« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:芦屋の街中華「三味菜館」。 | トップページ | 2019年もご愛読ありがとうございました♪来年もヨロシク~^^)大阪萩ノ茶屋「なべや」~新世界「半田屋」。 »

2019年12月30日 (月)

ずっと気になっていた2店探訪、肥後橋の焼鳥「おかにわ」から淀屋橋の中華料理「福仙楼」へ^^)

【2019年10月30日(水)】

大阪 肥後橋 焼鳥「おかにわ」~淀屋橋 北京料理「福仙楼」

17時前、堂島で業務終了、さてどこで呑みましょうか?

とにかく今日は南へ歩きましょう、肥後橋を渡って「わすれな草」を覗いてみると、、、

うわ!もう並んでますやん、開店と同時に満員でそのまま並んでいる、つう感じかな?

凄い人気ですね、、、退散、

阪神高速の下を潜って淀屋橋方面へ、そういうとずっと気になっている、Kさんからもずっと勧められている焼鳥「おかにわ」があります、

なかなか入れない店(ワタシの気持ちの問題^^)なのですが、今日は入ってみましょうか、

と、店の近くまで行くと、、、大将らしき方が表で仁王立ち!え!な感じで素知らぬ顔で思わずスルー、はは、気が弱いもんで、

他の店へ行くかな?と考えながらそのまま南下しましたが、気を取り直してUターン北上、ここで入らないと男がすたる(別に大丈夫やけど)、一生入れないかもしれません(んなことはない)、と気持ちを奮い立たせて戻りました、

ほ、もう大将の仁王立ちの時間は済んだようです(ずっとは立ってません^^)、ではでは入りましょう、

014kai_20191228105001

時間は17時過ぎ、やはり一番客でした、先程は開店したところだったので大将が表に立っていたんですね、

カウンターにテーブル席、座敷もあったかな?もちろんカウンターに着きます、

え~っと、ビールは端折って「黒霧」水割りにします、

003_20191228110501

突出しが出てきました、

004_20191228110501

焼鳥の店ですから焼き鳥一本で攻めます、1本からの注文でOKとのこと、一人身には助かります、

「とりみ」は「せせり」やそうです、珍しいかも、あとは、ねぎま、肝、はつ、皮をお願いします、塩タレの焼き方はとくに訊かれなかったような気がします、お任せ、

1本づつ順に出てきました、親切ですね、まずは「きも」140円也、

007_20191228105001

トロトロの焼き加減で美味しいです、タレはあまり主張していません、

「はつ」150円也、

008_20191228105001

塩味が絶妙でした、

「ねぎま」160円也もイケます、塩焼き、

009_20191228105001

「皮」180円也と「とりみ(せせり)」160円也、

010_20191228105001

「皮」は塩かと思いきやタレ焼きでした、ホルモンみたいな感じの食感で皮感は無いですがこれはこれで美味しい、

串のお値段が微妙に違いますね、こうなったら@160円均一とかにしたほうが計算しやすいと思うのですが^^)

この価格設定にはこだわりの理由があるのでしょう、いつか訊いてみたいです、

燗酒をもらいます、「豪快」、

011_20191228105001

銚子まで豪快、あまりうれしくないんだけど、この辺りにはあまりこだわりはないようです、

串をもう2本、「白肝」と「軟骨(やげん)」、共に@180円也、

「白肝」はレア焼物との表記、たしかにレアで美味しです、180円也はお値打ち、

012_20191228105001

「軟骨」、

013_20191228105001

“やげん”ってなんだ?“やげん軟骨”ってたしかに普通に聞きますが“やげん”ってなんだろう?知らないわ、

この軟骨に肉が付いた部位の事なんだろうな?勉強不足、

これでお勘定にしました、2596円也、

肥後橋近く、地名は江戸堀でした、焼鳥の「おかにわ」、

焼鳥美味しかったです、一番客だったのでストレス無くエエ感じで串が出てきました、

出る少し前に予約の団体さんが入ってきて、バタバタしていましたが、

なんか、静かな時の独特の空気感の店内、なんなんだろうこれは、大将のキャラクターか?

次回は繁盛している店内で呑んでみたいような気もします、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

もう一軒、どこか行こうかと淀屋橋周辺を彷徨いましたが、この日はピンと来る酒場がなく、
(最近これが多い、酒があまり好きではなくなって来たかも^^)

これまた気になっていながら未探訪の謎の^^)北京料理「福仙楼」に入店、

015kai_20191228105101

エエ時間なのにガランとしています、先客一組3人、「焼きそば」食べたはります、

019kai_20191228112201

店員さんは、、、ゼロ、、、奥を覗くも無人、、、

妙な沈黙の中、勝手にテーブル席に座ってしばし待機、

数分して大将?登場、どうやら家族の方の用事をされていたようです、

で、注文を訊いてくれますが、結論的には『今は「焼きそば」しかできない』とのこと、ありゃ、詳しい事情は分かりません、ビールは飲めます、

では「焼きそば」を、ビールもね、

焼きそばは「普通」と「カレー味」があるそうです、ほう、では「カレー味」で、

この後、2人入店、みなさんもちろん「焼きそば」のオーダー、

はい、来ました、「焼きそば」カレー味、

020kai_20191228105101

もやし、玉ねぎ、キャベツたっぷり!美味しいけど、、、もう、これだけでお腹いっぱい、

021_20191228110501

先客のテーブルには「天ぷら」(鶏かな?)と「酢豚」かな?が到着、

ほ~、料理はちゃんと出てくるんだ、予約かな?

これがすごいボリュームで3人でも食べあぐねている様子、

ああ、ここはああいう感じで出て来るんだ、なるほど、エエ感じやんか~と後学のため観察、

味違いに一口、あの天ぷらと酢豚が食べてみたい、でも注文出来ないし、注文出来てもあの量は食べ切れない、

じっと見つめていたら、先客のスーツ姿の男性が、

『これ、余っているので1つ召し上がりませんか??』!!

『いえいえ、そんな厚かましいことは』

『あまりにじっと見ておられるので・・・』

、、、てなことがあるはずもなく^^)、、、妄想^^)、、、

淀屋橋の「福仙楼」、ここも謎が多い店です、

ランチもやっているので(たしか)、次回はランチで入ってみようかな?

おおきに、ごちそうさん!また謎に挑みます^^)

|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:芦屋の街中華「三味菜館」。 | トップページ | 2019年もご愛読ありがとうございました♪来年もヨロシク~^^)大阪萩ノ茶屋「なべや」~新世界「半田屋」。 »

大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:芦屋の街中華「三味菜館」。 | トップページ | 2019年もご愛読ありがとうございました♪来年もヨロシク~^^)大阪萩ノ茶屋「なべや」~新世界「半田屋」。 »