カテゴリー「佃月島」の33件の記事

2012年11月 7日 (水)

この一週間は宴会が続きました、東京月島「おしお」・「牛若」~阪神間西宮北口Bar「Moo」。

【2012年10月1日(月)~2日(火)】

東京 月島 「おしお」・「牛若」~兵庫 西宮北口 Bar「Moo」

このところ宴会が続いています、今日も一人飲みの記事ではありませんsweat01、あしからず、、、

先週金曜日は萩ノ茶屋「難波屋」でライブ参戦の後、大正「はいさい」で大坂城ジャグバンド10周年記念ライブで騒ぎnote

土曜~日曜日は滋賀県朽木で「テニス合宿&BBQ」で盛り上がりlovely

そしてこの月曜日~火曜日も東京月島、兵庫西宮北口で宴会が続きました、

まず10月1日(月)は東京月島に集合です、

大学のクラブの後輩U氏がこの10月から東京に単身赴任に!この歳での単身赴任は辛いのか?楽しいのか??happy02、ワタシは後者ですが、さらにそのクラブの同級のO氏も役員として転籍と、この歳らしくいろんな動きがある10月が始まりました、

とにかくとりあえず東京っで飲もうということになり、この日たまたま東京にいるワタシとO氏、それに千葉の後輩S氏も参加して4人で飲むことになりました、単身赴任開始のU氏は蔵前に家を借りたとか、イイですね、下町ですね、ならば今回は月島で飲みましょかwink

ということで都営大江戸線「月島」駅前で待ち合わせ、懐かしい~、ワタシも単身赴任中は佃に住んでいましたのでここは“庭”同然ですgood

大の大人の4人はほぼ定刻に全員集合、さすがです、月島ですからまずは“もんじゃ”にしましょう、O氏は初“もんじゃ”らしいです、そりゃ1回は食べておかないとね、

特に贔屓の店はないので、何度か入ったことのある「おしお」へ、

012_3

004_3

定番のもんじゃを2枚(もんじゃを数える単位っ“枚”でイイのか!?)、明太餅チーズと海鮮系です、

009

もんじゃの写真は難しい!!、

見た目美味しく見えませんheart03、でも、もんじゃは美味しいですよね、ワタシは好きです、

4人で2枚を分け合ってもんじゃは終了、

さてゆっくり飲みたいので「牛若」を覗いてみましょうか、奥の座敷は空いてますか?空いてる、ではでは4人でお願いします、

写真があまりないのですが、、、「漬物」、いきなりかいcoldsweats01

022

017_2

「ポテサラ」とか、、、

定番の「明太オムレツ」、「煮込み」、「つぶ貝」などを頼んでワイワイと2時間ほど騒いでお開きにします、お疲れ様でした、またあらためてU氏歓迎会を開催することにして解散です、

翌日は仕事で早起き、7時半には海浜幕張へ到着、眠たいgawk、、、

夕方には新幹線に乗って関西へ移動、阪急神戸線「西宮北口」駅で待ち合わせです、

この日は同期のO氏と9月組お誕生会(ワタシも9月生まれなのでそれをネタに飲みに行こうとしただけhappy02)、元同僚のH譲も来てくれて3人で飲みましたlovely、O氏が宮崎出身ということで宮崎地鶏の店へ、

039



042


ここでワイワイと飲みました、3時間近くいたのではないかな、何を話ししているのやら、まったく他愛もない時間はあっという間に過ぎますgood

ヨカッタのはすぐ近くのBar「Moo」に行けたこと、

049

ここはもう30年近く営業されているのではないでしょうか?

