カテゴリー「大阪ミナミ(心斎橋難波)」の128件の記事

2020年10月15日 (木)

お気に入り立ち呑み3軒オムニバス~なんば「ぶんちゃっ♪」~大正「さのや」~高槻「すーさんJR店」

【2020年7月14日(火)~18日(土)】

お気に入り立ち呑み3軒オムニバス~ 

なんば「ぶんちゃっ♪」~大正「さのや」~高槻「すーさんJR店」

コロナな時代の外出自粛解除以降、ソロソロと呑んでいます、
(いや、もうだいぶ呑んでる!)

この頃は外出自粛でしばらく行けなかった、あちこちのお気に入りの酒場でちょこちょこと呑んでいます、

ということで、今日もお気に入りの酒場3軒をオムニバスでご紹介です、

まずは裏なんばの「ぶんちゃっ♪」

015kai_20201014082201

料理が美味しい立ち呑み!

そしてライブもやったはります♪いろんなことがとってもしっくりくる酒場です、

この日は8月から習っているGOの先生との連れ呑みです、

まずはなんなんタウンの蕎麦酒場「寄り屋」で蕎麦で1杯、

014kai_20201014082201

酒呑みの憧れ、蕎麦呑みです、、、

013_20201014082201

蕎麦も大好きなのでとっても良いのですが、これでスッと帰えれるほど粋な呑み方は出来ません、

で、お目当ての「ぶんちゃっ♪」へ、先生と初めて会ったのも「ぶんちゃっ♪」でしたね、

カウンターと小さなテーブル席、カウンター奥で結構呑みました、

酒はたしか「三岳」のソーダ割り、

018_20201014082201

最近、焼酎のソーダ割りが多いです、特に夏場は多かった、

いろんなお店でもオーダーすると通してもらえるようになってきたので、乙類焼酎ソーダもポピュラーになってきたのかな?

料理は「ミミガーの塩炒め」330円也、

016_20201014082201

「豚肉とピーマンの山椒炒め」480円也、

017_20201014082201

最近、家でも山椒炒め、よく作っています、山椒お好き(京都人か!?)、

これは??「炙りいわ海苔」280円也かな?

020_20201014082201

定番の「エスニックあげ焼き」280円也、

021_20201014082201

これ好きなメニュー、

なぜか最後に「ポテサラ」280円也、

023kai_20201014082201

ちなみに店名表記、ワタシはしばらく「ぶんちゃ」と間違って認識していました、

正しくは「ぶんちゃっ」、さらに末尾に”!”とか付く記述を見かけます、

オモテの看板には「ぶんちゃっ♪」となっているので、今回からは「ぶんちゃっ♪」表記にします、

この店名の名付け親からして、これがエエかな~♪とか思って、

はい、美味しく楽しく呑みました、おおきに、また来ますね~💕、

2軒目は大正の「さのや」、ここも人気の酒場ですね、

「大正」駅近くに移転してからはとても便利になりました、はい、

ここで呑むならSAPPOROの「バリキングハイボール」、

014_20201014082801

炭酸系のお酒、何のエキスが入っているのか?謎ですが、
(謎ではない^^ ⇒)

スッキリとした少し癖のある味わいが好きです、

料理は「アボガド」280円也、

016kai_20201014082801

洒落た盛り付けと、メリハリの利いた味付け、

「塩マグロ」380円也、

021kai_20201014082801

ユッケな感じの仕上がり、胡麻と胡麻油と山葵、

両方とも上手に仕上がっている酒の肴、流石です、

コロナ対策でカウンター上に仕切りが出来て、アルコール消毒に扇風機、万全です、

移転後の新しい店もエエ感じで熟成中、どんどんエエ酒場になっていく予感です、

おおきに、ごちそうさ~ん💕

3軒目はJR「高槻」駅からすぐの「すーさん JR高槻駅前店」

阪急「高槻市」駅近くにある海鮮系と日本酒が群を抜いて美味しい名店 立呑旬鮮「すーさん」の2号店ですね、

「すーさん」は何度も探訪していますが、こちらJRの方のお店は3回目かな?

ちょっと脇道にそれますが、この日の状況説明、

この日は4人で高槻のポンポン山を登りました、ポピュラーで簡単な山のハズが、、、

普通のルートでは物足らず、ちょっと細いルートに入ったのが失敗で、
(文字通り脇道へ入りました)

このルートが台風や豪雨の影響で倒木だらけ、

半端ないアスレチックコースになってしまい、もうどこが道かどうかさえ分からな状態、

十分間に合うはずだった予定していたバスに間に合わないか!!??という事態に、、、

次のバスまで2時間くらい間が空くので、

必死に歩いてなんとかバス停に辿り着いたら、、、バスが来ない!!??

電話で高槻市に問い合わせたら豪雨の影響で運休中だと!!なんと、、、

結局、運行しているバス停まで歩くしかないことが判明、

さらに90分程車道を歩いてなんとかJR「高槻」駅まで戻ってきた、とさ、、、

閑話休題、

そんな訳で無事の帰還を祝っての乾杯でした、

ビールで乾杯して、どんどん注文、

「水茄子」、

011_20201014083401

「刺身盛り合わせ」はマグロ、タコ、イカ、

012kai_20201014083401

「鰯フライ」、

013_20201014083401

「胡麻豆腐」に、

018_20201014083401

「串カツ」をガッツリ、

021_20201014083401
022_20201014083401

一段落して「鰻肝焼き」、

024_20201014083401

「地鶏たたき」、

025kai_20201014083401

最後は美しい見栄えの「しいたけ梅チーズ」、

026kai_20201014083401

JR店の方はキャパもあり、やはり人気のようですね、

おおきに!また、ゆっくり呑みに来ます💕、

ということで、お気に入りの良き立ち呑みを巡ったこの週、

しかし!7月に入ってコロナ感染は再拡大の傾向、、、

ウム!またもや自粛生活にはいるのか!??

