カテゴリー「渋谷」の17件の記事

2016年7月29日 (金)

9カ月ぶりの東京、渋谷での2軒目は「SAKESTAND」へ、スタイリッシュな空間で日本酒をいただきます^^)

【2016年6月13日(月)】

東京 渋谷 「SAKESTAND(サケスタンド)」

9か月ぶりの東京酒場探訪です

まずは渋谷道玄坂の奥にある「なぎ」を探訪、

エエ店ですやん

渋谷でこんな良い日本酒バーがあるなんて、東京もやりますなあ~

で、次は「八咫(やた)」という店を、目指しました、

場所は井の頭線のホームがあるビルの南側の一角、

角に焼き鳥の「鳥竹」がある辺りです

が、、、見つかりません

ビルの5Fにあるらしいので、見つけにくいとは思っていましたが、、、

この一角をぐるりと一周、二周、、、そして、三週、、、

もうあきらめようかと思った時に見つかりました

こういう時はビルの名前で探さないといけませんな、

033

しかし、このビル、見つかりにくかった

032

勇躍、エレベータに乗り込むと、、、あれ?5Fのボタンが点きません、ありゃ?



仕方ないので4Fのボタンを押します、4Fから階段になるのか?

と、ドアが開くと、、、もうお店の中でした、どひゃ~、

ありますよね、こういう構造のビル、いきなり店内、

あ~スイマセン!!な感じ、
 

綺麗でゴージャスな店、あは、ほんまに場違い

店員さんと目が合ったので、思わず言い訳、

スイマセン、5Fの店に行きたかったんですが、、、

行けないので、、、まだ開いてないのですかね?

などと、しどろもどろの会話で切り抜けて、

「閉」のボタンを押して失礼いたしました、ふ~、

あとで調べたら、、、「八咫」さんは月曜日定休日でした

よう、調べて行きなさい!!つうことですね、失礼いたしました、



では、目標変更です、

この井の頭線沿いの坂を登ってしばらく行くと「SAKESTND」という店があるようです、

そちらへ行ってみましょう

坂沿いにえらく盛り上がっている立ち飲みあり

034kai

「魚がし福ちゃん」、今度、寄ってみるかな

ちょっと暗くなった角を曲がると「SAKESTAND」があるはず、が、、、

お、2階に大きな看板が見えます、どうやらこのビルの2Fみたいですね、

039

この階段から上ります、

ほ~、鰻の寝床な店、

入ったすぐに注文カウンターがあり、可愛いお嬢ちゃんが立っておられます、

すわ!渋谷という土地柄、ガールズバーか!?な感じですが、、、

そんなことないです、れっきとした日本酒バーです

ま、彼女目当てのお客さんもいるでしょうが、、、

キャッシュオンみたいです、

入り口近くのカウンターで注文して、奥の席へ行くみたいです、

目の前の酒メニューで即断します、え~っと、「新政」のこんな瓶にします、

040kai

肴もここでね、え~っと、「板わさ」290円也もお願いします、

で、グラスを持って奥のカウンターに着きます、

ほら、こんな感じのお洒落な空間です、

046

「新政」は90mlで490円也、ちょっと高めですな、

あら?グラスになんかくっついてますね、なにかしら?

041kai

と、これはお酒の説明タグでした、

042kai

なるほどね~

これはアイデアだし、親切なシステムです、なるほどね~

「板わさ」、来ました~、

045

もう一杯飲みましょう、

メニューに「村祐」があります、贔屓の酒、というか、

この4年くらいの日本酒マイブームの最初の数本のうちの1本です

マイブームは九平次、村祐、山形正宗、而今、そんなところから始まりました

で、飲み干したグラスはセルフで片付けます、

そして、再度お嬢さんにオーダー、「村祐」をください、

と、お嬢さんが、、、

あ、このお酒美味しいですよね、つい最近ワタシも飲んで好きになりました

お!分かってるね、日本酒の事、好きなの?、、、

とか、云ってしまうと“ガールズバー”になっちゃうので、ぐっと飲み込みました

「村祐」紺瑠璃ラベル無濾過本生490円也、

048

049


はい、旨味強く好きな酒です、美味しい

これでお勘定、渋谷道玄坂というか、ここはもう神泉に近いかも、

「SAKESTAND」、洒落た空間で日本酒をいただきます、女性と行くのがいいのかな?

ごちそうさん!また来ますね

では、これでホテルへ帰りますか、、、と、思わぬ店がありました、

その店の事は あらためて、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

さて、チョー久しぶりの東京飲みは渋谷からスタートです、まずは日本酒バーな感じの「なぎ」からです^^)

【2016年6月13日(月)】

東京 渋谷 立ち飲み「なぎ」

9か月ぶりの東京飲みです

まずは渋谷の日本酒立ち飲み「なぎ」を目指すことにします

JR山手線「渋谷」駅で下車、ハチ公前の交差点に立ちます、

おお、久しぶりやな、この感覚

ワクワクしながら交差点を渡って道玄坂を登ります、

ちょいとして、右に折れます、例の“案内所”がある、、、「とりかつ」のある筋です、

「なぎ」はここらにあるようです、、、が、、、案の定、分かりません

で、スマホで確認、どうやらこの道をまっすぐ行けばあるようです、

この辺りもHOTEL、風俗系の店が多いので、一人で歩くのはちょっと憚られますね、

特に久しぶりですから、、、今の若い人は気にしてないのか、

ありました、「なぎ」、オープンでエエ感じの店です、さすが渋谷

027

ではでは、入りましょう

ちわ、L字カウンターと左壁には立ち飲みテーブルもあります、

あ、それと表にも立ち飲みテーブルがありますね、

カウンターの中には若いマスター、フロアは可愛いお嬢さん、、、さすが渋谷です

お嬢さんが飲み物を訊いてくれます、

え~っと、日本酒の前に何か飲みたいのですが、、、飲み物メニューには日本酒しかありません、

あの~、日本酒以外の飲み物はあります?

カウンターのマスターが説明してくれたのかな?

