« 日本酒好きの同級生にエエ店を教えてもらいました、京都 丸太町堀川東入ル 酒呑「にし川」、美味しい日本酒がリーズナブルにいただけます♡ | トップページ | ここも料理が美味しいし、接客も気持ち良いのでお気に入りです、三宮東側の高架下、立飲キッチン「せいちゃん」。 »

2019年8月14日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.74~神戸市東灘区「櫻正宗」大吟醸

地酒ワンカップ・コレクションNo.74
 
神戸市東灘区「櫻正宗」大吟醸

最近流行っている“大吟醸なのに醸造アルコール添加”の大吟醸ワンカップです、

辛くて旨味も感じる美味しいお酒ですが、やはり醸造アルコール感がにじみ出ているように感じるのは気のせいかもしれません😃、



「神戸新開地音楽祭」のイベントテントで買ったからか?こんな紙パックが付いていました、ド~ンと大吟醸をアピール、

009_20190811081601

ラベルはとても綺麗な桜をイメージした上品なイラストをバックに、櫻正宗と大吟醸の文字、

011_20190811081601

大吟醸は右から読ませます、

真ん中に旧字書体で4文字配置されていますが、これが読めない、、、

右上から 厳 封 蔵 と読めそうですが、最後の1文字が読めません、どなたかご存知であれば教えてくださいませ、



左サイドには“山田錦100%”、燗に関する注意事項、

013_20190811081601

キャップにはロゴマークと成分表示、飲酒注意事項、醸造アルコールが入っていますので、このお酒は大吟醸ですが純米酒ではないという事にあります、

012_20190811081601

あれ?これはまた後で書きます、



それに、、、蔵元表記がないなあ、、、うん?この右サイドになにか書いてあるけど、まるで迷彩のようで読めないわ、

010-2kai

虫眼鏡で観たらキャップと同じ成分表示と飲酒注意事項でした、あら~、、、



まさか蔵元表記がないの?とよ~く見ると、、、キャップの側面にありました、

012-2kai

たまにあります、このタイプ、しかし老眼では読めないわ、



さて、「櫻正宗」は灘の酒なのですが、やはり他の大手ナショナル蔵とは一線を画しているような印象の蔵で好感しています、



全国に“正宗”系の銘柄はたくさんありますが、ここ「櫻正宗」は“正宗”発祥の蔵と云われています、

この“正宗”、武将や刀剣工の正宗ではなく(ワタシはそう勘違いしていました)、仏教の経典に出てくる言葉だそうで、元は“セイシュウ”と発音するそうです、へ~、知らないこと多いです、



そして、どうしても触れなくてはいけないのが“醸造アルコール入りの大吟醸”問題です、

元々、大吟醸でもアルコール添加されているモノはあるようですが、

この数年でスーパーやコンビニの酒売り場に格安の“大吟醸”酒が並びはじめました、このワンカップもそうです、



これは今の日本酒ブームの中、“大吟醸は美味しいエエお酒”という固定観念が定着しているのを利用した新しいマーケティングだと思っています、

ワタシの日本酒感は、、、

酒は純米以上、そこにいろんな技法的な違いがあるにせよ、純米酒⇒純米吟醸⇒純米大吟醸という流れが真っ当だと考えています、



そこに“大吟醸”の冠を付ければ売れるから、醸造アルコールで嵩増し、純米酒ではない大吟醸がたくさん造られるようになりました、

ある意味、お酒の事に詳しくない消費者を欺くマーケティングで、ワタシとしては由としません、

灘や伏見の大手ナショナル蔵がやる分には仕方ないかと思いますが、ああ、「櫻正宗」、お前もか、、、な気分です、



ちなみに醸造アルコールを添加することで美味しくなるお酒もあると思います、でもワタシは純米酒が好みなのです、

“本醸造”への逆の意味でのワタシの固定観念があるのかもしれません、



余談ですが、、、

“大吟醸”と並んで正確に使われていないのが“辛口”、こちらもベタベタな酒のイメージから脱却するために使われた言葉が、なぜか美味しい酒の代名詞となっています、

でも“辛口”=“美味しい”、という方程式は成立しません、これは好みの問題なのです、



なので“大吟醸”と“辛口”がウリの日本酒、あまり好みではないのです、

ま、云うても美味しく楽しく呑めれば、それはそれで良いのですが😃、、、




購入時期:2019年5月

購入場所:湊川公園 神戸新開地音楽祭 出店テント

容量:180ml

価格:320円(税込)

蔵元:兵庫県神戸市東灘区 櫻正宗㈱

|

« 日本酒好きの同級生にエエ店を教えてもらいました、京都 丸太町堀川東入ル 酒呑「にし川」、美味しい日本酒がリーズナブルにいただけます♡ | トップページ | ここも料理が美味しいし、接客も気持ち良いのでお気に入りです、三宮東側の高架下、立飲キッチン「せいちゃん」。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本酒好きの同級生にエエ店を教えてもらいました、京都 丸太町堀川東入ル 酒呑「にし川」、美味しい日本酒がリーズナブルにいただけます♡ | トップページ | ここも料理が美味しいし、接客も気持ち良いのでお気に入りです、三宮東側の高架下、立飲キッチン「せいちゃん」。 »