カテゴリー「新橋虎ノ門浜松町」の32件の記事

2016年8月 5日 (金)

9か月振りの東京、最後の1軒は新橋の「野崎酒店」、日本酒大好きな感じありありでした。

【2016年6月14日(火)】

東京 新橋 「野崎酒店」

9か月ぶりの東京、2日目の最後の店は新橋でもう一軒ですshine

「かねまさ」で軽く飲んだ後です、

ではもう一軒、すぐ近くにある「野崎酒店」へ行ってみましょうwink

昨晩、ホテルの近くで偶然見つけた五反田「野崎屋」と同じ系列のお店みたいです、

五反田「野崎屋」では美味しい酒と、銅に錫メッキした酒器を教えてもらい好感heart02

今日の新橋「野崎酒店」も期待していますよ、

お、ここですね、外観もなんとなく「野崎屋」と同じテイストです、

129kai

安心、安心、ではでは入りましょうdash

左にカウンター8~9席と、右はテーブル席になっています、

一人なんですが、、、予約?していませんが、、、

フロアはお兄さんが二人で担当、

が、なにやら、いきなり剣呑な雰囲気で相談されていますsweat01(ワタシの勘違いか?coldsweats01)、

あは、なんか予約なしだとハードル高い感じですsweat02

でも、とりあえず入店許可が出ました(ほ!happy01)、

カウンターの真ん中辺りに着きます、

カウンターに一人客がお二人、テーブル席は2人席2つは埋まっています、

あとは入口近くの3人テーブルのみ、

さっそく日本酒へ参りましょう、

カウンター上にはこんなメニューが並んでいます、

Kai

なんか高いお酒ばっかりにちょっとビビりますが、

手元には他の日本酒のメニューもありました(ほhappy01)、

で、その中から「白瀑」純米360円也にします、

昨日、五反田でここの蔵の定番酒「大漁ラベル」を飲んだご縁で今日も行ってみます、

お兄さんが注ぎながら酒の説明をしてくれます、

強面な感じですが、ここら辺はさすがにしっかりしてます、

130

“瓶詰後の火入れ”とのこと、

う~ん、日本酒の製造工程をもっと勉強しないといけないな~sweat01

分かりましぇんcoldsweats01

最近はテクニカルな製造方法名称がいっぱいあって、

なにがなんだかよく分かってないワタシです、不勉強、飲むだけな人happy02

で、飲むと、、、お、好きな酒ですheart02

個性と主張があります、辛い?発泡もあって嬉しい、

お酒の具合は良さそうですね、グラスは七合、値付けも良心的な感じです、

お通しが出ます、「温泉玉子」、

131



料理も一品頼みましょう、

メニューで魅かれた「上レバー刺身」680円也にします、もちろん鶏ですな、

カウンターの中には板さんが3人、料理も期待させます、、、

が、、、

会話を聞いていると、なんと外国の方でしたcoldsweats01、たぶん、、、

これにはビックリ、白い調理服を着ていらっしゃったので、てっきり日本人だと思い込んでました、

注文への返事とか、気合の声出しも様になっています、

なんか凄いなあ、外国人パワー、

で、もちろん料理も全く問題なし、

和メニューというか酒場の料理がちゃんと出てきます、さすが、

はい、「上レバー刺身」、

132

好物ですshine

たれはたしか醤油、胡麻油、もう一つから選べましたが、もちろん胡麻油+塩でいただきます、

美味しいheart02、イケます、

日本酒をもう一杯、「水尾」にします、長野の辛口だそうです、

133

うん、すっきりと美味しいhappy01

最近はこういう酒も好きになって来ました、

暑い時期は確かにこういう酒もエエかもしれません、

さっきと違う方のフロアのお兄さんが説明してくれます、

やはり詳しいですね、日本酒がほんとに好きな感じですgood

何組は来店あります、予約の方は入口横の階段へ、、、2階があるのかな?

と思っていたのですが、、、

帰りがけに見たら地下への階段でしたflair

地下フロアで予約受けたはるんですね、

で、予約のない方は、、、やはり入店できないみたいですねsweat02

現状、1階はまだまだカウンターに余裕がありますが、

ここも予約で埋まるのかしら、

かたや、常連さんにはとってもフレンドリーな対応です、んな感じです、

ま、ワタシはこれでお勘定です、2000円くらいだったかな?忘れましたsweat02

新橋の「野崎酒店」、ちょっととっつきにくい感じがあります、五反田とは違う雰囲気、

でも、さすがに日本酒大好きな感じはありありと、、、

日本酒目当てで来てください!ということかな、
 

ごちそうさん!また来ますねheart04

新橋駅前ビルの「丹波屋」で蕎麦を手繰って、新幹線に乗ることにします、

138

9か月ぶりの東京、やはり楽しいな~shine

次回は10月の予定です、それまでしばしの別れじゃ~wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

9か月ぶりの東京2日目、今宵は新橋です、まずは立ち飲みの「かねまさ」でホッピーをグビっと^^)

【2016年6月14日(火)】

東京 新橋 「かねまさ」

9か月ぶりの東京2日目、今日も飲むぞ~happy01

午前中に人と会い、

もう一件、急な依頼で元会社へ行って要望通達、無事完了good

ランチは元会社の同期と虎ノ門で蕎麦、

東京の蕎麦探訪の記事はこちら、

で、午後からの予定がキャンセルになったので、、、暇ですwink

そこで、昨晩、五反田の「野崎屋」で見かけた酒器を求めて浅草合羽橋商店街へ、

066_2

こちらでもなんなく酒器発見flair、ラッキーでした、10分でミッション完了、、、

暇ですhappy02

ので、浅草をブラブラ、

ホッピー通りで飲む?

うむ、、、まだ早いか?いや、みなさんもう飲んだはりませすよ~、

103kai

エエ人と油断ならぬ人が心の中でせめぎ合いthink、、、

結果、自重happy02

昼も蕎麦でしたが、ここはもう一度蕎麦でも手繰ろうと蕎麦屋探訪、

こことか、

104

ここ、

108



で、最後はここに決まりました、洋食「アルプス」の並びになる「翁そば」、

111kai

ここも風情のある蕎麦屋です、

110

蕎麦もなんか、ゴロッとしながら美味しいheart02



で、時間を潰して、やっと新橋へ、

今宵は新橋の未訪問店へ行ってみます、

なんせ9か月ぶりの東京、

新橋で飲むのは1年振りくらいか?店も変ってますよね、

烏の森神社参道角にある「王将」、

117

時間が早いから開いてないのか?まだ、営業しているのかしら?

