カテゴリー「茅場町」の3件の記事

2016年12月19日 (月)

久しぶりの東京探訪です、まずはランチ、蕎麦のつもりが「鳥徳」で「鳥鍋御飯」いただきました。

【2016年10月27日(木)】

東京 茅場町 「鳥徳」

久しぶりの東京です

会社の同期会が週末にあるので、それにかこつけて久々東京酒場探訪の予定、

イエ~イ、嬉しいです

東京駅到着が昼前、茅場町のホテルに荷物を入れて、さて、探訪開始です

まずランチは、毎度のことですが軽く蕎麦を手繰る予定です、

少し八丁堀寄りの老舗の蕎麦屋を目指します

たしか、こっちの方でしたよね~、と浮かれて歩いていると、、、

お!渋い店があります、なんじゃこりゃ!!

021

「鳥徳」さん、

そのまんま、鶏料理、焼き鳥ですよね、これは、

表にメニューが貼ってあります、

027ka

なるほど、如何にも東京らしい美味しそうなメニューが並んでいます、

こういうスタイルの店は絶対、間違いなくエエはずです

これは明日にでも入るかな、、、と、一旦スルーして老舗蕎麦屋を目指します、

すぐ近くでした、ビルの1階のお店、蕎麦は美味しそうでしたが、、、

なんか、量が少ない感じの雰囲気、いや、入ってないので分かりませんが、、、

それに、ランチ時でもそこそこエエ値段します、ま、蕎麦屋ですからね、

なんか、さっき見た「鳥鍋御飯」とか「かつ重」がちらつきます、

う~ん、しばらく蕎麦屋の前で看板メニューとにらめっこ、

はい、決めました、食べたいものは食べたい時に食べましょう

急遽予定変更!今日のランチは「鳥徳」にします



急いで取って返して、さっと「鳥徳」に入店します

予想通りの店内

タイル張りの床に、エエ感じで小さめのテーブルが並んでいます、

その奥はなぜかガラス張りになっている厨房、煙とか熱の関係でしょうね、

お昼時ですので混んでいますが大丈夫です、

相席でテーブルに案内してもらいます、

さてと、何にしますか?

お向かいのお客さんはお重に入った弁当様のものを食べておられます、

料理が一杯でなかなか美味しそうです

メニューには「A弁当」850円也、「B弁当」1050円也、「C弁当」3200円也とありました、

あれは、、、「A弁当」なのか?「B弁当」なのか?

やっぱりBかな~、おかずが充実してるもんなあ

弁当も良いが、“重”も気になる、

3400円也の「鰻重」は置いとくとして、「かつ重」、「親子重」、そして「きじ重」、どれも美味しさがイメージできる!

さらに、この店の王道らしき「鳥鍋御飯」1000円也も外せないような気がする

う~ん、悩んでいると、お姉さんが注文を取ってくれました、

なにしましょう?

とっさに口から出たのが「鳥鍋御飯」、

あは、いいでしょう

はい、「鳥鍋定食」ではなくて「鳥鍋御飯」というのがヨロシイ、

古いカタチの面影が読み取れます、これで行きましょう

ビールを飲みたいところですが、夜は宴席、

その前のフライングも予定しているので、ここは自重、

二階もあるみたいです、座敷でしょうか、団体さんがどんどん案内されていきます、

これまた良いのが、靴を脱いで二階へ上がること、

畳でのご飯は苦手ですが、こうなんか、ここの感じは風情があって二重丸、

はい、来ました、「鳥鍋御飯」、

わお!!美味しそうです!!

024

鍋とご飯と「鳥スープ」、

023

漬物の白菜はテーブルの器に入っていてフリーです、

では、いただきます

うん、これは“鶏のすき焼”ですね、すき焼味です、

鶏は正肉とレバが入っています、

この辺りが東京っぽい感じがします(私見です)、

さらに豆腐に葱、糸こんにゃく(しらたき?)、

ハフハフ、美味しい

これでビールもエエですけど、これでご飯!つうのがまたヨロシイ、

はい、ランチは美味しい白飯でいただく鳥鍋、これでエエです

お、お隣は「きじ重」です、これまた美味しそうです

あちらは「かつ重」ですね、う~ん、あれも旨そう

はは、これは何回も来ないとここのメニューは制覇出来そうにないですね、

そうそう、お向かいの弁当は「B弁当」でした、お勘定で判明、

これも食べてみたいなあ、

と、あれこれ妄想しながら「鳥鍋御飯」完食です

美味しかった、これは正解でしたね、ちょうどイイ満腹感です、ごちそうさま、

茅場町近くの「鳥徳」、

店の外観、内観の雰囲気とも好きなタイプ、

メニューも渋い展開、これはエエ店見つけました

次回、機会があれば「かつ重」かな、いや「B弁当」か!?

