カテゴリー「大阪梅田(新梅田食道街)」の31件の記事

2019年11月11日 (月)

駅前ビルで話題になっている「いしもん」が新梅田食道街に立ち呑み「いしもん」で進出、おっとり刀で初探訪です。

【2019年9月4日(水)】

大阪 新梅田食道街 「いしもん」

下戸の知り合いから教えてもらいました😃、

「いしもん」、駅前ビル内に座りの店が3店舗も出来ている話題の快進撃中酒場です、

それが立ち飲みで新梅田食道街に進出!ということのようです、

新しい店にはなかなか触手が動かないのですが、『話題のあの店が!・・・』とか云われたら、やはり気になります、

今日は夕方に梅田で解放、さてどこで呑みますか?と、閃きました、この前聞いた「いしもん」に行ってみよう!!

勝手知ったる他人の新梅田食道街です、アタリを付けて通路に入るといきなりありました、「いしもん」、

015kai_20191108140801

イメージ通りの出来立てホヤホヤ、綺麗なお店です、

厨房前にカウンター、右奥にもカウンターと壁テーブル、入り口に一つ小さなテーブルもあります、

時間は17時頃、奥の方に先輩女性陣のグループ、、、めっちゃ元気ですわ、

厨房前のカウンターに着くと、若いお嬢さんが注文を訊いてくれます、デレ😃、

とりあえずの「生」350円也、

003_20191108140801

「小芋煮」250円也、

006_20191108140801

うん、上品で上手な味付け、料理は期待できますね、

目の前のカウンターには食材と大皿料理が並んでいます、

松茸にあら炊き、茄子、スジ煮など、その中から「あら炊き」250円也、

010_20191108140801

ワタシが入って15分ほどで続々入店があり、あっという間にほぼ満席となりました、やはり人気していますね、

カウンターには“いしもんオリジナル”の日本酒の一升瓶も置いています、

009_20191108140801

首の部分に「小左衛門」のラベルが、ほう、好きな酒、たしか岐阜だったかな、

これは一杯飲んで行かないといけないでしょう、60cc300円と値は張りますが注文です、

011_20191108140801

はい、スッキリとして旨味もあるエエお酒です、

肴はまたもやカウンターの大皿から「茄子揚げ浸し」300円也、他にも料理メニューはたくさんあるんですけどね、

012_20191108141901

はい、これでお勘定は1674円、外税ですね、まずまず、


で、後日即再訪、

この日は暑かったので「ハイボール」から、

054_20191108141601

角で350円也、ニッカも同じ値段でした、正当な評価、

グラスがオリジナルですね、最近はこういうのを作るお店も少なくなったなあ、自前かな?メーカーさんの協賛かな?

たもやカウンターの大皿から「どて煮」、よほどビジュアルに弱いと思われます、メニュー見ないのか?

056_20191108141601

「ハイボール」をお替りして、「刺身4種盛り」700円也を注文、一応刺身系の実力も確認しておかないとね、

059_20191108141601

本マグロ、ヒラマサ、シマアジ、明石鯛が2切づつ、

まずまず、という感じですが、、、すぐそこに立ち呑み「奴」があります、

「奴」の刺身は最高レベル、値段も安い、やはり「奴」には及びません、これは仕方ない、

あ、山葵が美味しかったです、

新梅田食道街の立ち呑み「いしもん」、おっとり刀で駆けつけました、

全体にまとまっているしレベル高いし、安心して美味しく楽しく呑める感じですね、

お客さんの層も店のイメージに合ってます、シュッとした人が多い、知らんけど😃、、、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💦、

| | コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

朝から映画を観た後は、新梅田食道街の「奴」で昼吞み、エッジの効いたお造りが美味しい^^)

【2018年8月14日(火)】

大阪 新梅田食道街 「奴」

大阪梅田で昼呑みと云えば、まずここが思い浮かびます

新梅田食道街の「奴」、昼間もいつも賑わっています、

今日は話題の映画『カメラを止めるな』を朝一の回で鑑賞

平日の朝から大きなスクリーンがほぼ満席、エライ人気でした、

映画も面白かった、久しぶりに“やられた~”感一杯の映画

こういうのをしっかり作れる才能が羨ましいです~、

で、映画を観終わってランチとなるわけですが、

その前に「奴」で一杯だけ呑んで行きましょう

「生」で喉を潤して、刺身は「おまかせ」500円也にします、

017

まぐろ、サーモンと鯛かな、



ここの刺身のクオリティの高さには驚かされます、いつも大満足です、

もちろん、注文してから造られるので新鮮で美味しい

包丁が入りが良いし、厚切りなのでエッジが立っています、ひ~、美味しい、

ちょっと前の写真も載せときます、どれも美味しそう、



133



一杯だけ呑んで出るつもりでしたが、、、やはり、止まりませんでした

『立ち呑みを止めるな!』です

壁に富山の酒「玄」300円也のメニューがありました、

018kai

おお、先週富山でワンカップを購入した「玄」ですね

美味しいお酒です、

これはいただかない訳には行きませんな、

スイマセン、「玄」ください

肴は、これまた珍しい山陰浜田特産「赤てん」300円也のメニューがありました、

ほ~、「赤てん」、どこかで食した記憶ありますが、どんなんやっけ、

頼んでみましょ、

「赤てん」は焼かれて出てきました、

020kai

お、これも美味しいもんですね

基本「さつま揚げ」な感じですが、

独特の食感でなんかじわっと旨辛い味が溢れています

「赤てん」ってなんだろう?この赤いのは?

