カテゴリー「大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」の62件の記事

2020年10月13日 (火)

立ち呑み3軒オムニバス~肥後橋「TRY」~元町「赤松酒店」~逆瀬川「鳥友商店」

【2020年7月10日(木)~12日(土)】

立ち呑み3軒オムニバス~
肥後橋「TRY」~元町「赤松酒店」~逆瀬川「鳥友商店」

自粛明け以降、順調に呑み進んでいます、

この週末は3連投です、ま、金曜日は軽くですけどね、外で呑める歓びを満喫中、

まずは木曜日、所要終わりの肥後橋辺り、

「わすれな草」は泉の広場に移転しちゃったし、「おたやん」も廃業閉店、「洋もん 日本酒のめるとこ」も無くなって、、、

この辺りの酒場戦力が激減していますね、、、これはなんとかしなければなりません、
(いや、べつにアンタが考えることではない^^)

しかし、捨てる神あれば拾う神あり(ちょっと違うか;汗)、

ここステーキハウス「TRY」に夜の部立ち呑みがあります、

031kai_20201012073901

駅前ビルや梅田にあるステーキランチがウリの「TRY」、

ここ、肥後橋店はいつの頃からか?夜は立ち呑み営業をしています、これが案外良いのです、はい、

ドリンクは400円とちょっと張りますが、料理が美味しいです、そりゃそうか、料理人の料理、

023_20201012073901

肴は「塩だれキュウリ」200円也、

この日のハイライトは「鶏天ポン酢」300円也、

028_20201012073901

なんと、10ピースも出て来ました、これだけでお腹一杯になります、

急遽「サラダ」200円也も追加して、なんとか罪悪感を薄めました^^)

029_20201012073901

2杯飲んでお勘定は1500円也、

明朗会計、内税が凄い!あ!キャッシュオンです、

うん、充実感のある美味しい料理が好きです、

おおきに、また来ますね!

金曜日、神戸元町中華街を大丸側から入ってすぐの路地にある「赤松酒店」

014kai_20201012074601

大振りの角打ち、この辺りでちょっと1杯呑むのに重宝しています、

最近、表の方の稼働率が上がっていますね、コロナ対策^^)

SAPPORO「黒★」大瓶と「枝豆」、

010_20201012074601

「おでん」を4品、

011_20201012074601

012_20201012074601

これでお勘定は1100円也、

さくっと呑むのに最適、

おおきに、ごちそうさん!!

土曜日は山行、逆瀬川に下山して恒例「鳥友商店」で打上げ、

083kai_20201012075001

角打ちですが料理が充実、まずはSAPPORO「赤★」を調達、

並んでいる小皿料理をとって即スタートです、

040kai_20201012075001

お母さんの手料理が美味しいです、

041kai_20201012075001
042kai_20201012075001

ビールの後もリーチインから缶系ドリンクをとって飲みます、

セルフ呑み好きです、

この缶が人気でした、たしかに美味しい、あまり見たことがない缶ですね、

045kai_20201012075001

通し調理の料理も有ります、

「ちくわ天ぷら」、

043_20201012075001

「ちぢみ」、

070_20201012075001

「焼きそば」、

082kai_20201012075001

下山後なのでカロリー気にせず大量摂取です、

はい、ガンガン飲んで食べて1人@2000円程かな?ホント安いわ、

おおきに、いつもお騒がせしてスイマセン、

ということで、今週もお気に入りの酒場探訪出来ました、

そろそろ新規探訪もしたいところですが、

もう少しお気に入り酒場の居心地確認探訪が続きます、

 

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

今日はオムニバス記事です、コロナ時代のサク呑み3軒♡堺筋本町「金獅子」、三宮「せいちゃん」、なんば「桝田商店」。

【2020年6月下旬】

立ち呑み3軒 堺筋本町「金獅子」、三宮「せいちゃん」、なんば「桝田商店」

COVID-19の影響で50日間の酒場探訪自粛後、

2020年5月下旬からぼちぼちと探訪も再開して早1か月、

まだまだ、以前の様な飲み方は出来ませんが、それでも外出する度になんとか少しづつ呑んでいます、
(根っからの酒呑み^^)

で、6月下旬にはお気に入りの立ち呑みでちょこっと一杯だけ(実際には2杯^^)飲んで帰る、

そんなくらいがちょうどエエかな、という時期でありました、

で、今日の記事はオムニバスです、立ち呑み3軒をご紹介します、
(もちろん、それぞれ別の日の探訪記事です)

1軒目は堺筋本町近くの「金獅子」

026kai_20200925105001

ここは料理が美味しいのと、キンミヤ焼酎が置いてあるので気に入っています、

残念ながら「ホッピー」は置いてないのですが、、、

018kai_20200925105001

この能勢酒造の炭酸で割る「キンミヤ能勢レモンサワー」390円也がお気に入りです、

瓶のソーダを残して「中」の注文も出来ます、

料理メニューはこんな感じ、

019kai_20200925105001

鶏、牛、魚とも生系がお得意分野です、

この日は「水なす刺身」390円也、

021_20200925105001

「大分名物とり天 からし酢醤油」290円也、
(鶏好きです^^)

022_20200925105001

「中」を追加して、1606円也、

そうそう、「ハッピーアワーセット」みたいなんが500円也であります、

ドリンク1杯と肴三種盛りみたいなん、それにしてもヨカッタかな、

うん、ちょっと店の雰囲気は違うんだけど、料理美味しいし、キンミヤが飲めるのでたまに行きます、

2軒目は三宮のちょっと東側の高架下にある、立飲キッチン「せいちゃん」

023kai_20200925105401

店名にある通り、ここも料理が美味しい立ち呑みです、

女性ばかりで運営されていますが、どちらかというと酒場系の雰囲気を醸しているのも好きです、
(ガールズ系が苦手)

この日は「芋ソーダ」でスタート、

最近、というか、この夏は「芋ソーダ」が多かったです、ちょっとスッキリした飲み口で飲みたいので、

この注文、今ではほとんどの店で通りますね、世の中的にもそういう傾向なのかな?