「くら島」、「大露路」の健在を確認、

ぶらぶら歩いていると、ここが開店前で凄い行列になってました

128

「魚金総本店」、(写真は帰り掛けなのでさすがにもう列は無し)

人気のようですね、

で、やっと今日の1軒目は立ち飲みの「かねまさ」、

知りません、いつ出来たのでしょうか?

121kia

17時開店、もう賑わってますね、ではでは入りましょうdash

L字カウンターと立ち飲みテーブルがいくつか、

入り口が2ヵ所でオープンな感じ、表にも立ち飲みテーブルがありますね、

中のカウンターに案内されて、まずは飲み物、

東京に来たならやはり「ホッピー」かな、



「ホッピー」下さい、

白か黒は?

白でお願いします、

122

はい、氷たっぷりの2杯飲めるタイプ、うん、ワタシはこれの方が好きです、

ストローが付いてましたが、これは吸うのではなくマドラー代わりwink

肴はっと、、、ここは王道で「刺身三点盛り」580円也にしましょう、

内容は、、、あ、単品メニューから選べるんですか?

値段に関係なく、どれでも良い、

ほ~、これは親切なメニューですね、

ではでは、「真蛸」、「平目」(これ高い)と、

好物系の「かんぱち」(「はまち」がなかった、東京は「はまち」少ないです)にします、

最近の大阪の立ち呑み、料理の進化もすさまじく、

相当高いレベルの刺身も安価で出てきますからね、

ちょっと、大阪の立ち飲みと比べてみたかった、というのもあります、

はい、「刺身三点盛り」、

123

うん、まあまあなボリューム、で、美味しいですよ、真蛸もイケますshine



裏なんばの「もんぞう」辺りと比較するのは、、、ちょっと酷ですね、

新橋でこのクオリティは十分満足でした、

「ホッピー」中をお替りして、これでお勘定です、1100円也、

新橋の「かねまさ」、イイですね、

カジュアルな立ち飲み感覚、ちょっと関西風かも、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、もう一軒、行ってみましょかhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

チョー久しぶりの東京滞在で蕎麦三昧です、「たかね」~「長寿庵」~「大吉田」~「翁そば」~「丹波屋」へ、東京の蕎麦屋大好きです♡

【2016年6月13日(月)】

東京 蕎麦5題 茅場町「たかね」、「長寿庵」、虎ノ門「大吉田」、浅草「翁そば」、新橋「丹波屋」

久しぶりに東京に来ましたhappy01

いつ振り?

昨年2015年の9月か10月に来て以来ですね、指折り数えると9ケ月か10ケ月ぶりということになります、

これだけ長い間、東京に来なかったのは35年振りくらいではないでしょうか?

社会人になって、大阪に勤務したのですが、

本社は東京、クリエイティブの仕事で東京へ来ることも多く、

また、2005年からの約5年間は単身赴任で東京に住んでいましたので(あ~楽しかったlovely)、

9カ月も東京へ来ないなんて、ほんとなんか浦島太郎状態ですhappy01

ドキドキしながら東京駅に到着、時間は12時過ぎ、

まずは蕎麦が食べたいですshine

うどんも好きですが、蕎麦も大好きheart02

でも、関西では手軽に食べられる蕎麦屋が圧倒的に少ない、

探せば上品で美味しい蕎麦屋はありますが、

東京なら普通にどこにでもあるような街の蕎麦屋が大阪にはないheart03

立ち喰いうどん屋も多くありますが、蕎麦となると、、、

東京の立ち喰い蕎麦のクオリティにはとても敵いませんsweat02

ということで、9か月ぶりの東京、業務の前にまずは蕎麦からですhappy01



東京駅新幹線北口からメトロ東西線を目指します、

生憎の雨ですが、少し濡れるだけでビルのエスカレータから地下道へ降りれます、

この辺の乗り換え感覚もだいぶ鈍ってますね、さっと最適経路が浮かばない、

あ~東京慣性も低下しているなあ~sweat02

東西線「茅場町」駅で下車、天気が良ければ歩くところですが、雨ですからね、

ちょっと戻って角を曲がるとありましたflair

今日の1軒目のお目当ての立ち喰い蕎麦「たかね」、

007

東京単身赴任中のH氏がよく行っておられるので一度来てみたかったのです、

自販機で食券を買います、え~「天ざる」600円也にします、

安いと云えば安い、高いと思えば高い、不思議な感覚happy01

ここのセルフスタイル、どこかに似てるなあ、と思ったら、

虎ノ門にある「さだはる」と同じスタイルですflair

蕎麦と天ぷらかき揚げはカウンタの中から出していただきますが、

薬味関係はセルフサービスです、

006_2

葱、ワカメ、おろし、天かす、生姜、山葵などがカウンターに並んでいます、

さらには生玉子、茹で玉子までもが!

これはサービスなんでしょうか?分からないので取りませんでしたがcoldsweats01、、、

こういうスタイルは関西にはないですね、

おろし蕎麦、ワカメ蕎麦、月見蕎麦がセルフでできちゃうということです、豪気だね~heart02

麺は平たい麺、機械でひねり出す感じでしょうか?

