« 大阪天満で1杯!まずはホッピーを飲みたいので天神橋五丁目のもつ焼き「えるびす」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.151~奈良県奈良市「黒松 貴仙寿」純米冷酒 »

2020年10月 6日 (火)

ホッピーも好きですが燗酒も好きです、ここの燗酒も料理も酒場最高レベルです、「うえ川南店」。

【2020年7月1日(水)】

大阪 天満 「うえ川 南店」

もつ焼き「えるびす」の後です、もう一軒行きましょか^^)

日本酒が飲みたいですね、

すぐそこの「稲田酒店」もエエけども、、、ここが浮かびました、

はい、天満でゆっくり日本酒を、それも燗酒を飲むならやはりここでしょう、

はい、「うえ川 南店」、今日も元気に営業されています、

056kai_20201004085801

コロナ以前の2月にちょっと覗いたのですが満席でした、

いまでも人気の酒場、というよりは、ここはもはや割烹かな、

でも、敷居はとっても低く、いつもフレンドリーな接客、そして旨い酒と美味しい料理、
(なんか、ベタ褒めやなあ^^)

10年ほど前までは天六に「上川屋」もあったのですが、残念ながら廃業、

いまはここ「うえ川南店」が最後の希望です、
(スターウォーズかあ!!^^)

店は2階、エレベーターはありません、急な階段をせっせと登ります、

ここで注意事項、「うえ川 南店」では呑み過ぎ厳禁です、

この階段を平田満ばりに落ちた(らしい)人を2人ほど知っています、

ご同輩、くれぐれもご注意を、

閑話休題、

引き戸は開いています、コロナな時代、

ちわ、1人ですけど、

いらっしゃい!カウンターにどうぞ~、

おお、今日は入れました、ラッキーです、

やはり、コロナの影響で客足は鈍いのでしょうか?

カウンターの椅子はいくつか間引かれているようで、以前よりも余裕があるように感じます、

でも、空いていた隣りの2席は予約席でした(あとで判明)、

ぎりぎり残っていた1席に滑り込んだ感じです、

テーブル席が3つか4つありますが、ここはすべて埋まっています、やはり今でも人気店です、

まずは「ぬる燗」でお願いします、

はい~、お水は要りますか?

親切やね、、、はい、下さい、

チロリで丁寧に湯煎、銚子に移し替えて出て来ます、

ふっくらとした美しい銚子、正一合やな、不思議なくらい呑み応えがある銚子です、

057kai_20201004085801

いつも書いているかもしれませんが“現存するもっとも美しい酒場の銚子”でもあります、

まず一口、相変わらず普通なのになんでこんなに美味しいんだろう!?

燗酒ならここか、九条「白雪温酒場」の燗酒が絶妙です、

ここの銘柄はなんだろう、忘れました、「賀茂鶴」かな?

料理は「湯豆腐」半丁、

058kai_20201004085801

これまた絶対的に旨い出汁とおぼろ昆布と葱と豆腐、

これだけで、こんなに美味しい湯豆腐が出来ます、7月とか夏とか関係なし!!

旨いもんは旨い!!(なんか力入ってます^^)

ぬる燗お替り、

060kai_20201004085801

2本目には鉢巻が付いていませんね、
(1本目には付いてます)

え~っと、この鉢巻はたしかに酒格の符牒だったと思うのですが、、、
(1級酒と2級酒の見分け)

同じように頼んだので同じ酒だと思いますが、、、

今は鉢巻の意味も変わったのかな?

2品目はこれまた定番の「まぐろ山かけ」、

062kai_20201004085801

もっとも美しい「まぐろ山かけ」です、

064kai_20201004085801

上等なまぐろはもちろん、山かけが普通の山芋(長芋?)と全く違います、

出汁が入ってるのですが、こってりと濃厚な粘り気、
(ちょっと修飾語が違うけど、まさしくそんな感じ)

これは自然薯なんでしょうか?

今度行ったら、鉢巻の意味とこの山かけの正体を訊いてみましょう、

大将は出たはりますが、カウンターの中で座ったはります、

あ、立ちました、まだ元気ですね、

はい、これでお勘定は3570円也、

大阪天満の「うえ川 南店」、

大阪最大級の飲み屋街天満、安くて美味しい店がひしめき合っていますが、

ここは一線を画す正統派酒場、

ちょっと高いと感じるかもしれませんが、クオリティを考えると高くはない、

若いお客さんも多い、綿々と継がれていく酒場の系譜という感じ、

あ~、また行きたくなりました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕💕、

 

|

« 大阪天満で1杯!まずはホッピーを飲みたいので天神橋五丁目のもつ焼き「えるびす」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.151~奈良県奈良市「黒松 貴仙寿」純米冷酒 »

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
こちらは普通の白鶴上撰酒パックの筈です。
以前、大将が八巻に注いでいるのを見ました。
灘の普通酒の中では、すっきりと呑み飽きしないので私は好きです。
やはり熱燗は燗づけが重要ですね。

投稿: KAZ | 2020年10月10日 (土) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪天満で1杯!まずはホッピーを飲みたいので天神橋五丁目のもつ焼き「えるびす」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.151~奈良県奈良市「黒松 貴仙寿」純米冷酒 »