分かりませんでしたcoldsweats01

お茶が最初から付いてくるんですね、

ではでは、いただきます、

まずはこのままいただきます、

063



うん!美味しいですshine、香ばしいです!!

たぶん、関東風の蒸してから焼いているんだと思いますが、

炭火のせいか?香ばしいです、タレはよく利いていますがドライな感じ、

やはり関西や東京とは違う独特な蒲焼ですねflair

それにボリューミーです、これが嬉しいですね、

ちょっと行儀悪いですが、断面写真、

064

あ~、憧れの二層構造heart02



これでビールをグビグビ、

たまりません、下山後のこの楽しみがあるから登るんですwink

お腹が膨れるのでご飯は残して、蒲焼で飲み進めるプランでしたが、、、

やっぱり、ご飯と一緒に戴くのが美味しい、結局全部食べてしまいましたhappy02

ふ~、ごちそうさま、満足です、美味しかったですshine

津まで来た甲斐がありました、

津の鰻、期待通りでした、これはイイです、

また他の鰻屋へも行ってみたくなりました、

焼肉も行きたいしね、これは津再訪確実ですgood

津駅西口すぐの「大歓亭支店西口店」、ごちそうさん!また来ますねheart04



 

この後は、反対側の駅前の立飲み「のんきや」で一杯、

串カツ美味しかったですよ、

066
070



そして、県民お奨めのお土産、「さかえや」の「カレー焼き」??なるものを買って帰りました、

075
077

これも知らない味、饅頭とかカステラな感じではなく、

どちらかというとピロシキに近い食感、これまた美味しかったですheart04

ふ~、次回津探訪が楽しみじゃわいなlovely





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

今日はテクテク奈良探訪+立ち飲み探訪です、奈良の「なら泉勇斎」~「まついし」~「楽Luck」~近鉄奈良「豊祝」へ。

【2015年12月1日(火)】

奈良 「なら泉勇斎」~「まついし」~「楽Luck」~近鉄奈良「豊祝」

今日はテクテク奈良探訪+立ち飲み探訪ですhappy01

昼食を済ませて(きゃ~、超久しぶりにカツ丼、やっちまいました)、

001_2

12時30分に近鉄「西大寺」駅を出発、

初めての“平城宮跡”、第一次大極殿正殿、

005kai_2

朱雀門から、

008kai_2
009kai_2

新大宮を通って近鉄奈良から奈良公園へ、

033kai_2

鹿、可愛いlovely

そして、若草山を登り、、、

030kai_2

結構な階段地獄でしたsweat02

027kai_2

でも、景色ヨロシイhappy01

奈良公園に戻って、興福寺から猿沢の池、、、そして奈良町へ、

ここまでで歩行15kmくらい、時間は16時前です、

そろそろ飲みますか(そりゃそうだflairhappy01)、

「酒肆春鹿」はまだ開いてない、

036_2



ひとつ向こうの路地に入ると、「なら泉勇斎」がありましたshine

037_2

ここも初めて、日本酒の販売店ですが飲めるようです、

ではでは入りましょうdash

綺麗な店内です、右側に日本酒の瓶が並んだリーチイン、

左側に小さなL字カウンター、先客がお一人飲んだはります、

カウンターの中には若い大将、

飲めますか?

はい、試飲できますよ~wink

なるほど、あくまでメインは日本酒販売、

その前に少し試飲できるということですねshine

料金は200円也~500円也くらい、

040kai

でも、750円也というのもありますね、

2杯飲みました、大将に希望を伝えて少しやり取り、

で、1杯目は「鷹長」純米吟醸250円也になりました、初めての銘柄、

039_3

おお、これは美味しいですshine、すっきりでフルーティ、好きなお酒ですheart02

“油長酒造”ですから「風の森」の蔵ですね、美味しいお酒造ったはります、

2杯目は「三諸杉」の菩提もと、

041_3

これも美味しい酒でしたshine

“菩薩もと”というのは、、、

日本酒発祥の奈良のお酒「菩薩泉」を再現しようと、乳酸菌と酵母を復活させて、各蔵元がその乳酸菌と酵母で醸しているお酒の事だそうです、

ほ~、初めて聞きました、

また“菩薩もと”だけを飲み比べたいものですね、詳しくはこちら、

はい、試飲はここまで、せっかくですから一本買って帰りましょうhappy01

069_3

最初に飲んだ「鷹長」が好感でした、

燗酒にしたいので「鷹長」の純米酒を買いましたgood

奈良、奈良町にある「なら泉勇斎」、

日本酒販売店ですが試飲の感じもよろしい、簡単な肴もあります、気に入りました、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

