カテゴリー「阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」の128件の記事

2017年10月17日 (火)

阪神電車「出屋敷」駅すぐ近くの角打ち「美作酒店」、角打ちにしては静かな店内でした。

【2017年7月21日(金)】

尼崎 出屋敷 「美作酒店」

阪神電車「出屋敷」駅辺りには何軒か良い立ち飲みがあり、

関西へ戻って来た当初はよく飲んでました、お気に入りは「丹波屋」happy01

で、今日の立ち飲みはここ、

ずいぶん前に一度閉店間際に入りかけて時間切れで敗退heart03

以降、出屋敷ではここだけが未探訪状態が続いてしまってますcoldsweats02

今日はさくっと入ることにします、

030kai

「美作酒店」、

阪神電車「出屋敷」駅の南東側、徒歩30秒です、



名前がなんかエエですな、“美作”shine

岡山県中央部にある美作市となにか因縁があるのでしょうか?

店構えは良いのですが、

店の前に電柱がすっくと立っているので写真は残念な感じになりますcoldsweats01

ではでは、入ってみましょうdash

比較的広い店内、壁に沿って変形のコの字カウンターがぐるりと回っています、

15人くらいは立てそうですね、

カウンターの中にはお母さん、先客がお二人、

「麦水」240円也をお願いします、

ロックグラスに入った焼酎と氷が出てきましたflair

031

そして水差しも、、、

焼酎と水が別々で出て来るのはよくあるスタイルですが、

ロックグラスはちょっと珍しいかな、

あんまり水が入らないので、最初はロックで飲むことにしますhappy01

アテは前に並んでいた食材から「ししとう」を選びます、

これはどうなります?

焼きますね、

はい、ではそれをお願いします、

素焼きにして生姜が添えられました、少し醤油を垂らしていただきます、

033kai

うん、普通に美味しいですよhappy01

料理もメニューはそれなりに充実、刺身系、焼き物系、そしておでん、

さらには一品モノから(~)乾きモノまで~という感じかな、

TVでは大相撲をやっています、

常連さんはみなさん熱心に観戦、

稀勢の里はこの場所も途中休場ですわ、アカンsweat02

おでんを一品、好物の「厚揚げ」にします、

036

常連さんがさらに2人ほど入店、

先客と挨拶、どうも、やあ、て感じですが、静かですwink

こういう感じの店と常連さんなんでしょう、

もう一杯飲むかどうか迷いましたが、ここはこれくらいにしておきましょう、

はい、ごちそうさんです、お勘定は540円也、

阪神電車「出屋敷」駅南東徒歩1分、角打ちの「美作酒店」、

ま、普通の角打ちです、ゆったり広い店内が魅力、ゆっくりゆったり飲めます、

あ、岡山県美作市との因縁を訊こうと思って忘れたしまったheart03、失敗sweat01

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04 



この後、すぐ近くにこんな店発見flair

038kai

「呑殿下」、“のんでんか”と読ませるようです、

料理メニューは安いなあ、、、

 ちょっと入ってみようかと思案しましたが、

どうもワタシ向けではないような気がして、結局スルー、

また今度ねhappy01



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

世の中はクリスマスイヴですが、、、一人角打ちです^^)御影の「MIYOSHI」、料理も日本酒もエエ感じです。

【2016年12月24日(土)】

神戸 御影 角打ち「MIYOSHI」

世の中はクリスマスイヴです!bell世の中は、、、

ワタシは、、、一人飲みですが、なにか?happy02

ま、今日はね、世の中、騒がしいですから、ひっそりとね(言い訳タラタラcoldsweats01)、

で、年賀状印刷のインクを買いに阪神御影まで出掛けて、

帰り掛けにまたここへ吸い込まれましたhappy01

阪神「御影」駅南側の交差点角にある酒販店「MIYOSHI」、

014

もちろん飲めますwink



珍しいのは、酒販コーナーで飲める「MIYOSHI」と、

別の入り口がある隣接の立ち飲み専門コーナー「美よ志」と、

2つの店名があることです、

最初は立ち飲みコーナーしか目に入らなかったのですが、

あとで酒販コーナーでの角打ちも発見flair

両方とも1回づつ入店しています、

どちらでもイイんだけど、今日はやはり酒販コーナーで飲むのがイイかな、

クリスマスイヴですからbell(意味不明happy02)、

大き目の立ち飲みテーブルが2つ、

他に以前は勘定用のカウンターだったかと思われるところでも呑めます、

手前のテーブルが半分空いていたので着きます、

料理はお酒のサーブは立ち飲み専門コーナーの「美よし」と共通です、

お母さんが奥の通路を行き来して、注文を訊いてくれます、

とりあえずSAPPOROの「小瓶」240円也!安!、

008_2

リーチインに入っていますが、お母さんが出してくれはります、

ここはキャッシュオン、

テーブルにある金皿に小銭を入れて都度の清算になります、

なので、なるべくオーダーも固めて発注したいところです、

お母さんも手間が省けます、

で、料理は即決断で「ローストビーフ」shine

010kai

ほう~、こんなメニューもあるんだあ、進化していますね、

まあ、クリスマスイヴですからbell

はい、で、こういう感じで飲みます、メリークリスマス!heart02

011_2

今日もお客さん、どんどん入って来られますが、

さすがに、、、オッチャンばかりですねhappy01

まあ、そらそうか、クリスマスですからbell

ビールを飲み干してお酒にします、

今日のお酒のメニューはこんな感じ、

006kai_2
007kai_2

常温や冷やした瓶でもエエですが、やはり今日は燗酒でしょう、

クリスマスイヴですからbell(なんでや!happy02)