ただ、ここは「芋焼酎」400円也にソーダ代金50円也が追加となりますのでご注意ください、

料理は「アボガドスライス」300円也、

015_20200925105401

押しメニューの「レアキモ」300円也、

021kai_20200925105401

う~ん、ホンマに美味しいです、押しメニューに間違いなし!!

「芋ソーダ」を2杯飲んで1430円也、

3軒目は裏なんば、NGKのすぐ南側にある「桝田商店」

029kai_20200925105601

角打ちですね、

テーブルや角打ちコーナーのあちこち、とりあえず立って呑めるところならどこで呑んでもOK!!こういうなんが好きなんです、

料理もそれなりに小皿で揃っています、

そして、なんといっても日本酒が安いし揃っています、角打ちの真骨頂です、

まずは「ハートランド」小瓶と「だし巻」、

030_20200925105601

お酒は奥の酒販コーナーに回り込んで、リーチインからセルフで取り出します、

料理はお母さんが座ってるカウンターに並んでいます、

そして、お目当ては日本酒、揃えはこんな感じ、

034kai_20200925105601

コップになみなみの一合!!

それがとっても良心的な価格で飲めます、

この日は「若戎」真秀450円也、

032kai_20200925105601

真秀=これでmahoと読むのかな?

半紙メニューには中取り育酛と書いてあります、育酛=“いくもと”って読むのかな?謎、

もう一品は「鶏肝煮」、

036_20200925105601

これでお勘定は1430円也、

3軒ともしっかり美味しい料理や酒がある、

このご時世、そんなに長いも出来ないのでサクッと呑めるエエ酒場、そんな感じの3軒でした、

はい、3軒まとめて、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕💕、

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

「天満橋」駅からトコトコ10分ほど、ほぼフルセルフサービスの立ち呑み「マルキン酒店」、ここも角打ちでした^^)

【2019年11月18日(月)】

大阪 天満橋 立ち呑み「マルキン」

月曜日ですがめずらしく呑んでいます^^)

夕方に淀屋橋で打合せあり、さすがにこのまま呑まずに帰るのはもったいない、ので前日の日曜日を振替休肝日にしました!!
(どんだけ計画的やねん^^)

ということで、打合せ終わりが17時頃、場所が淀屋橋ということで、久しぶりに京阪電車「天満橋」駅を探訪することにします、

まず1軒のお目当てがありました、立ち呑みの「スタンド よしだ」、

思ったより駅から遠く、場所も分かりにくかった(いつも適当に歩いて探すので)、

でも発見、ほう、真新しい小洒落た感じの立ち呑み、お客さんも入っています、なるほどね、承知しました、

もう1軒お目当てがあるのでそこを確認してから来るかもです、

で、もう少し南へ行くとありました、「マルキン酒店」、

014kai_20200116123801

名前からすると小さな角打ちかな?と思っていたのですが、なんのなんの、立派な店構え、大きなお店でした、

店名の書体がちょっとあざとい感じだし、この感じは最近多い似非昭和な店が多いけど、、、酒店というのがなんか気になるので、今日はここからスタートしましょう、はい、入店です、

広い土間(たしか)の空間、大少の立ち呑みテーブルが5つ6つ並んでいます、奥にはカウンターがあって(そちらの方が人気してます)、その中に店員さん、

024kai_20200116123801

いらっしゃいの声はありましたが店員さんがフロアに出てくる気配はありません、

とりあえず大き目のテーブルに荷物を置いてカウンターまで行って入店を請います、

はい、いらっしゃいませ、

スイマセン、あのテーブルで呑んでも良いですか?と、要領が分からないので訊きます、

はいはい、どうぞ~、あ、うちは基本セルフサービスになっているんです~、

ということで、女将さんらしき方から一通りの説明を聞きます、

まず酒はすべてセルフサービス、これが見事にまでに半端なくセルフです、

瓶ビールや缶モノはリーチインから、

焼酎やウイスキーなどの水割りやお湯割りもこのボトルサーバーからセルフで酒を入れます、

016kai_20200116123801

日本酒もこっから、燗酒も湯煎で出来るようになっています、こりゃ凄いわ、

030kai_20200116123901

生ビールだけはお店からもらうようです、

肴もこちらから取り出す、

015kai_20200116123801

おでんも鍋から自分で取り出します、

031_20200116123901

箸や薬味、お手拭などもこちらから、、、完璧です、

017_20200116123801

フルセルフのお店、エエんじゃないでしょうか?こういうなん、気楽で好きです、

いうことでセルフ呑みスタートです、酒は、、、ビールにしようかと思いましたが、サーバーに焼酎の「レント」350円也がありました、これにしましょう、

女将さんに訊くとソーダ水もサーバーから出るとの事、至れり尽くせり、「レント」のソーダ割りを作ります、

肴はまずこれ、

020_20200116123801

「枝豆」と「どて焼き」、「どて焼き」は注文で出して貰います、

これで一段落、そうそう、飲み物も肴も取った時はお店の方に一声『これ貰います』と声を掛けるのがルールです、

「どて焼き」美味しいです、料理に期待が膨らみます、

早くも「レント」ソーダ割り2杯目を作って、肴は「鱧のおとし」、

023_20200116123801

肴は基本250円也だそうですが、これはいくらだったか?不明、

団体さんが入店、フロアが埋まるかと思いきやみなさん2階へ上がられます、へ~、2階もあるみたいです、

天井の梁に古い写真が飾ってあります、

025kai_20200116123901

店名は伊達ではなく、ここはホントに酒店だった見たいですね、これは角打ちで間違いなさそうです、似非昭和ではありませんでした、失礼いたしました^^)

そうなると暖簾にあった“創業昭和11年”という文字にも重みが出てきます、老舗角打ちです、

さらに良いのは“家族経営”のようだということ、途中でどこからもなく子どもが出てきました、男の子と小さな女の子も、適当に手伝っています、なにやらエエ感じです、

燗酒をもらいましょう、「土佐鶴」のガラス瓶を湯煎にします、

029kai_20200116123901

高知のお酒だけどあまり辛い感じはしませんね、

032_20200116123901

「おでん」もいただきましょう、

鍋の木蓋を開けて自分で取りだします、@100円也、

男の子が『糸コンニャクは2つで100円です!』と教えてくれました、エライエライ、おおきにね、しっかりしてますわ、

と、まさかの大きいお姉ちゃんも登場、3人姉弟妹ですな!!

