カテゴリー「吉祥寺国立」の11件の記事

2014年4月 3日 (木)

大雪の東京、移動もままなりませんが開いていたのでつい、、、吉祥寺の「いせや」。

【2014年2月14日(金)】

東京 吉祥寺 「いせや」

今日の東京は大雪の予報です、

午前中はまだましでしたが、午後からは津々と雪が降っています、

そんな中、三鷹でお仕事です、昼頃について「三鷹」駅前の立ち食い蕎麦屋で昼食、

045

バスで目的地まで、この時すでに雪は積もり始めていましたが、、、

仕事を済ませた4時間ほど後の帰路は、、、まともに歩けません、一面の雪景色です、参ったなこれは、

046

今日の夜は飲み会の予定を入れています、

それまで少し時間があるので久しぶりに吉祥寺でも流してみようかと考えていたのですが、すでに中央線がほとんど動いてないようだったので「三鷹」駅から「吉祥寺」駅までメトロ東西線で一駅移動、とりあえず降りてみました、

しかし、この頃には歩道にも雪が積もりツルツルと滑ります、靴底がつるっと平板なバックスキンのブーツ、これではとても歩けません、ハモニカ横丁を流そうかと思っていたのですが断念、

それでもここが開いてたら、と向かったのが「いせや」、吉祥寺に来たのはおそらく2年半ぶり位なのでなんとしても行っておきたいのです、

でも、この雪の中で営業してるかな?臨時休業なんてことも十分あり得る天候です、ドキドキしながら、ツルツル滑りながらガード下からの僅かな距離をゆっくりと進みます、

見えてきました、「いせや」、

058

一瞬休業かと思いドキッとしましたが見間違いでした、店内に明かりが見えます、ヨカッタ、営業しています、

さすがに立ち飲みコーナーは寒そうに思えたので店内に入ります、

入り口には“大雪のため早めに閉店するかもしれません”みたいな貼り紙があります、そうですよね、開いていただけめっけものです、

カウンターの一番奥に案内されます、

こんなに寒いのにまずはビールにしましょうか、なにげに生ビールを頼みましたが、、、あ、ここはサッポロの瓶もあったんだ、失敗、瓶にしたらよかった、

052

それととりあえず「おしんこ」も下さい、

053

ふ~、これで一息つきます、では、、モツ焼きも頼みましょう、「タン」、「ハツ」、「ガツ」、「つくね」を塩で一本づつね、

モツ焼きが焼けるのを待ちながらゆっくりと飲みます、

こんな大雪ですが店内は6分ほどの入りがあります、

みなさん、飲んでますね~、雪見酒てなもんです^^)、周りでは温泉旅行の話とか、古い映画の話、中央線が運転していないのは事故の話などなど、外の荒天とはうらはらにのんびりした会話が聞こえてきます、

モツ焼き到着、

054

大振りのもつ焼き、久しぶりです、

燗酒をお願いします、まさしく雪見酒になってきました、

055

あ、カウンターの上には梅エキスらしい瓶もありました、

056

そうそう、ここは焼酎って頼むと普通にストレートで出てきます、焼酎ハイボールにしたいときは別にソーダと氷のセットを頼むんだったな~、忘れてたわ、ほんま久しぶりやし、、、

さて、長居は禁物です、

電車が動かなくなると都内まで戻れなくなるかもしれません、早めに都内までは戻りましょう、これでお勘定です、1420円也、久しぶりの吉祥寺「いせや」の雰囲気を堪能いたしました、また来ますね、

そうそう、夜の会食はこの時点で中止になりました、そりゃそうだね、これで酔っぱらうとほぼ確実に転んでしまいそうです、無理はしないでおきましょう、残念ですがまたの機会ですね、

では、とりあえずまだ中央線は止まっているようなのでメトロ東西線で都内を目指します、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

初めての「国立」探訪です、迷うことなく駅近の「うなちゃん」へ、エエ感じで飲ませていただきました、そして「まっちゃん」にも^^)

【2012年3月8日(金)】

東京 国立 「うなちゃん」~「まっちゃん」

さて、週末のこの日、国立へ来ていますhappy01

遠いですよね、国立、ワタシも初めて来ました、なぜ来たかというと、、、はい、こちらの本の影響です、

マイク・モラスキー著『呑めば、都』の影響です、

Photo

いろんな酒場本が出ていますが、この本はホントに面白かった、

すっかり根っから心身ともに(?)インスパイアされましたshine、だいたい外国人(あ、このステレオタイプな視点はマイクさんに怒られそう)がここまで日本の酒場に深い理解を示し、その魅力とそれを生み出した背景を精密に調べ上げていることに驚きました、大学教授だから当たり前?いやいや、ほんとに素晴らしい文章でありました、ワタシが書いているこのBlogなど吹き飛んでしまう完成度なので、そういう意味では大いに悩ましい問題でもありますが(写真掲載の無い本でしたので、せこせこ写真を撮ってる自分に嫌悪感も沸き起こります)、、、まあ、教授には敵わない、外国人選手には敵わない(選手ちゃうしhappy01)、とりあえずワタシはカモメ(なんのこちゃcoldsweats01)、このまま酒場巡りを推し進めていくわけでありんす、、、

でも、やはりこの本で紹介されていた店には行きたいんだよ~、

とくにね、今まで足を踏み入れたことのない街には俄然興味が湧きますshine、本を読んで思い浮かべたその街のイメージを、膨らんだ店のイメージ実際に見てみたい欲望は抑えきれません、