燗酒は「誠鑑」純米酒320円也にしました、

013

こんな利き猪口で出てきます、、、写真は飲み干してますがsweat01、、、

これも嬉しい、純米酒の燗酒です、

そして、もう一品は「鯖塩焼き」300円也、

012kai

めちゃ王道の一品です、クリスマスですからbell

もうちょっと日本酒を飲みたい感じですが、今日はこれでお勘定です、

クリスマスイヴですから(もうエエってsweat01)、

キャッシュオンなので、もうお勘定は済んでいます、

阪神「御影」駅すぐ南側の「MIYOSHI」、

普通の角打ちですが、日本酒が揃っているのが嬉しいし、料理もレベル以上です、

御影はエエお店が多いですが、また一つ贔屓が出来ましたshine

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

『カウンターならドリンク200円也』の看板に魅せられて入店、JR芦屋近くの焼き鳥「まさや」西店です。

【2016年10月26日(水)】

阪神間 JR芦屋 焼き鳥「まさや西店」

ぷらぷらとポケモンGOで歩いてたら、こんな看板を見つけましたshine

005

ほう、ほとんどのドリンクが200円ですか、

「カウンターに限り」というのが面白いhappy01
 ちょいと覗いてみましょうか、

JR「芦屋」駅の北側を西へ延びる商店街にありました、

焼き鳥の「まさや」、

006

ここは西店ということになってます、

あとで調べると、駅の東側には“東店”があるそうです、



新しいのか?シュッとした綺麗なお店、

もちろんカウンター狙いなんですが、、、カウンターが案外少ない、happy02



左手が厨房(焼き台)のようです、
 
その前に手前と奥(真ん中に通路あり)、それぞれ6席くらいのカウンターがあります、

あとは仕切りのあるテーブル席が並んでいます、

奥の方もそんな感じかな?よく見えません、



でも、まだ時間は早いです、大丈夫、空いています、



カウンターで良いですか?

はい、もちろん、

ということで手前カウンターに着きます、



え~っと、大きなメニューを開けて注文検討、

焼き鳥です、はい、その通りのメニュー、



と、目の前に注文伝票があります、メニューがずらりと並んでいます、

019kai

どうやらこれに自分で数量を記入して注文するみたいです、



先に飲み物だけは訊かれますので、口頭で注文、

生ビールにします、もちろん200円也、へへhappy01



焼き鳥は一気に行きます、1注文2本ですって、あらら、

「とりみ」、「ねぎま」、「きも」、それに「牛はらみ」にします、



こういう注文方法の場合、ついつい書きすぎてしまいますね、

とりみ、ねぎま、きも、この辺りはだいたい二本で299円也、

頑張ってる品は259円也つうのもありました、、牛はらみは399円也sweat02

あ、それと野菜も食べなきゃ!ということで「サラダ」も一品頼みました、

はい、これで生ビールをグビ、料理を待ちます、

と、いきなり「キャベツ」と「突出し」が出てきましたsweat01

012

ありゃ、これがあるなら「サラダ」は要らんかったかな、、、

これは、飲み物注文の時に一言『突出しとキャベツが出ます』とか云うて欲しいかったなsweat02

で、当然「サラダ」も来ます、

013

ま、野菜は体に良いから、、、と、、、どんどん、むしゃむしゃ食べますdash



焼き物は順次出てきます、

カウンター向かいの焼き方からこちらが見えるからか?

こちらのペースをある程度見計らいながら、一皿づつ出てきました、

厨房は気が利きますなwink

まずは「きも」、

014

一仕事してあります、うん、まずまずです、



「とりみ」、

015

「ねぎま」、

016



ともに肉は美味しいのですが、タレに今ひとつパンチがなかったです、

塩焼きでもヨカッタかな、と思いながら食べました、



で、後で気が付いたのですが、箸カバーにこんな案内が、、、

011kai

うむ?「幻のにんにくタレ」、

この足しタレを使うべきだったのかな?それ用の味になってるんだろうか?



これも、特に案内がなかったので、良く分かりません、

とにかく、後追いでキャベツをにんにくタレに付けていただきました、

ふむ、美味しいですhappy01、焼き鳥にもつけたらヨカッタかな、

2杯目からは「レモン酎ハイ」にしました、もちろん200円也、

こちらは“氷多い目め・グラス小さ目”heart03なのであっという間になくなります、、、

お代わりをして、



最後に「牛はらみ」、

017

これが一番納得の味だったかな、



これでお勘定は2500円程、

外税だし、突出しもありましたからね、飲み物200円×3杯でもこれくらいになります、

立ち飲みだともう少し少なめの注文でさっと切り上げられますが、

座るとどうしてもこれくらいにはなりますね、



なんか、看板の“カウンターならドリンク200円也!”に上手く嵌った感じ、

JR「芦屋」駅近くの「まさや」西店、

おおきに、ごちそうさんでした、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

角打ちだけど、専用コーナーもある阪神御影の「MIYOSHI」、今日は酒販コーナーで呑みます。

【2016年10月13日(木)】

神戸 御影 「MIYOSHI」(酒販コーナー)