004

でも、これが美味しいのですgood

そういうと「さだはる」の麺と似てますねflair

こりゃ両店の間にはなにか深い関わりがあるのかもしれません、

「かきあげ」もサクサク、小海老たっぷりで美味しいですheart02

う~ん、やはり東京の立ち喰い蕎麦はレベル高いです、これで600円也は納得、

フリーの薬味を上手く使えばもっと満足感出るでしょうね、

東京茅場町の立ち喰い蕎麦「たかね」、満足です、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

この日はもう一枚「もり」を食べています、

茅場町交差点角の自社ビル地下にある「長寿庵」、こちらは老舗の蕎麦屋さんです、

はい、「せいろ」650円也、

008

う~ん、好みの細めの蕎麦です、量も多めhappy01

「長寿庵」の屋号はここが発祥らしいです、

さすがに老舗の看板に偽りなしでした、

はい、ごちそうさま、また来ますねheart04

さらに!翌日も食べています、

ランチは同期のNクンと虎ノ門の「大吉田」、

089

「ミニかき揚げ丼」とのセットという暴挙に出ましたhappy02

088

ご飯を残す作戦でしたが、、、完食coldsweats01、、、

ここも人気でしたね、食券、椅子ありの店ですが、蕎麦が出るまでに結構時間が掛かります、

蕎麦の出し方がポイント、店の拘りのようでした、

さらにさらに、夕方に浅草の「翁そば」へ、

浅草でもちょっと地味な裏通り、並びに洋食の「あるぷす」がある通りにあります、

098kai

懐かしい小さめのテーブルと小上がりもある、由緒正しい街の蕎麦屋さん、

「もり」が450円也というのも希少ですね、

110

ここも平たい蕎麦でした、でも手打ちかな?これが美味しいのです、

で、つゆがまた辛い、

ちっちゃな器に少しのつゆ、このつゆをちょびっとだけ付けて口中へ運ぶと、、、

あら~不思議、蕎麦の香が拡がって美味しいのですshine

普段のつゆ どぼ漬け状態を反省、

こういうのが蕎麦なんですかね~(まだまだ未熟ですhappy01)、

そうそう、隣りの人の「カレー蕎麦」も美味しそうでした、

小さめの器にカレーがたっぷり、次回はこれにしよう!!
 

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

そしてさらに、まだ食べてますhappy02

新橋で飲んだ後、帰りの新幹線まで少し時間があるのでニュー新橋駅前ビル1Fにある「丹波屋」で〆ることにしました、

076kai

ここも立ち喰いです、「春菊天そば」が有名なのかな?

と、思いつつ、もうお腹が一杯、「もり」270円也+「茄子天ぷら」120円也にしました(結局、春菊そばとあんまり変わらへんしcoldsweats01)、

138

蕎麦はまあ普通(関西なら上等部類に入りますshine)、

ボリュームはあり、庶民の味方ですか、

お隣が注文された「あさりご飯」100円也を見てびっくり、

お茶碗山盛りでした、安~happy02



新橋の「丹波屋」、今度は「菊菜天そば」かな、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

ということで、2日間で蕎麦5食、あ~東京の蕎麦屋はいいな~、また行きたい!!heart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

なにやら気になる店名ですね、新橋の立ち飲み「脱藩酒亭」、広島コンセプトのお店のようです。

オ【2015年2月18日(水)】

東京 新橋 「脱藩酒亭」

雨の東京です、新幹線に乗る前に新橋でもう一杯飲んで帰りますwink

お目当ては「脱藩酒亭」、

最近できたのかな?初めての店です、新橋には「龍馬」という立ち飲みがありますが、今度は“脱藩”ですかhappy02、なんか関係があるのかな?と直感的連想shine

場所は烏の森神社のすぐ西側のようです、ではでは行ってみましょうgood

機関車広場から烏の森神社の正面へ回ります、

038

「脱藩酒亭」はこの奥のような気がしますが、念のため表側の通りも偵察しておきます、「蛇の新」の筋ですね、

うむ、、、ありませんねhappy01

ではもう一本北側の筋でしょう、ぐるりと大通りを回ってまた路地に入ります、烏の森神社に突き当たる手前右側にありました、

027_2

「脱藩酒亭」、もう営業しています、ではでは入りましょうdash

両側の壁に向かって立ち飲みカウンターが付いています、

奥にもカウンター、その中には大将、先客が一人、大将と談話中、手前右のカウンターに取り着きます、

え~っと、日本酒にしましょうね、

酒は「千福」、「神力」「蔵」と並んでいます、肴は「がんす」に「小いわしの天ぷら」と、どうやら“広島”のお店のようですねshine

「龍馬」繋がりの“脱藩”かと思いましたが高知ではないようですhappy02

広島もよく行っている街です、なにやら気をよくして「千福 純米」450円也を燗でお願いします、

それと「がんす」にしましょか、って、「がんす」をよく知らないのでsweat02大将に訊きます、

「がんす」ってなんっすか?

いえいえ、もっと丁寧にきいておりますがhappy01、、、

「がんす」は、魚のすり身を揚げたもの、とのこと、いいですね、ではそれもお願いします、

表のメニューには「がんす」300円也とありましたが、店内メニューでは「生がんす」450円也と紙で上書きされていました、注文したのは「がんす」だと思いますが、、、ちょっと自信ありません、

燗が上がったのでカウンターまで取りに行きます、

同時に小鉢がでてきました、お通しが出るようです、立ち飲みでは珍しい?いや、たしか「龍馬」も出たような気がするなあ、やはり「龍馬」から「脱藩」したのかな?(しつこく邪推happy02)

お通しは「かつおのたたき」、やはり高知か?(しつこいcoldsweats01)

031

ちろりで出てきた「千福」は辛いですがふっくらとした旨味もあります、

030

水も一緒にいただきます、



「がんす」(もしくは「生がんす」)はこんな感じ、

033

ふわふわの天ぷらで味がしっかり付いていますのでこのままでいただきます、美味しいですshine

これで燗酒をちびちびといただきます、

目の前に護衛鑑「ひゅうが」の写真が、

028kai

呉関係なのかな?それともIHI横浜関係か?

もう一杯いただきましょう、「にごり酒」450円也、

034

冷やでいただきましたが、これもちろりで出てきました、

うん、やはり“にごり”は好きです、

これに合わせる肴はやはりこれでしょう!ということで「小いわしの天ぷら」にします、

と、これが予想外でつゆだくで出てきました、「小いわしの天ぷら」heart02

035

天つゆで食べるタイプ、もしくは醤油かソースで食べるタイプがありますが、このつゆ浸しは初めてです、広島流の食べ方なのでしょうか?

なるほど、つゆは辛目で美味いですshine

魚貝系の出汁でしょうか?食べ進めるとちょっと味が濃く感じます、

う~ん、これはこれで美味しいけども、、、ふつうに天つゆかソースで食べたかったですhappy01

はい、そろそろ時間です、これでお勘定、2050円也、お通しは300円也かな?