昔も年に数回の訪問でしたが息長く寄せていただいておりました、今回もほぼ3年ぶりの訪問でしたが気持ちよくマスターに迎えていただきました、おおきにです、もう無理な飲み方は出来ないので1杯だけで失礼します、「Moo」、また来ますねheart04

金曜日から続いた宴会モードもこれにて終了です、、、明日から一人飲みに戻ります!、、、と思いきや、、、

え!?明日も、、、sweat01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

関西繋がりメンバーで久しぶりの月島「牛若」へ、ワイワイと盛り上がりました^^)。

【2012年3月9日(金)】

東京 月島 「牛若」

久しぶりに月島の「牛若」へ行きました、

この日は関西繋がりの面々と久しぶりの飲み会です、6人ほどになったので「牛若」の奥の座敷を予約しましたshine

ここは東京単身赴任中に最もよく来たお店です、本当にお世話になりました、きっかけなどはこれまでに何度も書いていますので割愛しますが、とにかく久しぶりの飲み会ですのでがっつり飲み食いいたしましょう、

まずは刺身、中トロ、さざえ、赤貝、イカ、アジというところだったかな、飲み会ですので憶えていません、

040

「ポテサラ」、

041

なんだか、凄い写真のようにも見えますhappy02

042

「煮込み」、前よりあっさり系に替わったような気がします、

なぜかいつも食べたくなる「ウインナー」happy02

043



044

「つぶ貝バター焼き」、関西ではあまり見かけない“つぶ貝”ですが、東京ではとてもスタンダードな貝です、

他にも頼んでたような気がしますが、もう写真は撮っていません、まあ酔っぱらって話に夢中になっていたということですsweat01

今も月島に住んでいるSちゃんから佃の「大壷」が閉店したことを聞きましたheart03、やはり、、、先日、ランチに行ったときに閉まっていたのでイヤな予感がしたのですが、そうですか、やはり閉店ですか、、、残念です、奥の小上がりや2階の座敷で美味しい魚がいただける店でした、、、大将もお母さんも元気で過ごされているといいのですが、

さて、「牛若」の最後はおにぎりで締めました(写真なしsweat02)、いつもお世話になります、「牛若」、また来ますねheart04

この後は佃3丁目の「アトリエ・バー・ティン」で一杯だけ飲んで帰りました、この辺りも古いビルが取り壊されあっという間にマンションが建ち並びましたねえ、う~ん、綺麗にはなったけど風情はなくなったなあ、、、ワタシは良いタイミングで住んでいたものです、

【おまけ】

翌日の昼食は渋谷の台湾料理「麗郷」でビーフン、

049

この店、初めて入りましたがエエ雰囲気でした、また一度ゆっくり行きたいと思います、2~3人で行くのが良さそうですねlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

人間ドックのこの日、月島「牛若」で大熱中おしゃべり大会、3時間も飲んでしまいました。

【2011年6月15日(水)】

東京 月島 「牛若」

この日は朝から大阪で人間ドック、そして終了後、東京出張を強行ですbullettrain

人間ドック終了後に新大阪まで行き昼食にしますrestaurant、朝ご飯抜きですからね、1日の最初の幸福を放棄したのですから昼食はちょっと豪華に行きましょう、なんとなく鰻が食べたかったので新大阪駅の飲食街にあった“江戸川”で「鰻定食」にします、

鰻かば焼きと刺身とう巻など、、、旨!heart02

110615_11570001_2

110615_11570002

110615_11570003

そして、新幹線で東京へ向かいますdash、本社でメール処理して夕刻から会議、、、

業務終了が2030頃、さてお腹の調子ももう大丈夫ですhappy02、飲みに行きましょうか、同僚のT君も行けるとのこと、では月島の「牛若」にしましょうか、

お店に着いたのが21時頃、引き戸を引くと先客が2組、真ん中辺りに座りましょうか、と店に入ると、あれ!?Eちゃんじゃないですかsign03、どうも~お久しぶりです、そういうとEちゃんもご近所さんですもんね、Bさんもご一緒です、どうもどうも、この前電話もらってました、どうもどうも、、、

とひとしきり挨拶をして席に着きます、まずは生ビールですねbeer、そして定番の「マグロぶつ」をお願いすると今日は「ぶつと赤貝」盛り合わせなるとのこと、はい、ではそれで、

110615_21010001

T君は貝かぶりですが「粒貝バター焼き」、

110615_21020001

これでゆっくりと飲みます、ビールは1杯で止めて焼酎にしましょう、確か「キンミヤ」のボトルがありましたよね、そうそう、この前Sちゃんと来た時のがね、

Photo
(写真は別の日の撮影ですcoldsweats01)

これでじっくり飲み体制へ、仕事の話、震災の話、政治の話と、、、もうどっぷり議論モードですね、「キンミヤ」がなくなったのでボトル追加です、節電について大将、お母さんも加わって4人で熱中です、こりゃ楽しい!!happy02