・・・つづく・・・

って、なんやそれ、きっとまた呑みに行くんやな^^)

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

今日はオムニバス記事です、コロナ時代のサク呑み3軒♡堺筋本町「金獅子」、三宮「せいちゃん」、なんば「桝田商店」。

【2020年6月下旬】

立ち呑み3軒 堺筋本町「金獅子」、三宮「せいちゃん」、なんば「桝田商店」

COVID-19の影響で50日間の酒場探訪自粛後、

2020年5月下旬からぼちぼちと探訪も再開して早1か月、

まだまだ、以前の様な飲み方は出来ませんが、それでも外出する度になんとか少しづつ呑んでいます、
(根っからの酒呑み^^)

で、6月下旬にはお気に入りの立ち呑みでちょこっと一杯だけ(実際には2杯^^)飲んで帰る、

そんなくらいがちょうどエエかな、という時期でありました、

で、今日の記事はオムニバスです、立ち呑み3軒をご紹介します、
(もちろん、それぞれ別の日の探訪記事です)

1軒目は堺筋本町近くの「金獅子」

026kai_20200925105001

ここは料理が美味しいのと、キンミヤ焼酎が置いてあるので気に入っています、

残念ながら「ホッピー」は置いてないのですが、、、

018kai_20200925105001

この能勢酒造の炭酸で割る「キンミヤ能勢レモンサワー」390円也がお気に入りです、

瓶のソーダを残して「中」の注文も出来ます、

料理メニューはこんな感じ、

019kai_20200925105001

鶏、牛、魚とも生系がお得意分野です、

この日は「水なす刺身」390円也、

021_20200925105001

「大分名物とり天 からし酢醤油」290円也、
(鶏好きです^^)

022_20200925105001

「中」を追加して、1606円也、

そうそう、「ハッピーアワーセット」みたいなんが500円也であります、

ドリンク1杯と肴三種盛りみたいなん、それにしてもヨカッタかな、

うん、ちょっと店の雰囲気は違うんだけど、料理美味しいし、キンミヤが飲めるのでたまに行きます、

2軒目は三宮のちょっと東側の高架下にある、立飲キッチン「せいちゃん」

023kai_20200925105401

店名にある通り、ここも料理が美味しい立ち呑みです、

女性ばかりで運営されていますが、どちらかというと酒場系の雰囲気を醸しているのも好きです、
(ガールズ系が苦手)

この日は「芋ソーダ」でスタート、

最近、というか、この夏は「芋ソーダ」が多かったです、ちょっとスッキリした飲み口で飲みたいので、

この注文、今ではほとんどの店で通りますね、世の中的にもそういう傾向なのかな?

ただ、ここは「芋焼酎」400円也にソーダ代金50円也が追加となりますのでご注意ください、

料理は「アボガドスライス」300円也、

015_20200925105401

押しメニューの「レアキモ」300円也、

021kai_20200925105401

う~ん、ホンマに美味しいです、押しメニューに間違いなし!!

「芋ソーダ」を2杯飲んで1430円也、

3軒目は裏なんば、NGKのすぐ南側にある「桝田商店」

029kai_20200925105601

角打ちですね、

テーブルや角打ちコーナーのあちこち、とりあえず立って呑めるところならどこで呑んでもOK!!こういうなんが好きなんです、

料理もそれなりに小皿で揃っています、

そして、なんといっても日本酒が安いし揃っています、角打ちの真骨頂です、

まずは「ハートランド」小瓶と「だし巻」、

030_20200925105601

お酒は奥の酒販コーナーに回り込んで、リーチインからセルフで取り出します、

料理はお母さんが座ってるカウンターに並んでいます、

そして、お目当ては日本酒、揃えはこんな感じ、

034kai_20200925105601

コップになみなみの一合!!

それがとっても良心的な価格で飲めます、

この日は「若戎」真秀450円也、

032kai_20200925105601

真秀=これでmahoと読むのかな?

半紙メニューには中取り育酛と書いてあります、育酛=“いくもと”って読むのかな?謎、

もう一品は「鶏肝煮」、

036_20200925105601

これでお勘定は1430円也、

3軒ともしっかり美味しい料理や酒がある、

このご時世、そんなに長いも出来ないのでサクッと呑めるエエ酒場、そんな感じの3軒でした、

はい、3軒まとめて、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕💕、

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

ずっと入りたかったミナミ法善寺不動尊のすぐ横、おでんの「おかめ」、とってもエエ酒場です。

【2020年6月2日(火)】

大阪 ミナミ法善寺 おでん「おかめ」

ずっと入りたかった大阪ミナミの法善寺水掛不動のすぐ横にある、おでんの「おかめ」

036kai_20200908103201

この冬は2度ほど引き戸を引いたのですが、満席、予約ありで入店できませんでした、

この日はミナミで所用終了、

まだまだ人通りが少ないひっかけ橋、

022kai_20200908103201

今日辺りはどうかな?まずは「おかめ」を覗いてみましょう、

時間は17時過ぎ、お、暖簾は掛かっていますね、しめしめ、

037kai_20200908103401

ちわ、1人です、といつものように指で1人客であることをアピール、先客は女性2人組のみ、

はい、どうぞ!ということで、無事初入店です、やた!

10席程のカウンターだけ、女将さんが1人、おでん鍋に土手焼きの四角い鍋、これだけ、

とっても良い空間です、

KIRIN一番搾りの「中瓶」、

突出しが出て来ます、「お揚げさんと菜っ葉」、

026kai_20200908103201

こういう感じでしっぽり呑める酒場ですね、うんうん、好きです、エエ感じです、

おでんはこんな感じ、

028kai_20200908103601

手元のメニューにはお値段無し、

こういう店もたまには来るのです、はい、これはこれで別の空気感が楽しめます、

まずは「豆腐」と「鶏団子」、鶏好き、鶏団子に目がないのです、

027kai_20200908103201

これ以上はないという澄み切った出汁におでんがちょこんと、そんな感じの上品なおでん、「おかめ」のおでんです、

で、もちろん美味しいのです、味もしっかり沁みてます、

濃いめの色の中津「大西酒店」のおでんも好きだったし(2018年末廃業閉店)、

玉造「きくや」のごった煮大鍋おでんも好きだし、

いつもグツグツ沸騰している「花くじら」のおでんも好きです、

でも、こういう上品なおでんもとてもヨロシイ、これはハマりそうです、

日本酒にします、銘柄は賀茂鶴、菊正宗、剣菱と渋いところが揃っています、

「賀茂鶴」を燗でお願いします、

もちろん湯煎です、こんな燗器で温めていただきます、

064kai_20200908103801

チロリではなくお銚子で出て来ましたが、やはり湯煎の酒は美味しいです、文句なし、

おでん追加、「餅巾着」と「ひろうす」、

034kai_20200908103201

変らずの上品さ、

032kai_20200908103201

コロナ対策で開店時間を早めて、仕舞も早め、大変ですね、

ま、なんとかやっていますが、ホントにお客さん減ってしまいました、と女将さん、

ガンバってくださいね~、

ということで、この日はこれでお勘定、金額失念、、、

で、8月に再訪しています、こんな張り紙がしてありました、

057kai_20200908103901

ちょっとお仕舞の時間が早まっています、この頃はコロナ感染再拡大の時期、

ミナミの特定エリアが感染対策と営業再自粛を求められていた頃です、

この日は一番客、どうも~、

カウンターの奥の方に座って「中瓶」、

突出しは「タコ酢」、

060_20200908103901

おでんは「大根」と「鶏団子」、

062kai_20200908103901

変らずこれ以上ないほど澄み切った出汁と、また「鶏団子」、
(鶏好き♡!!)