今から悩んでいます

おおきに!ごちそうさん!また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

チョー久しぶりの東京滞在で蕎麦三昧です、「たかね」~「長寿庵」~「大吉田」~「翁そば」~「丹波屋」へ、東京の蕎麦屋大好きです♡

【2016年6月13日(月)】

東京 蕎麦5題 茅場町「たかね」、「長寿庵」、虎ノ門「大吉田」、浅草「翁そば」、新橋「丹波屋」

久しぶりに東京に来ました

いつ振り?

昨年2015年の9月か10月に来て以来ですね、指折り数えると9ケ月か10ケ月ぶりということになります、

これだけ長い間、東京に来なかったのは35年振りくらいではないでしょうか?

社会人になって、大阪に勤務したのですが、

本社は東京、クリエイティブの仕事で東京へ来ることも多く、

また、2005年からの約5年間は単身赴任で東京に住んでいましたので(あ~楽しかった)、

9カ月も東京へ来ないなんて、ほんとなんか浦島太郎状態です

ドキドキしながら東京駅に到着、時間は12時過ぎ、

まずは蕎麦が食べたいです

うどんも好きですが、蕎麦も大好き

でも、関西では手軽に食べられる蕎麦屋が圧倒的に少ない、

探せば上品で美味しい蕎麦屋はありますが、

東京なら普通にどこにでもあるような街の蕎麦屋が大阪にはない

立ち喰いうどん屋も多くありますが、蕎麦となると、、、

東京の立ち喰い蕎麦のクオリティにはとても敵いません

ということで、9か月ぶりの東京、業務の前にまずは蕎麦からです



東京駅新幹線北口からメトロ東西線を目指します、

生憎の雨ですが、少し濡れるだけでビルのエスカレータから地下道へ降りれます、

この辺の乗り換え感覚もだいぶ鈍ってますね、さっと最適経路が浮かばない、

あ~東京慣性も低下しているなあ~

東西線「茅場町」駅で下車、天気が良ければ歩くところですが、雨ですからね、

ちょっと戻って角を曲がるとありました

今日の1軒目のお目当ての立ち喰い蕎麦「たかね」、

007

東京単身赴任中のH氏がよく行っておられるので一度来てみたかったのです、

自販機で食券を買います、え~「天ざる」600円也にします、

安いと云えば安い、高いと思えば高い、不思議な感覚

ここのセルフスタイル、どこかに似てるなあ、と思ったら、

虎ノ門にある「さだはる」と同じスタイルです

蕎麦と天ぷらかき揚げはカウンタの中から出していただきますが、

薬味関係はセルフサービスです、

006_2

葱、ワカメ、おろし、天かす、生姜、山葵などがカウンターに並んでいます、

さらには生玉子、茹で玉子までもが!

これはサービスなんでしょうか?分からないので取りませんでしたが、、、

こういうスタイルは関西にはないですね、

おろし蕎麦、ワカメ蕎麦、月見蕎麦がセルフでできちゃうということです、豪気だね~

麺は平たい麺、機械でひねり出す感じでしょうか?

