カテゴリー「大阪ミナミ(心斎橋難波)」の113件の記事

2019年7月25日 (木)

仕事終わりでふらっと心斎橋、立ち呑み「食欒」からカウンター焼肉「味希」、仕上げは大阪難波駅構内の「魚がし日本一」。

【2019年6月4日(火)】

大阪 心斎橋 立ち呑み「食欒」~焼肉「味希」~大阪難波「魚がし日本一」



はい、心斎橋辺りで業務終了です、呑みます、



で、近くに未探訪の立ち呑みがあるみたいです、もう、最近は新しい店がどんどんできるので追い付きません、

でもね、一店づつ探訪するしかないですからね、



ということで、長堀橋通を南へ渡って一筋目の角にいきなりありました、立ち呑みの「食欒」、

008kai_20190722091301

提灯にはルビが振ってあるので読み方も分かりました、

「食蘭」と書いて“くらん”と読ませるみたいです、英文字表記はClanです、ではでは入りましょう、



2方向が窓になっている明るく広い店内、角が45度に落とされているL字カウンターと窓側にも立ち呑みカウンターがあります、

先客は5人、カウンターの中にはお姉さんが2人、



L字カウンターに着くと目の前に「19時までのちょい飲みセット」500円也のPOPメニューが、

009_20190722091301

はい、これにしましょう、「生」と、肴は、、、え~っと、「冷奴」を下さい、

012_20190722091301


これで一段落、

目の前には「バイス」の瓶も並んでいます、

015_20190722091301

よく見るとメニューには「ホッピーセット」450円也もありました、

最近の「ホッピー」関西進出率の急伸には目を見張るものがあります、ついに関西でも普通に「ホッピー」が飲める日が来たようです、

でも、市販用の小さな瓶(330ml)しかない関西、いつの日かリターナルボトル(360ml) に来てほしいです~、量がね、微妙に足らないのよね~、



続々入店、常連さんが多いです、カウンターの中がお姉さんという事で、みなさん仲良しみたいです、



もう一品何か頼もうかとメニューを物色しましたが、、、

014kai_20190722091901

う~ん、ちょっと私が好きなテイストの料理が見当たらず、揚げ物とかをガッツリ行きたい時はこれでも良いのですが、、、

どんどん入店があり(流行っています)、結構混んできたのでここはこれで切り上げます、



お勘定はもちろん580円也、たしか、、、

心斎橋の立ち呑み「食蘭」、ちょっとはおじさんの肌感には合いませんでした、ごちそうさん、

この辺りにいると、大阪難波から帰るのが便利ですのでそのまま南下します、が、どこかもう一杯くらい飲みたいですね、



と、少し歩いた角に焼肉の「味希」がありました、

016kai_20190722091301

「味希」と書いて“ミキ”と読ませます、ま、そうかな、、、これはそんなに難読ではない、

なんか和食の口でしたが、「味希」を見たら焼肉でもエエか、みたいな感じになりました、肉の焼ける良い匂いがしていたからかもしれません、

席は空いています、、、入りました😃💨、



10人くらい座れるJ字カウンター、七輪にひん曲がった網で焼きます、エエですやん、

ここは日本酒かな、コップ酒でチュ~っと行く雰囲気、



という事で「お酒」390円也に、

018_20190722091301

「上ハラミ」880円也と「上ミノ」780円也を注文、

020_20190722091301

立ち呑みに比べるとやはりお高くつきますが焼肉の誘惑には勝てません、



こんな感じでひん曲がった網で焼きます、

022kai_20190722091301

で、コップ酒をチュ~っと、う~ん、イメージ通り、ほんで「ハラミ」美味しいし、、、幸せです~、



ここも続々入店、男性や女性の2人組にカップル、みなさん焼肉の至福に浸っています、



こういう感じの店で仲良く焼肉を食べられる関係って、めちゃエエんとちゃいますか、気取らなくてね、

焼肉となるとついつい綺麗なお店を探してしまう我がの了見の狭さにトホホな気持ちになります、



はい、ここもこれでお勘定です、明朗会計ですが2000円越え、焼肉は高い😃、


心斎橋辺りの焼肉「味希」、

エエと思います、ちょっと焼肉が食べたい時、

ここのカウンターに座ってコップ酒とハラミを少し、

あ、今日は頼んでないけど「白ご飯」もあってもエエかも、

日本酒と焼肉とご飯と云うのも“米肉米同盟”でよく合うのです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

で、大阪難波駅まで歩いて電車に乗る、、、前に、、、

駅構内にある立喰い寿司の「魚がし日本一」で少し寿司を摘んで、「白ご飯」のリベンジをしてるみたいです😃、

037_20190722091301
039_20190722091401

042kai_20190722091401

そら太るわ、、、

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

大阪裏なんばの「ぶんちゃっ」を初探訪、料理間違いないです!その前に手打ち蕎麦「なみ一」で1枚いただきました。

【2019年5月14日(水)】

大阪 裏なんば 「ぶんちゃっ」、その前に手打ち蕎麦「なみ一」



ここ、ずいぶん前に2度ほど入ろうとしていずれも満席やったんかな?