とりあえず、生ビールはありました、とりあえずそれで、

015

肴はまず「真鰯のなめろう」400円也、

当たり前ですが手作りですね、エッジの効いた味付けです、葱は大き目の刻み、

018

これでちびっとビールを飲んで、、、少し残して、早速日本酒へ行くことにします、

日本酒のメニューには40種ほどの銘柄が並んでいます、ふふ、エエですな

でも、知った銘柄が少ないです、なんか会津の蔵が多いようですが、

マスターに訊くと、

はい、ここは会津の蔵の酒だけを扱ってます、、、とのこと、

あら~、これは失礼いたしました

そうか~、「写楽」も会津のお酒でしたね~、失礼いたしました、



ならば、会津らしいお酒をいただきましょう、

まずは「会津中将」純米吟醸生原酒100ml600円也にします、

021

うん、フレッシュでフルーティです、美味しいです、

好きなタイプ、これは売ってたら買いますね

次は刺身を頼みましょう、「刺身盛合せ」小600円也、

023

マスターが説明してくれはりました、

はっかく(これは珍しい)、ひらめ、いさき、と、まぐろだったかな、かつお?あ~憶えていません

渋谷の立ち飲みで食べる刺身は上等です、

ここらでマスターと日本酒の話、

熱くクールに会津の酒の事を語っていただきました、

渋谷でのイベントも企画されてる、とかいうこともきいたような気がします、詳細は憶えてない

もう一杯、

ネーミング買いで「風が吹く」金ラベル純米吟醸山廃生うすにごり中取り600円也、

025

名前が気になるのでこれにします、

というと、マスターが笑いながら『美味しいですよ』とのこと、

で、
これもエエ感じ、

最近好きな“辛くて旨い”タイプ(自分メジャーで)、こういうなんが“会津らしい酒”なんでしょうか?

これから研究ですな

今日は東京で何軒か飲み歩く予定なのでこれでお勘定です、



ゆっくりできるなら、まだもう少し居たかった店です

渋谷道玄坂辺りの日本酒バー(と云うのが似合うかな)「なぎ」、

気に入りました、また渋谷へ行くことがあれば絶対に寄りますね

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

なんと5カ月ぶりの東京です、原宿通りで少し飲んで、渋谷の老舗立ち呑み「富士屋本店」に潜りました^^)

【2015年7月27日(月)】

東京 原宿 「あしどり」~渋谷「富士屋本店」

久しぶりに東京へ来ました

数えてみたらなんと5か月ぶりの東京です、

ホントに縁が薄くなってきたな~、もっと来たいよ~

とはいえ、せっかくの東京です、しっかり飲んで帰ります

1軒目は原宿通りの「あしどり」です、

原宿通りは(北)と(東)があるようで、、、

明治通りと竹下通りの交差点から斜めに北へ伸びているのが「原宿通り(北)」ということになるようです、

この辺りで打合せ終了、

同僚と少し確認事項もあります、とにかく暑いこの日の東京、打合せがてら適当な店に入ってビールの一杯でも飲みましょか

ということで、通りかかった渋い店構えの「あしどり」、戸を引いて覗くと空いています、

いいですか?

はい!どうぞ!

ということでさっと入店です、

7~8席ほどのカウンターと、一番奥に小さな4人掛けテーブル席があります、奥のテーブル席に着きます、

とりあえず生ビールで乾杯、お疲れ様でした、

渋い店内、原宿にもまだこういう料理屋が残っているんですな、エエことです、

こういう店がある街はしぶとく生き残るはずです

おじさん御用達の店かと思いきや、、、

場所柄か、帰り際の入店客は若いサラリーマンと、OLらしき二人連れ、こういう店の使い方をご存じのようです、これまたエエことです

料理は適当に頼んどきます、

刺身は3人前くらいの「二番盛り」というのにします、「一番盛り」~「三番盛り」までありました、

004_2

ほう、なかなかクオリティ高いです

あとはすぐ出るのんということで「野菜の炊き合わせ」、

005_2

これは「鮭の氷頭」だったかな?

003_2

「おから」、

002_2

これで2杯ほど飲んで打合せ終了、お疲れ様でした、

原宿通りの「あしどり」、エエ感じでした、ごちそうさん!また来ますね

即、大阪へ向かって帰る、ということもできますが、、、

そこは5か月ぶりの東京です、もったいない、ワタシはもう一軒寄ることにしましょう

ここは原宿ですか、どうしましょうか、

新宿?池袋?地下鉄千代田線で移動するなら代々木上原とか?

でも、ここはシンプルにお隣の「渋谷」にしましょう、渋谷なら何軒か候補があります、少し食べたので軽くでイイでしょう

ならば地下の立ち呑み「富士屋本店」はどうでしょうか?

いいですね~、

なんか久しぶりの東京はこの辺りから攻めたい気分です、ではでは、山手線で一駅「渋谷」駅へ移動します

「富士屋本店」、

渋谷駅からすぐ、246の歩道橋を渡ってすぐの地下の大箱立ち飲みです、

この細い階段を降ります、

006_2

地下の立ち飲みというのは珍しいですね、

関西でいうと梅田お初天神通りの「たに」とか、三宮の花時計近くの角打ち「小林酒店」くらいしか思いつきません、

で、地下は別世界

凸凹のある大きなロの字カウンター、いったい何人立てるんだろう?60人?

降りたところのカウンターが空いていたのでそのまま立ちます、

え~っと、麦焼酎水割りで、、、

と、頼んでから想い出しました、ここは焼酎はショットではなくミニボトルでしたね、、、

こんな感じ、、、

007

“iichico”にクリスタルガイザーと氷のセット、これで700円みたいです、こりゃ3杯は飲めます、がんばらなきゃ

そして肴は、ここのデフォルトはこれ!(ワタシのイメージです)

009_2

「ハムキャベツ」300円也、ハムの下にマヨネーズとキャベツが潜んでいます

く~、めちゃB級的に美味しいです~

ここまでで1000円也、たしかキャッシュオン、これでゆっくりと飲み進めます、

渋谷という場所柄、客層は非常にバリエーション豊かです、

もちろんサラリーマン、でもちょっとおしゃれな職場仲間、ファッション関係?デザイン関係?な感じの若者も多いし、水商売系?のお姐さんお母さんもさくっと一人飲みされてます、

さらに外国人も多い、、、まさに渋谷の立ち呑みでございます、

さらに肴追加、マヨネーズ被りもものともせずに「アスパラマヨネーズ」250円也、

012_2

そして「げそ天」250円也、

013_2

と、好物を連発です、

ここは店員さんがゾーンとマンツーマン併用で効率よく対応してくれます、

揚げ物担当さんは揚げ物バンバン揚げながら、フライヤー周辺のお客さん対応もする、、、という具合です、

 

あ!

