カテゴリー「大阪南部」の90件の記事

2017年3月 3日 (金)

関西に多い酒場屋号『大丸』、今日は地下鉄平野駅前の「ニュー大丸」を探訪です。

【2017年1月12日(木)】

大阪 平野 「ニュー大丸」

大阪市営地下鉄「平野」駅近くに良い酒場があるらしいですshine

行ってみましょう!、、、

って、平野ってどこやっけ?happy02

え~っと、地下鉄谷町線ですよね、天王寺から2駅くらいかな?

とか、思っていたのですが、実際乗ってみると5駅もありました、遠い!sweat01

でも、一番近い出口から地上に出たらすぐにお目当ての店が目に飛び込んできました、

平野の大衆酒場「ニュー大丸」、

005kai

大きな店構えですね、3階建てのビル、ドーンと大衆酒場の文字が嬉しいです、

006kai

ではでは、入りましょうdash

外の看板を見ると2階がテーブル席らしいので、1階は立ち飲みかな?と思って入ったら、1階も椅子ありましたhappy01

 

店内は、存外に小さめのコの字カウンターとテーブル席、

早い時間ですがテーブル席では常連さんが大いに盛り上っておられます、

もちろん、ワタシはカウンターに着きます、



生ビールのタイムサービスがあるので、まずは「生ビール」280円也、

008

それと、、、白板のメニューから好物の「マカロニサラダ」250円也、



カウンターの中には大将が二人、

メイン?の大将、ドスが効いた立ち振る舞い、と愛嬌のある対応、エエ感じですhappy02



それはそうと、、、

大阪には“大丸”が付く酒場が多いですね、デパートの大丸の影響かな?
 



放出と布施の「大丸屋」へは行きましたね、

なんば、心斎橋、十三、北加賀屋などにもあるみたいです、



そうそう、都島に「酒の大丸」もあります、

ここは大阪酒場本の名本、井上理津子さんの「大阪下町酒場列伝」の表紙にもなってますよねlovely

これらの“大丸”系とも云うべき酒場たち、

数だけなら「正宗屋」にも匹敵する多さです、

なんか由来というか、関係あるんでしょうかね?



閑話休題、



TVでは大相撲をやってます、

初場所、序盤で日馬富士、鶴竜の両横綱、琴奨菊、豪栄道の大関陣が不振、

その陰で稀勢の里が頑張っていますdash

案外この場所は稀勢の里に分があるかもしれません、

(ご存知の通り、優勝して横綱になりましたgood)



時間は17時前の早飲みです、取り組みはまだまだあります、

今日は最後までゆっくり見て行きましょう、

早飲みの効用、余禄、行きがけの駄賃happy01



2杯目は「芋お湯」、

012



料理は「蛸の唐揚げ」450円也、

013

塩胡椒が美味しいhappy02

壁のカレンダーを見ると近くにもう1店、「酒の大丸」もあります、

(調べるとJR「平野」駅近くのようです)、

015kai

少なくともこの2店はなんか関係があるんですね、



お湯割りは小さいグラスなので3杯目、

〆は「鉄火巻」にしました、

大将のお勧め、今日のまぐろは値打ちだそうです、

016

うん、たしかに美味しい赤身ですheart02、山葵の具合も良し、



ゆっくり飲みながら、取組を最後まで観てお勘定です、2120円也、

白鳳と稀勢の里が全勝です、



地下鉄「平野」駅すぐ近くの「大丸屋」、
座り飲みの酒場でした、

ご近所の常連さん、ふらっと入ってくるサラリーマン、お兄さん、
 

街の酒場ですな、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04



この後は、千日前の「虎食堂」を目指したのですが、臨時休業で敗退heart03

(というか、もっと重要な情報を見逃していますsweat01、これはまたあらためて)、



で、近くの焼き鳥「山正」へ、

024kai

店構えが気になって入ってみたんですが、、、

入店して気付きました、前に一度入ったことがありますわhappy01



奥に長い逆L字カウンター、よく流行っています、

外観は本格焼き鳥?な感じですが、案外安い、カジュアルな焼鳥屋さんでした、

炭火焼とかでもないしね、でも流行ってる、

安くて美味しい!ということかな、



燗酒2杯と焼き鳥を6本いただきました、

030



「焼き鳥」「皮」120円也、「カッパなんこつ」130円也、
 

029

「燗酒」は300円也、



「つくね」120円也、「せせり」「地鶏」130円也、

031

これでお勘定は1560円也、



帰り掛けに気付きました、

なんと、カウンターの裏側にテーブル席が並んでましたsign02

カウンター後ろの壁がくり抜かれた感じで、テーブル席に直接サーブできるようになっています、

(こん説明でわかります?)



珍しいレイアウトですね、

テーブル席には誰も入っていなかったので気付きませんでした、

千日前の焼き鳥「山正」、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

寒いです、こんな日は一人寂しく暖まりたい^^)ということで天下茶屋北の「なべや」から「難波屋」へ。

【2016年12月20日(火)】

大阪 天下茶屋北「なべや」~萩ノ茶屋「難波屋」

そろそろと年末、ほんで、寒くなってきました、

こんな日は鍋物がエエなあ、一人鍋か、寂しいけど温たいなあhappy02



とか、一人語ちながら思いついたのが「なべや」、

一人鍋の店です、正々堂々と一人で鍋を楽しめます、肉鍋もありますheart02

久しぶりに行ってみましょうdash

「なべや」、

パッと考えるとJR「新今宮」駅から萩ノ茶屋(あいりん地区)を抜けて行くアプローチが思い浮かびますがflair


地下鉄で行くなら四つ橋線「花園町」駅から歩くのが便利かな、



さらに、御堂筋線・堺筋線の「動物園前」でも、

阪堺電気軌道の「今池」「今船」でもエエです、

で、町名は、、、“天下茶屋北”という、なんとも難しいエリアにありますhappy02

どこからも歩かなきゃいけないのですが、歩いて行くだけの価値はありますshine

今日は「花園町」駅からのアプローチを選択、

地上に出てから徒歩で5~6分かな、ワクワクドキドキの時間であります、

018kai

はい、とうちゃこ、「なべや」!お久しぶりです、ではでは、入りましょう!

