« 先週に続いて明石です、明石駅から西新町駅までぶらり探訪、エエ角打ちでした、「水田酒店」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.89~岡山県浅口市「嘉美心」特別純米。 »

2019年12月 3日 (火)

このところ興味津々のセンタープラザ地下の飲食街、本日は「タルショウ」三宮店で網焼き地鶏をいただきます!

【2019年10月1日(火)】

神戸三宮 センタープラザ西館B1F 「タルショウ」三宮店

このところ興味津々の三宮さんプラザとセンタープラザ、

今日は西の方、センタープラザ西館B1Fの三宮市場にある「タルショウ」を初探訪です、

2つの通路のうち北側の通路にあります、

003kai_20191202085801

電飾看板には「タルショウ」三宮店とあります、本店はどこにあるんだろう、入って訊こうと思いましたが、、、忘れました、

ビニールカーテンに囲われた逆L字カウンター、カウンターの中にはお母さん、今のところ先客なし、

、、

焼鳥のようですが、表のメニュー見ると普通の焼鳥とはちと違う雰囲気、

004kai_20191202085801

宮崎地鶏の網焼きがあるし、鶏の各部位の他に豚のホルモンも串で焼くみたい、「鶏めし丼」?に「ぶた丼」もありますね、

宮崎地鶏の「網焼き」は大の好物です、関西でもいろんなお店で食るようになってきましたが、ホントに美味しい店となる、どれほどの実力か?ちょっと食べてみたくなりました、

ではでは入店です、

飲み物は「生ビール」(一番搾り)にします、1杯目が100円のサービス中、

料理のメニューはこんな感じ、

008kai_20191202085801

もちろん「焼鳥」もありますが、牛や合鴨、豚レバーや豚タン、フランク(フルト?)等の串、串以外にも「鶏の天ぷら」や謎の「鶏めし丼」もあります、

やはり、なにやら異種格闘技の匂いが😃しますが、、、やはりここはまず「網焼き」にします、

お母さんに注文です、網焼きをお願いします、メニューには「網焼きブラック」とあります、たぶん焼き上がった時のイメージなんでしょう、

と、お母さんからの奇襲がありました、

ひね鶏と若鳥、合い盛りがありますけど、、、

反射的に「合い盛り」と応えました、ニンニクは?ありでお願いします、

ということで、奇襲には合いましたがなんとか注文完了、「生」を飲みながら焼き具合を観察します、

文字通り網で焼くので「網焼き」、はい、間違いございません、お母さんが鶏肉を焼き始めます、たしか炭火だっけ?あれ、、、忘れました、

ちょっと時間が掛かります、「生」の残りが少なくなった頃に完成、

010_20191202085801

見た目はエエ感じです、ではではいただきます、、、うん、専門店(三宮にも贔屓の専門店があります)の域には届きませんが、美味しいです、合格!

でも、噛み応えのある鶏肉が好きなのですが、柔らかい肉と噛み応えのある肉が混ざっています、

どうやら、ワタシの注文が間違っていたようです、

お母さんに訊きます、柔らかい肉と噛み応えのある肉が混ざっていますが、、、

はいはい、柔らかいのが「若鳥」です、

やはり、「合い盛り」とお願いしたのはワタシです、

歯ごたえのある方が好きなんです、それなら「ひね鶏」を注文したらよかったんですね、

あら、そうそう、「ひね鶏」が好きな方も多いですよ、

なるほど、勉強になります、次は「ひね鶏」を頼みますわ、

「生」が無くなったので「ハイボール」390円也にします、

012_20191202085801

サーバーではなくお母さんの手作り、丁寧に作っておられます、中は角かな?見えなかった、

お!このハイボール、美味しいです!!ウイスキーが美味しいのか?作り方が上手なのか?たぶん後者、丁寧に作ったはったからね、

「網焼き」も残り少なくなっってきました、「酒と肴の相対性理論その3」が適用されます、

肴を追加で注文、焼鳥を頼みましょう、つくね、ねぎみタレ、皮塩を1本づつ注文、

013kai_20191202085801

@120円也ならまずまずのコストパフォーマンス、

これでお勘定です、1450円也、明朗会計、

センタープラザ西館B1Fの三宮市場「タルショウ」、

鶏を中心にあれこれいろいろ焼いてくれる守備範囲の広いお店、

「網焼き」はそれなりの美味しさ、次回は「ひね鶏」に絞って食したいし、

異種格闘技的な他のメニューにもチャレンジしてみたいと思いました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

|

« 先週に続いて明石です、明石駅から西新町駅までぶらり探訪、エエ角打ちでした、「水田酒店」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.89~岡山県浅口市「嘉美心」特別純米。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週に続いて明石です、明石駅から西新町駅までぶらり探訪、エエ角打ちでした、「水田酒店」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.89~岡山県浅口市「嘉美心」特別純米。 »