で、ちょっと調べてみると、、、

へ~、基本はスケソウダラのすり身の天ぷら、

赤いのは唐辛子やそうです、

で、なんと“パン粉”が混ざっているそうです

独特の食感の正体はパン粉かあ、

パン粉使用ということは古くても明治以降に発明された食品ですね、

なるほど、いろんな食べ物を作り出します、日本人

はい、これでお勘定です、明朗会計、

大阪梅田、新梅田食道街の「奴」、

毎日お昼から営業している嬉しい立ち呑み、

エッジの利いたお造りは絶品です、

明るいうちからちょっと一杯だけ、エエですね~、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

この後、なにか食べようと梅田で「天丼」を食しました、

027kai

お店のビジュアルプレゼンテーションにやられました



こういう丼は、食べる前は期待に胸ふくらむのですが、

食べると、、、腹がふくらみます、、、

ま、それなりのお味ということで、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

この日の新梅田食道街「奴」はとくにヨカッタ!絶品河豚豆腐、そこからの「ダイワ食堂」本店。

【2018年1月23日(火)】

大阪 新梅田食道街 「奴」~神山町「ダイワ食堂」本店

さて、梅田で仕事終わりが16時30分頃、どうしようかな~

今はサラリーマン時代と違って定時がありません、

仕事が終わったら、後はその日の都合次第、

何もなければ即閉店(閉業)、店を閉めてさっと呑めます、

ありがたいこってす

で、梅田で悩んだ時に真っ先に浮かぶのが新梅田食道街の「奴」です、

031kai_2

とにかく刺身のクオリティが半端なく高い

好みの「はまち」はいつも絶品

寒いこの時期は燗酒で刺身とか、、、サイコーですやんね、

いつもはもうこちらのBlog記事には書いてないのですが、

この日はとびきり充実した内容だったので書いときます、

ということで、とりあえずいつもの「奴」へ向かいました

角度の緩いコの字カウンター、詰めれば10数人は入ちゃいます、

この時間でもほぼ満員ですからね、今日もなんとか無事入店です、

「燗酒」300円也だったかな、

028

アルミのチロリで出てきます、



壁のメニューに好みの「はまち」がない?すでに売り切れ!?か?

と「鯛」400円也、

024

よく見ると「はまち」もあったようです、なんか勘違いしたな

最近、ボケが酷いです

「鯛」、

う~ん、ホント美味しいです、このクオリティとボリュームで400円也は他ではないです

カウンターの上には小皿と大皿が並んでいます、

味違いで魅力的だったのが「カキフライ」、

029

旨い!

大振りの牡蠣をサクサクに揚げてます、これも堪りませんな、

「燗酒」お代わり、

そしてもう一品、目の前で何か捌いておられるなと思ったら“河豚”でした、

これが鍋に入っていきます、

で、出来上がったのが「河豚豆腐」

盛り付けが始まるとどんどん注文が入ります

なんかめちゃ旨そうですやん、

ええなあ~、とか思てるうちにもどんどん注文が入ります、

ここは決断の時です(そないたいそうな)、

スイマセン!ワタシもそれ、お願いします!

ということで無事確保、この後すぐに完売となりました、

「河豚豆腐」、

030kai

これも絶品でした

この冬、何度か河豚を食しましたが、

布施の「金八」と並んで、ここ「奴」の河豚が最高でした

立ち飲みでこのクオリティ、やはり魚系最高のクオリティを誇る店です、

はい、これでお勘定は1750円也、



新梅田食道街の「奴」、

いや~、今日は最高でしたね、「鯛」、「カキフライ」、「牡蠣豆腐」、

刺身、揚げ物、煮物と立ち飲みでコース満喫でした、

おおきに、ごちそうさん。また来ますね!