それ以降、ちょっと足が向いてなかったのですが、ここっていろんなライブとかイベントもプロデュースされているんですね、なんか繋がりました、ここですか、



ということで、今日は開店時間に店先に到着、もう開店していますね、外から見ると先客もいらっしゃいます、が、、、

なんかそのままなんとなくスルーしてしまいました、苦手意識か😃、


すぐに引き返そうとしたのですが、すぐ先にある手打ち蕎麦「なみ一」の看板に引掛り、思わず入店してしまいました、、、なんと意志薄弱、

「なみ一」のことは後で書くとして、蕎麦を食べてビールを飲んで勇気が出ました、

044kai_20190714083701
やはり今日はしっかり「ぶんちゃっ」に入りましょう💨、

(どんだけ気が小さいねん)


建て付けの看板には”立ち呑み ベジタブル ぶんちゃっ”とあります、はい、ベジタブルなんですね、

ウッディな店内、8~9人ほど立てるカウンターに立ち呑みテーブル2つ、先客がお二人、カウンターの中にはマスターとお母さん、



カウンター中程に着きます、「三岳」430円也、

「三岳」となるとロックでいただきたくなります、なんか、よ~し酔うぞ!!みたいな感じ😃、

料理はマスターの担当、奥の方で忙しく調理されています、



メニューからまずは「イカゲソぬた和え」330円也、

048_20190714083701

これも注文訊いてから調理されていたような感じです、丁寧ですね、もちろん美味しいです、

イカが新鮮で半生、嬉しいな~、白いトッポギみたいなんは”白子”で作ってあるそうです、へ~、これは料理も期待できますね、



いきなり3組か4組、6~7人が入店です、18時頃から入るみたいですね、注文が殺到してマスター大忙しです、

さらに2人組が来店、カウンター詰め合わせかな?と思ったら満席でお断り、あら~、残念ですね、



もう一品、「蒸し鶏の葱たっぷり」330円也、

051_20190714083701

白ネギと万能ネギ、生姜醤油でいただきます、美味い!もうこれは料理、間違いありません、



日本酒もあります、メニューに大阪岸和田のお酒があります、珍しいかも、初めてかも、これにします、

岸和田の「元朝」400円也、

053kai

”がんちょう”と読むそうです、独特の香りと旨味、やや辛い旨味タイプです、うん、美味しいお酒です、



ワタシ以外は結構顔見知りの常連さんが多いようでした、いろんな話が飛び交います、東京の蕎麦屋の話題、音楽の話題、

055kai_20190714083701

こんなライブもやったはります、やはりめちゃワタシの核心に近い店です、はい、



ということで、この日はこれでお勘定、1490円也、



裏なんばの立ち呑みベジタブル「ぶんちゃっ」、

入るのに時間が掛かってしまいましたが、とても良い店ですね、

料理は間違いないです、美味しいです、

音楽の話とかが飛び交うのも嬉しい、これは再訪確実です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、





で、その前に吸い込まれてしまった手打ち蕎麦「なみ一」、

036kai_20190714084201

この看板にやられてしまいました、

043kai

時間は17時35分頃、店内を見ると空きがあります、これは入らないとなりますまい、



「ざる」にしようかと思いながら、壁の貼り紙メニューを見ながら口から出たのは「鴨せいろ」1080円也、

それに「ビール」430円也もお願いします、

「ビール」は「一番搾り」の缶でした😃、



数えると8席くらいの店です、でカウンターの中には4人おられます、手厚い体制です、

蕎麦打ち茹では大将、注文レジはお母さん、あと玉子焼きとかの料理が若いお兄さん、後こまごまとしたことをするお兄さん、



はい、出来上がりました、「鴨せいろ」、

040kai
039kai_20190714084201

蕎麦は柔らかくて腰がある好きな感じ、

”鴨”の存在感が今ひとつでしたが美味しい蕎麦です、



出てから気付きましたが、お隣のスペースで蕎麦打ちをされているのかな?

ごちそうさまでした、タイミングが合えばまた入りたい店です😃、

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

大阪なんば、なんなんタウンの飲食店は結構渋いです~、で、一番端っこの焼鳥「八起亭」に入ってみました、さすが王道の焼鳥屋です。

【2019年4月17日(水)】

大阪 なんば なんなんタウン「八起亭」



大阪は地下街の街でもあります、

地上の再開発で地下に潜ったお店で出来ている地下街、



梅田エリア、本町、心斎橋、そしてなんばにも「虹の街」、、、って古いわ!今は「なんばウォーク」ですか、



そして、その南にはちょっと小さめの地下街「なんなんタウン」があります、

ここもまた南海「なんば」駅前の再開発で地下に潜ったお店で構成されているようです、



この「なんなんタウン」、飲食店関係はなかなか渋いお店が軒を連ねています、

焼鳥屋は「八起亭」、「正起屋」が並び、串カツの「鳥の巣」、酒場「おか長」、「初かすみ(霞)酒房」とエエ感じで並んでいます、



昨今は裏なんばや座裏などの地上がどんどん変容していっています、

地下街も少しづつ新陳代謝をしていますが、地下街老舗とも云うべきお店がちょうどエエ感じに熟成してきている時代でもあるように感じます、

地下街とはちょっと違いますが、大阪駅前ビル地下の熟成ぶりも注目です、



ということで、あまり入ることのなかった「なんなんタウン」の酒場にも入ってみることにしました、

今日は飲食エリアの一番端っこにある「八起亭」、

021kai_20190623092001

はい、老舗の焼鳥屋さんですね、ワタシは“やきてい”と呼んでいましたが、“やおきてい”が正しいようです、七転び八起きの“やおきてい”ですね、



角度の大きいコの字カウンターかな?奥にテーブル席があったけ?