大根がめちゃくちゃ美味しかったです、鶏団子も味わい深いです、

そして、またもや「賀茂鶴」の燗酒、と前回探訪時をほぼ踏襲、こんなもんです、酒呑みは^^)

手元メニューに値段がないのは上で書きましたが、壁にこんな書がありました、

 

どうやらこれはメニューのようです、むふふ、なるほど、洒落ですね、

063kai_20200908104001

酒の肴にこの書をちびちびと読み込むとなんとなく分かってきました、

ほとんどが読めたのですが、最後の1行だけが判読不明、仕方なく女将さんに訊きました、

あ、なるほどね!!これがオチなんですね、分かりました、

答えは、、、書きません、皆さんガンバって読み解いてくださいませ、

この洒落たメニューを考案されたのは創業者の大将だそうです、

それを常連の学校の先生が立派な書にされ、額に入れて寄贈されたそうです、

名店に良き噺あり、

噺といえば、ここ「おかめ」は落語家さんの贔屓の店でもあるそうです、

すぐ目の前で寄席も開催されているそうで、春団治一門の落語家さんが良く来られたとか、

今はどうなんだろう、落語家さんもコロナで大変やしな~、

古い街である法善寺横丁は何回か火災に襲われています、

そんな時も落語家さんがいろいろと支援してくれたりとか、そんな話も聞きました、

065_20200908103901

「土手焼き」をもう1本頼んだ「燗酒」でゆっくり頂いてお勘定です、2600円也、

大阪ミナミ法善寺水掛不動尊のすぐ横、おでんの「おかめ」、

まずは澄み切った出汁のおでんが秀逸、

そして、街場の酒場としても上々の空気感、とっても素敵なお店です、

創業者を引き継いだ女将が切り盛りされています、

そうそう、女将は最近インスタを始めたそうです、偉い!

いくつになっても好奇心を失くしてはイケマセン、

自分の殻の中に閉じこもるとゴーストになってしまいますからね、

気を付けましょう、見習いたいものです、はい!

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

ペースに乗ってきました^^)今日も一人呑み、心斎橋「いまり」で軽く、そして裏なんばの「虎徹」へ、美味しい料理の連投です。

【2020年5月28日(木)】

大阪 心斎橋「いまり」~なんば「虎徹」

ぼちぼち一人呑みのペースも掴めて来ましたよ~^^)

心斎橋で打合せ終わり、さて、呑みに行きましょう!

50日間の外呑み自粛の反動、もう呑む気満々です、

なんば方面へ歩きながらふと思いつきました、ご無沙汰している店がありました、ちょっと寄ってみましょう、

時間は18時前、もう開いているでしょう、

え~っと、この飲食ビルの3階だったかな?1回しか来たことないですからね、うろ憶え、

心斎橋の「いまり」

ワタシがよく行く大衆系酒場ではありませんが、ご縁があります、

久しぶりに女将に会いにいきましょう、

ちわ、はい一番客です、

どうもどうも~やあどうも~♪ ひとしきりご挨拶、

「生」と肴を2品、

010_20200906104301

お、ここはキンミヤも置いているんだね、ビール終わりで「ソーダ割り」でお願いしました、

011_20200906104301

で、刺身は「はまち」だったかな、

012_20200906104301

「玉子焼き」は何かを巻き込んであったけど、、、失念、、、

013_20200906104301

はい、これでお勘定です、2500円也、

心斎橋の「いまり」、

美人女将の美味しい料理がいただけます、

ホント、なかなか来ない客なので申し訳ないですが、また、寄るようにします、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

さて、当初の目論み通りなんばを目指して歩きます、

あれこれ浮かびますが、なんか独りでしっぽり呑みたいのでここが浮かびました、

暗~い裏路地にひっそりと佇む「虎徹」です、

020kai_20200906104301

ホントに暗いので店の外観も上手く伝わりませんね、

たしか“寅系”ですよね、ということは、、、間違いなく料理が美味しいです、はい、

酒場探訪再開で行く酒場は、やはり安定して美味しい料理がいただける酒場か、美味しいお酒が飲める雰囲気の酒場が優先になりますね、

ちわ、薄暗い店内、温かい色の照明、、、、しかし混んでいますね、流石の実力店、

でも、カウンター奥に空きがあるそうです、はい、失礼します、

大皿料理が並んでいる板場前です、

「芋ソーダ」350円也、この夏はこれがお気に入りです、

料理は「うなぎと三つ葉の玉子とじ」450円也、

014_20200906104301

店内も暗いので写真が、、、こんなんでご勘弁を、

そして、、、美味しいです、やはりここの板場も間違いなくエエ腕したはります、

立ち呑みのメニューじゃないですよね、うなぎと三つ葉って、センス良すぎます、

これでチビチビと「芋ソーダ」をいただきます、

うん、この感じ、この感じですわ、ホント久しぶりです、酒場での一献、やはりこれが好きです、

「芋ソーダ」をお替りして、もう一品「牛肉春雨山椒炒め」350円也、

019kai_20200906104801

もう字面だけでめちゃ美味しそうです、「牛肉春雨山椒炒め」!!