これでお勘定にしました、2190円也、

別に「播州一献」のワンカップがあったのでワンカップ記事用に購入、390円也、

天満橋というか、松屋町本町が近い「マルキン酒店」、

ほぼフルセルフサービスという珍しいスタイル、

でも、気ままに呑んで食せるのでこれはこれで有!呑み過ぎに注意だけど、

昭和11年創業の家族経営というのも好感、再訪したいと思っています、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

お気に入りの立ち呑みが廃業してしまった肥後橋で新規探訪です、ステーキハウス「トライ」の夜、立ち呑みの部。

【2019年11月15日(金)】

大阪 肥後橋 「トライ」立ち呑みの部

大阪中之島で所用終了、ぶらっと肥後橋辺りを歩きます、

立ち呑み「わすれな草」は相変わらずの人気で今日も行列が出来ています、

もう、1年以上、いやもっと長く入っていませんな、ま、これだけ混んでいたらゆっくり呑めないので、ほとぼりが冷めるのを待ちます、、、冷めるかな?^^)

もう少し南へ行くと2軒、お気に入りの店があったのですがいずれも廃業してしまいました、

1軒は「洋もん 日本酒のめるとこ」、そこそこ流行っていたと思うのですが、いつの間にか無くなってしまいました、

もう1軒は「おたやん」、気の良さそうなご夫婦(?未確認です)がやっておられた立ち呑み(その前は違う業態だったような記憶あり)、

手作りの惣菜や揚げ物が美味しいお気に入りの店でしたが、ここも1年半程前に廃業してしまいました、残念、

ここらで酒場というと、もう少し南へ行くと割りと新しいイメージの「マルタカ」がありますが、今日はもっと近くのここに入りましょう、

ということで、今宵はここ、ステーキハウス「トライ」、

017kai_20200115082401

「トライ」は駅前ビル(1ビルと3ビルにもあるかな?)や新梅田食道街(ここは最近店名が「トライ」になった)にも店がある大衆ステーキハウスです、

同じ系列で似た名前の他の店も有ったような気がしますが、、、失念、、、

で、この肥後橋の「トライ」、ランチはステーキハウスとして営業しているようですが、ここ数年夜は立ち呑み営業をしているようなのです、確認はしていましたが(確認って^^)未探訪、

ガラス戸の向こうで立ち呑み営業しているのを確認、ではでは入りましょう、

L字カウンター、先客数名、椅子無し(そうでなくっちゃ!^^)、

カウンターの中には調理服を着たマスター?カウンター中程に着いて、寒かったので「芋お湯」400円也をお願いします、

012_20200115082401

肴は「オニオンスライス」200円也、

013_20200115082401

きっちりしています、如何にも料理人が作った!!という感じ、

そうそう、キャッシュオンでした、明朗で好きです、

016_20200115082401

後から来た初見のお客さんがまとめて後でも良い?と訊いたら、マスター、はい!てな感じでOKでした、でも、ワタシはキャッシュオンでいきましょう、

表には他の「トライ」でお馴染みのランチメニューも貼ってありましたが、夜はやはり完全に立ち呑み優先、ドリンクall400円也、

009kai_20200115082401

料理はこんな感じ、税込が嬉しい200円、300円、400円と3段階で明快、丼も美味しそうですよね、

008kai_20200115082801

“トライ名物”メニュー、

010kai_20200115082401

これも旨そうです、

それでは名物メニューをいっておかないといけないでしょう、ということで「ハラミの焼きタタキ」特別価格の税込500円也、

「芋お湯」ももう1杯、

014_20200115083001

おお、盛り付けも綺麗です、、、ちょっと葱をどけるとハラミが登場、

015kai_20200115082401

へへ、これは値打ちありますね、税込500円也、

で、ホントに美味しい、立ち呑みでこのレベルがいただけるのは嬉しいです、

隣りの初見サラリーマン2人組、出張かな?晩御飯のつもりで入ったら立ち呑みなので少し面喰っていたようですが、料理をどんどん注文、でも美味しいから喜んでおられました、望外の幸運ですな、

その2人が頼んでいた「カキフライ」も美味しそうでした、大きなカキフライ4個で400円也、安い!もちろん通し揚げ、

これはお値打ちやな~、と涎を垂らしながら見てました^^)

が、今日はこれで〆ます、キャッシュオンなのでお勘定は済んでいます、

肥後橋の「トライ」夜の立ち呑みの部、

なんか、片手間に違う感じで立ち呑みをやっているのかな?とずっと静観していましたが、

「トライ」の料理人の方が夜もやっておられるようです、

なので、料理がきっちり美味しい、これは嬉しい、美味しい肉料理が安くいただけます、

これこそ“リーズナブル”な立ち飲みです、気に入りました、

まだ再訪していませんが、間違いなくもう一度行って他の料理も確かめます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

ずっと気になっていた2店探訪、肥後橋の焼鳥「おかにわ」から淀屋橋の中華料理「福仙楼」へ^^)

【2019年10月30日(水)】

大阪 肥後橋 焼鳥「おかにわ」~淀屋橋 北京料理「福仙楼」

17時前、堂島で業務終了、さてどこで呑みましょうか?

とにかく今日は南へ歩きましょう、肥後橋を渡って「わすれな草」を覗いてみると、、、

うわ!もう並んでますやん、開店と同時に満員でそのまま並んでいる、つう感じかな?