家族経営でしょうか?入ってすぐに感じるのはそんなホカホカした雰囲気であります、



表のおすすめメニューに生ビールと焼き鳥5本のセットメニューがありましたが、今日は2軒目、お腹も結構膨れていたので、

日本酒を常温で、

022_20190623092001

そして焼鳥は「若鶏」塩で2本で250円也にします、

023_20190623092001

うん、やはり美味しいですね、目の前で炭火で1本1本丁寧に焼いていただけます、

やはり焼鳥はこういう王道感がある店が良いですね、



で、調子に乗って「なんこつ」、串ではなく網焼き?500円也かな?詳細失念、

024_20190623092001

安くはないけども、これも美味しいです、



これだけ食べるならセットにしてもヨカッタかも、すこし反省しながらも、、、

一押しメニューらしい「若鶏ももステーキハーフ」500円也も注文、

しっかり食べてますやん!😃

025_20190623092001

もっちりとした若鶏、鶏好きに嬉しい一品、



さすがにこれでお勘定にしました、1890円也、



なんなんタウンの「八起亭」、

老舗感漂う地下街の焼鳥屋、

チェーン店のようなイメージもありましたが、、、違いますよね、ワタシの勘違い、

仕事が丁寧、間違いなく美味しい焼き鳥がいただけます、

よく御存じの常連さんでいつも賑わっている感じ、エエですな、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