004

でも、これが美味しいのです

そういうと「さだはる」の麺と似てますね

こりゃ両店の間にはなにか深い関わりがあるのかもしれません、

「かきあげ」もサクサク、小海老たっぷりで美味しいです

う~ん、やはり東京の立ち喰い蕎麦はレベル高いです、これで600円也は納得、

フリーの薬味を上手く使えばもっと満足感出るでしょうね、

東京茅場町の立ち喰い蕎麦「たかね」、満足です、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますね

この日はもう一枚「もり」を食べています、

茅場町交差点角の自社ビル地下にある「長寿庵」、こちらは老舗の蕎麦屋さんです、

はい、「せいろ」650円也、

008

う~ん、好みの細めの蕎麦です、量も多め

「長寿庵」の屋号はここが発祥らしいです、

さすがに老舗の看板に偽りなしでした、

はい、ごちそうさま、また来ますね

さらに!翌日も食べています、

ランチは同期のNクンと虎ノ門の「大吉田」、

089

「ミニかき揚げ丼」とのセットという暴挙に出ました

088

ご飯を残す作戦でしたが、、、完食、、、

ここも人気でしたね、食券、椅子ありの店ですが、蕎麦が出るまでに結構時間が掛かります、

蕎麦の出し方がポイント、店の拘りのようでした、

さらにさらに、夕方に浅草の「翁そば」へ、

浅草でもちょっと地味な裏通り、並びに洋食の「あるぷす」がある通りにあります、

098kai

懐かしい小さめのテーブルと小上がりもある、由緒正しい街の蕎麦屋さん、

「もり」が450円也というのも希少ですね、

110

ここも平たい蕎麦でした、でも手打ちかな?これが美味しいのです、

で、つゆがまた辛い、

ちっちゃな器に少しのつゆ、このつゆをちょびっとだけ付けて口中へ運ぶと、、、

あら~不思議、蕎麦の香が拡がって美味しいのです

普段のつゆ どぼ漬け状態を反省、

こういうのが蕎麦なんですかね~(まだまだ未熟です)、

そうそう、隣りの人の「カレー蕎麦」も美味しそうでした、

小さめの器にカレーがたっぷり、次回はこれにしよう!!
 

おおきに!ごちそうさん!!また来ますね

そしてさらに、まだ食べてます

新橋で飲んだ後、帰りの新幹線まで少し時間があるのでニュー新橋駅前ビル1Fにある「丹波屋」で〆ることにしました、

076kai

ここも立ち喰いです、「春菊天そば」が有名なのかな?

と、思いつつ、もうお腹が一杯、「もり」270円也+「茄子天ぷら」120円也にしました(結局、春菊そばとあんまり変わらへんし)、

138

蕎麦はまあ普通(関西なら上等部類に入ります)、

ボリュームはあり、庶民の味方ですか、

お隣が注文された「あさりご飯」100円也を見てびっくり、

お茶碗山盛りでした、安~



新橋の「丹波屋」、今度は「菊菜天そば」かな、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますね

ということで、2日間で蕎麦5食、あ~東京の蕎麦屋はいいな~、また行きたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

もっと早く行っておけばよかった、茅場町の「ニューカヤバ」、良いお店です♪

【2010年4月15日(木)】

東京 茅場町  「ニューカヤバ」

このお店、

わりと近くだったのに、東京にいる間にはついに行くことが出来ませんでした、
まあ、まだまだ行けてないお店は多いのですが、
ここは、もっと早くに行っておけばよかったと後悔しましたよ

この日は広尾のお店で飲み会の予定、
時間があったので先にホテルへチェックインすることが出来ました、
荷物がなくなるのでこれは助かりました。

ホテルは茅場町、
いつものホテルが満員だったので、初めてのホテルです、

で、せっかく茅場町に泊まるのだから、ここは寄っておかないといけないでしょう、
てなノリで、飲み会の前にさくっと行くことにしました

東京茅場町にある老舗立ち飲み店「ニューカヤバ」

茅場町の交差点から徒歩2分くらいでしょうか、
永代通りを門前仲町の方へ進み、橋の手前を右へ折れると左側にあります。

100415_18200001kai

あら、前のスペースには車がどん!と停まっています、

普通なら入りにくい雰囲気ですね、
でも躊躇している時間はありません、
次の飲み会まで1時間を切っていますから、ここはさっと入りましょう

縄暖簾をくぐって引き戸を引くと、
おお、良い感じの酒場ワールドが拡がってます、盛り上がっていますよ

わりと広いスペースに、立ち飲み用の大きな丸テーブルが6つか7つ、
7分から8部の入りで、結構混んでいます、
左手にカウンターがあります、どうやらそこでお酒が注文できそうです、

要領がよく分からないので、とりあえずビール大瓶520円也をお願いします、
銘柄は3社揃っていたのでサッポロにします。
料理もよく分からないので、カウンターのショーケースに並んでいる出来合いのものから玉子焼き200円也をお願いします。