そう考えると、大阪天満の良店「奥田」と大きさ、料理、フォーメーション、店の雰囲気がとても似ていますな

良い店は自然と似て来るんでしょうか、

さて、これでしっかり「麦水」セットを完飲してお勘定です(というか、キャッシュオンですので支払済み)、

渋谷の地下、老舗立ち飲み「富士屋本店」、

久しぶりで東京飲みの気分に浸れました、おおきに、ごちそうさん!また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

渋谷の「めしと酒 みうら」で宴会です、でもその前に宇田川跡をたどって「丸木屋商店」へ行ってみましょう。

【2013年9月5日(木)】

東京 渋谷 「丸木屋商店」~「みうら」

今日は念願の渋谷「丸木屋商店」へやっと行けます

若者の街となって久しい渋谷ですが、四方には昭和の名残がいっぱい残っている街です、山手線沿いにある「のんべい横丁」は闇市の名残をよく残していますし、道玄坂の裏辺りもエエ感じです、井の頭線のホームは高く綺麗になりましたがその周辺にも良い酒場が点在しています、

そして井の頭通り(そう、あの井の頭通りが駅前の交差点近くまで来ているのです)もあります、あの井の頭公園(浄水場?)から渋谷まで伸びている道路です、治水のための開発が道路になったパターンですね、

その井の頭通りを少し進んで左右に分岐する道を左に取ると急に道幅が狭くなり、道が蛇行を始めます、これは絶対に間違いなく川跡(こんな言葉あるのかな?)です、町名からするとこれが“宇田川”の跡に作られた道(今も地下に川は流れているのかな?)ですね、

詳しくはタモリさんに訊いてください

エエ感じで蛇行しながら道は続きます、

左右には飲食店や昔ながらの個人商店、新しいセレクトショップなどが並びます、NHKの裏辺りまで回り込んでくると車止めがあり公園のような感じのレイアウトに変ります、

そしてもう少し進むと左手に「丸木屋商店」がります、酒屋さんです、ということは“角打ち”ですね、

041

ここまでは2度訪問しています

一度は土曜日だったかな、営業していませんでした、もう一度は時間が早すぎました、角打ちなのでつい昼間からやっているかと勘違いしました、立ち飲みは17時からでした、勇み足、焦っていますね

で、今日は3度目の正直ですね、時間は17時過ぎ、今日は大丈夫でしょう、

とは言いながら、小心者としてはちょっとビビります、

なにせ2回失敗した後の3回目ですからね、もう後がないです、ドキドキ、店の前に立って深呼吸、さて入りましょうか、普通の酒屋の店構えです、その奥に立ち飲みスペースがるようです、まだ時間が早いのか立ち飲みの雰囲気が伝わって来ません、隅の方にお兄さんがおられたので声を掛けます、

すいませ~ん、、、はい、、、あの~一杯飲みたいのですが、、、あ、立ち飲み?立ち飲みは向こうの入り口から入ってください、

あちゃ、やっぱりやっちまいました

ここは見た通りの酒屋の入り口でした、立ち飲みの入り口は別にあるようです、2回来ていますがまったく気がつきませんでした、お恥ずかしい、スイマセン、失礼しました

宇田川跡の道を回り込むと、はい、ありました、

043

こちらが立ち飲みコーナーの入り口ですね、いや~、長い道のりでした、では入りましょう、

L字カウンター、いやコの字だったかな、先客が二人、

コの字の縦棒真ん中に大きな柱があるので見通しが効きません、奥の方に着いたので手前のカウンターの様子をよく憶えていません、あ、写真がありました、コの字です、

050

カウンターの中にはお母さんがお一人、奥にはTVが架かっています、とりあえずビールにしましょうか、小瓶あります?ある、320円也、ではそれで、、、

044

ふ~、そんなに距離はないですがまだまだ暑い日が続きます、ビールが美味いです(この頃はまだ痛風を気にすることなく飲んでいます)、

そして、カウンターの皿に入っている「きんぴら」を所望、今日のはちょっと甘いかも、などと言いながらお母さんが盛ってくれます、

15人ほどで満員になる店内、角打ちですので酒は売るほど揃っています、ビールに焼酎、日本酒も銘柄が揃ています、ホッピーもありますね、肴は手作りの惣菜に煮込み、あとは缶詰というところかな?

048

続々と常連さん入店、NHKの人かな?

お母さんは少し耳が遠いようで皆さん少し大き目の声で注文です、煮込みがありますね、豆腐が入っています、旨そうですが今日はこの後、宴会の約束があります、煮込みはぐっと我慢することにしました

ビールを飲み干し、きんぴらをパクパク食べてお勘定です、670円也、やっと来ました、渋谷旧宇田川沿いの「丸木屋商店」、渋谷での仕事終わりの一杯などに使えます、また来ますね

さて、2軒目は同じく渋谷の「みうら」です

同じ渋谷とはいえ「丸木屋商店」とは正反対、青山学院高校の裏手にある料理が美味しい居酒屋です、とりあえず渋谷駅まで戻り、そのまま山手線のガードを潜って坂を登って246を越えます、で静かな商店街を少し行った左手、ビルの2階に「めしと酒 みうら」があります、

カウンターにテーブル席、座敷もあります、コンパクトにまとまった店内、詰めれば30人以上は入りそうです、ここは何と言っても料理が旨い、美味しそうな料理がカウンターの大皿に並び、刺身や揚げ物も美味しいです、

店名に着く冠は『めしと酒』、

この心意気そのままに料理が充実しています、昔は青学の学生さん向けの居酒屋だったのではないかと推測しますが、今はこういう店に来る奇特な学生さんはあまりいませんよね、完全にワタシ達に嬉しい安くて料理が美味しいし落ち着いて飲める酒場になっています、

この日は3人飲み、懐かしいメンバーなので話が弾みまくりです、

3時間くらいいた(迷惑客だ)のでだいぶ飲みましたね、であんまり食べてないです、酒飲みというよりあまりに話が忙しく食べてないような感じです、 

ビールはサッポロがあります、カウンターの大皿から「茄子」「いんげん」の煮物を指名、半々で盛りましょか?と若い店員さんが声を掛けてくれました、そうしましょう、

054



「刺身盛合せ」、やはり美味しい

057



「鰯しょうが煮」

055



「ねばねば」、納豆に山芋、そしてもずくだっけ?とにかく“ねばねば”、、、

059

最後に食い足らずに「串カツ」、

060

3人でこれだけは少々お店に申し訳ないです、お勘定は3人で6000円ほど、一人2000円での宴会、財布に優しすぎます、渋谷の渋谷「めしと酒 みうら」、ご馳走様でした、また来ますね