はい、おそらく再訪確実、そして並びの他の酒場も探訪してみたくなりました、

なんなんタウン、あなどれんな、待っててや😃

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

なかなかイケている立ち食い寿司を2軒紹介、大阪恵美須町の「立ち寿司」、大阪難波駅構内の「寿司魚がし日本一」。

【2019年4月】

大阪 恵美須町「立ち寿司」、大阪難波駅構内「寿司魚がし日本一」


寿司で呑みたい!たまにそういう気分の時がありますよね、

でも、高い寿司屋さんはなかなか行けません、はい、

回る寿司は最近美味しいようですが、、、あまり行かない、ので、そこそこの座り寿司で楽しんでいます、



あと、最近増えてきた“立ち食い寿司”、気になりますね、うん、これはイイかも、これは結構面白い、

ということで今日は気に入った大阪の立ち食い寿司を2軒紹介します、



1軒目は恵美須町のその名も「立ち寿司」、分かりやすい😃、だけじゃないこの店、

032kai_3

実は並びで隣にはピザ屋さん?だっけ?イタリアン風のお店があるのですが、これが同一経営のようで中で繋がっています、厨房も同じかな、

入口付近にはカウンター席やテーブルがあるのですが、奥の広いテーブルスペースは完全に一体化、寿司も洋食も全部いただけます、



ある教室の打上げで連れて行っていただいて、美味しい「マグロ」とか、

036kai_2

こんな「ビフカツ」(たしか)などをいただきました、

037kai_1

ほう、なかなか面白いお店ですね、これは気に入りました💓

で、後日一人で再訪、入ったところの立ち呑みカウンターに着きます、夕方の一番客です、

035_4

表の看板にあったセットメニュー、「ドリンク1杯と寿司5個」1000円也、

011_6

うん、なかなかのレベルです、

015_4

「うなぎ」握りを追加、これも肉厚で美味しいです、で、お勘定は1400円也、



寿司だけでもいいし、グループなら奥のスペースで和洋両方注文し放題で宴会を楽しめます、

恵美須町の商店街にある「立ち寿司」、エエと思います、また行きますね💕

2軒目は近鉄「大阪難波」駅構内にある立ち食い「寿司魚がし日本一」、

042kai_3

2度探訪しましたが気に入っています😃、

ネタが新鮮なような気がするのと、シャリが小さいのが気に入っています、酒の肴としていただくのにちょうどイイ感じのボリューム、これが気に入っています、



最初に行った時は、、、一杯呑んだ帰り、電車に乗る前にふと少しだけ寿司を食べたくなったので、ぶらりとはいりました、

019_9

「鯵」と「はまち」ですねかね、、、って、写真これだけ、他にも食べて呑んでいますが記録意欲無しでした、

がこれがイケた、シャリが少なめでちょうど良い感じ❤

で、先日再訪、好物の「はまち」@75円と「穴子」@100円、

037_2

名物らしい「ねぎとろこぼれ」@150円也、酒の肴になります、

039_1

1杯飲んでこれくらいでお勘定するのがヨロシイ、1500円以内で収まります、



女性のご飯使いも多いみたいです、お茶を飲みながら寿司を少し、な感じ、

ちなみに、店名の“日本一”は日本で一番!ではなくて、地名の日本橋1丁目を短くしたものでしょうね、大阪あるあるです、



近鉄(阪神乗り入れ)「大阪難波」駅構内の「寿司 魚がし日本一」、

なんか昔の江戸の寿司屋屋台を連想させます(もちろん食べたことないけど)、

さっと小さな寿司を摘んで、さっと帰りましょう、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

梅田から心斎橋までぶらぶら、「一山」~「赫連勃勃」~「村田酒店」と楽しみました。

【2019年1月30日(水)】

大阪 淀屋橋「赫漣勃勃」~心斎橋「村田酒店」



梅田で映画を観終わりました、

今年は年間100本観るのが目標、

シニアだからいつでも1100円、安いわ、



で、夜は心斎橋でライブ参戦の予定、

開演までまだ2時間ほどあるので、

ブラブラ歩きながら心斎橋を目指します、

(時間あると歩くしかない)



で、淀屋橋から三休橋筋を南へ向かっていると蕎麦の「一山」がありました、

好きな蕎麦屋です、田舎蕎麦が名物かな?

時間はちょうど17時頃、一杯呑む前にちょっとお腹に入れておきましょか、



ということで、まずは「一山」で田舎蕎麦、

004kai_2

ちょっと硬めの蕎麦が田舎蕎麦によく合います、好みです~、

また来ますね~、



さらに南へ向かっていくと、

立ち呑みの「赫漣勃勃」が開いていました、

013kai

エエ店です、そして難読店名、立ち呑み界の代表選手、

“かくれんぼつぼつ”と読みます、

由来は、、、各位でお調べくださいませ^^)、



久しぶりなので入っておきましょう、



はい、一番客です、マスターは奥でまだ仕込中、

え~っと「芋お湯」でお願いします、



ここの肴は手作りでみんな美味しいです、そして安い、

まずは「まぐろ中落ち」150円也、

008kai_5

安!値打ちありまわ、



「ポテサラ」180円也、

009kai_2

ワタシは“ゴロッと系”のポテサラ好き、

ここのはマッシュ系ですが、それでも美味しい、



ベレー帽を被ったマスター、料理上手ですわ、



「お湯割り」お代わりして、「牛すじ煮込み」180円也、

012kai_2

これもイケます、味噌辛いけど美味しい!ボリュームもあり、

味噌とスジとコンニャクの相性抜群です、



これでお勘定は1240円也だったかな?



淀屋橋の「赫漣勃勃」、

エエ立ち呑みです、料理が美味しい、安い、ボリュームもあります、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

さて、またまたぶらぶら歩いて心斎橋に到着、



ライブの開場時間は過ぎていますが、

開演までにはまだほんの少し時間があります、

出演者ともさっきすれ違ったし^^)、まだ大丈夫でしょう、



ライブ会場のすぐ近く、

アメリカ村辺りに「村田酒店」があります、

031kai

ここは昨日、下見?をしました、

怖そうな大将がいてはったんでよう入りませんでした^^)、

(めちゃビビり)



でも、今日はすでに一杯ひっかけています、酒の勢いというやつです、

今日も大将は怖そうですが、、、入りました、


酒販・角打ち混在型、

小さなスペースにカウンターに小さな立ち呑みテーブル(ビールケースなど)が点在しています、

床は土間、元は確実に酒販スペースだったんでしょう、



とくに指示はないのでカウンターに着きます、

とくにかまってもらえないので、大将の暇そうな時を見計らって「燗酒」を注文、300円也かな?



肴は横の人が頼んでいた「湯豆腐」にします、

017_5

こんな椀に入って出てきました、150円也かな?

常連さんはスーツ姿がほとんど、一人客は少ないですね、

近所の会社のやすらぎの里ですね、



肴のメニューは用意されていないようです、

現物展示から推察するとカップ麺とか袋モノ、乾きモノ、缶詰などが主戦力のようですが、

018kai_2

でも、常連さんのオーダーを聞いていると、

「シュウマイ」とか「玉子焼き」とかのチン料理もあります、

お姉さんが奥で作っておられるようで、出来上がったらフロアに出て来られます、



大将はフロアとお勘定の係、もちろんそんなに怖くないです^^)、

大将、トークの声は小さいけど、客を見送る『まいどおおきにー』はよう通るエエ声です、



これでお勘定にしました、

心斎橋アメリカ村辺りの「村田酒店」、

ここに角打ちがあるとは知りませんでした、

サクッと呑むには良さそう、嫌いじゃないです、

もう少し探訪したら大将とも仲良くなれるかな?