ということで、先般は「溝ノ口」へ行きました、そして今日はいよいよ「国立」へ突入であります、

夕方、仕事終わりで東京駅へ、今日は泊りですので新幹線に乗らずに中央線快速電車に乗ります、

「国立」駅に停まりますね、確認、でも“中央特快”のほうが「国立」には早く着くようです、東京単身赴任時は中央区佃に住み、主に東側の酒場に魅かれていたので東京の西側は未開拓です、「国立」へ行くのは初めてなのでこの辺りの感覚全くないのですが、まあいいや、ゆっくり行きましょう、本でも読みながら、、、

と新宿を過ぎた辺りで寝落ちましたhappy02、駅に停まる度に何度か目を覚ましますが距離感がよく分からないので、あとどれくらいで着くのか???でまた寝て、、、と、ハッと目を覚ますと「国立」駅でした、おっとっとあぶないあぶない、寝ぼけ眼で電車から飛び降ります、

あは、あっという間に着きましたね(寝てただけやdash)、

とりあえず改札口を出ます、なんとなく南側の駅前を眺めます、初めての国立、なんとなく期待通りのような雰囲気だけど、ちょっと思ったより小さい駅前のような感じもしました、

今日のお目当ての2軒は駅から近いようです、

念のためスマホの地図アプリで確認(これも使わない方があちこち歩けていいのですが、やはりつい使っちゃう)、うん近いですね、では適当にそちら方面を歩いてみますか、適当に見つかるでしょう、

中央線沿い南側を東に向いて歩きます(京都人は東西南北で移動を考えます)、、、

といきなり「まっちゃん」がありましたflair

もつ焼きのお店です、あら~なんだか簡単に当たってしまいましたね、大概ちょっと迷ったりするものだのですが、すぐ見つかるなんて、、、これはこれでまだ結構な事なんですが、あっさり見つかるとちょっと物足らなかったりするのです、

とりあえずまずは1軒目を確保して、もう1軒の方へ行ってみましょう、「まっちゃん」の角を北へ曲がって中央線ガード下をくぐります、こちら側にはもう1軒のお目当て「うなちゃん」があるはずです、

と、ガード下をくぐると右手にいきなり「うなちゃん」がありましたflair

これにはビックリ、なんとなくこちら方面という認識でしたのであららって感じです、今日はめちゃ早い発見です、

こちら「うなちゃん」は“うなぎ串”の店のようです、

052

“うなぎ串のお店”、

東京には結構あって、焼き鳥と併設で“うなぎ”の看板を上げている店もちょいちょい見かけます(先般訪問した溝ノ口の「いろは」もそうでしたね)、確か新宿思い出横丁にもありました、ところが関西ではこういうスタイル、つまり“酒場な感じでうなぎを串で食す”(それも結構安価で)というスタイルの店はないように思います、いや、あるのかもしれませんがワタシはまだ行きあたってない、スタンダードなスタイルではないことは間違いないと思います、

さて、どんな感じの店なのかな?と近寄ってみると、、

あれ?もうお客さんが入っていますねsign02、開店まではあと10分くらいありますが早めに店を開けておられるのでしょうか?(立石の「宇ち多”」みたいに周りに迷惑にならないよう行列を捌くために早く開ける店もありますからね)、うむ、なんかこのまま店に入るには早すぎるような気がします、まだ国立に降り立って5分くらいしかたっていません、なんかもう少しぶらりと歩いてから、お!こんなところにありましたか、みたいな感じで入るのが好きなんですが(なにを贅沢ゆうとるcoldsweats01)、、、

と、一旦「うなちゃん」もスルー、

もう一度ガードをくぐって南東側を少し歩いてみることにします、ね、せっかく国立まで来たんだからいろいろ歩いてみましょうよ、が、あまり飲食街、飲み屋街みたいなのは見つかりません、やはり綺麗な街ですよね、なんか嗅覚をくすぐる街角が見つかりません、う~ん、あまり歩き過ぎて「うなちゃん」が満員になったらどうしよう、という嫌な予感も過ります、こういう時は素直になりましょう、探訪は一旦あきらめてまずは「うなちゃん」入店を目指しましょう、

ふたたび「うなちゃん」の前に戻りました、

うむ、確かに大将がカウンターの中で働いておられますし、お客さんが複数人、コの字カウンターに陣取っておられます、やはり開店しているようです、ではではガラス戸を引いて入ります、

すいませ~ん、いらっしゃい、

いつものように指で一人客であることを示します、どうぞ~と大将に受けていただきます、店はコの字カウンターのみ、すでに各辺にお客さんが座っておられます、右手奥の方のカウンターが空いているのでお客さんの後ろを通って入って行こうします、お客さんの背中とガラス戸戸の隙間は狭いです、すいませ~ん、見たいな感じで行こうとすると、大将から指示が飛びました、スイマセン、あっちの入り口から入ってもらえますか、あ、はい、見ると右奥にも小さな入り口があるようです、了解、一旦表へ出てぐるっと回り込み中央線高架と店の間に入り込んで奥の入り口から入ります、こちら側は表が一段高くなっているので店の床とは大きな段差があります、よいしょっみたいな感じで無事入店ですwink

初めての店なので要領が分かりません、一番緊張する瞬間です、

さてどうするか?ドキドキです、でもカウンターの中のお母さんが優しい声を掛けてくれました、飲み物は?ほ、おおきにです、そう訊いてもらえると助かります、ではビールをお願いします、3銘柄ともあるようなのでサッポロをお願いします、

そして、さらにお母さんがナイスな一言をかけてくれました、今準備していますからね、出来次第料理を出しますので、あ、はい、一通りでイイですか?、はいはい、それでお願いしますlovely