新橋烏の森神社脇の路地にある「脱藩酒亭」、広島コンセプトのお店のようです、料理がちゃんと美味しいです、広島の酒を飲みながら、広島の料理を食らう、ええ感じです、ごちそうさん!また来ますねheart04

「龍馬」との関係は如何に?次回、訊いてみようhappy02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

この日は予定外の新橋で飲むことに、さてどうしましょうか?そうだ!「くら島」へ行こう^^)

【2014年11月27日(木)】

東京 新橋 「くら島」

今日は夕刻に東京入り、翌日の朝が仕事なので前泊です、

ゆっくり飲もうかと思っていたのですが、東京駅に着くと急遽打合せが必要なメッセージがスマホに、、、今から打合せ!?という悲惨な夜にsweat01

が、厄介な問題も比較的短時間で解決、ほhappy01

予定では飯田橋のもつ焼きを攻めようと思っていたのですが、もうそこまでの気力なし、会社近くの新橋辺りでどこか行きましょう、

016

同じもつ焼きの良店ということで超久しぶりの「くら島」を覗いてみます、空いてますね、ではでは入店、

末枯れたもつ焼き屋です、

カウンターが10数席、テーブル席も2つほど、大将がもつ焼き焼いて料理作ってくれます、お酒はお母さんの担当、

カウンター中程に座って焼酎にします、水割りで、

と、コップに焼酎(金宮ですhappy01)、氷の入ったコップ、ミネラルウオーターの3点セットで登場しました、

ほ~、こんなんでしたっけ、すっかり忘れています、

007

写真は1杯目を作った状態、

ここへ始めてきた時、すぐ近くの立ち飲み焼き鳥の「王将」の後でした、

なにかのはずみでその話をしたら、この「くら島」が以前その「王将」の場所にあった!な話になり、

そこから北千住の飲み屋の話になり、

その時は入ったところの焼き台の前の席に座ったのですが、そこは常連さんの席だったらしく、いい席に座ってるね~、と常連さんに冷やかされ、

挙げ句の果てに、音楽好きなことが分かり、閉店後に大将と常連さんと3人で店に置いてあるギターを弾いて唄って♪

みたいなことがありましたね~heart02

今日は静かに飲みますhappy01

料理は「湯豆腐」400円也、

008

豆腐を切り分け、葱、鱈なども入り出来上がりました、大将の丁寧な仕事です、美味しheart02

もつ焼きは「かしら」、「たん」、「シロ」、「がつ」を塩で頼みます、

小振りというか繊細な焼き上がりのもつ焼き、これも丁寧な仕事です、

まずは「たん」以外が来ました、

010

「かしら」は葱が挟まっています、じわっと旨い!

「がつ」でさえ上品な焼き上がりになっていますshine

「宇ち多"」のような豪快なもつ焼きが好きなんですが、さすが老舗の味、「くら島」のもつ焼きもいいですな~、

焼酎、さくっと飲んじゃった、一合くらいあったのに、、、お変わりはレモンサワー割にします、

011_2

あ、やっぱりこっちの方が美味しいわhappy02、小さなコップで3杯ちょっと取れました、

もつ焼きの「たん」が追加で焼き上がります、写真の上の1本が「たん」です、

012_2

あら~、これも繊細な旨さ、なにこれ?塩加減でしょうか?美味しゅうございますshine

はい、これでお勘定です、1980円也、ミネラルウオーターは200円也、もつ焼きは@130円也かな?

新橋の「くら島」、もつ焼き、湯豆腐、美味しかったです、これからも元気で続けてくださいませ、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

久しぶりの東京、酒場探訪かと思いきや禁酒!蕎麦屋巡りと相成りました、神田「藪」「まつや」、虎の門「港屋」「砂場」。

【2014年10月22日(水)~23日(木)】 

東京 蕎麦 神田「藪」、「まつや」、虎ノ門「港蕎麦」、「砂場」、他

久しぶりの東京、2ヶ月以上ご無沙汰でした、逢いたかったよ~TOKYOhappy01

さあ、久しぶりに東京酒場を探訪か!?

と、思いきや、、、手足の指がなんかちょっと痛い!!、、、うむ~,これは発作の予兆です、あれです、痛い奴ですsweat01

思い返すと、、、

先週金曜日からライブ飲み、丹波篠山でBBQ飲み、家飲み、歓送迎会、日本酒の会と5連チャンで飲んでしまいましたsweat02

1年前に通風の初発作に見舞われheart03

以来、週に2日~3日はノンアルデー設定、薬の服用なしで対応してきたのですが、ちょうど1年振りにヤバい状況発生です、さすがにこの状態では飲酒自重も止むを得ません、

ということで、この東京での2日間、酒場には入りませんでした、

断腸の想いとはこのことですhappy02

とはいえ夕食は取らねばなりません、

立ち飲みでノンアルというわけにも行かず、で、蕎麦屋へ行くことにしました、さくっと蕎麦をたぐって寝ることにしましょう、

蕎麦もプリン体が案外多いとのことですが、ま、アルコール摂取に比べれば大したことないですしょう、

ちょうど、火事で焼けてしまった神田須田町の「藪蕎麦」が新装開店したとのニュースも流れていました、ここはままず「藪」へ行きましょう、

生憎の雨ですがJR「神田」から歩きましょう、

実は神田「藪」はあまり贔屓ではありません、

間違いなく蕎麦は美味いのですが、まあちょっとあって、どちらかというと「まつや」派です、池波正太郎さんの影響もあります、

でも、新装「藪」です、再開店出来てヨカッタですね、一度は行っておきましょう、

火事で相当の被害があったのでしょう、

お店はまったく新しい建物になっています(たぶん)、立派な生け垣と庭、エエ感じです、黒塗りのハイヤー横付けでお偉い方も蕎麦を目当てに来られます、な感じ、

19時頃ですが並んでいます、

蕎麦屋とはいえこの時間は飲み客も多いのでどうかなと思いましたが、一人なので5分ちょっとでカウンター席に案内していただきます、

注文は「もりそば」、670円也(税別)だったかな、

全部で何席くらいあるんでしょうか?

