カテゴリー「浅草」の12件の記事

2016年12月28日 (水)

土曜日昼下がりの浅草、もちろん昼飲み真っ盛りです、で、初音小路の「花本」へ、昭和の匂いプンプンの酒場です。

【2016年10月29日(土)】

東京 浅草 「花本」

東京浅草の土曜日、

急遽予定変更で、夜は宇都宮で友飲みになったので、東京での夜飲みなし、



と、なると、とりあえず東京での昼飲みは必ですhappy01

いろいろ候補がありますが、分かりやすく浅草へ流れ着きました、

まずは「翁そば」「カレー南蛮そば」をいただいた後です、

183



ホッピー通りに出ると、、、もう、みなさん、ワイワイと飲んだはります、

180kai

休みの日の昼飲み、至福のひと時でありますなあlovely

ホッピー通りでもイイんだけど、、、なんか、エエ店ないですかね、

ホッピー通りの北側は再開発で新しいホテルが出来たりしてます、

この辺りにも、もつ焼きの店があったような気がするのですが、、、

お!ここは営業中でしたshine

188kai

ここでも良いんだけど、、、もう少し歩いてみます、、、

ここも前から気になっています、『藤の名所飲食街 あさくさ初音小路』、

202

たしかに藤棚が立派です、

199

で、その藤棚の下でオープンカフェな感じで飲み屋さんの椅子が拡がっています、

200kai

こりゃパリだなshine、初めて見た時はホンマにそう思いましたhappy02

この初音小路の店には入ったことがありません、

今日はこの辺を攻めてみましょうか?

と、角の「花本」の戸口が開いており、中が見えます、

198kai

なかなか渋い店内、昭和の匂いがプンプン残っています、

表では、お母さんが表の椅子に座られて通りをチェックhappy02

客引き中です、、、

いやいや、そんな強引でもなんでもなく、ごく上品に「どうぞ~、開いてますよ~」な感じですhappy01

ほう、これはイイかもしれません、で

はでは、思い切って入ってみましょうdash

ということで、本日の昼飲みは浅草「花本」で決定です、

時間は昼過ぎ、先客なし、

カウンターと、テーブルと広めの座敷、タイルの床、

196

えへ、こりゃ好きな感じですheart02

店の中にもお母さんがお二人、でも、表のお母さんが一番年かさですね、

カウンターに着いてホッピーをお願いします、

189kai

お通し、

190



カウンターでお相手していただくお母さんと話します、



ここ「初音小路」は浅草でも一番古い“飲食街”だそうです、

さもありなん、

「花本」は昭和34年創業、57年前ですね、

今の場所での営業は昭和39年からだそうです、

表に出ておられるお母さんが三代目だそうです、老舗ですなあ~shine

なんか一品、頼みましょう、

今、「カレー南蛮そば」を食べたところなので、なんか軽めがいいなあ、

小さな黒板のメニューから「とりポンズ」800円也にします、

あら、量が多いけども大丈夫?

はい、大丈夫です!

と、反射的に答えます、

というのも「とりポンズ」という響きから、なんとなく「鳥皮ポンズ」みたいな料理をイメージしてました、

それなら、まあ、少し多くても大丈夫だろう、と高を括ったのですが、、、

出てきた皿はこんなんでした、

192kai

うわ!こんな料理でしたか、こりゃ確かに量が多いわcoldsweats01

はは、ゆっくりいただきますか、

「ホッピー」中をお代わりします、



今日は1軒目?

さっき、そこの「翁そば」で蕎麦食べてきました、、、

うちも古いけど「翁そば」さんも古いよね~、

なるほど、やはりあそこも老舗ですよね、

カウンターの横には大きな赤と黒、2匹の金魚が泳ぐ水槽が置いてあります、

195kai

これまた昭和な演出ですhappy02

立派な金魚ですね、

そう、お祭りの金魚すくいで獲ってきた金魚がこんなに大きくなったのよ、

へ~、金魚すくいの金魚をここまで育てるとはご立派ですgood

なんでも、これまでこの店でTVドラマや映画のロケが行われたことがあるそうで、

その時もこの水槽の金魚がちゃんと映っていたそうです、

なんとなく分かります、スタッフの方、昭和な演出品に目を付けられたんですなhappy01

なんとか「とりポンズ」を完食してお勘定にします、2500円也、

浅草は初音小路の「花本」、

入ってヨカッタ、昭和の酒場が健在でした、

三代目のお母さんもお元気で何より、

近隣は徐々に再開発が進んでいますが、ぜひ、このまま残って行って欲しいですね、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

