カテゴリー「神戸三宮元町明石姫路」の175件の記事

2020年3月23日 (月)

山行の後に水道筋商店街で一献、となれば、ここが最有力かもしれません、串カツの「一燈園」。

【2020年1月13日(月祝)】

神戸 水道筋商店街 串カツ「一燈園」

今日も山行です、

神戸電鉄と神戸市営地下鉄が乗り入れている「谷上」駅から森林植物公園~桜谷道~摩耶山まで、

下山は上野道で阪急「王子公園」駅辺りへ、、、となると水道筋商店街で一献、ということになります、これが自然の摂理、

前に一度行ったお好み焼き屋さんを目指したのですが、生憎お休み、月曜の祝日ですからね、

取って返して、ま、どこでもエエけど、とか云いながら歩いていたら、、、

あ!「一燈園」やってますやん!

012kai_20200319104801

商店街の北側、グリーン系のストライプのシート、この外観観たら忘れられない串カツのお店です、

この日は3人、狭い店なので大丈夫かな?と思って覗いてみると一番客です、時間は14時過ぎ、

カウンターの中には大将とお母さん、娘さん?

スイマセン、山帰りで荷物有りますけどエエですか?

はいはい、どうぞ~、とのことで無事入店です、

というのも、このビニールシートの中は目の前がすぐに1本カウンター(10席程)です、

間口は広いですが奥行きはありません、リュックがシートに当たるくらいの狭さです、京都にはない店^^)

各自リュックを足元に収めて瓶ビールで乾杯です、大瓶600円也、

山帰りなのでビールがす~っとカラダに沁み込んでいきます、乾いた身体にホンマに沁み込んでいくのが分かります、

3人で大瓶2本があっという間になくなりました、

もちろん串カツです、連れの注文は、いか、肉、こんにゃく、玉ねぎ、さかな(鰯)、

もう、それを3本づつお願いします、はい、美味しいのは分かっていますので追随します、

メニューはこんな感じ、@90円からですがネタによって価格上昇、一番高いのが豆腐、えび大、かきの@270円也、

014kai_20200319104801

この値付けがまた良心的ですね、一律100円!とかで安いように見える串カツ屋が多いですが、一律だとどうしても高いネタのクオリティが落ちます、それは仕方ない、

こちらのように良心的に美味しい串カツを提供しようとするとこういう値付けになります、

逆に云うと、こういう値付けの串カツ屋は美味しい!

しかし、「なすび」の時価は謎!!^^)

はい、先程の注文5本が到着、うひ、美味そう、

015kai_20200319104801

こちらはソースに一度付けた状態で供されます、ソースも甘みがあり好きなタイプ、

大将によると重ね付けの衣が美味しい串カツのヒミツらしいです、が、、、細かなことはよく分かりません、が、、、カリサクで美味しいです、もちろんビールもどんどん追加しています

タマネギは写真の左端かな?半円形ではありません、

その隣はコンニャクで三角形、大きいのが鰯かな?ホクホクでした、

この頃に山帰りのお客さんが2組3人来店、はは、山組で貸切です、

みなさんよく御存じで、ビールと串カツを少々、流石です、

追加は「豆腐」270円也、

豆腐の串カツって!?そういうと食べたことなかったです、お願いします、

と大将、豆腐は3つ1人前やから2人前でエエんとちゃう、3皿に分けて出すから、

おお!ありがとうございます、それでお願いします、、、やはり良心的です、間違いない、

「豆腐」2/3人前はこんな感じ、

016_20200319104801

衣のパン粉は着けずに揚げています、なるほど、揚げ出し豆腐な感じで葱と生姜、醤油でいただきます、

うん、好きな味、名店に名物ありです、

あ、水道筋の東端にある串カツ「船越」、てっきり息子さんがやっておられると思い、訊いたら、、、あちらは親戚筋だそうです、そうですか、勘違いしていました、

このあと「うずら玉子」をいただいてお勘定です、3人で5000円程、

018_20200319110101

水道筋商店街の串カツ「一燈園」、

創業は昭和20年代後半でもう68年程経っているそうです、

現在の大将は3代目で、47年間ここで串カツを揚げているそうです、間違いのない老舗、

独特の重ね付けの衣、ビールと一緒にサクッと串カツ、周期的に行きたくなるやつです♡

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

 