鉢合わせた若いカップルの後に続いて入店です、

このカップルは予約していたようです、

フロアのお姐さん、さっき電話もらった!?あ、OOさん、お二人ね、

なるほど、駅から遠いですからね、空きは確認せんとね、

ま、ワタシは一人寂しいけど温かい一人鍋派ですから、

予約せんでもエエでしょう、

で、ワタシの番です、いつものように指で一人客であることを示します、

大きなテーブルが丸々空いてます、なんとかなるでしょう、、、

と、思ったら大間違いsweat01

フロアのお姐さん、ちょっと思案顔でフロアを見回しますcoldsweats02

うん?奥のカウンターかな?いや、そこは今、前のカップルが座りました、

え?ひょっとして、予約で一杯!?heart03

あら~、そんな~、一瞬、頭がクラクラします、入れないの?

でも、、、大丈夫でした、

入口右手に短いカウンターがあります、

そこにも先客が一人おられますが、もう一席あります、

ここでもイイ?

はい!OKです!!

ということで無事入店です、ヨカッタhappy01

たしかに引き戸のすぐ横なので入店ある度に冷たい風が当たりますが、

そんなこと、なんでもありません、とにかく、祝無事入店です、

この後は多くの人が敗退、

空いたテーブルに入れ違いでなんとか2組4人が入店のみ、

アブナイ、あぶないsweat02

大きなテーブルはサラリーマンの忘年会予約でしたね、

12人!そら満員になるわ、

とにかく、もう満員、店内は温まってます、ワタシも温まります、

まずはビール大瓶、久しぶりの大瓶500円也、

005



で、鍋の前の肴は「鮪すきみ」280円也、

008

このボリュームで280円はないでしょう、

009kai

こうしてみると、ボリューム分かりやすいwink

鍋も同時発注、定番の「牛肉鉄鍋」830円也、

こちらも、ほどなく到着、

010kai

威風堂々!「牛肉鉄鍋」でございます、どうだあ~、な感じshine

でも、火は点けないでちょっと寝かしておきます、

ね、まずは鮪を片付けてからね、

ゆっくり飲み進めて、折を見てお姐さんに点火してもらいます、

グツグツ、

012

そして、出来上がりはこんな感じで、

016kai

はい、計画通りの一人寂しい、けど暖かい一人鍋(しつこい!happy02)、

完成ですlovely

こりゃ、堪りません、熱々ハフハフ、

そうそう、ビールを残しつつ燗酒も注文しています、

015

ここは、こんな小さな薬缶で燗酒が出てきます、めちゃ、エエ感じheart02

肉、燗酒、肉、燗酒、野菜のヘビーローテーション、

入口近くの席ですが、一人寂しい一人鍋ですが(しつこい)、身も心も温まりました、

燗酒はお代わりしてお勘定です、1930円也、お値打ちです、

天下茶屋北(といっても分かりにくいけど)の「なべや」、

渋い一人鍋のお店、エエ店です、雰囲気も料理も好きです、温まりました、



そうそう、次回は春が来る前に「牡蠣味噌鍋」1200円也を狙いたいなあ、

他のお客さんお注文、美味しそうやったshine

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04

このあとはほろ酔い気分で萩ノ茶屋方面へ、

「難波屋」が開いていたので吸い込まれます、

023kai



「酎ハイレモン」250円也、

024



奥ではライブやったはりますね、

え~っと出演は、“ギターパンダ”さんと、今は可愛い女性の弾き語りですねnote

いつかはやりたい“難波屋ライブ”heart02

ここは料理も美味しいですからね、

目の前で注文の料理がどんどん作られていきます、

テキパキ、手際がエエです、こういう店大好き、

で、ワタシは目の前の鍋にあった作り置きの「麻婆豆腐」、

028

小盛りもできます、小でお願いします、

チンして出て来た「麻婆豆腐」、

なんと100円也sign03、萩ノ茶屋「難波屋」の面目躍如です、

ほんで、美味しいと来たら文句なしですhappy01

「酎ハイレモン」を2杯飲んで、お勘定は、、、600円也!?

思わずお姐さんに間違ってない!?と訊き直しましたわhappy02

萩ノ茶屋の「難波屋」、もう説明不要のエエお店です、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

南田辺探訪、3軒目は急遽変更で「スタンドアサヒ」へ、小鉢と燗酒でご機嫌さんです^^)

【2016年12月7日(水)】

大阪 南田辺 「スタンドアサヒ」

久しぶりの南田辺探訪、

「南田辺」駅前の「四方商店」から、

西田辺交差点近くの「まるしげ」へと2軒行った後ですhappy01

もう一軒だけ、軽く飲んで帰りましょうdash

そういうと、前回探訪時に新装開店していた立ち飲みが南田辺にありましたね、

あそこを覗いてみましょうかshine

西田辺交差点から、また「南田辺」駅を目指します、

酔いに任せてのんびり歩いても7~8分かなwink

高架になる前のJR線路の跡地はまだフェンスで囲われた空き地のままになっています、

028kai

もう10年くらいはこんな感じでしょうか?

ここは、どんな感じになるのかな?

そういうと、名店「スタンドアサヒ」はこの高架化工事でもギリギリ助かりました、

今は、店の向かいがフェンスの空き地、という、なんか違和感がある環境ですが、

ま、無事で何よりですwink

そんなことを考えていると、

なんか超久しぶりに「スタンドアサヒ」に入ってみたくなりましたhappy01

一杯だけ、立ち飲みのつもりでしたが、

まあ、ええか、行きたい時に行きたい店に行きましょうdash

ということで、急遽予定変更で「スタンドアサヒ」に入店ですheart01

開店前には列ができる人気店ですが、大丈夫かな?