さて、あと何軒か立ち飲みを回って帰りましょうdash

まずはJR「奈良」駅周辺の2軒を目指します、

歩いて10分くらいで到着です、

久しぶりのJR「奈良」駅前、めちゃ綺麗になってますやん、ビックリポンやhappy02

で、その駅の再開発を道一本隔てて逃れた。際際(きわきわ)の道沿いに「まついし」がありましたshine

044_2

居酒屋の看板ですが、、、

045_2

その下の木看板をよく見ると、、、

「松石酒店」の文字が、、、角打ちの発展系ですねflair

立ち呑み、変形の壁際カウンター、形は“h”な感じ、、、分からんかcoldsweats01

若い大将がエエ感じで迎えてくれます、

「トリスハイ」290円也(角ハイはもっと高かった)と「イカ沖漬け」100円也、

046_2

一人客、先輩方々がメインですね、

前は角打ち然としていたのかもしれません、

時間があればゆっくりしてもイイ感じです、大将も好感、ですheart02

これでお勘定、390円也、おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

もう一軒は角を回った大通りに面してる「楽Luck」、

053

こちらは“洋もん立ち飲み”風、客層も若返りますwink

ここでは「角ハイ」290円也、「クラッカー」100円也、「クリームチーズ」100円也、

054

たまたまパッケージもんになりましたが、料理もしっかりあります、

この時は「麻婆豆腐」を頼むかどうか、本当に悩みました、が、断念heart03

これでお勘定、490円也、

「楽Luck」、ここもいいんじゃないでしょうか、さくっと飲み食べるのにピッタリ、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

最後は近鉄「奈良」駅地下コンコースにある「豊祝」です(しかしまあ、よう、行ってますな~coldsweats01)、

056

これまで西大寺、難波、梅田ルクアイーレ店へ行きましたね、

おそらくここ奈良店が一番古いんじゃないかな?4年前にはすでにありました、

はい、カウンターと壁テーブルの立ち呑み、

多くのお客さんですでに相当暖まっています、

各店共通のセットメニュー「豊祝セット」500円也、

058

「豊祝」純米酒と肴三品、

060

カウンターの中の皆さんも活気があって、気も回っています、OK!

068kai

カウンター上の大皿料理が迫力あって美味しそうです、

メニューの「粕汁」に魅かれましたが、、、生憎の売り切れ、残念heart03

ちょっとお酒が残ったので「紅生姜天ぷら」160円也を追加、

066

はい、これでお勘定です、

近鉄「奈良」駅地下コンコースの「豊祝」、

やはり、駅構内の「豊祝」は安定感ありますね、

奈良と西大寺は料理もなんか期待感満載です 

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

ふ~、これで奈良テクテク探訪+立ち飲み探訪終了、

徒歩18kmと4軒happy01

お疲れ様でした~、帰りの電車では爆睡でした、



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

友達の還暦ライブで奈良新大宮へ、そこで見つけた駅すぐ近くの「酒肆 春鹿」をさっそく探訪です。

【2015年11月7日(土)】

奈良 新大宮 「酒肆 春鹿」

今日は奈良の新大宮でライブ友達の還暦記念ライブに行きま~すnote

ワタシも3曲ほど唄う予定ですcoldsweats01

で、新大宮ってどこだあ?