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

芦屋から有馬まで歩いた後は、、、神戸新開地のランドマーク的立ち呑み「赤ひげ」へ。

【2019年12月29日(日)】

神戸 新開地 「赤ひげ」立ち呑みのほう

2019年も押し詰まってきました、すこしだけ年末の用事を済ませてソロで登ります、

そうそう、2020年の年賀状は止めにしました、こちらから年内の発送は無し、

SNSで周知連絡、その上で年賀状をいただいた方にだけに年明けに年賀状を出す作戦です、

これでだいぶ気が楽になりました、空いた年末の時間も有効に使います、

ということで阪急「芦屋川」駅から登ります、

どこまで行くか、決めていなかったのですが、六甲最高峰まで行ってしまったので、そのまま有馬へ下山、ふ~、

ソロなのでやはり早いです、が、それでも4時間超掛かります、

有馬のカフェとかで1杯呑むか?と思案しながら結局神戸電鉄「有馬」駅まで歩いて、電車で神戸に戻ることに、

神鉄の終着駅は新開地です、へへ、そりゃもう昼から呑める店がワンサカワンサカ♪エエんとちゃいますか~、

どこへ行きますか、この前はこのパターンで「高田屋 京店」へ行きましたね、最近のマイブームでは「冨月」かな、

でも、結構歩いた後で疲れているし風呂にも入りたい、ここはサクッと1杯だけにしましょう、

となると、久しぶりにこちらへ入りたくなりました、

新開地の商店街と多聞通の角にある立呑み「赤ひげ」、

034kai_20200306093401

新開地探訪を始めた極初期に入店したお店です、安くて美味しい!場所的にも新開地のランドマーク的な立ち呑み、

商店街の坂を登って行くと左側に座りの居酒屋「赤ひげ 姉妹店」もあります、こちらの使えますが、やはり今日は立ち呑みで、

ではでは入店です、

まずはやはりここはビールで、アサヒの「中瓶」450円也、最近は瓶ビールを好んで飲んでいます、なんというか、小さなコップで飲む方が美味しいような気がして、、、

026_20200306093401

とりあえずコップ1杯のビールを飲み干します、山行の後なのです~っとカラダに沁み込んでいきます、やはり山行の後のビールはサイコーです、

肴はまず「ごぼうサラダ」150円也、

027_20200306093401

そして「コロッケ」100円也、

028_20200306093401

そうそう、こちらの狭い店内、調理場に向かうL字カウンター、壁に向かって付いているカウンター、

そしてアイランドカウンターと効率良く配置されています、ギュッと詰めれば20人近く入るかも、

調理担当の大将も、フロアのガタイの良い兄さんもとっても要領が良くささっと対応、酒も肴もささっと出てきます、気持ち良い、

心地良い酒場の第一条件、美味しい料理とか美味しい酒とか、店内の雰囲気も大切ですけど、一番はやはり気持ち良く呑める店員さんの動きです、

どうもワタシは、要領が悪かったり私語が多かったり、気が回らない店員さんがいる酒場は好きになれません、

逆に、調理場の動きに無駄がない、フロア担当が常に客に気を配っている、笑顔で客と話しながら手が止まってない、身体が止まってない、そんな酒場は少々値が張っても、酒のバリエーションが少なくてもOK!

そして、そういう良い酒場はたいてい料理も美味しい、料理がウリでなくてもそこそこ美味しいものなのです、

で、ここ「赤ひげ」もそういう良いお店です、とにかく気持ち良く呑める、

常連さんが多いのもそういうところを良く知っておられるからでしょうね、

ビール1本で止めるつもりでしたが、、、やはり無理!

「燗酒」300円也、

032_20200306093401

白鶴のガラス瓶です、いいね!ガラス瓶大好きです、

そして「つばす」刺身190円也、

031_20200306093401

『酒と肴の相対性理論①』に嵌らないように、刺身は後から発注しましょう、

はい、これで納得しました(酒呑みやな~^^)、1190円也、

新開地、商店街アーケードと多聞通の角にある立呑み「赤ひげ」、

気持ち良く呑ませていただきました、

それに安くて手美味しい、おでん70~80円メイン、串カツ60円~も美味しそう、

一杯だけビールを飲みたい時は「グラスビール」290円也もエエかも、

おそらく新開地でも老舗の部類に入るのじゃないでしょうか(よう知らんけど^^)

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

 

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

いろいろありまして、神戸三宮 さんプラザB1F「タン・カフェ」から長躯、大阪裏なんばまで、で「スタンドにしき」へ初入店。

【2019年12月22日(日)】

神戸三宮 さんプラザB1F「タン・カフェ」~大阪 裏なんば「スタンドにしき」

日曜日ですが珍しく外呑みです、

午前中はボランティア的なお仕事、午後は三宮で映画を観て、夜は裏なんばで投げ銭ライブがあるので参戦の予定、

と、年末やのに何やってるんですか?大掃除とか年賀状は?

掃除は少ししかできなかった、、、年賀状は思い切って止めました(来た賀状に返事書くのみ)、

映画終わりが17時前、小腹が空きました、

ライブまで少し時間があるのでちょっと一杯呑んでから大阪へ移動することにしましょう、

で、近場のさんプラザ地下の飲食街へ、ここ、あまり探訪が進んでいないのです、結構エエ店があるのを最近実感、

その中でも数店ある“ベトナム料理”店が気になっていました、どこも美味しそうな店が目、今の小腹を満たすのにもちょうど良さそう、

どの店が良いのか?分からない、そこは直感でしょう、ということでこちらに決定、

034_20200228110801

「タン・カフェ」、時間はちょうど17時、開店しています、一番客、

カウンターとテーブル、うん、質素で如何にもベトナム料理店という感じの店内、

ベトナム人?の店員さんがカウンターに案内してくれます、

え~っと、とりあえず飲みたいのですが、やはりビールですかね、

033kai_20200228110801

こんな感じでビールが並んでいました、

ここは手堅くスーパードライでも飲むかな、とか思っていたら、店員さんからプッシュがありました、

ベトナムのビールも美味しいですよ、「333」は人気があります、

そうだよね、せっかくだからここはベトナムのビールにしましょう、では「333」をお願いします、

028_20200228110801

お!旨味がありバランスが良い美味しいビールです、なるほど!!

グラスがお水のグラスと一緒なのはご愛嬌、

つまみに「揚げ煎餅」のサービス、好感感謝、

料理はっと、メニューにはそれなりの一品料理が並んでいます、せっかくなのでしっかり食べましょう、

これが美味しそうでした、「豚胃袋と高菜炒め」780円也、ベトナムでもホルモン料理があるんですね、

031_20200228111201

ビジュアルもOK!美味しそう~、ではでは、いただきます、

思ったより薄味ですが、とても美味しいです、食べやすいです、

032_20200228110801

こんな薬味がありました、ちょっと付けましたが無くても十分美味しいです、

胃袋だから“ガツ”と云うことになりますね、

豚だから胃は、、、1つしかない!とかしょうもない事考えてます、

野菜は高菜と蓮根?とか根野菜、根野菜ちょっと漬物みたいな感じがします、酢漬けしてあるのかな?