041

そろりと引き戸を引きます、

はい、当然ながら混み合っています、でも、カウンターには空きがあるかな?

カウンターの中のお姉さんに指で一人客であることを示します、

ちょうどお勘定があったようで、カウンターに1席だけ空きがあります、



今、片付けますのでちょっと待ってください、

はい!

ということで無事入店、ラッキーでしたhappy01

この後はしばらく満員が続き、何組か敗退sweat02

カウンターに着いて、「燗酒」と、定番の「炊き合わせ」を頼みます、

こんな感じ、

042kai

ここはとにかく、この「小鉢」と呼ばれる煮炊きモノの盛り合わせが定番です、

今日の「小鉢」は、鯛の子、すぐき、茄子、南瓜、貝紐などなど、

関西の味ですな、

毎日毎日、丁寧に作られている「小鉢」、350円也かな、

値打ちです、美味しいですheart02

この毎日の丁寧さが人気の源泉ですねgood 

ほんと、久しぶりの入店ですね、4年か5年振り?

前に来た時に傘を忘れて帰ったのを憶えていますhappy02

ベージュ色の傘、、、もうないでしょう、それくらい久しぶりです、

「燗酒」は「白鶴」のガラス瓶、

もちろん定番の普通酒ですが、これがまたヨロシイshine



燗酒は不思議なものです、

地酒の燗酒ももちろん美味しいのですが、

こういう全国ブランドの普通酒の燗酒もつけようによってとっても美味しくいただけますlovely

ま、3軒目ですから、それもあるかcoldsweats01、、、

カウンターの中のメンバーは、、、変ってないかな?

いや、どうだったかな、

お姉さんは変わらず溌剌ですhappy01



燗酒が美味しかったと見えてお代わりしています、

052



肴は「なまこ」450円也、そろそろシーズンですね、

047



この辺りから記憶が定かではないのですsweat01、が、、、

「焼き鳥」200円也も頼んでるようです、

048

そういうと、他のお客さんのオーダーで焼かれているのが美味しそうだったから、頼んだのか?

ちょっと山椒が掛かって出て来るのが嬉しい、

と思った(かすかな)記憶がsweat01

お隣のお客さんは、なにやら聞き覚えのある大阪の芸人さんのお話をされています、

ファンというより関係者ですね、聞き耳立てると結構面白い話、

でも、酔っぱらってますので、はい、内容は憶えていませんhappy02

さらにこんなんも頼んでるみたいです、

053

「茄子田楽」かな?この辺りはもう写真が頼り、な状態ですcatface

そして、燗酒は3本飲んだみたいです、写真を見ると、、、sweat02

055

あかん、ちょっと最後に一杯、のつもりが本格的に飲んでます、

そらまあ、美味しい料理と旨い酒ですか仕方ないですが、、、酔っぱらいましたhappy02

これでお勘定、、、のはず、、、2400円ほど?

JR阪和線「南田辺」駅前の「スタンドアサヒ」、

美味しい煮炊きモノと一品料理、その変わらない丁寧さに頭が下がります、

こういう風にすれば流行る店が出来ます、というお手本、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04

久しぶりの酔っぱらいです、

ここからどうして帰ったのか?・・・まったく記憶がありませんcoldsweats01

たぶん、天王寺で環状線に乗り換えて、西九条か大阪でまた乗り換えて、、、そんなルートやと思いますが、、、

気が付いたら神戸三宮にいましたsign03

危ない、危ない、姫路まで行ってしまうがな、慌てて乗り換えて戻ります、

あ~、酔った、酔ったhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

南田辺の「四方商店」へ再訪、そして西田辺へ移動して立ち飲み「まるしげ」へ、ここらも人が減ったんですかね、、、

【2016年12月7日(水)】

大阪 南田辺 「四方商店」~西田辺「まるしげ」

ひと月ほど前に飲み会で久しぶりに訪れた南田辺、

今日はあらためて一人で探訪ですhappy01

まずは、前回偶然みつけて探訪した「四方商店」へ、

JR阪和線「南田辺」駅から東へすぐ、

商店街の中にある酒店、、、だったお店ですsweat02

今は酒販は止めて角打ち専門店に、お母さんが一人で頑張ったはります、

018kai

この外観には一発でやられましたhappy01



時間は15時30分、ここは朝から営業しているので問題なく開店しております、

ガラス戸を引いて入店、お母さんは奥で電話したはります、

024kai_2

こっちも急いでないので、ま、ゆっくり電話してもらったらええんですけど、、、



お母さん、電話切ってくれはりました、

あ、お客さん来たから切るね、じゃあね、

すいませんね、ゆっくり話してもらってよかったのに、

いやいや、ええねん、特に用事ないけどね、お客さんもいないから、ついね、

はい、前回もそう言うたはりましたhappy02(前回訪問記事はこちら⇒)、

常連さんがどんどん亡くなって、もう客がおらへん、って、、、

まさに、壮絶な限界酒場であります、

飲み物は?お酒?ビール?缶チューハイもあるけど、

じゃあ、「チューハイ」ください、

019_2

ありゃ、前回もこれやったかなcoldsweats01

アテは、、、と、思案していると、お母さんが、

「ハムエッグ」でもする?

あは、前回もそれでしたhappy01、この前、来たんですよ、

そうやったかな?

