« 本格的なもつ焼きと美味しいホッピーが飲めます、今日は神戸三宮の「四文屋」でまず一杯。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.145~長野県南佐久郡「雪國」箕面の滝 »

2020年9月 2日 (水)

そろそろ解禁、1人酒場探訪、三宮「四文屋」の後は旭通の本格角打ち「たけやま」へ。

【2020年5月25日(月)】

神戸 旭通 「たけやま」

そろそろ解禁、1人酒場探訪、

三宮の「四文屋」で美味しい焼きとんとホッピーをいただいた後です、

さて、もう1軒行っときましょう、

お目当ての酒場があります、ここからだとちょっと歩きますが、旭通の「たけやま」へ行きたいと思います、

たぶん、角打ちですが(そう云われると確認したことないなあ)本格的な酒場です、

3月、コロナ非常事態宣言の前にフラッと寄った時は閉まっていました、

コロナで休業なのか?まさか、、、廃業ということはないと思うけど、カウンターの中の陣容は油断できない年齢の方々です、、、はい、

ということで、今日は「たけやま」の生存確認に向かうことにします^^)

神戸ミントの横をすり抜けて東へまっすぐ、歩いて5分くらい、

はい、「たけやま」の堂々たる風格の店構え、

035kai_20200902103301

そして、、、無事、営業しています、きゃ~!ヨカッタ、
(きゃ~!って^^)

もちろん、迷わず入店です、

店内は25人くらいは立てそうなコの字カウンター、

令和の角打ち立ち呑みの常として今は椅子が並んでいます、

カウンターの中にはワタシよりも先輩ばかりのお父さんお母さんが4人ほど、大将は端の方の椅子で座ったはる事が多いです、

客も従業員も限界への挑戦中、

いつもは通りに面した入り口から入るのですが、今日は空いてそうなので路地側の入り口から入りました、こちらはなんとなく常連さんが多いエリア、

2軒目なのでいきなり日本酒です、ダイレクトOSAKEとも云います、
(今思いつきました^^)

コの字カウンターに沿った形で頭上に仕切りがあります、そこに日本酒のメニューが貼ってあります、

036kai_20200902103301

見上げてごらん~♪たけやまのメニューを~♪

コロナ対策でビニールシートも下がっていますね、

量り売り表示、この辺りでなんとなく立派な角打ち!というイメージがついているんですね、

そして値付けがヨロシイ、200mlでこの値段はお得でしょう、普通の居酒屋の半分の値段です、

で、「獺祭」が700円也で「風の森」が750円也、うんうん、酒銘で売らない気概が感じられます、

ここは贔屓の「風の森」にします、

037kai_20200902103301

神戸ですが、コップもお馴染みこのコップ、やはり角打ちで決定です、

肴は目の前の小さな四角い鍋(これなんて云うんだろう?塵取り鍋みたいなん)でグツグツと煮えている「土手焼き」にします、

2本お願いしました、@250円也やと思います、

お父さんが暖め具合を確認、串から抜いて盛り付けてくれます、丁寧な仕事です、

こんな感じ、

040kai_20200902103301

う~ん、美味しそう、そして軽く炙ったバケットも1枚付いてきました、気に利いたサービスです、

味は濃いめの味噌味、これは日本酒のアテですね、なかなか手ごわいですが美味しいですよ、

バケットでソースを掬うとこれが絶品、なるほど!ちゃんと計算された組み合わせですな、流石!

2軒目なのでこれでお勘定にしました、1320円也、明朗会計外税です、

で、3週間後くらいに再訪しています、再訪するのは、、、お気に入りの酒場の証です、

この日は前回と反対側のいつもの場所に着きます、

1軒目なので、まずは「ビール小瓶」290円也、

018_20200902103801

「きずし」、

017kai_20200902103801

う~ん、ミディアムで炙り、料理もイケてますね、

ビールを飲み干し日本酒に移行、ワンバンOSAKEとも云います、
(今考えました^^爆)

今日は「雪彦山」650円也、兵庫県姫路市の山間にある蔵元のお酒ですね、地元応援、

021kai_20200902103801

入口に冷蔵ショーケースがあり小皿料理が並んでいます、

「タコ」と「ししとう」を取り出して中のお母さんに訊きます、両方ともボリューミーなのです、

これは一皿全部ですか?

はい、両方とも全部で一人前です、

うわ!!多いわ~、、、、でも、もう取り出しましたからね、両方とも頂きます、

まずは「ししとう」、

025kai_20200902103801

丁寧に焼いていただきました、生姜と鰹節で、もちろん美味しいです、が、10本くらいありました、こりゃお腹一杯になる、

そして「タコ」、

024kai_20200902103801

うん、しっかり味付き!これも美味しい、出汁が利いているのかな?とにかく美味しいです、

で、両方ともボリュームありすぎ!とっても嬉しいです!!
(嬉しいんかい!!^^)

そうそう、カウンターにはこんな設備が、

026kai_20200902103801

焼肉屋さんにありそうな排煙ダクトです、鍋とか焼肉も出来るのかな?使ったことはありません、

そしてもう一点、気の利いた配慮が、

頭上の仕切りにメニューが貼ってあるのですが、

実は向かいのカウンターの仕切りの内側にもメニューが貼ってあります、

つまり向かいのカウンター頭上のメニューも反対側から観れるという工夫です、

042kai_20200902104301

こんな感じ、、、ここらも親切、創意工夫が行き届いています、

この日は2460円也、満足のお勘定です、

神戸三宮、ミント辺りから歩いて5分くらいの「たけやま」、

角打ち=元は酒屋さんだと思いますが、

今や、もうそう残っていない立派な酒場です、まさに成熟期ですね、

料理は美味しいし、日本酒の揃えもヨロシイ、酒銘で売らずに美味しいお酒を置いておられます、

コロナにもマケズ、ゲンキニ営業チュウのハズです、

記事を書いていて、また行きたくなりました、これは間違いないですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

 

|

« 本格的なもつ焼きと美味しいホッピーが飲めます、今日は神戸三宮の「四文屋」でまず一杯。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.145~長野県南佐久郡「雪國」箕面の滝 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本格的なもつ焼きと美味しいホッピーが飲めます、今日は神戸三宮の「四文屋」でまず一杯。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.145~長野県南佐久郡「雪國」箕面の滝 »