なるほど、この状態、開店前のお待ち時間だったようです、

てっきり営業中かと思っていましたが違います、まだどなたにも“うなぎ”は供されていませんでした、大将が一所懸命に串を焼いておられます、それを常連さんが待っておられるのです、その間にもお酒は出てきます、ワタシの前にも瓶ビールとキャベツの浅漬けが出てきました、

054

まあこれでうなぎが焼き上がるまで待っててくださいね、ということです、イイ感じですねshine、こうやって先に飲んで待っているといやが上にも味覚中枢が興奮してきて美味しくいただけるというものです、

メニューは短冊が上っていたような気がしますが忘れました、

お母さんが云ってくれたように“一通り”をお願いしているのでもうここはお任せです、待っている間のメニューも少しあるようで、別オーダーのお新香だったかな?それで飲んでおられる先客もいらっしゃったような、焼酎の水割り(か、ソーダ割?)セットなんかもあるようです、、

あ、それとBGMは“クールファイブ”でしたhappy02、それもずっとhappy02、まったく問題ありません、

そろそろとその時が来たようですheart01

お待たせしました、ということで順次お客さんに“うなぎ”が供されます、もちろんワタシにも回って来ます、おおきにで~す、

まずはこれ、、、

056

美味しいですlovely、、、でも、これって、、、よく分かりません、うなぎの料理名部位など全く知識なし、これは「くりから焼」で良いでしょうか?どや?happy01



ビールを少し残してぬる燗をお願いしてみます、

大丈夫です、お母さんと若いお姉さんがテキパキと対応してくれます、燗器のチロリで燗してもらいます、この辺りも気持ちいいですね、

次はこれ、「きも」だったかな~、忘れました、

057

そしてもう2本、この辺りが「ひれ」とか「あたま」とかですかね?

061

ゆっくりと出てくるので、ついお酒も進みます、ぬる燗、お替り下さい、

この頃には続々入店、ほぼ満員になって来ました、どうやらワタシ同様出張で来られた方、初めて息子さんを連れて来られた方、エエ感じで暖まって来ました、

最後はこれ、

063

これは「白焼き」でイイのですかね、これもホント美味しいですheart02

並びの常連さんは「白焼き」を特注のようです、串ではなく普通の「うなぎのかば焼き」状態のモノです、これも見ていて美味しそうでしたね~、

お母さんに一応確認、これでお終いですか?はい、これで一通りです、

はい、お酒も2杯飲んだのでこれでお勘定にしましょう、2500円也、美味しかったのはもちろんですが、お店の雰囲気がよろしい、開店前準備段階からビール、一通りの料理開始、そしてぬる燗へと気持ちよく飲めました、良い店ですね、国立の「うなちゃん」、また来ますねheart04

さて、三度中央線のガードをくぐって南側に戻ると、

064

はい、「まっちゃん」が開店しています、これはもう入らない訳にはいかないでしょう、お酒も入っているので躊躇はありません、各々方入りまするぞdash

大き目のコの字カウンターとテーブル席もあったような(たしか)、

早くも8分の入りです、右手奥のカウンター席が空いていますのでそこへ着きます、目の前で燗酒を手配しているのでワタシもぬる燗をお願いします、肴はえ~っととりあえずお新香をくださいな、

068

若いスタッフが多い、というか全体に思ったより若い感じの綺麗な店内です、お客さんもバリーエーション豊かで比較的若いお客さんもいらっしゃいますが、一人で綺麗に飲む紳士や、結構酔っぱらっている常連のオッチャンもいらっしゃいましたhappy02

066

ここはやはりもつ焼きで行きましょう、1本づつの注文でイイということですので、まずは好物の「かしら」と「タン」を注文、

070

やや大振りの串、インパクトあります、肉質も上々で美味しいですね、

お値段は「かしら」が@170円也、「タン」が@150円也と、そこは国立価格(そんなんあるのかな)でございますが、ボリュームもあるしエエんじゃないでしょうか、

ふと並びのカウンターをみると見た顔の方と目が合います、

あれ?知人??かと一瞬思いましたが、、、先程「うなちゃん」におられた方ですhappy02、どうやらワタシの後に「まっちゃん」に回って来られたようです、どうも、ってな感じでご挨拶、地元の方とお見受けします、いいですね、こんないい店が2軒もあって、ワタシなら毎回梯子間違いなしです、

そして「ナンコツたたき」と「ガツ」、

071_2

この「ナンコツたたき」170円也というのが変わった食感でした、普通のナンコツのあのコリコリ感ではなく、フニャと生っぽいナンコツ、珍しいですね、初めて食しました、

2軒目なのでこれでお勘定にしました、1720円也、

店もちょうど満員になっていますので早々に出ましょう、「まっちゃん」のもつ焼きももっと味わいたいですね、もし次回「国立」に来たら、まずは「まっちゃん」に入ってもつ焼きを端から全部頼みたいです、また来ますねheart04

よかったね~、初めての「国立」探訪、うん、機会があればぜひまた来たい街になりましたわ、さてホテルに戻りますか、、、

それでも、帰りがけにいきなり中野で降りています、

なんか久しぶりに中野の飲み屋街を徘徊したくなりました、で「中野ブロードウェイ」東側の一帯を歩き回ります、

084

何やら並んでいるのは「川二郎」というこれまた“うなぎ串”の店です、じつはふと思いついて空いていたら入ろうと目論んだのですがお待ちたくさんでした、ここは次回のお楽しみに残しておきましょう、