凄い人気ですね、、、退散、

阪神高速の下を潜って淀屋橋方面へ、そういうとずっと気になっている、Kさんからもずっと勧められている焼鳥「おかにわ」があります、

なかなか入れない店(ワタシの気持ちの問題^^)なのですが、今日は入ってみましょうか、

と、店の近くまで行くと、、、大将らしき方が表で仁王立ち!え!な感じで素知らぬ顔で思わずスルー、はは、気が弱いもんで、

他の店へ行くかな?と考えながらそのまま南下しましたが、気を取り直してUターン北上、ここで入らないと男がすたる(別に大丈夫やけど)、一生入れないかもしれません(んなことはない)、と気持ちを奮い立たせて戻りました、

ほ、もう大将の仁王立ちの時間は済んだようです(ずっとは立ってません^^)、ではでは入りましょう、

014kai_20191228105001

時間は17時過ぎ、やはり一番客でした、先程は開店したところだったので大将が表に立っていたんですね、

カウンターにテーブル席、座敷もあったかな?もちろんカウンターに着きます、

え~っと、ビールは端折って「黒霧」水割りにします、

003_20191228110501

突出しが出てきました、

004_20191228110501

焼鳥の店ですから焼き鳥一本で攻めます、1本からの注文でOKとのこと、一人身には助かります、

「とりみ」は「せせり」やそうです、珍しいかも、あとは、ねぎま、肝、はつ、皮をお願いします、塩タレの焼き方はとくに訊かれなかったような気がします、お任せ、

1本づつ順に出てきました、親切ですね、まずは「きも」140円也、

007_20191228105001

トロトロの焼き加減で美味しいです、タレはあまり主張していません、

「はつ」150円也、

008_20191228105001

塩味が絶妙でした、

「ねぎま」160円也もイケます、塩焼き、

009_20191228105001

「皮」180円也と「とりみ(せせり)」160円也、

010_20191228105001

「皮」は塩かと思いきやタレ焼きでした、ホルモンみたいな感じの食感で皮感は無いですがこれはこれで美味しい、

串のお値段が微妙に違いますね、こうなったら@160円均一とかにしたほうが計算しやすいと思うのですが^^)

この価格設定にはこだわりの理由があるのでしょう、いつか訊いてみたいです、

燗酒をもらいます、「豪快」、

011_20191228105001

銚子まで豪快、あまりうれしくないんだけど、この辺りにはあまりこだわりはないようです、

串をもう2本、「白肝」と「軟骨(やげん)」、共に@180円也、

「白肝」はレア焼物との表記、たしかにレアで美味しです、180円也はお値打ち、

012_20191228105001

「軟骨」、

013_20191228105001

“やげん”ってなんだ?“やげん軟骨”ってたしかに普通に聞きますが“やげん”ってなんだろう?知らないわ、

この軟骨に肉が付いた部位の事なんだろうな?勉強不足、

これでお勘定にしました、2596円也、

肥後橋近く、地名は江戸堀でした、焼鳥の「おかにわ」、

焼鳥美味しかったです、一番客だったのでストレス無くエエ感じで串が出てきました、

出る少し前に予約の団体さんが入ってきて、バタバタしていましたが、

なんか、静かな時の独特の空気感の店内、なんなんだろうこれは、大将のキャラクターか?

次回は繁盛している店内で呑んでみたいような気もします、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

もう一軒、どこか行こうかと淀屋橋周辺を彷徨いましたが、この日はピンと来る酒場がなく、
(最近これが多い、酒があまり好きではなくなって来たかも^^)

これまた気になっていながら未探訪の謎の^^)北京料理「福仙楼」に入店、

015kai_20191228105101

エエ時間なのにガランとしています、先客一組3人、「焼きそば」食べたはります、

019kai_20191228112201

店員さんは、、、ゼロ、、、奥を覗くも無人、、、

妙な沈黙の中、勝手にテーブル席に座ってしばし待機、

数分して大将?登場、どうやら家族の方の用事をされていたようです、

で、注文を訊いてくれますが、結論的には『今は「焼きそば」しかできない』とのこと、ありゃ、詳しい事情は分かりません、ビールは飲めます、

では「焼きそば」を、ビールもね、

焼きそばは「普通」と「カレー味」があるそうです、ほう、では「カレー味」で、

この後、2人入店、みなさんもちろん「焼きそば」のオーダー、

はい、来ました、「焼きそば」カレー味、

020kai_20191228105101

もやし、玉ねぎ、キャベツたっぷり!美味しいけど、、、もう、これだけでお腹いっぱい、

021_20191228110501

先客のテーブルには「天ぷら」(鶏かな?)と「酢豚」かな?が到着、

ほ~、料理はちゃんと出てくるんだ、予約かな?

これがすごいボリュームで3人でも食べあぐねている様子、

ああ、ここはああいう感じで出て来るんだ、なるほど、エエ感じやんか~と後学のため観察、

味違いに一口、あの天ぷらと酢豚が食べてみたい、でも注文出来ないし、注文出来てもあの量は食べ切れない、

じっと見つめていたら、先客のスーツ姿の男性が、

『これ、余っているので1つ召し上がりませんか??』!!

『いえいえ、そんな厚かましいことは』

『あまりにじっと見ておられるので・・・』

、、、てなことがあるはずもなく^^)、、、妄想^^)、、、

淀屋橋の「福仙楼」、ここも謎が多い店です、

ランチもやっているので(たしか)、次回はランチで入ってみようかな?

おおきに、ごちそうさん!また謎に挑みます^^)

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

梅田から心斎橋までぶらぶら、「一山」~「赫連勃勃」~「村田酒店」と楽しみました。

【2019年1月30日(水)】

大阪 淀屋橋「赫漣勃勃」~心斎橋「村田酒店」



梅田で映画を観終わりました、

今年は年間100本観るのが目標、

シニアだからいつでも1100円、安いわ、



で、夜は心斎橋でライブ参戦の予定、

開演までまだ2時間ほどあるので、

ブラブラ歩きながら心斎橋を目指します、

(時間あると歩くしかない)



で、淀屋橋から三休橋筋を南へ向かっていると蕎麦の「一山」がありました、

好きな蕎麦屋です、田舎蕎麦が名物かな?

