« 久しぶりの甲子園口、ぶらりと歩きエエ店に入りました、JR「甲子園口」駅すぐの「えびす丸」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.62 ~青森県弘前市 「菊盛」 »

2019年5月 8日 (水)

南森町で新規探訪の目論見も、、、とりあえずテッパンの「ミナミカワ」でまずは一杯です♪

【2019年2月12日(火)】

大阪 南森町 「ミナミカワ」



云わずと知れた「ミナミカワ」、

エエ立ち呑み、エエ角打ちです、

料理も日本酒も揃っているのが嬉しいです、

そんなに頻繁にはお邪魔しませんが、

でも、やっぱり定期的に行きたくなるのは良いお店の証明です、



この日は心斎橋で所用を済ませて、

そのまま大阪メトロ堺筋線に乗って南森町へやって来ました、



実は今日は未探訪店への行こうと考えていました、

「くにし」というお店、天神橋筋商店街の1丁目辺りにあります、



店の近くまで来たのですが、、、

まだ開いていないようです、シャターが降りています、

021kai_1

時間は17時前、まだ開店していないのかな?



そうか~、そりゃまあ仕方ない、

では、すぐ近くの「ミナミカワ」で1杯飲んでから出直すことにしましょう、

021kai1

はい、「ミナミカワ」は開いています、



でも中が空いているかが問題ですね、

ここは、人気店ですから、



ちわ、あ、ヨカッタ、

コの字カウンターの縦棒が空いています、

ここはビジターでもOKです、



ではでは、いきなり「燗酒」をお願いします、

そして「かつお刺身」300円也、

015_1

ここの日本酒はコップに一杯200mlのボリュームです、

グビグビと呑み進めます、



そして、「ホタルイカ」200円也、

017kai_2

ここらでどうしようかな~と悩みます、

日本酒がそろそろなくなってきました、



ここは一杯で終わって「くにし」へ行ってみるか、、、

でも、こちら「ミナミカワ」には美味しい日本酒が揃っています、



う~ん、もう一杯飲みましょう、

020kai2

壁の半紙メニューから「大嶺」というお酒にします、



初めて飲むと思いますが、なんか美味しそうです、

山口県美林市の蔵です、

というのも、まずは銘柄名が変っています、

「大嶺純米3粒」、“3粒”ってなんだ?



半紙メニューに書いてある文章が奮っています、

『古典レシピを尊敬しつつ現代の技術をもって先人の成し得なかった日本酒を想像する。当蔵の純米酒は旨味、甘味、酸味の究極のバランスを追求した加水調整無しの純米原酒です。』

ほう、なかなか迫力のある文章です、気合が入っていますね、



それに旨味という言葉が入っているのが良いです、日本酒は旨味!です、

スッキリとか淡麗は好みません(個人の感想です)、

しっかりと米の旨味を感じる酒が好きなのです(と、こちらもチカラが入ります)、



ということで「大嶺純米3粒」をお願いします、

もちろん200mlで430円也、安!



そして、一口頂くと、、、

おお!美味しいです、謳い文句通りのワタシ好みの酒でした、

もちろんしっかり旨味があって、でも呑み口は軽い、

なんと云うかな、フレッシュな感じ、そんな云い方が似合っていると思います、



これが究極の旨味、甘味、酸味のバランスという事か?

細かなことは分かりませんが、とにかくワタシ好みの美味しい日本酒でした、



ちょっと料理が足らなくなったので(400ml飲んでますから)、おでんも追加、

018_3

これでお勘定にしました、1390円也、安いな~、



南森町天神橋1丁目辺りの「ミナミカワ」、

まず間違いなくエエ店です、

料理が揃っていて、お酒も揃っています、

日本酒ももちろん揃っています、

常連さんが多い店ですが大丈夫です、みなさん優しいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

さて、「くにし」に戻りましたが、、、まだシャッターが閉まっています、

あれ~、定休日ではないはずですが、、、

と、近寄ってよ~く見ると、、、

022_1

あちゃ!!臨時休業ですか、

さっきは気付きませんでした、だってこんなに小さいんだもん、

残念です~、また来ますね~、

|

« 久しぶりの甲子園口、ぶらりと歩きエエ店に入りました、JR「甲子園口」駅すぐの「えびす丸」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.62 ~青森県弘前市 「菊盛」 »

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの甲子園口、ぶらりと歩きエエ店に入りました、JR「甲子園口」駅すぐの「えびす丸」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.62 ~青森県弘前市 「菊盛」 »