さて、とても高揚した気分です、もう一軒行きましょか



ちょっと用事があって阪急東道理商店街を歩きます、

そういうとあそこはまだ入ってなかったね、

ちょうどイイや、あそこへ行きましょう

ということで、初探訪のお店はこちら、

032kai

扇町公園の手前にある「ダイワ食堂」です、

「ダイワ食堂」と云えば、天神橋五丁目のお店にいつもお世話になっています、

何度か出演した「天満音楽祭」の打上げは決まって「ダイワ食堂」天五店でした

予約なしで5~6人で入れて、昼間からワイワイ飲んで食べて、
(食堂ですから料理メニューが多い)、

ほんで安い!という良店なのです

他に天神橋七丁目にもお店がありますね、

こちらの神山町の「ダイワ食堂」がどうも本店みたいです、

看板などの店名には表記されていませんが、

検索すると“本店”の表記が見れます、

どうなんだろう?たぶんそうなのかな、、、

こちらもすっと入店です、

“食堂”の冠が付いていますが、中は、、、居酒屋さんの雰囲気です

五丁目の店は、明るくて白いデコラテーブルど~んみたいな食堂テイストなんですが、

こちらは照明も椅子も居酒屋テイストです

カウンターとテーブル席が5つほど、

先客がテーブルに2組だっけ?カウンターに着きます、

ここでも「燗酒」350円也と「白子ポン酢」480円也にします、

034

この日は完全に海鮮系に嵌っていますな、“白子”も大好物

チビチビと飲み進めていると、お客さんの入店が続きます、

もちろん食堂使いは無し、みなさん居酒屋使いです、

遅くまで営業しているみたいだし、夜は完全に居酒屋のようですね、

メニューに地酒もありますけど、銘柄が書いてない

037kai

味の特徴だけが書いてあります、珍しいなあ

ちょっと飲んでみようかと思い、フロアの女性に訊ねてみましたが、、、

日本酒の事、よく分からないようなので断念

「燗酒」お代わりして、「づけマグロやまかけ」580円也、

040

まずまず、、、しかしホンマに、今日は海鮮ばかり頼んでいます

これでお勘定は1900円位だったかな?

扇町公園近くの「ダイワ食堂」本店、

夜は完全な居酒屋さんでした、

地酒があるようですが、銘柄が分からないのが惜しい

おおきに、ごちそうさん、また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

はい、恒例立ち呑み梯子ツアーです、新梅田食道街「奴」でフライングからスタート、そして天王寺「花野商店」集合です。

【2016年2月15日(月)】

大阪 新梅田食道街 「奴」~天王寺「花野商店」

今日は連れ飲みです、梯子すること間違いなし

夕方16時から天王寺でスタートということになったので、、、梅田でフライングします(なんのこっちゃ)、 

となれば、やはりここです、毎度おなじみの新梅田食道街の「奴」です

138

美味い刺身でちょっと飲みたい、そんなイメージの時は間違いなくここですね



「麦焼酎お湯割り」と、いつもの通り、好物の「ハマチ」刺身にします、

注文が入ると大将がネタを取り出して、すっすっと包丁を入れます、

見てて気持ちいい包丁捌き

そして、ぶ厚めに切られた刺身、これで300円也はどう考えてもお得です、

133



この日は時間が早かったからか、刺身はぎょうさんありました

かつお、白子(ここまで500円也)、あわび(これはさすがに900円也)、しまあじ、かんぱち、ひらめ、まぐろ、たい、トロサーモン、さばきずし、たこ、かに、かき、と並んでました、

ほとんどが300円也、ほんま納得の刺身ですわ、

他に、この日は「くじら」もありました、ちょっと目移りしますね、

もちろん、カウンターの上には小皿料理が並んでいます、

135

さらに「かき」、「たこ」の“天ぷら”もあります、めちゃめちゃ迷います~

「麦湯」をお代わりして、、、結局、「鯛」刺身300円也にします、

今日は刺身押しで行きました~

136

これも美味しいわ~、ホンマ、新鮮で美味しい刺身です、

はい、これでお勘定です、@300×4=1200円だったかな?

新梅田食道街の「奴」、お世話になります、いつも美味しい刺身ありがとうございます、ごちそうさん!また来ますね





では、集合地点の天王寺「花野商店」へ向かいます、



「天王寺」駅を北へ、商店街から路地を少し入るとあります、「花野商店」、

146kai

小さくて渋い、本道の角打ちでございます、



飲み友はすでに到着してます、

141

まずはビールで乾杯したような気がしますが、

写真ではなんか、焼酎でも飲んでるようですね、



ここで今日の作戦会議です、、、さて、どうなりますやら、、、

(つづく)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

今日は新梅田食道街、「奴」が休みだったので「毎日」から「北京」へ、なんか懐かしい感じです。

【2016年1月29日(金)】

大阪 新梅田食道街 「毎日」~「北京」

大阪で所用終わり、

このところの定番ウインドウショッピングでグランフロントの山用品店へ、

欲しいゴアテックスがあるのですが高い、、、

この日も見るだけ見て、、、次回ね、次回は買うかもね、、、

こんところ小遣いないんですよ、

というか、使い過ぎ!?山用品はどんどん欲しいものが出てきて、それに予定以上にお金掛かるんですよね~

ということで、本日のウインドウショッピング終了、さて飲みに行きましょか



でも、なんか体が重いなあ、なんやろ?

なぜか遠出する気力も湧かず、今日は梅田でさっと飲んで帰りましょ、

ならば、まずは新梅田食道街の「奴」で一杯飲んで、

心を静めてから(なんやそれ)その後の展開を考えましょか

ワクワク、自然と足の運びも速くなります、

まずは「はまち」ですかね

「たこ」もええですな~、「奴」の刺身はよろしおすな~、

と、この角曲がったら「奴」です、よっと、、、

あら!?え!