テクテク浅草まで歩いて、昼は「翁そば」で「カレー南蛮そば」、いろんな驚きがあって楽しい昼食でした。

【2016年10月29日(土)】

東京 浅草 「翁そば」

昨日は夕飲み(新橋:大露路)~同期会~二次会と深夜まで楽しんだ!happy01

で、今日はちょっと宿酔気味ですが、、、今日も飲みます!!happy02

酔い覚ましがてらGOです、

茅場町から浅草まで、あちこち回りながらのテクテクGOdash

結構歩きました、それでも昼前には浅草到着、

すでにホッピー通りは昼呑み満開、

179kai

さっそく、どこかで飲もうかと思いましたが、、、

いやいや、ここはやはりまず蕎麦でしょうshine

ならば、ここですか、

「翁そば」、二度目、再訪です、

181kai

末枯れた店内、美味しい蕎麦、前回探訪で気に入りましたheart02

着いたのが11時30分頃、

見ると開店は11時45分とのこと、

あら、11時頃からやってるのかと思ってきたのですが、お昼前ギリギリの開店なんですね、

もう少し時間あるので、ちょいともう一回りして、、、

戻ってきたら、、、あら~、えらい列が出来てますsign01

え~~、こんな人気なんですね、スイマセン、「翁そば」、舐めてましたsweat01

開店と同時に入店、

ワタシもなんとかテーブル席に着けましたが、

どんどんお客さんが入ってきて、4つのテーブルが埋まり、

さらに座敷席も埋まり、ついに12時前に満員となりましたhappy01

前回はたしか夕方前に来たので空いてました、

こんな状態はまったく予想していなかったので、ちょっとビックリwink

フロアのお姉さんの仕切りが良く、

入った順番にしっかり注文を通していきます、

奥の厨房に注文を通すお姉さんの声もよく通る熟練?の発声、

気風がよろしい、お江戸に来た感じ満載ですshine

蕎麦を茹でるのが間に合わないので、少し待つことになりそうです、

入店は続き、敗退する人続出、いやはやsweat01

ワタシの注文は「カレー南蛮そば」650円也、

前回訪問時のFB記事を見てくれたTさんからのお奨めメニューです、

たしかに、前回訪問時のお隣さんの「カレー南蛮そば」が美味しそうだったので、今日はこれに決めていましたgood

アルコールはなし、

蕎麦屋にしては珍しく日本酒は置いていません、ビールのみ、

ビールを飲んでもイイんだけど、、、ここは自重、

実際、お客さんで蕎麦が来るまで、ビールで繋いでいる人は結構いらっしゃいました、

「冷やしたぬき 年中あります」みたいな札もエエ感じです、お江戸ですなhappy01

「カレー南蛮そば」は人気メニューです、4人に一人くらいが頼んだはります、

面白かったのが、常連になるといろんな「カレー南蛮」オプションオーダーの技があるようで、

「餅入り」、「玉子落とし」、「揚げ玉入り」、そして「大盛り」100円UPもありました、

うーん、餅入れてもヨカッタな~(餅好き)、とか思っていたのですが、

でも、一番びっくりしたというか、ほう!と感心したのは、

常連らしきの先輩が頼んでおられた「ルー別」という技flair

そう、“カレー”と“そば”が別の器に入って出てきます、

つけ麺状態ですね、これはなんか凄かったgood

状態はつけ麺なんだけど、それを手繰ってる先輩がエエ感じで、、、

これまた勝手に“江戸の粋”を観たような気になりましたhappy02

はい、ワタシの「カレー南蛮そば」が来ました、こんな感じ、

184

トロリ感満載、器目いっぱい盛りのカレー南蛮そばですheart01

麺はこんな感じ、

185

手打ちです(たぶん)、

ちょっと平べったく太めに見えるのですが、これがスルスルと入って行く不思議な感じの蕎麦、美味しいですwink

カレールーは出汁の効いた辛めのルー、最後の一滴まで残さずいただけます、

そうそう、ビックリしたのが、、、

お母さんが丼を持って来てくれた時に『ご馳走様』と一声発せられました、

むむ、これも初めての経験shine

そう、お店の人から先に丼と一緒に『ご馳走様』と声を掛けられたのです、

なんか、由来というか、深い意味、正しい用法なのでしょうか?

ちょっとハッとしました、

この挨拶の由来、ご存知の方は教えてくださいませshine

きっと正しい用法のような気もします、

お店で客が飲み代を清算する時によく『お愛想!』とか云いますが、

あれは誤用であると本で読みました(なぎらさんの本だな、きっとwink)、

店側が『お愛想なしでした』と使うべき言葉を客が使い始めたとか、

こういう、誤用が当たり前になることは多いので、それはそれなんですが、、、

『ご馳走様』もそんな言葉なのかな?と一瞬思った次第です、

ちなみに清算の時、ワタシは『お勘定』と云います(これも、たしかなぎらさんの本からですcoldsweats01)、

はい、ご馳走様でした、美味しかったです、これでお勘定です、

浅草の裏通り、末枯れた感じも蕎麦「翁そば」、

好きですheart02、蕎麦良し、店良し、人も良し、贔屓確実でございます、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04



(おまけ)

前日の昼はこちらで蕎麦、

086

茅場町の立ち食い蕎麦「亀島」、

085

こちらも筋の通った蕎麦作りと客対応、美味しかったですhappy01



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

チョー久しぶりの東京滞在で蕎麦三昧です、「たかね」~「長寿庵」~「大吉田」~「翁そば」~「丹波屋」へ、東京の蕎麦屋大好きです♡

【2016年6月13日(月)】

東京 蕎麦5題 茅場町「たかね」、「長寿庵」、虎ノ門「大吉田」、浅草「翁そば」、新橋「丹波屋」

久しぶりに東京に来ましたhappy01

いつ振り?

昨年2015年の9月か10月に来て以来ですね、指折り数えると9ケ月か10ケ月ぶりということになります、

これだけ長い間、東京に来なかったのは35年振りくらいではないでしょうか?

社会人になって、大阪に勤務したのですが、

本社は東京、クリエイティブの仕事で東京へ来ることも多く、

また、2005年からの約5年間は単身赴任で東京に住んでいましたので(あ~楽しかったlovely)、

9カ月も東京へ来ないなんて、ほんとなんか浦島太郎状態ですhappy01

ドキドキしながら東京駅に到着、時間は12時過ぎ、

まずは蕎麦が食べたいですshine

うどんも好きですが、蕎麦も大好きheart02

でも、関西では手軽に食べられる蕎麦屋が圧倒的に少ない、

探せば上品で美味しい蕎麦屋はありますが、

東京なら普通にどこにでもあるような街の蕎麦屋が大阪にはないheart03

立ち喰いうどん屋も多くありますが、蕎麦となると、、、

東京の立ち喰い蕎麦のクオリティにはとても敵いませんsweat02

ということで、9か月ぶりの東京、業務の前にまずは蕎麦からですhappy01



東京駅新幹線北口からメトロ東西線を目指します、

生憎の雨ですが、少し濡れるだけでビルのエスカレータから地下道へ降りれます、

この辺の乗り換え感覚もだいぶ鈍ってますね、さっと最適経路が浮かばない、

あ~東京慣性も低下しているなあ~sweat02

東西線「茅場町」駅で下車、天気が良ければ歩くところですが、雨ですからね、

ちょっと戻って角を曲がるとありましたflair

今日の1軒目のお目当ての立ち喰い蕎麦「たかね」、

007

東京単身赴任中のH氏がよく行っておられるので一度来てみたかったのです、

自販機で食券を買います、え~「天ざる」600円也にします、

安いと云えば安い、高いと思えば高い、不思議な感覚happy01

ここのセルフスタイル、どこかに似てるなあ、と思ったら、

虎ノ門にある「さだはる」と同じスタイルですflair

蕎麦と天ぷらかき揚げはカウンタの中から出していただきますが、

薬味関係はセルフサービスです、

006_2

葱、ワカメ、おろし、天かす、生姜、山葵などがカウンターに並んでいます、

さらには生玉子、茹で玉子までもが!

