カテゴリー「下北沢三軒茶屋」の5件の記事

2011年11月11日 (金)

広島~東京へ大移動、お好み焼きの翌日は下北沢の「両花」で旨い料理と懐かしい話。

【2011年10月20日(金)】

東京 下北沢 「両花」

久しぶりの下北沢です、小雨模様ですが駅からそんなに遠くありません、料理が美味しい「両花」へ行きましょう、

単身赴任で東京に来た時、相当早くにMさんに連れてきてもらった店です、大将にも久しぶりの挨拶をしますが、残念ながらそのMさんは現在闘病中、また一緒に来れる日が来ることを願っております、この日はこれまた単身時代に相当厳しい仕事を一緒にしたTさんと、これまた残念な事情があって約束の飲み会が無期延期になってしまったので1年半ぶりくらい、お久しぶりですwink

ということで、久しぶりなので話しに花が咲き、料理はあまり注文していませんね、それに店内は少し暗いのでいつもおいしそうな写真が撮れないのよね、ここは、、、ちゃんとしたカメラか最新の携帯で撮らないといけませんねsweat02

でも、注文したのは、、、「刺身の盛り合わせ」、

111021_18420001

「肉豆腐」じゃないなあ、蓮根と豆腐の肉味噌??味は憶えているけれども料理名は忘れましたsweat01

111021_18310001

そして、「きのこの天ぷら」、

111021_18360001

まずはビールを飲んで、途中から日本酒にしました、

メニューを見ると奈良の「風の森」がありました、贔屓のお酒の一つですlovely、美味しい酒です、おそらく4杯は飲んだかな、懐かしい話や東京の下町の話などであっという間に3時間ほどが経ちました、いや~楽しかった、大将ありがとうございました、Mさんが良くなったらまた一緒に来ますね、

 

雨なのでぶらり歩くこともできませんでしたが、久しぶりの下北沢の空気を少し吸って帰りましょう、Tさんも楽しい時間をありがとうございました、また飲みに行きましょうねshine

下北沢の「両花」、美味しい酒と料理が下北沢でいただけます、また来ますねheart04

【おまけ】

前日の夕食は広島空港のレストラン街の「お好み焼き村」?にあった「五ヱ門」という店の広島焼き“お好み焼きネギスペシャル”と生中2杯、ビールとの相性は抜群だが、、、ワタシは美味しい関西流のお好み焼きかたこ焼きの方が好きかな、、、 

111020_18000001

あ、マヨネーズは自分で掛ける方式、なので綺麗じゃないですねcoldsweats01

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

下北沢から三軒茶屋を目指す、目的はモツ焼きの「久仁」(くに)です。

【2010年8月20日】

東京 三軒茶屋 モツ焼き「久仁」

“とうきょうのなつやすみ”の2日目、

午前中は銀座松屋で「ゲゲゲ展」を観てgood
午後は吉祥寺で泉谷プロデュースの「マンガ展」を観てcoldsweats01

さて、あとはもう新幹線に乗って帰るだけですが、そうは問屋が卸しません(古い言い回しsweat02)、まだ新幹線の出発時間までには間があります、どこかで飲んで帰りましょうbeer

と、今日はいろいろと候補があります、吉祥寺にいるんだから「いせや」でも良い訳ですが、この前も行ったことですし、ここはあまり行かない東京の西側のお店に挑戦するつもりです。

候補はあれやこれやあるのですが、とりあえず吉祥寺から京王井の頭線に乗ります、
おや、井の頭線のホームは工事中ですね、もともと2つしかないホームが一つだけです、こりゃお客さん捌くの大変そうだわ、、、

急行に乗って渋谷を目指します、途中の駅名を見ながら“富士見台”ってこの線だっけ?なんて思い付きます、同級生が住んでいるはずです、確認すると、、、あれ、全然違うやんcoldsweats02勘違いです。

急行はたしか永福町とか明大前に止まって、次は下北沢です、ここも何度も来ましたね、Mさんといっしょに、良い居酒屋の「両花」、老舗のBar「レディジェーン」でしたっけ?冷麺が美味い中華料理屋も行きましたねshine

と、そんなことを考えているうちにふと思い付きましたflair
で、下北沢で飛び降りました、時間は夕方の16時15分頃、本当は渋谷まで行くつもりだったのですが、良いアイデアを思い付きましたwink

今日のお目当ては三軒茶屋のモツ焼きの「久仁」です、

予定ではいったん渋谷まで出て、東急田園都市線に乗り換えて三軒茶屋まで行くつもりでしたが、まだ17時の開店までには時間が有ります、ならばここ下北沢でおりて、三軒茶屋まで歩いてみましょう、幸い今日は比較的涼しいし日差しも弱いです、これならなんとかなるでしょう、