では、「ハムエッグ」でお願いします、

ということでお母さん手作りの「ハムエッグ」、

023kai

TVが点いて、それを観ながらぽつぽつとお母さんと話します、

(前回同様happy01)

常連さんがどんどん先に逝ってしまったそうなweep

それでも、午前中に飲みに来る人がまだ何人かいるのでやっておられるそうです、

いやはや、大変です、がんばってくださいねwink

30分程、ゆっくりと飲みながらお話をしてお勘定です、



南田辺の「四方商店」、お母さん一人、ゆっくりと時間が流れるお店、

とはいえ、いつか終着点が来ます、それまでゆっくりと、、、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04



 

さて、次のお目当ては地下鉄「西田辺」駅近くです、

ぷらぷらと歩いて行きましょう、

「南田辺」駅からゆっくり歩いても10分と掛からずに「西田辺」駅界隈になります、

ここは家電メーカーのシャープ本社があります、というか、ありました、

厳しい状況でここの本社ビルはすでに売却されたそうです、残念sweat02

地下鉄の駅がある交差点の手前を左に入るとありました、

立ち飲みの「まるしげ」、

029_2

もう開店していますが、先客なし、

こんな看板も、

039

日本酒もありますねshine、ではでは、入ってみましょうdash

新しい感じの店内、L字カウンターだったかな、10人も入らないでしょうか?

カウンターの中には若い大将、ちわ、

飲み物は「レモン酎ハイ」300円也、それと「豆もやし」200円也にします、

031_2

時間は16時20分頃、もう仕事終わりですか?と大将、

そら、そんな感じになりますわなhappy02

自然と大将と話になります、

ここ「まるしげ」は出来て5年目らしいです、ほうshine



実はワタシもここ「西田辺」には、昔よく来ていたんですが、

この5年となるとほとんど来ていません、そうですか、

あの、シャープの本社は売却されたんですが、

なんか、買い戻すとかいう記事も出てましたね、



本社はニトリが買い取って、これはもう戻らないようですよ、

向かいのビルを買い戻すようなことが噂でありますね、

なるほどね、

ここらもシャープの社員さんがたくさんおられたと思うのですが、移転してからはやはり、、、

そうですね、ずいぶんと人は減った感じがしますね、今は堺が本社ですかね、

やっぱりね、そうですよね、

向こうの裏通りにもたくさん店がありましたが、今はどうなんでしょうね(しんみりweep)、

「レモン酎ハイ」がなくなったので日本酒にしましょうか、

手元のメニューがありました、

「梵」に「雪の茅舎」と贔屓の銘柄がありますshine

でも、ここは「篠峯」雄町純米吟醸生酒680円也にします、

奈良のお酒ですね、好きな銘柄ですheart02

洒落たグラスに目一杯入れていただきました、一口飲んでからパチリ、

034

うん、発泡もあり好きな感じですheart01

肴は「酒盗」300円也、

035

この界隈の話をつらつらとしているうちに常連さんが来店、

ぼちぼちと日も暮れてきましたか、そろそろ飲み頃タイムですねwink

では、ワタシはこれでお勘定です、1480円也、

西田辺交差点近くの立ち飲み「まるしげ」、

新しい店ですが、こちらもゆっくりしっかり営業されています、

この辺りも人が減ってsweat01大変でしょうが、気張ってください、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

さて、また「南田辺」駅へ戻りましょう、もう一軒ね、



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

南田辺探訪、2軒目は駅近くの「四方商店」、文字通りの“限界酒場”でもお母さん気張ってはります。

【2016年11月5日(金)】

大阪 南田辺 「四方商店」

久しぶりの南田辺探訪、1軒目の「政本酒店」の後ですhappy01

そろそろと飲み会会場、JR「南田辺」駅前の「fudan」を目指して戻り始めます、



でも、まだ時間はあります、
 

ここは「fudan」の向かいにある「四方商店」で飲む感じですね、楽しみwink

と、途中でなんと、たった今新装開店したばかりの立ち飲みに遭遇しました、

「CHOJIRO」、

032kai

なんというタイミング、一瞬迷いますが、店内はすでに満員です、

お姉さんがやっておられるのかな?

うむ~、やはりここは初志貫徹か、

はい、ここはまた次回探訪の時に押さえることにして、「四方酒店」を目指しますhappy01

今日の2軒目、「四方商店」、

015kai

エエでしょ、看板の酒は「豊祝」ですね、この感じだと“伏見の方の豊祝”かな?

絶対に飲めるはずです、入ってみましょうdash

と、飲み会メンバーも1名早々と到着していました、開宴までまだ時間あります、

こっちで飲むけどどう?

ということで2人で入店です、

広い店内に不揃いのテーブルとソファ、

038kai

お母さんがお二人、、、

と、お一人はお友達らしく、ワタシ達と入れ替わりで出て行かれました、

え~っと、ここで飲めますよね、

はい、飲めますよ、

立ち飲みでもイイですか?

いやいや、こっちに座って!ね、

は~い、

ということで無事入店です、

二人なので瓶ビール大瓶にします、

037kai

肴は、、、乾きモノや缶詰がカウンターの上に乗ってます、あの辺りかな?

と、店内を見回すと、、、

flair、リーチインの上に料理のメニューがありました、


とうふ、天ぷら、ぎょうざ、ハンバーグ、玉子焼き、エビピラフ(焼きめし)、焼きそば、そして“カップラーメン”などなど、、、

エエ感じgood

このメニューから、同行者が「ぎょうざ」を所望するも、、、

ごめんね、今日は買い物に行けなかったので餃子はないの、

ハムエッグはどう?

ということで、自動的に「ハムエッグ」に決定happy02

これにてビールで乾杯です、



お母さんはハムエッグに掛かられます、奥の方にコンロがありました、



はい、出来上がり、

034

うほ!見栄えは???、、、ですが、美味しそうですよheart02

薬味は醤油にソース、マヨネーズも出す?