次回は久しぶりに中野も攻めてみるかなgood

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

暗くなってから飲むのが不健康に思える、吉祥寺「いせや 本店」で昼飲み。

【2011年2月19日(土)】

東京 吉祥寺 「いせや 本店」

この週は飲み会が多かったです、

17日の木曜日は道頓堀の「ふじ井」から心斎橋の「福耳」へ、

18日の金曜日は急遽東京出張になり、そして仕事終わりで新宿の「世界の山ちゃん」へ行きました、そう、あの名古屋発祥、手羽先の「世界の山ちゃん」ですね、たまたまよく知っているメンバーでの飲み会があり誘っていただきました、この会の名前がなかなか面白い、「山王会」というそうです、分かります?分かりませんよね~、「山王会」は“世界の山ちゃん”か“餃子の王将”でたまに飲む会だそうですhappy01飲み会のコンセプトとしては相当シャープですgood

さて、翌19日の土曜日の仕事終わりは渋谷です、

時間は15時頃、さてどうしましょうか?この日は夕方の新幹線で関西へ帰りますからあまり遅くまでは飲めません、もう少し早く終わるようなら吉祥寺の東急百貨店で開催中の「忌野清志郎写真展」(すでに3月9日で終了)を覗こうかと思っていたのですが、この時間ではちょっと難しい、、、

でもやっぱり吉祥寺へ行きましょうdash井の頭線で20分とかからないでしょうwink

お目当ては「いせや本店」です、

「いせや公園店」へは昨年2010年7月に行きましたが、「いせや本店」への訪問となると2009年7月以来、単身赴任を終えて関西へ戻る日、引越しの前日に訪問して以来となります、、

公園口を出て「いせや本店」を目指します、15時半過ぎですが、、、混んでますねcoldsweats01

110219_15100001kai

皆さん昼酒をやってますgood中のカウンターも混んでいますのでここは表の立ち飲みで行きましょう、底辺が短いL字カウンターの角の辺りが空いています、底辺はお持ち帰りのカウンターですので空けておかないといけません、こりゃギリギリでしたね、飲み物は、、、“焼酎のソーダ割り”を飲みたかったのですが、「酎ハイですね」と返され、「あ、はい」と応えてしまったのでチューハイ320円也になりました、自分でソーダ割を作りたいときは焼酎とソーダを別々に頼まないといけなかったのかな、、、頼み方を忘れてしまいました、ぎゃふんheart03

焼き物は大振りで@80円也と相変わらずお得感タップリです、まずはタン、カシラ、つくねを1本ずつ頼みます、1本ずつ頼めるのも嬉しい、

と、目の前の焼き台で焼いてもらうのですが混んでいますね、これは少し時間が掛かりそうです、チュウハイはすぐに着ましたので少々口が寂しいです、思い立って「煮込み」330円也を追加します、

110219_14400002

こんな「煮込み」でした、っけ?久しぶりなのでこれまたすっかり忘れていますheart03とりあえずこれでチューハイをいただきます、

そして、焼き物が着ました、

110219_14430001

はい、やっぱりここのモツ焼きも美味しいですね、@80円也は値打ちです、
ここらでチューハイが無くなったので燗酒300円也に変えます、

おっと、お持ち帰りのお客さんが来られました、常連さんでしょうか?注文はすばやく『タン10本!』、ほ~~、男前な注文ですなhappy02よほどの“タン”ファンとみえますshine

焼き物を追加しましょう、ひなどりともう一度カシラにします、燗酒も追加、おっとそれにお新香も注文します、ここらで30分ほど経っています、そろそろ時間ですね、

ひなどりも美味しいlovely

110219_14540001

110219_14590001

さて、これでお勘定にします、ご馳走様でした、

皆が昼酒の「いせや」、健康的に明るく飲む!!って感じlovely昼酒のうしろめたさなど微塵もありません、いや、暗くなってから飲むことが“不健康”にさえ思えてしまうほどの「いせや」の健康的昼間飲酒ですhappy01

110219_14420001kai

カウンターで飲んでいる皆さんを見ていると、ふとそこに高田渡さんがいそうな感じが、、、いや、いてくれたら嬉しいなあ、と思ったまでです、ここで会えなかったのが心残りですね、

吉祥寺の健康昼飲み推進ランドマーク焼き鳥の「いせや本店」、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

東京のなつやすみ、吉祥寺「いせや」 → 月島でもんじゃ「おしお」 → 門前仲町「魚三酒場」。

【2010年7月17日(土)】

東京 吉祥寺 「いせや公園店」

この日は東京での夏休みの2日目sun

10時30分頃に吉祥寺に到着、
この日の目的は正体不明の町興しイベント『きちじょうじのなつまつり』に参戦することです、

100717_10550001

100717_10590002

元伊勢丹らしい“FF”ビルの7階にある吉祥寺美術館で泉谷しげるのアートオブジェなどを鑑賞し、

Kai

灼熱のハモニカ横丁を流します、
と、そろそろ時間は昼前、この日は3人くらいが吉祥寺昼呑みに付き合ってくれる予定ですが、スタートは14時頃、まだ時間があります、軽く昼ご飯をいただきましょう、

候補は何軒かあり、こちらはつけ麺ですね、もう並んでいますsweat01

100717_11380001

こちらは「ゆであげ生麺」のパスタ専門店、ここの行列は凄いですねsign01

100717_11370002

そして、ここは以前来た時もありましたね、
海鮮丼のお店、ここも入りたいけど・・・

100717_11360002

結局、ワタシのチョイスは、、、「富士蕎麦」です!!flair

100717_11360001

なんじゃそりゃcoldsweats01

いえねー、どうも蕎麦が食べたかったのでねえ、自分でもどうかと思いましたが、入ったのだから仕方ないhappy01
注文は冷たい「ゆず鶏そば」、はい、イメージ通りの軽い昼ごはんでOKです。

