« 地酒ワンカップ・コレクションNo.114~富山県砺波市「玄」辛口 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.115~富山県南砺市「成政」 室堂 »

2020年3月30日 (月)

先斗町での新年会の前にフライング、“せんべろセット1,000円也”に惹かれて木屋町の「ミサキ」です^^)

【2020年1月16日(木)】

京都 木屋町四条 立ち呑み「ミサキ」

今日は京都先斗町で呑み会です、新年会ね、

勇躍、阪急「京都河原町」駅で下車、、、

あれ?ここも駅名が変っているんですね、元はたしか「河原町」駅、外国人には分かりにくいということで変更ですかね?

地上に出ると高瀬川のほとり、少し早目に着きました、、、って^^)

フライング確信犯、ちょっと1杯だけどこかで呑むでいきましょう、

と、木屋町通りを上ったところに(上ルは北方向へ行くということですよ^^)、新しい立ち呑みがありました、

006kai_20200327212401

立ち呑み「ミサキ」、ま、今風の立ち呑みですね、

実はお目当ての店があったのでスルーしそうになったのですが、、、この看板に引掛りました、

007kai_20200327212401

15:00~17:30の「せんべろセット」、2杯と2品で1000円也、、、

むむ、ちょっと入ってみよかな??、、、って、ホント、こういうなんに弱い人です、はい、

で、即入店です、

1本カウンターだったかな?壁側にも立ち飲みテーブルがあったような、

奥は少し広いスペースになっているようですが、とりあえず入ったとこのカウンターに着きます、

カウンターの中にはお兄さん2人、

せんべろセットでお願いします、

はい!飲み物は、、、とりあえず生ビールにします、

料理はこの中から選ぶシステムです、まずは「おあげとみぶ菜たいたん」にします、

008_20200327212401

うん、みぶ菜のたいたん、美味しいですよ、

011kai_20200327212401

それより気になったのが「生」、なんか飲み慣れないビールな感じ、ひょっとして発泡酒か?と一瞬思いましたが、なんとスーパードライでした、

なるほど、そう思って飲むと気にならなくなりました、ワタシの味覚はエエ加減なもんです、

しかし、スーパードライはホント味が変りましたね、

なんかKIRINとかSAPPOROにすり寄ってきた感じ、

「せんべろセット」の2品目は「刺身」にしました、

012_20200327212401

サーモンと黒鯛だそうです、まずまず、山葵が美味しかったです、

飲み物2杯目は「燗酒」、

013_20200327212401

こんな片口で出てきました、普通酒なのですが、こういう感じで飲むとちょっと美味しくなります、

さて、これで「せんべろセット」はおしまい、ここまでで1,000円(税別)ですね、

でも、、、少し燗酒が残っています、うむ、『酒と肴の相対性理論その3』に嵌ってしまいましたね

他の料理も試してみたかったので、もう1品注文、「鶏と小松菜の梅みそ和え」300円也、

014_20200327212401

うん、こちらも美味しい、手の込んだ料理です、

出て来た料理は全部見た目がヨロシイ、板場さんが上手なんでしょう、どこか料理屋で修業されたのかな?(未確認)、

はい、これでお勘定です、1300円也+税金、明朗会計です、

京都木屋町四条を上ったとこ、立ち呑みの「ミサキ」、

いつ頃出来たのでしょうか?

料理がそれなりに美味しいような気がします、お値段も良心的かな?

店名の由来なんかも気になりますが、それはまた次回探訪の時に確認しましょう、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

この後は先斗町(ぽんとちょう)の「すいしん 本店」へ、

ワイワイと美味しい料理と酒をいただきました、

026_20200327213101
027_20200327213101
032_20200327213101

さあ、2020年も呑みますよ~、、、

とこの時は無邪気に思っていましたが、この後、コロナウイルス騒ぎが、、、

でも、負けずにもうしばらくは呑んでいます、

負けへんで~^^)

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.114~富山県砺波市「玄」辛口 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.115~富山県南砺市「成政」 室堂 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地酒ワンカップ・コレクションNo.114~富山県砺波市「玄」辛口 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.115~富山県南砺市「成政」 室堂 »