カテゴリー「大阪西部(九条西九条梅香大阪港)」の57件の記事

2017年2月16日 (木)

2016年最後の忘年会です、3人で九条の「白雪温酒場」でしっぽり燗酒、九条の「高越」でワイワイと楽しみました。

【2016年12月28日(水)】

大阪 九条 「白雪温酒場」~西九条「高越」

2016年も押し詰まって来ました、

今日は2016年最後の飲み会です、

今日は3人で忘年会、それも九条の「白雪温酒場」です、ひゃっほ~happy01

18時30分集合だったかな、

でも、ワタシは15分くらい前に入店しています、一人フライング、

まだ席には余裕があります、これなら大丈夫でしょう、

とりあえずの生ビールと「蛸」、

「蛸」は、山葵?酢味噌?と大将に訊かれます、

今日は山葵でお願いいたしますshine

030

さらに、早々に燗酒に変えます、

031

ここ「白雪温酒場」とくれば、夏でもやはりこのチロリでいただく燗酒ですheart02

ましてや、このシーズン、もう即燗酒で良いでしょう、

ありゃ、ぼちぼちと混んで来ましたね、

あと2人来る予定です、ちょっとドキドキな状況になってきましたsweat02

席、あるかな~、
 


とか心配しながら、、、スイマセ~ン、燗酒、お替り!(どないだ!happy02)

ドキドキしながらも、無事2名入店、

いや、あと2人増えてました、3人と2人に分かれて忘年会です、

この後は「おでん」、

032

おでん、甘いです、人によると甘すぎるかもしれませんが、、、

ワタシは超大好きですlovely

「茶碗蒸し」、

039

冬季の定番です、10月末頃から春までの限定料理、

これは「オムレツ」、

038

玉子料理はどれも美味しい、手早い大将の鍋捌きも見ものです、

気が付けば、目の前にはこんなチロリがhappy02

037kai

このチロリ、エエよね、もう今はこんなん無いよね~、

この歪み具合、手作りやね~、



とか、絶賛してたら、大将が、、、

これ、使こてたらこんななるん、新品はこんなんよ、

036kai

あれ!綺麗なピカピカの錫のチロリが、、、

え~!そんなんですか?てっきり手作りのチロリやと思てましたsweat01

道具屋筋で売ってるで、

あら~、知りませんでした、今度行って買います~shine

でも、、、やっぱり、そうれなりのお値段、高いみたいです、

3人でワイワイと飲んでお勘定にしました、

え~っと、お勘定詳細不明ですhappy01

九条の「白雪温酒場」、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04



さて、次は?西九条へいきましょか、どこ?「せぞん」!

エエですね、実はワタシは「せぞん」未だ未入店です、

エエですね、行きましょ~dash

3人で安治川の地下道を潜って西九条を目指しますdash



「せぞん」はJR「西九条」駅高架下のトンネル横丁の一番手前にあります、

評判は聞いているのですが、タイミングが合わずまだ未探訪です、

ちょうどいい機会です、常連さんにくっついて入店する目論見!!

ですが、、、「せぞん」、満員です~heart03

やはり、ここも人気店、年末のこの日はやはり3人は無理みたいです、

うむ、では、、、向かいの「高越」にしますか?

051

実は、お向かいの「高越」、

前も「白雪温酒場」の後に入っています、あのときも3人やったねhappy01

「高越」は間口も広く、テーブル席もあるお店、ここにしましょか、

ということで、無事入店happy01

カウンターと奥にテーブル席もある広いお店です、

ここでも結構、飲んだり、食べたりしています、

048
049
050



店名の「高越」、

なんて読むんだっけ?この前聞いたけど忘れてますsweat02

たしか四国、徳島か?あの辺りの山の名前だったような、

今日はおられないのかな?

前来た時にお母さんとそんな話をしたような気がします、

で、カウンターの中のお姐さんに訊くと、、、

 

やはりそうでした、徳島の山ですねflair

調べてみると、「高越山」は“こうつさん”と読むみたいで、

徳島県吉野川市のある1,100mくらいの山だそうです、

ね、そうですよね、前に一度来たことがあるんですhappy02



とか、云うてたら、、、

前来た時のお母さんがいらっしゃいました、もう帰り支度の服装です、

どうも~、と挨拶いただきました、

すいませ~ん、この前と同じ話してますsweat01、四国の山ですよね~、

そうですよ~、ありがとうね、

まったく、、、酔っぱらいです、スイマセンcoldsweats01

笑顔でお母さん、先に帰られました、



ということで、結構酔っぱらって「高越」もお勘定、

詳細、、、まったく不明ですsweat01happy02

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

これで2016年の忘年会もお仕舞です、楽しかった、おおきに、ありがとう!

今年も良く飲みました、、、ほんで、、、

来年2017年もまだ飲みます、よろしく~heart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

懐かしい、それでいて、とってもシンプルで美味しい炉端焼き屋さんでした、大阪港の「芝苑」、気に入りました。

【2016年11月1日(火)】

大阪 大阪港 炉ばた焼「芝苑(しえん)」

大阪港、といえば渋い立ち飲みが数軒あるのですが、

今日は“渋い座り飲み”の店に入りました、

地下鉄「大阪港」駅から天保山の方へ少し行った右側にある炉ばた焼き「芝苑」、

006

もちろん、初めての入店です、



GOで天保山へ寄った後happy01

立ち飲みへでも行くか?と思っていたのですが、

行き掛けに見つけたここ「芝苑」、渋い外観が気になりました、flair

行き掛けはまだ準備中でしたが、

ちょっと中を覗いてみると、懐かしい感じの典型的な“炉端焼き”屋さんのようです、

で、帰り掛けにまた中を覗いてみると、、、

なんと!ほぼ満席になっている様子ですsign03

おお!こりゃ、ひょとすると人気店なんですか?