これはサービスなんでしょうか?分からないので取りませんでしたがcoldsweats01、、、

こういうスタイルは関西にはないですね、

おろし蕎麦、ワカメ蕎麦、月見蕎麦がセルフでできちゃうということです、豪気だね~heart02

麺は平たい麺、機械でひねり出す感じでしょうか?

004

でも、これが美味しいのですgood

そういうと「さだはる」の麺と似てますねflair

こりゃ両店の間にはなにか深い関わりがあるのかもしれません、

「かきあげ」もサクサク、小海老たっぷりで美味しいですheart02

う~ん、やはり東京の立ち喰い蕎麦はレベル高いです、これで600円也は納得、

フリーの薬味を上手く使えばもっと満足感出るでしょうね、

東京茅場町の立ち喰い蕎麦「たかね」、満足です、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

この日はもう一枚「もり」を食べています、

茅場町交差点角の自社ビル地下にある「長寿庵」、こちらは老舗の蕎麦屋さんです、

はい、「せいろ」650円也、

008

う~ん、好みの細めの蕎麦です、量も多めhappy01

「長寿庵」の屋号はここが発祥らしいです、

さすがに老舗の看板に偽りなしでした、

はい、ごちそうさま、また来ますねheart04

さらに!翌日も食べています、

ランチは同期のNクンと虎ノ門の「大吉田」、

089

「ミニかき揚げ丼」とのセットという暴挙に出ましたhappy02

088

ご飯を残す作戦でしたが、、、完食coldsweats01、、、

ここも人気でしたね、食券、椅子ありの店ですが、蕎麦が出るまでに結構時間が掛かります、

蕎麦の出し方がポイント、店の拘りのようでした、

さらにさらに、夕方に浅草の「翁そば」へ、

浅草でもちょっと地味な裏通り、並びに洋食の「あるぷす」がある通りにあります、

098kai

懐かしい小さめのテーブルと小上がりもある、由緒正しい街の蕎麦屋さん、

「もり」が450円也というのも希少ですね、

110

ここも平たい蕎麦でした、でも手打ちかな?これが美味しいのです、

で、つゆがまた辛い、

ちっちゃな器に少しのつゆ、このつゆをちょびっとだけ付けて口中へ運ぶと、、、

あら~不思議、蕎麦の香が拡がって美味しいのですshine

普段のつゆ どぼ漬け状態を反省、

こういうのが蕎麦なんですかね~(まだまだ未熟ですhappy01)、

そうそう、隣りの人の「カレー蕎麦」も美味しそうでした、

小さめの器にカレーがたっぷり、次回はこれにしよう!!
 

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

そしてさらに、まだ食べてますhappy02

新橋で飲んだ後、帰りの新幹線まで少し時間があるのでニュー新橋駅前ビル1Fにある「丹波屋」で〆ることにしました、

076kai

ここも立ち喰いです、「春菊天そば」が有名なのかな?

と、思いつつ、もうお腹が一杯、「もり」270円也+「茄子天ぷら」120円也にしました(結局、春菊そばとあんまり変わらへんしcoldsweats01)、

138

蕎麦はまあ普通(関西なら上等部類に入りますshine)、

ボリュームはあり、庶民の味方ですか、

お隣が注文された「あさりご飯」100円也を見てびっくり、

お茶碗山盛りでした、安~happy02



新橋の「丹波屋」、今度は「菊菜天そば」かな、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

ということで、2日間で蕎麦5食、あ~東京の蕎麦屋はいいな~、また行きたい!!heart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月31日 (木)

日曜日の東京のイチ押しコースです、東向島の「丸好酒場」から日本堤「丸千葉」、「大林」へ。

【2014年6月8日(日)】

東京 東向島「丸好酒場」~日本堤「丸千葉」、「大林」

日曜日の東京です、

日曜日となるとこの辺りへ行くのが定石です、日曜営業の嬉しい店が待ってますhappy01

まずはここでしょう、東向島の「丸好酒場」heart02

京成「八広」駅で降りて3分ほど歩きます、前回訪問時は残念ながら臨時休業されていました、ちょっと心配な感じ、今日は、、、

228

開いています、ヨカッタ、ではでは入店ですdash

時間はお昼の12時過ぎ、

たしか日曜日は12時からの営業、すでに2組ほど先客がおられました、L字カウンター、右手に着きます、

あら、お久しぶりです、出張ですか?

はいwink

カウンターの中にはお姉さんだけ、お母さんはおられないですね、

ま、とりあえずの"下町ハイボール"をお願いします、

それと「煮込み」をください、

あ、まだ店内写真撮影禁止ですね、「生レバー」禁止と同時に写真も禁止になっちゃいました、仕方ないsweat02、、、表の看板を載せときます、

227

相変わらず明るい感じのお姉さん、常連さんたちと楽しい会話でハイボールもすすみます、

あら?ハイボールの色、ちょっと薄くなりましたか?happy01、ワタシの記憶違いかな、、、

入店した時から気になっていたのですが、お姉さんが云ってくれrました、

どうやらお母さんは入院されていたのですが明日退院だそうです、いたってお元気だとのことgood

そりゃヨカッタshine、実はちょっと心配していたのですよ、これで気兼ねなく飲めます、ハイボールお替り下さいgood

祭りの気配がしないな~、とお姉さん、

この辺りは今日がお祭りのようです、そういうとさっき法被姿の旦那が歩いたはりましたね、

え~っと「じゃがカレー」ください、

定番ですが久しぶりです、食べたくなりました、と、常連さんから追随注文があと2つ、

こっちもhappy01、こっちもhappy01

みなさんカレー好きです、具だくさんのカレールーを肴にハイボールをもう一杯飲みます、

東京単身赴任中の酒場巡り初期に出会った酒場の1軒です、

ハイボールをシュワッと飲んでいると落ち着きます、レバ刺しが食べれなくなったのが残念ですが仕方ない、今日もゆっくり楽しめました、おおきにです、

ハイボール3杯と2品で1600円也、ごちそうさん!お母さんは来週からお店に出られるんですかね、お会いしたいです、また来ますねheart04

さて、次は日本堤の「丸千葉」へ行きましょうwink

お腹一杯になったし3杯飲みました、ここは酔い覚ましに歩くことにします、どれくらいかな、ゆっくり歩いて30分かもうちょっとくらいなような気がします、とりあえず明治通りを目指してぷらぷらと歩きましょう、

途中で祭り支度の人をたくさん見かけます、やはりお祭りですね、なんとか天気も持っています、

明治通りに出て、向島百花園を横目に白髭橋を渡ります、

ここからは台東区かな?このルートは何回か歩いたりバス移動していますので迷うことはありません、白髭橋を渡ってそのまままっすぐ涙橋交差点でもいいのですがちょっと遠回りになります、なんとなく左の通りに入って街中を歩くことにします、

いくつか気になる店がありましたが、一番はここ!

