« “くわ焼”、懐かしい語感です、もう大阪にしかないのだろうか?なんば法善寺あたりの串・くわ焼の「たこ政」を初探訪。 | トップページ | いろいろありまして、神戸三宮 さんプラザB1F「タン・カフェ」から長躯、大阪裏なんばまで、で「スタンドにしき」へ初入店。 »

2020年3月 3日 (火)

地酒ワンカップ・コレクションNo.107~兵庫県神戸市 「菊正宗」しぼりたてギンパック

地酒ワンカップ・コレクションNo.107

兵庫県神戸市 「菊正宗」しぼりたてギンパック

冷で旨み香り多し、生感ありあり、菊正宗というと辛口のイメージだがこれは芳醇で美味しい、燗酒にしてもイメージはあまり変わらず美味しく飲めました、

「菊正宗」と云えば全国流通のナショナルブランド、地酒コレクションに入れるかどうか迷いましたが、美味しいので合格!書くことにします、

珍しい銀色の紙パック、こんなん初めて見た!と思って、宝塚にある角打ちで購入したのを憶えています、

008kai_20200227094301

正面に“正宗”のロゴ、中央にしぼりたての文字、その下に判子がありますが判読不能でした、

012_20200227094401

左に菊正宗、右側には短冊で“しぼりたて生貯蔵酒”、

裏面は情報満載、“しぼりたてギンパック”の商品説明、力入っています、その横に成分表示、蔵元表記、

010kai_20200227094301

こちら側には飲酒注意表記と、“グラスサケ”の文字、呑み方提案、

011kai_20200227094301

キャップ縁はピンク色、トップも銀色に菊正宗の透かし文字、

009_20200227094301

「菊正宗」は神戸灘のお酒、昔からTVCMでもお馴染みの蔵元です、相当昔から辛口押しで、ワタシなんかも“菊正宗=辛口”のイメージを刷りこまれていますね、

CMソングは西田佐知子さんが唄っておられました、♪~やっぱり俺は菊正宗~♪というフレーズ、誰しも聞き憶えがあるのでは?

この曲「初めての街で」はCMソングとして作られたようですが、ちゃんとレコードも発売されています、作詞 永六輔 、作曲 中村八大 の名コンビの作品です、

1975年からCMに使用され、2009年まで使用されたということですから延べ34年間大役を果たしたことになります、名曲ですね、そして菊正宗のブランドイメージとほぼ同化している曲です、

正宗系の酒銘について、現在、全国にどれくらい正宗系の酒があるのか?ちょっと分かりませんが(一説では100以上あるそうです)、「菊正宗」はもっとも有名な正宗系酒銘に一つでしょう、が、正宗系発祥は同じ神戸灘の蔵「桜正宗」です、

1840年頃に「桜正宗」の当主が京都の寺を訪ねた際、経典の『臨済正宗』という文字を見つけ、そこから取ったそうです、正宗の音は“セイシュウ”となり清酒に通じるとの直感、素晴らしい閃きですな、

当時は「正宗」として売っていたそうですが、これが江戸で爆発的に売れたことから、全国でその人気にあやかろうと「正宗」が多数登場したそうです、そこで国花の桜を付けた「桜正宗」が誕生しました、

ちなみに、当主がこの『臨済正宗』という文字を見つけた寺は京都市にある元政庵瑞光寺、うわ!この寺の境内で子供の頃よく遊びましたわ、なんと、知りませんでした、

ラベルの“正宗”の文字、独特の書体ですが「大黒正宗」(これも灘の酒)の酒銘書体と似ています、なにか由来なり意味がありそうです、いつか解明したいものです、

購入時期:2019年5月

購入場所:兵庫県宝塚市 鳥友商店

容量:180ml

価格:220円だったかな?失念

蔵元:兵庫県神戸市 菊正宗酒造㈱

 

 

|

« “くわ焼”、懐かしい語感です、もう大阪にしかないのだろうか?なんば法善寺あたりの串・くわ焼の「たこ政」を初探訪。 | トップページ | いろいろありまして、神戸三宮 さんプラザB1F「タン・カフェ」から長躯、大阪裏なんばまで、で「スタンドにしき」へ初入店。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “くわ焼”、懐かしい語感です、もう大阪にしかないのだろうか?なんば法善寺あたりの串・くわ焼の「たこ政」を初探訪。 | トップページ | いろいろありまして、神戸三宮 さんプラザB1F「タン・カフェ」から長躯、大阪裏なんばまで、で「スタンドにしき」へ初入店。 »