時間は19時前、

たしかに混み合う時間ですが、とはいえ、このロケーションで満席とは、、、

これは入ってみないといけません!dash

ということで、立ち飲み探訪案は即刻却下happy02、「芝苑」へ入店と相成りました、

懐かしい~!

そんな感じの大きなワの字カウンター、

015kai

カウンターの中には大将と焼き台、

そして料理の素材がずらりと並んでいる、典型的な炉端焼き屋さんです、

このスタイル、もう最近ではほとんど見掛けなくなっているので貴重ですwink

素材を客に見せて調理料理する訳ですから、ある意味厳しいスタイル、

冷凍商品のチン!とかで済ます訳にはいきません、

逆にそういうこともあって、炉端焼きは廃れて行ったのかな?

入口横のレジテーブルにお母さんがいらっしゃいます、

一人?

はい!

え~っと、とりあえずここに座ってください、

入ったところの5席くらいは開いてます、他はもう満席、

予約の都合があるのか?椅子を指定されます、



はい、大丈夫です、ここでイイです、

また、動いてもらうかもしれませんけど、

承知です!

とりあえずの「生ビール」450円也、

なんか安い立ち飲み価格になれると、ちょっと高い感じがするのが正直なところ、

でも、ここは炉端焼き屋さんですからhappy01

大将に“なにか早いのは?”と訊くと、

じゃあ「もやし炒め」200円也とのこと、

はい、まずはそれをお願いします、

料理は大将、飲み物や素材の調達補充は裏の方でお母さんの担当のようです、

客はざっと15~6人?

二人だけで捌けるのも、この“炉端焼屋さんシステム”があればこそですね、

大将は客を一堂に見渡せるから、目が行き届きます、

「もやし炒め」、

炉ばた焼には付き物の、例のしゃもじの大きいのん(なんて云うんだろう?)に乗って届きますheart02

009

うん!レモン添えで美味しいですheart02

う~ん、大将やりますね、これは期待できますshine

もう一品、「厚揚げ」200円也、

010

これも美味しいですheart02

やはりこの“炉端焼きシステム”は料理も美味しくなるみたいです、

生ビールお代わりしたかな?

三品目は「アスパラベーコン」、目の前に素材がありました、ので注文、

012

あっちの方には魚も並んでいますが、

やはり、遠くにある素材は見えにくいので頼みにくいです、

うん、これも塩加減が上等です、美味しいですgood

ここらで燗酒に変えます、

ぼちぼちと燗酒が美味しい季節になって来ました、

お酒は「剣菱」の一升瓶から、湯煎ですねshine

飲み物でも、これだけは大将が担当のようです、

何度も確認してもらって、銚子に入れ替えて出てきました、

ほう、やはり燗酒も上手につけてもらってます、辛口の酒、

これでちびちび行ってると、肉が食べたくなってきました、

他のお客さんの注文の「塩タン」400円也が美味しそうだったので、追随オーダー、

スイマセ~ン、タンは今のでお終いです~sweat01

あらら、残念heart03

スジならありますけど、

お母さんの絶妙のタイミングでのフォローに乗っかって「牛スジ焼き」、

燗酒もお替りです、

017kai

これまた美味しい!heart02

なるほど!と膝を打ちたくなるような味の調え方です、

 

素材と薬味調味料だけで勝負する“炉端焼きシステム”ならではの醍醐味です、

見てると素材により、網焼きと鉄板焼きを使い分けるんですね、

はい、ここらでお勘定です、

そうそう、計算書はありません、

目の前に並んだジョッキーや銚子、それに料理の皿で大将が計算されました、2640円也、

地下鉄「大阪港」駅すぐの炉端焼きの「芝苑」、

とにかく料理がちゃんと美味しい炉端焼きでしたwink

なんか、シンプルやけど年季の入った仕事を見せていただきました、好感です、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

2度目の春日出探訪、大通り沿いにある立派な酒販店「とみなが」の立ち飲みに入ってみます。

【2016年7月14日(木)】

大阪 春日出 角打ち「とみなが」

2回目の春日出探訪に出発ですhappy01

どこ?春日出って?ですよね、

ワタシも先日初探訪するまでは知りませんでしたsweat02

大阪市此花区、USJがあるのが此花区happy01

此花区はあまり電車が走っていません、

かろうじて阪神電車なんば線の「千鳥橋」、「伝法」両駅が此花区じゃないかな?