ありがとうございます、

塩胡椒もお願いします、

ワタシはソース派、同行者は塩胡椒派でしたhappy02

035

うお!ホンマに美味しいsign03

この店の雰囲気にぴったりの家庭料理です、今ここにある美味!lovely

お母さんの調理業務終了ですので、ゆっくりといろいろとお話を聴きます、

他の酒屋同様、酒販はもうやめたも同然だそうですheart03

もう、売れない、スーパーとかの方が安いから、誰も買いに来ないsweat02

そうなんですよね、なんか寂しくなる話ですが、これが現実、

で、角打ちのみ営業らしいですが、、、こちらも、、、

常連さんがどんどん先に逝ってしまって、もう客も来ないsweat01

なんと、、、あっさりと云われたので悲壮感はないのですがcoldsweats01、、、やはり悲壮sweat01

午前中に来る人が何人かおられるそうですが、午後からは、、、

営業は朝から19時30分まで、さすが、正しき角打ち営業時間ですね、

ここらで、さらに1名、飲み会メンバーが到着で参加、

瓶ビールもう一本、それと、、、

茶碗蒸しでもする?

はい!それで、、、茶碗蒸しもあるのん?すごいな、

と思ってたら、あのスーパーで売ってる出来合いでした、そらそうやねhappy01

でも、これも由、

さて、これでここはお勘定して、飲み会に移ります、

JR「南田辺」駅からすぐの「四方商店」、

う~ん、文字通り“限界酒場”なお店です、

これも時の流れ、しょうがないですが、、、

お母さんが元気で続けられているうちに再訪を誓います、はい、絶対にgood

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

この後は「四方酒店」の目の前の「fudan」で飲み会です、

美味しい料理、雰囲気の良いお店でした、

044
046



そして、梅田に戻りもう一軒、行ったようですcoldsweats01

053
054

ふ~、よく飲みました、楽しかったshine

そして、、、結構酔いました、乗り過ごさないように帰りましょうhappy02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

久しぶりの南田辺探訪、何軒か気になる店がありましたが、まずは「政本酒店」へ入店です。

【2016年11月5日(金)】

大阪 南田辺 「政本酒店」

今日はなぜか!?南田辺で飲み会となりましたhappy01

南田辺、久しぶりですね、「スタンドアサヒ」がありますから、何度も来ていますshine

あ、そういうと駅の近くの図書館?町内会館?みたいな建物でライブもやらせていただきましたねnote

あれから、、、2年振りくらいかな、

久しぶりなんで、フライングを兼ねて周辺を探訪してみました、

南田辺着が17時頃、駅前の「スタンドアサヒ」の前には、、、

flair、すでにお待ちの方が7~8人、

相変わらず繁盛していますね、結構なことです、

一筋入ると、今日の飲み会場のお店「フダン(fudan)」があります、

016

え~っと、ここですね、開宴は19時予定ですから、まだ2時間ほどあります、

場所の確認だけして探訪に出掛けますhappy01、、、が、、、

出掛けるも何もないです、「フダン」の目の前にいきなり好みの角打ちがありましたflair

「四方商店」heart02

015kai_2

ガラス戸越しに店内を窺うと、、、

うん、何やら飲めそうです、広~い店内に酒販カウンターの名残と、大きなテーブルがいくつか、、、

これはエエ感じでですね、こりゃ幸先がエエですgood

でも、ここは後で来ることにして、先に周辺を探訪します、

事前情報に基づいて、細い通りを抜けて車が通る広い通りに出ます、

立派なお寺があります、ここも来たことがあるよね、

ちょっと記憶あやふやだけど、知り合いの寺だっけ?happy01

で、そのお寺の角向かいに立ち飲みがありました、「ねこ陣」、ほうshine、、、

018kia

その向かいには食堂らしき建物が、渋いwink、、、

017kai_2

もちろん、こちらはもう営業していない感じ、

どんどん、歩きます、

019kai

ここも雰囲気ありました、ちょっと入ってみたかったな、味の店「金谷食堂」、

さらに歩くと、商店街がありました、

020kai

ショーン・コネリーの相当古い看板がある酒屋、「花戸屋」、

しかし、ここは飲めないようです、残念heart03、ジェイムスと呑みたかったhappy02

でも、すこし南へ行ったところに角打ちがありました、「政本酒店」、

023kai

写真ではちょっと分かりにくいですが、

右側は普通に酒販をやられているようです、

そして、左側にビニールドアのようなものがあり、

その奥には立ち飲みカウンターらしきものがあります、

お母さんが酒販コーナーにおられますが、立ち飲みコーナーは無人、

うむ、まだやってないのかな?

ここはお母さんに訊いてみましょうwink



隣りで飲めるんですか?

はい、飲めますよ、

ということで、無事飲めるようです、ではでは、ということで無事入店、

一人フライングです、

はい、立ち飲みコーナーは本格的な店造りになっています、

025kai

ちょっとしたカジュアルBarな感じshine

お母さんが店から回り込んでカウンターの中に入られます、

え~っと、壁メニューから「レモンサワー」、

肴は何がイイですか?野菜?お肉?

では、野菜系下さい、

ということでオーダー完了、

「レモンサワー」と「きんぴら」が出てきました、

027

二人しかいないので必然、お母さんとお話ししますshine

昔から角打ちあり、飲める酒屋さんだったそうですが、

お客さんも減り大将も引退されたので15年ほど前に一旦角打ちはやめたのです、が、、、

現在のこの立派な立ち飲みコーナーは10年ほど前にお嫁さんが始めたそうですgood

お母さん一人では無理だけど、お嫁さんがやる気になってくれたので復活したそう、

なるほど、ヨカッタですねheart01

そういうと店内の装飾とかBGMも洒落ています、お嫁さんの趣味ですかね、

基本は立ち飲みですが、リクエストも多いようで簡易の椅子も用意されていますhappy02

026

お客さんはやはり高齢?そうりゃそうですねhappy02

まだ酒販も含めなんとか商売になっているようです、 

飲んでる間にも、ご近所さんがお祝いのお酒を買いに来られて、お母さんが対応、

お嫁さんは、もう少し後の時間から立ち飲みコーナーを担当されるようです、

いまはもうお酒はスーパーで買う人が多いので大変な酒屋経営、

それでも親子二人三脚、気張ってくださいませ~、

さて、ワタシはまだ先があるのでこれでお勘定にしました、450円也、



また一つ、エエ店残ってました、南田辺の「政本酒店」、

今日は飲み会があるので、次回、ゆっくり来ることを約束して退店しました、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