ということで、下北沢で下車、南口を出てそのまま南を目指して歩きます、たしかこの道をまっすぐ行けば三軒茶屋の駅です、「久仁」はその手前左側にあるはず、はい、たぶん、、あるはずです。

ではでは、鋭意歩きましょうdash
でもゆっくり歩いても「久仁」までは20分か25分あれば確実に着きます、「久仁」は17時開店ですからちょっと早く着きすぎてしまいますね、仕方ないなあ、、、ここでビールを一杯だけ飲んで行きましょうかcoldsweats01

ということで寄ったのが「餃子の王将」下北沢店happy01

100820_16400001

はは、ここにあるのは知っていたので確信犯なのですが、
ここで生ビールと餃子を一人前だけいただいて行きましょう、

100820_16290001

こんな感じ、焼き加減が微妙に分かれていますが・・・
久々の“王将の餃子”、うれしいheart02
ビールもスイスイと入ってあっという間に完食、

さあ、これでガソリンも入りましたhappy01
三軒茶屋を目指しましょう、

なかなか良い感じの住宅街が続きます、適当なアップダウンと少し曲がりくねる道、この辺りも住み易そうですね、下北を離れると、一旦お店も少なくなりますがすぐにスーパーなどがあり、そのうちに商店街らしき雰囲気も出てきてなんとなく三軒茶屋の近づいてきたことを感じていると、、、

いきなりありました、モツ焼きの「久二」shine

100820_17100002

100820_17100001kai

あくまで目立たず、地味に開店しています、時計を見るとちょうど17時頃、我ながら今日の計画の妥当性の高さに思わずほくそ笑みますhappy01

腰を屈めて中を覗くと、それでももうすでにカウンターに大勢のお客さん、このまま入ろうかどうしようかと一瞬躊躇したら、さっとお一人が入店、ちょっとタイミングを逃したのでそのまま一旦三軒茶屋の手前まで歩きます、帰りの駅までのだいたいの距離間を確認して、もう一度引き返して今度こそ「久二」へ入ります、

左手に長めのカウンター、10人以上は座れますね、真ん中に4人掛けのテーブルがいくつか、右手には小上がりがありテーブルが3つほど、ちょっと暗めの店内でお客さんは全員カウンターに着いておられます、

カウンターの中には4人ほど、
一人客であることを示すと、良いガタイのお兄さんが真ん中辺りのお客さんにお願いして、詰め合わせていただき席を作ってもらいます、
は、すいません、では失礼いたしますね、

カウンターはこれでほぼ満員ですが、なんとなく静かです、二人連れのお客さんが3組ほどいらっしゃいますがワアワアと盛り上がる感じではなく、静かにあくまで行儀良くお話しされています、うーん、これはなかなかの雰囲気ですな。

とりあえず、飲み物を注文したいのですが、飲み物のメニューが目に入りません、周りを見回すとみなさんジョッキーに透明の液体と氷、うーん、これは焼酎の水割りかな???と、

「焼酎を・・・」
「焼酎??」

と、目の前の若い方のお兄さんに問い返されます

「えーー、」

お隣のグラスは、やはり見るからに水割りに見えるので、、、

「水割りを・・・」
「はい」

ほっ、なんとか無事飲み物を注文できました、
(あとでゆっくり見ると壁に飲み物のメニューがありました、ビールに焼酎300円也、日本酒、サワー330円也にホッピー、ホイスまでありましたhappy01)

いつのまにか“おしんこ”のお通しが出ています、これって僕のですよね、お隣との間隔が狭いので判断できずお隣の退店まで手を着けられず放置しましたcoldsweats01

料理はなんとかメニューで確認できた「レバ刺し」を
注文、薬味はニンニク?生姜?全部?と訊かれ、「油塩」でお願いします。

カウンターの中には大将とお兄さん、もっと若いお兄さん、あと焼き方さんの4人です、カウンターもテーブルもそう古いものではなさそうですが、店全体の雰囲気は下町の酒場そのもの、好きな感じの店内ですgoodでも、、、ここまできても店の中は静かなまま、とても写真を撮る雰囲気ではないのでここは写真なしです、

「レバ刺し」は豚ですね、臭みもなく美味しいです、

「焼酎水割り」がなくなったので、今度は「サワー」にしてみます、他のお客さんもサワーが多いようです、「サワー」は焼酎の炭酸割りに生のレモンが搾られて出てきます、うん、確かにこの方がモツに合いそうですね、

では、焼き物にいきましょう、“かしら”に“なんこつ”、そして“しろ”をタレでお願いします、モツ焼きは1本100円也です、

焼きタレは濃厚な色合いで甘めですね、これはなかなか美味しいですよ、“しろ”は変わっていてねぎま状態で出てきました、はじめはこれが“なんこつ”かと思いました、

“なんこつ”もこりこりとしていますが上品な部位、
“かしら”もいけます、これで1本100円は良心的ですね、

これでサワーもなくなりそうですが、せっかくですのでもう一杯いきましょう、そして料理はここの名物の「豚尾(とんび)」を注文し、サワーもお代わりします、「豚尾」は字面の通り“豚のしっぽ”です、ここの名物ですがいったいどんな形で出てくるのでしょうか?