春日出はその「千鳥橋」駅から徒歩で10分弱くらい、

西の方向の梅香交差点を越えると春日出のようです、

前回は四貫島から北側の「伝法」駅からぐるっと回り込んで春日出探訪、

「小林商店」他、計4軒の立ち飲みを発見しました、

そのうちの1軒が今日のお目当て、角打ちの「とみなが」ですshine

北港通りというのかな?、

大きな通りの梅香交差点を過ぎて少し行った左手にあります、

 

この日は「大阪」駅前のバス停からバスに乗って、

のんびりと春日出を目指します、そんなに遠くないはずですが、、、

やはり30分以上かかりましたねcoldsweats01



はい、「とみなが」、

015kai

立派な酒店ですねshine

左が酒販店、右のこの暖簾が立ち飲みコーナーの入り口です、

003_2

ではでは入りましょうdash

末枯れた立ち飲みです、くたびれた感がありますが、

004

よく見ると立派な一枚板のカウンターhappy01

今はこんな立派ンカウンター、高いですよ~、

中にはお母さん、

他にもお父さんらしき方もいらっしゃいますが、家族経営ではないのかも、な印象、

先客お一人、折しも大相撲夏場所で盛り上がっています、

とりあえずの焼酎にしますが、、、

005kai

焼酎のメニューが豊富です、値段もいろいろ、

ここは定番酒と思われる「ごりょんさん」の芋280円也にします、

甕のサーバーから注がれました、

で、肴はカウンター上に並んでた小皿から「めざし」にします、

と、お母さん『何匹しましょ?』、

え!?めざし、“匹売り”ですかsign03、こりゃビックリポンですhappy02

ちょっと頭がクラクラしましたが、なんとか『3匹』と応えましたhappy01

009_2

10数人の逆Lテーブル、奥にはテーブルスペースがあるような感じですが詳細不明、

立ち飲みテーブルもありますが、いろんなものが置いてあるので、稼働率は低いのでしょう、

TVの大相撲、盛り上っています、面白いですよね、

今場所も稀勢の里の綱取りが掛かっています、

先客のお父さんの薀蓄を聞きながら焼酎のお代わりです、

料理はカウンター上のショーケースに入ってた「厚揚げ」にします、

012

少し焼いて、こんな薬味で出てきました、案外ボリュームありshine

床は打ちっぱなしの好きな感じ、

008

カウンターショーケースの上に、こんな「サバ缶」がありました、

013_2

洒落たデザイン、レモンバジル、へ~、こりゃ美味しそうやね、

そして「サヴァ缶」の文字、

うんうん、意図は十分に伝わってますよ~good

今日は時間がないので、これでお勘定にしました、1060円也、案外高いですな、

近くの「小林商店」立呑み処もそうでしたが、そんなに安くない、

この辺りは競合関係も手薄で、独自の立ち飲み商圏を形成しているようです、

「めざし」は1匹@50円也かな?

「厚揚げ」は350円也?ま、ええか、

春日出の角打ち「とみなが」、地域密着、独立商圏確保のお店です、

サクッと飲んで帰るのが良いみたい、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました、大阪九条の「白雪温酒場」。

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました、

022kai


人は横に並んだらあきません、とくに3人横並びは日本国中、どこでもあきません~今日のお店:大阪九条の「白雪温酒場」。

記事はこちらから ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

久々テクテク探訪は「千鳥橋」駅から春日出方面へ、最後にエエ店発見!「小林商店」立呑処^^)

【2016年6月9日(木)】

大阪 此花区春日出 「小林商店」立呑所

このところ、どうもしっかり呑めていないheart03

しっかり酒場探訪が出来ていないと一人反省しきりcoldsweats01

ということで今日はしっかり探訪してみますdash

午前中はちょいと業務遂行、夕方からは福島で飲む予定、

ならば、それまでどこかテクテク探訪してみましょうwink

つらつらと未探訪エリアをいくつか思い浮かべますhappy01

うん!そうだ、ずいぶん前にこちらの本(前後篇有)で、ちらっと出てきた地名がありました、

大阪は此花区の“春日出”shine

たしか、ここら辺りにも何軒か立ち飲みがあるみたいです、

“春日出”へは行ったことないですが、“梅香”の交差点の西側のようです、

“梅香”交差点近くには魚が旨い居酒屋「金生」(きんせい)がありますので、なんとなく土地勘はありますwink

ではでは、今日は春日出探訪と参りましょうdash

エエなあlovely

こういうモチベーションが高い日はエエ呑み方が出来るはずですup
(と、一人盛り上がる、一人鼓舞happy01)

電車は阪神なんば線の「千鳥橋」駅で降ります、

「金生」へ行くときもここから歩くので慣れたものです、

でも、春日出の立ち飲みの店名が分かりませんsweat02

スマホをいじりますが上手く出てきませんね、

まあいいや、なんとかなるでしょう、

とりあえずこのまま梅香交差点まで歩きますか、、、

と、歩き出してすぐに右手に立派なアーケードの商店街がありました、

「四貫島本通商店街」だったかな?

なんとなく魅かれたので入ります、

いきなりの予定変更ですが、

酒場探訪の本分は米海兵隊と同じ『臨機応変』ですsign01(なんのこっちゃcoldsweats01)、

大きな商店街ですが、周辺には立ち飲みや酒場はないようです、

「千鳥橋」駅方面から来る商店街とも斜めに合流、

そのまま突き抜けると堤防の階段に突き当たります、

これを登って振り返り写真をパチリ、

011kai

あら!出たところは商店街の名前が変っていますね、「森巣橋筋」ってなってます、

川?(結構大きな堤防のある川)を越えると右手に「鴉宮」がありました、

012kai_2

3本足の鴉の縁起説明、日本サッカーもこの八咫鴉ですねflair

こんな酒場がありました、残念ながらまだ開いてないです、

014



阪神なんば線の「伝法」駅を過ぎて、43号線を渡ります、

なかなか酒場に当たりませんねsweat02

 

ここらで左に道を取って“春日出”方面へ戻りたいところですが、、、

さっきの大きな川を越えることが出来ず、ぐるりと回り込んで43号線沿いの橋を渡ります、

ここで川を見ると、、、

大きな川、と思っていたのですが、暗渠になっていますね、こりゃなんだ?

