« 堺筋で見つけた立呑「ながほり日本酒うさぎ」、料理は美味しいし、店の雰囲気も流石です! | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.171~愛知県半田市「金鯱」KIN SYACHI CUP »

2020年12月15日 (火)

角打ちを求めて三宮から東へテクテク、八雲通で新規角打ち2軒発見!!でもまずは「泉屋本店」で2杯ほど。

【2020年10月2日(金)】

神戸 八雲通「泉屋本店」

今日は角打ちで呑みたい気分、

三宮で映画を観た後、なんとなくぶらっと東を向いて歩きます、

すぐに「たけやま」があります、

052kai_20201214104601

大きいしっかりとした角打ちです、日本酒も揃っているし安い!

時間は16時過ぎ、もう開いていますね、

でも、今日はもう少し歩いてから呑むことにしましょう、

生田川の手前にも2軒ほど角打ちがあります、

角打ちではないですが、街中華の「第十兵庫楼」

054kai_20201214104601

兵庫楼、少なくとも10店はあるんでしょうか?気になります、

どんどん東へ、「大安亭市場」を越えると「泉屋本店」があります、

058kai_20201214104601

立派な店構え、右側が酒販コーナー、左側に角打ちの入り口があります、

ここにするかな?と、もう少し先に進むと、、、

おっと、角打ちがありました!!ここは初めての発見です、

055kai_20201214104601

「前川商店」、酒販店スペースの左端に白い暖簾が掛かっています、

そ~っと中を覗くと、、、

確かに呑めるようです、短いカウンターがあります、

先客はなし、酒販コーナーと角打ちは繋がっているようで、中で大将がなにやら仕事をされています、

どうするか悩みます、

呑めるには呑めそうですが、肴は少なそうな雰囲気です、

テクテク歩いてきたので少し何か食べたい気分、

決めました!

まず「泉屋本店」でなにか食べてから「前川商店」へ入ってみましょう!!

うん、良い案です、それで行きましょう!(自画自賛^^)

ということで、久し振りに「泉屋本店」へ入店です、

10人ほど座れるL字カウンター、椅子あります、でも、、、

高いカウンターですので、ワタシは立って呑みます、

お母さんに芋ソーダを所望、できますか?

芋焼酎のソーダ割りね、はい、出来ますよ、

ということで「芋ソーダ」セットが出てきました、

063kai_20201214104601

結構な量の焼酎がグラスに入っています、

ソーダが少ししか入りません、少しずつ薄めて飲みます、はい、

肴は「冷や奴」200円也、

062kai_20201214104601

お、豆腐が美味しいですね、大安亭市場の豆腐だろうか?うん、美味しいです、

少しずつ薄めながら飲んで「芋ソーダ」の中をお替わり、

もう一品、なにか食べたいですね、

壁のメニューを入念に検討、、、した結果「ハムエッグ」300円也にします、
(入念な検討の結果がハムエッグ!!??か~い^^)

お母さん、奥に入って調理開始!もちろん手作りです、エエ感じ、

「ハムエッグ」!!

064kai_20201214104601

おお!!なんか豪華です、

期待以上、これで300円也はリーズナブルですね、正解正解、

お母さんとお客さんの話をそれとなく聞いていると、近くの角打ちの名前が2軒出てきました、
(あくまで、それとなく聞いてます^^)

お、耳寄り情報ですね、1軒はさっき見つけた「前川商店」、

もう1軒は、、、後で存在確認をしに行きましょう、

17時過ぎに続々常連さん入店されて忙しくなってきます、

奥からお父さんも出てこられて対応です、

では、ワタシはこのへんでお勘定にしましょう、1220円也、

焼酎2杯とソーダは720円也ということになります、300円×2+120円かな?

神戸八雲通の「泉屋本店」、

店構えも立派ですが、角打ち充実度も高いです、

料理メニューが多いし、お父さんとお母さんのほっこりした雰囲気も好きです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

さて、さっき聞いた近所の角打ちはこちら、

「旭屋酒店」、

065kai_20201214104601

中は見えませんでしたが、賑わっている感じです、

ここも探訪しなければなりますまい、

が、「芋焼酎」の量が多かった、結構酔いが回りました、

「前川商店」と「旭屋酒店」は次回探訪としましょう、

はい、お疲れ様でした、てくてく駅まで歩きましょう、

 

|

« 堺筋で見つけた立呑「ながほり日本酒うさぎ」、料理は美味しいし、店の雰囲気も流石です! | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.171~愛知県半田市「金鯱」KIN SYACHI CUP »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堺筋で見つけた立呑「ながほり日本酒うさぎ」、料理は美味しいし、店の雰囲気も流石です! | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.171~愛知県半田市「金鯱」KIN SYACHI CUP »