« 神戸水道筋にあの「高田屋旭店」が再開店したそうです、「高田屋旭店一色屋」のルーツですよね、行ってみましょう! | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.75~愛知県北設楽郡 「ほうらいせん」別撰カップ »

2019年8月20日 (火)

甲子園にトラの応援に来た同期と会いに急遽阪神尼崎へ、、、でも「下山酒店」~「酒の吉田屋」で一人飲み!?

【2019年6月22日(土)】

阪神尼崎 「下山酒店」~「酒の吉田屋」



久しぶりの尼崎の角打ち2軒です、



この日は夜に予定が入っていたのですが、急遽、横浜から同期がトラの応援に甲子園に来るというので予定変更、

が、遠征組の宴会予定があり結局二人呑みは無し、一人呑みになってしまいました、残念、



ホテルは阪神尼崎だったので尼崎まで来ました、ま、まずは久しぶりに「下山酒店」へ行きましょか、

阪神「尼崎」駅から徒歩4~5分、安定の角打ちであります、

029kai_20190818075601

左が角打ち、右は広いスペースの酒販コーナー、完全分離型です、

SAPPORO生ビールの白い暖簾、新調かな?これは珍しいかも、SAPPOROがんばれ!😃



15人くらいは立てそうな奥に長いL字カウンター、反対側の壁にもカウンターが延びています、

時間は19時前、6割くらいの入りです、ここは土日も営業しているのがありがたいです、



冷蔵ショーケースの前に立って、とりあえずの「ハイボール」と好物の「マカサラ」、

030_20190818075601

カウンターの中は着物姿の女将、大女将、大将の3人体制、盤石の家族経営、みなさんテキパキ動かはります、



2杯目は、、、壁のメニューに「バリキング」を発見!ここにもあったか、ならばと、それにします、

034_20190818075601

「バリキング」はSAPPOROが出している焼酎ハイボール系飲料?で良いかな、

大阪大正の立ち呑み「さのや」で初めて飲みましたね、割と好きです、

ホッピーが飲める店がまだまだ少ない関西、「バリキング」ももっと拡がって欲しいです、



ここでは初めての注文、「焼鳥」、ズリ、皮、身で350円也、

032_20190818075601

これでお勘定は1250円也、納得、



阪神「尼崎」駅近くの「下山酒店」、

酒と肴のバランスがヨロシイ、角打ちらしくお酒の種類も豊富、

で、料理もそれなりに揃っています、こういう感じが好きです、

カウンターの中もいつも仲良くニコニコ対応、自然と店の雰囲気も和みます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

さて、もう一軒行きましょか、



「下山酒店」は年に1回くらいは来ているのですが、こちらは本当に久しぶりです、

阪神尼崎で最初に入った酒場やと思います、こちら「酒の吉田屋」、

046kai_20190818075701

入口にはクルマが止まっています、このクルマの横をすり抜けての入店です、



珍しいですね、こんなパターンの店は他にはないでしょう、、、と、、、これが他にもあるのです、

東京は茅場町の「ニューカヤバ」もまるっきり一緒のシチュエーション、向こうも車の横をすり抜けて入店する酒場、東西の“クルマすり抜け酒場”両巨頭です😃、

ここも奥に長い角打ち、以前は酒類販売スペースとの混在型だったかと思われますが、今や角打ちオンリーな雰囲気です、

045kai

土曜日だからか先客は奥の方にお一人、平日は近所のサラリーマンで賑わっているはずです、

奥のお客さんから少し間をとってお母さんの目の前に着きます、



え~っと、焼酎「芋水割り」下さい、

水で割るのね、氷も要る?とお母さん、

と、ここの焼酎は量り売りでした、問われて思い出しました、

037_20190818075601

瓶におそらく一合の焼酎、うわ~、これは普通なら3杯は呑める量です、こりゃ酔っぱらうなあ、

覚悟を決めて少し濃いめで「芋水」を作ります、セルフ調合ですから、



肴は、、、なぜか肉が食べたくなりました、で「牛ハンバーグ 玉子焼き乗せ」にします、これも初めての注文です~、



で、来ました!うわ!!凄いことになっていますよ、

041kai

洋食屋さんのハンバーグのような丁寧なハンバーグでした、角打ちレベルを超えています、

ちょっと目玉焼きををつぶして、、、

042_20190818075601

で、箸で割ったのでちょっと残念な断面、、、でも美味しいそう、

043_20190818075601  

これは食べ応えあります、焼酎一合は呑み応えあるし、いきなりハードな食事となりました、



壁のTVを3人で観ながら、ゆっくりとハンバーグを食べます、美味しい!

目玉焼きを食べるタイミングは難しいわ、とか、

黄味を潰してハンバーグと一緒に食べよう!とか、1人妄想格闘戦をしながらなんとか完食、



でも濃い目を2杯作って飲みましたが、焼酎を少し残してしまいました、

お母さん、スイマセン、これちょっと残してしまいましたわ、

はいはい、という事でお勘定は1140円也、「ハンバーグ」は800円也かな?700円也かな?



阪神尼崎、南側のビル街の先、小さなビルの1階にある「酒の吉田屋」、

クルマの脇を通って入る、なんかこの感じ、別世界への入り口のよう、

奥に長いのもまた、世間の喧騒を忘れさせる空間を創りだしています、やっぱりエエ店でしたわ、

焼酎とハンバーグのコンビ、またやってみたいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕、

|

« 神戸水道筋にあの「高田屋旭店」が再開店したそうです、「高田屋旭店一色屋」のルーツですよね、行ってみましょう! | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.75~愛知県北設楽郡 「ほうらいせん」別撰カップ »

阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸水道筋にあの「高田屋旭店」が再開店したそうです、「高田屋旭店一色屋」のルーツですよね、行ってみましょう! | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.75~愛知県北設楽郡 「ほうらいせん」別撰カップ »