ふと気が付くともう24時前です、ありゃ、これは遅くまで失礼しました、料理はあとどなたかのお土産の「笹蒲鉾」を頂いただけで3時間があっという間でした、お騒がせいたしました、さこれで失礼します、ご馳走様でした、また来ますねheart04

翌日は、、、焼酎で宿酔、、、ホンマに飲み過ぎでしたsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

「かねます」新店舗の後は「岸田屋」に振られ、魚が美味しい「味泉」へ。

【2011年5月27日(金)】

東京 月島 「味泉」

さて、勝どきの「かねます」新店舗訪問の後です、

時間はまだ早いです、

予約している新幹線までまだ時間があります、週末なので新幹線予約の時間を早めるのも難しいと思うのでここはもう1軒寄って帰りましょうwink

「かねます」を出て交差点で信号待ちをします、ここからだと月島の「岸田屋」はすぐ近くですね、久しぶりに「岸田屋」を覗いてみましょうか、いつも満員の店ですがまだ時間が早いので空いているかもしれませんshine

小さな橋を一つわたって商店街に入るとすぐに右手に「岸田屋」があります、

110527_17020002

開店したばかりのはずですが、、、もう満員ですcoldsweats01

お待ち状態ですね、あちゃ、「岸田屋」相変わらずですね、東京単身赴任時代は“佃”に住んでいたので「岸田屋」の前は数えきれないくらい通りましたが入店は4回ほど、だっていつも満員なんです、いやはや超人気店ですね、

さて、どうしましょうか、

新幹線までの時間があるのですが、あてもなくゆっくりと待つという訳にはいきませんので「岸田屋」はあきらめましょう、さて「牛若」はこの前いったしねえ、そうだflair、あそこがありますね、行ってみましょうheart02、商店街から隅田川沿いの道へ出てしばらく行くとありました、というか一度前を通り過ぎてしまいました、あれ確かここら辺りだよね、と引き返して発見、魚料理が美味しい「肴や 味泉」です、

110527_17320001

通り過ぎたのはワタシの記憶の店構えではなかったのと、、、まだ開店していませんでしたcoldsweats01、うむ確か17時30分開店だったかな、もう少しですね、ではちょっと時間をつぶして戻ってきましょう、

清澄通りを渡ってよく行ったドラッグストアでちょっと買い物をして「味泉」に戻るともう開店していました、

ではでは入りましょう、もちろん一番客ですね、いらっしゃいの声とともにお母さんが出てこられます、すいませ~ん、まだちょっと仕込中なのでちょっとお待ちくださいね、はいはい、構いませんよ、と店内で5分ほど待たされます、

椅子に座りながら壁のメニューを見ると日本酒が充実していますね、前回訪問時は焼酎を飲んでいたので気づきませんでした、「村祐」があります、もう一杯目はこれで決まりですねheart02、あとは気が付く限り書くと、十四代、九平次、飛露喜、獺祭、渡舟、磯自慢、強力などがあります、

と、用意が出来たようでカウンターの端に案内されます、はい、問題ありませんよ、席について早速「村祐」をお願いします、いくつかあるみたいですが純米大吟醸にします、800円也、

そして刺身は一人前少な目の盛り合わせをお願いします、すいませ~ん、今日は仕込が遅れていてちょっと時間かかります、はい結構ですよ、まだ1時間くらいは時間がありますhappy01

「村祐」が来ます、、、やはり、旨い!lovely

110527_17410001

大阪帝塚山4丁目の「あづま」で教えていただいた新潟のお酒ですね、それまでの新潟日本酒に対するワタシの偏見=辛い・高いという偏見を覆してくれたお酒です、そういうと「新潟も有名でないお酒が美味しい」と教えてくれた人もいましたねhappy02

