« 地酒ワンカップ・コレクションNo.162~三重県伊賀市「義左衛門」純米吟醸 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.163~富山県黒部市「銀盤」純米吟醸 »

2020年11月16日 (月)

満を持して!!??あの「庶民」が駅前第2ビルに出来ていました、すわ!これは行かなければ!!

【2020年8月18日(火)】

大阪 駅前第2ビル「庶民」

友からの情報あり!

あの「庶民」が駅ビルに出来てますよ!!

え~~!!聞いてないよ~、ホンマに~!!??

オレに黙って何をするんや~!!
(アンタに断る必要は無い!^^)

ということで、情報をいただいた翌日、北浜辺りで所要終わりが16時頃、

この時間なら入れるでしょう!と駅ビルに向かいます、

はい、第2ビルのB2、南側通路、「柚」の斜め向かい辺りだったかな?

はい、ありました!

014kai_20201115095101

立ち呑みの雄「庶民」、ついに駅前ビルに進出ですか、、、ついに、、、

京都四条大宮に開店したのが、もう6~7年ほど前でしょうか?

あの料理の美味しさと安さは衝撃的でしたね、もう毎日開店時(11時開店)から行列、

並ばずに入るのが難しかったですね、

その後、京橋に2号店を出店したのが2年ほど前ですか?
(2019年3月開店だそうです)

こちらも連日満員、魚系料理の美味しさはそのまま、

マグロとか鉄火巻きとか、相当早い時間に売り切れたりしてました、

そして、満を持しての駅前ビル進出!!

って、、、満を持してかどうかは知りませんが^^)

なにやら、ついに来たか感はあります、

時間は16時半頃、

さすがに平日のこの時間は待たずに入れました、

が、この後すぐに満席になりましたわ、流石っす、

底辺が一人の逆Lカウンター、壁にも小さな立ち呑みテーブル、

奥にもテーブルがあるのかな?カウンターが曲がってるのかな?ちょっと未確認、

中程の小さな壁テーブルに案内されオーダーを通しましたが、すぐにお勘定がありカウンターに移れました、

「小瓶」250円也と、

016_20201115095101

まずはお手並み拝見の「刺身盛り合せ」500円也、

018_20201115095101

マグロ、きずし、サーモンにイカかな、

う~ん、流石です、これで500円也は相当インパクトありますね、

「芋水」200円也(安!)に変えて、

「豆腐の煮付け」150円也、

022kai_20201115095101

これが美味しかった!!

結構身が付いているあら煮も入ってボリューム満点、これが150円也とは!ちょっと信じられない価格設定、

これだけで相当呑めます、はい!

先にお勘定されたお隣さん、

『噂聞いてきたけど流石やわ、OOOよりもずっとエエわ』と、

同じ駅ビルに入っている格安チェーン立ち呑みの名前を出して絶賛、

今まではあちらの常連なんでしょうね、

そりゃそうです、あちらとは筋が違います、

どんどん人が入れ替わります、長居は無用、

「芋水」をもう1杯飲んで、この日はこれでお勘定、1300円也、

後日再訪、

「ハイボール」250円也と「スパサラ」150円也、

049kai_20201115095601

「スパサラ」もボリュームあり、そして美味しい、

050_20201115095601

刺身は「ハマチ」250円也、

051kai_20201115095601

旨い!!

こ、これは新梅田食道街「奴」に匹敵するクオリティです、

「出汁オムレツ 牛すじ入り」300円也、

053kai_20201115095601

中にはすじ煮、

054_20201115095601

もう、、、この料理で300円とは!!ちょっと信じられません、

この日のお勘定は「ハイボール」2杯飲んで1150円也、

圧倒的なコストパフォーマンス、これはもう立ち呑みの無敵艦隊ですね、
(なんか、今日は褒め殺し!?いやいや、ホントに感服しています)

駅前第3ビルB2Fの立ち呑み「庶民」、

酒類がシンプルなので、もの足らない方もいらっしゃるかもしれませんが、

ここはなんといっても料理、肴のクオリティを楽しむ立ち飲みです、

夜や週末はなかなか入るのが難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてくださいませ、

いやあ~、記事書いていたらまた行きたくなりました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕💕

 

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.162~三重県伊賀市「義左衛門」純米吟醸 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.163~富山県黒部市「銀盤」純米吟醸 »

大阪梅田(駅前ビル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地酒ワンカップ・コレクションNo.162~三重県伊賀市「義左衛門」純米吟醸 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.163~富山県黒部市「銀盤」純米吟醸 »