今日は阪神「御影」駅近くの家電量販店でちょいと買い物、

もちろん、ちょうど飲み頃の時間を見計らってきましたhappy01

阪神「御影」駅周辺はエエ店が揃っています、ちょっと一杯飲んで帰りましょうdash

で、今日の店はある意味2回目、ある意味新規訪問!?であります、

阪神「御影」駅南側の交差点角にある酒販店「MIYOSHI」さん、

001kai

ずっと、ここで飲めることを知りませんでした、

で、前回“立ち呑みコーナー”「美よ志」を初探訪、

そう、「MIYOSHI」は酒屋ですが、その隣に立ち呑み「美よ志」があるのですshine

ま、ここまではよくあるパターンなんですが、その際に発見したのが、、、

どうやら酒屋の「MIYOSHI」の酒販スペースでも呑めるようなんですflair

これはちょっと珍しいですね、

角打ちで専用スペースと酒販スペース呑みが別々にあるということです、

なんとなく繋がっていたりして、そこいら中で飲めるパターンの店はありますが、別の名前の看板が上っているのは珍しいと思います、

ということで、今日は酒販スペース「MIYOSHI」のほうで飲んでみたいと思いますhappy01

002

こんな感じ、この時間になると酒販スペースの方の盛り上がりも外から見えます、

なんで、いままでこれに気付かなかったんだろうsweat02

そのまま、すっと入店、

立ち飲みテーブルや元の酒屋のカウンター(だと思う)などで飲めます、

先客が4人ほどだったかな、その後すぐに団体さんも入り、結構賑わいました、

奥の方の立ち呑みテーブルに着きます、

お母さんが1人、酒販コーナーの方の担当のようです、

大将もいらっしゃいますが、大将はあくまで酒販がメインなのかな?どうだっけ?

まずはなにか軽く飲みたいのですが、、、

リーチインに缶モノになるはずです、勝手に取ってイイのかな?

お母さんに訊くと、

出しますから、云ってくださいね、とのこと、

え~っと、では「焼酎ハイボール」をお願いします、

レモン味、

003kai

それと、肴は「小鰯の煮付け」200円也にします、

009

料理(というか厨房)は立ち呑み専用コーナーの「美よ志」にあります、 

そちらとは壁一枚隔てているわけですが、奥の方に出入り口があり、そこから出入りされてますgood

こちらの酒販コーナーの立ち呑みもキャッシュオンデリバリーです、

004

こちらの金皿にお金を入れるとお母さんが清算してくれます、

が、必ずしも(厳密な)キャッシュオンではないようで、

忘れていたり、知らなかったりしても、しばらくはお金無しでもお酒も料理も出てきます、

はいはい、イイですよ、みたいな感じ、おおらかなシステムですwink

日本酒も揃っています、ま、酒屋ですからhappy02

011kai
012

こんな感じ、エエですね、そこそこ揃っているし安いです、

ml表記あるもの以外は正一合の値段ですからお得感ありますshine

さて、では日本酒にしましょう、

まずは無濾過に惹かれて「道灌」純米生原酒無濾過400円也、

013

大きな利き猪口でいただきます、無濾過らしく色が付いていますね、

肴は初めてのメニュー「長崎天ぷら」250円也にします、

015

こんなんでした、

見た目はさつま揚げとかの九州天ぷら系ですね、これが「長崎天ぷら」ですか、

調べてみると、一般的に云われている「長崎天ぷら」とは違うようですが、、、まあ、美味しheart02

これでじっくりと腰を据えて飲みます、

うん、こういう感じで旨い日本酒を飲むのが得意です、

こういう立ち飲み、それも普通の酒屋で飲む方がかえって落ち着いたりしますhappy01

団体のお客さんと大将が、店内にある酒蔵の立派な木看板などを見ながら話されています、

聞くともなしに、、、聞き耳を立てていると、



もちろん、灘という場所柄、このお店と灘五郷の蔵元との販売繋がりが大きい、、、

ですが、、、

その他に、ここは桶売り桶買いのコーディネーターみたいなこともやっておられたとのこと、

なるほどねflair

灘の大手酒造メーカー(大手は蔵元と云うよりこっちの呼び方がしっくりくる)は、大量販売に向けて地方の中小酒蔵から桶買いしていた時代が長かった(いや、今やっているのかな)、

もちろん、地酒蔵元の勃興でこういうスタイルも減っているような気はしますが、、、詳しくは知りません、、

とにかく、あちらこちらで作ったお酒をブレンドしてアル添して作っていたのが昔の大手メーカーの日本酒、そんなイメージがありますね、

時代は流れ、こちらのお店では、今はもうそのビジネスも無くなったようです、

もう一杯いただきましょう、

奈良の「春鹿」純米吟醸白滴400円也、

019_2

「春鹿」はスッキリ系のお酒ですが、これは存外に“まあるい”感じがしました、美味しいです、

肴も少しだけ、「茄子の煮物」200円也、

020_2

これでお勘定です、、、キャッシュオンでもう支払ってますがhappy02

阪神「御影」駅南側すぐの酒屋「MIYOSHI」の酒販コーナー呑み、

場所柄、日本酒がしっかり、リーズナブルな値段で揃っているのが嬉しい角打ちですwink

肴もそれなりにあるので、日本酒を楽しむには好適、

日本酒好きにはエエ店かもwink

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

帰り掛けに、、、駅北側の屋台を健在を確認happy01

025

健在で何よりです、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

三度目の水道筋商店街のあの店へのアタックも・・・またもや敗退、で、「そば な也」で一献。

【2016年9月14日(水)】

神戸 水道筋商店街 「そば な也」

御影の「美よ志」で一杯飲んだ後です、

さ~て、次はどこへ行きましょうか?happy01

御影にもエエ店がいくつかありますが、ここはまた水道筋へ向かいましょうdash

 