刺身が時間が掛かるということで「奴」をお願いします、これはすぐに出てきます、しっかりとした美味い豆腐です、

110527_17490001

これで「村祐」をゆっくりと楽しみますが、、、無くなりましたcoldsweats02、、、

もう一杯飲みましょうね、違う銘柄が良いですね、「九平次」でも良いのですがせっかくですから知らない銘柄を飲んでみたいですね、フロアのお嬢さんに聞いみます、「村祐」みたいな甘(うま)味があるのが好きなんですが、はい、米の旨味があるお酒ですね、ワタシはこの「亀翔」ってどうかなと思うのですが??、あ、これはちょっと違うかもしれません、ちょっと待ってくださいね、中に聞きますから、、、

と、中へ入ってお嬢さんは大将に相談、大将が目の前の隙間から直接話しかけてこられました、地方はどこかお好みは?、では、せっかくですから東北で、ならばといくつか銘柄を上げられえます、そして大将の方から「菱屋」純米吟醸復興銘柄のお奨めが、了解!お任せいたします、

うん、「村祐」に比べるとスッキリしていますが、確かな旨味もありますな、

さて、ここまで来ても刺身はまだ出てきませんsweat01

この頃には4組ほどが入店、ここは2~4人での予約入店が多いですから、料理も一気に注文が出ています、刺身以外は出て行きますが刺身はどこにも出てないですか?結構時間が迫ってきました、まずいなあ、これは新幹線の予約を遅らせるか、などと考えていたら、、、やっと来ました!!

110527_18350002

豪華shine、かつ美味しそうな、見ただけで美味しいのが間違いないのが分かる(刺身の場合は外見で分かりますね、新鮮さと仕事の具合)刺身です、

え~~っと今日の刺身は、トロ、ウニ、鯛、金目、〆さばのいたや貝、とり貝というところです、本来ならこれでゆっくりとお酒を楽しみたいところですが、さすがにもう時間がないので結構ガツガツといただきます(もったいないsweat02)、でもやっぱり美味しいです、

「菱屋」も美味しくなってきました、

さて、急いで刺身を食べた感はありますが仕方ない、お勘定にしましょう、約4000円也、今日は2軒とも大盤振る舞いですね、

月島の「味泉」、やはり料理は間違いないし、日本酒の充実度も再認識しました、これはまた来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

余震が続く東京です、ちょっと怖いががんばる、で、この日も飲みます!月島の「牛若」。

【2011年4月11日(月)】

東京 月島 「牛若」

久しぶりの東京出張です(震災後初めて)、

節電でなんとなく様子の違う東京ですがちゃんと仕事しましょうね、、、と、打合せ中に大きな余震が2度ほど来ました、震度4かな、阪神淡路大震災で震度7強を経験していたので揺れには強いつもりでしたが震度4でも怖い、それにビルはゆっさゆっさと揺れるので、平衡感覚が弱いワタシはちょっと眩暈を起こしたような感覚に見舞われます、

それでも仕事を終えたところにS氏が通りかかります、一人で飲みに行くつもりでしたが「行く?」「行きます」と即決happy0115分後に会社の1Fで待ち合わせます、S氏も大阪から月島に単身赴任中、では月島にしましょうか、

月島に着いて、ちょっと期待を込めてまず「岸田屋」を覗いてみます、がやはりお待ち状態ですね、あきらめましょう、

では、もともとここへ来るつもりだった、東京で一番よく通った「牛若」へ入ります、

大将とお母さんはTVを見ておられます、地震のニュースが流れています、「お久しぶりです」「あら、いらっしゃい」「揺れましたね、大丈夫ですか」「ここは大丈夫、ビルの高いところは揺れるでしょ」などと、酒場でも震災の話が途切れないのは仕方ない、

でも、いただきましょう、こんな日は客も少なそうだからね、がんがん飲みましょうねbeer

まずは「お通し」(突出し)でビールをいただきます、

110411_18420001

「牛若」に来たらほぼ毎回注文する、定番「マグロ」、今は“ぶつ”になっています、旨いshine関西では美味しいマグロが少ないですからね、

110411_18500001

同行のS氏が「煮込み」をオーダー、お、分かっていますね、ここの「煮込み」もワタシの好みです、

110411_19120001

カウンターの上に出ていた煮魚、え~~っと、カレイではなく、、、え~~、忘れました!!最近食べたもの、聞いたことををよく忘れます、反省sweat02

110411_19140001

日本酒を飲もうかとも思ったのですが、ここではやはりこれでしょう、「キンミヤ焼酎」をボトルでお願いします、また来ますからね、水割りでガシガシいただきましょう、

そして、最後にもう少しということで、「明太入り玉子焼き」、

110411_19310001

これも「牛若」の定番ですね、

そして、「ニラのおひたし」、

110411_19400001

かつお節たっぷりhappy01

はい、これでお勘定にします、二人で7000円くらい、

久しぶりの月島「牛若」、キンミヤのボトルを入れたしね、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

佃の「大壷」ほっこりと、今年もヨロシクお願いします!!