あとで調べると、どうもこの下を阪神高速道路が走っているようです、へ~、知ららなんだflair

ふ~、ここまで30分以上歩いていますが、やっと春日出に来たみたいです、

なんとなくの勘で道を選んで西へ進むと、、、

ありました、本日最初の角打ち「高祖酒店」ですheart02

015kai

パッと見は分かりませんが、覗くと左側の入口の中に立ち飲みカウンターがありました、

やた!ついに発見ですhappy01

嬉しい~、テクテク探訪、大概はこうして酒場に突き当たるんです、これが醍醐味~shine

でも、まだ開いていないようです、

時計を見ると17時10分ほど前、17時開店かな?

他にどこもなければ後で飲みに来ましょうgood

で、すぐ向かいにも角打ちがありました、

016kai_2

「大阿久酒店」、

ここも店内に立ち飲みカウンターが確認できますが、、、まだ開店していないのかな?
 

ここもキープ、

そのまま進むとアーケードのある商店街に出ます、これが「春日出商店街」かな?

017kai

ここにも酒屋が、酒屋密集地、でも、ここは飲めないようです、

さらに商店街を歩き、大きな通り(北港通り)に出る手前でまたもや酒屋発見、

019

でも、ここも飲めないようですheart03、酒販店みたいです、

で、ふと振り返ると、、、

あ!!
ありました!酒場です、間違いなく飲めます、営業中です、

020kai

「小林商店」立呑所、エエ感じですやんheart02

やりましたね、本日初の成果です、嬉しいな~happy02

ではでは、入りましょうdash

大き目のコの字カウンター、詰めれば20人近く立てます、

右の壁側には立ち飲みテーブルもあります、

カウンターの中には大将とお姐さん、右側のカウンターに取り付きます、

入ったところのコの字縦棒は引き戸との間が狭く、

目の前に3段の冷蔵ショーケースがど~んとあるので、あまりエエ席ではないみたいです、

とりあえずの「麦水」350円也で喉を潤します、

022



この辺り、というか九条から西九条にかけては“小林酒店”が3~4軒あります、

ここもその流れなのかな?

肴は、、、そんなに安くないです、

023kai

昨今の盛り場立ち飲みの激安価格からするともの足りませんが、ここはここで独自のエリアマーケティングがあるはずwink

これで成立しているのでしょう、

ショーケースをじっくり観察して「イワシ煮」350円也にします、

027

先客6~7人はすべてご近所の常連さんでしょう、

そこにまた4~5人入店、仕事終わりですね、皆さんお仲間です、 

独自の顧客囲い込みマーケティングに成功していますhappy02

壁には日本酒のラベルがびっしり貼ってあります、

028kai

ワタシの好きな銘柄もある、日本酒も揃っているのかな?

探しましたが、リストになった日本酒メニューはありませんでした、

壁の短冊メニューから選ぶんですな、

今日はこの後、福島で日本酒呑む予定ですので止めときます、

「麦水」をお代わり、

あ、床は打ちっぱなしな感じで、灰皿代わりになってますね、

034

このスタイルも割と好きですheart02

カウンターに灰皿が並ぶより、こっちの方がずっとエエです、

はい、これでお勘定です、明朗会計、

此花区春日出の「小林商店」立呑所、エエ感じでしたshine

久々のテクテク探訪で成果が出てヨカッタ、

やはりこういう飲み方がエエなあ、

このところ盛り場の新店を追いかけることが多かったですが、やはりこういう地場下町酒場探訪が面白いですね、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

次回は、行けなかった他の角打ちも探訪しなきゃいけないので、また来ますねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

早い時間から開いてます、弁天町駅前の「なかもと」、大阪最大の酒場ではないでしょうか?こんなに広かったんだ^^)

【2016年4月22日(金)】

大阪 弁天町 「なかもと」

市岡の「太田酒店」で飲んだ後ですhappy01

並びにある、リニューアルした「きむらや」を覗いたのですが、、、

018

残念ながら17時~の営業とのこと(残念ながらって、普通の営業時間です、飲むのが早過ぎheart03)、

あと30分ほどあります、

う~ん、ちょっと待つのは辛いなあ~sweat02

では、とりあえず「弁天町」駅まで戻って、あそこへ行きましょうか、

交差点の地下道を潜って駅の東側に出ます、

ロータリーがあり、左手の道には何軒か飲み屋が並んでいますが、、、

なんといってもここでしょう、「なかもと」、

022

以前、探訪に来た時にはあまりに王道の酒場に見え、、、

なぜかスルーしてました(天邪鬼coldsweats01)、

でも、あれ以来、気になっていました、「なかもと」、今日は入りますdash

何時からやってるんだろう?ひょっとしたら通し営業ですか?な感じ、

ここは絶対開いているだろう!の期待を裏切らない、な感じですshine

で、今ももちろん開いています、

時間は17時前、あ、「きむらや」からここへ来るのにちょいと寄り道してました、

おお、広い店内sign01

031

いや本当に広い、入ったところにカウンター15席くらい、

大きな島テーブル、普通のテーブル席、70席?いや、奥が深い100席くらいあるのか?