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

この日は渋谷でライブ参戦です♪、渋谷蕎麦「福田屋」~中華「錦」、そして大倉山の「大倉山もつ肉店」へ。

【2013年3月9日(土)】

東京 渋谷「福田屋」(蕎麦)~大倉山「大倉山精肉店」

今日は渋谷で第4次フォークル=きたやまおさむ+坂崎幸之助の講座コンサートを受講しました

ホテルではあまり寝れません

だいたい2~3時間で目が覚めてしまい、そこから2時間ほど夢現(ゆめうつつ)の世界を行き来して、結局早起き、この日もそのパターン、今日は渋谷で13時スタートのコンサートに参戦しますが、それにしても時間がありすぎます、

今日最初のお目当ては渋谷の蕎麦屋「福田屋」で昼酒、と目論んでいますが時間はまだ9時前です、でもこのままじっとしていても仕方ないのでチェックアウトします、

この日のホテルは茅場町、さて、ではここから渋谷まで歩きますか、まあ運動不足ですからね、どこまで行けるのか分からないですがとりあえず歩きましょうか

茅場町から日本橋、中央通りを銀座方面へ、新橋から虎ノ門、適当に路地などを覗きながら歩きます、あそうだ、なにやら新しいビルが出来てるらしいので見に行こうか、と紙屋町方面へ左折、これかな?

097

さて、ここまでで1時間半くらい歩きました、

2泊3日の荷物を持っているのでちょいと歩きづらくなってきました、バス停があるので時刻表でも見るか、と立ち止まると、いきなり目の前にバスが止まりました、たしか「等々力」行きだったかな?どこだ、等々力って!?

でも、飛び乗りました、せっかく停まってくれたんだから(そりゃバス停で時刻表みてたらバスは停まるわな)、

バスに乗って路線を確認すると思ったより南へ向かうようです、渋谷が遠のく、でも「目黒」駅を通るようなので良しとします、「目黒」駅から山手線に乗りましょう(途中東京タワーとかを経由して行ったりして面白かったです)、

さて、無事渋谷に到着です(時間かかりましたが)、

今日の目論見に従って、まずは東急東横線「渋谷」駅近くのコインロッカーに荷物を預けます、身軽になって「福田屋」を目指します、井の頭線高架横を通って道玄坂を渡って、路地に入ります、台湾料理「麗郷」がある通りですね、しかしここには風俗案内店やいろんな店があるので“エロ小路”なんていう名前を冠せられているようです、もったいないですね、もっと良い名前を付けてあげたらいいのに、渋谷には文化を持ってくるはずだったのにね、

ともかくこの細い路地に蕎麦の「福田屋」があります、ビルの2階です、

099

広くて明るくてスクエアな店内、いいですね、

105

時間は11時30分頃、先客は3組ほどです、一人客ですが壁際の4人掛けテーブルに案内してもらいます、メニューは決めていました、「かき揚げせいろ」1200円也、それとぬる燗をお願いします、

ぬる燗には肴が付いてきました、きんぴら、

145

「お蕎麦はすぐに持ってきてよろしいですか?」と訊かれて、はい、と応えたのですが、通ならこれでお酒の2本も飲んでから蕎麦に行って、さっと食べて帰るんでしょうね

「かき揚げせいろ」もおっつけ来ました(うん?この日本語は正しいか?)、

100

この“かき揚げ”が美味しかった、プリプリの海老が美味しい、嬉しい

101

渋谷のこの場所でこのクオリティで1200円也はリーズナブルです、こりゃ渋谷での蕎麦はここに限りますね

東京に来るとやはり良く蕎麦を食べていますね、

2日前の昼食は「歌舞伎そば」でした、ここでも“かき揚げ”、それも初めての“かき揚げダブル”にしています、これも旨かった~、

20130307

さて、「福田屋」で昼飲みを楽しんで、その後は渋谷公会堂で“第4次ザ・フォーク・クルセダーズ”のコンサートを楽しみました、

107

久しぶりのフォークル、心から楽しめました、泣きました、ホント良かったです(ライブレポートはこちらから)、

ステージ終了は16時頃だったかな?さて、どうしましょうか、

この後、大倉山へ行く予定ですがちょっと時間が早すぎます、できれば渋谷で一杯飲んでいきたいですね、

で、狙ったのが「丸木屋商店」、NHK本局の坂を下りて代々木方面へ行ったところにあります、へへ、近いところに良い店があるじゃないですか、と意気揚々と向かいましたが、、、

108

定休日でした、しまった、いつものことですがよく調べずに来てしまいました、

仕方ありません、渋谷駅方面へ戻りましょう、もちろん「細雪」はまだ開いていません、焼き鳥の「鳥竹」ではちょっと重いな~、「富士屋総本店」もまだ開いてないですね、17時開店か、あと30分ほどですね、待ちますか?でもそれではその後の予定が少しきつくなりそうです、仕方ないです「富士屋本店」の向かいの中華料理の「錦」で一杯飲んでいきましょう(仕方なくないんだけど)、

111

ここは料理の半皿というのがあります、「麻婆茄子」の半皿をお願いします、これが結構イケました、

109

なんとなく生ビールを頼んだのですが、メニューを見るとホッピーもありました、また失敗、仕方ないのでホッピーも頼みます(別に仕方なくない)、

半皿でも結構なボリュームがあり、これでビールとホッピーを飲んでお勘定です、ご馳走様、

では、東横線「渋谷」駅へ向かいます、

偶然ですが、この後すぐに地下鉄副都心線と東横線が直通運転となり、新しい渋谷地下駅が出来たのでこの駅は消滅、最終日は大騒ぎになっていました、そんな事とはつゆ知らず、写真の1枚を撮ることもなく「大倉山」駅を目指します、