広い店内は大いに盛り上がっています、たいしたものです、フロアの担当が5人ほど、カウンターには帳場と女将さん厨房には7~8人くらいいらっしゃるんではないでしょうか?こんな蕎麦屋、他にありません、

両隣は一杯やっておられます、ゴクリ、粋です、よろしおすな~happy01

「もりそば」、

056

はい、繊細な味わいの蕎麦、つゆも文句ないと思います、美味しいです、 

 

お勘定は帳場で、

隣では女将さんが有名な名調子で注文を読み上げておられます、、、が、お勘定してもありがとうのお言葉はなし、注文が立て込んでますか、、、

文句なしで美味しい蕎麦なんですが、、、どうもねsweat02、、、

そのまま、すぐ近くの「まつや」へ向かいます、

060

引き戸を引くとこちらも満員、狭い店内、相席です、「もり」をお願いします、 

グループで一杯やっておられる方が多いですが、「藪」に比べると一人客も多いように見受けます、店の雰囲気もカジュアル、普通の蕎麦屋、という線を外さない、エエ店ですheart02

「もり」、

057

ここの「もり」には“わさび”が付いてないんですsign01(たしか、ざるには付いてます)、初めての時は面食らいましたwink

「藪」に比べるとごろっとした蕎麦、この日はやや固めに感じました、あくまで繊細な「藪」に対して、あくまで少し野暮ったい(違うか)「まつや」heart02

 一人二人で飲むならやはり「まつや」が贔屓なんですね~、ごちそうさんでしたheart04

翌日も夕方に業務終了、

まずは虎ノ門ヒルズの前にある話題の「そば処港屋」へ行きました、

昼は長蛇の列の人気店です、

夜の部開店と同時に入ります、なんかモダンな店内、打ちっ放しみたいなイメージ、でかい立ち食いテーブル、

たしか「肉蕎麦」、

063

ゴムのような蕎麦、辛いたれ、具沢山、生玉子、 

これはジャンルが違いましたsweat01、蕎麦違いでしたheart03、若者には受けるのかもしれませんがおっちゃんはNGですcoldsweats01

これでは帰れないので、口直しにすぐ近くの虎ノ門「砂場」へ、

067

「しらうお天せいろ」、1500円くらい、 

やはりこっちの方が美味しいですねlovely

我慢できずに「澤の井」のぬる燗を一本だけ、

066

この4軒の蕎麦の中ではここ「砂場」が一番好みかも、店の雰囲気もちょうどよろしいheart02 

酒場へは行けなかったけど、まあいいか東京の蕎麦は美味しいですね~、また来ますねheart04

この後の蕎麦探訪も一挙公開happy01

 

まずは虎の門の「さだはる」、立ち食い蕎麦ですがレベル高いので好きです、

 

005

同じく虎の門の「小諸そば」、普通の立ち食い蕎麦ですが、かき揚げ用のつゆが付いているのにびっくり、

 

027

浜松町の「更科布屋」の「かしわせいろ」、好みの蕎麦ですheart04

058

同じく浜松町の「やぶ徳」の「大もり」、下町な感じのエエ感じの店でした、

041

大阪も入れときます、老松通りの「和豊」の「鳥なんばん」、出汁がめちゃめちゃ美味しいです、

002

 

大阪駅前ビルの「ツルツル庵」の「きざみ蕎麦」330円也、ここも出汁が上等、

20140526

う~ん、蕎麦は美味いですね、まだまだ行きますよ~lovely

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

そろそろ土用の丑の日が近づいて来ました、新宿思い出横丁「カブト」で鰻串、品川の「酒肆大関」で旨いまぐろ、ランチは新橋の「花未月」と美味三昧。

【2014年7月24日(木)】

東京 新宿「カブト」~品川「酒肆大関」

今日も暑い、、、関西も暑いけど東京も暑いですsun

2014年の「土用の丑の日」は7月29日だそうです(詳しくはこちら)、

そろそろ近づいてきました、この頃になるとやはり鰻が食したくなりますな、平賀源内さんが考案したセールスキャンペーンとはいえ、今や押しも押されぬ日本の風物詩であります、四季折々、いろんな食べ物が楽しめるのが日本であります、ここは四の五の云わずに、、、鰻が食べたい!

でも、近年の稚魚の減少傾向(2014年の稚魚は豊漁のようですが)=鰻の高騰で「鰻重」は本当に高嶺の花となりました、ちょっと油断してビールに「鰻重特上」などを頼んでしまうと5000円札が飛んでいきます、

でも、平賀さんの甘言に乗って鰻は食べたいhappy02

で、思いついたのがここです、新幹線に乗る前にちょっと新宿まで行ってみましょうgood

久しぶりの新宿「思い出横丁」、

そろそろと店が開き始める時間です、もう開いている店で一杯やってる諸先輩方もいらっしゃいますhappy01、いいですね、だいたいがオープン形式の店、みなさん汗拭き拭き飲んだはります、

思い出横丁の中程を過ぎた辺りで路地が少しクランクします、

016_2

そこにあるのが鰻串焼きの「カブト」、今日はここで鰻食べて、飲んで帰りましょう、

関西にはほとんどない“鰻串焼き”、東京でも少ないですが何軒か行きましたね、、、国立、阿佐ヶ谷、中野、大井町、、、ちょっと贅沢ですが美味しいです、

ほぼ全面オープンのコの字カウンターに10数席、ここでも皆さん汗拭き拭き飲んだはりますsweat01、縦棒に取り着きます、

とりあえずビールですね、どぶ漬けで冷やしてあるのかラベルは剥げてますな、

014

KIRINの大瓶、「おしんこ」も出てきます、

駆けつけで2杯ほど、

ふ~、今日は本当に暑いですsweat02、ビール飲んでもこのオープンカウンターでは汗が引きません、このまま頑張り通すしかないですねhappy01

一応、串の単品メニューの短冊が並んでいますが、最初は単品オーダーはできません、「一通り」、すべての串が順番に出てくるセットメニューとなります、

この「一通り」、東京の鰻串の店ではこのセットメニューが一般的かな、

「カブト」の「一通り」は、まず「えり」2本340円なり、

011_2

「えり」とは“ひれ”の部分でしょうか?小骨がついています、

でも、次にくるのが「ひれ」2本340円也、

012_2

これは文字通り“ひれ”の部分なのか?なんか違うか?よく分かっていません、でも、ここは美味しいです、好きな部位ですheart02

あとは1本づつで、

「蒲焼き」330円也、「れば」300円也、「きも」300円也とほぼ同時に出てきました、

015

手前が「蒲焼き」、おなじみの味、もちろん美味しいですshine

真ん中が「れば」かな?奥が「きも」?、、、でも「れば」と「きも」ってどう違うの?一緒じゃないんだsweat01、どなたか教えて下さいhappy02

と、汗だくで串を7本、大瓶1本でちょうど完食、

余裕があれば日本酒に変えて「蒲焼き」でも追加したいところですが、さすがに暑いです!sun、河岸を変えて涼みたい!!