え!?それに2階もあるの、こりゃ大阪でも最大級の酒場ですなhappy02

東京でこれだけの収容人員というと、

虎ノ門の「升本」とか、北区王子の「山田屋」shine、そんなところが思い浮かびます、

雰囲気はどちらかというと「山田屋」に似ているかなhappy01

この時間ですでに30人は入っている、

はは、笑える、みなさん、精進したはりますwink

お姐さんに入ったところのカウンターに案内されます、

これだけ広いのでフロアには何人ものお姐さんがいらっしゃいます、

さすがにベテラン、手慣れた客捌きですgood

「麦水」370円也(立ち飲みに比べると高いsweat02)、

023

料理は目に付いた「土手焼き」330円也、

024

おお、濃厚な味噌味、こりゃ美味しいですheart02

肴のメニューがずらり、

026kai

立ち飲みに比べるとちょっと高い感じ、でも、なんでもあります、なんでも来いですshine

カウンターの前のショーケースを覗くと「かれいの煮付け」が目に入ります、注文、

手元のメニュー、

025

全10品『普段の宴会に!お手軽宴会コース』1550円也(税込)

全11品『各種宴会におすすめ!大満足なかもとコース』2060円也(税込)

全12品『いつもよりグレードアップ!贅沢中本コース』3100円也(税込)

なかなか上手いコピーワークですhappy02

的確に商品のポジショニングが表現されていますgood

にしても、2品増えるだけでお値段倍増の『贅沢なかもとコース』、

う~ん、これを一回頼んでみたいwink

「かれいの煮付け」が来ました、

030

うん、美味しい、ちゃんとした酒場の煮魚です、

エエ感じになって来ました、「麦水」お替りね、

そういうと、ここも床は四角いタイルでしたね、タイル好き、heart02

お姉さん達も揃えのTシャツに黒いエプロン、

この辺りの感じは神田のスクエアな「大越」な感じか、

はい、これでお勘定です、1550円也、

「弁天町」駅前の「なかもと」、大阪最大規模(席数)の老舗酒場かもしれません、、

好みの酒場です、もっと早くに入ったらよかったわshine

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04



さて、今日はリニューアルした「きむらや」目当てで来ましたが、もうこれくらいにしておきましょう、

「きむらや」はあらためて探訪いたします、

ここから電車に乗っても良いけども、てくてく歩きましょうか、



と、途中でこんな店発見!

036

今日は無理ですheart03、ここもあらためて、

ここの前も通りました、

038kai

ここはさすがに一杯だけ飲もうかと悩みましたが、でも、スルー、

ま、そろそろ鱧も出るでしょうから、またあらためてねlovely



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

ちょっと早いですが飲みに行きましょ、市岡のリニューアル店を目指しますが、、、まずは「太田酒店」へ入店。

【2016年4月22日(金)】

大阪 市岡 「太田酒店」

大阪で打合せ~所用終わり、ちょっと早いですがどっかで飲みましょかhappy01

ちょっと考えて、地下鉄中央線で「弁天町」駅を目指します、

雑誌「Meets」を読んだら、市岡の「きむらや」がリニューアルしてますshine

1年ほど前かな、一度探訪しています、

酒販併設型の角打ち、お近所の常連さん中心、椅子あり、居酒屋な感じ、でも若いお客さんが多い店でしたね、

それが雑誌の写真で見ると、えらい綺麗な立ち飲みに変身したようです、

時間は早いですが入れるかも、、、ちょっと覗いてみましょうwink

地下鉄「弁天町」駅で降ります、

この辺りも下町の匂いがするエエ感じの街、、、なはずですが、

弁天町の交差点自体は中央大通りと国道43号、地下鉄高架と阪神高速高架が交差する大きな交差点になってしまい、駅前の雑踏はだいぶ姿を消してしまったような気がしますsweat02

お目当ての「きむらや」は、弁天町から200mほど南にある「市岡元町3丁目」の交差点裏にあります、

弁天町駅前の大きな交差点を渡るのも一苦労、東西には横断歩道がないので地下歩道利用となります、

国道43号線沿いに歩いて数分で市岡元町3丁目の交差点、

これも渡って港通りを西に進み一つ目の路地を左へ、ですぐまた右に曲がると「きむらや」があります、

018

おお、綺麗になってますねwink

雑誌の記事はホンマやったんや(当たり前ですhappy01)、

戸口は解放されていますが、まだ営業していない風情、

時間は、、、あら、まだ16時前ですか、そりゃまだ開いてないわな、16時からかな?

では、この辺りで時間を潰しましょうか、

港通りに「富士屋酒店」があります、

もう開いているかもしれませんが、近くにもう一軒、未探訪の角打ちがあります、まずはそっちを覗いてみましょう、

ここです、「太田酒店」、「きむらや」と同じ通りにあります、

013

ここも酒販併設型ですが、角打ちコーナーは酒販コーナーを通り過ぎた奥にある珍しいレイアウト、

店の奥の方に、角打ちの暖簾が掛かっています、

もうやっているのかな?入ってみましょうdash

暖簾をくぐると奥にお父さんが座ったはります、

おとうさん、あ!っな感じ、

あの~、もう飲めますか?