【2010年1月14日(金)】

東京 佃 「大壷」

この日は東京で晩御飯を食べる予定です、

店は若手に任せるつもりでしたが、ワタシにお鉢が回ってきました、そうですか、ではワタシは決めましょうか、そうなればここになりますよhappy01

少人数でしっぽりでも、大人数で(10人くらいなら)ワアワアと楽しめるのがここです、佃の「大壷」、佃にひっそりとある小料理屋さんです、佃に住んでいた東京単身赴任中に何度もお世話になりました、いや、関西に戻ってからも事あるごとにお世話になっております、時間ちょうどに店に入ります、大将とお母さん、そしてお姐さんが一人というフォーメーションは変わっていませんね、

この日は3人での夕食ですので1階奥の座敷ですね、

他の2人はちょっと遅れるみたいです、手持ち無沙汰なので既にセットされている料理の写真でも撮りましょうhappy02

110114_18450001

110114_18360004

110114_18360003

お通しに、煮物(筍、南瓜、芋)にもう一品、これだけが既にセットされています、

15分遅れで2人が到着、さてさていただきましょう、なんせこの日は6年ぶりの再会ですからね、挨拶とともに懐かしい話が満開でしたshine

なので、、、

肝心の刺身の写真を撮り忘れました(ガーンsweat01)heart03たしか、赤貝にイカ、ホウボウ、白身というところだったでしょうか、「大壷」は今でもご夫婦で毎朝築地まで仕入れに行っておられるので魚は間違いがありませんgood

あとは煮魚の「子持ちカレイ」、

110114_19180001

あと、“おつゆ”もありました、確か、、、

あ~~、もうほとんど憶えていませんねsweat02なにせ3人で大いに盛り上がっていましたからね、一人飲みも楽しいですが皆で飲むのも楽しいです、

「大壷」は9時を過ぎると閉店モードになります、明日の朝も仕入れで早いですからね、ではでは、そろそろお勘定にしましょうか、お母さんがいろいろと気を使ってくれました、ありがとうございます、ご馳走さまでした、

東京、関西縁の佃の「大壷」、またお世話になりますねheart04

このあと、近くの「アトリエ バー ティン佃」へ、

ここも東京時代にお世話になりました、ワタシと同じくらいに佃に来たマスターもお元気でしたね、ここでもう少し懐かしい話をして解散しました、また一つ縁が戻りました、これからもよろしくお願いしますねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月31日 (月)

新年会のあとは月島の「牛若」へご挨拶、そして佃辺りを歩きました。

【2011年1月7日(金)】

東京 月島 「牛若」

2011年の東京初出張です、行きはちょっと早めの新幹線に乗ります、年末からの寒波がまだ続いていますからね、滋賀県に入ると雪でした、関が原辺りは積もっていませんでしたが、、、

110107_09350001

富士山の辺りもこの時は温暖な感じ、

110107_11000001

少しの遅れで東京に到着、

午後からは本社で会議、その後は簡単な新年会、築地、立食形式、最後に「チーズフォンデュ」が出てきました、美味しかったhappy01

一次会は早めに終わり一旦解散となりました、ならば、、ワタシは一人で月島を目指すことにしますcardash

1メーターで行けるのでタクシーに乗ります、晴海通りから勝鬨橋へ、左手に佃の高層マンション群の夜景が見えます、懐かしい風景です、東京勤務時代はよくここを歩いて帰ったものです、懐かしいなあlovely

勝鬨橋を越えると今度は風景が一変します、左手の長い間更地だった場所にも高そうなhappy01マンションが建ち始めています、勝ちどきの交差点の右手の高層マンションもだいぶ出来てますね、東京へ来た時ここはまだ古い店舗ビルの1階に「かねます」を始め、渋い飲み屋が連なっていたのですが、もうすっかり変わってしまい面影はないですthink