233

カツカレー、中華そばの「日正カレー」、うーん、魅かれるなあ、でも今カレー食べてきたし今日は無理、営業もしてないしhappy02、また今度来ますねheart04

少し広めの賑やかな通りに出ます、

アサヒ会通りっていうみたいです、ここらも祭りの準備ですね、「丸千葉」はこれをまっすぐ行けばイイんとちゃうかな、

と進んでいくと正解でした、久しぶりの「丸千葉」、関西へ戻る引っ越しの日曜日に荷物送り出して来たのが最後だからほぼ5年ぶりということですね、

236

コの字カウンターの大き目のテーブルが3つほど、カウンターの壁際に着きます、え~っとホッピー下さい、

ホッピーはグラスに入った焼酎(キンミヤのはず)とホッピーとグラスで出てきます、

237

2杯分やね、自分で調整しながら飲んでね、といつもファンキーなお兄さん、声がハスキーでワタシ的にはサザンの桑田クンな感じですlovely、お兄さんエエ感じ、

料理は「まぐろぶつ」500円也、赤身が美味しいですshine

239

ここ「丸千葉」は刺身に和食、揚げ物などの洋食、丼モノに炒飯まで料理なら何でもありのお店です、そしてそれがまたどれも美味しいときています、本当は1軒目に来てバクバク食べたいところですね~、

あとで来た女性昼飲み2人組、

初めての来店のようで刺身数種にフライも数種注文、お兄さんがテンポよくアドバイス、

カキフライは5個盛り(ボリュームあり)だけど他のフライと盛り合わせる?その方が楽しめるでしょ、値段?交渉交渉だよ~happy02、じゃあ盛合せておくね、

と上手いこと二人で食べられるように気遣い、さすがでございますgood

ワタシもフライものへ行きたいけどまだお腹が一杯です、ここは軽めの料理を楽しみましょう、「はまぐりの酒蒸し」500円也、あさりじゃないのがそそられます、

245

はまぐり5個入りheart02

思惑通り美味しいです、関西人にはちょっと出汁が辛いですがホッピーにはこれでOKです、満足、

でもフライも食べたかったhappy01

ホッピーを2杯作って完飲、

ではこれでお勘定です、1650円也、ごちそうさん!お兄さんのノリもごちそうさん!!happy02、日本堤の料理オールマイティの酒場「丸千葉」、また来ますねheart04

さて、本日の最後の店はすぐ近くの「大林」です、

246

風格の店構えhappy01、では入ります、

広めの店内、

ゆったりしたレイアウトは切れ目のあるコの字カウンターと昔ながらの小さめの4人掛けの酒場テーブル、神棚、土間のような床、開けっ放しの窓からは緑が萌え、扇風機が回る、

酒蔵の前掛けをした無口な大将、奥には料理方のお母さんかな?、この空間は文化財級sign03、歴史文化遺産に匹敵します、まったく素晴らしい店内であります、ここも5年振りですlovely

ここでも「焼酎ハイボール」、ここはウイスキーハイボールもあるのでご注意を、

氷と焼酎の入ったグラスに瓶のソーダ水をさあーっと目の前で注いでいただきます、職人芸でピタリ、グラス一杯のハイボールが出来上がります、

お通しは「アルファルファのお浸し」だったかな、

料理は「ねぎぬた」、

壁の上にあるTVでちょうど競馬メインレースのスタートです、買ってましたが見事はずれ、、、というか、狙っていた穴馬が飛込んできました、あ~買ってないよheart03、直感でこの馬と決めたのですが、あれこれ考えて結局切りました、惜しいことしたなあ、何も考えずに直感勝負でよかったのにsweat01、、、

というような心の中の動揺がありましたがhappy01、、、

店内はあくまで静かに慎ましく昼飲みが進んでいます、

年配のカップルとか女性同士とか客層が広いですね、少なくとも二十歳やそこらの若者はいません、注文の声と大将の応える声と大将の動くテンポが贅沢な時間をくれます、あくまで大人の社交場ですから(違うかhappy02)、

心静かに「焼酎ハイボール」をお替りしてお勘定は930円也、

ごちそうさん!は、この贅沢な空間と時間をいただいたことに捧げます、日本堤の「大林」、また来ますねheart04

はい、東京の日曜日に飲むならまずはこのコースが浮かんだのですが、今日は予定通り完走完飲できました、

少々酔っぱらったかな?浅草まで歩く手もありますが、ちょうど来た上野行きのバスに乗ります、が寝落ちて終点の上野で同乗のお客さんに起こされました、

ああスイマセン、ありがとうございますcoldsweats01

では、関西へ帰りますか、夜は大阪で飲めるかな、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

久しぶりの浅草ホッピー通り、ちょっと一杯のつもりが・・・牛すじ煮込みの「浩司」。

【2012年8月14日(火)】

東京 浅草 「浩司」

さて、「浅草」駅地下街でベトナム料理「オーセンティック」でフォーを食べた後です、

地上に出ていつもの通りを歩きます、

で、最初に気になったのがここ、大衆酒蔵「ニュー浅草本店」、

088

ここはまだ未入店ですね、どうも気になります、

089

“大衆酒蔵”という冠ですがメニューには定食メニューが並んでいます、場所柄、酒場⇒食堂へと進化したのでしょうか?、ホント気になるのですが、、、今回もスルーしましたcoldsweats01、次回はぜひ一度入ってみたいですsign01

伝法院通りに出るとスカイツリーが良く見えます、

090

伝法院通りを西へ、天ぷらの有名店は平日でも凄い列でした、なんか気持ちは分かる、ワタシも浅草というと天ぷらを思いつきますflair、美味しい天ぷら屋さん、多いですよね、