このところ、2回探訪してまだ入店できていない「百万両」があります、

ここ、なかなか入れないんだなあ、

随分前に行った時も閉まってました、

で、思い出してお盆明けに行ったのですが、、、まだお盆休みでしたheart03

で、前回はなんか市場全体が休みでしたsweat01

阪神「御影」駅から水道筋商店街へは近いようでちょっと手間ですが、

今日は三度目の正直で、今日こそ入店したいですねwink

ということで、阪神電車で「西灘」駅まで、

そこからJRの新駅「摩耶」駅を越えて、歩いて10分ほどで水道筋商店街です、

水道筋にはエエ雰囲気の店が揃ってます、

定番居酒屋の「正宗屋」、

005

先日探訪した「高田屋旭店一色屋」、

009

そして、串カツの「一燈園」、

006

この日、気付きましたがテントには“船越”の二文字がflair、、、

そういうと水道指示商店街も東端、“灘温泉”の向かい辺りに「船越」という串カツ屋もあります、

これはなんか匂いますねhappy02、、、

いやいや、匂うってことはないですね、なんか、関係ありそうですね、

いづれ解明しましょう、

さて、お目当ての「百万両」は南北に伸びるアーケードを少し北へ行き、

この小さな路地のアーケード市場の中にあるのですが、、、

008
(前回の写真流用happy01)

あちゃ!!なんと、今日も市場全体が休みのようですsweat02

これは参った、、、3連敗ですか、、、なんか、マジに凹みましたcatface

う~ん、どうしましょうか、、、

このまま「正宗屋」か?「高田屋旭店一色屋」はこの前入ったしなあ、

あ、串カツの「船越」へ行ってみようかflair

一度探訪していますが、さっきの「一燈園」との関係を訊いてみてもエエかもしれません、

ということで水道筋を東へ向かいます、

と、左手に「ソば な也」が、、、ここも比較的新しい店ですね、

もともと水道筋商店街には「うどん な也」があります、

こちらは『水道筋音楽祭』だっけ?そんなイベントで大西ユカリさんのステージを観ました、その後、ランチで一杯飲みましたねnote

その「うどん な也」の“そばバージョン”ということでしょう、

うむ、ここは串カツを止めて、かるく蕎麦でも手繰っておきましょうか、

ということで急遽予定変更で「そば な也」に入店ですdash

普通の蕎麦屋みたいなテーブルが5つくらい、

時間は18時30分頃、先客は2人だけ、
 

テーブル席に着いて、とりあえず日本酒を常温でお願いします、400円也、

蕎麦はメニューを吟味して、「天ぷらぶっかけ」900円也にします、

酒は「菊正宗」かな、地元ですからね、

045

これでしばし日本酒を渋くチビチビとやります、

空いているからか?蕎麦は早めに出てきました、

047


天ぷらはカリッと揚がっていますgood、黄味が乗っています、

そして蕎麦は細めのコシあり系、出汁も麺も好みの蕎麦でありましたwink

全体に丁寧な感じの一杯で、まずまず満足、

夕方のお客さんが続々入店、そろそろ夜の賑わいが始まる時間でしょうか?

これで、お勘定です、明朗会計、

水道筋商店街の(いつ出来た?)「そば な也」、うどんとそばのコンビで勢力拡大中、というところ、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04



(おまけ)

ちょっと日が開いていますが蕎麦ネタを3つほど、

毎年一度は必ずいただくのが、滋賀県高島市朽木の「永昌庵」の蕎麦、

016

今年は贅沢にも「鴨せいろ」にしました、でも大満足の美味しさ、

蕎麦はやや太めの田舎風ですが、するっと食せる、なかなかエエ蕎麦でありますheart02

で、翌日はこれまた朽木(テニス&BBQで泊り)の「朽木旭屋」で鯖寿司と蕎麦のセット、

232

こちらの蕎麦は洗練された感じの細い麺、

これも美味しいです、、、が、、、ワタシとしては「永昌庵」に軍配を上げます、

もう一品は、、、9月に高知へ行った時、道の駅で買った「田舎蕎麦」、

これを家で作ってみました、

004kai
027

うん、なかなか美味しい蕎麦ですshine、もっと買ってくればよかった、

 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

おお!全く気づきませんでした!ここって隣りの酒販店「MIYOSHI」の立ち飲みコーナーだったんですね、御影の「美よ志」で一杯。

【2016年9月14日(水)】

兵庫 御影 「美よ志」

所用で阪神御影で下車、さっと用件を済ませて、、、さて、どうしましょうかhappy01

御影も立ち飲み、充実していますshine

阪神間の立ち飲みの雄「ライオン堂」、新進気鋭の「銀狐」、駅前の屋台串カツ「いくちゃん」、

他にも未探訪ですが「下駄さん」とか、お隣の「住吉」駅まで歩けば、お気に入りの「まる」heart02もあります、

が、ここも気になっておりました、立ち飲み「美よ志」、

028_2

いつ頃出来たんだろう?2年程前かな?と思いますが、、、

そのうちに入ろうと思っていたのですが、

店名がなんか・・・立ち飲みと云うより小料理屋みたいなテイストなので、なんとなく先延ばしにしてました、

今日は入ってみましょかwink

と、ちょっと離れて外観をしげしげと眺めると、、、

029

うわ!ここって、角打ちでしたか!!