駅名は知ってるけど、場所に自信がないので乗り換え案内で確認、

ほう、奈良のすぐ手前なんだね、

阪神電車で乗り換えなしで行けるのですが、時間は1時間以上掛かります、

結構遠いですねhappy01

阪神なんば線から近鉄奈良線へ直通運転、

電車としては相当の急坂を登り、生駒トンネルを抜けて生駒から西大寺へと走ります(鉄かあhappy02)、

近鉄「西大寺」駅を過ぎると左右の車窓に“平城京跡”の第一次大極殿と朱雀門が見えましたshine

ここらも良いですね~、今度歩きに来ようかなheart02

次が「新大宮」駅、

降りる準備にと立ち上がって右側の車窓を見ると、、、

あ!立ち飲みらしき店がありますflair

駅のすぐ横なので減速している車窓からでも看板が読めました、

「酒肆 春鹿」、

よし、まずはここから探訪してみましょうdash(おいおい、ライブに来たんちゃうんsweat01)、

「新大宮」駅を出て、駅沿いに南側を少し戻ると、、、

ありました、新大宮の「酒肆 春鹿」、

009_2

看板によると“立ち呑み”ですね、

010_2

時間は15時頃、さすがにまだ開いていませんが、夕方には開くのを期待します、

この「酒肆 春鹿」、同名の店が奈良にもありますね、

未訪問ですが老舗の有名店です、そこと同じ店かな?

奈良の「酒肆 春鹿」は立ち飲みではありまあせんが、、、

それとも酒蔵“春鹿”繋がりでしょうか?

“春鹿”は奈良を代表する酒蔵、そこのボランタリー店舗と云う可能性もあります、

“酒肆”は『お酒を供する場所』くらいの意味だったと思います、

その“酒肆”に日本酒銘柄名が付くパターンとして“酒肆大関”があります(知る限り神戸三宮と東京品川の2店舗あります)、

このパターンなら別経営でも同名のお店の可能性もありますねshine

とにかく夕方、もう一度来ましょうgood



ライブ会場に入って、リハーサルを済ませて、、、(早!)

時間は16時30分頃、そろそろ開店しているかも、、、

スイマセン、ちょっとガソリン補給に行ってきます、18時乾杯ね、了解です、
 

ライブ会場で知り合ったKさんと二人でガソリン補給に出撃しましたhappy02

まずはもちろん「酒肆 春鹿」へ向かいます、、、

が、まだ開いていませんheart03

でもシャッターは半開き、中を覗くと支度中です、

シャッターの下から覗きこんで声を掛けます、

すいませ~ん、まだですか~?

17時頃からです~

ほな、また来ます~、

あ~、「じゃあどうぞ~」という答えを期待しましたが、、、やはりまだですか~sweat02

では、どこかで時間を潰しましょう、

で、ここへ、「や台ずし」さん、

026

とりあえず初対面のKさんと「麦水」で乾杯、音楽は人を繋ぎますwink

027

肴は「ピリ辛胡瓜」、

028

「ホタルイカの沖漬け」、

029

これで、、、さっと、お勘定です!すいましぇんcoldsweats01



再び「酒肆 春鹿」へdash



ありゃ、シャッターがまだ上がっていません、え~sweat01、、、

でも、なんかお客さんらしき人がお一人、入ったはります、

またまた、シャッターの下から声を掛けます、

もうイイですか~???

ああ、どうぞ~、

ということで「酒肆 春鹿」、本日3度目の探訪で無事入店ですhappy02

032_2

綺麗な店内、まだ新しいのかな?

看板にあったように立ち呑みかと思いましたが、椅子があります、

035

10数人座れる変形カウンターと、壁際には仕切りのあるテーブル席もあります、

大将はまだ半分支度中、

奥の方はやはり先客のようです、常連さん?

