« 久しぶりに天満連れ呑みです、「大安」~「稲田酒店」~「玉一 天五店」と梯子しております~、あ~エライ^^) | トップページ | 京都でミニクラス会、七条東洞院の立呑み「いなせや」~「楽膳」~京都駅前「酔心」と3軒行きました、呑み過ぎ~^^) »

2019年9月 4日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.76~京都府亀岡市「翁鶴」保津川下り

地酒ワンカップ・コレクションNo.76
 
京都府亀岡市 「翁鶴」保津川下り



定番酒、本醸造の味わいですが旨味が強く、辛味とのバランスは良い方かと感じます、ちょっと色が付いていますね、

瓶に直接2色印刷、緑と黄緑と云う酒瓶では珍しい配色、

蔵元のある京都府亀岡市の観光資源“保津川下り”の様子、船頭さんと舟、荒々しい川の波の様子が描かれています、

018_20190902110901

裏側には酒銘と飲酒注意喚起、

020_20190902110901
021_20190902110901

キャップに「翁鶴」の筆文字ロゴ、成分表示、蔵元表記、こちらは深みのある赤色、

017kai_20190902110901



このワンカップを最初に見た時は「保津川下り」と云う酒銘かと思いましたが、酒銘は「翁鶴」ですね、「保津川下り」はサブブランドか?

いや、蔵元のHPを見ても「保津川下り」ブランドは出てこないので乗船場などでのお土産用バージョンかもしれません、

「保津川下り」はJR山陰線「亀岡」駅からほど近い乗船場から出発し、京都嵐山までの約16kmを観光用遊舟で下る川下り、

古くは木材運搬に始まり、穀類や薪炭なども水運で運ばれていましたが、現在は観光遊覧専用となっています、

一度だけ下ったことがあります、船頭さんの棹捌き一つで下るコースの一部には急峻な岩場があり、水しぶきを浴びながら急スピードで岩場をすり抜けるスリリングな川下りが楽しめます、

ま、一度は乗っておいたら良いかな、

蔵元の大石酒造は丹波で酒を醸して300年余りと歴史ある蔵です、

京都府亀岡市と同じく美山町(今は南丹市美山町)の二つの蔵があるようです、

メインブランドは「翁鶴」、美山蔵からは「美山てんごり」と云う酒が出ているようです、

購入時期:2018年12月

購入場所:大阪市西成区 動物園前商店街 吉村酒店

容量:180ml

価格:240円(税込)

蔵元:京都府亀岡市 大石酒造㈱

|

« 久しぶりに天満連れ呑みです、「大安」~「稲田酒店」~「玉一 天五店」と梯子しております~、あ~エライ^^) | トップページ | 京都でミニクラス会、七条東洞院の立呑み「いなせや」~「楽膳」~京都駅前「酔心」と3軒行きました、呑み過ぎ~^^) »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに天満連れ呑みです、「大安」~「稲田酒店」~「玉一 天五店」と梯子しております~、あ~エライ^^) | トップページ | 京都でミニクラス会、七条東洞院の立呑み「いなせや」~「楽膳」~京都駅前「酔心」と3軒行きました、呑み過ぎ~^^) »