« (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.129~岩手県二戸市「南部美人」上撰 | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.131~山形県酒田市「初孫」 »

2020年5月 4日 (月)

(家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.130~兵庫県神戸市「白鶴」大吟醸ミニグラス

(家呑み推奨!)
地酒ワンカップ・コレクションNo.130

兵庫県神戸市 「白鶴」大吟醸ミニグラス

地酒と云うにはあまりにも大きな蔵「白鶴」ですが、ちょっと紹介しておきたかったので、

たしかに香りは豊か、大吟醸やな~と思わせる、辛味と旨味、結局燗酒でいただきました、辛口のイメージ、ま、美味しいけど、、、

でも、この大吟醸、最近、大手メーカーがこぞって売り出している“醸造アルコール入り大吟醸”です、

このことは後で書きます、

ちょっと小振り、独特のフォルムの120ml容器です、

031kai_20200503092901

ラベルには大吟醸の文字、肩にマークと酒銘、左下に特選ミニグラス、清酒の文字、

032kai_20200503092901

ガラスには浮彫がありますが、なんの図柄か?

ちゃんと見ていなかったので、写真では分かりません、失敗、鶴かな?

033kai_20200503092901

裏面に透明シール、読みにくいですが、味わい/香り華やかの説明、“甘辛”と“濃醇”呑み口説明、

039kai_20200503092901

その下に飲み方注意表記、飲酒注意表記、

038kai_20200503092901

右側には成分表示、フリーダイヤル、飲酒注意表記、

035kai_20200503092901

キャップにはマーク、縁には燗時注意事項、

さて、大吟醸のワンカップですが、ここで書かなければならないのは、、、

この大吟醸は醸造アルコール入りであるということです、

最近、スーパーなどでも大手の蔵がこぞって“低価格の大吟醸”を発売しています、

これもその“低価格の大吟醸”です、

なぜ安いのか??

それは『醸造アルコールで薄めている』からです、

ワタシ個人的には、この『醸造アルコールで薄める』行為を由としていません、あくまで個人的な好みの問題としてね、

元来、日本酒は米と麹で作られるべきものですが(これも思い込み)、

大手蔵元が全国での大量販売を可能にするために『醸造アルコールで薄める』ことを始めてしまいました、

さらに醸造アルコール使用量が一定割合以下なら「吟醸酒」、「大吟醸」と名乗ることが出来るという酒税法に則って“醸造アルコール入り大吟醸”が誕生しているのです、

もちろん、醸造アルコールを混ぜることで味わいへの好影響があることも理解したうえで、、、

混ぜ物は要らない!というのがワタシの想いです、

ワインやスコッチに醸造アルコールを混ぜたりしますか?という感じです、

そんなワインを買いますか?という感じ、

ワタシ、もともと大吟醸はあまり好まない(爽やかすぎる、軽すぎる、高い)のですが、

世の中には“大吟醸信仰”が根強くあります、大吟醸と聞くとありがたがる傾向があります、

そこを上手に突いた商法ではありますが、、、ちょっと姑息な商品作り、

“醸造アルコール入り大吟醸”、ワタシは呑みません、、、あ、今回は呑みましたけど^^)

ちなみに白鶴酒造は出荷量日本ナンバーワンの蔵元です、

購入時期:2019年3月

購入場所:神戸和田岬 大石商店

容量:120ml

価格:260円(税込)
※立ち呑み時に購入、持ち帰り

蔵元:神戸市 白鶴酒造㈱

|

« (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.129~岩手県二戸市「南部美人」上撰 | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.131~山形県酒田市「初孫」 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.129~岩手県二戸市「南部美人」上撰 | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.131~山形県酒田市「初孫」 »