本日、2軒目のお目当てはつい最近FB友達に紹介していただいた「大倉山もつ肉店」です、

こちらの写真がその方が撮られた写真、どうです、エエ感じでしょ、こういうのを見ると居ても立ってもいられません、で本日向かうことになりました、

120i

たしか急行かなんかに乗って途中でどこかで乗り換えたような気がします、横浜中華街とかへ行くときに使うだけで東横沿線の神奈川側の駅で降りるのは初めてですね、

無事「大倉山」駅で降車、まったく土地勘がないのでスマホで場所を確認します、少し歩くようですね、はいはい、てな感じで適当に歩き始めます、うん?ここを曲がるのかな?この学校を越えるとあるみたいですね、、、なんて、歩いていると、なんかここって普通に住宅街なんですが店ありません・・・

またまた、アプリにやられました、

いったいどこを示しているのか知りませんが間違いのようです、もう一度調べ直して地図をアナログで視認してだいたいの場所を確認して、自分の勘で歩くことにします、無防備にスマホを信用するからこういうことが起こるんですよね、反省、反省

ちょっと迷いましたが無事発見、ここ、ここ、

120

表で立ち飲みカウンター、そして店内には短いカウンターがあって座って飲めるみたいです、ちょうど立ち飲みスペースが混み合ってきたので勇躍店内に入ることにしました、カウンターには先輩がお2人、手前の席が空いていますが焼き用の鉄板のすぐ前でなにやら熱そうです、一瞬躊躇していると先輩が、奥に行く?、と椅子を譲って奥へ通してくれました、おおきにです、ちょっとした心の動きを読まれましたね、

店内カウンターの一番奥に付かせていただきます、

113

使い込んだ店内、末枯れています、カウンターの中にはお兄さんがお二人、焼き方は年長さんの方です、若い方のお兄さんが注文を訊いてくれます、ぬる燗にしましょうか、

112

それと「おしんこ」、なにやらこの数日このパターンですな、

116

もつ焼きは90円也からで、ネタにより100円也ということになります、まずは塩で好物の「かしら」と「たん」を2本づつお願いします、@90円也、

115

小振りな串です、塩味が効いてます、

立ち飲みコーナーは賑わっていますね、カップルで来てビールを1本、串を少しづつ頼んで慎ましく食べたはります、なんか「神田川」を連想しました

お酒をお替り、焼き物も追加します、鉄板で炒めるメニューもあるようですが、ここは焼き物でイイでしょう、

今度は1本づつ、「はつ」、「れば」、「ねぎ」に「しいたけ」にします、これは全部@100円也でしたね、

119

この日は良い陽気でした、結構温かい、というより飲んでいたら汗ばんできましたよ、ちょっと暑い、いよいよ春本番ですかね、

はい、これでお勘定です、1760円也、

こういう店が近所にあったら毎日ちょいっと飲んで帰りそうです、ネーミングも潔い、「大倉山もつ肉店」、また来ますね

「新横浜」駅に向かう途中で今日2回目の蕎麦を食ってますね、蕎麦三昧の東京でした「菊名」駅だったかな、

122

これで予定通りの新幹線に乗って帰ります、お疲れ様~、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

昼過ぎの渋谷、では台湾料理の「麗郷」で昼飲みと参りましょう、そして東向島の「丸好酒場」へ。

【2012年10月27日(土)】

東京 渋谷 台湾料理「麗郷」

今日は渋谷で昼飲みです

昨晩は大学の後輩の面々と会食、皆立派な大人になっておりました

そして今日は朝から少しの所用を渋谷で済ませます、時間は昼過ぎです、ではランチにしましょうか?渋谷でランチというと「鳥かつ」がまず浮かびますが、今日は台湾料理の「麗郷」にしましょう、半年ほど前に会社の同僚に連れて来てもらいました、店の雰囲気が“美味しいぞ~”と訴えかけていました、ので、ぜひ再訪をと狙っていたのです

118

広い店内、ランチの時間を少し過ぎていますので空席はあります、とはいえひっきりなしに入店があるようですね、

129

一人客ですのでカウンターを奨められます、目の前に「自家製のソーセージ」?がぶら下がっています

128

とりあえずのビールをお願いします、瓶ビールでね、

120

サッポロの生ですね、嬉しいです

メニューを見ながら料理を検討します、

前回訪問時は本当のランチでしたので「ビーフン」を頼みました、名物らしいです、今日もまたビーフンを食べたいとも思いますが、せっかくなので別の料理にしてみます、

まずは「家常豆腐」1200円也にします、厚揚げの旨煮ですね、こんな名前なんですね、家庭料理なんでしょう、量的にはこれで充分だと思いますが、できればもう一品ということで「肉焼売」500円也を注文しました、

店内は如何にも台湾料理の老舗感が溢れています、

土曜日の昼下がりということで昼飲み組も多いです、最近は定年を迎えた?男性のグループがよく飲んでおられるような気がします、ここ「麗郷」でもやはりおられました、後はカウンターで黙々と一人飲みの先輩もおられますね、

まあワタシもその類ですが

130

目の前で調理をされています、割とのんびりした感じですね、まあこんなもんですか、「餃子の王将」のキッチンが騒々しいのか

まずは「肉焼売」が先に来ました、大き目の焼売が4つ、ビールに合います!!

123

そして「家常豆腐」、

127

やはり予想通り量は多いですね

ねぎ、椎茸、タケノコ、ピーマン、ニンニクなど盛りだくさん、メニューでは『揚げ豆腐の辛子煮込み』というキャプションが付いていました、“厚揚げ”は好物なのですが、それでもこれは相当得点高かったです、旨い!

ビールを少し残して日本酒300円也に変えました、

もう少し料理を楽しみたいとは思いますが、「肉焼売」4つと「家常豆腐」一皿でもう満腹です、これでお勘定にします、2600円程、やはり台湾料理は一人ではもったいないですね、次回は2人3人でいろんな料理をいただきたいものです、渋谷の台湾料理「麗郷」、また来ますね

この後、新幹線に乗る前に久しぶりに東向島の「丸好酒場」へ顔を出しました、

「レバ刺し」が名物だったのに、やはり「丸好酒場」でもメニューからなくなりました、行政の指導もあるようです、残念です、「レバ刺し」好きとしてはなんともお子様向けの法律が恨めしいです、

