« 地酒ワンカップ・コレクションNo.182~ 兵庫県加古郡「播州錦」マイルドカップⅡ | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.183~ 兵庫県加古郡 「杜氏の杜 鬼ころし」。 »

2021年1月28日 (木)

ハルピン料理!?うむ、食べたことないですね、では入ってみましょう!神戸元町ハルピン料理の「祥龍」。

【2020年11月12日(木)】

神戸 元町 ハルピン料理「祥龍」

三宮で映画鑑賞、元町の「金時食堂」で呑んだ後です、

2軒目は前から気になっていたこの店でちょっと呑んでみることにします、

元町商店街の1本北の通り(元町北通り?)、

ここは酒場がずらりと並んでいる飲屋街、

角打ちもある「石原商店」の並び、

ハルピン料理の「祥龍」

004kai_20210124081501

ハルピン料理、食べたこと無いと思います、

なんかこういう北京とか上海ではない中華料理に弱いタイプです、
(どんなタイプや!?)

それに、ハルピンという響き、なんか哀愁漂いますよね、
(知らんけど^^)

で、ハルピンって、どこにあるの?

ですよね、なんとなく聞き憶えのある地名ですが、

どこにあるどんな街なのか?知らない、

北の方の感じ、日本が統治していた旧満州でしょうか?

調べてみたらそうでした、

ロシアと国境を接する黒竜江省の街、

旧満州の街、当時は日本人がたくさん住んでいたのでしょう

驚いたのは表記は“ハルビン”が正しいようです、

ハルピンは間違い?

023kai_20210124081001

でも、「祥龍」の看板にもハルピン風とあります、

うむ、日本語訛りみたいですね、

閑話休題、

入店です、10人ほど座れそうな1本カウンター、

ちょうどマスターらしき男性が出かけられる様子、

奥さんが対応してくれます、

酒は「芋お湯」、

041kai_20210124080801

突き出しに「塩ピーナツ」、

028_20210124080701

出掛けにマスターがお奨めを教えてくれました、

「ハルピンの本格ソーセージ」950円也、

2軒目なので「ハーフ」500円也にします、

040kai_20210124080701

なるほど、たしかに独特の香りと味、

ソーセージと云うよりハーブの利いた叉焼みたいな感じもします、

他の料理や食材もそうらしいですが、

すべてこちらで手作りされているようです、

なかなか本格的なちょっと違う中華料理です、

開店して1年以上経つそうです、

雑誌にも紹介されていますね、なるほど、

これでもうお腹いっぱいになりそうです、

奥さんから他に何か食べますか?と訊かれましたがもう無理かな、

と、これも美味しいから食べて行ってください、

と小さなお皿を出してくれました、

043kai_20210124081301

「干し豆腐ピリ辛炒め」みたいなん、

うん!淡泊な干し豆腐が独特の食感、これも美味しいです、

玉造の中華「純華楼」の「台湾干し豆腐」みたいな感じ、

この日はこれでお勘定にしました、金額失念、

結構、丁寧な対応を好感、後日再訪しています、

この日は1軒目、2皿くらいは食べられそうです、

そして、この日はマスターの対応、

とりあえず「芋お湯」、

008kai_20210124081501 

焼酎は徳利で出てきました、焼酎量り売り、

ほう、先日は奥さんにグラスでお湯割りを作っていただきましたが、

この方がお得でしょ、とマスター、

常連さんからのリクエストでもあったのかな?

お湯はマスターが注いでくれます、

今日の突き出しは「ハルピンソーセージ」、

010kai_20210124081601

前に来たことありますか?

はい、2回目です、

やはり、うちの奥さんが憶えていました、

おお、それは偉いですね、

お客さんの顔を覚えるのも酒場の大切な要件です、

メニューを検討、

019kai_20210124081701

まずはあっさりと「トマト玉子炒め」850円也を所望、

はい、、、あ!スイマセン、さっき切れてしまったんです、

あら、残念、

奥さんが困った顔をしておられます、トマトがなくなったのかな?

では、、、とメニューとにらめっこしていると、

今日もマスターからお奨め提案がありました、

まだ、メニューには載せていない裏メニューを開発中なんです、

「白菜と春雨と豚バラ肉炒め」はどうですか?

とっても美味しいですよ、

と、マスター、お奨め上手です、

ま、嫌な感じでもないし、ホントにおしゃべり好き、提案に従います、

「白菜と春雨の豚バラ肉炒め」価格不詳^^)

015kai_20210124081501

なるほど!!美味しいです、

そんなに癖もない日本人向けの味付けですが、酸味が強いです、

この酸味は酢ですか?

いえ、酢は使っていません、下拵えで白菜を発酵させているんです、自家製です、

この発酵の具合が難しいんです、3週間ほど時間が掛かります、

ほう~、なるほど、

前も聞きましたが真面目にハルピン料理を出しておられますね、

そして、身体にも良さそうな感じ、

量が多いのでどんどん食べ飲み進めます、

「芋お湯」お替わり、

もう一品は狙っていた「ハルピン風酢豚」!

と、これは時間が掛かるので今日は無理と云われました、あちゃ、

これも酸っぱい料理で手間が掛かるらしいです、

できれば予約して欲しい、とのこと、

なるほど~、いろいろと大変ですな、これも次回の宿題か、致し方なし、

では次善の策は「ジンギスカン」、ま、羊肉好きです、

こんな串で出てきます、

023kai_20210124081501

@140也、4本からの注文ですので4本お願いしました、

ハルピンでも羊はよく食べるそうです、

そういうと黒竜江省はモンゴルとも国境を接しています、

細い鉄串には赤身と脂身が交互に刺さっています、

これを一緒食べると美味しいです、とマスターのアドバイス、

辛めで、香ばしい香り、

羊肉、美味しいです、好きです、

辛いのは自家製唐辛子、

これまた自家製ですか、ホンマもんやなあ^^)

ハーブは主にクミンだそうです、

はい、これで焼酎を飲み干してお勘定です、3696円也、

神戸元町のハルピン料理「祥龍」、

普段食べ慣れている中華料理とはちょっと違います、

酸味が特長的です、香辛料も利いています、

真面目に料理を出してます、という感じ、

そういうと餃子を食べていないですね、

次回は酢豚と餃子かな?

ちょっと値は張りますが、たまにはこういう料理で呑むのも由、

マスターも奥さんも親切です、

この正月は故郷のハルピンに帰れず、家でじっとされていたそうです、

旧正月も帰れないとのこと、ウイズコロナの時代、いつ終わるのかな、、、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

 

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.182~ 兵庫県加古郡「播州錦」マイルドカップⅡ | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.183~ 兵庫県加古郡 「杜氏の杜 鬼ころし」。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地酒ワンカップ・コレクションNo.182~ 兵庫県加古郡「播州錦」マイルドカップⅡ | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.183~ 兵庫県加古郡 「杜氏の杜 鬼ころし」。 »