トマトにパクチーも載ってベトナム料理完成!な感じ、

うん、美味しかったです、さっと完食、ボリュームがあるのでリーズナブルな感じがします、

これで1408円、明朗会計です、

入って正解、「タン・カフェ」、

ここはぜひ再訪したいし、他のさんプラザ内のベトナム料理店も探訪すべきですね、

久しぶりのベトナム料理(昔、芦屋にコンテナのベトナム料理があり良くいきました)、

仏領植民地だったこともありフレンチの影響を受けています、趣もあり食べやすいですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕💕、

この後、阪神電車の快速急行でなんばまで直通、

裏なんばの「ぶんちゃっ」のフリーライブを覗きましたが、やはり満員、そりゃそうだ、今日は木村さんも出るんだから、

どうしようかとぶらつくと、同じ路地にある蕎麦「なみ一」でもライブやったはります、

036kai_20200228110801

演者2人が店内を向いて演奏中、裏なんば、新しい酒場で隆盛を誇っていますが、音楽文化も根付いていますね、面白い、

と、その向かいに立ち呑みがありました、「スタンドにしき」

035kai_20200228110801

ふ~ん、最近出来たのかな?知りませんでした、、、

雨も降っているし、どこかで休みたいので(ワタシは立ち呑みでも休めます^^爆)、ここは入りましょう、

洒落た感じの店内、L字カウンターの中にはお兄さん、先客3組ほど、ほど良く暖まっているので助かります、

「芋お湯」400円也、今日の雨は冷たいです、

037kai2_20200228110801

すぐに出て来そうな「里芋のそぼろ煮」350円也、

041_20200228110801

うん、こちらの料理も美味しいですね、今日は美味しい料理の日、

目の前の筒に竹串が入れられます、どうやらこれがお勘定のようです、微妙に違うカタチの串が入って行きます、

「燗酒」400円也は菊正宗の純米、

045_20200228110801

「炙りしめ鯖」500円也、

043_20200228110801

うん、レア系で好みの〆鯖です、ここも料理は間違いないようですね、

これでお勘定は1650円也、これまた明朗会計、

裏なんば、「ぶんちゃっ」の路地にある「スタンドにしき」、

シュッとした立ち呑み、若者向けな感じですが料理が美味しかったです、

またひとつ、レパートリーが増えました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

神戸駅で打合せ、となると必然の流れはこうです、「ズドコノン」から立ち呑み天ぷらの「國」へ、どちらも料理が美味しいです。

【2019年11月12日(火)】

神戸 神戸駅 「ズドコノン」~「國」

今日は神戸駅近くで打合せ、で、打合せ終わりが18時前と絶好のコンディション、

これはもう呑まずには帰れません!
(帰っても”ええよ~”^^ by ふか先生)

それに、、、駅前、すぐのところに「ズドコノン」があります、これはやっぱり帰れません、

035kai_20200111091801

「ズドコノン」、最近出来たような気がしますが、、、調べてみると、、、案の定、開店は2018年8月のようなので、もう出来て1年以上が経過しています、

光陰矢の如し、、、が齢をとってますます加速しています、、、光陰音速の如し^^)

独創的な料理が美味しい酒場でワタシはとってもお気に入りです、

開店当初は結構混み合っていましたが、今はどうでしょうか?、、、スタッフの方と2人で入ってみます、

ちわ、お!空いていますね、ラッキーです、ではでは逆L字カウンターの底辺角辺りに2人で着きます、

ビールでもヨカッタのですが、ワタシは「シャリキン ハイボール」550円也にします、

036_20200111091801

キンミヤ焼酎を凍らせてシャーベット状になったのをソーダで割ります、少々高いですが仕方ない、普通の「キンミヤ」置いてもらえると嬉しいんだけどな、、、

突き出しも出て、料理は「ズポテサラ」500円也、

038_20200111091801

たしかそんな名前のはずです、ポテサラ(割りとゴロッとしてたか?きゅうりとか入ってフレッシュ!)にトッピングで沢庵、チーズ、そしてオニオンのスライス(前の時に教えてもらったレシピ)、ま、これだけでだいぶ呑めます、

「ガリトマト」値段失念、

039_20200111091801

う~ん、独創的、上から鰹節、ガリ、トマトです、どうしたらこういう料理を思い付くのかしら?

白板のおすすめメニューにあった「朝引き地鶏のむねタタキ」400円也、

040_20200111091801

これも美味しいソースが掛かっています、料理はどれもやはり美味しい、

ワタシは「シャリキン」をお替りして、それでお勘定です、

さっきの打合せの対応がありますからね、今日は1杯だけね、

これで2人で2950円也、

JR神戸駅北西側すぐの「ズドコノン」、

やっぱり料理は美味しいです、その分ちょっと値は張りますがエエんとちゃいます、

女性客も多いですね、安心して呑める店でもありますな、

店名の由来は・・・特に意味はないそうです^^)

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

ここでスタッフとは解散、、、

立ち呑み天ぷらの「國」がすぐそこです、

ここも行かねばなりますまい!