「センマイ刺し」と「じゃがカレー」にハイボールを2杯ほどいただいて帰りました、「丸好酒場」、お母さんもまだまだお元気です、「丸好酒場」、また来ますね

では新幹線で帰阪です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

渋谷にもイイ店がありますねえ、“めしと酒”の心意気、しっかりいただきました、「みうら」。

【2012年9月11日(火)】

東京 渋谷 「みうら」

さて、今日は渋谷で飲みましょうか

このところ仕事で渋谷に来る機会も増えました、

圧倒的に若者の街のような渋谷ですが、それはそれでワタシのような者でも楽しめる店がいくつもあります、JR山手線東側に未だに残っている飲み屋街は残念ながら未開拓ですが、反対側の井の頭線ホーム高架下辺りに焼き鳥の「森本」居酒屋「細雪」、中目黒から出てきた「根室食堂」(ここは最近足が向いていませんが)、反対側の「鳥竹」他の飲み屋街もイイ感じです、首都高速を越えると地下の立ち飲み「富士屋本店」もありますね

これから行きたい店もまだいくつかあります、で今日は居酒屋「みうら」を訪ねてみることにしました、

方向感覚は相当イイ方だと思いますが、

東京で何カ所かどうも報告感覚が乱れる場所があります、たとえばJR「神田」駅周辺がそうです、そして「渋谷」駅の周辺も同じように方向感覚が乱れます、どちらも斜めの道が関係しています、京都育ちはこういう斜めの道に出会うと途端に方向感覚が乱れるようです、渋谷も“ハチ公”側は何とかなるのですが、反対側の特に南側がイケません、ここら辺りに来ると訳が分からなくなります

今日もやっぱり乱れています、

え~っと、あれが山手線であれが銀座線の高架だから、、、こっちでイイよね、こんな感じです、とりあえず歩道橋を降りて高速沿いの坂道を上ります、途中で大きな通りを渡るのにまた歩道橋を使わなければなりません、あちゃ、これは思ったより遠いですね、

高速沿いに六本木通りを青山学院大学の敷地の手前まで歩いて左へ折れるとありました、「みうら」、意外にも2階のお店ですね、

005

この階段を上がるようです、

025

提灯には『めしと酒』の文字、イイですね、潔い良い、料理に自信あり!!という心意気が伝わって来ます、ではいざ、階段を上がりましょう、

023


入り口のガラス戸にも「めしと酒」の文字、

ガラス戸を押すと喧騒が一気に広がります、変形くの字カウンターと左手に座敷、右手にはテーブル席があります、一人客であることを示すとカウンターの真ん中の空き席に通されました、もう21時近くですがまだほぼ満員ですね、座れてヨカッタ

瓶ビールは大瓶ということですがここは瓶ビールにしましょう、銘柄が選べたような気がします(忘れてるよ)、サッポロですね、

006

メニューをざっと見回して、まずは「まぐろぶつ」490円也を頼みます、

ビールをく~っといただいてカウンターの上の大皿もチェックします、美味しそうなきんぴらと玉子焼きが同じ皿に乗ってますね、一瞬これ一緒に出てくるのかな?と訊いてみると別のメニューだそうです、では玉子焼きをください、

「玉子焼き」がすぐに出てきました、大将の手はいつも動いています、気持ちいいリズムです

007

“具だくさんの玉子焼き”とでも言ったらいい玉子焼きです、美味しい、ちゃんと手が入っているのが値打ちですね、

008

「まぐろぶつ」、これはまあそれなり、ここまであっという間に揃いました、

ランチからの通し営業なのでしょうか?

昔は朝早くからずっとこの店にいたんだよ、なんて話を常連さんと交わされています、ランチの定食も人気のようです、この雰囲気だと料理はボリュームがありそうですね、「具だくさんの玉子焼き」もボリュームありました、

メニューもめちゃくちゃ多い、壁には所狭しと短冊メニューが並んでいます、

019

017

お店は大将と女性がカウンターの中、フロアはお兄さんが一人で取り仕切っておられます、

客はおそらく20人くらいは入っています、それをこの3人で、それも旨くて安い料理と気持ちの良いスピードで接客されています、若い人から先輩諸氏まで幅広い客層、なんだか皆さん楽しそうに飲んでおられます、そりゃこの接客ならストレスないですよね、きっとそういう店なんでしょう、そうなんでしょう、

ビールはまだ残っていますがお酒にしましょう「鬼ころし」大540円也をぬる燗でお願いします、

013

久しぶりに見る大きな徳利で出てきました、これまた嬉しい、ワタシも自然と笑顔になっていたのではないかな

そろそろ閉店が近づいてきたのか、お勘定のグループが増えてきました、

012

大将はそろそろと料理の片付けに掛かっています、お兄さんが来られてラストオーダーということです、もう一品欲しいなあと思案していたので何か頼みましょう、カウンターに乗っていた「肉じゃが」も旨そうです、これにしましょう、でもボリュームがある予感、お兄さんにお願いします、あまり食べられないので少しでいいんですけど、、、お兄さんがカウンターの中の大将に顔を向けます、大将が即座に「じゃあ、半分で」と受けていただきました、いいですね、話が早い、ちゃんとやり取りを聞いておられたのですね、

“半分”でもこのボリュームです、半分にしてもらって正解

021

さてこれを食べ終えてお勘定にします、2210円也、

気持ちの良い接客と美味くて安くて量が多い料理、大学近くで学生が多いのかと思いきや老若男女の広い客層、“めしと酒”の謳い文句通りの良いお店です、渋谷でまた来たい店が一つできました、渋谷の「みうら」、また来ますね

帰りは246方面へ出ます、もう舗道橋を2つ渡るのはきついですからね、表参道まで歩いて半蔵門線で帰りましょう、

027

この地下でベーグルでも買って帰ろうかな、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

閉店休業はワタシの勘違いでした、渋谷の渋い酒場「細雪」、久しぶりの訪問。

【2011年9月27日(火)】

東京 渋谷 「細雪」

渋谷の交差点に近い場所にある酒場「細雪」、

この辺りの酒場としては貴重な存在なのですが、何度かシャッターが閉まったままの店の前に立ったことがあります、で、こりゃ廃業してしまったか、と勝手に決めていたのですが、どうやらワタシの勘違いだったようです。

この日は渋谷での仕事終わりが21時頃、

その日のうちに帰阪するつもりだったのですがあきらめます、幸いホテルも確保できたので、ではでは飲みに行きましょうか、でも「富士屋本店」はもうあまり時間がないですね、どうしよう、とりあえず馴染みのある通りを目指しましょう、

「根室食堂」が店の前で客引きをしています、うむ、隔日の感があります、「根室食堂」も最近は今一つぴんとこないのでスルー、もう「森本」でも行くかな、と思いながら歩いていると「細雪」に灯りが点いています、おお、廃業したのではないかと思っていましたがワタシの勘違いだったようです、ちゃんと「細雪」の場所で営業しています