漢字の“春雨”がポイントです、これで料理名がピシッと決まりました、
(なんのこっちゃ!?^^)

ゆっくりと雰囲気を楽しみますが人気酒場です、続々入店あり、

10数人立てる逆L字カウンターはずっと混み合っています、

ここは順繰りに次の方へカウンターを譲りましょう、

これでお勘定は1810円也、

裏なんばの路地裏に佇む「虎徹」、

あ~、ここにもまた来れてヨカッタです、

美味しい料理、良いお酒、板場の腕も間違いなし、

半年に1回くらいしか来ないけど、ずっとやっていてほしい酒場です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

【2020年5月19日(火)~21日(木)】恐る恐る酒場探訪を再開、大阪裏なんば「ひでぞう」、神戸「國」、本山「小田商店」へ。

【2020年5月19日(火)~21日(木)】

大阪 裏なんば「ひでぞう」、神戸「國」、本山「小田商店」

4月7日に新型コロナウイルス感染拡大を受けて非常事態宣言が発出、

3月31日に九条の「白雪温酒場」へ行ったのを最後に酒場探訪も自粛に入りました、
(その間、神戸岡本の「CELLAR HOUSE+」で何回か呑んでいますが^^汗)

そして、今日は5月19日(火)、

コロナの感染も一段落してきて(あくまでこの時はね、この後、6月後半からまた再燃)、

そろそろ、ちょっとだけなら呑んでもエエかな~、という感じの頃です、

今日は心斎橋で打合せ、この頃までは打合せもほとんどリモート、久しぶりにリアルな打合せでした、

で、そのままなんばへ、時間は15時半ころ、

どうするかな~、どこかで1杯だけ飲んでもエエでしょうかね~、とか思いながら、なんとなく裏なんばへ、

「ぶんちゃっ」とか行ってみたいけど、時間的にまだ開いてないよね、

たしかこの時期は開店時間を早めて営業しているはずやけど、、、たしか、それでも16時~やったはず、、、

と、優良立ち呑みの「ひでぞう」の前を通ると、なんと営業してますやん、

ここもコロナ禍の中、夜の営業が短くなっているので、早くから開けているのでしょう、

観ると客の数もちょうどエエ感じで密回避できそうです、、、

ここは、入りましょう!!あ~この感じ、久しぶりです~

「白雪温酒場」から数えてちょど7週間、四十九日の法要です、違うわ!49日ぶりの酒場探訪です、

カウンターで「生ビール」、キュ~っとカラダに染み入ります、
(久しぶりなので写真撮るのを忘れています、外観も撮ってない^^汗)

そして「きずし」、
(ここで写真撮ることを思い出す^^)

015kai_20200823074601

やはり、ここの刺身系は間違いがありません、立ち呑みレベルを超えてます、

もう一品「とりもも揚げ」、

019kai_20200823074601

揚げ物もご無沙汰していたので、思わず注文、アツアツの通し揚げ、塩とレモンでとっても美味しい、

でも、長居は無用です、

背中のテーブルに2人連れが入店、ちょっと近いような気もするので、ここはこれでお勘定です、

うん、久しぶりの外呑み、やはりエエ感じ、これでないといけません、

裏なんばの「ひでぞう」、

偶然ではありますが、酒場探訪再開第1号店になりました、

でも、それにふさわしい良い立ち呑みです、満足、

そういうと、2階の「もんぞう」は閉まったみたいですね、これはちょっと残念、

どちらかというと「もんぞう」の方が空いていたので好きでした、料理は同レベルやし、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

これで帰宅するのですが(まだまだ外で呑むには抵抗がある時期)、

帰り掛けに回転すし「日本一」で鉄火巻を買って帰りました、お持ち帰り全盛時代、

025_20200823074601

ここの鉄火巻、それなりのレベルで美味しいし、なんと云っても@130円也(税別)、

6本(切ると3個)買っても千円以下というリーズナブルなお土産、よく買ってます!

翌日は所用で神戸へ、

やはり昼間営業していた、天ぷら立ち呑み「國」に吸い込まれました、

建前はテイクアウトの天ぷらを買うため!、、、でしたが、ここでもちょっと1杯、

042kai_20200823074901

肴は「茄子煮浸し」?かな、

043_20200823074901

これはまた唐揚げ!?いや、違うような気がしますが、記録記憶共なし、

「蛸の天ぷら」?違うか、、、

045kai_20200823074901

HAHA!まだまだ、酒場探訪の作法が思い出せていません、値段とかも不明、、、

テイクアウトの「天ぷら」はこんな感じ、これを肴に家で1杯飲みました、

053_20200823074901
051_20200823074901

余った天ぷらで翌日のランチは「天ぷら蕎麦」(東京風^^)、

061kai_20200823075101

外出自粛で毎日続く自宅ランチ、この頃はいろいろ工夫していますわ、

そうそう、この日は南京町「老祥記」の豚饅頭も持って帰ってます、テイクアウト全盛時代、

056kai_20200823074901

そして、さらに翌日の21日(木)はテクテク歩いて本山の「小田商店」へ、

ここも営業していたのでちょっとご挨拶、

SAPPORO「黒★缶」と「ポテサラ」で1杯、

006kai_20200823075301

こんな感じで料理並んでました、

004kai_20200823075301

大変なご時勢ですが、大将は至ってお元気、明るく営業中でした、

流石です、先輩諸氏はこれくらいの災難ではメゲたりしません、

ということで、いきなり外呑み再開の3連投でした、

これで調子に乗って、翌日4日目も出撃しています、ま、余程ストレスが溜まっていたようです、

それはまた、次の記事で、、、

いや~、でも、やっぱり1人で外で呑むのは楽しいな~、

宴会はしばらく無理やけど1人呑みは再開です、由!!

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

【2020年3月21日(土)】阪急「芦屋川」駅から登り徒歩30分くらい、高座の滝にある「滝の茶屋」で下山後の1杯です(おまけ:恵美須町「立ち寿司」)

【2020年3月21日(土)】

芦屋 高座の滝「滝の茶屋」~(おまけ)大阪 恵美須町「立ち寿司」

3月の3連休の2日目、昨日に続き今日も連登です、

そして下山後の一杯です、

今日は阪急「芦屋川」駅からバスで「東おたふく山登山口」バス停まで、

そこから、芦屋市最高峰“蛇谷北山”から六甲最高峰まで、

さて、ここから有馬へ降りるのが一般的なコースですが、今日は夕方に大阪でちょっと寄り合いがあります、

ので、早く下山したい、

有馬に降りるのが1時間ちょっとと、早いのですが、、、下山後に時間が掛かる、

ということで、ここは芦屋の高座の滝を目指すことに、

たったと歩いて(昔の云い方^^)2時間ちょっとで下山完了、

時間は14時頃、どうしてもビールが1杯飲みたいので久しぶりに「滝の茶屋」に入りましょう、

001_20200806105201

少し時間が遅いので空いていますね、ではでは入店です、

「滝の茶屋」、高座の滝にあります、阪急「芦屋川」駅から徒歩登りで30分くらいかな?

