« 【2020年3月15日(日)】京都東山三条の「BEER Komachi」で暫しの別れを惜しみ、木屋町の「たこ入道」を初探訪。 | トップページ | 【2020年3月20日(金祝)】下山が宝塚方面なら、ここが恒例となっています、逆瀬川の「鳥友商店」でボトルキープ^^) »

2020年8月 3日 (月)

【2020年3月19日(木)】京橋の「まるしん」で軽く1杯、で、また森小路の「松久」へ吸い込まれました、エエ酒場です。

【2020年3月19日(木)】

大阪 京橋「まるしん」~森小路「松久」

コロナ、この週までは独りで呑んでいる分には不安感無かったです、

梅田で所用終わり、環状線で京橋までやってきました、

立ち呑みストリートをざっと流します、時間は16時30分頃、もう各店とも盛り上がって来ていますね、

手前の方にある人気店はやはり満員の模様、スルーします、

ずっと奥まで歩いて「まるしん」へ、

017kai_20200803075301

まだ余裕がある様です、まずはここから始めましょう、

入口が左右に2カ所、中には少し長めの逆L字カウンター、今日は向かって右側からは入ります、

先客4人、適度な間隔を空けて立てます、カウンターの中には料理担当の大将とお母さんとお兄さん、

「大瓶」にします、

最近は瓶ビールがお気に入りです、いちいちコップに入れて飲む方が美味しいような気がする、

サービスの突出しは天ぷらと相場が決まっています、今日は「ゲソと竹輪」、

018_20200803075301

即注文も、「新子」260円也、

019_20200803075301

この頃がシーズンだったか、夏の暑い日に記事を書いているとはるか昔のような気がします、

もう一品は「出汁巻」

021_20200803075301

年季の入った玉子焼器で大将がさっと焼きます、超強火で一気に焼き上げます、

焦げるんと違うかな?観ていて心配になりますが大丈夫、

こんなきれいな出汁巻が1分程で出来上がります、

葱入りが嬉しい、そして、もちろん美味しいです、

流石の職人技、これはなかなかで観ません、

出汁巻、素早く上手に焼けるようになりたいね~、

はい、これでお勘定、もちろん明朗会計、

京橋立ち呑みストリートの奥の方の「まるしん」、

立ち呑みストリート、手前の方に人気店や老舗が犇いています、

奥の方はなんか実力派という感じかな、ね、

立ち呑みらしく呑めるエエ店です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、



さて、どうしましょうか、京橋なので2軒目候補には事欠きませんが、、、

ここは、京阪電車に乗って「森小路」駅まで行くことにします、

この春中にもう一度行こうと思っている「カドヤ東店」も覗いてみたいし、

「森小路」駅は京橋から3つ目、6分ほどで到着です、

西口(かな?)を出て徒歩2分、すぐに「カドヤ東店」があります、

お!今日は開いています!!

024kai_20200803075601

そして、すぐ斜め向かいには「松久」があります、こちらも絶賛開店中です^^)

023kai_20200803075601

さて、どうするか?

先日は2人で「カドヤ東店」を目指してきたのですが、残念ながら振替休業だったようです、

ここは一度独りで探訪済、ぜひもう一度探訪してみたいのですが、、、

料理のボリュームがあるので単身突破にはなかなか勇気が要ります、

できれば2人か3人で入りたい、、、

で、ついフラフラと「松久」に入店、

スイマセン!また来ます、4月中は酒場営業されているとの事、また来ます!!
(もちろん、この後、コロナの影響で4月中の探訪は叶わぬ夢となりました;涙)

「松久」、コの字カウンターの縦棒に着きます、

3月ですが密を避けるためか?2面開けっ放し、良い風が通ります、シャツ1枚でちょうど良い時候です、

燗酒にします、

025_20200803075601

「沢の鶴」のちょっとポテッとしたガラス銚子、

肴は「ニンニクの芽炒め」330円也、

027_20200803075601

エエですね~、豚肉しっかり入っています、「豚肉とニンニクの味噌炒め」な方が似合う感じ、

間を空けたお隣の先輩男性常連さん、エエ感じで呑んだはります、

大将によると一合しか飲んだらアカンらしい、ですが、、、もう少し呑んでおられるような気もします^^)

向こうの女性も常連さん、エエ感じです、そのうちご主人も来られて仲良く一献、

『仲良きことは美しき哉』です、

たしか、その御夫婦の注文だったかな?大将は「ゴマカツオ」調理中、

あれこれ口上を並べながら、客に料理を勧めます、なかなかお上手、常連さんの好みをよく御存じです、

で、ワタシも口上に乗って「ゴマカツオ」を注文(値段不詳)、

028_20200803075601

鰹に胡麻、大葉、葱、茗荷?海苔などなど、山葵以外は全部は混ぜ込んで食べるそうです、

029_20200803075601

鰹自体、身が締っていてなかなかのモンでした、

中のバイト君が今月で卒業、3年のキャリア、これもまたたいしたもんだ、

常連さんが店員みなさんにお酒(か、コーラ)を振る舞っておられました、この辺りが街場の酒場やね、エエ感じ、

お酒をお替りしたかな?

これでお勘定です、1460円也、

森小路の「松久」、

町内の座りの酒場としては、関西ではホント残り少ないホント貴重な存在です、

基本、常連さん、それもたくさんの常連さんで支え合っている感じ、

若い大将も気風がヨロシイ、ホント良き酒場やと思います、

あ、帰り掛けにキンカン貰いました^^)

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

 

|

« 【2020年3月15日(日)】京都東山三条の「BEER Komachi」で暫しの別れを惜しみ、木屋町の「たこ入道」を初探訪。 | トップページ | 【2020年3月20日(金祝)】下山が宝塚方面なら、ここが恒例となっています、逆瀬川の「鳥友商店」でボトルキープ^^) »

大阪京橋」カテゴリの記事

京阪沿線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2020年3月15日(日)】京都東山三条の「BEER Komachi」で暫しの別れを惜しみ、木屋町の「たこ入道」を初探訪。 | トップページ | 【2020年3月20日(金祝)】下山が宝塚方面なら、ここが恒例となっています、逆瀬川の「鳥友商店」でボトルキープ^^) »