110927_21000002kai

もう「森本」に行く案はすっかり忘れて飛び込むように「細雪」入ります

はい、店内も記憶の通りです、ちょうど左一番手前のテーブルがお勘定で空いたところです、入り口に立ち奥の大将に一人客であることを指で示します、大将は店内を見回してその空いてるテーブルを指示、はい、ではでは失礼しますね、いやはや、存外の「細雪」入店であります、

鞄を置いて座りながらフロア担当のお兄さん(?前はおられたかな??)に飲み物を訊かれます、とりあえず“生ビール”と言いながら席に着きますが思い直してお兄さんの背中に叫びます、すいません!今の生ビールの注文、ホッピーに変えてください!!、そう確かここもホッピーがメインの店だったような気がします、とりあえずオーダーー修正も無事完了です

確かに前もホッピーを頼んだのですがこういう形で出てくるのは忘れていました、ジョッキーに氷と1杯目のホッピー、そして別のグラスに中(なか=焼酎)、さらにホッピーの瓶と3点セットで出てきました、

110927_21040001

と、この説明、東京の人ならイメージできるのですが関西人にはちょっと分かりにくいでしょうね、以前に関西出身のKちゃんとここへ飲みに来たときに中身が減ったワタシのジョッキーを見て、Kちゃんが気を効かせて“ホッピー”を注いでくれたことがありました、はは、“ホッピー”の仕組みを知らないとこういうこともあります、すでに“中”がなかったのでホッピーの入ったジョッキーを店の人に渡して“中”を入れていただくという事態となりました、懐かしい話だ、

閑話休題、

肴はまずは刺身にしましょう、壁の短冊メニューには定番しかありません、その日の刺身メニューは小さなカードメニューに書かれています、すいません、今日の刺身にメニューを、、、というといただけます、今日は、、、「平目」600円也にしましょう、

110927_21060001

渋谷の真ん中にある酒場ですが、ここ「細雪」は刺身もおすすめなのです、この日の「平目」もまあまあ、

ちょっと落ち着いて店内を観察、奥の方に4人連れくらいのお仲間常連さんらしき方々がおられますが、4人連れなのかどうか?以前から奥の方は常連さんの常席のようで一人で入ってこられても「おう、どうも」てな調子でいきなり合流されたりしてグループが形成されるようなのです、なので誰と誰が連れなのかはよく分かりません、

常連さん一人客の前に若いカップルが入店着席しました、「細雪」で待ち合わせするという粋なカップル、でも、、、しばらくすると向かいの常連さんと3人連れになってます、瓶ビールを刺しつ刺されつ、良いですねえ、

さて、もう少し料理を頼みましょう、

壁の短冊メニューで食べたくなった「串カツ」350円也、そして「エシャロット」をお願いしますが「エシャロット」は売り切れ、では「塩らっきょう」250円也をお願いします、

注文の際に来られた大将に訊いてみました、一時休業されてましたか?、、、いいや、ずっとやってるよ、、、あ、そうですか、何回かシャッターが閉まっていたので、じゃあワタシの勘違いですね、、、やはり、どうやら休業というのはワタシの勘違いのようです、「細雪」はちゃんと営業しています!!

「塩らっきょう」、

110927_21100001

はい、「串カツ」、東京流の大きめの串カツが2本、これ美味しかったです!

110927_21310001

では、これでお勘定にしましょう、“ホッピー”は最初のセットだけで2杯飲んでけっこう回りました、これでお勘定です、1520円也、

健在、ちゃんと営業してます!開いててよかった!!渋谷の「細雪」、また来ますね

【おまけ:この日のランチ】

銀座「三州屋」二丁目店で“刺身盛り合わせ定食”、

110927_12000001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

渋谷の別世界、渋谷駅から2分で地下巣窟酒飲みの坩堝です、立ち飲み「富士屋本店」。

【2011年8月29日(月)】

東京 渋谷 「富士屋本店」

月曜日だというのに東京で飲んでおります

武蔵小山の「牛太郎」で人気店の実力を見せつけられ、意外にも下町だった「武蔵小山」駅周辺を探索した後です、

東急目黒線・メトロ南北線で目黒まではすぐ、

ここから品川へ向かって新幹線に乗ることもできますが、時計を見るとまだ少しだけ余裕がありますね、ではではもう一軒行きますか、どこがイイですか?目黒は心あたりがないですね、たしか駅のこちら側に一軒候補があったと思いますがこの日はリサーチしてこなかったですね、恵比寿なら「さいき」がありますが、、、それより一昨日行こうと思っていたら思わぬ「第4土曜日定休」で断念した渋谷の立ち飲み「富士屋本店」へ行ってみましょう!

メトロ目黒駅から山手線」のホームへ上ると完全に方向感覚が逆に、もう少しで品川方面の電車に乗るところでした、危ない危ない、、、

渋谷駅で適当に降りると「富士屋本店」方面の歩道橋の袂です、よし、では行きましょう、歩道橋を渡ってすぐに左手に降ります、で右に曲がってしばらく行くとこの看板があります、「富士屋本店」、

110829_17150001

実はビルの地下にある立ち飲みです、ビルの地下飲食街ではありません、まるでBarの入り口のような狭い階段を下りて行く地下の個店、地下独立スペースです、立ち飲みではちょっと珍しいかもしれませんね、

はい、この階段の奥にめくるめく世界が待っています

110829_17450002

久しぶりです、

開店時間からしばらく経っていますがまだ空いていますね、右手のカウンターを指示されて着きます、え~確か焼酎は小瓶単位ですね、前回も飲みきれなかったので反省したんですよね、でもホッピーならグラス単位であるのかな?とホッピーを頼んでみたのですが、やはり中の焼酎は寶焼酎の小瓶単位とのこと、そうかあ、これは飲みきれないなあ、ではビールにします、大瓶ください、

110829_17170001

それと料理はとりあえず「マグロぶつ」350円也ね、

110829_17170002

さて、ゆっくりと店内を見回します、

これだけ静かな「富士屋本店」は貴重かもしれませんね、前回訪問時はほんと地下巣窟酒飲みの坩堝と化していましたからね、

110829_17430001kai

四角いスペースの中に大きなアイランドカウンターがあります、8の字のようにくびれ凸凹があります、まずはこのカウンターに客が貼りつくことになりますが、ここの特徴はその周りの壁にもぐるりとカウンター(一部小さな立ち飲みテーブル?)があることです、内向きと外向きで無駄なく客が詰め合うことになります、これで地下巣窟酒飲み坩堝が完成するわけであります、

