« 久しぶりの十三探訪、知らないお店、未探訪のお店、まだまだあります、まずは「隠岐の島水産」へ、そして老舗「丸一屋」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.64 秋田県にかほ市「飛良泉」。 »

2019年5月22日 (水)

久しぶりの十三、高架下の「イバタ」が閉店してますやん!!ちょっとショックを受けて、なにげに路地裏を歩いていると、、、「イバタ」新店舗を発見、偶然の出会いが嬉しいです。

【2019年2月28日(木)】

大阪 十三 「イバタ」(新店舗)

さて、久しぶりの十三は「隠岐の島水産」から「丸一屋」で1杯づつ呑んだ後です、

もう少しこの辺りを探訪しておきましょう、

「丸一屋」の前の大きな交差点を渡り返して、高架沿いの道に入ると、いきなり発見が!

いや、悲しいニュースが!!

角打ちの「イバタ」が閉まっています、、、

あちゃ~、知りませんでした、閉まりましたか、、、

“女人禁制”だった「イバタ」、

なかなかエエ感じの角打ち販売スペース完全一体化のお店でした、

近年はお酒さえちゃんと飲めば女性も入れる、

という風の噂も聞きましたが、しっじつはどうだったのでしょうか?



こうなってはもう確かめるすべもありません、

もう1回くらい入っておくべきでした、、、残念、、、

ちょっと落胆、なんとなく高架を潜って反対側の路地に入ります、

この辺りはほぼ未探訪、新しい店や知らない店が何軒もあります、

ここも入ったことないですね、

031_2

この「七海」は昔、しょんべん横丁にあったもつ焼きの「七つ海」とは関係あるのかな?

海鮮系だから関係ないか、、、

元「万長」があった場所に出来た「七つ海」の流れかな?

などと想いながら歩きいていると、、、なんと!!大発見がありました、

こ、これは、、、「イバタ」ですよね、

038kai_2

はい、さっき閉店を確認したばかりの「イバタ」の新店舗のようです、

なんと、偶然見つけてしまいました、

どうやら「イバタ」はこちらに移転したようです、

ラッキーです、幸運です、何気なくこの路地に入ったのが正解でした、

小さな暖簾には“沢の鶴”のロゴ、そして㈱イバタの文字、こりゃまた渋い、

これはスルーする訳にはいきません、時間は18時頃、

ではでは入りましょう、、、
ちわ、、、



さすがに前の店のような末枯れた感はありません、新しい店内、

10人ほど立てる逆L 字カウンター、先客が5人ほど、

奥まで入ってL字の底辺に着きます、

奥の方にはビールケースの立ち飲みテーブルもありました、

カウンターの中にはお母さんとお父さん、

お母さんがメインで仕切っておられます、たぶん前のお店のお母さん、
(たぶん・・・)、

お母さんに飲み物を訊かれたので「芋お湯」、

カウンターの並んでいる大皿を見回して「ポテサラ」、

036_1

甘めのゴロゴロ系、美味しいです、

どんどん入店あり、みなさん常連さんのようです、

ワタシ一人だけ違和感があります、

カウンターに並んでいる大皿料理はみんな美味しそう、あとは鍋におでん、

常連さんが「かき揚げ」を頼んだのでワタシも追随、

ワタシも「かき揚げ」下さい、

おでんの汁、掛けます?

掛けてください、

ということで「かき揚げ」、

037

たまねぎにサツマイモが多い感じ、サツマイモの食感がサクサクして好き、

この日はこれでお勘定にしました、お勘定失念、、、



で、後日再訪、

この日も混んでいます、やはり流行っていますね、

最終的には奥の立ち呑みテーブルもグループの常連さん(会社仲間)で一杯になりました、

奥のカウンターも空いていましたがこちらにどうぞ、という事で、入ったところのカウンターに着きます、

今日は1軒目ですので、とりあえずの「小瓶」、

048_1

カウンターの上の大皿から「豆と竹輪の炊いたん」、

そして、、、発見です、、、女性客がおられました!!

同年輩くらいのご夫婦かな、お二人で飲んでおらます、

常連さんのような感じ、この店はさすがに“女人禁制”ではないようです、

いや、前の店も近年は女性も入れるという風の噂があったの、その頃からかもしれませんが、

とにかく、新店舗では女性客も入れるようです、

ただ、あくまでもお酒を飲むのが前提でしょうね、

物見遊山でほとんど飲まずにおしゃべりばかり、というのはやはりNG、ここは飲む店です、

カウンターの上の大皿料理がやはり美味しそうです、

天ぷら、イカリング、唐揚げ、とり天、揚げ餃子、ミンチボール玉子とじ、酢の物、酢豚、

中のほうには鍋に「おでん」がぐつぐつ煮えています、

厨房のリーチインには日本酒が5本ほど並んでいます、道灌、沢の鶴、春鹿、桜政宗、、、

「桜正宗」をお願いします、

051 



この日も近所の会社のサラリーマンがグループで大挙来店、

なにやらお花見のお酒の発注などもされていました、

近所のサラリーマンのホームタウンですね、



「おでん」にします、竹輪に厚揚げ、こんにゃく、

052

なんか、オマケで鶏皮とかスジも入っています、

う~ん、日本酒をチュ~っといただきながらのおでん、美味しい、

大皿料理も美味しそうなので最後に「酢豚」も注文、

053_1

酢豚好きです~、

これでこの日のお勘定が1020円也、安!

十三の老舗角打ち「イバタ」が移転新店舗で営業していました、

元の店が閉店したのも知らなかった、情報アンテナ錆びついてます、

でも、新店舗は足で稼ぎました、

偶然の発見は酒場探訪の真骨頂、醍醐味、

真新しい店舗でもやはり飲み心地がよろしい、料理も美味しい、

流石の貫録です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕



|

« 久しぶりの十三探訪、知らないお店、未探訪のお店、まだまだあります、まずは「隠岐の島水産」へ、そして老舗「丸一屋」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.64 秋田県にかほ市「飛良泉」。 »

大阪十三西中島」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの十三探訪、知らないお店、未探訪のお店、まだまだあります、まずは「隠岐の島水産」へ、そして老舗「丸一屋」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.64 秋田県にかほ市「飛良泉」。 »