不覚にも気が付きませんでしたsweat01

立ち飲み「美よ志」の入り口は交差点角からちょっと入ったところにあるのですが、、、

その交差点の角には、なんと酒屋「MIYOSHI」があるじゃないですかsign03

不覚にも気付きませんでした、てっきり狭い間口の立ち飲みかと思い込んでいました、

一度、思い込むと何度見ても他の情報が入って来ない、、、という事象の典型ですねsweat02

なんで今まで気が付かなかったんだろう、とは思うものの、

目から鱗、晴天の霹靂的な発見ですhappy02

これはどう考えても、角の酒屋「MIYOSHI」の角打ちコーナーが「美よ志」ですよね、いや参った、

失礼いたしました、

それに、なんと!

「MIYOSHI」のほうの店内を覗くと、

030

なんと、酒販コーナーでも飲めるみたいなんですgood

これは珍しいパターンですね、

酒販コーナーで文字通り“角打ち”があり、

さらに別スペースで立ち飲みコーナーがある、という“ダブル角打ち”ともいうべきスタイルですhappy01

一つの角打ちで、飲めるスペースが何となく2カ所(立ち飲みスペース+酒販スペース)あるタイプは何店かありますが、

立ち飲みスペースの方の店名が違うというのは珍しいですね、



とにかく、これは見逃す訳には参りません、

ではでは、入りましょうdash

8人くらいでいっぱいのカウンターと、壁側には小さな立ち飲みテーブルが2つ、

コンパクトなお店です、

カウンター奥は酒販スペースに繋がっており、やはり向こう側の注文も受けたりするみたいです、

時間は17時頃、先客は5人ほど、すでに温まっていますheart01

カウンターの中にはお母さんと、お手伝い風なお姉さん、

とりあえず「麦焼酎」280円也を水割りでお願いします、

肴はカウンター上の並んでいた「鰆の西京焼き」300円也、

034

とくに指示がなく、そのまま飲み始めたのですが、、、

他のお客さんのやり取りを見ていると、そうやらキャッシュオンのようです、

あらま、失礼いたしました、

そういうとカウンターの上にお金を入れるのでしょうか?小さな金皿が何枚かあります、

043

お母さんに訊いて支払います、やはりキャッシュオンです、

いやいや、別にね、どっちでもエエんですよ、、、と、おおらかな店舗運営happy01

料理メニューもそこそこ、地酒メニューもありますが、

040
042

カウンターの上には灘のお酒が揃っています、郷土愛の発露heart02

一合280円~と良心的な値付けです、せっかくですから灘のお酒をいただきましょう、

利き猪口の銘柄と違いますが「白鹿」だったかな、定番酒280円也、

038

大きな利き猪口にたっぷりと注いでいただきます、正一合ですかね、

日本酒のアテは袋モノから「するめいかマヨネーズ」100円也、安!

039

これで酒をチビチビと飲み進めて、お勘定です、960円也、明朗会計、

いや~気付くのが遅過ぎました、阪神「御影」駅南側すぐの立ち飲み「美よ志」、

ちゃんとした角打ちでした、気張って営業されています、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

駅からちょいと歩きますが、しっかり角打ち営業中です、西宮の「桧田酒店」、この店名読めますか?^^)

【2016年9月1日(木)】

兵庫 西宮 「桧田酒店」

ここも前から気になってましたhappy01

何度か車から目視で確認しておりました(目視って、シン・ゴジラかhappy02)

阪神「西宮」駅、JR「西ノ宮」駅からそれぞれ徒歩5~6分というところでしょうか?

国道171号線と山手幹線の交差点西南角にあります、「桧田酒店」、

酒屋の看板はすぐに分かります、

それに左側の方に暖簾が掛かっているのも、車からの目視で確認できます、

うむ、これは飲めるな、な雰囲気、これは一度探訪せねばならぬなdash

と、思いつつ、なかなか来れませんでした、

先日、この辺りを歩くことがありました、その時も入店できる状況ではなかったので、思いは一層募りました、

では、ということで、今日は阪神「西宮」駅から歩いての探訪です、

はい、到着、ここです(早sign01)、「桧田酒店」、

007kai

これは完全に飲めますねgood



で、ここの店名ですが、、、読めますか?



ワタシは、、、読めませんでしたheart03

阪神タイガースの“桧山”選手の“桧”ですから「ひだ」かな?とも思いますが、どうもしっくりきません、

近くまで行くと、、、ちゃんとカタカナ表記の看板がありました、


008kai_3

写真でも見にくいかもしれませんが、ここは『ヒワダ酒店』です、

ふ~ん、知りませんでした、

“ひわだ”と入力すると“桧皮”なんていうのも出てきます、

やはり樹木の“桧=ひのき”に関わる言葉のようですね、学習、学習、

さて、暖簾を分けて入店ですhappy01

おや、外観からのイメージよりも狭い角打ちコーナーです、

7~8人で満員になりそうなL字カウンター、

右手は酒販コーナーで、こちらはちょっと広め、

そこのスペースでも飲めるような雰囲気です、

先客がお一人、ワタシは入ったところのL字底辺に着きます、

え~っと、メニューが見当たりません、訊きましょう、 

飲み物はどんな感じですか?というのも漠然としすぎているので、ここはもっと絞ります、

ビールはなにがありますか?

