« 後輩が大阪の合同写真展?みたいなんに参加、大阪港なら渡りに船、久しぶりに「大澤本店」で一杯。 | トップページ | 「大澤本店」で呑んだ後です、朝潮橋までパトロールテクテク、で未探訪だった「オカダ」に入店です。 »

2019年11月13日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.86~福島県南会津郡「金紋會津」

地酒ワンカップ・コレクションNo.86
 
福島県南会津郡 「金紋會津」

旨味のある醸造酒、酒名は「金紋會津」で良いのか?燗酒でいただくと、まあるく力強い感じの辛口になりました、

福島のお土産に頂いたお酒、紙カバーがついています、こういうスタイルもたまにありますね、

紙カバー上部には「金紋會津」、これが酒銘かな、

012_20191111105701

側面には山と建物のイラスト、

013_20191111105701

反対側には「會津CUP」の文字、うむ、これは、、、あまり意味が分かりません、ペットネーム?それとも“會津CUP”というグループというか、ブランドがあるんだろうか?

014_20191111105701

その下には蔵元表示、

紙カバーを外すと、、、

016_20191111105701

メインはやはり山と建物のイラスト、

017_20191111105701

右側には『ふるさとのうまい酒 金紋會津』の文字、

018_20191111105701

左側には原材料と蔵元表記、

015_20191111105701

キャップは汎用タイプ(赤)、

さて、メインのイラストについて考えてみました、

南会津郡は会津若松氏の南に位置し、尾瀬国立公園も一部郡内にあります、大きく3つに分けられる(浜通り、中通り、会津)福島県のもっとも内陸の会津になります、

そして、蔵元のある南会津町には「前沢曲家集落」があります、ここの建物は人の家屋と馬屋が繋がっている珍しい造り、馬を大切にしてきた証です、

この造りの家、テレビで見たような気がします、確証はないですがカップのイラストは「前沢曲家」ではないでしょうか?

イラストの山については、、、当然ながら周りにはたくさんの山があり、どの山か特定はできませんが、名前だけで云うと郡内にある「会津駒ヶ岳」が似合うかな?

知り合いから福島のお土産としていただきましたが、袋があったので購入店だけは特定できました、

こんな“地酒ワンカップのお土産”、大歓迎です、みなさまのお土産、お待ちしております^^)

購入時期:2018年9月

購入場所:会津若松市 鶴ヶ城会館

容量:180ml

価格:お土産のため不明

蔵元:福島県南会津郡 会津酒造㈱

|

« 後輩が大阪の合同写真展?みたいなんに参加、大阪港なら渡りに船、久しぶりに「大澤本店」で一杯。 | トップページ | 「大澤本店」で呑んだ後です、朝潮橋までパトロールテクテク、で未探訪だった「オカダ」に入店です。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後輩が大阪の合同写真展?みたいなんに参加、大阪港なら渡りに船、久しぶりに「大澤本店」で一杯。 | トップページ | 「大澤本店」で呑んだ後です、朝潮橋までパトロールテクテク、で未探訪だった「オカダ」に入店です。 »