時間はちょうど17時頃、一杯呑む前にちょっとお腹に入れておきましょか、



ということで、まずは「一山」で田舎蕎麦、

004kai_2

ちょっと硬めの蕎麦が田舎蕎麦によく合います、好みです~、

また来ますね~、



さらに南へ向かっていくと、

立ち呑みの「赫漣勃勃」が開いていました、

013kai

エエ店です、そして難読店名、立ち呑み界の代表選手、

“かくれんぼつぼつ”と読みます、

由来は、、、各位でお調べくださいませ^^)、



久しぶりなので入っておきましょう、



はい、一番客です、マスターは奥でまだ仕込中、

え~っと「芋お湯」でお願いします、



ここの肴は手作りでみんな美味しいです、そして安い、

まずは「まぐろ中落ち」150円也、

008kai_5

安!値打ちありまわ、



「ポテサラ」180円也、

009kai_2

ワタシは“ゴロッと系”のポテサラ好き、

ここのはマッシュ系ですが、それでも美味しい、



ベレー帽を被ったマスター、料理上手ですわ、



「お湯割り」お代わりして、「牛すじ煮込み」180円也、

012kai_2

これもイケます、味噌辛いけど美味しい!ボリュームもあり、

味噌とスジとコンニャクの相性抜群です、



これでお勘定は1240円也だったかな?



淀屋橋の「赫漣勃勃」、

エエ立ち呑みです、料理が美味しい、安い、ボリュームもあります、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

さて、またまたぶらぶら歩いて心斎橋に到着、



ライブの開場時間は過ぎていますが、

開演までにはまだほんの少し時間があります、

出演者ともさっきすれ違ったし^^)、まだ大丈夫でしょう、



ライブ会場のすぐ近く、

アメリカ村辺りに「村田酒店」があります、

031kai

ここは昨日、下見?をしました、

怖そうな大将がいてはったんでよう入りませんでした^^)、

(めちゃビビり)



でも、今日はすでに一杯ひっかけています、酒の勢いというやつです、

今日も大将は怖そうですが、、、入りました、


酒販・角打ち混在型、

小さなスペースにカウンターに小さな立ち呑みテーブル(ビールケースなど)が点在しています、

床は土間、元は確実に酒販スペースだったんでしょう、



とくに指示はないのでカウンターに着きます、

とくにかまってもらえないので、大将の暇そうな時を見計らって「燗酒」を注文、300円也かな?



肴は横の人が頼んでいた「湯豆腐」にします、

017_5

こんな椀に入って出てきました、150円也かな?

常連さんはスーツ姿がほとんど、一人客は少ないですね、

近所の会社のやすらぎの里ですね、



肴のメニューは用意されていないようです、

現物展示から推察するとカップ麺とか袋モノ、乾きモノ、缶詰などが主戦力のようですが、

018kai_2

でも、常連さんのオーダーを聞いていると、

「シュウマイ」とか「玉子焼き」とかのチン料理もあります、

お姉さんが奥で作っておられるようで、出来上がったらフロアに出て来られます、



大将はフロアとお勘定の係、もちろんそんなに怖くないです^^)、

大将、トークの声は小さいけど、客を見送る『まいどおおきにー』はよう通るエエ声です、



これでお勘定にしました、

心斎橋アメリカ村辺りの「村田酒店」、

ここに角打ちがあるとは知りませんでした、

サクッと呑むには良さそう、嫌いじゃないです、

もう少し探訪したら大将とも仲良くなれるかな?

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕



では、ライブ会場へ参りましょう♪、




| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

またまた、美味しい料理をだすエエ立ち吞みが出来ました、江戸堀の「マルタカ」、気に入りました。

【2018年10月3日(水)】

大阪 江戸堀 「マルタカ」

また、エエ立ち呑みが一つ出来たらしいです

場所は肥後橋?

いや、もうちょっと南ですね、住所は江戸堀になっています、



この辺り最近、酒場の閉店が続いています

肥後橋の「洋食 日本酒のめるとこ」と「おたやん」

確認していませんが靱公園の「あさひ」も閉まったようです

それぞれエエ店やったのに残念です、

で、閉まる店あれば、開く店あり、

という事で、今日は初めての立ち呑み新規探訪です、

土佐堀通りから四ツ橋筋を南へ、7~8分かな、ちょっと西へ入るとありました、

今日のお目当はこちら、立ち呑み大衆酒場「マルタカ」、

019kai

なにやら評判エエですよ、期待の初入店です

時間は18時前、あら、ワタシにしてはお遅いスタートですね

このところ、ちょっとあれこれ忙しいのです

コの字カウンターですが上下とも横棒は短いです、一人か二人しか立てない、

壁には小さなビールケーステーブルが、え~っと5つくらいあったかな?

先客5人くらい、ほ、空いてましたね、カウンター真ん中辺りに着きます、

カウンターの中には若い大将がお一人、とりあえずの「生」をお願いします、

カウンターの上には食材やら料理、おでん鍋などが見えますが綺麗に整頓されています、

大将、几帳面かな?

015kai

ざるに入っていた「万願寺」を焼いてもらいます、

004

うん、美味しいです!

壁の黒板にメニューが書いてあります、☆印がお奨めかな?

では、星が付いている「大人の煮込み」380円也も注文、

007

シマチョウかな?牛の小腸、好物です、

これも美味しいです!噛みごたえあるけど

日本酒のメニューもありました、

009kai

目の前にも半紙メニューが、

黒龍、雁木に、、、山川光男、、、

うん?山川光男、呑んだっけ?初めてかな?