で、中ほどの丸テーブルに空いているスペースを見つけて入り込みます。

100415_18220001

くー、ビールが美味しいですね

玉子焼きもちょっと甘め、好みの味付けです。

この「ニューカヤバ」、事前情報で大いに気になる特徴が二つありました、

まず一つ目が「酒類自動販売機」

意味は分かります、ワンコインでお酒が出てくるようなのですが、、
ワンコインって?500円なのかな?
なんて、考えていました、

その酒類自動販売機、ありますあります右手の壁際にずらりと並んでいます、

100415_18250001

日本酒が数種に焼酎、ウイスキー、確かワインもあったはず、

どれもワンコイン100円で(たぶん)適量がグラスに注がれる仕組みになっています
これはすごいですね、この機械、見るのも初めて、
もう、この店以外では見れないのではないでしょうか?
それとも、「ニューカヤバ」オリジナルの機械ですか?

ビールがまだまだあるのでこの日は利用できませんでしたが、
次回はぜひこれで飲んでみましょう

もう一つ、面白そうなのが“焼き鳥コーナー”、

店の左手奥にあるのですが、
焼き鳥用の炭火の焼き台を囲んで立ち飲みできるようになっています、
そう、ここでは、、、“焼き鳥”は自分で焼くのです

これも、面白そうですね、
あまり時間はないですが、せっかくですので焼いてみましょう、
さっきのカウンターのショーケースに“焼き鳥”と“つくね”があるので、
1本づつお願いします、各々1本100円也。

で、テーブルからビールとグラスを持って“焼き鳥コーナー”に移動します、
ちょうど空きが出来たので、焼き台の前に立って、焼き始めます。

100415_18330002

なんか、楽しいですね

我が串がちゃんと焼けるようにじっと見つめながらビールをグビ
こまめに串を回しながらビールをグビ

ちょっと火力が弱いかな?と、
軽く息を吹きかけて火を鋳こしながらビールをグビ
はは、これはこれで一人呑みにぴったりのアトラクションかもしれません

さあ、出来上がりましたよ、
まあまあうまく焼けたようです、

100415_18330001

では、食してみましょう、、、、

旨い
やはり自分で焼いた焼き鳥は美味しかったですよ、

さて、そろそろ時間も迫ってきました、広尾へ向かわないといけません、

「ニューカヤバ」、楽しかったです、もっと早くに来たらよかったなあ、
きっと、お気に入りのお店になったと思います

また、来ますね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) その他 テリー・イシダの独酌酔言 ホノルル 上野御徒町湯島 下北沢三軒茶屋 世田谷 中野高円寺荻窪 五反田旗の台品川 京都河原町他 京都駅周辺 京阪沿線 人形町 仙台 代々木上原 佃月島 八王子 八重洲 勝どき 北区(王子赤羽十条) 北千住南千住 北海道 千葉 博多九州 吉祥寺国立 名古屋岐阜 地酒ワンカップ・コレクション 墨田区(押上本所石原錦糸町) 墨田区(曳舟八広東向島) 大森蒲田 大阪ミナミ(心斎橋難波) 大阪中津 大阪京橋 大阪十三西中島 大阪南部 大阪大正 大阪天満 大阪天王寺阿倍野新今宮 大阪東部 大阪梅田 大阪梅田(新梅田食道街) 大阪梅田(駅前ビル) 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 大阪玉造鶴橋周辺 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) 大阪都島 大阪野田福島 巣鴨大塚 広島高松岡山鳥取 府中 忠臣蔵 恵比寿目黒 新宿 新橋虎ノ門浜松町 日本堤 日本酒 早稲田 有楽町 東京観光案内 根岸根津本郷 横浜川崎横須賀 江戸川区 江東区(木場門前仲町) 江東区(森下清澄白河) 江東区(亀戸大島) 池袋練馬 浅草 渋谷 湘南 湘南鎌倉 町屋 神戸三宮元町明石姫路 神楽坂 神田須田町飯田橋 築地 茅場町 葛飾区(立石四つ木) 観音崎 金沢富山 銀座 関西周辺 関西観光案内 阪急宝塚沿線 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) 麻布十番