あ、5時からなんやけどね、、、

あら、そうですかheart03、暖簾掛かってたんで入ってしまいましたsweat02

ええよ、ほな飲んでって、

ということで、超フライングですが飲ませていただきますwink

飲み物はいろいろあるみたいですが、酒販スペースにあるリーチインからも取り出せるようです、

缶の「角ハイボール」にします、

014

缶はサントリー、ジョッキはニッカのコラボですhappy02

角打ちスペースは短いカウンターと反対側の壁際にもカウンター、珍しい“二の字カウンター”、

床は、ワタシ好みのスクエアなタイル、

017

カウンターの上のショーケースに肴の皿が並んでいます、

ウインナ、鯖塩、卵焼き目玉焼き、イカ串、下足唐揚げなどなど、

え~っと、それは?「オムレツ」ですか?それください、



お母さんも出て来られました、ご夫婦経営、

お母さんがチンをして「オムレツ」、出してもらいます、

015

スイマセン、早くから飲ませていただいてます、

今日は暑いのでちょっと一杯飲みたくて寄りました、

ホント、今日は暑いよね~、

ということで、しばし歓談happy01

昔はこの辺りも会社がたくさんあり、角打ちも賑わったそうですが、

今は人も減り、昼間は休憩されているそうです(昼前後は営業されている、ということだったかな、たしか、、、)、

たしかにこの界隈、角打ちが多いです、昔は賑わってたんでしょうね、

“市岡”という地名もなにかエエ感じのイメージです、上岡竜太郎さんのおかげかな?happy02

一人飲んでると、お父さんとお母さんで奥から扇風機を出してこられました、

扇風機を2台、1台は上の方に置くちょっと小さいのん、

ワタシが汗をふきふき飲んでたからかな?happy01

もう暑くなったので扇風機出しときますわ、

ほんま、今日は暑いですからね、ふ~、

さて、これでお勘定にしました、580円也、

早くから飲ませていただいて、ありがとうございました、

市岡の「太田酒店」、ご夫婦で角打ちやったはります、

元気で続けてくださいませ、おおきにでした、

ごちそうさん、また来ますねheart04



では「きむらや」をもう一度覗いてみましょう、

あ、お母さんがおられます、

あの~、もう飲めますか?

17時からですねん、

あら~heart03、そうですか、はい分かりました、

時間は16時30分頃、うむ~、さてどうするかなsweat02

(つづく)

この日のランチは福島のカレー「ぱんにゃ」でカツカレー、

011

このビジュアルにやられましたhappy02、もちろん、美味しいカツとカレーでしたheart02、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

今シーズン最後の贅沢です!九条の清水屋商店「ごろごろ亭」で“河豚コース”をいただきました^^)

【2016年3月2日(水)】

大阪 西九条 「なかの」~九条「ごろごろ亭」

今日は今シーズン最後のあれをいただきますheart02

お店は九条の清水屋商店「ごろごろ亭」ですhappy01

でも、その前に恒例のフライングhappy02

「西九条」駅を降りて駅前で立ち飲みを物色します、

え~っと、ここは入ったことないですよね、「なかの」、

040

比較的新しそうに見える綺麗なお店shine

大正に「なかの」系のお店が数店ありますが、そこと関係あるのかな?

とりあえず、入りましょうdash

15~6人立てるコの字カウンターと左手には座りのテーブル席もありました、

とりあえず「麦湯」、

そして肴は、、、迷った末に「ししゃも」280円也にします、

にこやかな大将、今から焼きますので!とのこと、

そうか、まずはもっと早く出るものを注文すべきでした、よくやる失敗sweat01

でも、とりあえずの「○○」とかいう注文、あんまり好きじゃないんだよな~、

待つことしばし、「ししゃも」来ました、

042

丁寧に焼いてもらいました、

そして、、、ボリューム満点ですhappy02、大振りのシシャモ、4尾、

これは参った、これからがっつり食べる予定のフライング、

もうちょっと軽いのにすべきでしたsweat02

とりあえずの、、、が、ヨカッタみたい、反省coldsweats01

見ると、ここ「なかの」、肴・料理は全体にボリュームあります、

人気の源泉のようです、

18時過ぎですがすでに8分の入り、人気ですね、

さて、シシャモをむしゃむしゃいただいて、お勘定です、

スイマセンね、愛想なしで、でも好感です、

西九条の立飲み「なかの」、また来ます、そして次回はゆっくりと飲ませていただきます、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、安治川の地下通路を通って九条きらら商店街に入ります、



商店街の中程で右手の路地に入ると清水屋商店「ごろごろ亭」があります、

045

前回訪問時に予約のみの“てっちり”があることを教えていただきましたshine

そろそろシーズンが終わる河豚料理、

今日は最後の“てっちり”コースを3人でいただきますlovely

ちわ~、

ここ「ごろごろ亭」、、、引き戸を引くと、、、目の前にお客さんが座っておられますhappy02

そこには隙間なし、奥の席へ行くには一旦全員起立!なレイアウトです、



初めての時はちょっと面食らいますが、大丈夫です、明るくフレンドリーなお店ですheart02

この日もすでにカウンター席8席ほどは満席、相変わらずの人気ですね、

ワタシ達は左手のテーブルスペースです、スイマセン、失礼いたします、

一人がちょっと遅れるとのことなので、まずは瓶ビールと一品料理で繋ぎます、カンパ~イ、

048

日本酒メニューが貼ってあります、

050

2番目は『亀泉』(ぼったばっか)、、、“ぼったばっか”ってなんやろね、

う~ん、“しぼったばっかり”のことかな?

とか云いながら、しばし眺めていると、、、

あ!これってflair、、、“『亀泉』しぼったばっかり”ですやん!!

二人とも()に見えたのは字でした、なんか、だまし絵のあったような気分で爆笑happy02

ほどなく3人目も到着、ではでは、「てっちり」コース、お願いしますheart02

河豚は予約のみ、市場での入荷を確認してからの予約確定でした、

今日の河豚もエエ感じだそうですgood

まずは「てっさ」、

058

ねっとり濃厚な味わいです、

「河豚皮湯引き」、

057

これ、“てつ皮”とも呼ぶそうです、初めて聞きました、ビックリポンや!happy01

そして「てっちり」、

055

河豚のボリューム満点です、これは凄い!