ふ~、では、せっかくですからワタシは日本酒から参ります、

もちろん銘柄は「春鹿」いっぽんで4種類ありました、

「純米酒 超辛口」500円也にします、

033

「春鹿」ではスタンダードな純米酒ですね、

超辛口ということですが旨味もしっかりあり、最近はこの辺りまで飲めるようになりましたhappy01

肴のメニューはこんな感じ、

031kai

やはり、立ち呑みというよりは居酒屋の値付けですね、

料理は「はまち刺身」、

034

これでKさんと音楽談義続行note、音楽と酒は人を饒舌にしますhappy02

気がつくと18時前、そろそろライブ会場に戻らないといけませんsweat01

奈良新大宮の「酒肆 春鹿」、名残惜しいですがここまでです、また来ますねheart04



乾杯に遅刻しました、すいましぇんheart03

でも、ライブは楽しかった、ワタシのステージもなんとか無事終了、

あ~、ライブも酒もサイコーですgood
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

暑い!この日は涼しく飲みたい!!ちうことでエキナカ飲みです、「豊祝」難波駅~西大寺駅へ梯子。

【2015年8月8日(土)】

大阪 近鉄難波駅構内「蔵元豊祝」~奈良 西大寺駅構内「蔵元豊祝」

今日もめちゃくちゃ暑いですsunsweat01

土曜日なので早めから飲みたいところですが、

こう暑いと、街中を歩き回るのはちょっと難しい、なんか涼しく飲みたいね~、、、駅ビルとか?、、、

あ!閃きましたflair

こりゃ涼しく飲めるに違いありません、、、“駅飲み”しましょうhappy01

いつ頃からでしょうか、『エキナカ』なんて言葉が出来ました、

JR「品川」駅リニューアルあたりからかな、

改札内での飲み食いや買い物サービスが充実してきました、関西でもJR「大阪駅」や「新大阪」駅構内はそれなりに充実してきましたね、

で、今日のお目当ては、、、

近鉄駅構内の立ち飲みです、どうです、これなら涼しく飲めそうでしょgood

お目当ての店は立ち飲み「蔵元豊祝」、酒蔵の直営店ですね、

この『豊祝』という銘柄、京都伏見の酒かと思っていましたが、奈良の蔵でも造っているようです、

ちょいと「豊祝」で調べてみると、やはり伏見が(本家)という表記もあります、もちろん現在は奈良にも蔵があるようです、

というのも、最初にこの銘柄を知ったのは、Yちゃんに教えてもらった玉造の居酒屋「豊祝直売所居酒屋」さん、

ここの暖簾にはたしかに“伏見”の文字がありました(残念ながら近年閉店の模様ですheart03)、

同様の居酒屋「豊祝」が森ノ宮にもあります、ここは未訪問、近々行きたい店ですhappy01

その次に「豊祝」を見つけたのが近鉄「奈良」駅コンコース(ここは改札外です)、

たしかあそこも「豊祝」だったはず、ここも未訪問、できれば今日行こうかな、

その後、近鉄「難波」駅と「西大寺」駅改札内に出来たようです(どちらが先なのか不明)、

さらには梅田に2015年再開店したISETAN“イーレ”の地下にも出店、

大拡張ビッグバン中の立ち飲み「豊祝」さん、やりまんな~happy02

ということで、今日はまず電車で近鉄「難波」駅まで参ります、涼しいtrain

難波駅の「蔵元豊祝」は地下2F改札内になるのかな?

ホームの一つ上のコンコースの北側、御堂筋側からなら右手に、四ツ橋筋側からなら左手の細長いエキナカイートインの店が並ぶ一角にあります、

涼しい(しつこい!happy02)、

017

こんな感じ、すべて立ち飲みで長いカウンターと、横のほうにはテーブルスペースもあります、

018

ではでは入りましょうdash

暑いのでビールの誘惑には勝てません、

珍しく「生ビール」を注文、と、、、カウンター中のお母さんから、セットにします?お得ですよ、、、とのお誘い、

セットは生ビールと枝豆、焼き鳥、テンプラなどのおつまみが付いて500円也、

たしかにお得です、ではそれにします、

007

ぐび、ぷは、ふ~、やはりビールは美味いです、とくにこういう暑い日はねwink

回りを見ると、最初のオーダーはほぼ100%、このセットです、

ここから入るのが王道、鉄板、定石コースみたいですね、ヨカッタ、ちゃんと仲間入りできてhappy02

それに、、、地下駅構内は涼しいし(しつこいhappy02)、

スタートのセットはこの「ビールセット」500円也と、日本酒とのセットの「無上盃」600円也があります、

いきなり日本酒!という日はこちらからいけばいい訳ですな、

日本酒蔵の直営立ち飲みですから、二杯目は当然、日本酒「豊祝」にします、

日本酒はグレードによって7種類ほどメニューがありましたが、

006kai

一押しのような特別純米酒「豊祝」奈良うるはし、にします、350円也、

これでもレギュラーメニューでは一番高い、最安値は270円也から、さすが蔵元直営、

012

うん、謳い文句通り、辛口、やわらかな旨味、なかなか飲み応えのあるお酒です、

この値段・量なら文句ないでしょう、やはり蔵元立ち飲み強し、

肴は他にもありましたが、ここはこれでお勘定、明朗会計、

「豊祝」、近鉄難波駅の期待通りのエキナカ立ち飲み、さくっと美味しく日本酒がいただけました、

これは使えますね、通勤経路なら使うでしょう、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、ではもう一軒「豊祝」へ行きましょうdash

