« テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:金沢香林坊、おでんの「菊一」、エエお店です。 | トップページ | 初探訪の垂水、2軒目は駅前の立呑み「若汐」、ユニークな大将おススメの日本酒「盛典」が美味しい!!♡ »

2019年8月27日 (火)

『神戸立ち呑み巡礼 復刻版』に導かれて神戸垂水に初見參、「流泉書房」から「フジワラ酒店」でまずは1杯、ウイスキー140円!?

【2019年6月20日(木)】

神戸 垂水 「流泉書房」~「フジワラ酒店」



今日は初の神戸垂水です、

昨年2018年にやっとお目にかかれた『神戸立ち呑み八十八カ所巡礼』や『神戸立ち呑み巡礼 復刻版』の著者、柴田真督さんが紹介されていた垂水の角打ちを“巡礼探訪”してみます、



あ、忘れないうちに書いておきます、芝田さんの最新フィールドワークのHPがあります、

『神戸角打ち巡礼』(サンテレビサイト内)はこちらから ⇒

2019年8月現在、6軒ほど紹介されています、このサイトも資料としては一級品です、

閑話休題、



さて、「垂水」駅で降りるのは初めてです、自分でもちょっと意外です、有名な街なのにね、

垂水のイメージはと云うと、まずは“筒井康隆”さんかな(古い?)、たしか垂水在ですよね、今は違うかな?

あと、会社の後輩のKちゃんもたしか垂水やな、、、

と、まあ、ワタシ、ほとんど垂水の事はなにも知らないのが明らかになりました、、、



垂水にはJR西日本と山陽電鉄の「垂水」駅が隣接してありました、ワタシはJRで初「垂水」駅下車、

今回、垂水に来ようと思ったきっかけは、駅にほど近い「流泉書房」で芝田さんが写真展を開催されているからです、

ならば、写真展を観て、そこからの角打ちと云うとても美しい流れを想定しての来垂(こんな言葉あるのか?)です、



駅前は想像以上に綺麗に再開発されていて、大きなビルと商店街が案外上手に融合しているように見えます、

なんとなくの場所は分かっていたので駅から商店街を北上、アーケードのあるところを左に折れるとすぐに「流泉書房」がありました、

061kai_20190821101301

ここで写真展!?どうなってるんだろう?

と店内に入りますが、写真展をやるようなスペースは見当たりません、あれ?とか思いながら店内を2周ほどして一旦退店、、、



あれ~、どうなってるんやろう?でも店頭にも写真展開催中のPOPもあります、間違いなく開催中です、

と、もう一度入店して気付きました!!



発見!!書棚の上に写真プリントが貼ってありました、なるほどそういう事ですか、

イベントスペースを探していたので上方まで視野が拡がっていませんでしたわ、
(写真を撮って良いのかどうか確認しませんでしたので、写真は無し)



あらためて2周ほど、書棚の上に目線をむけて店内を徘徊、スイマセンね、本も買わずに、、、

はい、これで第1のミッションは完了です、ふ~、写真が見つかってヨカッタ、





ではでは呑みに行きましょう!!

(写真が見つからなかったのは、これしか眼中になかったからか)



芝田さんの「神戸立ち呑み巡礼 復刻版」には垂水の角打ちが2軒掲載されています、

「フジワラ酒店」と「北酒店」、

このうち「北酒店」は歩くと少し距離があります、「フジワラ酒店」は徒歩数分で着けそうなので、まずは「フジワラ酒店」を目指します、



坂を上ります、神戸ですから、それも垂水、すぐに山が迫っていて上り坂です、

この日は6月とはいえ、快晴で暑いです、少し息が上がりますが、

少し歩くと見えてきました、「フジワラ酒店」、

064kai

おお、立派な酒屋さんですね、

左側が酒販コーナー入口、角打ちは右側、店の横の入り口から入るような感じになっているみたいです、完全分離型ですね、



まずは酒販コーナーに入店、広いです、あ、ホッピーも置いていますね、

「地酒ワンカップ・コレクション」用のワンカップがないかと物色しましたが、残念ながら見つからず、撤収、



で、右側の小さな暖簾が掛かっている角打ち入り口から入店です、

066kai_20190821101301

10人ほどで満員になる1本カウンター、時間は17時前、もうすでに暖まっています、

いつもの通り、指で一人客であることを告げます、奥に空きがあるという事で一番奥まで入らせていただきます、



カウンターの中には大将と女将さん、「生ビール」もあるようですが、周りはみなさん缶を飲んでおられます、

ではワタシも缶で、「淡麗」か「樽ハイレモン」やったかな、「樽ハイレモン」240円也でお願いします、

肴は「じゃこ」、

067_20190821101301

全員常連さん、椅子に座って(ワタシは立っています、オプション制)ワイワイと盛り上がっています、

大将女将さんも含めワタシより先輩ばかりかな?なかなか渋い角打ちです、

そういうと酒販コーナーに「ホッピー」が置いてあった!今頃思い出しましたが、まあいいや、初回だし、ここはみなさんに合わせながら呑み進めましょう、

ちょっと馴染んできたので大将とお話を少し、

芝田さんの本を見てきました、

あ、そうですか、わざわざありがとうございます、よく書いていただくんですわ、ありがたいことです、

もう一軒の角打ち、「北酒店」さんも営業されていますか?と訊くとお隣に立っていた常連さんも一緒にアドバイスいただきました、

店はやってるけど歩くとちょっと遠いね、この暑さではちょっと無理、舞子からバスに乗るのが便利、etc、、、

そうですね、今日の暑さでこの坂を登って行くのはホント無理かも、、、

ということで、秋の時候の良い頃にあらためて来ることになりました😃、

目の前のお酒のメニューで気になるのが「ウイスキー」140円也、

075kai2

これはおそらくウイスキー最安値ではないでしょうか?「ホッピー」も気になりますが、ここは「ウイスキー」にします、

氷を入れてもらってロックかな?

074_20190821101301

肴は横にあった乾きモノの棚から取った「サラダあられ」みたいなん、

呑みつけないロック、もう一袋開けてなんとか呑み切りました、

これでお勘定は1020円也、まさにセンベロ、

垂水の「フジワラ酒店」、

大きくて立派な酒屋さん、歴史を感じます、

おそらくこの場所で70年近く営業されているのではないでしょうか、

焼酎などは量り売り時代の値段設定が残っている感じでとてもお得感あります、

秋に再訪して、坂を上って「北酒店」へも行かなきゃ、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

|

« テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:金沢香林坊、おでんの「菊一」、エエお店です。 | トップページ | 初探訪の垂水、2軒目は駅前の立呑み「若汐」、ユニークな大将おススメの日本酒「盛典」が美味しい!!♡ »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:金沢香林坊、おでんの「菊一」、エエお店です。 | トップページ | 初探訪の垂水、2軒目は駅前の立呑み「若汐」、ユニークな大将おススメの日本酒「盛典」が美味しい!!♡ »