ここまで散歩に来られる方も多いです、

ここから本格的なハイキングコース、有名な“ロックガーデン”が始まります、

3人で入店、まずは「おでん」、ビールは大瓶650円也、

002_20200806105201

こんな感じの盛り、3人で食べて追加もこんな感じ、

003_20200806105201

うん、ちょうどエエ塩梅の味加減です、見た目ほど薄味でもない、味が沁み込んでる、

下山後ですから適度な甘辛さがちょうどエエです、

ここのおでん鍋がエエ感じです、

004_20200806105201

串が刺さっている具が多いですね、

お勘定の都合もあるのでしょうが、なにやら懐かしいスタイルのような気がして、ワタシは串おでん好きです、

おでん=田楽から串が無くなったのは、関東で汁炊きになってからですからね、串があるのが昔のスタイル、

律儀に串に刺さっている「静岡おでん」なんかは風情があってとてもヨロシイ、

おでんは@120円也、牛すじだけが@200円也、

こういう場所(ある意味山の中)ではリーズナブルだと思います、というか、ここにあるだけで有り難いお店、

006_20200806105201

他にもうどん類や、

007_20200806105201

酒の肴もあります、

005_20200806105201

やはりみなさん、下山後の楽しみはこれですよね、はい、

はい、これでサクッとお勘定です、もちろん明朗会計、

芦屋、高座の滝の「滝の茶屋」、

もちろん、ハイカー需要が一番多いと思いますが、

ここまで散歩に来て、ちょっと1杯だけ、という使い方もエエと思います、

「芦屋川」駅まで降り切ってから呑むことが多いので、頻繁に入るわけではないですが、

やはり、ここにあって嬉しいお店です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

で、夜は大阪恵美須町での寄合の後、

恒例、恵美須町の「立ち寿司」でまた1杯、

011_20200806105701
013_20200806105801

寿司にイタリアン、

012_20200806105801
014_20200806105801

で、両方とも美味しいという面白い店、

この日も5人ほどで呑んでいましたね、

少し心配だけど、まだ呑んでいましたね、そんな時代でした、

 

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

【2020年3月4日(水)】そろそろコロナの影が、、、なんばの「南一園」で一人焼肉♡2軒目は「杉谷商店」でフォークメドレーを聴きました^^)

【2020年3月4日(水)】

大阪 なんば 焼肉「南一園」~「杉谷酒店」

そろそろ、コロナの影が忍び寄ってきている、

心斎橋で打合せ終わり、ブラブラ歩いてなんばまで、

さて、どこで呑みますかね、時間は17時過ぎ、そろそろあちこちの店が混み合ってきています、

と、ずっと気になりながら未探訪のこちら、「南一園」の前に、

003kai_20200712065601

気になる店構え、このカジュアルな風情は好きです、

コーポレートカラーの赤がまた微妙にエエとこ突いています、楽天レッド!?

004kai_20200712065601

こちら側から見ると、、、コンビナートマニアも垂涎!?^^)

、 

でも、安さを売りにしている訳ではない、それなりの普通のお値段、ま、焼肉はこれくらいはしますよね、

002kai_20200712065601

店内はカウンターだけ、

014kai_20200712065601

一人焼肉には好都合、久しぶりに“肉”喰いましょか!

入店です、ぐるっと回っている変形J字カウンター、先客一人、中のお兄さんは下ごしらえ中のようです、

いらっしゃい~、強面なお兄さんが水を出してくれます、こちらもまだのんびりムード、

立ち呑みと違い、こちらはもっと遅い時間がピークなんでしょうね、

とりえず「大瓶」650円也、うん、ここは大瓶か日本酒が似合う店です、

そして、「上焼肉盛合せ」3080円也!・・・を頼む勇気はなく(貧乏性^^)、

「焼肉盛合せ」200g2080円也にします、

素早く出てきました、「焼肉盛合せ」、

005kai_20200712065601

ザクザク大振りの赤身、ハラミも多いです、

はい、ではでは炭火のカンテキ(七輪)で一人焼肉いただきます、

006kai_20200712065601

お!ザクザク大振りに切られた肉は(ハラミが好物)、、、柔らかくて美味しいです!

流石!ミナミの繁華街でずっと店をだしておられるだけはあります、

なんか、着飾っていないけど、ワタシらホンマはエエ奴ですねん、みたいな自信が溢れている感じ(気のせいか?^^)

ハラミが多いのも収穫、ワタシ的にはすでにロースなどはたくさん食べられなくなってきているので、これで正解でした、

やはり、エエ勘してるな(貧乏性が功を奏す^^)

こうなると、どうしてもご飯が欲しくなります、

焼肉には白い飯、できればこれに日本酒があれば完璧(ホントに合います、一度試してみてください)、

013_20200712065601

「ご飯(小)」200円也を追加、

むふ~、焼肉のワンバン喰い!堪りません、至福の時です、

ご飯もすぐになくなりました、中でもヨカッタか!?と反省(やはり貧乏性^^)

ふ~、いきなりお腹一杯になりました、これでお勘定です、3220円也、

なんばアーケード街の真ん中辺り?焼肉の「南一園」、

さすがに実力あります、柔らかい肉に悶絶しました、

盛合せメニューでしたが、ハラミ満載も嬉しかった、

これからはなんばで、“サクッと少しだけ焼肉食べる”という選択肢が出来ました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

さて、もう一軒行っときましょか、

時計を見るとちょうど18時、なるほど、ならば、、、

千日前通りを渡ってちょいと東へ行くと「杉谷商店」があります、

018kai_20200712070401

角打ちですが、18時開店と遅めのスタートの店、

先日はうっかり17時過ぎに入って失敗しました、今日はちょうどエエ時間、一番客です、

ちわ、4人か5人しか立てないカウンター、奥から楽しい大将がお出まし、

まだ、準備してるんやけどエエですか?

はい、ぼちぼち呑んでますので、

はいはい、ありがとう~、

相変わらず丁寧で陽気で楽しい大将です、

さっき飲みたかった「燗酒」は菊正宗一級(たしかまだこんな表記です^^)320円也、

024_20200712070401

目の前に小皿、焼き魚に鉄火巻もあります、

021kai_20200712070401
020kai_20200712070401

奥には冷蔵ショーケース、

023kai_20200712070401

ショーケースから「蒲鉾」を取り出してスタートです、

025_20200712070401

仕込みで奥と表を出入りする大将、ふと気が付いたようにラジカセにCDを入れます、

そういうといつもなんかCDが流れているよね、

と、流れてきたのが「あの素晴らしい愛をもう一度」、あら、エエ曲が流れますやん♡

と、「悲しくてやりきれない」、「小さな日記」、「渚の思い出」、「風」、「花嫁」と続きます、

あらら、なんとまあ、ここでこんな流れの曲を聴くとは!?