と、このあたりでだいぶ店の雰囲気も掴めてきました、常連率は90%かな?お隣には女性3人組、ワタシと同世代?母親?祖母??というなかなかの豪華ベテランメンバーhappy01明るく盛り上がっていだきます、

さて、柔らかく煮込まれた「豚尾」が来ました、文字通り尻尾をそのまま煮込まれたものです、美味しいですし珍しいですね、これでサワーを飲んで、これで出来上がりましたheart02

これにてお勘定にいたしましょう、

3杯飲んで1900円程、最初のお通しのお新香は無料のようですね、餃子が効いたのであまり食せませんでした、次回はお腹を空かせて来ましょう、

三軒茶屋の「久二」、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

あまり行かない東京の西側、でも下北沢は好きなのです^^)~両花

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

下北沢、この響き、いかにも東京です、関西人はきっとここには弱いと思います。

若者の街でしょうが、私も大好きです、なかなか楽しい街ですよね。

ライブハウスもあり、骨董屋も、靴屋も、「餃子の王将」もありますhappy01

【2007年11月23日の記事】

さて、3連休、明日は京都七条サカタニでのLiveだし、がんばろうgood

と思ってたら…
昨晩は帰れませんでした、

さすがに来週のプレの打ち合わせが白熱、途中で「では私は関西へ帰ります」という雰囲気ではありませんでした、というわけで今朝はまだ東京にいます。

昨日の夜の新幹線も、今日の午前中の新幹線も予約は満員です、

紅葉の季節、「そうだ京都へ行こう」というお客さんも多いのでしょう、今朝はなんとか自由席で帰ろうかなあ、京都でバンド練習だしnote

てな3連休初日の朝です、が、出遅れましたhappy01

今日の記事は、東京の西側、あまり行かないのですが、この街は好きで度々出没しています。

下北沢の「両花」heart02

もう4回くらいお邪魔していますが、記事にはしていませんでしたね。

この日は、ちょっとよんどころない用事で下北沢のLiveハウスへnote

そのあと、Mさんに無理を言って呼び出して両花で会いました。

遅れて店に入ったらすでにMさんは名物「さんまのサンドイッチ」を注文済み、私もご相伴にあずかりました(写真は撮り忘れました)。このサンドイッチ、ホントに旨い!!ビールにも合いますです。

このお店、もちろん料理は旨いし、ふっと息を抜ける居心地の良いお店で、どうも下北沢にあるのはもったいないような気がします。

(再掲注)店内が暗いので写真が良くないです、ご容赦ください。

んで、これは「焼揚豆腐」、旨い!!

Photo_17

これも珍しい、「白豚角煮」、トロトロで美味しかったっです。

Photo_18

そして、鳥好きとしてはこんなのもshine

Photo_19

「地鶏の山椒焼き山椒唐辛子添え」、

お店の人とじっくり向き合いながら美味しいものをいただく、居酒屋の醍醐味heart02そんな感じを味わえる一級のお店です。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

あまり行かない東京の西側~代々木上原:ふく→下北沢:Lady Jane

今年になってはじめたこのBlog、毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

昨日は京都に泊まったので更新できませんでした、3月の皆勤賞を逃しました、残念happy01

今日の記事は、代々木上原~下北沢、東京の西側で唯一よく行く地域でございます、あ、荻窪もよく行きますlovely

めずらしく最後はBarにも立ち寄っていますねbar

【2007年8月11日の記事】

もうお昼になっています、暑いですsun

昨晩は飲みすぎました、遅くなったこともあり、珍しく11時過ぎまで爆睡してしまいました。
お馴染みMさんと、想い出す限り8年振りに会ったHさんshine

ほんとに久しぶりですが、8年も空いているとは思えない、記憶のまんまのHさんです。

まずは、代々木上原の焼き鳥“ふく”で集合、(東京の西側に来るのも久しぶりです)
話に夢中で串の方はよく憶えていないのですがsweat02美味しかったですよ。

一仕事してある串のコースをいただきました。
適度な間隔で串も出てきて、スムースに食事とお酒が楽しめます。

Photo_13

つぶ貝なんていう珍しいメニューもあります。(再掲注:最近分かったのですが、東京の居酒屋では結構“つぶ貝串焼き”はメニューにありますね、関西ではあまり見かけたことがないのですが、、、)