ここまで来たらやはり「西大寺」駅のエキナカかな、

ちょうど来た急行に飛び乗ります、これで30分ほどで奈良の西大寺です、正式には「大和西大寺」駅というようです、

この急行電車、冷房が効き過ぎ(外が暑かったからかな)で寒いのなんの、

短パン半袖のワタシは凍え上りました、「西大寺」駅に着いてホームに出た時は外の熱気がありがたいくらいcoldsweats01

西大寺駅のエキナカ、どこにあるんやろ、昔はなかったしな~、

とホームからコンコースに上がると、いきなりエキナカが目の前にあります、ほう、奥の方へ入って行くとありました、

西大寺の「蔵元豊祝」、

019
020

大箱ですね、でか!!、

覗くとオール立ち飲みの逆Lカウンター(15人以上立てそう)にテーブル、

で、、、満員ですやん!

すごいな、これは完全にエキナカ立ち飲みが定着しているようです、とりあえずこの熱気に負けずにズンズン入店です、

こちらもカウンターの中はお母さん中心、

お!、一人だけ若い男性がいらっしゃいましたが、主導権は明らかにお母さん方にありと見ましたhappy01

なんとか空いていたカウンターに着きます、

先程、難波駅で学習していますので、ここのスタートは「無上盃セット」600円也にします、

混んでいますがセットはストレスなく出てきます、

022

セットの肴は鰯煮、カニカマ、ビリ辛味噌かな、ちゃんと日本酒に合う肴がセットされていますshine

023

「無上盃」はさすがに純米吟醸酒、飲みやすい辛口、

升にたっぷり、受け皿にもたっぷりこぼしていただきます、120mlくらいかな?

「西大寺」店のカウンターの上には大皿料理がずらりと並んでいます、

026

串カツ、鯵フライ、コロッケ、厚揚げ餡掛け、高野豆腐、げそ、などなど、

黒板メニューとレギュラーメニューも壁に貼ってあります、

ただレギュラーメニューはパウチして貼ってあったので光って見えませんでしたsweat02

さすがにエキナカ、

ほんとに日本酒一杯だけ飲んでさっと出て行く方など短めの滞在者もいらっしゃれば、

テーブルなどはしっかり落ち着いて飲んだはります、山歩きか街歩き帰りのグループ、健康的でよろしいですなwink

お隣の先輩に話しかけられます、

まだ働いておられるような雰囲気、でも早めから飲める身分、ということでしょう、ここでちょっと飲んで帰るのが楽しみだそうです、ここだと飲み過ぎないしね、とのこと、

はい、いいですよね、ワタシもそんな生活に憧れてますshine

味違いで目の前の「コロッケ」160円也、隣りの先輩のコロッケに便乗しましたhappy01

027

はは、コロッケって美味しいですよね、日本酒にも合うのですよ、

はい、これでお勘定、明朗会計、

あ、今思い出しました、難波も西大寺もキャッシュオンだったかもしれません(不明、忘れたsweat01)、

近鉄西大寺駅の「蔵元豊祝」、

ここも大繁盛、それも頷けます、CP高いし日本酒も肴もイケます、

さっと飲むのも仲間と楽しむのもグリップアタック自由自在happy02、こりゃ流行りますよね、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、難波まで戻りましょう、

ホームに来た準急に乗ります、急ぐ旅ではなし、これでゆっくり帰りましょう、と大人の余裕で乗ったのですが、、、

これがめちゃ時間掛かりました、50分くらい掛かったんとちゃうかな、やはり急行(途中で追い越されました)に乗ったらヨカッタ、と小心者、少々後悔、

そして、あれ?

「西大寺」駅では改札出てないので、これってどうなるの、

いや、エキナカだから運賃払わなくていいの?払うべき?

でも、わざわざ駅員さんに事情説明するのもなんだし、、、どうする、Pitapa、難波で乗って難波で降りられるのかな?、、、

あ~ややこしいよ、、、小心者、悩むhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | テリー・イシダの独酌酔言 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 仙台 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 地酒ワンカップ・コレクション | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番