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕



では、ライブ会場へ参りましょう♪、




| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

心斎橋から流れ流れて、なんば「北川酒店」で美味い燗酒をいただきます、

【2019年1月29日(火)】

大阪 なんば 「北川酒店」



さて、今日はミナミで呑みます、



心斎橋で所用を終えてそのまま南下、

あ、そういうとアメリカ村の手前に角打ちがあったよね、

まだ未探訪なので、ちょっと覗いてみることにしました、



ここですね、「村田酒店」、

003kai

好きな感じですが、外から見たら大将怖そう^^)、

ちょっとお腹も減っているので少しでも肴があるところが良いかな、

とか、自分で自分に言い訳してスルーしました、アカンたれや、
(でも、翌日に入店しています)



で、橋を渡って「藤井」まで行きました、、、



なんとか営業再開してくれました(とても嬉しい)が、

木曜と金曜のみの営業でした、

ま、そうかな~、とか思っていたので心的被害は軽いです、



で、そのままなんばハッチの前から千日前通りを越えると、、、

「北川酒店」があります、久しぶりです、

004kai_1

覗くとエエ感じで暖まっていそうなので入店です、ちわ、



使い込まれた小さなL字カウンターと、

しっかりとした立ち呑みテーブルが2つか3つ、

こじんまりとしたエエ角打ちです、酒販コーナーとの混在型?、



近所のサラリーマンの方の憩いの場所、スーツ姿が多いのが特徴的、

今日も先客、あとから来たお客さん、みなさんスーツ姿でした、



カウンターの中にはお母さんが2人、いや3人の時もあるかな、

とにかく仲の良いお母さん方です、



ビール小瓶でスタート、

この時期はやはりこれになる確率が高い、「湯豆腐」300円也、

005kai_1

ふ~、出汁が美味しいですわ、ちょっと高いけど嬉しい一品、



すぐに日本酒に変えます、

短冊メニューでいくつか日本酒がぶら下がっています、



「にごり」も良さそうやけど、

『冬の酒 少し辛口でキリっとした味わいは燗酒に最適です』 コップ一杯200ml¥350-、

というのが気になる、

どちらかというと、後半の容量と価格に魅かれてこれにします、

お薦め通り燗酒にしました、
(だいぶ飲んでからの写真)

010_1

うん、謳い文句通り辛口でスッキリ、美味しいです、

期待以上の出来栄えに満足、これは値打ちのお酒でした、



これは「煮込み」かな、

009kai_1

さらに入店があり、ほぼほぼ満席に、

常連さんとあれこれイベントとか社販のお話が飛び交います、みなさん仲良しですね、



コップ一杯200mlありますから、飲み応えあります、

さらに「おでん」も、

011_2

好物の厚揚げと玉子、



これでお勘定にしました、1540円也、



この辺りはなんて云うのかな、

JRなんば駅近く、空港行きのバスターミナルOCAT近く?

あまり知られていないかもですが、町名は元町!



大阪の元町にある「北川酒店」、

この辺りも真っ新になりましたね、

近くにも角打ちがあるし、結構下町だったような感じですが、今はもうとっても綺麗な街、

そんななかで「北川酒店」はしっかりと残っています、

これからも、もうしばらく頑張って営業してくださいませ、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

このまま、裏なんばとかに流れようと歩き出してすぐに、

並びの宮崎地鶏の店に吸い込まれてしまいました、

014kai



無類の鶏好き、宮崎の網で焼く焼鳥はとくに好物、

「もも焼き」、

016_4

ちょっとイメージより柔らかい、もっと噛み応えのあるのが好きです、



「ももタタキ」、

020_4

こっちの方が好み、歯応えもあるし、

ポン酢か甘い醤油で、、、悩ましいなあ、



隣りの女子2名が若いのに渋く「ももタタキ」とかを食べています、

『鶏貴族の300倍美味しいわ!』って、通やな^^)、

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

日本橋の立ち吞み「千匹屋」さんを初探訪です、料理美味しい♡再訪必要ですね、で「もんぞう」で一杯。

【2018年12月21日】

大阪 日本橋 「千匹屋」~裏なんば「もんぞう」

今日は新規開拓、日本橋の立ち呑み「千匹屋」を目指しています

東京銀座にある「千疋屋」かと思いきや、、、

“千匹屋”です、店名の由来も気になります

 

最寄駅は地下鉄堺筋線「恵美須町」駅という事ですが、

なんばから歩いてみました

ま、そんなに遠くはないでしょう、、、と、テクテク、、、

思ったより遠かったです、ホント

恵美須町駅のすぐ手前くらいまで南下しました、

でも、なんばからが便利だしなあ、

この辺りのようですが、、、あれかな?

遠くから見ると灯りがついているのはここだけでした、

064kai

暖簾がめくられているので店名が確認できません、

テントには米穀店の名前が、、、

でも、中は立ち呑み仕様です、ここですよね、「千匹屋」さん

はい、意を決して入店です(結構小心者)、

コの字カウンター、先客4人ほど、カウンターの中には金髪のマスター、

左側の空いている所に着いて「生」480円也、ハートランドですね、嬉しい

068

なんと、飲み干してからの写真

時間は17時過ぎ、まだ開店仕立てのようでマスター一人であれこれ準備中、

ちょっと待ってくださいね、

はい、ゆっくり飲みます、



その間に料理のメニューを検分、

黒板メニューを見ると、基本、味醂干し・一夜干しがウリのようで、

あとは缶詰アレンジメニューということでしょうか?