100717_11420001

このあと、FFビルのコンコースで休憩、
30分ほど読書、そして30分ほどウトウトと昼寝sleepy



その後はLOFTや他のお店をひやかして、ハモニカ横丁で短パン購入を検討、最後は駅前のギター屋で小物を購入すると、、、
そろそろ14時です、
ではでは、公園口改札の方へ回って昼呑みメンバーを待ちましょう。

別々の約束だったのですが、偶然ほぼ同時に二人が到着、
TさんとYさん、もう一人は少し遅れるそうなので3人で「いせや」を目指します、
団体ですからね“公園店”の方が座りやすいですね、

毎度の井の頭公園へ通じる道を歩きます、暑い日だけど人で賑わっていますね、

「いせや公園店」は奥が深い、懐が深いですから3人でも即入店できましたが、ほぼ満員状態、すぐ座れたのはラッキーでしたね、

100717_14210001

まずは3人全員生ビールで乾杯です、
エアコンは利いていない「いせや公園店」ですが、ビールを飲むにはちょうど良い感じの程良い暑さwink

料理は名物「しゅうまい」、「中華ガツ」に焼き物を少々、

100717_14190002

100717_14190001

時間帯のせいか、料理はあまり進みません、がビールは進みますbeer

100717_15030001

この後、Kさんも合流して話が弾みます、
ワタシは飲み物を焼酎も水割りにしますが、焼酎もジョッキで出てくるのが嬉しいですね。

料理も少し追加しますが、相変わらず飲み物が進みます。

気が付けばもう2時間半程呑んでますね、そろそろ行きましょうか?
次回もこのメンバーで飲むことを約束してお勘定にします、4人で6000円ほど、

Tさんは夕方からも別の飲み会があるとの事でここで別れます、
ありがとう!また、東京で飲みましょうねheart01

残った3人で井の頭公園へ降りると、すぐそこで風船パフォーマンスの大道芸の真っ最中、なかなか立派な大道芸でしたgood

100717_16510001

さて、次はどうしますか?と、Yさんがもんじゃを食べたことがないとのことsign02
もう25年くらい関東に住んでいるのに!と、驚きつつ「月島」まで大移動することに、

もんじゃストリートを少し流して「おしお」に入店、
“めんたい餅チーズ”にYさん、大感激、よかったよかったhappy01

100717_18420001

ではでは、2人ともここで別れて、ワタシはホテルを目指しますが、乗換えが門前仲町、
「魚三酒場」があるじゃないか、とふらっと改札口を出てしまいcoldsweats01仕舞い間際の「魚三酒場」に入ります、

1階はまだお待ちの人がいましたが、2階は空きがありました、懐かしの手前のカウンター担当のお母さんがいらっしゃいます、

「マグロ赤身」とお酒を冷やでいただきます、

100717_20350001

奥のカウンターの中にはお父さんが、もう一人こちらのカウンターにも知らないお母さんがいらっしゃいます、
そうだflair同級生のMONさんに教えてもらったんだ、奥のカウンターを担当していた娘さんが出産で休んでいるとか、

などと考えていたら、その話題が他のお客さんから出ました、
馴染みのお母さんから、つい先日、無事出産された聞きました、それはそれはめでたいことでありますshine

ほんとうならもう一杯くらい呑んで帰りたいところですが、
昼から飲んでいるので、今日はもうこの辺りにしておきます、

一杯でお勘定すると馴染みのお母さんがから一言ツッコミが、

「スイマセン、今日は3軒目で」
「いやだね」
「ごめんなさい、転勤になってそうそう来れないから、、、」
「あら、そうなんだ、じゃあまあ良いかhappy01

なんて言いながら退店、門前仲町の「魚三酒場」、
ほんと一杯だけで申し訳ない、じゃああらためてまた来ますねheart04

ふーーー、とうきょうのなつやすみは、、、のみすぎましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

吉祥寺の「いせや本店」、もうしばらくは来れないですねえ、

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

ついに高田渡さんに会えなかった吉祥寺の「いせや本店」、

私が東京に居る間に、改装のため閉店、そして新装開店しました、

この日もライブの前にちょっと一杯beer

【2009年11月3日の記事】

2009年7月の末、

この日は、朝から東京宅の引越し準備、
いらないものをどんどん捨てていきます、いやー、4年半住むといろんなものが家の中に溜まっていましたsweat02

で、16時頃には一段落させて、東京駅へ向かいます。

吉祥寺のライブハウス「マンダラ2」でなぎら健壱さんの『マンスリー・ライブ』に参戦する事にしました、
この日、新幹線で上京のウチのカミさんと東京駅で合流、そのまま中央線で吉祥寺を目指します。

30分ほどで吉祥寺に到着、時間は18時30分頃、
ちょうどライブハウスの開場の時間です、ライブ開演は1時間後の19時30分からです、
どうしようか、ちょっと思案していたのですが、軽く、ほんと1杯だけ「いせや本店」で飲む事にしましたhappy01

「いせや本店」が改装のため閉店した日にウチのカミさんも来たのですが(それも関西から日帰りで)、
カミさんはそれ以来の「いせや本店」、新装成った「いせや本店」は初めてなので、ぜひ行っておこう、、と、(「いせや」に貪欲やなあcoldsweats01)

駅から数分、「いせや本店」は今日も賑わっております、
奥のテーブル席の方はちょっとお待ちがあるようです、時間がないので、表側の立ち飲みカウンターで飲む事にしました。

1_5

カウンターに付くなり、「生ビール」「冷奴」「シュウマイ」を注文、
さらに焼き物で「かしら」「タン」「ガツ」をお願いします。

ビールはすぐに着ましたから乾杯!!