でも、もう一つ思い付くのはホッピーですlovely、やはりここはホッピー通りを目指しましょう、

ホッピー通りをいったんやり過ごして「捕鯨船」へ、

008

さすがにまだ開いてないですね、余りに有名すぎてここも未入店です、そのうちに一度入ってみたいですね、(写真は別の時のモノです)

この辺りにはエエ感じの“食堂”が多いです、もちろん飲みが出来るという意味ですけどねwink

「徳仙」、

091

「水口」、

093

「アルプス」、

097

アルプスのウインドウメニューは圧巻です、

095_3

こういう食堂も巡ってみたいんだけどお腹がいっぱいになっちゃうんですよね、でもそのうちに入ってみますね、



さて、ホッピー通りに戻ります、なんと角には真新しいシティホテルが建っていたのでビックリ、なんだかもったいないなあ、両方の意味でねwink、、、
 

「花やしき」の方へ歩きます、牛にこみ「正ちゃん」はこの日はお休みでした、

「ひさご通り」の「浅草三ちゃん」は開いてます、ここも入ったことないですね、一度入りたいけど、とりあえずスルーします、

098



“ひさご通り”にはいると、なんと蕎麦屋「甲州屋」がビルになっています!、

002

末枯れた感じの蕎麦屋だったのですが、凄い躍進ですね、こんな立派になるとは思ってもみませんでしたcoldsweats01、びっくり、、、

さて、ホッピー通りに戻りましょうか、

せっかくですからどこかで飲んでいきましょう、「鈴芳」は2回ほど行ってますからね、違う店に行きましょう、なんとなくですがこちら「浩司」にしましょう、

120

表にもテーブルが並んでいますが、店内はいい感じのコの字カウンターと小上がりがありました、

とりあえずホッピーですね、

101

お通しは「めかぶ」sign02、でよかったけ?なんていうんでしたっけ、これ?、、、美味しいのですが、、、最近、固有名詞がホント出てこなくなりました、情けないですsweat02

肴は、、、目の前の大鍋で煮えている名物の「牛すじ煮込み」を頼みたいけど、ここは軽く行きたいので「冷奴」にします、

110

場所柄、客層は多様です、酒場で一人楽しむ常連さん、浅草観光の家族連れ、普段はこういう酒場では見かけない女性グループなどなど、、、関西弁の兄弟家族連れの皆さんもグビグビと飲んでおられましたねhappy01

ここで大きな液晶画面に流れている終ったばかりのオリンピック特集番組に見入ります、

メダリストの映像が流れています、もっとも感動したシーンは?みたいなランキングです、すでにホッピーはなくなったのですがこれからベスト10の発表です、オリンピック、面白かったですからね、やはり観てみたいなあ、あ~、悩ましい、、、ということでもう一杯ホッピーいきますかhappy02

そして、さっき我慢して「奴」にしたのに、豆腐被りの名物「牛すじ煮込み」450円也を頼みます、なにをしていることやらsweat01、、、

116

でも、この「牛すじ煮込み」、美味しかったですlovely、メインが“牛すじ”というのが関西人の口に合います、ボリュームもOK、お得感もあります、あ~先にこれを頼んでおいたらヨカッタよhappy01

さて、オリンピック特集も終わったので今度こそお勘定にしましょう、浅草ホッピー通りの「浩司」、煮込み、美味しかったです!、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

偶然通りかかった浅草地下街のベトナム料理「オーセンティック」で海鮮フォー^^)。

【2012年8月14日(火)】

東京 浅草 ベトナム料理「オーセンティック」

この日は東京で仕事ですが昼過ぎには無事終了、このまま大阪へ向かってもいのですが、、、ちょっと夏休みをいただきましたshine

久しぶりに浅草で飲もうかと地下鉄銀座線で「浅草」駅へ、昔ながらの地下街を抜けて行こうと歩いていて偶然見つけました、

ベトナム料理の「オーセンティック」、

079

ってよく知りませんがhappy01

なんかこの店雑誌かTVでみたことありますね、店内を覗くとL字カウンタだけの狭い店、うん、この店内もみたことあります、間違いないですね、店主がもとはどこかの有名な店のシェフだったとか、、、そんな話だったかな、

実は浅草で天ぷらかなにかを食べようかと思っていたのですが、こういう偶然は活かしたいですね、ここはベトナム料理に切り替えましょうhappy02

ということで入店です、

ランチタイムのピークは過ぎています、それでも先客は5名、カウンターにまだ2席ほど空きがありました、メニューは手元にあります、この日はランチセットがないようです、単品だとなんとなくフォーですかね、よく分からないのでちょっと焦りながらメニューをみます、

あとで分かったのですが冷麺のような「名物メニューです」というのがありました、冷たい麺に肉料理が乗っている料理、これにしたらよかったかも、、、

でも、注文はフォーです、メニューによると「フォー・ガー」が鶏、「フォー・ボー」なら牛、注文したのは「フォー・ハイサイ」950円也で海鮮のフォーです、カウンターの中の大将が、海鮮は味が薄めだけど良い?とのこと、はい、いいですよ、

と、これで注文は無事済んだのですが、、、ビールを飲みましょうか?あはhappy02、ビールは2種類ありましたが「サイゴン・スペシャル」600円也にします、

080

ふ~、昼のビールはサイコーですねlovely

「フォー・ハイサイ」、

081

エビとアサリのフォーですね、パクチーやもやしがほぼ生で乗っています、味はぜんぜん薄くないです、スープは出汁が効いていて美味しいです、関西人ならまったく文句ないでしょう、これで東京では味が薄い!ということもあるんですかね、

麺のボリュームもあり、全体的に満足です、美味しかったですshine

はい、これでお勘定です、次のお客さんがお待ちですね、ごちそうさまでした、偶然入ったベトナム料理「オーセンティック」、また来ますねheart04

では、浅草散策とまいりましょうdash

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

なぎらさんの唄を聴きながら♪新鮮な羊肉、浅草の「らむや」。

【2011年1月28日(金)】

東京 浅草 「らむや」

さて、週末の東京です、

この日は北のほうへ行ってみることにしました、となると、まず基点は上野か浅草かですね、おう、そういうと前から行ってみたかったこのお店を訪ねてみましょうshine

都営浅草線「浅草」駅で降ります、

毎度のごとく「神谷バー」をスルーしますhappy01そしてこの日は東武百貨店のほうへ渡ってガード沿いに北へ歩きます、次の通りでガードから離れて左手の道を行くと、、、ありました、ジンギスカンの「らむや」です、