交番を左に折れて、西仲商店街に突き当たり右へ曲がり一つ目の路地で降ります、今日のお目当ては月島の「牛若」ですheart02

東京単身赴任時代は佃に住んでいました、「牛若」はある出会いがあり一番最初に馴染みになったお店で、以来ずっとお世話になりました、この前来たのが2010年の春ですから半年以上のご無沙汰でした。

110107_20250002

引き戸を引いて入ります、おめでとうございま~すshine

「あら、久しぶり」

変わらず大将とお母さんが迎えてくれました、

10数人座れるカウンターと、奥に座敷があります、先客が2組、この日は奥の座敷も埋まっていますね、入り口近くのカウンターについて燗酒をお願いいたします、

「今日は出張なので来ました」
「転勤してどれくらい?」
「もう1年半です」
「あそう、早いねえ~」

そう、月日の流れは速いですね、でも月島辺りへ来ると住んでいた頃を想い出します、懐かしいです、

お通しが出てきて、これで燗酒をいただきます、

110107_20300001

料理は、ここでいつも頼んでいた「マグロ」をお願いします、前は中トロ辺りの刺身だったのですが、いまは“ブツ”になっているそうです、

110107_20320001

はい、すき身とブツを入れてもらいました、東京はマグロがホントに美味しいですねlovelyこの日のマグロも旨かった!

昔と同じようにチラチラとTVを観ながら、少し大将とお母さんと話をしながら飲みます、2軒目なので1本にしようと思っていた銚子も2本目を頼みます、

110107_21040001

お母さんから「漬け物」を出していただき、これで2本目も飲み干します、

はい、ごちそうさまでした、今年は佃住吉神社も本祭の年ですね、ぜひまた祭りも見に来るつもりです、

ワタシの東京酒場探訪の原点、月島の「牛若」、また来ますねheart04

ホテルへ向かう地下鉄に乗る前に昔歩いた道を辿ります、寒い夜ですが前に住んでいた家を目指しましょう、いつものスーパー、オリジン弁当、蕎麦屋、サンクスなどを通り過ぎるとこのまま東京の家に帰って寝れそうな気分になってきますhappy01

前の家の周りも新しいマンションがどんどん作られています、あのレバフライの「ひさご家阿部」もまた移転したようですね、数年前に移転したところなのにね、

懐かしの佃月島、寒かったですがほっこりした気分になれます、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月22日 (火)

久し振りに刺身と天ぷらを堪能、佃の「大壷」の小上がりで楽しみました。

【2010年5月19日(水)】

東京 佃 「大壷」

さて、この日は久し振りに佃の「大壷」へ行くことになりました、

東京での仕事終わりでメンバーは3人です。
ちょっと考えたのですが、3人なら「大壷」の小上がりか、
と、電話したら空いているとの事ですので、ではではすぐに参りますlovely

佃の「大壷」、単身赴任中にはこういう小宴会で何度もお世話になりました、
『ひとりで楽しむ東京酒場』でも紹介させていただいています。

2

入るなり大将とお母さんから、本の事で声を掛けて頂きました、

「良い本を出していただいて、、、」
「いやいや、お恥ずかしい」
「最初は誰が書いたのか?分からなかったよ」

出版社から掲載許可の承諾の際に連絡があり、
本が出来上がってからは見本本を献本してもらっているようです。

記事は喜んでいただけたでしょうか??