大将、ありがとうございます、ではではいただきますdash

うん、身の部分が多い!骨ばってないのでどんどんいただけます、嬉しい~lovely

当然もう、日本酒に行ってます、

この日の日本酒はこんな感じ、

0581
059
062

燗酒は「松の花」と「金鯱」だったかな、

064
067

まだ飲んでます、

066

大将のお勧めで「月桂冠」伝承、

月桂冠というとちょっと??な感じもしますが、たしかにこれは上等なお酒でした、

068


〆はもちろん「雑炊」で、

069

ふ~、お腹一杯です、酒も良く飲みました、

九条の清水屋商店「ごろごろ亭」、角打ち?ということで良いでしょう、

アットホームな楽しいお店です、

ゆっくり美味しい肴でお酒がいただけます、河豚料理も美味しかったです、

大将もエエ感じ、おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

九条きらら商店街中程の「清水屋商店」の角打ち「ごろごろ亭」へ、良い方に裏切っていただきました、そして「白雪温酒場」へ。

【2015年12月8日(火)】

大阪 九条 「ごろごろ亭」~「白雪温酒場」

今日もテクテク、“箕面の滝”へ行った後ですhappy01

石橋で軽く飲んだ後は、大阪九条で飲み会です、

お目当ては久しぶりの「白雪温酒場」heart02ですが、その前にフライングで一軒行くつもりcoldsweats01

まずはワタシ一人で「ごろごろ亭」を目指しました、

“九条きらら商店街”の中程に、エエ感じの店構えの酒屋「清水屋商店」があります、

029_2
(写真は別の日の撮影です)

何度も前を通ってます、

ずっと“どうやら角打ちはないらしい”と思っていたのですが、、、

先日、前を通ると店の横に看板が出ていましたshine

030_2

お!ついに角打ちが出来たのかな?やった~flair

どうやら店の脇の路地側に入り口があるみたいです、

これは楽しみが増えましたwink

ということで、

今日は「白雪温酒場」の前に軽く飲んでいきましょう、という目論見です、

時間は18時過ぎ、

022

はい、今日もちゃんと看板が出ています、

路地を入ると暖簾が出ています、

中からは明るい話声が聴こえます、引き戸の刷りガラス越しに中の様子を窺うと、、、

あら?てっきり角打ち⇒立ち飲み、という思い込みがあったのですが、

どうやら椅子があるようです、

おお、ちょっと怯みますsweat02

昼間にも「箕面」駅前の角打ち「梅原商店」でも、

常連さんの迫力に押されて入店をあきらめています(気弱いsweat01)、

一旦、表まで戻って看板を確認、うん、ここですよね、大丈夫ですよね、

ということで、勇気を振り絞ってあらためて引き戸を引きますhappy02

ちわ、

いらっしゃい、

なるほど、小料理家風のお店でしたshine

背中に余裕のないL字カウンター、先客がお二人、

カウンターの中には若い大将、角打ちですが座りということですね、

あとでもう一人来るのですがイイですか?

どうぞ~、

ということで入店完了ですgood、ヨカッタhappy01

とりあえず瓶ビールを頼んだかな、ふ~、お疲れ様でした、

予想とは違いましたが、こうして座ってみるとエエ感じで落ち着きますねlovely

メニューを見てみると、これまたエエ感じです、

刺身・魚系も充実、

他のメニューも良さげだし、カウンター上に並んでいる皿の料理も美味しそうです、

こりゃ入って正解ですなgood

飲み友に店の場所を連絡、もうすぐ来そうです、

では、料理も頼んでおきましょう、

お造りは「たこ足(生)」430円也と、

025

「かきの天ぷら」480円也、

028

うん、両方とも美味しかったです、やはり料理は期待できますねheart01

飲み友1名入店、もう一人来ることになったそうです、了解、

ビールで乾杯したあとは日本酒にします、

大将、「お酒もいろいろありますよ」と積極プロモート、

027

まずはワタシは大将のお勧め「誠鑑」、

広島竹原のお酒ですね、うん、優しい旨味のワタシ好みの酒ですshine

飲み友は土佐の「亀泉」、

029

これもイケましたhappy01、インパクトのある“辛くて旨い”タイプかな、

両方ともコップに並々+溢してもらいます、

これは正一合ですね、

いや、それ以上入れてますsign03、と大将、、、エエキャラです、

料理を追加、カウンターの上にあったので食べたくなりました、

「鰻の蒲焼き」450円也、

030

やはり、鰻は美味しい~happy02

大将に訊きます、

ここはいつ出来たんですか?

もう、30年くらいやってます、

あら!!失礼いたしましたsweat01

ワタシが気付いていなかっただけなんですね、

そうですか~、いやはや、いつまでも修行ですcoldsweats01

飲み友、もう一人も入店、これで揃いました、

ここ、料理、美味しいからね、メニューから選んでみて、、、

う~ん、じゃあ「たこ足(生)」を、

はは、やはりhappy02、それは先に頼んじゃいましたわ、

ということで、これは「あおりいか」450円也、

032

それと、味違いで「マーボー豆腐」430円也、

031

料理は全部美味しいですwink

と、4人連れが来店、あ、入り口の脇に小さなテーブル席がありました、

4人で鍋の予約みたいです、

また大将に訊きます、

何鍋ですか?ほう、河豚ですか、エエなあ~、

いくら?時価!?

