« 神戸垂水で新規酒場2軒紹介いただきました、「森昌」から「なぎら」へ、なにやらあの人を思い出します^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.157~秋田県秋田市「高清水」無濾過純米酒 アルミ缶 »

2020年10月27日 (火)

コロナ自粛後、初の一人新規探訪です、大阪横堤から歩いて10分ほど?諸口の「丸正酒店直売所」。

【2020年7月28日(火)】

大阪 横堤「丸正酒店直売所」

コロナ自粛からのぼちぼち酒場探訪再開も、

基本的には、今まで行ったことがある酒場の生存確認?みたいな一人呑み、
(一人呑みは相当安全です)
(混んでいるとちょっと避けていますが)
(山行からの下山後打ち上げ宴会はしてしまいました、、、^^汗)

が、先日は垂水の酒場2軒を新規紹介していただきました、

ぼちぼちと新規探訪も再開して行こうかな、な感じで今日は一人で新規探訪です、

場所は大阪の鶴見辺り、大阪メトロ「横堤」駅から歩きます、

あまり馴染みがないエリアですが、横堤は最近縁が出来て何回か歩いています、

大きな道路(鶴見通り?)を東へ7~8分かな、左手に公園(鶴見緑地?)が見えてきます、

スーパーを通り越したところを右へ曲がって少し行くと商店が並ぶエリア、

ここにあるはずの「丸正酒店直売所」、、、

それらしき酒店がありましたが、、、角打ちの入り口らしき戸は閉まっています、

うむ、やってないのか?、、、

と、時計を見ると16時30分くらい、あら、まだ早いですやん、
(気が急いている酒飲み!!)

これは、開店前という可能性もあります、
(ネットでの店情報はほとんどありません)

ここは17時開店の可能性を確認することにします、
(しかし、気が動転して開店前の店外観を撮るのを忘れてしまいました、失敗💧)

大通り沿いのスーパーのイートインで時間を潰します、

念のため、17時過ぎまでぐっと我慢をして(気が弱い^^)、店の前まで戻ると、、、

やた!開店しています、やはり17時開店だったみたいです、

036kai_20201024130701

なんと大きく立派な暖簾がデ~ンと掛かっていました、

033kai_20201024130701

左には酒販コーナーがあります、酒販角打ち独立型です、

ではでは入店です、ちわ、

 

逆L字カウンター、椅子がありますね、中にはお母さん、もちろん一番客です、

あまりに早い見知らぬ客の来訪にお母さん戸惑い気味?

奥の方に座って「大瓶」430円也をお願いします、
(最近、瓶ビールが好きです)

037_20201024130701

それと、とりえずカウンターの中にあった「なっぱ煮」、

038_20201024130701

これで一息つきます、

カウンターは10人くらい座れそうですが、椅子は間引いてあります、やはりここでもコロナ対策、真面目です、

TVでは無観客の大相撲が映っています、稲荷神社も奉ってあります、

土手焼き用?の平鍋が有りますがまだ火は入っていません、静かな店内、お母さんものんびり、

見にくいですが、メニューはこんな感じ、

040kai_20201024130701

ウイスキーが「リザーブ」というのが凄い、高級です、それで160円也とは、

神戸元町の「山田酒類販売」を思い出します、

ちょっと脱線しましょう、

今の居酒屋にはほとんど「角」しかない時代、、、

だから、、、若い人はSUNTORYのウイスキーの格順を知りませんね、

ワタシが若いときはほぼ“ビール⇒ウイスキー”という流れ、焼酎も地酒もほとんど飲まない時代、
(いや、飲む人はずっと脈々といたのでしょうが、、、あくまでワタシの私感です)

その時、「角」はちょうどいい感じの格付けでした、

「オールド」も飲めた、「リザーブ」は北新地のクラブとかで飲むイメージでちょっと手がでなかった、

一応、格順を書くと、

レッド⇒トリス⇒ホワイト⇒角⇒オールド⇒リザーブ⇒ローヤル、
(今はこの上に響とか山崎、白州などがありますね)

というのが当時の格順かな?
(トリスがここで良いのか?自信なし)

当時も「水割り」より「ハイボール」が人気で、
(今のブーム再燃が信じられない)

ワタシはもっぱら十三のトリスバー 「十三トリス」の“白ハイ”=ホワイトのハイボールが好みでした、

“トリハイ”よりも“白ハイ”と思っていたので、多分「ホワイト」の方が格上だとおもうのですが、、、

閑話休題、

もう一品、「ポテサラ」をお願いします、値段は不明、

042kai_20201024130701

ボリュームあり、魚肉入りの手作り感、

酒は「芋水」を注文、

044_20201024130701

これでお勘定です、1100円也、

大阪「横堤」駅から徒歩10分以内、「丸正酒店直売所」、

開店は多分17時です、

店内のカレンダーの隔週土曜日に“休”の印が書かれていました、

多分、日曜祝日定休、隔週土曜日もお休み、だと思います、

価格は不明ですが、至って良心的、この日の勘定を推理すると、

大瓶430円也、なっぱ煮200円也、ポテサラ250円也、芋水220円也というところかな、
(酒類の価格は確定)

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

|

« 神戸垂水で新規酒場2軒紹介いただきました、「森昌」から「なぎら」へ、なにやらあの人を思い出します^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.157~秋田県秋田市「高清水」無濾過純米酒 アルミ缶 »

大阪東部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸垂水で新規酒場2軒紹介いただきました、「森昌」から「なぎら」へ、なにやらあの人を思い出します^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.157~秋田県秋田市「高清水」無濾過純米酒 アルミ缶 »