ここはこれでお勘定にしましょう、

ごちそうさん!土用の丑の日には鰻を食す、いいじゃないですか、たまの贅沢、美味しかったです、新宿思い出横丁の「カブト」、また来ますねheart04

さて、新幹線で帰阪です、

山手線で涼みながら「品川」駅へ、でもこのまま帰るのもったいない、予約の新幹線まではまだ少しだけ時間あります、もう一軒行きましょうdash

「品川」駅高輪口北側の再開発ビルの2階に「酒肆大関」があります、料理が旨い店です、寄っていきましょう、

逆L字カウンター、縦棒上部に着きます、いつもの席です、

飲み物は「芋水」、お通しは「」そしてこれまたいつも注文する「奴明太乗せ」、これまたいつもの「お通し」です、

019_2



料理は「中落ち」680円也、

022

これが美味しいのですgood

形は悪いですが中トロと赤身、ボリュームもたっぷり、だいたいこれだけで最後まで飲めてしまいます、東京は本当にまぐろ天国ですshine

この日は味違いで「しらすおろし」380円也も頼んでますね、

023

「芋水」のお代わりをしたところでそろそろ新幹線の時間です、

品川の「酒肆大関」、ごちそうさん!

相変わらずの安定感、「中落ち」美味しかったです、いつも新幹線の時間調整で使うのはもったいないね、一度腰を落ち着けて飲みたいもんです、また来ますねheart04

(おまけ)

この日のランチもよかったですlovely

新橋の「花未月」で「焼き魚(鮭)」、

005

魚も、かやくご飯も、味噌汁も小鉢もすべて美味しい!heart0212時前に満席になったのも納得です、ここも、、、また来ますねheart04、です、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

これから新橋で飲むことが増えそうです、ではまずは「大露路」へでもいっときましょか^^)

【2014年7月10日(木)】

東京 新橋 「大露路」~「龍馬」

今日は新橋で飲んで帰ります、

ちょいとした事情で東京で飲むベースエリアが新橋・虎ノ門辺りに変りました、

もちろん東京を代表する呑兵衛サラリーマンの聖地でございますので不服はございません、これからいろいろと開発させていただきますhappy01

とはいえ、まずはこの辺から攻めときましょか、「大露路」、

018

云わず知れた老舗酒場でございます、

とくに“揚げ物”が美味いというイメージが強いですが、なぜかここへ来た時はいつもお腹が減っていないのであまり揚げ物はいただいていません、、、きっと今日もだなcoldsweats01、、、

新幹線まで少し時間があるのでちょいと一杯です、駅で飲むよりもちゃんと飲みたい、ならばと開店間もない「大露路」に入店です、

まずは瓶ビール小瓶350円也、

お通しは「もやし」です、

そして、料理ですが、、、やはり今日もお腹はあまり減ってない、午後からは打合せとデスクワークのみ、「ハムカツ」か盛合せを検討しますがこの時間ではやはりまだ無理、

食べたことがない「肉味噌キャベツ」にします、なんか中華風な料理をイメージしていましたが、、、

019

違いました!こんなんです、

020

でも今の腹具合ではちょうどイイ感じの肴です、

キャベツは塊のまま茹でてあります、味噌は関西人には少し辛いですがキャベツとの相性は良し、ビールの肴としてはOKです、

続々入店、この時間は一人客が多く、二人客はちらほら、大き目のテーブルはすぐに相席になります、はいはい、どうぞどうぞ、、、で、みなさん、やはり揚げ物いってます、むむ、食べたいけど、、、

小瓶をすぐに飲み干して日本酒にします、「千福」300円也のぬる燗、

ここでも未練がましく揚げ物を検討しますが結局日本酒に合わせて「まぐろぶつ」350円也かな?

022

東京のまぐろはやはりレベルが高いですheart02

このぶつにしてもやはりレベル高い、美味しい、関西ではこういう美味しいマグロを出す酒場は限られますので注意が必要ですが、東京は概ね問題なく美味しいまぐろに安価でありつけます、

さて、これでお勘定にしました、1250円也、ごちそうさん!

これから来る回数が増えそうな新橋の「大露路」、よろしくお願いいたします、次回は「ハムカツ」か盛合せ頼んだるどおdash、また来ますねheart04

まだ少し時間があるので立ち飲み「龍馬」へ行きます、ここも人気店です、

が、この日は空いてますね、

焼酎が揃っている店なので芋水にしましょう、

銘柄はよく分からないのでお任せします、定番焼酎のつもりで頼んだのですが好みを訊かれたので仕方なく「芋らしいのがイイです」となんとなくな応え、出てきた焼酎はこれでした、「さつま壽」、ちょっと上等な焼酎のようです、猫に小判かsweat02

026

ここもお通しが出ました、前も出たかな?「柿ピー」、

肴は、、、たしかここも「まぐろぶつ」が売りだったはずですが忘れてましたcoldsweats01、さっき「大露路」で食べてしまいました、失敗だheart03

で、「ポテサラ」330円也にします、トッピングで何か??(なんだっけ?酒盗?塩辛?忘れましたsweat02)乗せるのが人気ですがいかがします?とまたもやプッシュが入ります、いや結構です、、、

なんかオペレーション変わりました?立ち呑みにしては商売熱心です、

025

「ポテサラ」はボリュームあり、美味しいです、地力はあります、

芋水のグラスは小振りですぐになくなったのでお代わりします、

さてこれでお勘定、1590円也、高いな~sweat01

焼酎が1杯500円くらいする勘定ですね、お通しも有料のようです、立ち飲みだけどちょいと焼酎にこだわっているお店です、ってことかな、出来た時は人気の店だったのですが今はどうなんだろう?いや、東京だから流行るんだろうな、、、

