« 地酒ワンカップ・コレクションNo.146~岩手県釜石市「浜千鳥」KAMAISHI ラグビーカップ | トップページ | 自粛明け後、初の天満探訪で初入店の「魚しょう」は料理が抜群に美味しい立ち呑みでした、そして「稲田酒店」で一献。 »

2020年9月14日 (月)

三宮のさんプラザ、ここの飲食街も成熟期に入っています、今日は焼鳥「ひなどり」で一杯。

【2020年6月4日(木)】

神戸 三宮さんプラザB1F 焼鳥「ひなどり」

この頃はコロナも一段落、

もうこのまま終息するのではないかな?と思わせる状況でした、

焼きとんもとっても好きなんですが、焼鳥も定期的に食べたくなります、鶏好きですから、

焼鳥屋さんはたくさんあります、あり過ぎてすべてを探訪するのは不可能、

必然、雰囲気で選ぶことになります、店構えとか場所柄とか、個性とか、、、

でも、先日、ローカルチェーンの安い焼鳥屋さんに入ったのですが、ここが結構ヨカッタ、

店構えでスルーしている、安くて美味しい焼鳥屋さんもたくさんあるんだろうな、

これからはいろいろ、あちこち入ってみましょう、

さて、今日はワタシ的には好みの外観、適度な酒場感、そして焼鳥も間違いない!というワタシ的テッパンの「ひなどり」です、

三宮さんプラザにB1Fにあります、

はい、この外観、由!

035kai_20200913125901

再開発商業ビルの地下に納まっています、

ここにあるということは再開発前のこの辺りの地上にあったということかな?と勝手に思っています、

036kai_20200913125901

焼とりコース、6本、8本、10本とあります、いつも6本で十分楽しめます、

今日も6本コースで行きましょう、

ちわ、ほほ、一番客ですね、入ったところのカウンターに着きます、

ビールはSAPPORO赤星「中瓶」、これも嬉しい、

026_20200913125901

カウンターの中の大将に、予定通り6本コースをお願いします、

突出しが出ます、漬物とキャベツ、

027_20200913125901

山芋の漬物が美味しいです、

1人客がお二人入店、お互い離れて座ります、今はそうだよね、

焼鳥、まずは「ねぎみ」と「はつ」、タレです、

029kai_20200913125901

ねぎみは身もネギもごっつい!です、そして、旨し!!

はつも大きい、旨し、焼き加減も抜群です、やはり大将上手ですね、

こちらは「ピーマン肉詰め」と「せせり」、

031_20200913125901

ペーマン肉詰めは仕事してますね~、せせりも美味しいです、好き、

最後の2本は塩です、「ぼんじり」と「手羽先」、

032kai_20200913125901

ぼんじりはまずまず、

手羽先は中に辛子明太が入っている「手羽先明太」でした、

齧った後の写真は無残な状態だったので掲載見送り^^汗)

たしか、「芋水」飲んだような気がしますが写真無し、どうだったかなあ、

常連さんと大将の会話が聞こえて来ます、

阪神淡路大震災の時よりも先が見えませんね、

一昨日の夜はお客さん一人!そんな日もあります、

大変ですね、、、

でも、この日は一番客がヨカッタのか?^^)

この後、2人連れ、家族4人など入店があり、10席程のカウンターがほぼ満席に、

では、一番客はこの辺りでお勘定にしましょう、2500円也、

神戸三宮、さんプラザB1Fの焼鳥「ひなどり」、

今日も6本セット、美味しかったです、

表の看板に大将の若かりし頃?の写真が貼ってあります、

037kai_20200913125901

若いですね~、今から40年くらい前の写真でしょうか?
(確認していません、推定^^)

「さんプラザ」が出来たのは1970年らしいです、50年前、ひょっとするとその頃の写真かもしれませんね、

最近、あちこちの再開発ビルが完成から半世紀を超えて、地下の酒場街が成熟し始めて来ています、

結局、良き酒場が出来るには時間が掛かるということなんでしょう、

そして、成熟期を過ぎると、後継ぎ不在・建物取り壊し・立ち退きなど、様々な障壁が現れて酒場は消滅していく、

そんなことを繰り返すしかないんですね、、、

ワタシも元気なうちにせっせと呑みますね~^^)

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.146~岩手県釜石市「浜千鳥」KAMAISHI ラグビーカップ | トップページ | 自粛明け後、初の天満探訪で初入店の「魚しょう」は料理が抜群に美味しい立ち呑みでした、そして「稲田酒店」で一献。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地酒ワンカップ・コレクションNo.146~岩手県釜石市「浜千鳥」KAMAISHI ラグビーカップ | トップページ | 自粛明け後、初の天満探訪で初入店の「魚しょう」は料理が抜群に美味しい立ち呑みでした、そして「稲田酒店」で一献。 »