(別に行かんでも”ええよ~” by ふか先生^^)、

やっぱり行きました、ちわ、

042kai_20200111091801

コバルトブルー(違うか?)のイカした外観、

今日は寒いですな、「燗酒」350円也をお願いします、

044_20200111091801

それと「おまかせ4品」500円也、

045_20200111091801

「おまかせ4品」には必ず海老が入ります、お得なセット、

毎度書いていますが、ここの天ぷらは”米粉”を使って揚げているのでとってもクリスピー、サクサクと美味しくいただけます、

さて、ワタシも帰ってさっきの打合せの件を進行しないといけません、今日はこれでお仕舞にしましょう、

もちろん明朗会計、

「高速神戸駅」真上、多聞通北側の天ぷら立ち呑み「國」、

天ぷらって無性に食べたくなる時がありますよね、ホント、美味しい、

サクサク食べて、サクッと呑む、エエじゃないですか、

定番の地酒が「雪の茅舎」なのも嬉しいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

六甲全山縦走大会の応援の後、「四文屋 三宮2号店」で打上げ、リーズナブルで美味しいモツ焼を堪能しました。

【2019年11月10日(日)】

神戸 三宮 モツ焼き「四文屋 三宮2号店」

今日は恒例『六甲全山縦走大会』前半(毎年11月に2回あります、1日で全行程を歩きます)、

須磨浦公園からスタートして六甲山系を縦走、宝塚までのコースを1日で歩きます、

全行程は45kmと50kmとも云われており、延べ登山標高差が3800m!と富士山登山に匹敵する過酷なレースであります、

で、、、ワタシは、、、今年も応援ハイクであります、参加は今年も見合わせ、

時間的にはほぼ中間地点になる摩耶山掬星台で知り合いの参加者を待ち受けます、

今回は知り合い4名が参加、全員14時半頃に菊星台に無事到着、温かいスープや新鮮なブドウで接待、すぐに彼らはゴール目指して出発して行きました(最終的に4人とも無事完歩)、

応援ハイクの3人も下山です、上野道を1時間ほどで高速下山、ケーブル下駅からバスに乗って三宮まで、あっという間に無事下山です、

時間は16時半頃、さて呑みましょか^^)、応援お疲れさん会です、

この時間、日曜日ならもつ焼きの「四文屋」が開いているはずです、

015_20200105160101

はい、無事開店しています、

※ここ、正式には「四文屋 三宮2号店」と云います、1号店はどこにあるのか?不明です、
近所に「牛の四文屋 三宮店」があります、ひょとするとこれが最初に出来た店かもしれません、

本格的もつ焼きがリーズナブルな価格でいただける、東京でチェーン展開している「四文屋」さん、嬉しいことに三宮にもあるのです、 “モツ焼き”ファンには堪りません、

まだ空いていますね、3人です~、はい!ではでは入店です、

まずはホッピーで乾杯!嬉しい~、ホッピ~も吞める^^)、この日はたしか全員ホッピーでした、

016kai_20200105155801

モツ焼も注文しましたが、すぐ来るメニューから、「セロリ」100円也、

017_20200105155801

「キャベツ」100円也、

018_20200105155801

そして生モノから来ました、「豚冷製ハツ」200円也かな?
(今日は連れ呑みなので詳細不明が多いです、許してください^^)

020_20200105155801

そしてモツ焼きは「ガツ」と、葱が挟まっているのは??「ハラミ」かな?失念、

022kai_20200105155801

モツ焼きは基本的にすべて@100円也です、これがとっても嬉しいです、東京でも@100円也は減って来てると思います、神戸でモツ焼きが@100円也でいただける幸せ、

さらに「シロ」と「コブクロ」かな?@100円也、

023kai_20200105155801

そしてこれは「カシラ」だと思います、

024_20200105155801

モツ焼き@100円也でも安いのですが、この日替わりの串メニュー、少し手が入った串なのですが、なんとこれもお値段そのままで@100円也です、良心的~、これも嬉しいですね~、

「豚あごみそ焼き」、

025_20200105155801

「豚ハツポン酢串」、たぶん、、、

029_20200105155801

ホント、この辺りはお得感満載です、

ホッピーから日本酒にしてますね、たしか燗酒、

030_20200105155801

肴に移行して「煮込み豆腐」350円也、

028_20200105155801

「センマイ刺し」250円也、

026_20200105155801

そして「きゅうりの浅漬」150円也、

031_20200105155801

はい、満足です、山行の疲れも吹っ飛びました、

これでお勘定、たぶん@2000円くらい、

神戸三宮のモツ焼き「四文屋」、

流石、東京での実績を引っ提げての神戸進出も伊達ではありません、

本格的に美味しいモツ焼きがリーズナブル、

大阪でも他の東京のモツ焼き店関係のお店が進出してきていますが、

こちら「四文屋」さんはケレン味のない正当大衆モツ焼き屋さんを体現されており、とっても好感、

日曜日は早い時間から呑めるのも嬉しい、まだまだリピートすると思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

2020年明けましておめでとうございます、本年もご愛読お願いします~神戸湊川、街の串カツ屋さん「ふくや」を初探訪。

【2019年10月31日(木)】

神戸 湊川 串カツ「ふくや」

2020年 明けましておめでとうございます、

本年も『東西酒場探訪案内所』のご愛読、よろしくお願いいたします、

いつも神戸の酒場情報をいただいているSさんが探訪されている記事を読んで知りました、

湊川の串カツ「ふくや」さん、詳細は分かりませんが外観の写真を見て、これがワタシも守備範囲と確信、早々に探訪することにしました、

駅で云うと神鉄「湊川」駅が近いようですが、一駅なので山陽「新開地」駅から歩くことにしました、

いつもの商店街ではなく西寄りの大きな通りを北上します、

すぐに大きな酒屋「北野商店」があって「銀盤」もワンカップを買い、

002kai_20191230093101

こんな店もありました、「人工衛星饅頭」、

003kai_20191230093101

名前は聞いたことありました、こんなところに店があったんですね、

ちなみに初めて地球を周回した“人工衛星”は1957年(昭和32年)に打ち上げられた旧ソ連の“スプートニク1号”、当然その頃に考案されたんでしょうね、新進気鋭の心意気です、

