« ご無沙汰している「なべや」、一時は探訪が難しいほどの繁盛振りでしたが、このご時世でどうなんだろう?久々の探訪。 | トップページ | 阪神御影駅すぐの角打ち「MIYOSHI」、併設の立ち呑み「美よ志」もありますが、ワタシは酒販コーナーで呑む方が好きです。 »

2021年2月25日 (木)

地酒ワンカップ・コレクションNo.190~ 栃木県栃木市 原酒「ヨイトマケ」ふなしぼり

地酒ワンカップ・コレクションNo.190

栃木県栃木市 原酒「ヨイトマケ」ふなしぼり

おお、常温で濃いーお酒です、

燗酒にしても濃いけど、辛味が出てきて力強い旨さの酒に、これは上手な造りです、

レトロな雰囲気の紙パック、

022kai_20210223092401

正面はトランプの図柄のようなデザイン、

023kai_20210223092401

酒銘、原酒 ヨイトマケ ふなしぼり、

四隅に北・関・酒・造の四文字、

左側面、飲酒注意表記、

024kai_20210223092401

右側面、ストロー付、

026kai_20210223092401

裏面、表のデザイン再掲、成分表示と蔵元表記、

025kai_20210223092401

上面、酒銘と英文字表記、

027kai_20210223092401

さて、まずは酒銘の『ヨイトマケ』です、

まず浮かぶのは丸山明宏さん(現:美輪明宏)が唄った「ヨイトマケの唄」です、

美輪さんの実体験から生まれた名曲、

作詞作曲も美輪さんです、

“ヨイトマケ”とは、、、

建設現場で滑車で吊した重石などを落として地固めをする際に、

皆で呼吸を合わせるための掛け声だそうです、

『よっと巻け!』という感じかな?

美輪さんのお母さんは苦労して子供5人を育て上げられました、

日雇いの肉体労働もされていたようです、

これがなぜ酒銘になったのか?は不明、、、

もう一つ、気になるのは「ふなしぼり」、

これは日本酒を造る課程の名称、

発酵した醪を絞って清酒にしていくわけですが、

この時に大きな木で作った槽(ふね)を使うのが、

「槽しぼり」=「ふねしぼり」だそうです、

もちろん、今は機械化されているでしょうが、

機械化された「槽」が今でも使われているようです、



購入時期:不明

購入場所:不明

容量:180ml

価格:不明

蔵元:栃木県栃木市 北関酒造(株)

|

« ご無沙汰している「なべや」、一時は探訪が難しいほどの繁盛振りでしたが、このご時世でどうなんだろう?久々の探訪。 | トップページ | 阪神御影駅すぐの角打ち「MIYOSHI」、併設の立ち呑み「美よ志」もありますが、ワタシは酒販コーナーで呑む方が好きです。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご無沙汰している「なべや」、一時は探訪が難しいほどの繁盛振りでしたが、このご時世でどうなんだろう?久々の探訪。 | トップページ | 阪神御影駅すぐの角打ち「MIYOSHI」、併設の立ち呑み「美よ志」もありますが、ワタシは酒販コーナーで呑む方が好きです。 »