前はこのカウンター、道路にそのまま面していたのですが、今は透明の仕切りみたいなものがあり、ところどころ切れているところから出入りするようになっています。

そのせいではないのですが、入った時はそうでもなかった“焼き物の煙”が風向きによって、すごい事になります。
うーん、これはちょっときびしいなあsweat01

「冷奴」と「シュウマイ」が到着、急いでがつがつと食べます、

2_5

3_4

結構ボリュームがあるなあ、急いで食べるにはちょっと頼みすぎたかも・・・

焼き物も到着、これもがつがつといただきます、

4_3

(またまた写真失敗heart03)

煙も相変わらず、きびしく吹いてきます、

もうちょっとゆっくりしたかったけど、もう時間がない、、
20分くらいの滞在で失礼します、

もう、来る事もあまりないでしょう、
でもまた来たいなあ、吉祥寺、「いせや本店」heart02

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

新装開店!!でも早くも老舗の風格も~吉祥寺いせや本店

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

吉祥寺のいせや、

家からは東京の反対側、結構遠いのですが、、、結構行きましたcoldsweats01

渡さんはいませんが、2008年6月4日に本店が新しくなりました、

【2008年9月7日の記事】

ヒヤヒヤしましたが勝ちましたね、

日本代表のW杯最終予選、
苦しい時間帯で得点できて余裕で観ていたのですが、2点立て続けに失い、楽な時間帯が一転して緊張のロスタイムになりました。
いやー、サッカーは怖いなあsweat01

06年9月25日に建て替えのため一旦閉店した“いせや本店”が08年6月4日に再開店しました、
遅まきながら7月末に行ってきました、

1_5

お、外観はなんとなく以前の雰囲気を再現していますが、
なんとなく太秦映画村みたいな感じもhappy01
上にはマンションが連結されております。

外側の立ち呑みカウンターは以前のレイアウトのままですが、向かって左側の入り口がなくなってしまったようです、向かって右手入り口から入って、店内のカウンターに着席、ビールを注文、焼物が時間掛かるかもしれないので、とりあえずシュウマイを注文。

2_5

シュウマイでビールをいただいた後は、焼酎に炭酸のセットを頼んだら、、
ほんとに焼酎をグラスに注がれ、炭酸のビンを置かれましたsweat02

3_4

「これでは飲めんぞ!!」と唖然としてたら、
「グラスと氷も持ってきましょうか?」
そりゃそうだ、お願いしますlovely

焼物は“カシラ”と“ハツ”を頼みました、

4_5

大振りの串が1本80円はそのまま、この価格はうれしいです、
大味ですがまあこれが「いせや」ですから、

5_4

焼き方のお兄さんはなかなかのイケメンです、いやホントに!

新店舗とはいえ、中の感じは早くも風格を感じさせます、

焼物を焼く、焼き台というのでしょうか、串をのせて焼く台は以前のモノを使用されてるようで、年季が入っていますし、お兄さんの仕事着も年季が入っています、新装開店だけど仕事着は新調じゃないのかな?もしくはもうあんなに汚れてしまったのか?

中は以前のお店がそのまま残っているような感じです、いいんじゃないでしょうか、以前と変わらぬ雰囲気で飲めますねheart04

この日はこの後、大森へ行く事にしていたのでここまでで退店、

渡さんはこの新しい「いせ屋本店」をどんな風に見てるんでしょうね。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

またまた見逃しておりました!! “いせや”本店がすでに再オープン!!??

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

吉祥寺の「いせや」、

遠いのですが、この4年ほどで何回いっただろう??

高田渡さんはいないけど、、、

ついこの間も、平日にもかかわらず、行ってしまいましたhappy01

土曜日の明るいうちから飲むのも良いですな、

渡さんがいればもっとよかったのに、、、

【2008年7月22日の記事】

3連休明けの火曜日です、
ちょいと会社へ行くのが億劫な朝です。

吉祥寺の“いせや”本店、、

高田渡が毎日のように飲んでいたこの店

映像でみて、どんな店だろうと興味はあったのですが、まさか東京に転勤で来るとは思ってなかったので、まさか自分が飲みに行くとは思っていなかったのですが、

05年1月に東京に単身赴任、

そのうち“いせや”で渡さんと飲もうと思っていた矢先の05年4月16日、
渡さんは逝ってしまいました。

なので、その後に、一人いせやを訪問して渡さんを偲んだのです、
私の東京居酒屋巡りのきっかけとなった、、という1店でもあります。

そして、この“いせや”本店も06年9月25日をもって建て替え改装のため一時閉店、
この最後の日には私も飲みに行きましたhappy01

1_5

もともとのオープン予定はこの08年春頃だったと思うのですが、調べてみてもオープン情報がなく「遅れるんだろうなあ」と油断してしばらく情報収集してなかったのですが、
その“いせや”本店がオープンしたらしいですsign01

すでに08年6月4日に再オープンしているようです。

2_5

あら、外観は以前と似てますが綺麗になってますね、
新築だから当たり前かcoldsweats01

上のほうはマンションになっているようです、

知りませんでした、とにかく今週か次の休みには必ず行きますheart04

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

本店の新装開店はいつなんだろう^^) 高田渡生誕祭59の日の昼食は、"いせや公園店"へ。

今年になってはじめたこのBlog、ほぼ毎日更新しています、ぜひご愛読くださいheart02

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』(本家)、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

吉祥寺のランドマーク"いせや本店"はめでたく2008年6月に再オープンしましたね、

この記事の時は"いせや公園店"しかなかったのです。

今年2009年の「高田渡生誕際60」は4月に行われましたが、、、欠席しましたhappy01

来年は行きますよおhappy01

【2008年2月17日の記事】

昨日の草野球、
初めて神宮公園の野球場へ行きました、
練習試合なので出場もさせていただき、1打数0安打(ショートゴロ)、
でも、守備(セカンド)中はやはり寒い、ちょっと風邪気味でありまする。