なんと間の悪い、「今日は臨時休業」の貼り紙が、、、残念、、、

すぐさま方針転換です、、、ここは、、、まずは「毎日」にしましょか、

はい、「毎日」はもう開いています、大丈夫です、ではでは、

038kai

10人ほど立てるカウンター、先客は4人、カウンターの中にはシュッとしたマスターとお母さん、

どうも、久しぶりですわ、

まずは「麦水」300円也、

034

肴は、、、カウンターの上に大皿料理が並んでいます、

どれも美味しそうですが、まずは刺身をいただきましょ、「奴」の刺身のイメージが残っていますからね、

「かんぱち」300円也、

031

うん、こちらの刺身もイケますね~

「麦水」お替り、

カウンターの大皿もいただきましょ、「ブロッコリーとツナのサラダ」、

032

うん、美味しいです、上品な手料理、

もう一品、これも美味しそうやったんで注文、

035

「チャーシューのサラダ」やったかな?

これでお勘定です、1400円也やったかな、

新梅田食道街の「毎日」、ここも手作り料理が美味しいので好きです

おおきに!ごちそうさん!また来ますね

今日は新梅田食道街で完結しましょ、もう一軒、「北京」に入ります、

ここ、酒場巡りを始めてから、まだ入ったことないです、

意外です、なかなか機会がなくって(そないなことないでしょう)、

あら、一番客です、

時間は17時30分過ぎ、カウンターの中のお母さんに訊きます、
 



17時半からですか?

いや、テキトーに、、、

はは、そうですか、エエ感じです

入って思い出しましたが、ずいぶん昔に入ったことあるかもしれませんね、

なんとなく記憶が、、、

カウンターの中はマスターやったような気がするのですが、、、定かな記憶ではありません、

とりあえず、目についた「角ハイボール」320円也にします、

039

それと噂の「エッグ」をお願いします、

041

これこれ、美味しいです~、

同じ新梅田食道街の「金盃」にもありますよね、

小さな器の目玉焼きです、熱々をスプーンでいただきます

そうそう、ここも“キャッシュオン”です、都度の清算、分かり易くて好きです、

ちびちびとハイボールをいただきます、

「エッグ」をさくっと平らげて、「オニオンスライス」250円也、

043

中の方にもう一人お母さんがいらっしゃるようです、お料理の担当ですね、

年季の入った変形カウンター、床もエエ感じに年季入ってます、

『新梅田食道街』は昭和25年(1950年)に開発されたそうですが、

ここ「北京」もその当時からのお店なんでしょうか?

知ってる限り、ワタシが新入社員だった1970年代後半には「北京」はあったと思います、



社会人初任地が、ここからすぐ近くの芝田町やったのでよく通ったなあ

でも、当時はあんまりここらでは飲んでません、若かったなあ

“パブ”とかそんなとこでウイスキー飲んでました、

「ジャグ(JAG)」つう店へよく行っていた記憶があります、

閑話休題、

もう一杯飲みましょ、カウンターに「竹鶴」が並んでました、@600円也、

たまには贅沢して飲んでみましょう

これもハイボールにしてもらいます、ホンマはストレートとかロックの方が良いんでしょうが、、、まあ、ええでしょ、

肴は「チーズクラッカー」350円也、

044_2

このクラッカーが堅めのパリパリで美味しいです、ビックリポン!!

どこのかな?“明治”だったかな、

へ~、クラッカーにもいろいろあるんやね、今度“明治のクラッカー”買ってみよう

はい、ではこれで退散いたします、

新梅田食道街の「北京」、初めて意識して入りました、

何杯かさっと飲んで、すっと帰る、そんな飲み方が似合います、

おおきに!ごちそうさん!また来ますね



と、この時までは元気だったのですが、、、

この後、風邪をひいてしまい“暗黒の10日間”を迎えることになります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

前日は山行、だからか?今日は“肉”が食べたいです、ということで「TAJIMAYA」へ、「奴」を挟んで「ツギヱ」です。

【2016年1月5日(火)】

大阪 ホワイティ梅田「TAJIMAYA」~新梅田食道街「奴」~天満「電撃ホルモン ツギヱ」

今日は梅田で初飲みです

前日に西宮の“甲山”に登りました、

近くの山だけど仁川側から登ると結構厳しかった

で、今日はなんか“肉”が食べたいのです

ということで、映画『杉原千畝』を見た後

“肉”をイメージすると、ここを思い付きました、一度入ってみたかった、

ホワイティ梅田の、肉屋の肉バル「TAJIMAYA」、

024_2

気になってました、今日は肉が食べたい、な気分ですので入ってみましょう

午後の早い時間なので客はまばらな店内、

カウンターに着いてとりあえずの生ビール200円也、

019_2

えらい安いんですね、昼間のタイムサービスみたいです

それと肉は「ハラミサイコロステーキ」780円也、

022_2

ムヒムヒ、あ~、やっぱりたまには肉を食べなくちゃいけませんね

普通に美味しいです、

あ、ビール飲み進んだら気がつきました、SAPPOROのビールだ、

023

The PREFECT黒ラベルだそうです、

ブランドを意識せずに飲むとあんまり味が分かりませんな

ビールを飲み干しても肉はまだあります、

2杯目は「角ハイボール」にします、これは380円也、普通の値段でした、

これでお勘定は1460円也、肉屋の肉バル「TAJIMAYA」、

昼間飲み使いとかありですね、ごちそうさま!

