« (家呑み推奨!)  地酒ワンカップ・コレクションNo.117~富山県黒部市「黒部渓谷 幻の瀧」 | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.119~滋賀県高島市「竹生嶋」金紋本醸造 »

2020年4月 8日 (水)

(家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.118~奈良県奈良市「春鹿」超辛口純米酒

(家呑み推奨!)
地酒ワンカップ・コレクションNo.118

奈良県奈良市 「春鹿」超辛口純米酒

奈良の代表的銘柄の一つ、「春鹿」の超辛口、ボトル瓶、名前の通りホントの辛口です、燗酒にしてちびちびいただきました、

高級感のある180mlボトル、

010kai_20200407224301

黒字ラベル正面に金文字で“超辛口”、

013kai_20200407224301

左側には赤文字で純米酒、その下に純米吟醸の判子、そして蔵元表記、

012kai_20200407224301

右側には赤文字で酒銘「春鹿」、その下に篆書体で、、、

あ~、これ、読めませんわ、情けない、

011kai_20200407224301

右は酌・盃?・書?、左は呑・盃・??響くじゃないなあ~、

そして成分表示、

014_20200407224301

キャップには英文字酒銘表記と鹿のイラスト、

さて、まずは読めない篆書体の6文字、、、やっぱり分かりませんでした、

“杯酌・盃酌”という言葉は辞典に載っています、盃を交わす酒盛りの事、なんとなくそんな意味だと思いますが、、、やはり読めませんでした、

蔵元の方、研究家の方、書道家の方、教えてください^^)

(4月9日追記)

この6文字について蔵元からTwitterメッセージをいただきました!

ここで紹介させていただきます、

【蔵元さんからのメッセージ】

春鹿 醸造元


こんにちは。
春鹿の文字の下にあるのは
【酌不盡(尽) 呑不變(変)】です。
酌めども尽きず。飲めども変らぬ。という意味です。
謡曲【猩々】の中に出てきます。
ご注目頂き、ありがとうございます☆

ありがとうございます!よく分かりました^^)



「春鹿」は日本酒発祥と云われる奈良県を代表する銘柄の一つです、上手にたくさんの日本酒を売っておられます、

とくにこの“超辛口”は酒場などでもポピュラーな銘柄ですね、たしかに辛くて美味しい感が有ります、

辛口があまり好みではないので、ワタシはあまり得意ではないのですが^^)

たしか、奈良町辺りに「春鹿」という酒場があります、直営店ではないのかな?

なかなか末枯れた外観のお店ですが、少々敷居が高そうなのでワタシは未探訪です、いつか行かなきゃいけませんな、

よく見るボトルなので、かえってどこで買ったか?分からなくなりました、

(2020年4月12日追記)

購入時期などが判明しましたので追記します、

購入時期:2019年2月

購入場所:奈良県桜井市 南酒本舗

容量:180ml

価格:370円(税込)

蔵元:奈良県奈良市 ㈱今西清兵衛商店

|

« (家呑み推奨!)  地酒ワンカップ・コレクションNo.117~富山県黒部市「黒部渓谷 幻の瀧」 | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.119~滋賀県高島市「竹生嶋」金紋本醸造 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (家呑み推奨!)  地酒ワンカップ・コレクションNo.117~富山県黒部市「黒部渓谷 幻の瀧」 | トップページ | (家呑み推奨!)地酒ワンカップ・コレクションNo.119~滋賀県高島市「竹生嶋」金紋本醸造 »