なんでもありますよ、

なるほどhappy02、まあ角打ちですからね、

店にあるもんなら何でも飲めそうな感じです、

では、SAPPOROの中瓶を、

あ!スイマセン、中瓶は今冷えたのがないですわ、大瓶なら、

ということでhappy01、久しぶりに一人で大瓶やります、

肴もそこそこ、というかちょっと少なめ、

015

カウンターの上にならんでいるのは、枝豆、かき揚げ、他は焼き鳥、コロッケ?さつま揚げ、ウインナー、、、

たぶん他にも乾きモノや、おでんなどもあるのかもしれませんが、よく分かりません、

飲み物も酒販コーナーの缶モノが飲めるようです、次はそっち系にいくかな、

とりあえず「枝豆」ください、

009

これでビールをグビグビいきます、

先客の方は東京からの仕事帰りみたいです、

ここがお気に入りで、出張の折には来るとのこと、へ~、えらいファンですなshine

この後、ご近所の常連さんが何人か入店、

カウンターの中にはお母さんも来られて温かい雰囲気益します、

さすがに大瓶を一人で飲み切るのが難しそうです、

少し残して、ここは日本酒に変えましょう、

目の前に灘の銘柄の瓶が並んでいますが、「にごり酒」300円也というカードメニューも気になります、

このカードメニューの「にごり酒」下さい、

はい、

012

コップにたっぷり一合ですね、

肴は「かき揚げ」、

011

これでグイグイ飲みました、

コップは「ふり袖」ですね、酒は違ったかもしれません、

014

暖簾も「ふり袖」でした、たしか伏見の酒かと思います、

はい、これで結構いい気分、お勘定にします、1130円也、

大瓶とお酒300円也と2品、これは安いですね、好感heart02

西宮、171号線と山手幹線角の「桧田酒店」、

しっかり角打ち営業中です、

ロケーションがちょっと辛いですが、ここはテクテク歩いて行きましょう、GOですdash
 

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

高級住宅街!なイメージの芦屋にも下町があります、そして、角打ちもありました!!^^)「増井酒店」で一杯。

【2016年8月10日(水)】

兵庫 芦屋 「増井酒店」

今日は芦屋で見つけた角打ちの紹介ですhappy01

阪神間の高級住宅街!なイメージが定着している芦屋ですが、下町もあります、

歴史もある街で、古くは山芦屋遺跡からは約8,000年前の阪神間最古の土器などが発掘されてるそうですshine(びっくり!)、

明治以降は大阪、神戸の後背地として発展、交通の利便性も手伝い、

豪邸や別荘が多く建てられ高級住宅街としてのイメージが定着したようです、

古くは芦屋村、その後、精道村から芦屋市へ発展しましたが、、、ちゃんと下町もありますwink

ということで、今日は芦屋で飲んでますbeer



芦屋市も含め、阪神間は海側から阪神~JR~阪急の鉄道3線が通っています、

芦屋辺りは概ね、海側が下町、山側が高級住宅街です(海側埋立地除く)、かな、(だと思いますcoldsweats01)、

有名な高級住宅街“六麓荘”は車がないと登れないような山側にあります、

ちょっと前置きが長くなりましたが、

そんな高級住宅街イメージの芦屋にも角打ち・立ち飲みがありますgood

すでにご紹介したのが阪神「芦屋」駅とJR「芦屋」駅の間にある「上條酒店」、

椅子がありますが、れっきとした角打ちです、

他にも立ち飲みはありますが、Barな感じなので未入店が一軒、

と、さすがに少ないです(小さな市だし、高級住宅街だからか?)が、

もう一軒、角打ちを発見しましたflair
 

「増井酒店」、

016

この店の存在自体は前から認識していたのですが、

土曜・日曜日しか行ってなかったせいか?

いつもシャッターが降りていたので、すでに廃業かと思い込んでいました、

が、先日、平日の夕方に偶然(GOでhappy02)通りかかったら、なんと開いていますsign02

それも角打ちしたはります、常連さんが何人も寛いでおられました、

正直ビックリしました、

へ~、やってるんだ、ならば!と即入店いたしましたdash



そうそう、場所はR43と宮川の交差点の西南角です、

角地の広い店内、

タバコの販売窓口がある角にレジがあり、お父さんが座っておられます(お母さんもおられるようです)、

その横に、おそらく前は店内販売カウンターとして使われていたと思われるカウンターがあるのですが、

今は外も中もお客さんに解放されているようです、



お父さんはあくまで角のレジのところにおられますhappy01

その他にも適当に座る場所があり、みなさん、好きに寛いでおられます、

あの~、ここで飲めますよね、

はい、、、

とくに説明もないので、ずんずんと入って奥のリーチインを覗きます、

タカラの「焼酎ハイボール」がありました、

キャッシュオンですね、

カウンターまで持って行って支払います、いくらだっけ?忘れました、150円くらいかな?

おそらく、一見の客は珍しいと思います、

常連の皆さんの視線を気にしつつ、レジ近くのカウンターで飲むことにします、
 

あ、コップは出していただけますので、コップで飲みます、

料理は、、、ないですcoldsweats01、、、たぶん、

でもなんか、「おでん」らしきものがあるかのかもしれません、仔細まだ不明、

乾きモノ、袋モノなどで軽くの飲む感じです、

014

なににしようかと店内をウロウロ、

リーチインの中に「6Pチーズ」を見つけたので取り出して、またカウンターに戻ってお勘定です、100円也、

これでちょいと一杯を楽しみます、

、、、だいたいこんな感じです、、、レポート、これしかないですsweat02、、、

後日再訪、その時はこんな感じ、やっぱりチーズ、この発泡酒は140円也でした、

013_2



う~ん、そうか、芦屋にもちゃんと角打ちがあったか!そういう感慨heart02

下町があれば角打ちがある、

その必然の街の機能性を芦屋でも証明できました、な喜びであります、

では、これで、ごちそう様でした、



と、退店際に常連さんから、、、

いつもここで飲んでますねん、またお仲間に入ってくださいな、

と、声を掛けていただきました、おお、おおきにです、ちょっと感激lovely

そうですよね、ここが町内の憩いの場所、寛げる空間ですよね、

分かりました、また来ます、

芦屋、R43と宮川の交差点角の「増井酒店」、

とくに目立った特長はないシンプルで末枯れた角打ちです、

でも、常連さんにとっては、ここがマイ・スイート・ホーム、な感じのお店です、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