さらに上り坂を登って行くと、、、通りの向こうにこんな商店街が見えました、

006kai_20191230093101

「東山商店街」、遠目にも賑やかな様子が伝わってきます、これは帰り掛けに探訪しなければいけません、

ズンズンと坂を上り、この辺りを東西に流れている新湊川を越えます、

015_20191230093201

ちなみに氾濫を繰り返した旧湊川(天井川やったそうです)の堤防は削られ、現在の湊川公園や新開地の商店街になっています、

少し行くと左側に旧夢野商店街の通りが延びています、そう云われるとなんとなく商店街の面影を感じることが出来ます、

009kai_20191230093101

ここを西へ200mくらいかな、北側に「ふくや」がありました、

007kai_20191230093101

う~ん、素晴らしい、こういう店がまだ残っていましたか、来られて幸せです、

表の日除けに料金表、串カツはオール@80円也ですが律儀に全部に単価が書かれてます、トンカツだけが180円也、

008kai_20191230093101

おでんもあります、@70円也、寿司もある!!手広くやったはります、

ではでは入りましょう、、、ちわ、、、あは、こういう感じでですか、

店内にハイカウンターがあって、お母さんが中におられます、表に向いて串カツを揚げる鍋があって、その前に椅子(床机やったかな)が並んでいます、

先客は無し、表の椅子に座ってお母さんと対峙します、

先日知り合いが来た記事を読んだので串カツ食べに来ました、

はいはい、分かります~、ということで無事呑めそうです、、、

と思いきや、、、訊くとアルコール類はないそうです、あちゃ、そうなんですか!

あ、でもね、呑んでもらうのはエエんです、自分で買ってきてもらわないといけませんけど、ちょっとあっちへ戻るとお酒の自販機があるんで、あそこで買って来てもらったら、

はい、分かります、さっき通った時にありました、

ということで、自販機まで戻って「焼酎ハイボール」150円也を一缶買って、また店に戻りました、

これでやっと呑みスタートです、今日は前段めちゃ長かったです~、

とにかく串カツを注文、牛を2本、うずら、玉ねぎ、なんきんをお願いします、

もちろん通し揚げです、串差しからです、お母さんがちゃっちゃと具を串に刺して揚げていきます、こんな感じ、

011_20191230093101

アツアツをいただきながら差し向かいでお母さんとあれこれお話を伺います、

串カツはこの2019年10月から80円に値上げ、それまでは70円だったそうです、

近所の子供がね、70円握って来てくれたん、そやけど今日から80円やねん、今日はエエから明日から80円持って来てな、云うてね、ホンマ申し訳ないわ、、、

20歳でここに嫁に来られて50年以上、昔からの町内の“串カツ屋さん”、持ち帰りメインのお店、

京都なら町内にあるのは“お好み焼き屋”でしたが、神戸では町内に“串カツ屋”が普通にあったそうです、

この近所でも何軒もあったそうで、残っている「稲田」も紹介していただきました、あ!さっきの東山商店街の中にあるんですね、帰り掛けに寄ってみます、

ここは旧“夢野商店街”、アーケードも有ったらしいですが無くなってしもた、今座っているとこは厳密にいうと店の外、

昔はアーケードがあったのでそこでみんな食べてたけど、今は雨の日とかは難儀します、

最初はお酒も置いていたけど、質の悪い客がいて止めたそうです、代金払わん客とかね、

そらアカンわ、ね、

串カツを追加、えび、椎茸、なす、牛、アスパラ、

013_20191230093101

持ち帰りのお客さんもちらほら、15本とかまとめて買って帰られます、

震災の日はちょっと寝坊してまだ鍋に火を入れてなったので助かった、あの時間から火を入れてる日もあったので危なかったわ、

もう25年も前ですね、あの日は大変でしたね、生きてるだけで丸儲けでしたわ、はい、

今のところ後継ぎの予定はないですね、

やはり、、、息子さんがいらっしゃるそうですが、やはりね、、、後継ぎ問題、後継者問題は老舗酒場が抱える大きな問題、なんとか酒場継承後制度・継者育成システムが出来たら良いのですが、、、

はい、これでお勘定です、明朗会計、

神戸湊川、旧夢野商店街の街の串カツ屋さん「ふくや」、

エエ店でした、こういう店が残っていることに感謝、再訪確実、

@80円也の串カツはアツアツで美味しい、

次回はおでんとかお寿司も食べてみるかな、

あ、アルコールは行く前にしっかり仕入れていきますね^^)

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

帰り掛けに東山商店街の「稲田」も確認、

018kai_20191230094201

ここもアルコールは無い感じでした、持ち込めるんやろか?

市場で夜の肴を買って帰りました、

021_20191230093201

この市場も賑わっています、ここもあらためて探訪せんとアキマセンな、

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

三宮高架下の「トミヤ支店」を初探訪、串カツ・ホルモン焼き・餃子とSAPPOROの4本柱♡

【2019年10月29日(火)】

神戸 三宮高架下 「トミヤ支店」

三宮に新しい立ち飲みが出来ていたので飛び込んでみました、

早い時間からわりと混み合っていて、カウンターの中は女性1人、ガールズ系なのか?

