« 天満ではしご酒、まずはやはり「稲田酒店」からかな、で「肴や」で超久しぶりのバッタリ邂逅!やっぱり酒場は楽しいわ^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.94~広島県東広島市 「賀茂鶴」からくち本醸造。 »

2020年1月 7日 (火)

六甲全山縦走大会の応援の後、「四文屋 三宮2号店」で打上げ、リーズナブルで美味しいモツ焼を堪能しました。

【2019年11月10日(日)】

神戸 三宮 モツ焼き「四文屋 三宮2号店」

今日は恒例『六甲全山縦走大会』前半(毎年11月に2回あります、1日で全行程を歩きます)、

須磨浦公園からスタートして六甲山系を縦走、宝塚までのコースを1日で歩きます、

全行程は45kmと50kmとも云われており、延べ登山標高差が3800m!と富士山登山に匹敵する過酷なレースであります、

で、、、ワタシは、、、今年も応援ハイクであります、参加は今年も見合わせ、

時間的にはほぼ中間地点になる摩耶山掬星台で知り合いの参加者を待ち受けます、

今回は知り合い4名が参加、全員14時半頃に菊星台に無事到着、温かいスープや新鮮なブドウで接待、すぐに彼らはゴール目指して出発して行きました(最終的に4人とも無事完歩)、

応援ハイクの3人も下山です、上野道を1時間ほどで高速下山、ケーブル下駅からバスに乗って三宮まで、あっという間に無事下山です、

時間は16時半頃、さて呑みましょか^^)、応援お疲れさん会です、

この時間、日曜日ならもつ焼きの「四文屋」が開いているはずです、

015_20200105160101

はい、無事開店しています、

※ここ、正式には「四文屋 三宮2号店」と云います、1号店はどこにあるのか?不明です、
近所に「牛の四文屋 三宮店」があります、ひょとするとこれが最初に出来た店かもしれません、

本格的もつ焼きがリーズナブルな価格でいただける、東京でチェーン展開している「四文屋」さん、嬉しいことに三宮にもあるのです、 “モツ焼き”ファンには堪りません、

まだ空いていますね、3人です~、はい!ではでは入店です、

まずはホッピーで乾杯!嬉しい~、ホッピ~も吞める^^)、この日はたしか全員ホッピーでした、

016kai_20200105155801

モツ焼も注文しましたが、すぐ来るメニューから、「セロリ」100円也、

017_20200105155801

「キャベツ」100円也、

018_20200105155801

そして生モノから来ました、「豚冷製ハツ」200円也かな?
(今日は連れ呑みなので詳細不明が多いです、許してください^^)

020_20200105155801

そしてモツ焼きは「ガツ」と、葱が挟まっているのは??「ハラミ」かな?失念、

022kai_20200105155801

モツ焼きは基本的にすべて@100円也です、これがとっても嬉しいです、東京でも@100円也は減って来てると思います、神戸でモツ焼きが@100円也でいただける幸せ、

さらに「シロ」と「コブクロ」かな?@100円也、

023kai_20200105155801

そしてこれは「カシラ」だと思います、

024_20200105155801

モツ焼き@100円也でも安いのですが、この日替わりの串メニュー、少し手が入った串なのですが、なんとこれもお値段そのままで@100円也です、良心的~、これも嬉しいですね~、

「豚あごみそ焼き」、

025_20200105155801

「豚ハツポン酢串」、たぶん、、、

029_20200105155801

ホント、この辺りはお得感満載です、

ホッピーから日本酒にしてますね、たしか燗酒、

030_20200105155801

肴に移行して「煮込み豆腐」350円也、

028_20200105155801

「センマイ刺し」250円也、

026_20200105155801

そして「きゅうりの浅漬」150円也、

031_20200105155801

はい、満足です、山行の疲れも吹っ飛びました、

これでお勘定、たぶん@2000円くらい、

神戸三宮のモツ焼き「四文屋」、

流石、東京での実績を引っ提げての神戸進出も伊達ではありません、

本格的に美味しいモツ焼きがリーズナブル、

大阪でも他の東京のモツ焼き店関係のお店が進出してきていますが、

こちら「四文屋」さんはケレン味のない正当大衆モツ焼き屋さんを体現されており、とっても好感、

日曜日は早い時間から呑めるのも嬉しい、まだまだリピートすると思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

|

« 天満ではしご酒、まずはやはり「稲田酒店」からかな、で「肴や」で超久しぶりのバッタリ邂逅!やっぱり酒場は楽しいわ^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.94~広島県東広島市 「賀茂鶴」からくち本醸造。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天満ではしご酒、まずはやはり「稲田酒店」からかな、で「肴や」で超久しぶりのバッタリ邂逅!やっぱり酒場は楽しいわ^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.94~広島県東広島市 「賀茂鶴」からくち本醸造。 »