訊くと山形県内の4つの蔵、

男山、東光、楯野川、山形正宗の4蔵共同醸造のお酒みたいです

へ~、珍しいですね、



新品種の米による試醸造みたいです、

“山川光男”は各蔵から一文字づつ取って命名されたんですね

なるほど~、

美味しいですよ、と大将からひと言頂いたのでそれにします、



はい、「山川光男」ハーフで580円也、

010kai

“山川光男”さんはオッサンでした

お、旨味しっかりの好みの酒です、ホント、美味しいです



この頃、ヘルプのお母さんが入られました、

そりゃ、ワンオペでは無理ですね、

お隣のお客さんに教えていただきました、店名の由来、

大将は“タカ”さん、それであそこにいるのが“マルオ”、それで「マルタカ」、

え!?そこにいるのって??

え?そこにいますやん、羊が、あれがマルオ、、、

え~、、、気付きませんでした

はい、入ったところのカウンターに居ました、羊のマルオ!

濁り酒呑んでます

018kai

後ろ姿、ちゃんとシャツ来てます、

017kai

なんで気付かなかったんだろう?初めての店なので緊張してたか

しかし、超インパクトあるなあ、マルオ

お酒をもう一杯、馴染みの「篠峯」ハーフ380円也にします、

013kai

うん?今日はやけに辛く感じるな、こんなんやっけ?

「山川光男」さんの影響かな?

最後にもう一品、こちらも名物のような☆の付いた「がっちょ唐揚げ」380円也、

泉州の魚だそうです、“メゴチ”のこと、これも初めて聞きました

泉州では定番の料理みたいです、

016

3つに開いてます、衣も美味しい、身はモチモチした感じ、なるほどね~、

毎日、泉州から仕入れられているそうです、

はい、この日はこれでお勘定、2670円也、

評判通り料理が美味しいです、気に入りました





で、翌週さっそく再訪しています

この日食したのは「お造り三種盛り」680円也、

006

カンパチ、サーモン、きずし、

「おでん」、玉子、厚揚げ、水菜、

007_2

水菜が凝ってますね、

「燗酒」は定番酒の菊正宗、小さいのん380円也、

009



「立呑屋の唐揚げ」380円也、

011

もちろん通し揚げです、既製品かもしれませんが、でも美味しい

2回目のお勘定は2350円也でした、

江戸堀に出来た立ち呑み大衆酒場「マルタカ」、

最近の立ち呑みのトレンドである“美味しい料理”が食べられる立ち呑み、

少々値は張りますが、ワタシ的には納得のレベルです、

また、お邪魔すると思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

エエ感じで時が流れている“船場センタービル”、その中でも末枯れ具合が際立っています、「大名酒蔵 本店」。

【2018年6月27日(水)】

大阪 堺筋本町 「大名酒蔵 本店」

大阪本町の『船場センタービル』、

『大阪駅前ビル群』と並んで大阪の再開発の典型と思われるビルです

ビルと云っても、上を中央大通りと阪神高速道路が通っているので、

ビル自体は地上4階まで、、、地上2階くらいかと思ってた

その代わり、1号館から10号館まであり、

東西はほぼ1000mと鰻の寝床のような長~いビルなのであります、

ちなみに地下は2階まで、

この地下ゾーンが飲食店街として今も元気に機能しています、

大阪駅前ビル群がここにきて飲み屋街として活性化してきたのに比べると、

今ひとつかもしれませんが、空き店舗、シャッター店舗も少なく、

それなりに頑張っている感!あります

オープンは1970年、もうすぐ半世紀を迎える『船場センタービル』、

入っている飲食店舗もそれなりに古い歴史を持つ店があると思います、

その一つが「大名酒蔵 本店」、

003kai_2

船場センタービル2号館(堺筋の東側)地下2階にあります、

その名前からして、

50年前の地権者としてここに降りて来られたのではないかと推測できますが、

確認していません、



が、なんかそんなことはどうでもエエ様な気にさせてくれる大らかな店風です
(社風とか校風とかみたいに云うと店風)

ずいぶん昔に入った憶えがありますが、酒場探訪を始める前のことかな?

記事を書いた憶えがありません、

今日は記事を書くつもりで久しぶりに入店です

まず、店先で大将が張っておられます、

張り込みか!?という感じで張っておられます



で、暖簾をくぐると後ろ(表)から、

お客さ~ん、いらっしゃ~い、の大将の声が掛かります

で、ワタシの勘違いかもしれませんが、

大将は向かいの店に入って行かれました

向かいにはたしか「大名そば」という店があります、

019kai

こちらとは同一資本?大名コングロマリッドか!?

で、なんかそこから生ビールを注いで持って来られたような気がします、

なんか、そんな風景を見たような見なかったような、、、謎

入ったところが大きなコの字のカウンター、

左手奥には100席近くありそうな広いテーブルスペース。

ワタシは一人なのでとりあえず右側のカウンター席に着きました



で、すぐさま大将が生ビールのグラスをワタシの前に置かれました!

え!?まだ頼んでませんけど、、、

うちは最初の生ビール1杯はサービスなんです、どうぞ~



ほえ~、知りませんでした、昔はこんなん無かったと思います、

004_2

氷点下のやつ、アサヒエクストラゴールド!美味しいよ~、

と大将猛アピール

そうですか、ではこれはこれでいただくとして、料理は「奴」にします、



手元にメニューがあるのですが値段が書いてありません、

今時珍しいですね、これでお客さん入るのかしら?とちょっと心配になります、

「奴」は木綿でした、これもちょっと珍しいかも、

008

でも、美味しいです、

ワタシは木綿豆腐の奴の方が好きかも

で、サービスの生ビールを飲み干して、飲みたかったあれを注文します、

スイマセン、「ホッピー」下さい!

そう、ここの入ろうと思った大きな理由の一つがホッピーです

関西風コテコテの酒場ですが、ここにはホッピーがあります、

なんや知らんけどあります、嬉しイイ

サービスの生ビールがホッピーと被るのでどうしようかな?