でも絶対に他より安いですよ、とのこと、

いいですね、これは一度予約で鍋も来るべきですね~dash

さて、あとはこんなビールや、

033

定番酒を燗でいただきました、

034

定番酒は「松の花」、滋賀県高島市の酒らしいです、

はい、ご馳走様でした、お勘定です、

うん、え!?3人で5000円を切りましたsign01、安いですねflair

九条きらら商店街からちょっと路地へ、

「清水屋商店」の角打ち「ごろごろ亭」、

料理もイケる、日本酒もあります、店の雰囲気も良し、気に入りました、

次は鍋で再訪しなきゃいけません、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04heart04

この後は予定通り「白雪温酒場」へ、

ここではもちろん錫のちろりで燗酒heart02

036

「きずし」に、

037

「なまこ」、

038



「しらす」に、

039



「オムレツ」、

040



で燗酒、お勘定はちろり積み上げ方式ですhappy02

041



はい、今日はこれくらいで帰りましょう、

「白雪温酒場」、いつもおおきにです、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

大阪港、なんか郷愁を誘う街、、、のような気もします^^)まだ、角打ちが残っていますね、「おおさわ」から「仲野酒店」へ。

【2015年10月22日(木)】

大阪 大阪港 「オオサワ」~「仲野酒店」

今日は大阪港で飲みますhappy01

大阪港、、、

地下鉄の「大阪港」駅があります、水族館「海遊館」もあります、

大きな観覧車もあります(一度乗ってみたい、けど、高所恐怖症happy02)、

でも、やはり港です、港湾関係の会社もまだ多くあるはずです、

その分、酒場や立ち飲みがあるのではないかな?

以前、一度来て「あわや食堂」でランチ(名物カレー)しましたね、

今日は16時前に「大阪港」駅に到着、ではでは探訪してみましょうdash

駅の北側は「海遊館」へ続くみちです、

南側の方が生活の匂いがします、こっち側ですなwink

一筋南側を歩いてみる、、、さっそくとありました!

005

これは立派な酒店です、「オオサワ」、そしてちゃんと角打ちがありますshine

012

立ち飲みですね、ではでは入りましょうdash

ほう、エエ感じです、タイルの床、好きですheart02

奥に長い、途中で緩いクランクがある変形カウンター、

先客は1組2人、カウンターの中のお母さんはいろいろ開店準備中で忙しそうです、

あ、奥にはテーブルスペースもあるようです、広い店ですね、

006

飲み物は「麦水」、

007

そしてカウンター奥にあるショーケースから「高野豆腐」をお願いします、

メニューはこんな感じ、

009kai

お母さん、ちょうどいろんな料理をせっせと作ったはります、

手作りです~、一皿200円~250円也、

BGMは昭和歌謡note

それも結構古いディープな歌謡曲とか演歌がかかっています、村田英雄とか美川憲一とか、ワタシも知らない曲も、、、

相当古い曲ですhappy02

これでお勘定です、470円也、焼酎270円也、「高野豆腐」200円也ですね、

大阪港、1軒目は「オオサワ」、王道のタイル床角打ちでした、

ごちそうさん!また来ますねheart04



 

もう一軒行きましょかhappy01

同じ通りを少し行くと「仲野酒店」があります、

014

ここも大きな構えの酒店です、店の左側が角打ちスペースですね、

「おおさわ」から徒歩1分くらい、こんな近くに酒店が並んでいたんですね、

こちらも暖簾が出ています、ではでは入りましょうdash

広いスペースに一本カウンター(いやL字カウンターですが、底辺はいろんなものが置いてあって立てない感じです)、先客なし、

021

ここも床がエエですわwink、コンクリート?打ちっぱなし?みたいな床です、

大将が出て来られたので、ここでも「麦水」、

017

ここはセットで出てきました、焼酎、水、氷の3点セットです、

こういうセットで出て来るのん好きですheart01、これで2杯作ることにします、

肴・料理はカウンターの上に並んでいます、

味醂干し、手羽先、焼き鳥、唐揚げ、めざし、焼き魚、煮魚、蛸、



壁側のリーチインにも小皿があります、

蒲鉾、ウインナ、焼売、枝豆、白菜、たらこ、などなど、

他におでんもあるようです、

とりあえずリーチインから「サラダ」を取ります、

018



大将に話しかけられました、

仕事ですか?

ええ、まあ、、、ああ、はい、ちょっと(言葉濁してますcoldsweats01)、

こういう店で飲むのが好きなもんで(ちょっと告白happy02)、

昔はこの辺りに8軒あったけど(おそらく酒屋の角打ちが)、今はもう2軒しかないですわ、

と、奥からお母さんが、

横田さんとこもあるから3軒よ、と、合いの手が入りますhappy01

なるほど、やはりこの辺り、昔はもっと飲み屋さんが並んでいたんでしょうね、

残りの焼酎でもう一杯「麦水」を作って、肴は「唐揚げ」、

温めますか?

お願いします、

019

お、この唐揚げ、美味しいですやんflair、自家製かな?

はい、これでお勘定です、950円也、

大阪港の「仲野酒店」、

お近くの「オオサワと共にしっかりエエ店が残っていましたshine

こちらは打ちっぱなしの床、蒼然とした壁板がよろしい感じでした、 

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

大阪港の角打ち、もう一軒はここのようです、

016

同じ通りにある「横田酒店」、

暖簾には“立呑処”とありますが、ちょっと覗くと椅子があるようです、

今日はまだ予定があるので、ここはあらためて探訪しましょう、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪北部(十三西中島東三国茨木高槻) | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部(京阪沿線) | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番