早くも再訪、大阪田島の「淡路屋直売所」、大阪の古い酒場様式が残っているような気がします♡^^)

【2016年10月19日(水)】

大阪 田島 「淡路屋直売所」

つい2週間前に行ったところですが、おおいに気に入りましたhappy01

大阪田島にある「淡路屋直売所」、

なんというか、角打ちですが座り飲みの本格酒場ですshine

こんな酒場がまだ大阪にあったか!とびっくりしています、

東京の下町にある酒場の雰囲気なんですよね、ここは、、、

大阪はこういう地元町内の店となると、

どうしても角打ち=立ち飲みが多くなるのですが、

こういう感じで座って飲める、料理も美味しい店となると、ほんと、数えるほどしか残っていませんsweat02

いやはや、ここは大いなる収穫でしたheart02

ということで、早くも再訪なんですが、、、

実は近所にもう1軒、前回木曜日定休日にあたってしまった「田島屋」もありますshine

今日は水曜日、大丈夫なはずです、行ってみましょう!dash

ということで、前回同様、天王寺から大和路線(関西本線)一駅目の「東部市場前」駅から歩きます、

大丈夫です、ほんの15分ほど、GOしながら行けばすぐでしょうhappy01

2回目なのでほんとうに早いです、そろそろ「田島屋」が見えてくるはずです、、、

え~っと、、、あれ?、、、なんか・・・嫌な予感がsweat02・・・

あら~、今日も「田島屋」さん、しっかりとシャッターが下りていますheart03

うむ、、、今日は水曜日、食べログによると“木曜日・第4水曜日定休”になっています、

が、、、お休みの様子、、、

まさか、廃業閉店して!?という雰囲気でもないです、

これはやはり定休か、、、

「田島屋」の近況、ご存知の方あれば教えてくださいませ、



立ちつくしていても仕方ない、「田島屋」攻略はあらためるとして、、、

では、前回同様「淡路屋直売所」へ参りましょうかwink

時間は前回よりちょっと遅い17時前、

もうすでに「淡路屋直売所」はオープンしているはずです、

人気店ですからね、ちょっと気が急きます、

ほ、遠目からでも「淡路屋直売所」の暖簾が見えます、

001

こちらはしっかり営業していますね、ヨカッタheart02

名前から推測すると、あきらかに角打ちですが、中はカウンターに座れる酒場然としています、

で、中を覗くと(表の戸は開け放たれています)まだ席に余裕はありそうです、

ではでは入りましょうdash

ちわ、一人です、といつもの調子で人差し指を立ててサインを送ります、

と、、、一瞬、カウンター内の大将に不穏な空気が!sweat01

え!まさか、もう満席ですか?

と、一気に余裕がなくなります、一瞬にして祈る気持ちに変わりますcoldsweats02

え~っと、こっちのこの間でイイですか、

あ、はい!もちろん!!座れるならもうどこでもイイです!!な感じ、

危ない危ないsweat02

平日の17時前ですが、20席近いカウンターはすでに予約で満席近いようです、

あとで予約の電話がかかってきて2名の予約が入り、

次の電話では『奥のテーブルなら』(たしか、ビールケースな感じのスペースです)ということで、カウンター売り切れましたhappy02
 

ほ、ヨカッタ、では呑みましょう、まずは「生ビール」、

そして、カウンタ前のショーケースから「おから」にします、

002

この後はたしか「酎ハイレモン」にしたと思いますが、、、写真なしheart03

刺身は高いんですよ、

量は多そうだし美味しいのですが、一人だとどうしても持て余してしまいそう、

ここは「カキフライ」600円也にします、そろそろと美味しいシーズンです、

フライは入り口近くの四角い小さなフライヤーで揚げます、

これも昔のスタイルが残ってる感じで好感wink

で、こんな感じ、

010

ほう、「カキフライ」が串に刺さって出てきましたね、ポテサラも添えられています、

なんとなくですが、大阪の古いスタイル=串カツの原型みたいな出し方だと思います、

「おでん」にしても、関西では元々は串に刺したスタイルの「味噌田楽」、

(静岡にはまだこのスタイルの「おでん」が残っています、一度行ってみたい)

店では食べるのに串が便利だったんだと思います、

割箸が一般的に普及してからは、だんだん串がなくなって行った様な気がします



そういうとお隣の席の「ゲソ天」は出汁にヒタヒタと浸かって出てきました、

これもなんか古い大阪のスタイルのように思います、

会社に勤め始めた頃、梅田の「百番」だったかな?

そこの「げそ天」がこんな感じだっ様な、、、かすかな記憶、、、happy01

もう一品はあれこれ考えて「せせり」にします、

そうそう、「カキフライ」の時もそうですが、素材名だけ言うと調理法を確認されます、

牡蠣ください、

フライで?

はい、

せせりお願いします、

塩で焼きます?

はい、

てな感じです、

この日は、そのまま塩焼きでお願いしました、他には何ができるんだろう?