2軒目は味違いが欲しかったので新梅田食道街「奴」へ、

燗酒と好物の「はまちお造り」300円也、

025_2

ここの厚切りの刺身、新鮮でプリプリ、美味しいです、大の好物です

もう一品、「たこお造り」300円也、

029_2

こちらもプリプリ

はい、これでお勘定、900円也、安定感抜群の新梅田食道街の「奴」、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますね

3軒目は天満に移動です、

ぷらぷらと歩き回ります、やっぱり肉かなあ、何軒か候補はありますが、、、

ここにしましょう、めずらしく空いてるし、

久しぶりです、1年以上入ってないですね、電撃ホルモン「ツギエ」、

042_2

立ち食い焼肉です、

ここも人気ですよね、近くに2号店も出来ているようです

今日はお兄さんではありません、お姉さんでした、

ここのお兄さんも手際イイんです、

一人で10数人立てるコの字カウンターを仕切ったはりました、

炭鋳こして、肉捌いて、飲み作って、そりゃ見事なものでした

こういう店は飲んでいて気持ちがイイですな、

先客お一人、左奥の着いて焼肉、始めます!

飲み物は「ハイボール」だったかな?

037_2

七輪がカウンターの上に乗ります、

038

キャベツも来ます、

036_2

タレも来ます

肉は「極上ハラミ」800円也、

040_3

「タン元」と悩んでこちらにします、うめ~、

「てっちゃん」480円也、

041

我慢できずに「ごはん小」もお願いします、

焼肉に白いご飯、これが堪らんのです

「ハイボール」お代わり、肉ジュウジュウ、ご飯パクパク、ふ~満足です

これでお勘定です、2000円ちょっとだったかな?、

天満の電撃ホルモン「ツギエ」、はい、おおきに!ごちそうさんでした、また来ますね

はい、今日は希望通り“肉”いただきました、これで今年も気張りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

梅田辺りで昼飲みです、閉店するらしい「松葉」、蕎麦の「香雅」で腹ごしらえ、そして「奴」の実力を思い知る。

【2014年9月13日(土)】

大阪 梅田 「松葉」(阪神前地下)~新梅田食堂街 蕎麦「香雅」~「奴」

今日は大阪梅田で昼飲みです、

午後からライブの打ち合わせがあるのですが、その前にちょこっとだけ飲んで行きましょう、

梅田に着いたら目に付いた、阪神百貨店前地下の階段脇にある立ち飲み串カツの「松葉」地下店、

002

そういうと、ここも近々閉店する!とどこかで聴いたような気がするなあ、久しぶりにさくっとご挨拶しておきますか、と肩を入れようと思いましたが、なんと並んだはりますわ、人気やな、、、並びます

つうても、立ち飲みの串カツ単品です、回転は早くほんの数分で入店、

005

というか、暖簾かき分け肩を入れてダークな姿勢をとります、混んでなくてもこれが基本、なるべくたくさんお客が入れるようにね、

偉そうにカウンターに両手着いて飲んだりしたらあきまへん、、、

隣の兄ちゃんが初心者、ちょっと詰めてあげてえ~言われても、両手着いたまま横に移動するだけ、、、ちゃうねんなあ、それは、、、

生中、串カツはまず牛、

004

あとたしか、たまねぎ、茄子、あおと、他にも食べたかな?