そして、今日は東京マラソンです、

家の近くのコースまで出て応援するつもりですが、
昨年は雨?の中、結構長い時間応援して、風邪をひいた覚えがあります。
今年も風邪ひくのか??sweat01

1月の土曜日、「高田渡生誕際59」に参戦のため久しぶりに吉祥寺へ、
開場は15時、
ウチの奥さんは12時過ぎに関西から東京駅に到着、
そのまま中央線で吉祥寺へ、

13時前には吉祥寺へ到着、いろんなお店をひやかしながら、お目当ては当然"いせや公園店"ですlovely

昼食、というより昼から1ッ杯ですbeer
はは、明るいうちのビール1ッ杯は至福の宝ですねheart04(なんじゃそれは)

まずはやはりモツ焼き、塩で数種類いただきました、相変わらず写真を撮るのを忘れて、残骸状態、しっし失礼sweat02

Photo_15

そして湯豆腐、
この日は寒かったので、いせやで初めて鍋物をいただきました、これは良いです、湯豆腐をつつきながら日本酒を一献です(おいおい、日本酒も飲むのかい)。

Photo_16

あとは、壁に貼ってあるメニューで気になった"おたのしみ"の揚げ鯖sign02

Photo_17

なるほど、確かに揚げ鯖だわcoldsweats01

こうして、腹ごしらえ、良い気分になって長丁場(確か5時間超)の「高田渡生誕際59」を乗り切るパワーをつけたのでありましたdash

そういうと、2006年9月に閉店した"いせや本店"、
ビルを建て替えての再オープンは確か今年2008年の春?とか秋?とかいう情報がありましたが…
どうもまだ決定していないようです。
早いもんですネエ、もうすぐ新"いせや本店"に行けるかもしれません。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

行きましたあ^^)06年9月吉祥寺「いせや本店」最終日~まつや

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

おお、早くも2006年秋に一旦閉店した吉祥寺の“いせや”の記事が登場です。

早いもので、一旦閉店したのが2年と4ヶ月前、

再開店はえええーーっと、2008年6月4日ですね、新店訪問の記事はこちらで。

一旦閉店の最終日のこの日に関西から駆けつけました、ウチの奥さんもなぜか日帰りで来ましたhappy01おいおい、居酒屋に来るには遠すぎるでしょうcoldsweats01

【2006年9月26日の記事】

吉祥寺いせや本店、昨日25日(再掲注:2006年9月25日(月))で一旦閉店しました。

2005年1月、転勤で東京へ単身赴任して来る前はよく知りませんでした、
映画「タカダワタル的」や他の映像でよく出てきたこの店、どこだろう?とぼんやり思っていました。
その後、どうやら吉祥寺にある「いせや」であることを確認、転勤した時は『そのうち行って、高田渡さんに会おう』などと考えていたのですが、仕事にかまけ、なかなか行けず…そんなスピードの無さが…

2005年4月、渡さんは逝ってしまいました、

その後、この1年、一人で何度も足を運んだ「いせや本店」も改装でなくなってしまいました。

昨日は、関西から「いせや本店」へ直入りbullettrain
なんと??うちの奥さんも関西から日帰りで参戦sign01
たぶん、今日一番遠くから来た一人だと思います(そりゃそうだhappy01)

3時過ぎに現地へ到着したのですが、(ある程度予想はしていたのですが)店の前は大勢の人だかり、大変な事になっていました。

Photo_23

立ち呑みは適当に入れそうでしたが、店内へは行列、ここまで来たのですから、即並びました。
結構、若い人がたくさん並んでいます。
なんとか30分くらいで歩道沿いの肉屋さんのショーケースの前のテーブルに辿り着きました。

Photo_24

Photo_25

煮込みに、シューマイ、モツ焼きなどをいただき、

合席になったアベック(え?違う?古い?カップルか?まあ、「いせや」だから)の方と名残りを惜しんで楽しく話が出来ました。
まあ、これはこれで良かった。

さよなら、いせやでした。

井の頭公園をちょこっと見て、
その後神田須田町まで移動、「まつや」で蕎麦食べて(おいおい、食べ過ぎとちゃう)、今日は終了、最後の夏休みも終わりです。

仕事…Kobe Folk Jamboree…テニス合宿…いせや…

いやはや、忙しかった。

(記事再掲ここまで)

2006年9月23日(土)には、「吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006」が行われています。私は結局参加しませんでした、Web発売のチケットがあっと言う間に売り切れたのを思い出します。

たしか、23日(土)は滋賀県へテニス合宿に行き、24日(日)は神戸でのフォークジャンボリーを観に行ったのです、この記事再掲で思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

はい、居酒屋がやっと出てきました!~「タカダワタル的③いせやへ」

明けましておめでとうございます。

本年2009年1月元旦から正式にスタートいたします。

『東西酒場探訪案内所』、

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲していきます。そのうちに、東京関西の居酒屋・酒場のデータベースになればと思います。

さて、やっと居酒屋の記事が出てきましたheart04

なんと、最初の居酒屋は吉祥寺の「いせや」でした。

吉祥寺にはこの前に一度行っているのですが、その時は“斉藤哲夫さんの「吉祥寺」”ということで訪問、ろくに散策もせず(井の頭公園があるのも知らずheart03)帰ったようです。(このBlogの“高円寺”カテゴリー参照)