昔の炉端焼きのように、複数の調理法で対応できる食材も多いです、

004kai

カウンターのショーケースには美味しそうな食材がぎっしりhappy01

で、「せせり塩焼き」、

これもボリューミーで美味しかったですheart02

012kai



「酎ハイレモン」のお代わりを飲んでお勘定です、2770円也、納得です、

大阪田島の「淡路屋直売所」、好きです、こんな感じ、

地元常連さんでいつも満席、

そらそうや、早めから飲めて、料理も美味しい、そない高いこともない、

最近のチェーン居酒屋よりも高いですが、やはりこっちでしょうgood

駅から20分近く歩くのもまた楽しい、

ワクワクドキドキの前奏時間がお酒と料理を美味しくします、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

今日も暑いです、木津市場の「だいどこやまなか」の日本酒イベントから「○や」、そして「なんばマイクス」で昼飲みです。

【2016年7月30日(土)】

大阪 木津市場 「だいどこやまなか」~「○や」~なんば「なんばマイクス」

暑い土曜日ですsun

大阪木津市場の「だいどこやまなか」が日本酒呑みのイベントをやってるみたいなので、行ってみることにしましたwink

JR「今宮」駅から、テクテク歩いて木津市場まで、暑いですsweat02

こんな感じのちっちゃい可愛いイベントhappy01

009_2

最初に500円払うと盃がもらえて、日本酒が1杯飲めるというシステム、

二杯目からは200円だったか300円で飲めます、

日本酒のラインナップ、無くなると他の銘柄も並ぶのかな?

007kai

ワタシはスタッフのお嬢ちゃんお薦めの「雁木」夏酒をいただきました、 

お!シュワシュワで美味しい、好みのタイプでしたwink



ちょとした肴もあったみたいですが、、、

この暑さの中で立ち日本酒飲みがちょっと辛くなりました、

この一杯で打ち止め、無理はしないでおきましょうshine



で、「だいどこなかやま」に入って座って飲もうという計画でしたが、、、

なんか満席、あららheart03、これは想定外、、、困ったな、

みなさん、昼からピッチ早いですね、

で、お向かいの立ち飲み「○や」に入りました、

011kai

まだ仕込中で飲み物だけの営業だそうです、

では「ハイボール」300円也をお願いします、


これで、なんとかクールダウン、一息つきました、ふ~happy01



やはり、こんな暑い日はあまり長く歩くもんじゃないですな、

さて、ここも一杯でお勘定にしてなんばを目指して歩きます、



なんか、よく歩いていますね、って、はは、ポケモンGOのせいですsweat01happy01



で、無事なんば着、なんとか気分も良くなってきました、

どっかでもう一杯飲んで帰りましょう、

ここ、前も通った時に気になってました、

高島屋の西側、阪神高速高架下の「なんばマイクス」、

012kai

新しい店なんでしょうか?とりあえず、入ってみましょうdash

大きなコの字カウンター、時間は15時過ぎ、三分ほどの入りです、

西側のカウンターに案内されました、

この時期、こちら側は西陽がきついので不人気みたいですhappy02



「白波」芋水割り300円也と「どて煮」280円也、

さっと出てきますshine

015_2

「土手煮」はちょっと辛めですが、、、食べてると美味しくなってきました、

こういう暑い日はこれくらいでもエエのかな?
 



カウンターの中には白い調理服に帽子を被ったお兄さんが3人ほど、

立ち飲みですが、なんか律儀な雰囲気happy01

元はどこなんでしょう、不思議な雰囲気の、でも安い立ち飲みです、

もう一品「だし巻」150円也は出来合いで、すっと皿が出てきます、

まあ普通、

019_2

「白波」をお代わり、

ぼちぼちと入店増えてきます、結構人気していますねwink

最後に「ポテサラ」200円也、

022_2

ここのお薦めメニューはイラスト付きで紹介されています、

020kai

この「ポテサラ」も美味しそうなイラストが付いてましたhappy01

ポテチ付き、ナッツ他のトッピングあり、

ちょっと手が込んでますね、

で、その謳い文句の通り、中くらいのゴロッと感と、ナッツ入りの食感がなかなかヨロシイshine



これでお勘定が1230円也、やはり安いですね、

なんばの「なんばマイクス」、

妙に律儀な感じで、立ち飲みどっぷり感はないのですが、安いですね、

数人でさくっと飲むのに便利かもしれません、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

昭和町で飲むのは初めてかな?名前の通りエエ店でした、「平蔵 西商店直売所」。

【2016年1月15日(金)】

大阪 昭和町 「西商店直売所」

年末から年始にかけてはどうしても連れ飲みが増えます、これは嬉しいのですが、、、

一人飲みの回数が伸びないheart03、という悩ましい今日この頃ですhappy02

今日は金曜日、久しぶりに一人で酒場探訪してみましょうshine

まずはJR阪和線の「美章園」駅で降ります、久しぶりです、

でも今日のお目当てはここ美章園辺りではなく、文の里と昭和町です、

JRに乗っていたので天王寺で地下鉄に乗り換えずに、そのまま美章園まで来ました、この方が電車賃が安いし(無職はつらいよhappy02)、

まずは文の里辺りまで歩きます、15分くらい、

阪神高速のガードの近くにありました、「瀬脇商店」、

019

ここで飲めるはずですが、、、おっと、回り込むとちゃんと綺麗なお店がありました、

020

「ちょっとBAR せわき」の看板、

021

もう開店しているのかな?ちょっと微妙な感じです、

とりあえず場所確認終了、もう一軒、昭和町の角打ちへ回ってみましょうdash



地下鉄谷町線「文の里」駅と御堂筋線「昭和町」駅は案外近いです、

が、この辺りは、阪神高速とJR阪和線が斜めに走っているので方向を失いそうになりますsweat01(京都人は斜めの通りや線路に弱いのですcoldsweats01)、

なんとか、昭和町の交差点へ到着、二筋ほど裏の通りを歩くと、、、ありました、

「西商店直売所」、

024

エエ感じです、“直売所”という響きもエエですよね、

大阪だと、京橋の「岡室酒店直売所」、九条の「小林酒店直売所」、

天下茶屋の「黒松直売所」、神戸新開地の「世界長直売所」とそれぞれ味のあるエエ店ですよねheart02

ここも期待できそうです、

あ、大きな幕には「平蔵」の文字が、

023

どうやら正式な店名は「平蔵 西商店直売所」というみたいですgood

ではでは、入りましょうdash

L字カウンター、奥にはテーブルスペースもある広めのお店、

床は年季の入った板張り、エエ感じです、

029

ここまで30分くらい歩いて来て冷えました、焼酎のお湯割りにしましょう、



すいませ~ん、お湯割りください、
 

後ろの瓶から焼酎取ってください、

026kai

え!?え?なに??あ、これ、これが焼酎なの?sweat01(ちょっとパニックhappy02)