長居する店ではありません、10分足らずでお勘定、1010円也、ごちそうさん!違うカタチで再オープンしたりするんでしょうか?その時はまた来ますね

続いて新梅田食堂街に吸い込まれます、

立ち飲みの「奴」は見た目超満員ですね、他をあたってみましょう、

そういうと気になっている蕎麦屋がありました、「御陵院 香雅」、

006

なにやらエエ感じの店ですが、たいがい並んでるかいっぱいです、

暖簾越しに中を覗くと、お、空きがありますね、こういうラッキーは逃さずに入りましょう

8席ほどの小さな店、蕎麦だけです、

ビール、酒もありますがここは蕎麦だけにしましょう、「鴨せいろ」がなんか良さそうですがここは「もり」850円也にします、

うん、美味しかったです

蕎麦もツユも好きな感じでした、ツユで食す前に塩でもどうぞ、ということでしたので塩でもいただきましたが、これもイケました、

塩は「そば塩」と「岩塩」の2種類おいてありましたが、とりあえず「そば塩」でいただきました、

はい、ごちそうさん!手打ち蕎麦の「香雅」、美味しい蕎麦でした、次は「鴨せいろ」を食べたいですね、また来ますね

さて、もう少し飲みたいのでもう一度立ち飲み「奴」の前へ、

006_2

あら、スペースあります、今日はラッキーが続きますね、そのまますっと入店します、

日本酒かと思いましたが、ここは「芋水」300円也にします、

刺身はちょっと高い「しまあじ」500円也、

007

旨い!さすが「奴」、コリコリと新鮮です、これはお値打ちです、至福のひととき、この時間でもどんどん刺身は売切れます、

「しまあじ」にやられたので、もう一品も刺身にしました、ちょうど旬です、昨日も京都深草の「近善」で少しいただいた「さんま」の刺身にします、

008

目の前で裁かれた「さんま」、半身でボリュームもあります、見たも綺麗です、そして美味しいです

いや~さすが「奴」の刺身はほんとお値打ちですね、増税でか?ちょっと値段あがったような気もしますがお値打ちリーズナブルに違いはありません、

翌週の土曜日もまたまた「奴」を訪問しています、

この時は好物の「はまち」、

002_2

旨い脂が乗ってて身が柔らかい、これが「はまち」の本来の美味しさですね、

もう一品は兄弟魚ですが、美味しそうだったので「ぶりの煮付け」、

003

これも旨い!煮付けが上手いというのもあるでしょうが、「ぶりの身」自体が滋味溢れていて美味しいです、仕入れが違いますね、とにかく旨い!!

う~ん、梅田昼飲みで「奴」の実力再認識ですわ、ごちそうさん!また来ますね

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

今日も流転飲みです、梅田~京都~京橋へ、「奴」と「新福菜館」、そしてホルモン焼き「徳いち」。

【2014年4月29日(火休)】

大阪 新梅田食道街 「奴」~京都 「新福菜館」~京橋 「徳いち」

2014年のGW前半の最終日は火曜日でお休みです、

夜は玉造で金森幸介さんのライブに参戦予定です、おっとその前に京都へも行きたいし、、、忙しい一日になりそうで、、、ウキウキ、

まずは新梅田食道街に入りました、昼からやっているとなるとやはりここですかね、「奴」、

昼の12時前、さすがに「奴」と云えどもこの時間は空いています、ま、とりあえず入りましょう、

「生ビール」をいただいて、肴は、、、

休日なので刺身はないそうです、大将が捌いておられるのは鯨かな?なんか旨そうですがまだできてないみたい、、、目の前に並んでいる小鉢から選びますか、え~っと、これは「煮穴子」かな?餡が掛かっている、はい、ではそれをお願いいたします、

001

これで一息二息入れます、あ~昼間のビールも格別ですね、

お隣に先輩ご夫婦が立たれました、夫婦で昼飲み、イイですね~、ある意味夢です

早々にビールがなくなったのでお酒も注文します、肴ももう一品、これはなにですか?コロ!イイですね、ではそれください、

003

「コロとキャベツ煮」、甘め、旨いです、

ではこれでお勘定です、新梅田食道街の「奴」、ごちそうさん!また来ますね

夜のライブまではまだまだ時間があります、

ここは一旦京都へ向かいましょう、JRの快速で40分、新快速の方が早いんだけど快速なら座れます、本でも読みながら・・・寝落ちます

京都に着いたのが14時過ぎかな?京都駅コンコースでのフリーライブが15時からあります、まだ少し時間があるのでランチをいただきましょう、、、って!?(また食べますか)

 

京都駅から徒歩3分の「新福菜館」、5分ほどの待ちで入店、ランチとは云えさっき飲んだばかり、「中華そば小」にします、小です

やや小振りな丼、

006

麺は中太麺?(ラーメンは専門外です)、

007

完食、くっきり新福菜館の文字が浮かび上がりました、

008

京都駅に戻るとライブスタート、最初が女性ボーカル、

そして2組目がギターとウクレレのインストデュオ「フラリーパッド」、

014_2

実は高校が同窓の後輩です、がんばれ~

またもや快速電車で大阪へ戻ります、

そのまま天満かなと思ったのですが、その後の動きを考えて京橋へ行くことにしました、

前回行って気に入った立ち飲みストリートにあるホルモン「徳いち」で早めの夕食をいただきます、ライブ終わったらもう食べれないからね、

034

時間は16時頃かな?混んでますがなんとか一人なのでもぐり込みます、

前と同じ席かな?いや、この日は一番右端だった、とりあえずのビールと、、、「生せんまい」430円也、

020_2

TVでは今日も虎が鯉と戦っています、がんばれ!