それと渋谷という場所柄か、客層が幅広いですね、老若男女、サラリーマングループでも女性が多く、神田新橋辺りより少し垢抜けた感じ??、とはいえ常連のベテラン先輩勢も奮闘しているし、地元常連?思われる方もおられる、とそんな坩堝感ですね、

さて、もう一品、名物の「ハムカツ」を両隣のお客さんが注文されていますが、ちょっと野菜が足らない今日のメニューですので、ここは前回も注文した「ハムキャベツ」300円也にします、

110829_17230001

大盛りに盛られたキャベツせん切りの上にハムが乗っています、うむ、美味しいです、

この頃には続々と来店、どんどんと内向き8の字カウンターが埋まっていきます、外向き壁際カウンターに客が着く頃にはもう喧騒で一杯になるのでしょう、

さて、ワタシはこれでお勘定にしましょう、というかここはキャッシュオンですからもう支払い済みです、1050円也、ではではまた現世への階段を登って帰ります、渋谷の別世界立ち飲み「富士屋本店」、また来ますね

早めの東京飲み、ふ~新幹線に乗るのを忘れそうですね、帰ろ帰ろ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

久しぶりの東京の昼食は築地「多け乃食堂」、夕方には表参道「ロータス」で軽飲み、そして帰りましょう!

【2011年4月12日(火)】

東京 築地 「多け乃食堂」(昼)、表参道 「ロータス」(夕)

前日に東京に入り、夕方に大きな余震でビビっていたのですが、今回は火曜日も仕事があるので泊りです、

前日は月島の「牛若」で飲み良い気分、いつもより少し遅めに起きてホテルのサービスの朝食を摂り、部屋に戻りシャワー浴びていると、、、あれ?立ち眩み??と思いきやまた地震です!あちゃ、石鹸を洗い流すのもそこそこにすぐにシャワーを止めて浴室を出て服を着ます、裸では逃げられない

しかし、最近のビルは長く揺れます、ゆっくり揺れるので平衡感覚が弱い(即船酔いする)ワタシ、ほとんど酔い状態、チェックアウトして外に出てもまだ揺れている感じ、完全に地震酔いです、

それでも午前中に3件ほど打合せを済ませて昼食です、

この日は築地へ、

110412_11520002

「鈴木水産」の“生うに定食”にも惹かれますがスルー、

110412_12120001

結局「多け乃食堂」へ行きました、“マグロやまかけ定食”850円だったかな、

110412_12000001

“やまかけ”が濃厚でまったり!(という表現でイイのか??)マグロと“やまかけ”を和えようとするのですが、頑として混ざりません、“やまかけ”だけをご飯に乗せて醤油をかけていただく、マグロはマグロで食べる、という状態でしたが旨い!久しぶりのこの感じを満喫です、

少しこの辺りを散歩、良い天気でした

110412_12160001

さて、午後の打合せも終えて17時過ぎに表参道のRへ行き「原発事故の風評被害を防ごう!!マークとコピー」について打合せ、さてこれで今回の出張は終了です、新幹線まで1時間半ほどあります、では、K氏と少し飲んで帰りましょう

打ち合わせをした事務所から、K氏のお目当ての店まで徒歩2分、新幹線までの時間がないのでご近所でね、しかしこの辺り、表参道も一本裏に入ると住宅地としても良いところですね、まだまだたくさんの人が住んでおられます、良い街だ

お店は「ロータス」、

おしゃれな感じ、でもちょっとすすけた感じ、わざとでしょうね、綺麗すぎる店に比べたらずっと落ち着きます、

まずビールと、料理は「ブロック野菜」、期待通りの料理、美味しい、

110412_18080001

「小エビの茹でたん」(料理名は絶対に違うなあでも中身はこれ)

110412_18150001

バリバリと殻ごといただきます、カルシウム!!

飲み物をハーパーソーダ割りに替えて2杯、

「エスカルゴとあさり」、

110412_19020002

最後にパスタは、、、え~~?名前忘れた!!ペペロンチーノ??(最近よく忘れる)定番のスパゲティです、

110412_19020001

これでもう時間です、楽しい時間はすぐに過ぎます、バタバタとお勘定は6600円ほど、リーズナブルです、

表参道のちょっと裏の方の「ロータス」、使えます

この後、急ぎで地下鉄で渋谷~山手線で品川へ、1本遅らせた新幹線に乗れました、節電と余震で少し大変な東京、がんばりましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) その他 テリー・イシダの独酌酔言 ホノルル 上野御徒町湯島 下北沢三軒茶屋 世田谷 中野高円寺荻窪 五反田旗の台品川 京都河原町他 京都駅周辺 京阪沿線 人形町 仙台 代々木上原 佃月島 八王子 八重洲 勝どき 北区(王子赤羽十条) 北千住南千住 北海道 千葉 博多九州 吉祥寺国立 名古屋岐阜 地酒ワンカップ・コレクション 墨田区(押上本所石原錦糸町) 墨田区(曳舟八広東向島) 大森蒲田 大阪ミナミ(心斎橋難波) 大阪中津 大阪京橋 大阪十三西中島 大阪南部 大阪大正 大阪天満 大阪天王寺阿倍野新今宮 大阪東部 大阪梅田 大阪梅田(新梅田食道街) 大阪梅田(駅前ビル) 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 大阪玉造鶴橋周辺 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) 大阪都島 大阪野田福島 巣鴨大塚 広島高松岡山鳥取 府中 忠臣蔵 恵比寿目黒 新宿 新橋虎ノ門浜松町 日本堤 日本酒 早稲田 有楽町 東京観光案内 根岸根津本郷 横浜川崎横須賀 江戸川区 江東区(木場門前仲町) 江東区(森下清澄白河) 江東区(亀戸大島) 池袋練馬 浅草 渋谷 湘南 湘南鎌倉 町屋 神戸三宮元町明石姫路 神楽坂 神田須田町飯田橋 築地 茅場町 葛飾区(立石四つ木) 観音崎 金沢富山 銀座 関西周辺 関西観光案内 阪急宝塚沿線 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) 麻布十番