落ち着いてきた大将に訊いたところ、なんでも常連さんが作ったCDを持ち込まれたそうです、

なるほど、ワタシの少し先輩かな、この選曲なら、

いろんなんを持って来てくれはるねん、演歌とかもね、でもこのフォークソングもええでしょ!

はい、エエです!(きっぱり)、僕もこういうなん好きなんです、

あ!そう、なんかあったら持って来てくれたらかけるよ、

そうなんですね、分かりました、なんか持ってきます、

むふふ、またなんか楽しみが出来ました、

燗酒お替り、肴追加は「黒門の伊勢屋の浅漬け胡瓜」、

029_20200712070401

これだけしかないので100円にしときます~、

はい、これでお勘定は960円也、

千日前というか日本橋に近いかな、「杉谷商店」、

4~5人で満員のちいさな角打ちですが、肴も揃っています、

おそらく、しっかりと常連さんが定着しているのではないかと推察、

それは、いつも明るく楽しそうな大将の人柄に魅かれるお客さんが多いからでしょうね、

次回、行く時はマジでCD持参するかもです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

【2020年2月25日(火)】今宵はなんば「ぶんちゃっ♪」で人待ちの予定です、その前に「シバチョウ」で軽くフライング。

【2020年2月25日(火)】

大阪 なんば 「シバチョウ」~「ぶんちゃっ♪」

ジワジワと忍び寄るコロナの影、そんな時分です、

今日はなんばの「ぶんちゃっ♪」へ行く予定です、

先日の「ニューサントリー5」でのBMQのライブで知り合ったBillが来店するらしいので、勝手に合流する予定^^)

なんば着が17時30分頃、

Billはたしか布施の「大西酒店」でまず呑んで、その後「ぶんちゃっ♪」へ来ると云っていました、

おそらく、こんなに早くは来ないでしょう、ならば、、、仕方ないので軽くフライングしておきますか、
(別に仕方なくは無い^^)

なんばのアーケード街にある「シバチョウ」

049kai_20200703105001

ワタシが大阪で酒場探訪を始めた頃、それも相当初期の頃に入った角打ちです、

いまだ健在、というか、ますますの隆盛感さえある「シバチョウ」、久しぶりに入ってみましょう、

4人ほど入ったら満員感のある店内、

表に立ち呑みテーブルが2つほどあるので、合わせれば、ま、それなりに角打ちとして成立しています、

若い大将が対応してくれます、

なんか、今日はいきなり日本酒か焼酎を呑みたい気分、

「シバチョウ」がそういう気分にしてくれている、という面もあります^^)

え~っと、黒霧をお湯割りに出来ます?

はい、出来ます、ただ、お湯割りは+20円になるんですけど、良いですか?

了解です、

ということで、「黒霧」お湯割り280円也+20円也、

050_20200703105001

肴は「チーズちくわ」、

目の前の壁には日本酒のメニューがズラリ、

051kai_20200703105001

謳い文句がびっしりと書かれています、大将の手作りでしょうね、日本酒好きなんですね、好感します、

後から入店の若い衆、渋いセレクトで日本酒を3杯、立て続けに呑まれます、

こちらもまた日本酒好き、ビバ!日本酒!!

40年ほど前に比べたら隔世の感の日本酒ブーム、

それも本物志向がメインストリームになっているのが良いですな、

みんな、もっと飲め呑め!日本酒万歳!

はい、ワタシはこれでお勘定です、明朗会計、

なんばの老舗角打ち「シバチョウ」、

店売りに配達、自販機、表での立ち呑み、

あれこれ上手くやりながら角打ちもしっかりやってくれたはります、

このまんまで良いので、長~く続けてくださいませ、

たまには来ます^^)

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、



プラン通りにこのあとは「ぶんちゃっ♪」へ、

やはり、Billはまだ来ていません、ま、そうだろうね、

「シバチョウ」に寄ったせいで、ワタシはすっかり日本酒の口になってしまっています、

ので、即日本酒にします、「隠岐誉」の純米、

058_20200703105001

先日、茶木みやこさんがライブで隠岐の島へ行っておられましたね、一度は行ってみたい“隠岐の島”、

ラベルを見てそんなフラッシュが起こったので注文、

肴はまず「春菊とリンゴの白和え」280円也、かな?

055_20200703105001

さらに「ミミガーの塩炒め」330円也、かな?

057_20200703105001

この後、連れ呑みになったので、あまり良く憶えていません、

これがよく分からない、、、

060_20200703105001

「牛すじこんにゃく」380円也、かな?

そんな風にズブズブ呑んでいるとBillが入店、

どうもどうも、やあ、どうも♬

Billは囲碁の勉強のため日本にやってきた米国人、

しかし、このコロナ騒ぎで5月までの日本滞在予定を急遽切り上げて、来週にでも帰国することになったらしいっす、

いつか囲碁を打ちたいと思っていたのですが、実現せずにとっても残念です、

Billと一緒に囲碁の師匠、プロ棋士のHさんも入店、

わ、プロ棋士の人と友達になるのは初めてです、

実は1978年、社会人になった時、新入社員研修で2週間ほど東京にいたのですが、

その時に何気なく(暇つぶしに)買ったのが「囲碁入門」みたいな本、

以降、会社で先輩に相手してもらっていました、
(当時は応接セットのテーブルの下に将棋か囲碁のセットが置いてあった時代)

いまでも、ゲームアプリで囲碁はたまに打っています、

Hさんは教室も開いておられるとの事、ぜひ!行きます!