さて、3人で1階奥の小上がりに通されます。
「大壷」は2階に座敷がありますが、3人だとこのスペースが落ち着いて良いですね。

とりあえずビールを2本ほど注文します、
お母さんから「お刺身にする?」との問いかけ、
もちろんですね、「大壷」に来たら刺身は外せませんshine

「はい、刺身を適当に盛合せで、それと天ぷらもお願いします」

刺身はもちろんですが、私はここの揚げ物も大好きなのです、
「天ぷら」に「鶏の唐揚げ」がサイコーに美味しいのです。

程なくお通しと一品出てきました、「空豆」、

100519_17550002

そして、これは「白身魚の南蛮漬け」ですね、美味しい、

100519_1755

魚の種類も説明いただきましたが忘れましたheart03
すいませーん、珍しくて美味しい肴だったのにねえ、、

そして、ドーンっと、でもないなあhappy01
小さめの器に目一杯の刺身盛りがでてきました、

100519_18100001

よく、やたら大きな器に少しだけ刺身とお飾りが一杯盛ってあるのを見かけますが、あれはいけません、
「大壷」の刺身は実質本位ですgood

今日の刺身は「中トロ」、いや、ほとんどトロだこれは、メチャ旨い!!
「赤貝」に「のどくろ」、「鯵」にあと、、
これまた名前を聞いて、おかしらまでみせていただいたのに名前を忘れた白身の魚、
刺身でいただけるのは珍しい魚でした、

あと貝がもう一品、

どうですか、美味しいでしょう、同行の二人も大満足です、
ここの大将が毎日築地へ行って、直接仕入れておられるので美味しいはずです、

途中で2度ほどお母さんが小上がりを覗かれてあれやこれや、話が盛り上がります、

築地への買出し、
私の勝手なイメージでは大将が自転車でわっせわっせと築地を目指す、
というイメージがあったので聞いてみました、

「築地へは自転車ですか?」
「いえいえ、車で行ってます」

そりゃそうですよねhappy01失礼しました、帰りは荷物があるものね、

「お父さん一人で?」
「いえいえ、私も一緒に行ってますよ」

なるほどflair

毎日早起きでの築地市場行きですから、夜は9時過ぎには終わります、
行くなら早めに行って、早めに終わるのが「大壷」流、

といいながら、
私も何度かついつい遅くまでの宴会でお世話になりました、申し訳ないですsweat02

さて、飲み物は日本酒に切り替えます、
会津福島大和川酒造の「弥右衛門」です。

100519_18310001

料理は「茶碗蒸し」が出て、最後にいよいよ「天ぷら」が登場ですlovely

100519_18350001

量が多いので2人前ですね、
海老に穴子、白身に野菜ともう期待通りの東京の天ぷらです、
かりっと揚がっていてめちゃ旨ですheart02

2人前でも量はたっぷりで、少し余りましたので持って帰っていただきました、
はい、もったいないですからね、
単身赴任中は私もよく持って帰りましたcoldsweats01

100519_19100001

サービスでメチャ旨の「御新香」を出していただいて、
さあ、これで〆ましょう、今日は早い目に終わりましょうね。

ありがとうございました、魚がとても美味しい佃の「大壷」、
また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

出版記念“酒場キャラバン2010”東京会場の第1弾は、月島の「牛若」です。

【2010年4月16日(金)】

東京 月島 「牛若」

“酒場キャラバン2010”、最初の東京会場は月島の「牛若」です、

東京に転勤してしばらくしてKさんの紹介で訪問、
そこでちょっとした縁があって、それからちょくちょく通うようになったお店です。

今回の“酒場キャラバン2010”でもぜひ会場にしたかった1軒です、

“酒場キャラバン”は基本ノーアポなんですが、
「牛若」はカウンターに15席ほど、そして奥に座敷があります、

何人来てくれるのか分かりませんが、念のため奥の座敷を予約しておきました、
こちらのほうが盛り上がりますからね。

定刻の19時までまだ10分くらいあったので余裕で入店したつもりが、
すでに会社の同期のM氏が生ビールを飲んでいますhappy01
早いなあ、、、
二人で奥の座敷へ上がって、私も生ビールをお願いして早速乾杯ですbeer
よく来てくれました、ありがとうねlovely

と、この近所に住んでいる会社のKさんと東京から単身赴任中のSちゃん、
それに晴海から来られたGさんと続々来店、
どうもどうもありがとうございますwink

料理は刺身を盛り合わせでお願いし、あとは適当に、、
というか、もうあとは飲んで飲んでの大盛り上がりになったので料理の詳細は、、、不明sweat02

100416_19090001

今度は私の音楽関係で、まずはあぜ丸さんが到着、
いやいや、めちゃめちゃ忙しい人なのにわざわざありがとうございます。

そして、ライブ仲間の大坂城バンドのKanbaiさん、そしてKanpaiさんも登場

これで総勢8名となり、座敷は満員、
もうこのあとは何の話をしていたのか??よく憶えていませんhappy01

「牛若」には大好きなキンミヤ焼酎のボトル(720ml?)があるのですが、
この日はなんと4本をさくっと空けてしまいました
写真撮って置いたらよかったなあ、これだけ呑む事はまずないでしょう。