そりゃ忙しいだろうけども、客あしらいが下手、段取りも悪い、

もう一人女性店員さん増えたら、今度は手を動かしながらだけど2人で私語の嵐、イラッ、

客が声を掛けても“ちょっと待ってくださいね”とまた私語、こりゃアカン、

早々に失礼しました、料理がそこそこだっただけにモッタイナイけど、

ワタシはこういう酒場が一番苦手、店員の心根が雑だと酒がまずいのです、ガールズ系もアカンし、、、許せ、

で、もう1軒、

三宮高架通商店街の「トミヤ支店」、ここも未探訪なので入ってみます、

035kai_20191222112501

6~7人で満席の小さな店、

串カツ、ホルモン焼き、餃子にサッポロ中瓶の4本柱💓、

なんか、こんな狭い店なのに料理はあれこれと欲張った感じです、が、、、サッポロ中瓶と云うところを押さえているので引掛りました^^)、ま、1回入ってみましょう、

L字カウンター、先客2人、ガラス戸とカウンターの狭い空間に潜り込みます、

こちらは一転、カウンターの中には強面のお兄さんが2人、これまた愛想の悪い店か!?、、、というのは杞憂でした、

至って愛想がヨロシイ^^)、で、料理の手も早い、先程の反動で過大評価しているのか?ワタシ、

もちろんSAPPORO「赤星」中瓶、

036_20191222112501

で、とりあえず「ホルモンミックス」560円也、狭い厨房でテキパキ作業、あまり忙しそうに見せないところもなかなかヨロシイ、

038kai_20191222112501

文字通りのミックスは見た目も美味しそう、

シマチョウにふわ(神戸ではバサか)、せんまいか?蜂の巣かな?タレが美味しいです、

最近出来たのかな?とお兄さんに訊いたところ、もう6年になるそうです、あちゃ、酒場アンテナ錆びついています、

店名に“支店”と付いているので、そりゃどこかの支店でしょう、と思うのが人情、

え~っと、“トミヤ”云うたらどこやろ、と考えます、新開地に「とみや」って云う焼肉屋さんがあったように気がする、あそこの支店かな?

で、お兄さんに訊いたところ、、、関係ないそうです、、、あちゃ、、、、

では、どこの支店かというと、どこの支店でもない、そういう店名みたいです、

本店のない支店、新たな視点やな、とか勝手に納得、

そういうと、東京人形町のはずれに「誠や9号店」という美味しい蕎麦屋があります、ここの店名の由来も面白い、

実はこの“9号店”が最初に出来た“1号店”らしいのですが(ややこしいなあ)、

店主の方の夢として、将来はチェーン店を9軒出店する、その目標に向かって頑張るためにまず最初の“1号店”に「誠や9号店」という店名を付けたそうです、

志は立派、“2号店”が出来たという話は聞いていませんが^^)、ガンバッてください、

閑話休題、

もう一品、4本柱のうちの残り2本、餃子か串カツをいっとかなアキマセンよね、

「餃子」にします、

040_20191222112501

これも存外に早く出てきました、やはり手が早い、酒場の肴はスピードも大切です、

タレの指南書がカウンターに貼ってありました、

037kai_20191222112501

味噌だれも小皿で出てきます、

041_20191222112501

お兄さんのお薦めは“おすすめは味噌だれ+練ラー油”やそうです、甘辛ですな、なるほど、

で、味噌ダレから始めて、指南書の食べ方を実践、、、もちろん、味噌ダレも美味しいのですが、、、

ワタシは“醤油+酢+辣油多目”がやはり好き、定番過ぎる好み、「王将の餃子」育ちの弊害か?

これでお勘定は1320円也、

三宮高架通商店街の「トミヤ支店」、

外観からもっとディープな店をイメージ、強面のお兄さんやったし、

でも、とってもフレンドリーな接客でした、

4本柱のうちの“串カツ”が残っているので、再訪してみようと思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

モトコー1入ったところの「スタンドデリ チリン」、料理美味しいし、「キンミヤ」もあるし、エエやんか♡

【2019年10月23日(水)】

神戸 元町高架下1 「スタンドデリ チリン」

元町高架通商店街、通称“モトコー”、で良いのか?

JR「元町」駅西側から阪神電車「西元町」駅(地下駅)辺りまでのJR線高架下のある商店街、ここも戦後の闇市が成り立ちに関わっているでしょう、

「三宮」駅から「元町」駅まで続く“三宮高架商店街”に比べると、なにやらとってもディープでマニアックなイメージのお店が並んでいます、それも西の方へ行くほど^^)

その先は西方浄土か!?(意味不明^^)

そのモトコーも耐震強度不足(高架化はなんと1934年=昭和9年と85年程前)を理由にJR西日本が改修工事を進めています、おそらくは一旦この商店街も消滅してしまうのでしょう、

それは仕方ない、ただ、一度壊すと元には戻せないのが飲み屋街の宿命、酒場の運命、もし商店街がまた出来るならエエもん作ってほしいです、

そんな「元町」駅の西側から始まるモトコー、

ここにはアーチが掛かっていて“元町 1 高架下”の文字、西に行くほど数字は増えてたしか“7”まであります、

054kai_20191221225601

ここを入ってすぐにあるのが「スタンドデリ チリン」、

046kai_20191221225601

ずいぶん前から勧められていたのですが、なかなか入店の機会がなく延び延びになっていました、スイマセン、

今日は運良く開店していたのでさっと入りました、

ちょっと落とし目の照明、使い込まれた感じのカウンター(廃材利用?違うか)、エエ感じ、

コの字カウンターの縦棒部分だけが立ち呑み、上辺と下辺には椅子がありました、当然縦棒に立ちます、

カウンターの中と云うか奥の方にお兄さん、1人でやっておられるようです、

SAPPOROの生がありました、それください、「生」500円也、

047_20191221225601

肴は「豆腐屋の冷奴」350円也、

049_20191221225601

おお!たしかに濃厚で美味しい豆腐です、これが本当の豆腐なんだね~、今食べているのはなんだろうね~、

それに薬味しっかり、茗荷、生姜、鰹節、かいわれ、料理もしっかりしています、こりゃ素晴らしい、

店名にある“スタンドデリ”というワードがここで腑に落ちます、

お酒のメニューを見ると、ハイボール酎ハイ系の飲み物が500円也と、ちょい高めです、

肴のメニューは黒板、なんか美味しい予感💕、

と、カウンターにキンミヤの一升瓶があります、お兄さんに訊くと“ソーダ割り”にするとのこと、、、ですよね~♪

052_20191221225601

ということで「キンミヤソーダ割り」、500円也かな?レモン入り、

BGMが渋いブルースからとんがってるのまで、昭和歌謡もあるのね、多趣味?お洒落さんやわ、

料理をもう一品、「豚ハツモト塩炒め」500円也、

053_20191221225601

うん、これもイケますわ、歯応えがあり、ボリューミー、お値打ちです、料理は間違いないですね、好感、

これでお勘定にしました、1850円也

モトコー1の「スタンドデリ チリン」、

いや~、エエお店でした、もっと早く入っておくべきでした、

キンミヤがあるのが嬉しい、ドリンクはこれで心配なし、

料理も丁寧でとっても美味しい、再訪確実、

モトコーが無くなるかもしれないので、しっかり行くようにします、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

このところ興味津々のセンタープラザ地下の飲食街、本日は「タルショウ」三宮店で網焼き地鶏をいただきます!