テクテク歩きで住吉まで、まずは「かこも」ですね、そして2軒目に入った「立ちとも」が本日の収穫でした。

【2016年5月7日(土)】

神戸 住吉 「かこも」~「立ちとも」

連休の土曜日、今日は何も予定がないので、、、飲みに行きますhappy01

でも、朝から家でゴロゴロしていたので、ちょいとお歩くことにしましょう、

となると、、、住吉辺りまで歩いて、で、「かこも」で一杯、というのが良いかな~shine

ということで、テクテク歩き始めます、

住吉へ着くまでにこんな店見つけました、

064

すわ!これは飲めるのかな?と、一瞬魅かれましたが、、、

どうやら酒販店のようです、残念heart03

でも、憶えておこう、また買いに来るかもね、

この「えっちゃん」もエエ感じ、

066kai

「すじモダン」焼きの持ち帰り専門らしいです、

なぜか掲示してある人生訓がヨロシイhappy02

おお、ここも渋いです、こんなんあるの、知らんかった、

067

1時間半ほどのブラブラゆっくりのテクテクで無事JR「住吉」駅着shine

「かこも」はもう開いています、16時からの営業かな?

069

もう1時間以上経ってますね、大丈夫かな?

覗くと大丈夫です、ちょうどお勘定の方もおられ、即入店です、

変形U字カウンターの手前側に着きます、

068

この「ワンコインセット」が人気みたいです、

入ると、『ワンコインですか?』な感じhappy02、はい、それでお願いします、

飲み物は「麦水」で、焼酎は“泰明”でお願いします(焼酎はよく知らんのです)、



「ワンコインセット」の肴はこんなんです、

070

まあまあかな、

詰めたら20人近く入るのかな?人気店ですので来店続々、

お勘定もあるのでちょうどエエ感じの混み具合が続きます、

日本酒にしましょう、手元のメニューで選びます、え~っとこれにしましょう、

岩手盛岡の「桜顔」特別純米おりがらみ生原酒588円也、初めて飲む銘柄です、

072kai

おりがらみですが、辛いです、

なんか複雑に絡み合う旨さと辛さ、こんなん好きなんですheart02

うん、エエチョイスでした、

料理は高知産「天然まぐろ」438円也、

075

本マグロではないようですが、美味しいですwink

相変わらず満員状態、奥の方の方々は比較的じっくり、

入り口に近いこちら側は割とさくっと、なんかそんな感じもしますね、

入店お待ち状態になってきたので、ここらでお勘定です、1600円也、

住吉の人気店「かこも」、実力派の立ち飲みです、

美味しい料理に日本酒、まずまずのお値段、バランスの良い店ですgood



そういうと北浜の「かこも」もしばらく行ってないなあ、なんか行きたくなったわ、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

さてもう一軒行きましょかdash

この辺りはまだまだ未開拓、探訪できていない店がぎょうさんあります、

JRの線路を越えて北側の「さかなでいっぱいプラス」とかも覗いてみたいのですが、、、

すぐ近くに立ち飲みがあります、

ここ、幕には「立ちとも」とあります、

077

前からここは立ち飲みだったのですが、代変わりしたようですね、

もとはなんだっけ?「とも」という店だったのかな?

女将さんがおられたような記憶がありますが、、、定かではなしsweat02、、、

とにかく新しい店になったみたいです、入ってみましょう、

綺麗になった店内、カウンターの中にはイケメンのお兄さんです、へ~happy01

存外に日本酒が揃っていました、半合で380円也、こりゃ入って正解かな?

「風の森」秋津穂が目についたのでお願いします、発泡が強い好きな酒ですheart02

と、お兄さん、今「風の森」は秋津穂と“αtype1”とがあるのですが、

 

え?α???秋津穂でエエです、と即答したものの、、、

いや、飲んでない酒を飲んでみようか、と自問自答、すぐに変更です、

スイマセン!やっぱり、その“αなんとか”にしますhappy02

ということで、こちらになりました、

082

こちらもやはり、酸味がある秋津穂系、美味しいですshine

料理は好物の「ハマチ刺身」、

083

お、これもイケてます、美味しいですねshine

これは、「かこも」に対抗できるんとちゃいますか?wink

もう一杯と一品、「桜海老のかき揚げ」480円也と、

酒は「旦」無濾過生原酒にします、これも初めてのちゃうかな?

