« 今日はとっても久しぶりに横須賀探訪です、新規探訪を狙ったのですが結局「ヒトモト」へ、ランチは"ひれかつの老舗"「やなせ」で。 | トップページ | 久しぶりに駅前ビルで梯子、第1ビルB2Fの「いしもん」本店から、第2ビルB2F「柚」へ。 »

2019年12月11日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.90~神奈川県海老名市 「とんぼの越冬卵と雪だるまラベル」活性純米にごり酒。

地酒ワンカップ・コレクションNo.90
 
神奈川県海老名市 
「とんぼの越冬卵と雪だるまラベル」活性純米にごり酒

大好きなシュワシュワのにごり酒がありました!

にごりにしては辛口、シュワシュワ度合い強め、“とんぼ”の泉橋酒造のお酒です、

065_20191209143401

容量250mlです、本来ワンカップは200mlまでを目途に紹介しているのですが、ラベルが楽しいので紹介します、

“とんぼ”シリーズと同じタッチの“雪だるま”のイラスト、可愛いです、

066_20191209143401

右側には飲酒注意表記と、ラベルの由来が綺麗な文章で語られています、

067kai_20191209143401

この文章はラベル左側まで続きます、そして成分表示と蔵元表記、

068kai_20191209143401

キャップ側面には開栓時注意表記、シュワシュワですから気をつけなければなりません、

070_20191209143401
073_20191209143401

さて、ラベル由来の文章を読むと、正面イラストの左下にある小さなまん丸いのが“とんぼの越冬卵”であることが分かりますね、

泉橋酒造の季節酒ではこのイラストを使ったシリーズが展開されています、新酒が“とんぼ”、夏酒が“やご”、そして冬のにごりがこの“雪だるま”という感じです、

ラベル下部にある“活性純米にごり酒”ですが、、、“純米”はその通りなので省くとして“活性にごり酒”って?なんだろう?、、、

ってことになるので、一応書いておきましょう、

通常、米を発酵させたもろみを酒袋に入れて絞って濾過することで透き通ったお酒(清酒)が出来ます、

この過程で、わざと目の粗い酒袋(フィルター)を使って絞るのが“にごり酒”です、なるほど、わざと沈殿物(おり)を残して仕上げる訳ですね、

さらに“活性にごり”となると、通常、酒を日持ちさせるために火入れ(加熱)するのですが、火入れをせず酒酵母が生きたまま瓶詰するのが“活性にごり”だそうです、酵母が生きているからシュワシュワ感も強いんでしょうね、きっと、

ワタシはにごり酒が好きです、清酒に比べてにごり酒は発泡感と共に旨味も強いように感じます、シュワシュワで旨い酒が好き、この瓶も美味しかったです、


購入時期:2019年4月

購入場所:東京築地 酒の勝鬨

容量:250ml

価格:572円(税別)

蔵元:神奈川県海老名市 泉橋酒造㈱

|

« 今日はとっても久しぶりに横須賀探訪です、新規探訪を狙ったのですが結局「ヒトモト」へ、ランチは"ひれかつの老舗"「やなせ」で。 | トップページ | 久しぶりに駅前ビルで梯子、第1ビルB2Fの「いしもん」本店から、第2ビルB2F「柚」へ。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はとっても久しぶりに横須賀探訪です、新規探訪を狙ったのですが結局「ヒトモト」へ、ランチは"ひれかつの老舗"「やなせ」で。 | トップページ | 久しぶりに駅前ビルで梯子、第1ビルB2Fの「いしもん」本店から、第2ビルB2F「柚」へ。 »