【2019年10月1日(火)】

神戸三宮 センタープラザ西館B1F 「タルショウ」三宮店

このところ興味津々の三宮さんプラザとセンタープラザ、

今日は西の方、センタープラザ西館B1Fの三宮市場にある「タルショウ」を初探訪です、

2つの通路のうち北側の通路にあります、

003kai_20191202085801

電飾看板には「タルショウ」三宮店とあります、本店はどこにあるんだろう、入って訊こうと思いましたが、、、忘れました、

ビニールカーテンに囲われた逆L字カウンター、カウンターの中にはお母さん、今のところ先客なし、

、、

焼鳥のようですが、表のメニュー見ると普通の焼鳥とはちと違う雰囲気、

004kai_20191202085801

宮崎地鶏の網焼きがあるし、鶏の各部位の他に豚のホルモンも串で焼くみたい、「鶏めし丼」?に「ぶた丼」もありますね、

宮崎地鶏の「網焼き」は大の好物です、関西でもいろんなお店で食るようになってきましたが、ホントに美味しい店となる、どれほどの実力か?ちょっと食べてみたくなりました、

ではでは入店です、

飲み物は「生ビール」(一番搾り)にします、1杯目が100円のサービス中、

料理のメニューはこんな感じ、

008kai_20191202085801

もちろん「焼鳥」もありますが、牛や合鴨、豚レバーや豚タン、フランク(フルト?)等の串、串以外にも「鶏の天ぷら」や謎の「鶏めし丼」もあります、

やはり、なにやら異種格闘技の匂いが😃しますが、、、やはりここはまず「網焼き」にします、

お母さんに注文です、網焼きをお願いします、メニューには「網焼きブラック」とあります、たぶん焼き上がった時のイメージなんでしょう、

と、お母さんからの奇襲がありました、

ひね鶏と若鳥、合い盛りがありますけど、、、

反射的に「合い盛り」と応えました、ニンニクは?ありでお願いします、

ということで、奇襲には合いましたがなんとか注文完了、「生」を飲みながら焼き具合を観察します、

文字通り網で焼くので「網焼き」、はい、間違いございません、お母さんが鶏肉を焼き始めます、たしか炭火だっけ?あれ、、、忘れました、

ちょっと時間が掛かります、「生」の残りが少なくなった頃に完成、

010_20191202085801

見た目はエエ感じです、ではではいただきます、、、うん、専門店(三宮にも贔屓の専門店があります)の域には届きませんが、美味しいです、合格!

でも、噛み応えのある鶏肉が好きなのですが、柔らかい肉と噛み応えのある肉が混ざっています、

どうやら、ワタシの注文が間違っていたようです、

お母さんに訊きます、柔らかい肉と噛み応えのある肉が混ざっていますが、、、

はいはい、柔らかいのが「若鳥」です、

やはり、「合い盛り」とお願いしたのはワタシです、

歯ごたえのある方が好きなんです、それなら「ひね鶏」を注文したらよかったんですね、

あら、そうそう、「ひね鶏」が好きな方も多いですよ、

なるほど、勉強になります、次は「ひね鶏」を頼みますわ、

「生」が無くなったので「ハイボール」390円也にします、

012_20191202085801

サーバーではなくお母さんの手作り、丁寧に作っておられます、中は角かな?見えなかった、

お!このハイボール、美味しいです!!ウイスキーが美味しいのか?作り方が上手なのか?たぶん後者、丁寧に作ったはったからね、

「網焼き」も残り少なくなっってきました、「酒と肴の相対性理論その3」が適用されます、

肴を追加で注文、焼鳥を頼みましょう、つくね、ねぎみタレ、皮塩を1本づつ注文、

013kai_20191202085801

@120円也ならまずまずのコストパフォーマンス、

これでお勘定です、1450円也、明朗会計、

センタープラザ西館B1Fの三宮市場「タルショウ」、

鶏を中心にあれこれいろいろ焼いてくれる守備範囲の広いお店、

「網焼き」はそれなりの美味しさ、次回は「ひね鶏」に絞って食したいし、

異種格闘技的な他のメニューにもチャレンジしてみたいと思いました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

先週に続いて明石です、明石駅から西新町駅までぶらり探訪、エエ角打ちでした、「水田酒店」。

【2019年9月26日(木)】

明石 西新町 「水田酒店」

先週、山行帰りに久しぶりに明石に寄ったので、なんだか今日も明石に行きたくなった、

そう、「明石」駅から一つ向こうの「西新町」駅までの間に何軒か角打ちがあるそうなのです、

芝田真督さんの著書「神戸立ち呑み巡礼」情報であります😃、

神戸三宮からだとJRの新快速で明石まで15分と意外に近い、夕刻所用終わりの三宮、思い立って新快速に飛び乗りました、

明石海峡大橋の雄姿を見たらすぐに明石着、

ここから山陽電鉄「西新町」駅までぶらりと歩きながらの探訪です、

まずはここ、ちょっと寄り道になるんだけど玉子焼きの「きむらや」、

015kai_20191201101201

90年以上も営業されている老舗、外観もエエですね~、各々方、ここもそのうち探訪しなければなりますまい、

ここから国道2号線になるのかな?違う?大きな通り沿いに西へ歩きます、

しばらく行って左(海側)に折れて数分、「橘酒店」がありましたが、、、

016kai_20191201101201

閉まっています、定休?それとも?、、、いやいや、定休日と信じてまた来ますね、

さらに大きな道を歩き進んめると、橋の手前の道沿いに「米谷酒店」がありました、

023kai_20191201101201

立派な店構え、辿り着く直前に店の前の椅子に座っておられた大将らしき人がすっと立って川の方へ歩いていかれました、、、で、無人に、、、

中を覗きますが、立ち呑みのカウンターが見当たりません、うむ、立ち呑みは止めてしまったのか?