「旦」、

085

うん、辛口、あっさりしてるようで旨味も強い、独特の飲み口です、

山梨のお酒ですね、

「桜海老のかき揚げ」、

088

ちょっと揚げが甘かったですが、ボリュームは満点、こりゃ料理、ほんまに良さそうですね、

日本酒の「三酒飲み比べ」1000円也つうのもあります、

お隣の方が注文されていましたが結構な量があります、これも値打ちありそうですなhappy01

これでお勘定は1700円也、

JR「住吉」駅南の「立ちとも」、うっかり入ったのですが、これが期待以上の店でしたgood

近所にエエ店があると、そこにまたエエ店が集まってくる法則ですかね、

気に入りました、ぜひ再訪したいと思います、

おおきに!ごちそうさん!また来ますね、heart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

神戸には“焼きそば”がない!?ほんまですか?^^)“そば焼き”食べに「富士屋」から「すえちゃん」へ。

【2016年4月29日(金祝)】

神戸 住吉 「富士屋」~「すえちゃん」

連休初日の金曜日の祝日、今日はランチ飲みとなりましたhappy01

FBで神戸の“そば焼き”の話とお店が紹介されてました、

そういうと、神戸では“焼きそば”とは云わずに、“そば焼き”って云うみたいなんですflair

神戸の西側、新開地や長田辺りの呼び方かな?と勝手に思っていたのですが、

神戸東部の東灘区でもどうやら“そば焼き”のようですshine

ほんまですかあ~happy01

ということで、ことの真相を確かめようと(ほんまですかあ~happy02)、

今日は東灘区住吉辺りのお好み焼きやでランチ飲みとなりましたgood

FBでは住吉の「すえちゃん」を教えてもらったのですが、、、

まずは前から行きたかった、同じく住吉の「富士屋」を目指しますdash

阪神「魚崎」駅で降りてテクテク歩きます、5~6分で「富士屋」発見heart02

001

テントの謳い文句もやはり“そば焼き”ですね、“神戸そば焼き”説の証明ですhappy01

はい、ではでは、入りましょうdash

ちわ、、、お!休日だからか?結構混んでいます、

大きな鉄板の前のカウンター、奥に大きなテーブル、普通のテーブルもありますね、

大きなテーブルには5~6人のグループ、もちろん飲んだはります、

一人のワタシは鉄板前のカウンターに案内されます、

とりあえず、瓶ビールください、

それと、料理は、、、うむ~、、、

事前情報では“生すじ”を使ったお好み焼きが美味しいらしいのですが、、、

店内の定番メニュー表には、それらしきメニューが見当たりませんsweat01

特別メニューなのか?

あちこち、首を回してなんとか短冊メニューなどがないか確認、、、ないheart03、、、

あまり、長引くのも嫌なので、ここらであきらめて妥協、

「お好み焼き」の「すじ」入り680円也にします、、、残念catface

それでも、鉄板の前で飲むビールは美味しい、

002

3銘柄揃っていたのでSAPPOROにします、焼き上がりを待ちます、

この連休は住吉さんのお祭りらしく、奥では祭りの準備、みたいです、

ええですね~、祭りは厭が応でも男気が盛り上がります、

話を聞いていると、、、各町内の張り切り、張合い具合が面白いですhappy01

お好み焼きはどちらかというと広島風、

鉄板に薄く生地を敷き、キャベツ他の具材、そして煮込んだ“すじ”が乗ります、

003

はい、焼き上がり、

で、ソース(普通+辛いのもちょっと)、青海苔で完成、

004

鰹節はなかったかな?

うん、すじの存在感が凄いですshine

美味しい、大阪のお好み焼きとは別物です(ちなみにワタシはぶ厚いお好み焼きが嫌い)、

京都の九条エリアのお好み焼きに近いかもです、

で、謎の“生すじ”メニューですが、、、ありました!flair

あとで来られたお客さんはなにげに「生すじのお好み焼き」を発注、

やはりあるんだhappy01

違いは“煮込んだすじ”ではなく、“生のすじ”が入るようです、

どうなんでしょうか?、煮込んだ“すじ”の方が相性が良いように思いますが、、、

食べてないので分かりません、

今度は「生すじのお好み焼き」食べてみよう!

住吉のお好み焼き「富士屋」、人気店ですね、美味しかったです、

おおきにごちそうさん!また来ますねheart04



さて、これでもう結構お腹一杯になりましたが、もう一軒行きましょう、

そう、FBで教えていただいた「すえちゃん」です、

007

「富士屋」から徒歩5分くらいで到着ですが、、、お腹いっぱいですcoldsweats01

ちょっとその辺をテクテク歩いてなんとか胃袋に隙間を作りますhappy02

で、満を持して入店です、、、ちわ~、、、

あら、こちらはカウンター6席くらい飲みの小さなお店です、

お一人、入れ違いでお勘定、

奥にはまだ先客がいらっしゃいますが大丈夫です、入ったとところのカウンターに着きます、

え~っと、ここは今日の命題“そば焼き”をいただかなければなりますまい、

メニューは、、、うん!やはり“焼きそば”ではなく、“そば焼き”ですflair

トッピングは“蛸”にします、

先程の「富士屋」でもそうでしたが、どうも神戸の具材としての“蛸”はゴロゴロのぶつ切り、大振りのまま入れるのがデフォルトのようです、

ここ「すえちゃん」でも大振りの蛸が入りました、

008

はい、出来上がり、

うん、ここでも具材の“蛸”の存在感が凄い!ですheart02

具材のインパクトを重視するのが神戸流なのでしょうか?

はい、ここでは飲まずにお勘定にしました、

住吉の「すえちゃん」、おおきにごちそうさん!

次回は最初に来てゆっくり飲みたいところですね、また来ますねheart04



急いで阪神「住吉」駅に向かいます、

狭い店内の「すえちゃん」、トイレが見当たりませんでしたsweat02

有ったのかもしれないですが、、、我慢しましたhappy01

「すえちゃん」に行く前に飲んで歩き回ったので、もう爆発寸前、

阪神「御影」駅まで歩くつもりでしたが、とにかく「住吉」駅へ緊急避難、

助かった~happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番