とも思ったのですが、ここは初志貫徹で「ホッピー」450円也を注文です、

と、ここでまたビックリ、こんなデカいジョッキで出てきました、

009kai

こんなおっきなジョッキを見るの久しぶり、

昔のビアガーデンの大ジョッキーかな、

ジョッキに半分くらいの氷と焼酎、それにホッピーを全投入して出来上がりです、

う~ん、これは飲み応えありそうやな、

焼酎もドボドボ入ってたから酔うぞ、これは、要注意や

料理追加、「げそ天」、

014

こちらは上品な揚げ方、なんかもっとワイルドな「げそ天」を想像してました

塩でいただきます、

これでホッピーをグビグビ行きますが、間に合いません

肴が無くなったのでさらに「だし巻」を追加、

焼き担当?のお兄さん、

うちの「だし巻」大きいですよ、一人だったら小(半分)でもイイかも、

あ、そう、では小でお願いします、、、親切ですね、お兄さん、

で、出てきたのが、、、これまた大きな「だし巻」

016

え~、これで小!?大きいな~、え?結局、大?

サービス、サービス、とフロア担当のお母さん

そうですか、おおきにです、



出汁にヒタヒタでフワフワですやん、美味しい

この「だし巻」は絶対注文すべき一品ですね、

これでお勘定にしました、2100円也、

お!安いですやん、

堺筋の東側、船場センタービルB2Fの「大名酒蔵 本店」、

ずいぶんと久しぶりに入りました、

相当末枯れて来ています、雑然系でもあります、

料理メニューの設定や価格表示なし、

生ビールのサービス、デカいジョッキのホッピー、

ちょっと、今時ではない感じが面白い、

ある意味“絶滅酒場”的な面が随所にあって楽しめます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

なにやらワタシの勘違いが続きましたが、料理、酒とも一工夫の立喰酒場、堺筋本町の「金獅子」、エエ感じです。

【2018年5月30日(水)】

大阪 堺筋本町 「金獅子」

最近は関西でもホッピーが飲める店が増えてきました

“痛風”の件もありますが、、、ホッピーの呑み口が好きです

なので1軒目はついつい“ホッピー”が飲める店視点で探してしまいます

で、堺筋本町辺りのこの店も“ホッピー”があるとの情報をキャッチ、

夕刻に仕事終わりのこの日は行ってみることにしました

場所は堺筋中央大通りの東北側、

ほ~、この界隈は来たことなかったですね、なるほど~、

角を曲がるとありました、今日のお目当は立喰酒場「金獅子」です、

006kai2

下の方の白地の看板、

なにやらヨーロッパの紋章のような獅子と、5月8日オープンの文字が、

2018年の5月?そんなことはないか、2017年5月8日オープンかな?

ワタシはホッピー目当てで来ましたが、日本酒もあるようです、

007kai

銘柄ポスターが貼ってあります、

ではでは、入りましょう

ちょうどエエ感じのコの字カウンター、時間は17時頃、

すでに先客多し、ふ~ん、何時から開いてるんだろう?
(16時~です)

入ったところからまっすぐに進んでカウンターに着きます、

カウンターの中にはお姉さん、もう一人お姉さん、どちらも金髪、、、

、、、、

金獅子ってそういう事なのか?

でも、雰囲気はガールズな雰囲気ではありません

とりあえずホッピーが飲みたいです、お姉さんに訊きます、

ホッピーあります?

あ~、ホッピーはないんです、

あれ、、、そうですか、では、「生ビール」で、

うむ、いきなり躓きました

てっきりホッピーありと思って来たのですが、、、

とりあえず、このまま進めましょう

肴は「生センマイ」390円也、

012kai

店名の謳い文句に“立喰酒場”とあります、

料理には力が入ってそうですね

あらためて飲み物のメニューを検討、ホッピーがないとはなあ、、、

とか思っていると、、、

あ!「キンミヤ」焼酎があります!

そうか、ホッピーがあるというのはワタシの勘違いでした!!

“ホッピーがある”ではなく“キンミヤがある”でしたね、失礼しました

「キンミヤ」のメニューは、

「魅惑のバイスサワー」、「能勢レモンサワー」、「キンミヤハイボール」の3つ、

ほっほ~、“バイス”懐かしいなあ、どっかで飲んだよね、恵比寿の店かな、

とりあえず、2杯目は「魅惑のバイス」390円也にしましょう

013

あれ?ワタシの想像していた“バイス”とは違います、、、

なにやら赤い、、、きょうはいろいろと思惑違いが起こります

“バイス”って梅酢すっか?梅味ですか?

あ!ここで思い出しました

ワタシがイメージしていたのは“バイス”ではなく、“ホイス”ですわ!!

