« 撮影終了!現場近くの淡路で呑むことに、ならば、新しくできたこちら立ち呑み「あわや」さんへ行ってみました、 | トップページ | ちょいと「なべや」へ予約を入れに、で、商店街入ってすぐの「もん家」を初探訪、エエ店ですやん!!^^) »

2020年1月28日 (火)

地酒ワンカップ・コレクションNo.97~新潟県鶴岡市 「大山」特別純米酒アロマ瓶

地酒ワンカップ・コレクションNo.97

新潟県鶴岡市 「大山」特別純米酒アロマ瓶

口で軽く飲みやすいお酒、辛いお酒は得意ではないけど、これは雑味がない感じでやっぱり美味しいですわ

「大山」の高級感のある特別純米酒ボトル瓶、

014_20200126093101

黒いバックに赤い筆文字のロゴ、“山”の字が文字通り山のイメージ、バックにはうっすらと山のイラストも描かれています、

013kai_20200126093101

左側には成分表示、飲酒注意表記、

016-2kai

右側には蔵元表記と“謹醸”の判子がありました、

017kai_20200126093101

見にくいですが、キャップには賺し(すかし)紋様が描かれていました、高級感の演出、

そして、商品名には“アロマ瓶”とあります、“香りを閉じこめる瓶”ということだそうです、ここらもこだわっていますね、

さて、「大山」と聞くと西日本の方は鳥取県の「大山」(だいせん)を思い浮かべるのではないかと思いますが、こちらは山形県鶴岡市のお酒です、

酒銘「大山」は鶴岡市の“大山地区”(現在の鶴岡市中心部の西側)にちなんでいます、歴史的建築物が多くや職人の街、そして酒造の街としての歴史があります、江戸時代に鶴岡を支配した酒井氏庄内藩よりも前の時代に栄えた武藤氏支配の古い地域みたいです、江戸時代は天領(幕府直轄)だったということは豊かだった証ですね、

ラベルにうっすら描かれている山はどの山かと地図で確認しましたが、大きな山が見当たらず不明、“大山”という山は無いのかな?

この大山地区には4つの日本酒蔵元があります、酒銘で云うと「大山」「栄光冨士」「出羽ノ雪」「羽前白梅」、2019年6月18日の山形県沖地震では各蔵とも被害があったようです、たいへんでしたね、

それでも2020年2月8日(土)には『大山新酒酒蔵まつり』が開催されます、上記の4つの蔵を巡る企画、お近くの方は是非応援に行ってみてはいかがでしょうか?


購入時期:2019年3月

購入場所:大阪日本橋 きくや酒販

容量:180ml

価格:330円(税別)

蔵元:山形県鶴岡市 加藤嘉八郎酒造㈱

|

« 撮影終了!現場近くの淡路で呑むことに、ならば、新しくできたこちら立ち呑み「あわや」さんへ行ってみました、 | トップページ | ちょいと「なべや」へ予約を入れに、で、商店街入ってすぐの「もん家」を初探訪、エエ店ですやん!!^^) »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影終了!現場近くの淡路で呑むことに、ならば、新しくできたこちら立ち呑み「あわや」さんへ行ってみました、 | トップページ | ちょいと「なべや」へ予約を入れに、で、商店街入ってすぐの「もん家」を初探訪、エエ店ですやん!!^^) »