« 今日はお目当てがあって京橋で呑みます、まずは「庶民」で一杯、そしてお目当ての店を目指しますが、、、「岡室酒店」でも一杯^^) | トップページ | 元鴨沂高校学食のオーナーが二条駅近くに「ふしみや食堂」をオープン、懐かし高校の学食♡いろいろと楽しい話が聞けました。 »

2019年9月11日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.77~神戸市東灘区「櫻正宗」PONDS WELL with BEEF

地酒ワンカップ・コレクションNo.77
 
神戸市東灘区 「櫻正宗」PONDS WELL with BEEF

灘の酒、櫻正宗の純米吟醸酒の180mlミニボトル、
さすがに美味しいお酒です、旨味と辛味のバランスが良くマイルドで雑味のないお酒、

高級感のある色とデザインのミニボトル、正面には英文字と牛のイラスト、

058kai_20190909090301

英文字は“BONDS WELL with BEEF”、さてこの意味は後で書きましょう、

055kai_20190909090301

イラストの下にはJUNMAIGINJO=純米吟醸、さらに下部にはプロデュース・製造
櫻正宗 神戸市東灘区が英文字で書かれています、

左側には成分表示、蔵元表記、

057_20190909090301

右側には蔵元ロゴ(桜花びら付)と飲酒注意事項、

056_20190909090301

キャップまでは予算が回らなかったようで、製造記号と年月のみと素っ気ないです、

054_20190909090301

さて、“BONDS WELL with BEEF”の意味ですが、これは知りませんでした、英語力ないな~、で調べてみると、、、

“BONDS”=“絆”だそうです、この単語、知りませんでした、“縛る”“契約”みたいな意味もあります、

“BONDS WELL”=“しっかり結ぶ”みたいな意味になり、“相性が良い”と云うことで良いでしょうか?

ま、なんとなくですが“牛肉と相性が良い日本酒”ということで間違いないでしょう、

蔵元のHPにもその説明が載っていました、

 “Bonds Well with Beef”は、神戸の食材として最も代表的な牛肉に対し、それに合うお酒として全量兵庫県産山田錦を用いて、自社種麹と生もと造りにより醸した純米吟醸酒です。牛肉の持つあらゆる風味と調和して最大限に引き立てる、その濃醇でまろやかな味わいをお楽しみ下さい。
(以上、櫻正宗のHPより転載)

なるほど、、、でも、これ呑む時に牛肉食べてませんやん!あちゃ!失敗です!次回はちゃんと神戸牛とこのお酒の相性を確かめたいと思います^^)

蔵元の「櫻正宗」は全国の“正宗”系の酒銘発祥の蔵と云われています、他の記事でも書いたと思いますが、仏教用語の“正宗”=“セイシュウ”からヒントを得て酒銘を考案されたようです、

これが全国に広まり「○○正宗」という酒銘がたくさん生まれたようです、全国に「正宗」はいったいいくつあるのか?一度調べてみたいなと思います、出来れば全部呑めるような企画がエエかな~、

購入時期:2018年10月

購入場所:やまや 芦屋店

容量:180ml

価格:378円(税込)

蔵元:神戸市東灘区 櫻正宗㈱

|

« 今日はお目当てがあって京橋で呑みます、まずは「庶民」で一杯、そしてお目当ての店を目指しますが、、、「岡室酒店」でも一杯^^) | トップページ | 元鴨沂高校学食のオーナーが二条駅近くに「ふしみや食堂」をオープン、懐かし高校の学食♡いろいろと楽しい話が聞けました。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はお目当てがあって京橋で呑みます、まずは「庶民」で一杯、そしてお目当ての店を目指しますが、、、「岡室酒店」でも一杯^^) | トップページ | 元鴨沂高校学食のオーナーが二条駅近くに「ふしみや食堂」をオープン、懐かし高校の学食♡いろいろと楽しい話が聞けました。 »