110128_17060001

110128_17550001

肉は大体なんでも食べます、

一番好きなのは鶏肉です、豚肉も料理のし甲斐がありますよね、牛肉が一番難しい、高い牛肉は美味しいですがね、なかなかそういう訳にも行かず、、、そして羊肉も好きですよheart02こういう癖がありそうな肉こそ食べ応えがありますね、

羊肉で言うと門前仲町にあった「ひつじの新町や」が印象的ですね、新鮮な羊肉を上品に食べさせてくれました。

さて、「らむや」さんも新鮮な羊肉を出してくれるそうです、前から行きたかったのですが行きそびれていました、楽しみです。

引き戸を引くと、ありゃ、一番客のようですねhappy01

はい、一人です、あ、この席で、ハイ分かりました、じゃあ失礼して、飲み物、ハイ、とりあえず生ビールをお願いします、それと、、、初めてなのでどう注文したらイイですかね、はあ、なるほど、では“ジンギスカン セット”980円也をお願いします、追加はあとでお願いします、

ということで、右手の一番手前のテーブルに着きます、入ったところにカウンター席が10席ほど、右手奥までテーブル席が続きます、まず目の前に炭火が入ったジンギスカン鍋がセットされ、

110128_17130001

続いて生ビールが来ました、では、、、一人でカンパ~イbeer

店内に流れているのはなぎらさんの曲ですねwink

聞いてはいました、ここはなぎらさんも贔屓ですね、他にもたくさんの色紙が壁に貼られています、歌舞伎役者さんとか歌手に俳優さん、人気のお店ですな、なぎらさんの「下町」や「下町2」が流れています、アルバムCD?、『下町のこころ ~東京のこっち側~』ですかね、結局出るまでなぎら健壱さんオンパレードでしたnote

さて“ジンギスカン セット”が来ました、羊肉と野菜のセットです、

110128_17180001

肉が少ないようですが、写真を撮る前に慌てて肉を鍋に乗せてしまったのですsweat01

こちらが鍋の状態、2枚の写真合わせて肉一人前ですhappy02

110128_17180002

メニューにある食べ方解説ではまずはモンゴル塩と胡椒で食するように、とのこと、ではいただきましょう、

はい、やはりまったく臭みのない羊肉ですねshine

タレはテーブルに甘口と辛口が置いてあります、“まずは甘口”でメニューに書いてあったのですが、、、なにを間違ったのか、辛口タレを皿に入れてしまってます、、、が間違っていることにも気付かずこれで食しますsweat02うん、これも美味しいですね、野菜も出来上がってきました、こういう時の“もやし”はなんで美味しいやろlovely

と、肉をほぼ食べ終わるころにタレの間違いが発覚coldsweats02

あらら、いきなり辛口で食べていたのですね、なんか変だなあと思っていたんです、タレ皿をもうひとつもらおうかなあ、、、なんて考えながら追加の肉を頼みましょう、同じ肉でも良いのですがメニューには他の肉が載ってましたよね、ここは「ラムタン」880円也を頼んでみましょう、あ、それと燗酒をお願いしますねcoldsweats01(焼肉と燗酒、結構合うのです)

110128_17360001

なるほど、牛肉と同じ“塩タン”状態ですね、塩胡椒されていてレモンも添えられています、ちょっと当てが外れました、“甘いタレ”で食べようと思っていたのですがsweat02これはそういうわけには行きませんね、ではいただきましょう、

うん、これまた上品なお肉ですね、“羊肉の臭いが苦手”なんていう人でもまったく心配はないでしょう、

でも、、、ワタシは臭いも平気なのでもうちょっとガッツリいただきたいですねheart02追加メニューに「ラムチョップ」480円也というのがありました、こういう肉を多めに食べるほうがイイかも、

さあ、この日は梯子の予定ですのでこれでお勘定にします、2890円也、

浅草の上質ジンギスカン料理「らむや」、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

昼飲みならやはり浅草でしょう、ホッピー通りの「たぬき」から駅地下の「福ちゃん」。

【2010年12月18日(土)】

東京 浅草 ホッピー通り「たぬき」 → 浅草駅「福ちゃん」

さて、立石での「宇ち入り」を午前中に果たしたこの日、

ミスドで1時間ほど休憩をして、さあ今一度出陣でございますdash京成線~都営浅草線で「浅草」駅まで戻ってきました、実はもう少し先に目標があったのですが開店までまだ時間があります、久しぶりに浅草を探訪してみる気になりましたので飛び降ります。

時間は14時頃、

まずは、、、あ、、、スカイツリーがだいぶ形になってきましたね、でも少し距離があるのと回りに大きなビルもあるせいか、そんなに高く感じないですね。

101218_13570001

そして、「神谷バー」、

101218_13580001

下町酒場に嵌る前から浅草の名所ということで訪問を考えていた店です、

101218_13590001

が、、、まだ入ったことありません この日も1階を覗いたのですが満員ですわ、まあ縁がないということでこの日もスルーします。

そのまま雷門の手前のアーケード街を北上、

101218_14010001

東京は蕎麦屋が多くて良いですね、蕎麦で一杯も惹かれます、天ぷら屋も多いですね、天ぷらで一杯も惹かれます(って、昨日は2杯も蕎麦食べてるしcoldsweats01)、

101218_15090001

と、大衆酒蔵「ニュー浅草」がありました、ここも入ったことないです、ちょっと候補においておきましょう、

少し行って右へ折れるとモツ焼きの「千代の家」があります、

101218_14060001

ここも未入店、モツ被りですが開いていたら入ろうかと考えていたのですが、土曜日もやはり夕方からの営業のようですね、残念、また今度。

そのまま“伝法院通り”を歩きます、

101218_14090001kai

天ぷらの「大黒」も並んでいますね、「中清」も行きたいけどスルー、贔屓の天ぷら屋「天健」も並んでますのでスルー、

101218_14140002kai

ホッピー通りに入るともう皆さん飲んでますhappy01

やはり土曜日の午後、明るいうちの飲みはサイコーですね、さあて「宇ち多”」の酔いも覚めてきて、いよいよ飲みたい気分になってきましたよ、あちこちから客引きの声が掛かるのを振り切って一旦JRAの前まで出ます、さてここら辺りのカフェ(みたいな飲み屋coldsweats01)で飲むかな、あ、そうだ、まだ入ったことのないあの角の店に入ってみようかflair