他にもいろいろあるようですが、ちょとまだ全容がつかめません

よく見るとマスターは怪我をされているようです、

常連さんとの話を聞いていると、

どうやら骨折されて今日が一週間ぶりの営業とか、

ボルトが入っているそうです、なんと、、、

開いていてラッキーでした、

そうですが、それでマスター、いろいろと不自由そうなんですね、

手が空いたので注文、

お隣のお客さんの「鯖味醂干し」に乗っかります、

お隣は半身でしたが、

ワタシはもう半分の1/4にしてもらいます、380円也、

067

うん!味醂干しですがフレッシュです

生っぽい食感の鯖です、美味しい、

評判ではいろいろと美味しい料理が楽しめるみたい、

他も楽しみ、

「ハートランド」を飲み干して燗酒を注文、

070

一合入りそうなお銚子、気のせいか、黄桜、

もう一品は缶詰アレンジにしてみましょう、

「コンビーフ」をチョイス、たまに食べたいコンビーフ

マスターに訊きます、ベーコンは何になりますか?

う~んと、ピーマンは大丈夫ですか?

はい、大丈夫です、

では、

という事で「コンビーフとペーマン炒め」になりました、マヨ付き、

069

うひょ、なるほどね

ちょっと手が入ると缶詰も美味しい料理になります、

常連さん、それも同級生的常連さんが多いですね、

地域密着立ち呑み、マスターの人柄、

ゆっくり飲んでいたら満員になりました、

1週間ぶりの営業ですからね、続々入店、

では、ワタシはこれでお勘定です、1490円也、

恵美須町寄りの日本橋「千匹屋」、

初探訪なのでまだまだ全容解明には至りませんでした、

常連さんを中心にマスターの人柄と料理のバリエーションが人気の源泉でしょうか?