コロナのせいで教室は一旦お休みになっていますが、再開したら、一度ちゃんと囲碁を勉強したいと思います、

ちなみにBillは初段とか2段の腕前だったと思います、

そりゃ絶対に勝てないわ、ワタシはたぶん7級とか6級くらい、しょぼい、、、

閑話休題、

日本酒2杯目も「隠岐誉」にします、今度はにごり酒です、

061_20200703105001

これは「鶏ハツ塩焼き」330円也、

062_20200703105001

鶏のハツ、アメリカではあまり食べないらしいですが、Billもこれは気に入っていました、

これはBillの注文だったかな?「かますご新子のおろしあえ」380円也、

063_20200703105001

ワイワイと呑んでいたら、気が付いたらもう21時です、楽しい時間はあっという間です、

では、ワタシはこれで先にお勘定です、2580円也、

裏なんばの路地裏「ぶんちゃっ♪」、

なんといっても料理が美味しいのが嬉しい、

それに、店内でのライブ開催、店外でのライブ企画もやっておられる、音楽大好き立ち呑みでもあります、

エエお店と知り合えました、

7月にはぶんちゃっ♪主催のライブ(「ミッチオールスターズ」+木村充揮)に参戦します♪ヨロシクお願いします、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

 

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

(酒場記事再開!過去探訪記事です)NGKすぐの「桝田商店」からの、ずっと気になっていた法善寺すぐにある民芸酒房「牧水」を初探訪です。

【2020年1月24日(金)】

大阪 なんば 「桝田商店」~「牧水」

今日はなんばで連れ呑みです、

その前にまずはフライングでNGK南側にある角打ち「桝田商店」へ、

飲み屋街の真ん中で今も営業している正統派の角打ち、

000

こちらが立呑みコーナー、

酒販コーナーはNGK側にも入り口がありますが、中でもつながっています、酒販立呑み分離型、

入店して奥の方の壁向きの小さなテーブルを確保、

目の前にこんなんが貼ってありました、なんかの取材ですね、

007kai_20200604090901

瓶ビールは酒販コーナーへ回ってリーチインからセルフで取り出し、セルフで栓を抜きます、

って、久しぶりやし、この作法を忘れていたわ、

 

SAPPORO「赤星」中瓶、

005_20200604091101

肴はお母さんが座っておられる会計カウンターに並んでいます、

「厚揚げと小芋煮たん」かな?

「きずし」、

009_20200604090901

ここは日本酒が揃っています、

定番メニューだけで20銘柄ほど、それ以外にもその時に入荷しているエエ日本酒が飲めます、

この日はこんな瓶が並んでいました、

011kai_20200604090901

はい、フライングなので今日はこれでお勘定、金額失念、ま、明朗会計です、

日本酒はまたあらためて、
(参考)こちらの記事では日本酒飲んでいます、

大阪なんば、NGK(なんばグランド花月)の南側の角打ち「桝田商店」、

好きなタイプの角打ちです、床は土間やしね、

日本酒が揃っているし、安いです、

肴もそれなりに手造り料理が揃っています、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

で、連れ呑みへ、

店は決めていなかったので、まずは法善寺横丁のおでん「おかめ」を覗いてみましたが、

012kai_20200604091501

あら、予約で満席です、人気のお店ですからね、仕方ない、

で、ちょっと戻って、すぐ近くにある前ここにしました、ここ、前から気になっていました、、、

って、外観写真、撮ってませんわ、、、ま、連れ呑みですからね、まず楽しく飲むこと前提、

で、お店のHPから写真を拝借、

0131

民芸酒房「牧水」、初入店です、

 

なんか店名も外観も、なんかワタシの守備範囲ではないのかな?

とずっと思っていたので、今まで入る気配がなかったのですが、

最近、なんか入ってみたいなあ、という気になってきました、

たぶん1人より連れ呑みの方が向いてそうな感じ、ということで本日初入店です、

ちわ、予約していないんですが、2人イケますか?

あら、ちょっとお待ちくださいね、

お、なんか、ちょっと雲行きあやしいです、満席か?

なにやら店内で確認中です、

「北のカウンター空いてた?」「さっきお勘定が、、、」

でも、なんとか大丈夫になったみたいです、無事入店、席に案内されますが、

イメージでは大箱の食事処かなと思っていたのですが、店内は狭い通路や廊下で迷路のようになっています、
(これは後程、説明をいただきました)

小さなカウンターのあるスペースを通り過ぎると、奥の方に開けたスペースがありました、

020kai_20200604091501

カウンターにテーブル席、2階もあるようです、へ~、

吹き抜けの如何にも民芸酒房にふさわしいな内装、

そして、なんか思ったより“酒場感”も強いです、これって、エエ店じゃないですか、

カウンターに2席作っていただきました、無事着席、

とりあえずビールで乾杯して適当に料理を注文、

頃合いを見計らってカウンターの中の若い御姐さんにちょっとお店の事を訊ねました、

「創業は50年ほど前」、

この迷路のような造りは「増築に増築を重ねた結果」だそうです、

最初は「途中にあった短いカウンターのスペース」、
(あ!たしかにここに来るまでの途中にありました!)

「あそこから始まったと聞いています」とのこと、

なるほどね~、

今いるところは北館とも云うべき建物のようで、入った入口(南側)とは反対の通りに面した別の入り口もあります、
(HPで確認、ここは新館と云うそうです)

独りで入るのを躊躇していたのですが、この北側から入るとすぐにカウンター席に着けます、

「お一人で来られるならこちらから入ってください」との事、

うむ!承知仕った、これは一人呑みでも使えそうじゃな~,
(なんとなく突撃カネオくんな感じで^^)

ということで、結構気に入ってしまった「牧水」、

連れ呑みなので料理は割と多目、すべてちゃんとした料理(って?^^)、美味しかったです、

「出汁巻」、

014_20200604091501

「刺身」は蛸と?なんだっけ?

015_20200604091501

揚げ物は「小海老の素揚げ」、

018_20200604091501

これは思い切って「伊勢海老のサラダ」、

016_20200604091501

これは、、、失念!「鶏料理」ということで、

019kai_20200604092301

日本酒は定番が数種あったと思いますが、その中から贔屓の「香住鶴」を燗で、

023_20200604091501

はい、これで2時間ほど良く呑み、良く喋り、よく食べました、1人@5000円程、

大阪なんば、法善寺横丁すぐの民芸酒房「牧水」、

エエ酒場でした、もっと早くに入っておけばよかった、

料理もエエし、接客がしっかりしてる、老舗の実力です、

新館のカウンターは一人でも使えるのが分かったのが収穫、

次回は一人で入ってみましょう!

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

あ!店名の由来を訊くのを忘れた!!次回、訊きます^^)



| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

いろいろありまして、神戸三宮 さんプラザB1F「タン・カフェ」から長躯、大阪裏なんばまで、で「スタンドにしき」へ初入店。

【2019年12月22日(日)】

神戸三宮 さんプラザB1F「タン・カフェ」~大阪 裏なんば「スタンドにしき」

日曜日ですが珍しく外呑みです、

午前中はボランティア的なお仕事、午後は三宮で映画を観て、夜は裏なんばで投げ銭ライブがあるので参戦の予定、

と、年末やのに何やってるんですか?大掃除とか年賀状は?

