« 地酒ワンカップ・コレクションNo.186~ 神戸市東灘区「櫻正宗」普通酒。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.187~ 滋賀県犬上郡多賀町「多賀」上撰 »

2021年2月11日 (木)

初の四日市呑み、この日は3軒、立ち呑みの「立呑」と食堂呑みの「あさひ食堂」へ。

【2020年11月27日(金)】

三重 四日市 「立呑」~「あさひ食堂」

さて、「津」の「大観亭支店」西口店で「鰻丼」上をいただいた後です、

急行電車で近鉄「四日市」に移動、

ホテルにチェックインして駅周辺の盛り場を2時間近く掛けてざっとパトロール^^)
(暇なんか!!^^)
(歩くのが仕事なので^^)

大体分かりました、
(ホンマかいな)

この日探訪出来たのは3軒、

下見ではここが気に入ったのですが、、、

032kai_20210208092101

その前に1軒、モツ焼の店に入りました、

四日市と云えば「トンテキ」的なイメージもあり、

豚肉料理が良いかなと思ったのですが、

結果的にはしっくり来なかったので早めに退散、

理由は、、、

店員さんがマスクもせずに、大声で叫びまくるんです、

お帰り~!!!とか、

OOいただきました~!!!とか、

なんせ大声で叫びまくるのがこの店の作法、、、

唾飛びまくりで、さすがにアキマセンでした、

でも、ホッピーがリターナルボトルで出てきたのには感激、

041kai_20210208092401

このリターナルボトル、

関東圏でしかお目にかかれないと思い込んでいたのですが、

ここ四日市にもあるんだ、、、あ!!

四日市と云えば「キンミヤ焼酎」の宮崎本店の地元、

そういう関係であるのかしら?

モツ焼は、、、やはりタレが甘かったです、

044kai_20210208092401

注文時にタレ?塩?の確認はなく、全部タレで出てきました、

四日市は基本タレ焼優先なのかな?

訊きたかったけど、

そんなことも忘れるくらい、大声が気になりました、

気を取り直して2軒目の立ち呑み「立呑」に向かいます、

064kai_20210208091901

店名が「立呑」のようです、

大きな看板に“地酒直売所 立呑”、

四日市の代表銘酒 白梅(かな?)、

津の代表銘酒 神府(かな?)の文字、

両方とも、今はあまり聞かない酒銘です、

小さなL字カウンターの店内と広い通りの店先で呑めます、

店内に空きがあったのでスルリと入店、

作法が分からないのですが、

まず目に付いたのが燗器に刺さっている宮崎本店「宮の雪」の一升瓶、

049kai_20210208091901

キンミヤ焼酎の蔵元の日本酒ですね、これにします、400円也かな?

うん、飲みやすいお酒です、

肴は、、、

ホワイトボードにメニューから2品選んで350円也みたいな「セット」がありました、

お母さんに注文の仕方を確認して納得、

では、「マカサラ」と「じゃこおろし」、

050kai_20210208091901
051kai_20210208091901

これで一段落、燗酒を美味しくいただきます、

あ、こちらはキャッシュオンでした、

054kai_20210208093001

お隣のおでん「豆腐」に味噌が掛かりました!!

むむ、四日市ではおでん+味噌がデフォルトなのか?

ある意味、古いカタチの“田楽”の流れを汲む正統な食べ方です、

他のお客さんの注文を注意深く観察すると、
(そんなことしてないで、ゆっくり呑みなさい!!)

デフォルトではありませんでした、

『味噌付けて』と注文すると付くみたいです、

なるほど、納得、

おでんのネタに「ちくわぶ」がありました、

関西のおでん鍋にはほぼ入らない「ちくわぶ」、

この辺りでは一応市民権を得ているみたいです、

さらにお隣情報、

「マカサラ」にソースを掛けて召し上がっておられます!!

これもほとんだ見たことがない情景、

やはり、三重はソース・タレ勢力が強い、

次々と衝撃が走る四日市呑みです^^)

日本酒をもう1杯所望します、

三重のお酒は他にもありますか?

じゃあ、これはどう?

と出てきたのは「噴井」本醸造、

これも400円也だったかな?失念、

055kai_20210208091901

“ふきい”と読むみたいですね、初めて見るお酒、

蔵元は石川酒造、四日市市内の蔵です、

はい、それ下さい、常温で、

これも、スッキリと軽い感じのお酒です、

三重の酒はスッキリとエッジが立っていて美味しい、

そんな感じかな、

甘いタレと関係しているのかもしれません、

料理は、ワタシも濃い味が欲しくなりました、「どて煮」400円也、

061kai_20210208091901

これは、、、美味しかったです!!

う~ん、肉に濃いめのタレが絡んで美味しいです、納得!!

はい、これでお勘定です、キャッシュオンなので支払い済み、

近鉄四日市駅前、縦横無尽に拡がっている商店街の端っこのほう、

存在感抜群の立ち呑み「立呑」、

表へもフワ~っと拡がって呑んでるのがエエ感じ、

関西の立ち呑みほど安くはないですが、それは仕方ない、

次回、四日市探訪時もたぶん訪問すると思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

軽くもう1軒行ってます、

実はここに入ろうと思っていたのですが、

040kai_20210208092101

事前情報で気になっていた立ち呑み、

悪くないような気がするのですが、、、

なにかしっくりこない雰囲気も感じてスルー、

下見時に見かけたこちらに入りました、

「あさひ食堂」、

026kai_20210208093701

食堂ですが、、、

上には「大衆盛場 旭」の看板も上がっています、

昼:食堂からの~、

夕:酒場的な展開!!、と見ました、

なにかこちらの方が良さげなので入店、

はい、期待通りに食堂呑みスタイルです、

074kai_20210208093701

明るくて広い店内、テーブル席が8つか9つ?

透明ボードもしっかり設置、

床はタイルでも土間でもないこんなん、でも、好きな感じ、

070kai_20210208093701

テーブルには透明仕切り板がしっかり立っていて、感染対策も万全、

こんな雰囲気でみなさん、ゆったり呑んでおられます、

ワタシは「芋お湯」と「鯖酢」、

073kai_20210208093701

関西で云う「きずし」、全国的には「〆鯖」、

四日市では「鯖酢」でした、

こちらは、、、甘くな~い、

しっかり〆められていますが、身が厚くて美味しいです、

はい、今日はもう3軒目、

明日の朝は早いのでこれにてお勘定です、950円也、

「あさひ食堂」、

好きなタイプの大箱、ここもエエ感じで酒場使いが出来ます、

ご飯メニューも酒の肴も揃っています、

サクッ呑み、食べ呑みなら、こういう感じなら使いやすい、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

さて、明日は朝から山行です、

その後に行った酒場が四日市では一番のお気に入りです!!

それはまた来週にでも、

 

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.186~ 神戸市東灘区「櫻正宗」普通酒。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.187~ 滋賀県犬上郡多賀町「多賀」上撰 »

日本酒」カテゴリの記事

関西周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地酒ワンカップ・コレクションNo.186~ 神戸市東灘区「櫻正宗」普通酒。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.187~ 滋賀県犬上郡多賀町「多賀」上撰 »