もちろん「いせや」のことも知らないのです、

映画「タカダワタル的」他で、高田渡がお気に入りの居酒屋の存在は知っていましたが、それが吉祥寺の「いせや」という認識はなかったようです。

そして、居酒屋訪問を記事にするという発想もなく、一人で居酒屋へ入る癖(癖かいsign01happy01)もなかったのです。

ちょいと話がそれますが、2005年は井筒監督の最高傑作(だからもう映画は撮らないでwink)、「パッチギ」も公開された年ですね、いやー、この映画はほんとよく出来ていました、井筒監督の計算以上の出来でしたね、やっぱり脚本の勝利ですね。

【2005年7月29日の記事】

今日の夜、関西へ帰ります、あの映画「パッチギ」のDVDが発売、家に帰って明日観るつもりです、こちらも当然得点映像付、楽しみです。

さて、タカダワタル的を観て・・・
以前観たNHKのドキュメンタリーでも気になっていたのですが、高田渡さんが行っていた焼き鳥屋が気になります。DVDでも登場するのですが・・・店構えが違う2件お店が出てきます。

インタビューをしていたのは「いせや」の2階のようだし・・・でも、通り沿いの立ち飲みもそうみたいだし・・・階段の脇にある店は立ち飲みじゃないみたいだし???
どちらが「いせや」なんだろう???渡さん関係の検索で調べてみるのですが・・・吉祥寺にあるのはいろんな記述で分かるのですが、地図とかが見つかりません。

まあ、吉祥寺に行けば何とかなるだろ・・・と、いつもの調子で下調べ不十分で出発!!
日曜日の13時過ぎに家を出ました。
(後で調べたら、ヤフーとかのグルメサイトに地図他いろんな情報が出てました、検索ワードを間違ったようです。)

新宿に出て、小田急線へ・・・吉祥寺はJRと小田急線がある・・・と、聞いたような記憶があったので、でも・・・小田急の料金表に“吉祥寺”の駅はありません、ガーーン、また勘違いのようだ、下北沢とまちがったのかな?とりあえず、気を取り直してJRで吉祥寺へ到着。

前も一回来たことがあるのですが、その時は中央口に出て、あまり見所を発見できなかったので、今度は公園口方面へ・・・公園って・・・あっ・・・井の頭公園ってココにあるんだ、って初めて知りましたsweat01なんだか、ほんと物知らずでスイマセン^^)やっぱり大きな街でこりゃ「いせや」は見つかりそうにないので、とりあえず井の頭公園でも見物しようと、人の流れが多い、お店がいろいろある通りを歩いていくと・・・いきなり、「いせや」の看板が目に入りましたheart04

Photo

いやー、運が良いじゃん!ついているじゃん!(って、なんで、じゃん、なん!!)happy01

ワクワクしながら店の前へ・・・うん、確かにココはDVDに出てきた、階段の上にあるほうの店に違いない、煙りもうもうの予想通りのお店です、とりあえず平静を装って店を通り過ぎ、井の頭公園へ・・・

Photo_2

でっかい鯉がいっぱいいました。

戻ってきて、お店へ入りました、生ビールと焼き鳥3本・・・
焼き鳥といっても、実際にはカシラ・シロ・ハツなどがあり、豚のモツ焼きも混ざってます。東京では結構普通のメニューですが、関西では滅多にお目にかかれません。

2

私が知っているのは、十三の「七つ海」というお店だけです、すごくおいしい店で20年以上通いましたが、店のお姉さん(少々僕らより年上のhappy01)達の健康上の理由で2001年に閉まってしまいました、残念。最後の週は常連でいっぱい{音符}お店を手伝ったお返しに、タダで飲ましていただいた記憶がよみがえりました。閑話休題。

とりあえず、「いせや」で一杯は達成しました{笑顔}かみ締めながらのがビールと焼き鳥・・・

この話題、続く・・・来週、また書きます。

(記事転載ここまで)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

JR京都線(吹田茨城高槻) | その他 | ホノルル | 上野御徒町湯島 | 下北沢三軒茶屋 | 世田谷 | 中野高円寺荻窪 | 五反田旗の台品川 | 京都河原町他 | 京都駅周辺 | 京阪沿線 | 人形町 | 代々木上原 | 佃月島 | 八王子 | 八重洲 | 勝どき | 北区(王子赤羽十条) | 北千住南千住 | 北海道 | 千葉 | 博多九州 | 吉祥寺国立 | 名古屋岐阜 | 墨田区(押上本所石原錦糸町) | 墨田区(曳舟八広東向島) | 大森蒲田 | 大阪ミナミ(心斎橋難波) | 大阪中津 | 大阪京橋 | 大阪十三西中島 | 大阪南部 | 大阪大正 | 大阪天満 | 大阪天王寺阿倍野新今宮 | 大阪東部 | 大阪梅田 | 大阪梅田(新梅田食道街) | 大阪梅田(駅前ビル) | 大阪淀屋橋肥後橋北浜本町 | 大阪玉造鶴橋周辺 | 大阪西部(九条西九条梅香大阪港) | 大阪野田福島 | 巣鴨大塚 | 広島高松岡山 | 府中 | 忠臣蔵 | 恵比寿目黒 | 新宿 | 新橋虎ノ門浜松町 | 日本堤 | 日本酒 | 早稲田 | 有楽町 | | 東京観光案内 | 根岸根津本郷 | 横浜川崎横須賀 | 江戸川区 | 江東区(木場門前仲町) | 江東区(森下清澄白河) | 江東区(亀戸大島) | 池袋練馬 | 浅草 | 渋谷 | 湘南鎌倉 | 町屋 | 神戸三宮元町明石姫路 | 神楽坂 | 神田須田町飯田橋 | 築地 | 茅場町 | 葛飾区(立石四つ木) | 観音崎 | 銀座 | 関西周辺 | 関西観光案内 | 阪急宝塚沿線 | 阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘) | 麻布十番