« (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.130~兵庫県神戸市「白鶴」大吟醸ミニグラス | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.132~大分県国東市「西の関」 »

2020年5月 6日 (水)

(家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.131~山形県酒田市「初孫」

(家呑み推奨!)
地酒ワンカップ・コレクションNo.131

山形県酒田市 「初孫」

うん?これは旨口か?辛いけど旨味も感じるスッキリな飲み口、個性的な好きなタイプのお酒、

2月に飲みましたが、燗せず常温でそのままいただきました、

クリーム色地のラベル、中央には筆文字ロゴ、下部に英文字、右肩に“酒王”の文字、

042kai_20200505095601

そして、バックには植物のイラスト、、、あ~、花の名前、苦手なんです、

左側には飲酒注意表記、フリーダイヤル、蔵元表記、

043kai_20200505095601

右側には成分表示、日本酒の文字、

041kai_20200505095601

キャップには英文字で“SAKE HATSUMAGO”、製造年月が被っています、縁には開栓注意表記、

045kai_20200505095601

さて、まずはラベルのイラストの植物の探求です、

ワタクシ、こう見えて(どう見えてるんや)、植物、花の名前が苦手です、ホント花の名前知りません、

ググってみても、このイラストから名前を導き出せるか?まったく自信ないですが、、、

ガンバって推理してみると、

なんとなく、きっと縁起物にちがいないでしょうから、、、お?これはひょっとすると、

それに、なにやら赤い実が付いていますね、これは、ひょっとして、、、知っているかもしれません、

うむ?縁起物で、赤い実、、、

これは、、、『南天』ではないでしょうか!?

フォルムには全く自信ないですが、“縁起物”と“赤い実”から『南天』と推理します、

如何でしょうか~^^)、、、たぶん当たっていますよね、

ちなみに『南天』が縁起物とされるのは、その音から、『難天』=難を転じる、というところから来ています、

と、ここまで自慢げに特々と書いたのに、、、なんと、違いました、間違いでした!

蔵元HPの端っこに小さくこんな文章が、

『「やぶこうじ」の赤い実は必ず2つずつ仲良く実を結ぶことから縁起の良い植物として御祝いの時にしばしば使われます。「初孫」はこれを幸せを呼ぶシンボルとしています。』

え~、『やぶこうじ』!?って、初めて聞きました、、、やはり、植物の名前は苦手です、

購入時期:2019年9月

購入場所:大阪なんば BICカメラ

容量:180ml

価格:220円(税別)

蔵元:山形県酒田市 東北銘醸㈱

 

|

« (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.130~兵庫県神戸市「白鶴」大吟醸ミニグラス | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.132~大分県国東市「西の関」 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.130~兵庫県神戸市「白鶴」大吟醸ミニグラス | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.132~大分県国東市「西の関」 »