もう何度か探訪して料理をいろいろ試してみたくなりました、

きっとどれも美味しいと思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

テクテク歩いて裏なんばまで戻りました、

もう少し飲みたかったので立ち呑み「もんぞう」の階段を上ります、

人気店ですが収容人員が多い、

カウンターも長いので一人なら何とかなる時が多いです、

はい、今日も無事入店、リーチインで日本酒を物色、

今日のジャケ買いはこれ、

075kai

「水府自慢 10」、

裏を見ると“純米大吟醸生酒無濾過原酒”、むひ

大吟醸でなくてもいいけど、生酒無濾過原酒は好みの字面です、

そして、ジャケ買いはアタリでした、

フルーティな味わい、旨い酒です

料理は「ベーコンとほうれん草のタルタルマカロニサラダ」400円也、

078

ここも料理は間違いありません、

美味しい日本酒と料理、そら流行りますわな

〆に「鉄火巻」350円也、

080

これでお勘定は1240円也、

裏なんばの立ち呑み「もんぞう」、

こちらも間違いのない立ち呑み、

美味しい日本酒を料理と一緒にいただけます、あ~幸せ、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

立ち呑みの新星!?裏なんばの「キッチンナカジマ」を初探訪、料理が美味しい立ち呑み♡で、「桝田酒店」で一杯だけ。

【2018年12月13日(木)】

大阪 なんば 「キッチンナカジマ」~「桝田酒店」

なんばでまた新しい立ち飲みが出来たみたいです、

これは行かなねばなりますまい、お仕事ですから(仕事ちゃうし)、

場所はと、、、さすがに調べないと分かりません、

ほ~、この路地は入ったことないかもしれませんね、だいたい分かりました、



千日前通りからNGK楽屋口へ向かう通りを少し歩き右の路地に入ると、

ありました、「キッチンナカジマ」、、、



まさかの外観写真無し

初めての訪問で興奮忘れました

たしか、この頃はビニールシートが掛かっていたような気がします、

10人くらい立てるコの字カウンターに、

奥にはテーブルスペースもあるみたいですが、

とりあえず入ったところのカウンターに着いたので、奥の様子はちょっと不明、

入口には立ち呑み丸テーブルが2つありました、

時間は18時半頃、6割ほどの入りです、

さすが、流行っていますね、

飲み物のメニューに「金宮サワー」があったのでレモン入りをオーダー、

019kai

関西でも「キンミヤ」がスタンダードになってきました

肴は本日のおススメメニュー最下段ですが、

020kai

看板メニューのような気がしたので「酒のアテ盛り」500円也にします

盆に乗ってでてきた、美味しそうな「酒のアテ盛り」、

「水菜と厚揚げの煮いたん」、「塩辛とチーズ」、「煮玉子イクラ載せ」な感じ、

023kai

うん、見た目もエエし美味しいですね、

最近の立ち呑みの基本的価値=料理が美味しい立ち呑みですね、これは、

そういうと女性客も多いし、一人客も目立ちます、

エエお店はみなさん、キャッチするのが早いですね

ここもオープンして一カ月足らず、で、これだけの入りはたいしたものです、

どこかの店の系統、流れなのでしょうか?寅系とか?知りませんが、、、

お造り、ポテサラやハムカツと立ち呑み定番メニューもありますが、

バリエーションは洋風料理が多い感じ、

日本酒少々、ワインが充実していてボトルで飲めます、

この辺りは京橋の「洋食 明けごころ」と雰囲気は似ているかもしれません

入店が続きます、

奥のスペースはそこそこあるのかな?どんどん入って行きます、

「金宮サワー」をお代わりして、

もう一品、「海鮮南蛮すだち風味」450円也なるメニューをオーダー、

029kai_2

サーモンと白身魚の南蛮漬け、

やはり洋風なアレンジで、それにすだちがトッピングされていました、

手間が掛かったお料理です、立ち呑みレベル以上

これでお勘定は明朗会計、

裏なんばに2018年11月にオープンした(みたいです)「キッチンナカジマ」、

料理のレベル間違いなさそうです、

美味しいお酒と料理、立ち呑みもどんどんすごい世界へと進化していますね、

開店間もなくでこの人気はたいしたものです、

期待の新星というところですか、

ただ、この日は2人オペレーションだったので、カウンターの中は大忙し、

飲み物を出すのに相当時間が掛かっていました、

思わぬ人気?なのか、この時間はたまたまスタッフが少なかったのか?

ま、これから対応されるでしょう、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

ちょっとだけ日本酒が呑みたかったので「桝田商店」に寄りました、

美味しい日本酒が安くいただける有り難い角打ちです、

ずらり並ぶ日本酒メニューから富山の「巌瀬」430円也、

032kai

フルーティな辛口、まずまず、

肴はこんな感じの「アテ盛り」250円也、

033_2

上質な日本酒だと、ちょっとしたものでも美味しい酒の肴になります、嬉しい

奥のリーチインを覗いて、右の瓶をジャケ買い

037kai

また、家で呑む楽しみが増えました、

では、今日はこれで帰ることにしましょう、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

今日は番外編です、気になって入ったランチ3題、「せとや」「水野」「芦池更科」。

【2018年11月頃】

ランチ3題 三宮「せとや」、「水野」、東心斎橋「芦池更科」

今日は番外編、ランチで気になった店の紹介です

酒場もそうですが、ランチの店でもやはり好みがあります、

外観や店構えでふと入ってみたくなる店、

どうしても入っておかないといけない!と思わせる店があります、

そういう時は入ることにしています



もちろん、期待通りではないときもありますが、

なにごともやってみないと分からない、

ランチだって入ってみないと分からない



という事で、今日は3軒ご紹介です

1軒目は神戸三宮元町、どう云ったらいいのだろう、

元町寄りの商店街と南側の大きな通りの間にある路地の店です、

「せとや」、

049kai

どうもこの暖簾にやられました、なんか魅かれました

今日の日替わり定食は「カツ玉」「いかと小芋」「もやしの辛子酢和え」、

いかにも丁寧な感じのランチじゃないですか、

ちょうどお昼前、即効入りました

小奇麗なコの字カウンター、みなさん「日替わり定食」800円也です、

もちろんワタシもそれに倣います、

うん、充実の正しいランチです、

050kai_2

「カツ玉」も美味しいですが、

副菜の2品がしっかり美味しいのが嬉しいです、得した感じ

はい、ごちそうさまでした~



2軒目は同じ通りにあった「水野」、蕎麦屋ですね、

011kai

ランチメニューは写真入り、

如何にもな“正統蕎麦屋”と云う感じではないですが、魅かれました、

少々高いですが、入ってみましょう

注文は「熱汁二段せいろ」1580円也、

鴨と和牛があります、鴨にしました、

むふ、美味しそう

012kai

汁の中は謳い文句通り具沢山です、

014kai

ネギ、ししとう、かぼちゃ、レンコン、茄子、なめこなどがたっぷり入っています、

鴨は鴨肉とツクネ入り、

013kai

蕎麦も二段あってちょうどイイ感じ

たまにはこういう豪華ランチもエエですな~、

入って正解でした、満足です~

そして3軒目は大阪東心斎橋のオフィスビル外で見つけたこちら、

「芦池更科」、

007kai

とにかく、この街にこの外観店構えで残っているのが貴重です

“芦池”ってなんだろう?とか思いましたが、

とにかく入っておくことが重要だと思わせる佇まい、速攻入店です

期待通りの末枯れた店内、よくぞここまで現役で稼働しています、エライ!

蕎麦にしようかとも思いましたが、

しっかり食べておきたかったので「かつ丼」820円也に決定



もちろん通し揚げ、しばし待って出てきました、

012kai_2

小さめの丼に全面に玉子とじ、葱沢山、カツ見えず、

カツの写真、撮り忘れ

丼の側面のフォルムは丸くなく、直線的に拡がっている感じ、

013kai_2

珍しいフォルムの丼のような気がします、

カツは小振りながら肉厚あり、この方が良心的な感じがします、

カリッと揚がっていて美味しいです、



漬物が2つ出てきました

010kai

なぜ?お姉さんに訊いたら、

カツ丼は量が多いので2つあったほうが良いかと思って、、、とのこと、、、

優しい~



次は蕎麦を食してみましょう、



ここは“いつまでもあると思うな良き酒場”ジャンルです、

気を抜かずにもう一度行くようにします



3軒とも次は1杯呑みながら食事をしてみたいですな、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

心斎橋で少し飲んで食べて、まだちょっと食べたかったので、裏なんばの立ち吞み「もんぞう」で寿司を摘まみました。

【2018年9月5日(水)】

大阪 なんば 「もんぞう」

今日は台風一過、所用終わりが心斎橋、

で、最近オープンした小料理「いまり」で軽く呑みました

013
018kai

料理が美味しいお店です

で、そのまま裏なんばまで歩きます、

もうちょっと呑みたい、もう少しだけね

どこがエエかなぁ、う~ん、なんか、ちょっと寿司を食したい気分ですね~、

寿司なあ、、、と、いろいろ思案しましたが、結局ここへ、

立ち吞みの「もんぞう」、

035kai

しばらくご無沙汰しておりました、海鮮料理がリーズナブルで間違いない

はい、たしか寿司も握ってくれます、

今日はここで少し摘んで帰りましょう、はい、軽くね

先輩格の立ち呑み「ひでぞう」が1階に、

後輩格の立ち呑み「もんぞう」は同じビルの2階にあります、

034kai

ちょっと急な階段を登らなければなりません

ま、リーズナブルな料理をいただくのですから、これくらいの手間を惜しんではいけません、

ただ、この階段、知り合いが落ちたことがあるそうです

くれぐれも慎重に、とくに降りる時はね

比較的広いスペースの立ち呑み、

カウンターとテーブルが5つか6つ、空いているのでカウンターに着きます、

ここはもう日本酒でスタートしましょう、

フロアにあるリーチインを覗きます、

なんかピンと来たのでこれにしました、

028kai

「武の井」、山梨県北杜市の蔵です、400円有也かな?

“さくら酵母仕込”という事です、ラベルも桜の花が咲いています、

さらに、“東京農大花酵母研究会会員蔵”の表記も、



ほう、東京農大はちょっとした縁があり、

東京単身時代に訪問したことがあります、

たしか、日本酒醸造の研究も盛んだったような記憶があります、懐かしい

“東京農大花酵母研究会会員蔵”についてはこちら、

うん、辛くて旨い、癖のある美味しいお酒、

はい、ばっちり好みです、アタリ~

肴というか、料理は寿司です、もう決めていました、

「おまかせ握り4貫」500円也、と、

032kai

「鉄火巻」350円也を注文、

029

「おまかせ握り4貫」は中トロ(美味しい!アタリ前)、鯛、イワシ(たしか)と剣先イカ、

剣先は塩がかかってます、塩でどうぞ、とのこと、これも美味しい

回る寿司屋と同じくらいのコストですが、パフォーマンスは相当上回ってます、

「鉄火巻」、

濃厚な色の赤身、こちらもイケます、美味しいです

やはり、「もんぞう」にして正解です、

座る寿司屋よりも確実に安いし、クオリティは負けていません



「武の井」をいきながら、寿司を摘んでお勘定です、明朗会計、

はい、2軒目ですからね、この頃はもうあまり粘れません、

さっと切り上げましょう、

裏なんばの「もんぞう」、

相変わらずの高いクオリティをキープされていますね、

いつも混んでいるのも当たり前、

でも、結構広いので入れる確率高いです、はい、

刺身や寿司が食したい時は重宝しています、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

ほんとうにこれで帰りました、

8月にちょっと夏バテになってから、あまり飲めなくなってしまいました、

はたして、このブログも続けられるのか?、、、

この頃はそんな気になっていました、



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) その他 テリー・イシダの独酌酔言 ホノルル 上野御徒町湯島 下北沢三軒茶屋 世田谷 中野高円寺荻窪 五反田旗の台品川 京都河原町他 京都駅周辺 京阪沿線 人形町 仙台 代々木上原 佃月島 八王子 八重洲 勝どき 北区(王子赤羽十条) 北千住南千住 北海道 千葉 博多九州 吉祥寺国立 名古屋岐阜 地酒ワンカップ・コレクション 墨田区(押上本所石原錦糸町) 墨田区(曳舟八広東向島) 大森蒲田 大阪ミナミ(心斎橋難波) 大阪中津 大阪京橋 大阪十三西中島 大阪南部 大阪大正 大阪天満 大阪天王寺阿倍野新今宮 大阪東部 大阪梅田 大阪梅田(新梅田食道街) 大阪梅田(駅前ビル) 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 大阪玉造鶴橋周辺 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) 大阪都島 大阪野田福島 巣鴨大塚 広島高松岡山鳥取 府中 忠臣蔵 恵比寿目黒 新宿 新橋虎ノ門浜松町 日本堤 日本酒 早稲田 有楽町 東京観光案内 根岸根津本郷 横浜川崎横須賀 江戸川区 江東区(木場門前仲町) 江東区(森下清澄白河) 江東区(亀戸大島) 池袋練馬 浅草 渋谷 湘南 湘南鎌倉 町屋 神戸三宮元町明石姫路 神楽坂 神田須田町飯田橋 築地 茅場町 葛飾区(立石四つ木) 観音崎 金沢富山 銀座 関西周辺 関西観光案内 阪急宝塚沿線 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) 麻布十番