さて、新幹線の時間です、文庫本でも読んで、、、少しは読んで、、、ちょっとだけ読んで、、、zzz、帰りましょうhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

ニュー新橋ビルの「酒蔵 ダイヤ菊」、“ダイヤ菊”は日本酒の銘柄の名前だそうです、面白いね。

【2013年7月4日(木)】

東京 ニュー新橋ビル「酒蔵ダイヤ菊」

今日は新橋駅SL広場横にある「ニュー新橋ビル」で飲んでみますwink

JR「新橋」駅の西側SL広場横にある「ニュー新橋ビル」、

Photo

相当古いビルのようですがエエ味だしています、地下には飲食店街があり一面飲み屋状態であります、大阪で云うと1~4まである“大阪駅前ビル”みたいな感じですね、きっと良い飲み屋があるんでしょう、飛び込みでどこか入ってみましょうdash

夕方の18時過ぎ、19時から飲み会があるのですがちょっと早く着きました、ここは一杯だけフライングしましょうhappy02

と地下への階段を降ります、地下1階はほぼ全店飲み屋です、濃いですね~、ぐるっと一回りしてみましょうか、まだちょっと早いのか各店とも空いてます、お姉さんが表に出て呼び込んでいる店もありますが、呼び込まれるとなかなか入る気が起こりません、逆効果じゃないかと常々思っているんですが、、、まあ、効果があるから呼び込んでいるんでしょうcoldsweats01、、、

店内の雰囲気を確かめながらぐるっと1周したつもりが、、、

元の場所に戻って来ません、あれ?このビルは四角形じゃないようです、もう一回角を曲がってちょっと先を見ると見覚えのある店がありました、ふ~、なんとか無事1周、、、

難しいな、同じような感じの店が多いのですがどこが良いのやら決め手が見つかりません、もう1回ぐるっと回るのも億劫です、またお姉さんに引かれますsweat02

ここにしようか、階段を降りてきた最初の場所にある「信州酒蔵 ダイヤ菊」、

066

なにやら変わった名前ですね、

大きく開け放たれた入り口からは店内の様子がよく見えます、10人くらい座れそうなカウンターとテーブル、そして小上がり、普通な感じです、が、それがまた良い酒場である可能性でもありますwink、迷っている時間がもったいないので入りましょう、

カウンターに着きます、ビールはいくつか銘柄がありましたがサッポロの瓶があると云うことですのでそれにします、

064

とりあえず喉を潤します、メニューで肴を検討していたらお通しが来ました、

063

「マグロのにこごり」みたいな感じ?、ま、これだけでも凌げそうですが、一品頼んでおきましょう、「豆腐サラダ」580円也、

062



「ダイヤ菊」とは変わった店名ですが、どうやら信州のほうの日本酒の銘柄「ダイヤ菊」そのままの店名のようです、

確か店内には他の日本酒銘柄のメニューがあったような気もしますが、もちろん「ダイヤ菊」も置いてあるのでしょう、しかしやはり変わった銘柄名ですね、どういう感じなのかしら?大正くらいの感覚のちょっとハイカラな感じなのか?それともなにか由来に基づくものなのでしょうか?

最近の日本酒の銘柄名も「獺祭」とか「醸し人九平次」とかユニークな名前が多いです、酒は世に連れ、世は酒に連れ、か?

さて、この後は気の置けない4人ほどでの宴会です、時間も迫ってきましたのでこれにてお勘定です、1560円也、ちょっと高いですね、お通しが400円か500円かな、でもちょいと何か可能性は感じました、今度はもうちょっとゆっくり飲んでみましょう、“ニュー新橋ビル”B1Fの「ダイヤ菊」、また来ますねheart04

このあと近くの「H・・・」(仮名)という隠れ家的な料理&蕎麦屋で4人で宴会でした、美味しかったです、

こんな料理をどっさり、

069

070

074

068

4人でこのボトルをほぼ3本飲んだようです、

はは、結構飲みました、でも翌日は案外すっきりflair、はしゃいでましたからね、酒も残らないくらいはしゃぎましたhappy02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

この日は溝ノ口を目指しますが、ちょいと二日酔いです、あちこちを彷徨いながら体調回復を待ちます、「新橋さぬきや」。

【2013年1月19日(土)】

新橋「新橋さぬきや」~川崎 溝ノ口 「いろは」~「かとりや」(前段)

さて、土曜日の東京です、ちょっとゆっくりして帰りましょうhappy01

が、前日の飲み会で痛飲、、、珍しくやや二日酔ですsweat02、いつも通り起きて朝食は軽く摂ったのですがどうも体調不良です、もう少し横になっていましょう、結局ぎりぎりまで粘ってホテルをチェックアウト、とりあえず銀座に出て散髪します(なんでcoldsweats01)、散髪したかったのです、

気分はだいぶ良くなりました、

時間はそろそろお昼です、なにかお腹に入れて体調を回復させましょう、こういう気分の時は“関西の出汁の旨いうどん”が食べたいですねshine、東京の辛い醤油出汁の蕎麦も食べられるのですが、こういう時にはどうも自信がありません、“もり”という選択肢もあるのですが「歌舞伎蕎麦」が閉まっていたのであきらめました、

やはり“関西の出汁のうどん”が食べたい、

ないかな~美味しいうどん、大阪のうどんはさすがにないと思うけど“讃岐うどん”なら最近はあちこちにあるでしょう、讃岐うどんなら大丈夫です、好きです、

讃岐うどんを求めて銀座を放浪します、が案外ないものですね、銀座に讃岐うどんはありません!!happy02(あるかもしれませんが行き当たりませんでした)、
で、想い出しました、昨晩歩いた“新橋第一ホテル”の向かいのガード下に讃岐うどんのチェーン店があったよね、そうだ!あそこへ行こう!flair

と、新橋を目指して歩きます、、、

が、この店も土曜定休でした、あちゃheart03、仕方なく新橋をウロウロと歩き回ります、ここでもやはり讃岐うどんは見つかりません、そろそろ妥協して東京蕎麦のチェーン店や牛丼、ラーメンも視野に入れ始めます(実際、蕎麦屋には入りかけましたが思いとどまりましたwink)、最後に「新橋」駅から西南側のやや猥雑なエリアに足を延ばしたところ、ありました!!

「新橋さぬきや」を発見しましたup

029

営業していますね、

店名からして“讃岐うどん”でしょう、ランチのうどんがあります、それにしましょうか、と入店しました、ここまで1時間以上歩きましたね、ふ~、ランチのうどん下さいな、はい?かやくご飯が付くの、じゃあ少しだけくださいwink

偶然入った店ですがここが案外拾いものでした、

026

うどん出汁は関西風ではなく、やや塩辛い出汁でしたが(瀬戸内な感じのイメージ、魚系の出汁かな)、天ぷらは通し揚げで美味好感、

025

それに壁のメニューとかを見ると日本酒が充実しています、「黒龍」に「浦霞」、「磯自慢」「東一」、さらには「九平次」に「十四代」もありますねheart02、ワタシ好みの品揃えです、これは夜に一度再訪してみたいですね、

はい、これで少し体調も戻って来ました、

念のためドラッグストアで二日酔止めのドリンク剤を飲んで態勢完了ですhappy02、では飲みに行きましょうか(お~いsweat01)、

ここでマイク・モラスキーさんの著書『呑めば、都』について触れなければなりません、が、ここでは割愛します、こちらのBlogにこの本について書いておりますので是非読んでみてください。

Photo

今日はその『呑めば、都』に書かれている“溝ノ口”を探訪してみるつもりです、

溝ノ口って川崎市なんですね、

新橋からだとJRでも行けますが、東急「田園都市線」も便利なようです、こちらで行きますか、時間は14時過ぎ、メトロ銀座線で「表参道」駅まで行き田園都市線の各駅停車に乗り換えます、「渋谷」駅で座れたのでそのまま軽く寝ます、ウトウトしながら気がついたら「溝の口」駅に到着です、おっと、という感じで寝ぼけ眼で飛び降ります、早happy01、もう着いたんですか、

「溝ノ口」に来るのは初めてです、名前はなんか聞いたことありますね、

なんとなく溝ノ口とか長津田とか町田とかが、ワタシの中では一塊のイメージでした(全然違う!のを今回認識)、JR「南武」線つうのも初めてお目に掛かります、どっからどこまで走っているのかも知りませんcoldsweats01(「川崎」駅が始点ですか?)

経路を調べていて気付いたのですが、「溝ノ口」地名表記に関しては3通りありますね、

田園都市線が「溝の口」駅、JR南武線は「武蔵溝ノ口」駅です、Googleマップで見ると役所は「溝口」という表記を使っているようです、こういう状態はよくありますね、“音”から派生している地名の場合、特に“みぞのくち”の“の”がある場合(関西で言うと“にしのみや”とか)はいろんな表記が派生するようです、特にどれでも良いのですがワタシは何となく「溝ノ口」が良い感じだと思うのでこれを使いますhappy01

もうひとつ、ここ溝ノ口の特徴は、、、

東京によくあることなのですが微妙な角度で線路や道路が交差していることです(「神田駅」周辺が代表的)、京都生まれのせいかどうか知りませんが、ワタシはこういう斜めの感覚に非常に弱く、普段は方向感覚がかなり良いのですが、こういう構造の街ではいきなり混乱してしまいます、溝ノ口もそうでした、

さて、時間は15時過ぎ、方角は北方向、西口表記の階段を下ります、すぐにお目当ての商店街があるはずです、こちら側は裏口なんでしょう、人通りの少ない階段を降りると、、、いきなりアーケード街がありました、えへへ、エエ感じですわ~heart02、『お買い物は皆様の店 溝の口西口商店街』、

034

いきなり飲み屋が並んでいます、各店まだ準備中ですね、

038

そして古本屋(マイクさんの本の通りです!当たり前かhappy02)、

039

そしてお目当ての1軒「かとりや」もありましたlovely

040

おそらく焼き台があると思われる部分にはまだ羽目板がはまっています、
もちろん準備中です、金宮焼酎のマークも堂々でエエ感じです、
 

もう少し行くとこれまたマイクさんの本の通り(当たり前やってhappy02)、道が二股になりその角に八百屋さんが品物を拡げていますが、その左側の道に「いろは」があります、

043

こちらも準備中ですね、はい、お目当ては確認済です、後で来ますからねgood

このまま探訪を続けます、

左側の道を抜けて南武線の踏切まで行き、そこを右折してぐるっと回って駅前に戻ります、この辺りでもう方向感覚は麻痺、適当にあちこちを歩き回ります、

こちら側は新しく出来上がった繁華街のようですね、少しは酒場もありましたが、大方はチェーン店の飲食、ファッション、雑貨の店です、今の東京の(川崎か)典型的な発展拡張の仕方ですね、

特に収穫もなかったのでどこかで休憩したいです、駅前にはマルイともう一つNOCTYという専門店街のビルが建っています、マルイに入ってみるとフードコートがあるようなのでそこで一服することにします、、、

が、めちゃ混んでいますsweat02

ビックリ、夕方の16時前ですが数百席はありそうなフードコートが満員です、飲み物だけではなく結構な人がファストフードを食べています、この時間に、、、それも若者だけではありません、母子(乳母車に乗ってるような子供連れ)、家族連れ、先輩の夫婦連れまでありとあらゆる年齢層が集まっています、

これは溝ノ口の大台所ということですな、うむ、、、しかし、なにもここに来なくても、とも思ってしまいます、老若男女がこぞって夕方16時にファストフードや焼きそば、ラーメンなどを喰らうとは、なんとも壮絶な光景にも見えます、昔ながらの喫茶店や蕎麦屋、甘味屋、お好み焼き屋に駄菓子屋などはもう完全にこちら側の繁華街からは駆逐されたのでしょうね、こぞってファストフードか、うむthink、、、

んな異様な雰囲気を感じつつ、

とはいえ、ワタシはとりあえずココアを注文、なんとか相席を確保して休憩します、体調不良にさしてよく歩きました、ここは糖分補給をして最後の体調調整時間です、「かとりや」も「いろは」も17時には開くはず、もう少し休んでから向かいましょうdash、、、

と、ここまでで記事が異様に長くなりました、一旦ここで記事は中断、「かとりや」「いろは」への訪問記は明日掲載いたします、

あしからず、、、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多 | 吉祥寺国立 | 名古屋 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪北部(十三西中島東三国茨木高槻) | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部(京阪沿線) | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番