また勘違い、どうも今日はイケません

料理は「地鶏の肝造り」390円也、

016kai

これも美味しいです、お値打ち

もう一杯、キンミヤを行ってます、「能勢レモンサワー」390円也、

017

グラスに焼酎、そして“能勢ソーダ”の瓶が出てきました、なるほど

020

ソーダをすべて注いでちょうど一杯が出来上がり、

うん、美味しい、能勢のソーダもエエ感じ

最後の料理は「納豆オムレツ」350円也、

021kai

見た目美味しそうな出来上がり、もちろん食べても美味しかったです

立喰酒場の謳い文句、

そのまま受けとめて大丈夫、料理美味しいです

これでお勘定、2484円也、

堺筋本町の「金獅子」、

立喰酒場は料理もお酒も一工夫、

独特の仕上がりの立ち呑みに仕上がっています、

なにやらワタシん勘違いが多かったのはご容赦を、

再訪して他にもいろいろ食べてみたいです、 

おおきに、ごちそうさん、また来ますね


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

偶然、立ち飲み「最」の本町店を発見、昼間はみつからないですが、夜はすぐに分かります、日本酒も肴も安心の実力。

【2018月2月20日(火)】

大阪 本町 立ち飲み「最」本町店

この2年程、本町へ来る機会が増えました、

で、GOも含めて

中央大通りと長堀通、御堂筋と堺筋に囲まれたエリアを歩いていることが多いのですが、

偶然見つけました立ち飲みの「最」本町店、

中央大通りの1本南の丼池筋にあるのを見つけました、

へ~、知りませんでした、

おそらくは裏なんばの「最」の支店、という事になるんでしょうね、

「最」と云えば、

裏なんばを中心に沸き起こった“立ち飲みで日本酒がちゃんと飲める店ブーム”の先駆けですね

結構、ワタシの好みの酒が置いてある(個人の感想です)ので好きなんですが、、、

狭い店だし人気しているので、なかなか入れない感じ

さらに「日本酒と私」、「兵吾」、「もんぞう」、「ひでぞう」などが出揃って、

そっちへ流れてしまった、な感じです、、、スイマセン

立ち飲みで云うと、場所が近いこともあり「丑寅」と同期生みたいなイメージ(個人の感想です)、

いずれにせよ、裏なんばのフロンティア、

立ち飲み日本酒の先駆者であることは間違いない

その「最」の支店ですか?これは行かねば、と、

初めて見掛けた時は用事があったのでそのままスルー、

後日、昼間に探しに行ったのですが、、、発見できず

たしかここだったはず、

と思える場所には何もなく、ただシャッターが降りたビルの一角、

確信が持てぬまま、またもやスルー

で、今日は、、、すぐ分かりました!

表には一升瓶がディスプレイされているので見逃しようがありません

033kai

ただ、店自体はおそらくシャッターがありてしまうと、

痕跡をまったく残さないような作り

「インディ・ジョーンズ 失われたアーク」に出てくる“異国の市場の隠しガレージのような店”です(なんのこっちゃ)、

おそらく、、、

ではでは、入りましょう

小さなお店、カウンターで7~8人?壁には立ち呑みテーブルがあったかな?

先客は若い女性が一人、カウンターの中にも若い女性が一人、

うむ、なんか違う感じの店なんかな?

と一瞬不安が過りましたが、、、もちろん杞憂でした

間違いなく“立ち飲みで日本酒がちゃんと飲める店”です、



日本酒は正面のリーチインに並んでいます、

035kai

「新政6」が何本みえますね、値段が650円、850円、1050円と見えます、

カウンターの中のお姉さんに訊きます、あの違いはなんですか?

米の磨きの違いですね、

なるほど、ではワタシとしてはあまり磨いてない方が好みなので650円也の「新政6」にします、

034

う~ん、やはり美味しい

米の味がしっかりする好きなタイプ(個人の感想です)、

肴はお奨めの「肴4種盛合せ」300円也、

これがまた良かった、お得感あります

タコわさ、和風チーズ、いぶりがっこ、スパサラ、全部安定しています、

036kai

ま、本店の「最」もたしか料理は安くて美味しかったと思います、

DNAは受け継がれてる、

いや、支店やから、「最」の血がちゃんと流れている、か

もう一杯飲みましょう、好みを伝えて、お姉さんにお奨めを訊きます、

で、これに決定、初めて見ました、

新潟の「イットキー」生酒しぼりたて600円也(たしか・・・)、

038kai

濁ってます、、、

040kai

こんなん好きなんです



で、辛い!(のはあまり得意じゃない)、が、

その後にグレープフルーツのような酸味が来ます、

これは珍しいお酒ですね、、、こういう癖のある日本酒、、、好きです

お姉さん、ちゃんと日本酒のことご存知ですね、

説明も的確でした、やりまんな~

この日は2軒目ですが、しっかり食べていなかったのでお腹が減りました、

メニューで気になっていた「素焼きそば」300円也を頼みます、

あ、お客さん、これもお奨めです、美味しいですよ~

と、サクサクと作っていただきました、

おお、たしかに「素焼きそば」ですが、

海苔と玉子のトッピング、一丁前です、

042kai

これも美味しかった、イケてます、満足のオーダーとなりました、

「素焼きそば」にはやはりビールか?、と、3杯目は「ハートランド」にしました、

043

これでお勘定は2520円也、外税ですな、

「最」本町店、

昼間は姿を隠していますが、夜はしっかり主張しています、

046kai

日本酒の揃えも良い感じ、

料理のクオリティが高いのは「最」の血脈、

まだ、場所に馴染んでないような気もするけど、まあ大丈夫でしょう、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) その他 テリー・イシダの独酌酔言 ホノルル 上野御徒町湯島 下北沢三軒茶屋 世田谷 中野高円寺荻窪 五反田旗の台品川 京都河原町他 京都駅周辺 京阪沿線 人形町 仙台 代々木上原 佃月島 八王子 八重洲 勝どき 北区(王子赤羽十条) 北千住南千住 北海道 千葉 博多九州 吉祥寺国立 名古屋岐阜 地酒ワンカップ・コレクション 墨田区(押上本所石原錦糸町) 墨田区(曳舟八広東向島) 大森蒲田 大阪ミナミ(心斎橋難波) 大阪中津 大阪京橋 大阪十三西中島淡路 大阪南部 大阪大正 大阪天満 大阪天王寺阿倍野新今宮 大阪東部 大阪梅田 大阪梅田(新梅田食道街) 大阪梅田(駅前ビル) 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 大阪玉造鶴橋周辺 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) 大阪都島 大阪野田福島 巣鴨大塚 広島高松岡山鳥取 府中 忠臣蔵 恵比寿目黒 新宿 新橋虎ノ門浜松町 日本堤 日本酒 早稲田 有楽町 東京観光案内 根岸根津本郷 横浜川崎横須賀 江戸川区 江東区(木場門前仲町) 江東区(森下清澄白河) 江東区(亀戸大島) 池袋練馬 浅草 渋谷 湘南 湘南鎌倉 町屋 神戸三宮元町明石姫路 神楽坂 神田須田町飯田橋 築地 茅場町 葛飾区(立石四つ木) 観音崎 金沢富山 銀座 関西周辺 関西観光案内 阪急宝塚沿線 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) 麻布十番