お店の人もおられない様ので入店を断念、もう少し早く来ていたら大将に訊けたのになあ、

と、その後「神戸立ち呑み巡礼」の著者芝田さんとお会いした時に「米谷酒店」のことを訊いたら、、、

なんと、店の奥に立ち呑みコーナーというか、カウンターがあるらしいです、

なんと、詰めが甘いです、詰めが甘すぎます、なんという失態、、、再訪確実です、

橋を渡って山陽電鉄「西新町」駅方面を目指します、

この駅近くには「井筒酒店」という良い角打ちがあったらしいのですが、惜しまれながら廃業されたそうです、遅かりし、、、

で、今日の初探訪店は「西新町」駅すぐの「水田酒店」、

024kai_20191201101201

ほ、こちらは渋い佇まいで営業されています、ヨカッタ、やっと呑めます、

「世界長」に「泉正宗」、“串カツ”の文字もあります、ではでは入店です、

6~7人立てるシンプルな1本カウンターと壁際にも小さなカウンター、右壁にはデコラのテーブルも、ここは座って呑めそうです、

先客が5人、カウンターの中にはお母さん、ちょっと詰めていただいてカウンター左寄りに立ちます、

まずはASAHI「中瓶」と「じゃこおろし」で一息つきます、

026_20191201101201

他は全員常連さんで顔馴染み、全員で丁々発止、なんとなく聞きながら、ワタシ、たまに一人プッとか笑ってます、

創業80年らしいです、昭和の初めですね、この辺りもいろんな産業で賑わっていた感じ、

壁には明石商業のペナントが!(ペナント、懐かしい^^)

カウンターには料理が並んでいます、茄子南蛮、ポテサラ、ではなくポテマカサラダ!だって、明太子に薩摩揚げ、コロッケ、餃子?

030kai_20191201101201

「コロッケ」をもらいます、

029_20191201101201

隣りの常連さん、大型トレーラーの運転手さん、77歳、とっても若々しいしお元気、

話を聞くと職人気質、若い運転手が少なくなってきていて、ワシらが動かさんと人が足らんねん、今は、もうちょっと運転するかな?との事、

凄いわ、プロやから安全運転みたいです、なるほど、尊敬の眼差し、

カウンターの中に美味しそうな日本酒の一升瓶が並んでいます、

メニューには書いてないのですがどうも飲めるようなのでお母さんに所望、

あ、これ?これはねお客さんのボトルキープですねん、とのこと、

あら~、なるほど、ボトルキープもあるんですね、ちょっと残念やけど、ちょっと嬉しい情報ですな、

では定番酒を燗で、半分も出来ます?はい、大丈夫、では半分でお願いします、

035kai_20191201101201

「すき焼」みたいなんに玉子乗せ、

036_20191201101201

そうそう、後ろの壁に明石駅前の昭和29年頃の写真が何枚か貼ってありました、

031kai2

こんな感じだったんだね、ワタシはこのすぐ後に生まれています、こんな風景が普通に会った頃、懐かしい~ね~、光陰矢の如し、

これでお勘定にしました、1400円也、安!

山陽「西新町」駅すぐの「水田酒店」、

この辺りの角打ちもどんどん少なくなっています、ここが開いていてよかった、

渋い外観、料理メニューも多いし、もちろんお酒もいろいろ楽しめます、

再訪して、もう少し飲んで食べたいお店です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) その他 テリー・イシダの独酌酔言 ホノルル 上野御徒町湯島 下北沢三軒茶屋 世田谷 中野高円寺荻窪 五反田旗の台品川 京都河原町他 京都駅周辺 京阪沿線 人形町 仙台 代々木上原 佃月島 八王子 八重洲 勝どき 北区(王子赤羽十条) 北千住南千住 北海道 千葉 博多九州 吉祥寺国立 名古屋岐阜 地酒ワンカップ・コレクション 墨田区(押上本所石原錦糸町) 墨田区(曳舟八広東向島) 大森蒲田 大阪ミナミ(心斎橋難波) 大阪中津 大阪京橋 大阪十三西中島淡路 大阪南部 大阪大正 大阪天満 大阪天王寺阿倍野新今宮 大阪東部 大阪梅田 大阪梅田(新梅田食道街) 大阪梅田(駅前ビル) 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 大阪玉造鶴橋周辺 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) 大阪都島 大阪野田福島 巣鴨大塚 広島高松岡山鳥取 府中 忠臣蔵 恵比寿目黒 新宿 新橋虎ノ門浜松町 日本堤 日本酒 早稲田 有楽町 東京観光案内 根岸根津本郷 横浜川崎横須賀 江戸川区 江東区(木場門前仲町) 江東区(森下清澄白河) 江東区(亀戸大島) 池袋練馬 浅草 渋谷 湘南 湘南鎌倉 町屋 神戸三宮元町明石姫路 神楽坂 神田須田町飯田橋 築地 茅場町 葛飾区(立石四つ木) 観音崎 金沢富山 銀座 関西周辺 関西観光案内 阪急宝塚沿線 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) 麻布十番