写真に残っている料理は名物の「煮込み」、甘めで好きですheart01

100416_19130001

「明太入り玉子焼き」、好きなメニューです、旨いheart02

100416_19250001

「ウインナー」、この赤い色が全員大好きな世代ですね、

100416_19300001

盛り合わせにもあったのですが、美味しいので単品追加、
「マグロ刺身」、ここはいつも中トロ級ですshine

100416_19400001

「豚キムチ」かな?

100416_20250001

「お新香」、今見ても美味そう、

100416_22170002

「つぶ貝」、

100416_22180001

〆に「茶そば」、

100416_22320001

飲んで飲んで、食べて食べて、の“酒場キャラバン2010”東京の1日目、
月島の「牛若」でした、

参加の皆様、どうもありがとうございましたwink
これに懲りずにまた飲みましょうね、

そして「牛若」さん、ありがとうございました、また、来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

噂には聞いていましたが、、ちょっと次元の違う焼肉屋さんでした、月島の「傳々分家」。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

ほんとに旨い!!焼肉屋さんです、

この齢になると赤身の肉はあまり食べられないのですが、

ここは「ミノ」と「テッチャン」から始まりました、

これは私好みでしたlovely

【2009年11月7日の記事】

2009年7月最後の日、
東京勤務最後の日はNiさんが壮行会を開いてくれました。

場所は地元月島の焼肉の「傳々分家」、

1

かねがね噂は聞いていましたが、入ったことはありません。
リクエストした訳ではありませんが、これはありがたい、ぜひ味わってみましょうshine

店舗は洒落た内装と照明、月島辺りにあるというよりは、麻布十番とかにあるほうが似合いそうなお店です。

メンバーは4人、Niさんと、彼の友達のYちゃん、彼女は大阪の岸和田出身だそうです。
そして、会社でデスクをやってくれてたIちゃん。

Iちゃんが仕事で遅れていたので、焼物はそれまでお預けにして、キムチや塩キャベツ(いきなり、これが美味しい)などをつまみます。

そして、Iちゃんも到着したので焼物に入りましょう、注文はNiさんにお任せします。

と、意外なことにまずは「ミノ」と「テッチャン」(ホルモンと呼んでたかな?)が登場、
ここでまず好感heart04
ここら辺りの肉から出してくる焼肉屋さんは期待できます。

少量の肉を係りの人に焼いていただくスタイル、
普段は焼いていただくのはあまり好きではないのですが、今回はこれが正解でした。

まずは「ミノ」、、、
うわーー、めちゃめちゃ上質のミノです、これは旨い!!

「テッチャン」、、、
うわーーーうわーーー、めちゃめちゃ上質のテッチャンです、絶品!!

正直、予想以上、想定外の焼肉です、なるほど、これなら評判になるでしょう。
(って、興奮のあまり写真忘れていますsweat01)

これだけ上質の肉ですから、焼くのは店の人に任せた方が絶対美味しくいただけるでしょう。

続いて、、なんだっけ??忘れたよcoldsweats01赤い肉を数種、「ロース」は確かにいただきました。

で、リクエストして「レバ刺し」、もちろん美味しい、新鮮です。

2

「あぶしん」、
脂身の付いた心臓だそうです、アブラの部分だけを軽くあぶって独特の薬味(一味と??)でいただきます。
好評のメニューのようですが、、これは私はピンと来ませんでした。

3

それより、もう一品の方が美味しかった!!
写真の奥のほうの肉、名前、忘れました。

こちらは、確か「マルチョウ」、これもまた「テッチャン」同様上質です。

4

全体としてとても良く出来た焼肉屋さんでした、
お値段はそれなりなのでしょうが、またぜひ行ってみて、いろいろと食したいお店です。

いやー、久しぶりに美味しい焼肉をいただきました、Niさん、どうもありがとうlovely

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番