Photo_14

コース終わりで追加で串や一品を注文、焼酎のボトルも空けてしまいましたが、これで一人4,000円少々、やはり値打ちのある良いお店ですね。

昔話や音楽の話で盛り上がり、興が乗って下北沢へdash

下北も久しぶりです、下北にあり得べからずなお店sign02でこれまた久しぶりのカラオケ。
Mさんは色気のあるボーカルです、さすがやりますなあ。
Hさんもノリノリの曲でお店を盛り上げてました。(再掲注:よく考えたら二人ともバンド経験ありのミュージシャンでしたnote)

さらに下北で超有名なBar“Lady Jane”へと流れ、シングルモルトの美味い酒で文字通り酔ってしまいました。

Photo_15

久しぶりの東京の西側、懐かしいメンバーでずっぷりと楽しみました、また行きましょうねheart04

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

東京の西側はあまり行きませんが~下北沢「スズナリ」

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

東京の東側から北側で棲息sign02している私としては、なかなか西側へ行く機会がありませんが、この“下北沢”はそれでも何度か探訪しております。

“下北沢”shineこの言葉の響きがなんとも良いですね、関西人はこれでイチコロですhappy01仕事&遊び仲間のMさんが“下北”ご贔屓であるのも、訪問回数が増えた理由ですね。

この頃は自転車で相当遠くまで遠征しており、この日も下北まで飛ばしてますね。最近は当然のように探訪先の居酒屋・酒場で飲むことが多いので、自転車での遠征が減りましたが、健康のことを考えると、また乗ったほうが良いようです(メタボ対策sweat02)。

【2005年11月4日の記事】

今朝は寒いです、秋深し・・・という感じですね。

昨日の「文化の日」も午後から自転車で出かけました。
今回の目的地は世田谷区“下北沢”heart04なんとなく地名は知ってます、若者の街というイメージ、それにLiveハウスもいろいろあったりして・・・「タカダワタル的」での“スズナリ”もあります、うん、スズナリを見に行こう!!

昼食を済ませて、出発、でもまずは東銀座のQBハウスで散髪coldsweats01

1330東銀座出発、ルートはとにかく渋谷を目指すことに・・・晴海通り~内堀通り~虎ノ門~溜池と順調に進みますが、六本木を越える坂がまず第一の難関、東京は大阪に比べてアップダウンが厳しいですsweat01
六本木、初めて自転車で来ました・・・アマンドを横目に見て下りに差し掛かると六本木ヒルズ、今日もここでどんな策略が練られているのでしょうか?happy01(再掲注:文字通り、この頃はここにホリエモンもいて、なんとなく魔の巣窟のようなイメージがありました。)

Photo_3

坂の下は西麻布、昔は霞町と呼んでました、(再掲注:霞町!懐かしい!!80年代は隠れ家っぽい店が多くあり、ミュージシャンなんかもよく見かけました。)

ここから渋谷を抜けるまでアップダウンが続きます。疲れた{汗}ここまで30分。地図で方向を確認して、南平台~神泉へ、淡島通りに入って、駒場~代沢で名も無い通りを右に、勘で走ったのですが、結構最短距離で南側から下北沢へ接近しました。

いきなり街の雰囲気が変わって下北沢に到着実感、リーズナブルでカジュアルな店が並んでます、POPなグッズ店、センスの良い骨董品店、イタ飯と学生向けボリュームの店、靴屋(安い!!)
そして、ありました、ザ・スズナリ・・・heart01

Photo_4

ここで渡さんのLiveが聴けたら良かったのに・・・1年転勤が遅かったですsweat02

下北沢では京王井の頭線と小田急線が交差しています、駅の南側は若者の街のイメージが強いですが、北側は地元の方の生活の臭いがします。私好みの焼き鳥屋でもないかな?と北側へ・・・昔ながらの市場らしき一角にありました、ありました。

Photo_5

「三好野」、焼き鳥屋さんのようで、カウンターのみ7~8人で満員、午後3時過ぎでしたが、満員で盛り上がってましたよ。(再掲注:この店は現在はあるのでしょうか?今度、行って確かめなきゃ。)

あと、線路沿いの気になったBar・・・

Bar

帰りは道も分かっているので飛ばしました、下北沢→中央区、55分で帰ってきました。
走行距離はおよそ25Km超というところでしょうか、いい運動になりました。

(記事再掲ここまで)

ホント、この頃も(今も)ミーハーで、映画「タカダワタル的」に出て来たスズナリ、それまで名前しか知らなかった場所が見れるというだけでうれしかったものですheart02

好奇心旺盛というより、やっぱり“ミーハー”ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)