ということで本日2軒目が決定、”ホッピー通り”北端にある「たぬき」に入店です、

101218_14490002kai

大きなコの字カウンターのお店です、

右側奥のカウンターに着きます、まずはホッピーを注文、そして名物の”40年間変わらぬ味”の「牛すじ煮込み」を注文します、昨日から煮込み・焼き鳥・モツが続きますが仕方ないsweat02

ホッピーは大き目のジョッキーにたっぷりの氷とともに出てきます、

101218_14180001

そして、「牛すじ煮込み」も大きな鍋から掬われて出てきます、

101218_14170001

見た目薄口、こんにゃくや人参、葱と具も多く健康的な??煮込みですね(ホンマかいなhappy01)、

ここのお店、5年ほど前に初めて前を通った時に入ろうかと思ったのですが、まだ酒場未経験者でしたので躊躇して入れませんでした、その時は、煮込みは大きな鉄板か鉄鍋で煮込まれているビジュアルが印象的だった、というかそう思い込んでいたのですが、今はカウンター内の大きなアルミ鍋で煮込まれています、、、改装されたのでしょうか?それともワタシの記憶違いか?謎です、

カウンターの中にはお母さんが5人ほど、前は大将もおられたような記憶が(外から見ただけだけど)、これも記憶違いか?

さて、ホッピーを飲み進みますが、結構濃いです、さすがに「宇ち多”」の梅割りの影響もあり、中の追加は止めてホッピーのみをジョッキーに継ぎ足して飲み終えます、

はい、これでお勘定にしましょう、950円也、
「牛すじ煮込み」美味しかったです、浅草ホッピー通りの「たぬき」、また来ますねheart04

この後も浅草を探訪、浅草寺前はえらい人でしたね、

101218_14590002

外国人のほうが多いのかも、と思うくらいアジア系の外国人観光客の坩堝です、さすが浅草、

こちらでは正月の用意がもう進んでいますね、

101218_15000002

また、浅草駅方面へ戻ります、

青森ラーメンや蕎麦に惹かれながら銀座線浅草駅にある地下街へ、

101218_15400001kai

ここで「福ちゃん」の焼きそば350円也を食して今日は〆ました、エッジの効いたそばは独特でしたが、味付けは屋台の焼きそば系ですね、

101218_15450002

これで今日はもう食べません!happy01

時間は16時前、結局このまま東京駅へ向かい新幹線で帰阪、自宅へ帰りついたのが20時過ぎ、何も食べずに寝ました、ふ~、酔い疲れた楽しい1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

お腹一杯になり、ついに腹ごなしに四つ木まで!?~吉原大門「土手の伊勢屋」の天丼“ハ”

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

この日はむちゃくちゃ歩いていますね、

蔵前~浅草~吉原大門~日本堤~向島~八広~四つ木、

合計で3時間以上歩いています

おそらく、最長不倒距離coldsweats01

【2009年7月26日の記事】

2009年4月26日(日)

25日の土曜日は4月なのに冷たい雨、北海道では雪も降ってました。
外へ出るのも億劫なので一日中家にいましたcoldsweats01

で、翌日曜日は一転、春麗の天気でしたので、下町散歩に出ることにしました。

というか、まず浮かんだのが、昼食は吉原大門の「土手の伊勢屋」の天丼です、まだ食したことがないので、一度は、、と狙っておりました。

うん、ではまずは「土手の伊勢屋」を目指しましょう。
その後のことは、その場で考えましょう。

地下鉄を「蔵前駅」で降りて浅草方面へ向かいます、数分で浅草です、

交差点の角にある「神谷バー」の前で思わずメニューに見入ってしまいます、
ここもまだ入ったことがありません、そのうちそのうちと思いつつ、、、

しかし、今日は「伊勢屋」の天丼と決めていますので、強行突破!!happy01

そのまま“馬道通り”を北上、ここから吉原大門まではほぼ1本道で徒歩で20分ほど、結構歩きますね、

そして、無事「伊勢屋」到着です、が、、
やはり長蛇の列、有名店ですからね、仕方ないですね、まあ天麩羅屋さんですからそんなに掛らないでしょう、

1_9

と並びますが、、

この列がなかなか進みません、結局50分待ちでしたsweat02
もうお腹もぺこぺこ、さあ食しましょう、食しましょうheart04

店内はテーブルと座敷で25人強の定員でしょうか?

相席になりますが、人数に関係なく順番に案内されるようで、大人数だとその席数分が空くまで案内されないようです、こりゃ時間が掛りますわ。

さて、天丼と決めていたのですが、
天丼のメニューは“イ1400円”“ロ1900円”“ハ2300円”と3つあります。
せっかくここまで並んだのですから、ここは奮発して一番高い“ハ2300円”とビール大瓶を注文しましょう。

ビールについているのか、お新香が出てきました。

2_8

ここまで30分くらいは歩いて、さらに春の日差しとはいえ良い天気の中50分も待ったのでビールが美味い、スイスイ飲めます。

さらに待つ事15分くらい、天丼が出てきました、
うんうん、見た目期待通りのボリュームたっぷりの天丼でございます、
海老2尾、茗荷、蓮根、ししとう、海老むき身と貝柱のかき揚げ、あなご、といったところです。
(店内が暗いので写真がピンボケですheart03)

3_6

ごま油で上げて、濃いタレが掛っています、

まずは海老をガブリ、ウーーン、天麩羅の一口目はたまりませんね、
タレはちょっと辛目ですね、ご飯と一緒に食べたいところですが、ビールも飲まないといけませんので、天麩羅を中心に食します、
かき揚げも美味しいですね。

結局、ご飯を少し残して完食とします、もうお腹いっぱいです。
(実はこれが予想以上にこの後影響するのです)