焼き物追加、「ハラミ」と、

026_2

「ウルテ」、

025_2

夕食ですのでご飯小も頼みます
最近は焼き肉にご飯が必要です、肉だけでは脂っこく過ぎて、、、

野球のほうはというと、0ー0の八回の裏、

なんと福留がHRを放って1ー0で勝ちました、はは、すごいな、ま、たまにはこんなこともあってイイでしょう、ていうか、今シーズンの虎はがんばっています、

もう少し飲むか迷いましたが、今日はこれくらいにしといたろ、と一人語ちてお勘定、ごちそうさん!1810円也、京橋の「徳いち」、また来ますね

表へ出ると雨が降っています、

野球中継ではまったく気がつきませんでした、でもライブまでまだまだ時間があります、ここは目論見通り玉造まで歩きましょう、JR環状線で3駅目ですが比較的駅間が短い、というか「大阪城公園駅」は追加でできた駅なので実質2駅です、雨がしょぼしょぼ降っていますが歩きましょう、

途中、トイレ1回、餃子が美味しいらしい店に入ろうとしましたが予約で満席とな、人気店でした、で「玉造温泉」発見、

037

あの玉造温泉とは違います

だいぶ濡れましたが小一時間ほどで無事玉造に到着、ライブハウスでは思いがけぬ方々とも会えました、そしてもう一杯の焼酎水割り、

これでもう打ち止め、結構飲んだような、、、実はそうでもないような、、、充実の休日ライフでありました、、、とさ、、、

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

西北でのライブ参戦の前に、新梅田食道街の「奴」から「毎日」でさくっと腹ごしらえ^^)

【2013年3月18日(月)】

大阪 新梅田食道街 「奴」~「毎日」

さて、今日は西宮北口でライブ参戦の予定です

そのライブはこちら

2013年 3月18日(月)
OPEN  19:00 START 20:00
『おけいとふゆみ 春TOUR~なぜにふたりは~』
会場:RJ&BME’S (兵庫県西宮市甲風園)
出演:岩沢二弓・四角佳子 guest:増田俊郎
料金:3,500円 (ドリンク別)

004kai

会場は職場から距離のある西宮北口ですがスタートが20時と遅いので行けそうです、でも存外に早く会社を出れたのでちょっと腹ごしらえをする時間もできました、阪急電車「梅田」駅へ向かう途中にどこかで飲みますか?なんて、、、飲むに決まっています

場所は「新梅田食道街」、阪急「梅田」駅へ向かう道筋であります、

ちょっと酔って(寄って)行こうかというのも必然でございます、するすると食道街に入り込みます、JRのガード下の空間、通路が縦横に走っている一角に飲み屋が50軒くらいはあるでしょうか?呑兵衛にはたまらん飲み屋街でございます

さて、どこに入りましょうか、、、

実は入る店が偏ってます、

評判の「北京」や「セブンシーズ」にはまだ入ったことないです、新しく出来た「ツバメ食堂」もまだ入っていません、

さて今日はどうしようかと思案しながら、、、

201204

食道街のほぼ中央に出ると「奴」があります、満員のように見えますが、ここは相当な過密状態にも耐えられる店です、やはりまずはここに入ってみましょうか、

ホントに満員のようですが一人入れてもらいます、

この後ももうアカンやろ、と思える状態でも、あと一人、あと二人と収容が続きます、もちろんお勘定もあるのでなんとかは入れてしまうのです、でも移動は必要です、ちょい右へ、また右へ、少し左へ、また右へ、と何度か移動しているうちに足元に置いていた鞄が完全に一人分ずれてました

 

さて、比較的早い時間にもかかわらず刺身系は品切れが続出しています、

一品300円がメイン、新鮮で旨い、そしてボリューミーなのでとてもお得な刺身なのです、いつもの「はまち」は残っていましたが、この日は刺身を敬遠して「高野豆腐」、

049

飲み物はとりあえずの生ビール、そしてもう一品はなんと「スパコロ」

051_2

短冊メニューに「スパコロ」と書いてありました、初めて見ました、でも直感的に目の前のカウンターに並んでいる小皿料理の中にあるあれですね、と分かりました、、、ほらあれあれ、“スパゲティとコロッケ”でスパコロでしょう

はいこれ、魚系メインの「奴」ですが、これも味違いで美味しそうだったのでついうっかり頼んでしまいました、

カウンターには醤油様の容器が二つ、当然片方は醤油でもう一方はソースと信じてかけましたが、、、両方とも醤油でした、普通の醤油と刺身醤油だそうです、まあ、コロッケの醤油掛けもイケましたが(ちょっと負け惜しみ)、、、

ビールの後はぬる燗を飲んでお勘定です、1,250円也、新梅田食道街の「奴」、いつも混んでいますが怯まずに潜り込みましょう、また来ますね

さて、もう一軒行きますか(おいおい、今日はライブ参戦前の腹ごしらえとちゃうんかいな、これはもう完全な一人飲み状態でっせ)、はいはい、気にせずもう一軒はすぐ近くの「毎日」にします、(「食べログ」では掲載保留扱いになっていますがちゃんと営業しています:2013年4月現在)