掃除は少ししかできなかった、、、年賀状は思い切って止めました(来た賀状に返事書くのみ)、

映画終わりが17時前、小腹が空きました、

ライブまで少し時間があるのでちょっと一杯呑んでから大阪へ移動することにしましょう、

で、近場のさんプラザ地下の飲食街へ、ここ、あまり探訪が進んでいないのです、結構エエ店があるのを最近実感、

その中でも数店ある“ベトナム料理”店が気になっていました、どこも美味しそうな店が目、今の小腹を満たすのにもちょうど良さそう、

どの店が良いのか?分からない、そこは直感でしょう、ということでこちらに決定、

034_20200228110801

「タン・カフェ」、時間はちょうど17時、開店しています、一番客、

カウンターとテーブル、うん、質素で如何にもベトナム料理店という感じの店内、

ベトナム人?の店員さんがカウンターに案内してくれます、

え~っと、とりあえず飲みたいのですが、やはりビールですかね、

033kai_20200228110801

こんな感じでビールが並んでいました、

ここは手堅くスーパードライでも飲むかな、とか思っていたら、店員さんからプッシュがありました、

ベトナムのビールも美味しいですよ、「333」は人気があります、

そうだよね、せっかくだからここはベトナムのビールにしましょう、では「333」をお願いします、

028_20200228110801

お!旨味がありバランスが良い美味しいビールです、なるほど!!

グラスがお水のグラスと一緒なのはご愛嬌、

つまみに「揚げ煎餅」のサービス、好感感謝、

料理はっと、メニューにはそれなりの一品料理が並んでいます、せっかくなのでしっかり食べましょう、

これが美味しそうでした、「豚胃袋と高菜炒め」780円也、ベトナムでもホルモン料理があるんですね、

031_20200228111201

ビジュアルもOK!美味しそう~、ではでは、いただきます、

思ったより薄味ですが、とても美味しいです、食べやすいです、

032_20200228110801

こんな薬味がありました、ちょっと付けましたが無くても十分美味しいです、

胃袋だから“ガツ”と云うことになりますね、

豚だから胃は、、、1つしかない!とかしょうもない事考えてます、

野菜は高菜と蓮根?とか根野菜、根野菜ちょっと漬物みたいな感じがします、酢漬けしてあるのかな?

トマトにパクチーも載ってベトナム料理完成!な感じ、

うん、美味しかったです、さっと完食、ボリュームがあるのでリーズナブルな感じがします、

これで1408円、明朗会計です、

入って正解、「タン・カフェ」、

ここはぜひ再訪したいし、他のさんプラザ内のベトナム料理店も探訪すべきですね、

久しぶりのベトナム料理(昔、芦屋にコンテナのベトナム料理があり良くいきました)、

仏領植民地だったこともありフレンチの影響を受けています、趣もあり食べやすいですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕💕、

この後、阪神電車の快速急行でなんばまで直通、

裏なんばの「ぶんちゃっ」のフリーライブを覗きましたが、やはり満員、そりゃそうだ、今日は木村さんも出るんだから、

どうしようかとぶらつくと、同じ路地にある蕎麦「なみ一」でもライブやったはります、

036kai_20200228110801

演者2人が店内を向いて演奏中、裏なんば、新しい酒場で隆盛を誇っていますが、音楽文化も根付いていますね、面白い、

と、その向かいに立ち呑みがありました、「スタンドにしき」

035kai_20200228110801

ふ~ん、最近出来たのかな?知りませんでした、、、

雨も降っているし、どこかで休みたいので(ワタシは立ち呑みでも休めます^^爆)、ここは入りましょう、

洒落た感じの店内、L字カウンターの中にはお兄さん、先客3組ほど、ほど良く暖まっているので助かります、

「芋お湯」400円也、今日の雨は冷たいです、

037kai2_20200228110801

すぐに出て来そうな「里芋のそぼろ煮」350円也、

041_20200228110801

うん、こちらの料理も美味しいですね、今日は美味しい料理の日、

目の前の筒に竹串が入れられます、どうやらこれがお勘定のようです、微妙に違うカタチの串が入って行きます、

「燗酒」400円也は菊正宗の純米、

045_20200228110801

「炙りしめ鯖」500円也、

043_20200228110801

うん、レア系で好みの〆鯖です、ここも料理は間違いないようですね、

これでお勘定は1650円也、これまた明朗会計、

裏なんば、「ぶんちゃっ」の路地にある「スタンドにしき」、

シュッとした立ち呑み、若者向けな感じですが料理が美味しかったです、

またひとつ、レパートリーが増えました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) その他 テリー・イシダの独酌酔言 ホノルル 上野御徒町湯島 下北沢三軒茶屋 世田谷 中野高円寺荻窪 五反田旗の台品川 京都河原町他 京都駅周辺 京阪沿線 人形町 仙台 代々木上原 佃月島 八王子 八重洲 勝どき 北区(王子赤羽十条) 北千住南千住 北海道 千葉 博多九州 吉祥寺国立 名古屋岐阜 地酒ワンカップ・コレクション 墨田区(押上本所石原錦糸町) 墨田区(曳舟八広東向島) 大森蒲田 大阪ミナミ(心斎橋難波) 大阪中津 大阪京橋 大阪十三西中島淡路 大阪南部 大阪大正 大阪天満 大阪天王寺阿倍野新今宮 大阪東部 大阪梅田 大阪梅田(新梅田食道街) 大阪梅田(駅前ビル) 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 大阪玉造鶴橋周辺 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) 大阪都島 大阪野田福島 巣鴨大塚 広島高松岡山鳥取 府中 忠臣蔵 恵比寿目黒 新宿 新橋虎ノ門浜松町 日本堤 日本酒 早稲田 有楽町 東京観光案内 根岸根津本郷 横浜川崎横須賀 江戸川区 江東区(木場門前仲町) 江東区(森下清澄白河) 江東区(亀戸大島) 池袋練馬 浅草 渋谷 湘南 湘南鎌倉 町屋 神戸三宮元町明石姫路 神楽坂 神田須田町飯田橋 築地 茅場町 葛飾区(立石四つ木) 観音崎 金沢富山 銀座 関西周辺 関西観光案内 阪急宝塚沿線 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) 麻布十番