店内をみてると“ロ”1900円の注文が多いようですね、
かき揚げの内容が違うのかな?でも、全体のボリュームも十分のようで、

どうやら“ロ”1900円でも十分楽しめそうですね。

ビールを飲むなら、天麩羅のみの注文(天麩羅定食というのがありました)の方が良いかも知れません。

はい、一度は食べておこうと思ってた「伊勢屋」でした、ご馳走様でした、満足満足lovely

さて次ぎは、未だ未訪問の「神谷バー」か?!
などと考えつつ「土手の伊勢屋」を後にします。

時間は13時40分くらい、
どこへ行こうか迷いつつ、浅草には戻らずに山谷方面をブラブラする事にしました。
日本堤の「大林」をかすめながら、清川の玉姫稲荷の靴祭りへ(ここら辺りは靴製造業が多いのでしょうか?)、フリーマーケットもありましたよ。

さらに白鬚橋で隅田川を渡って、「向島百花園」を見物、ここも初めてですが、季節柄かあまり花は咲いていませんでした、のでベンチで少し昼寝sleepy

この辺りにあるはずのモツ焼きの「スミダ」を探しますが見つかりません、ここも閉店かな?
(はい、調べてみたら「スミダ」すでに閉店しているようですthink)

東武「東向島駅」周辺から玉の井いろは通りをぶらぶら流して、四つ木橋南の交差点へ出ます。

大好きな「丸好酒場」は開いています、が、、、
まだお腹は天丼で一杯状態、涙を呑んでやり過ごし、さらにさらに四つ木橋で荒川を渡り、四つ木を目指します。

橋を渡り、サッと脇道へ入ると「杉浦酒店」の横に出ました。
うーん、ここの日本酒も買いたいのだが、、
迷った末にこの日はこれまた見送り、
駅へ向かう途中の「近江屋酒店」でキンミヤ焼酎の1升瓶を購入しました。
さらに、向かいの「千代田屋」で“みたらし団子”を2本購入、いつものコースですlovely

この頃で16時過ぎ頃、結局2時間半程歩いたのですが、まだお腹が空いてないので残念ながら「ゑびす」も断念、帰ることにしますheart03

ふー、よく歩きました、が、「土手の伊勢屋」の天丼は強力です、結局この日は夕食もほとんど摂らず、、

恐るべし「土手の伊勢屋」の天丼の“ハ”sweat02

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

天ぷらが食べたくって浅草へ~天健(てんたけ:てんぷら)

今年になってはじめたこのBlog、毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

紹介のお店は浅草の天ぷら“天健”さんですが、

阿久悠さんの事も書いています、亡くなられたのが2007年8月1日の事です、早いものでもう1年半以上経つのですね。

それに記事の後半で、我がバンドの原宿ペニーレーンでのライブの事も書いています、いやはや無謀な事をやったものですcoldsweats01

【2007年8月4日の記事】

昨晩のNHK「プレミアム10」は予定を変更して、"阿久悠"さんの追悼番組になっていたようです。

途中から観ました、都倉俊一さんとのトークで進行する形式でしたが、後半はNHKの豊富な映像で構成された、阿久悠さんのヒット曲オンパレードでした。
その圧倒的なラインナップは追悼番組として非常に意味があったと思います。
余分なコメントなどを省いた、映像での偉業の証明が心に響きました。

あれもこれも、たくさんの名曲、偉大な方でした、ご冥福をお祈りいたします。

さて、この日の日曜日の昼は"天ぷら"が食べたいsign01
よし!!"天ぷら"を食べよう!!
と、とりあえず"天ぷら"に凝り固まって、"天ぷら"を探し求めて浅草方面へ自転車で出発したのです。
(ふふ、これくらい"天ぷら"って書くと、食べたくなるでしょうhappy01)

浅草というと下町の代表格、何回か来ているのでもういいか?なんて気になってしまいますが、さすがに奥が深い、まだまだ行くべきところが残っています。

で、この日は久しぶりに自転車で、ウチから20分少々で到着です。
そのまま、伝法院通りへ、
ここはなんか和製ディズニーランドのようなアミューズメントストリートです、結構楽しめます。

Photo_7

伝法院通りには天ぷら「大黒屋」があります、有名です、味は濃い目ねっとり系のようです。建物は観光客向けのそれっぽい建物。

Photo_8

さらに、伝法院通りからオレンジ通りを左折して、すぐ右手奥まった所に「中清」があります。
浅草の天ぷらのチャンピオン?
名物"雷神揚げ"は一度食べておかないといけません。こちらはそれなりの立派な日本家屋風。

Photo_9

と、浅草は天ぷら名店が多いのですが、今日の目当ては伝法院通りからホッピー通りへ入る角にある「天健」。

「天健」は私好みの普通の街の食堂風の建物、前にホッピー通りへ来た時に気にかかっていたのです、調べてみると、うん、やっぱりなかなか良いみたい。

Photo_10

10時30分には到着しっちゃったので、ひさご通り~千束商店街を探索して時間を潰して、11時10分入店。11時開店だと思いますが、もう先客が2組いらっしゃいます。
カウンターが7席ほど、小上がりにテーブルが3つの小さな店です。
こちらのお薦め、"かき揚げ"を定食(2200円)で注文、もちろんビールもいただきます。

Photo_11

(スイマセン、いつもの通り、少し食べてからの写真ですsweat02お見苦しくてスイマセン)

かき揚げは、ドン!!という感じでボリューム満点、それでいてさくさく、小エビ、イカに野菜という感じでしょうか?ビールと共にちょうど良い感じ、飽きずにいただけます。

よし、浅草の天ぷらならここにしようheart04って感じです。

【Liveのお知らせ】

-Fitband Live in Tokyo 1st-
~来たかぎりは、やりまっせ~

Photo_12

表参道原宿「Penny Lane」
10月6日(土) 午後5時開場、午後6時開演(予定)

入場料2,000円+1ドリンク(スイマセン{汗}生意気にも有料です)

Fitbandは京都の高校の同級生のバンドです、東京には縁故地縁がありません。
在京同級生の皆さん、私のお知り合い、そしてこのBlogで知り合った皆さんが頼りです。

もちろん、関西からの出張参加も大歓迎です。
全身全霊、一所懸命、体力の限界に挑戦、心を込めて笑わせます、いや唄いますので、ぜひぜひ、ご来場をお待ちしております。

このBlogのコメント欄に参加表明の書き込み、メールでの参加表明をお待ちしております。
よろしくお願いいたしますheart02

(記事再掲ここまで)

そろそろまた東京でやろうかなあwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪北部(十三西中島東三国茨木高槻) | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部(京阪沿線) | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番