« そろそろ秋の風が吹いて来ました、今宵はJR「住吉」駅すぐの立ち呑み「きしもと」を探訪、、、しましたが、、、 | トップページ | JR「立花」から徒歩10分の立ち呑み「おかもと」へ、訃報を持っての献杯、その後は駅前の「純情や」。 »

2019年12月18日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.91~鳥取県東伯郡「鷹勇」上撰。

地酒ワンカップ・コレクションNo.91
 
鳥取県東伯郡 「鷹勇」上撰

うん、上撰だけどなかなか美味いお酒、旨味があり、あまり辛くない好みの酒、温燗でも同じ感じ、ええお酒やね、

正面には「鷹勇」と鷹の翼をイメージしたイラストが一体化したロゴ、上手に出来ています、「鷹勇」の文字の上にあるのは松のイラストか?

085_20191215082301

左側には上撰の文字、大きくレイアウトされた“MY CUP”、蔵元表記、

086_20191215082301

右側には成分表示と飲酒注意表記、

087_20191215082301

全体に紺と白の2色印刷で綺麗なワンカップが出来上がっています、お上手、

キャップには「鷹勇」ロゴ、MY CUP、蔵元表示と製造年月、縁には開け方注意表記、プラキャップ付き

089

シンプルだけど上手にデザインされたワンカップです、デザイン系もプロの仕事ですな、

蔵元があるのは鳥取県中央部にある東伯郡琴浦町、北は日本海、南は名峰大山、

鳥取県も神話の世界が多く残っているようなイメージがあります、おそらくは大陸との交流が盛んだった古代からの文化が今もそこらに漂っているような気がします、

“琴浦町”の町名も、天照大神が国ゆずりのために派遣した言問(こととい)の使いが、天より降ってこられた場所であるとの伝説が由来のようで、言問が縮まってさらに字が『琴』に変化して『琴浦』となったみたいです(諸説あります^^)。

日本海には壱岐の島が浮かんでいます、一時、後醍醐天皇が流されていた島でもあります、琴浦町には後醍醐天皇ゆかりの『天皇水』などの美しい水の恵み多く、地酒・地ビールなど水を活かした産業が発展しているようです、

大山もまた登りたいし、壱岐も一度は行ってみたいなあ、そんなことを想いながら「鷹勇」をいただきましょう、

購入時期:2018年6月

購入場所:鳥取県米子市 米子駅前セブンイレブン

容量:180ml

価格:239円(税別)

蔵元:鳥取県東伯郡 大谷酒造㈱

|

« そろそろ秋の風が吹いて来ました、今宵はJR「住吉」駅すぐの立ち呑み「きしもと」を探訪、、、しましたが、、、 | トップページ | JR「立花」から徒歩10分の立ち呑み「おかもと」へ、訃報を持っての献杯、その後は駅前の「純情や」。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ秋の風が吹いて来ました、今宵はJR「住吉」駅すぐの立ち呑み「きしもと」を探訪、、、しましたが、、、 | トップページ | JR「立花」から徒歩10分の立ち呑み「おかもと」へ、訃報を持っての献杯、その後は駅前の「純情や」。 »