057

ここもよく来ます、飄々としたお父さんと常連さんのやりとりが面白いほんわかムードの立ち飲みです、

飲み物は「芋お湯割り」、そして大皿から「ニラ玉」かな?これは、

052

もう一品はこれ、「ツナサラダ」ですって、見た目ではちょっと分からなかった、でも見た目で注文、

056

ここはさすがに1杯だけにしておきましょう、ライブハウスでも飲まなきゃいけませんからね、

はいこれでお勘定です、850円也、「毎日」、毎日は来れないけどまた来ますね

で、この日のライブ、“まっすん”こと増田俊郎さんも加わってめちゃ良かったです、大満足で帰りました、

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

新梅田食道街の2階フロア、久しぶりに進出しました、気になるお店は「豊」。

2012年5月22日(火)】

大阪 新梅田食道街 「豊」

この日は、ちょっと遅めから梅田大丸で買い物、その後はもちろん飲みに行きましょうよ!!

大丸から出て工事中の阪急百貨店へ横断歩道を渡ると左手にあるのが“新梅田食道街”です、

ガード下のせまいエリアに飲み屋が密集、これがまた良い店が密集しているのです、定番の立ち飲み「奴」は満員ですかね、ならば今日は2階へ上がりましょうか、2階は久しく行ってませんね、実は先々週くらいに物色して目を付けた店がありますので、今日はそこへ行ってみましょう

016

新梅田食道街2階の「豊」です、

この前来たときは満員で入れませんでした、人気があるみたいですので入ってます、この日も混んでいますがなんとかカウンターの端に着きます、

フロアには妙に普通の感じの大将?とお母さんがいらっしゃいます、お母さんがおしぼりを持ってこられましたので、とりあえずの生ビール380円也にします、すこし暑くなってきたので生ビールも欲しくなります、

004

思わず一口飲んだあとのグラス

肴は「ブリ刺身」470円也を注文、はい、と去っていくお母さんに追加で「小芋」260円也もお願いします、

5席くらいのカウンターと狭いフロアに不規則に並んだテーブルが4つくらい、奥には座敷がありますね、手元のメニューや賑やかな短冊メニューから察すると魚系がお得意のお店のようですね

さきに「小芋」がさっと出てきました、

005

そして「ブリ刺身」、エッジが立っていて綺麗です、普通に美味しいです、

007

生ビールを飲み干して、お酒に換えます、

入り口辺りに立っておられる大将にお酒を注文します、大きいので?、うむ、いつもは小さいので頼むのですが、この季節、ぬる燗でも大きくて冷めることはないでしょう、では大きいのでお願いします、、、

011

しかし、大将?なのか??、彼は不思議な感じを醸し出しています、なぜか酒場に不釣り合いな感じ、来ているのが普通のシャツにネクタイ、普通のズボンだから???、でも手際よく注文を捌かれます、、、(重ねて)不思議な感じ、、、

008_2

お酒は月桂冠でしょうか?

もう一品、「揚げ出し豆腐」360円也、

009_2

ほい、これもちゃんとしています、料理は安定感がありますね、板場は見えないですが結構スピードもあるので2人くらい入っておられるのでしょうか?

最後に寿司も、

015_2

「ネギトロ巻き」(これも美味しかったです)を頼んでお勘定にしました、2560円也、お酒大ですからね、こんな感じでしょう、新梅田食道街2階の「豊」、魚を中心に安定感がある酒場でした、また来ますね

しかし、あの大将の雰囲気、なんか気になるなあ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) その他 テリー・イシダの独酌酔言 ホノルル 上野御徒町湯島 下北沢三軒茶屋 世田谷 中野高円寺荻窪 五反田旗の台品川 京都河原町他 京都駅周辺 京阪沿線 人形町 仙台 代々木上原 佃月島 八王子 八重洲 勝どき 北区(王子赤羽十条) 北千住南千住 北海道 千葉 博多九州 吉祥寺国立 名古屋岐阜 地酒ワンカップ・コレクション 墨田区(押上本所石原錦糸町) 墨田区(曳舟八広東向島) 大森蒲田 大阪ミナミ(心斎橋難波) 大阪中津 大阪京橋 大阪十三西中島 大阪南部 大阪大正 大阪天満 大阪天王寺阿倍野新今宮 大阪東部 大阪梅田 大阪梅田(新梅田食道街) 大阪梅田(駅前ビル) 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 大阪玉造鶴橋周辺 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) 大阪都島 大阪野田福島 巣鴨大塚 広島高松岡山鳥取 府中 忠臣蔵 恵比寿目黒 新宿 新橋虎ノ門浜松町 日本堤 日本酒 早稲田 有楽町 東京観光案内 根岸根津本郷 横浜川崎横須賀 江戸川区 江東区(木場門前仲町) 江東区(森下清澄白河) 江東区(亀戸大島) 池袋練馬 浅草 渋谷 湘南 湘南鎌倉 町屋 神戸三宮元町明石姫路 神楽坂 神田須田町飯田橋 築地 茅場町 葛飾区(立石四つ木) 観音崎 金沢富山 銀座 関西周辺 関西観光案内 阪急宝塚沿線 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) 麻布十番