はい、一瓶でちょうど1杯分くらいになっています、

あ~、、、これでね、じゃあ、これで、、、

あ、それは黒糖ですよ、

あ~、なるほど、何種類かあるんですね、壁の表記通りにいろいろ種類があるんですねflair

これを入れて、お湯は、、、あ、あのサーバーで自分で入れる、、、

なるほどflair、完全セルフですね、

面白いですね、とくにこの瓶は初めて見ました、直売所ならではの資産活用のシステムですね、

気に入りました!wink

焼酎は芋のレギュラーのものにします、たぶん290円也、

032

こんな感じで、「焼酎お湯割り」、やっと出来上がりですheart02

肴は「じゃこおろし」300円也、

025

ボリュームあります、肴の種類も多いです、、、、

あれ、肴は全部300円也なシステムかな?分かりませんが、ほとんど300円也ですね、

続々、お客さん入店、

常連さんも多いですが、ワタシのような一見さんもおられるみたいです、

今日は寒いしね~、おでんも良いけど、

033

もう一皿、「小松菜と厚揚げ」300円也にします、

031

焼酎もお替り、もうシステムは分かりましたので大丈夫です、

同じく芋焼酎にします、

これでお勘定にしました、1180円也、明朗会計です、

昭和町の交差点近くの「平蔵 西商店直売所」、

エエ味出したはります、ヨカッタです、焼酎のセルフシステムは秀逸、面白かったです、

ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、では文の里に戻って「瀬脇酒店」へ行きましょうlovely

(つづく)



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金)

今日は梯子です、玉造から初の東部市場前を探訪、大阪ワインが飲める「仲村商店」へ、そして〆は阿倍野の「ともえ」です。

【2015年12月16日(水)】

大阪 東部市場前 「仲村商店」~阿倍野橋「ともえ」

今日は梯子してますhappy01

玉造のおでん「きくや」から「ねぎや」の後です、

初めての「東部市場前」駅を目指します、

JR関西本線(天王寺~奈良は大和路線、三重方面名古屋まで続く路線)で一駅目が「東部市場前」、

その名前の通り“東部市場”が近くにあるんでしょうね(未確認sweat02)、

前から行きたかった、なにやら下町な感じもするエエ駅名ですshine

この「東部市場前」駅辺りに何軒か行ってみたい店があります、

まずは駅近くにある「仲村商店」を目指しましょうdash

角打ちです、酒屋で飲めるようですが、、、大阪では珍しい自家製ワインの店らしいです、

ちょいと調べると、、、羽曳野の方でワインを醸造されているようですね、「仲村ワイン工房」、

なるほど~flair

広い通りを渡って少し行くと「仲村商店」がありました、

031

ガラス張りの大きな店構えです、中の様子が見えるのでそのまま入店です、

広い店内に酒販と角打ちが同居しているタイプです、

ワインがずらりと並んだスペースの奥にカウンター(7~8席かな)があります、先客が4人ほど、

こちらも4人組、、、入れるかな?と思ったら、、、

さらに奥のスペースにテーブル席がありましたflair、ちょうど座れます、ヨカッタhappy01

ビールや日本酒もありますが、ここは当然ワインでしょう、

ワインメニューはこんな感じ、

032kai

さすが、、、

ボトルもありますが、メインは“サーバーからのワイン”みたいです、
エエじゃないですかheart02

大阪メルローが4種類あります、

蝶(赤)、ロゼ、リースリング(白)、デラウエア(白)、600~700円也、

こちらはちょうど4人組、ではでは、それぞれ一杯づつ好みをお願いましょうか、

 

これでカンパ~イ、

036

うん!美味しいです、羽曳野のワイン、エエです!!

料理もお願いします、

これは「クリームチーズ&クラッカー」400円也、

037

「サバ缶味噌煮」500円也、

038

これは、、、「小芋と鶏の煮物」430円也かな、

039

お客さんも続々、カウンターはほぼ満席ですね、

頼みそびれた「ロゼ」も試してみましょう、

040

うん、これもイケます(ほんまに分かるんかいなhappy02)、

「ブルーチーズ&クラッカー」も追加してますね、

041

はい、これでお勘定です、@1500円くらいかな、

「東部市場前」の「仲村商店」、美味しい大阪ワインがいただけます、

気に入りました、ごちそうさん!また来ますねheart04

もう一軒、この近くの角打ちを回ろうかと思っていましたが、

ちょっと遠いみたいですので、今日は断念heart03

このまま天王寺に戻って、阿倍野の「ともえ」へ行きましたhappy01

056

お久しぶりです、日本酒が充実の酒場ですが、酒場自体はちょっと狭い、

では奥で飲みましょか、、、

054

奥は、、、ビリヤード場ですhappy02

ここで日本酒が飲めます、オモロイでしょ、

そして、お兄さんの日本酒への想いが熱いです、エエ日本酒が揃てますgood

ワタシは「山間」と、

045

「町田酒造」も飲んだかな?

044

肴は「はまちの刺身」、

048

「にがり寄せ豆腐」、

049

「ほたるいかの素干し」、

052

これは馬肉みたいです、「極上サイボシ」shine

053

初めて食べました~happy01

奥の台にはなぜか鉄道模型のジオラマがhappy02(なぜに~)sweat01、、、

046

これは前回は無かった、、、また、ビリヤードできる台が一台減りましたわcoldsweats01

阿倍野の「ともえ」、ここもホンマにええ店です、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

はい、今日はこれでお開きです、また行きまひょ~ね~heart02



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪北部(十三西中島東三国茨木高槻) | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部(京阪沿線) | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番