« ホッピーが飲みたくなったら、、、ここも本格ホッピーがちゃんと飲めます、JR甲子園口駅前の「えびす丸」。 | トップページ | 96年前の建物、71年間の角打ち営業に一旦終止符が打たれました、大正の「畑分店」が移転店仕舞い。 »

2020年10月21日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.155~秋田県由利本荘市「雪の茅舎」山廃純米

地酒ワンカップ・コレクションNo.155

秋田県由利本荘市「雪の茅舎」山廃純米

好みの酒「雪の茅舎」の山廃純米です、

スッキリかつ旨い酒とても濃い色が付いています、
(保管のせい?でもないか、、、)



グリーンボトルタイプ、

045_20201020090401

ラベル正面、筆文字酒銘ロゴ、左下に齋彌謹醸の判子、右肩に山廃 純米の文字、

048kai_20201020090401

左側には成分表示、蔵元表記、

047kai_20201020090401

右側はバーコードのみ、

050_20201020090401

キャップにもロゴ、

049_20201020090401

グラスに入れると色が!黄金の酒、

052kai_20201020090401

とても好きなお酒です、

立ち呑み
でも置いてある店があり、安く飲めるので助かっています、

まずは“茅舎”、このお酒と出会うまでは“茅舎”という言葉自体を知りませんでした、

見てそのままの意味=茅葺きの家、という意味です、

茅葺きの屋根に津々と降り積もった雪、そんな家の中で呑むこの一杯、

そんなイメージでしょうか?
(勝手な解釈です^^)



蔵元は秋田県由利本荘市の齋彌酒造店、

難しい字です、“さいや”と読むそうです、

なるほど、たしかに“彌”は“や”、たまに人名でお目にかかりますね、

こちら齋彌酒造店杜氏の高橋藤一さんは、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演され、一躍有名になりました、
(前から有名か^^)

NHKのサイトに詳しいですが、そのこだわりは究極の域に達しているようです、

「のぼり蔵」、「まずは田んぼから、米から」、「独自酵母」、「秋田杉の麹室」、「櫂入れ濾過加水なし」、、、



ここまでこだわり抜いた酒が普通に立ち呑み屋で呑める、

そこが凄いです、

こだわりの酒は数多あると思いますが、気軽に飲めない酒もある、

いつでも飲める、リーズナブルな価格、エエと思います、

そんなところも含めて好きなお酒です、


購入時期:2020年3月

 

購入場所:大阪なんば ビックカメラ

 

容量:180ml

 

価格:285円(税別)

 

蔵元:秋田県 由利本荘市 (株)齋彌酒造店

 

 

|

« ホッピーが飲みたくなったら、、、ここも本格ホッピーがちゃんと飲めます、JR甲子園口駅前の「えびす丸」。 | トップページ | 96年前の建物、71年間の角打ち営業に一旦終止符が打たれました、大正の「畑分店」が移転店仕舞い。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホッピーが飲みたくなったら、、、ここも本格ホッピーがちゃんと飲めます、JR甲子園口駅前の「えびす丸」。 | トップページ | 96年前の建物、71年間の角打ち営業に一旦終止符が打たれました、大正の「畑分店」が移転店仕舞い。 »